学校 再開 福岡。 「フェイスシールド」で授業再開 福岡・粕屋町の小中学校

緊急事態宣言39県で解除、愛知・福岡など学校再開へ

学校 再開 福岡

が九州7県で解除され、各地の学校が順次、再開している。 福岡県内でも18日以降、分散登校が始まるが、校内では集団行動を取ることが多く、の感染リスクはつきまとう。 3密(密閉、密集、密接)を和らげつつ、学習の遅れにどう対応するか。 教育現場は試行錯誤を続けている。 手洗い、うがいとともに感染予防の基本とされるマスクの着用。 文部科学省は学校での常時着用、特に近距離の会話が必要な場面では徹底するよう求める。 体育の授業ではどうか。 大分県は、医療用の高機能マスクを着けた子どもが相次ぎ亡くなった中国でのケースを踏まえ、屋外であれば必ずしも着用は必要ないとする方針を決定。 同県のある小学校では「着けたい子はおり、紛失のリスクも考え、各自の判断に委ねている」とする。 一方、校内での常時着用を徹底する長崎市の小学校では、体育や音楽の時間も例外はなく、一部の児童や指導する教員から「苦しい」といった声が漏れることも。 熊本県のある小学校も「登下校時の着用はきつそう」という保護者からの意見があり、今後細かいルールを作る。 13日から分散登校を始めた宮崎市の青島小では、手洗い場の廊下に「距離を保ちましょう」と書かれた足形のシールを貼り、順番待ちの児童の密集を防ぐ。 トイレ掃除は教職員が担い、下校後は教室の消毒を徹底。 疋田雅樹教頭は「児童の感染リスクを可能な限り減らしたい」。 佐賀県のある小学校では、教室と教室の間の仕切りを外して2学級分の広さを確保し、音楽の授業は体育館を活用している。 子どもたちが楽しみにする給食は、学校側にとって特に気を使う時間だ。 長崎市の桜町小の児童は向かい合わず前を向いて食べている。 5年の女子は「友達と話せないので寂しい」。 大分県や宮崎県の小学校では、児童が従来担当していた給食の配膳を教員が行う。 「手洗いの徹底はしているが、食事中にしゃべるなとも注意しにくい。 感染リスクの心配以上に、心の安全も重要だ」と、大分県の50代小学校教諭は話した。 11日以降、大分や長崎県内の小学校では地域別にグループ分けするなどして分散登校を開始。 21日から分散登校を予定する福岡市は、今後の感染状況を見ながら全面再開に踏み切るか判断する。 福岡市の小学校の50代男性教諭は「登下校時はげた箱に児童が密集する。 分散登校を進める中で、下校時刻をずらすなどの対策を検討したい」と話した。 未学習分について、文科省は次学年に繰り越し、複数年かけて解消することを認める通知を出した。 問題は授業時間をどう捻出させるか。 大分県の小学校では、一部の学年で授業の単位時間をひとコマ45分から30分に短縮し、できるだけ多くの教科、領域を学べるようにする。 家庭で教科書を読み、疑問点をまとめた上で授業に臨む予習学習も求めるという。 佐賀県の小学校男性教諭は「休校中に予習を取り入れており、授業時間が少なくても何とかなりそう」とみる。 ただし、本年度から導入された新が掲げる「子どもの主体的な学び」を充実させるための時間の確保は難しい。 福岡市の中学校のベテラン男性教員は、学習を急ぐあまり「板書をひたすら写し、黙って聞くだけの旧式の授業に戻る恐れがある」と懸念する。 「工夫する先生と、しない先生との間に今まで以上に差が出る。 やる気が出ない子どもは置き去りにされてしまうのでは」 (坪井映里香、金沢皓介、四宮淳平、本田彩子).

次の

緊急事態宣言39県で解除、愛知・福岡など学校再開へ

学校 再開 福岡

福岡市の場合、エアコン使用は学校の判断に任されている。 同市の中学校の30代男性教諭は今のところ、教室と廊下の窓を全開にし、扇風機を回して授業をしている。 小まめに水分補給をし、きついときはマスクを外してもいいと指導するが、生徒は絶対に外さないという。 「周りがみんなマスクをしているのに、自分だけ外せないという気持ちがあるのかもしれない。 マスクを外していいという自分の指導が正しいのかも、正直分からない」 同市のある小学校では、教室の窓を開け、常時換気をした状態でエアコンを使う。 教室によっては外に置く室外機の温風が入るため、窓を開けられないクラスもある。 「3密」対策で児童の机と机の間隔を約1メートル空けたため、窓際の席は日光が直接当たる。 40代男性教諭は「日差しが当たらないように机を移動させれば、距離が保てない。 カーテンで遮っても、窓から風が入り、めくれてしまう」と頭を抱える。 実際、窓際の席で直射日光が当たっていた児童が体調不良を訴え、軽い熱中症だと診断された。 文部科学省によると、公立学校の普通教室のエアコン設置率は昨年9月1日現在、小中学校が77・1%、高校は83・5%。 同省はエアコンの使用時にも換気は必要で、可能であれば2方向の窓を同時に開けて換気するよう求めている。 学校にできる工夫は何か。 熱中症に詳しい産業医科大の堀江正知(せいち)教授(産業保健管理学)によると、マスクの着用は息苦しさや不快感はあっても、熱中症の引き金になる体温上昇にはほぼつながらないとの実験結果があるという。 窓を開けてエアコンを使用すると室内が十分に冷えない可能性もあるとして、「エアコンの設定温度を気にするのではなく、教室内の子どものいる場所の温度を小まめに確認、調整してほしい」と指摘。 直射日光は熱中症につながるため、ブラインドを設置するなどの工夫が必要だと話す。

次の

学校再開延期の都道府県はどこ?いつまで休校でいつから再開?

学校 再開 福岡

1 北九州市における新型コロナウイルス感染拡大に伴う公立学校の対応について 県立学校 6月1日から分散登校を行っている北九州地区の県立学校について、6月8日以降、可能な学校から順次通常登校(全面開校)に移行します。 引き続き、室内の換気や正しい手洗い、マスクの着用等の感染症防止対策を徹底しながら、できる限り児童生徒の学びの保障との両立を図っていくものとします。 なお、特別支援学校については、幼児児童生徒の状況や通学の状況等に鑑み慎重に判断することとします。 市町村立学校 県立学校の取組を参考としつつ、それぞれの市町村教育委員会において、実態に応じて適切に判断されるよう通知しました。 通知文書 2 令和2年度における学校の臨時休業について 県立学校の臨時休業について 5月14日の国の緊急事態宣言の解除を受け、臨時休業期間の終期を5月31日から5月17日に変更します。 また、5月18日以降、準備が整った学校から、分散登校を開始し、5月25日以降、順次全面的な開校に移行します。 なお、特別支援学校については、幼児児童生徒の状況や通学の状況等に鑑み慎重に判断します。 対象:全ての県立学校• 臨時休業期間:令和2年5月17 日まで 市町村立学校の臨時休業について 5月14日に、市町村教育委員会に対し、県立学校の取組を参考としつつ、各自治体の実態に応じて適切に判断されるよう通知しました。 通知文書等 (市町村教育委員会への通知等に関すること) 総務企画課 教育政策推進室 TEL 092-643-3882 (県立高校・中学校・中等教育学校に関すること) 高校教育課 指導班 TEL 092-643-3905 (市町村立小中学校等に関すること) 義務教育課 指導班 TEL 092-643-3910 (県立特別支援学校等に関すること) 特別支援教育課 指導班 TEL 092-643-3914 (学校保健等に関すること) 体育スポーツ健康課 保健給食係 TEL 092-643-3922 (職員の服務等に関すること) 総務企画課 人事係 TEL 092-643-3858 教職員課 福利・職員係 TEL 092-643-3891.

次の