年賀状印刷 値段 比較。 【激安です】年賀状印刷が安い4社の値段を比較 2019年

年賀状印刷が安い【早割比較】|2021年・令和3年おすすめランキング

年賀状印刷 値段 比較

「写真入り年賀状を作りたい」 「宛名印刷も丸投げでお願いしたい」 「年賀状を買い取って欲しい」 この条件に満たす、 一番安い年賀状印刷サービスは、です。 30枚 50枚 80枚 100枚 通常見積もり 4,460 6,300 8,510 10,100 はがき買取 -1,560 -2,600 -4,160 -5,200 宛名印刷 810 1,350 2,160 2,700 最終見積もり 3,710 5,050 6,510 7,600 Rakpoは、62円の年賀はがきを1枚につき52円で買い取りしています。 08で出来るので、通常見積もりから年賀状買取額を差し引き、宛名印刷代を加算すると、上記の最終見積もりが最終的に支払う金額になります。 Rakpoは、持ち込み用はがきが到着した日から2営業日以内の出荷となるので、 日数に余裕がない場合は注意が必要です。 急ぎで作りたいなら、ふみいろ 「写真入り年賀状を作りたい」 「宛名印刷もやって欲しい」 「家にある年賀状を買い取って欲しい」 「とにかく早急に作って欲しい」 ふみいろは、買い取りハガキの到着を待たずに、年賀状作成の注文が入った時点で製作に取り掛かります。 注文確定日の2日後には出荷となるので、日数に余裕がなく急いで作って欲しい場合は、Rakpoよりも断然ふみいろの方が早く用意できます。 気になる値段ですが、 ふみいろは、通常1枚62円の年賀はがきを1枚57円で提供しているので、手元の年賀状買取価格は、1枚につき57円で計算されます。 そして、 Rakpoでは有料だった宛名印刷は、ふみいろは無料で印刷してくれます。 30枚 50枚 80枚 100枚 通常見積もり 5,909 8,345 11,629 13,689 はがき買取 -1,710 -2,850 -4,560 -5,700 宛名印刷 0 0 0 0 最終見積もり 4,199 5,495 7,069 7,989 Rakpoとふみいろの見積もりを比較してみます。 30枚 50枚 80枚 100枚 ふみいろ 4,199 5,495 7,069 7,989 Rakpo 3,710 5,050 6,510 7,600 差額 489 445 559 389 最終見積もり価格は、Rakpoよりもふみいろの方が高くなりますが、実際比較してみると、約400円~約600円程度の差しかありません。 準備までの日数がなく、 超特急で印刷して欲しい場合は迷わず「」ですが、特に急ぎでない場合で、「ふみいろ」の方が好みのテンプレートがあるようなら、400円~600円の差額は許容範囲かな?と思います。 あと、「Rakpo」「ふみいろ」共に、買取対象の年賀状はレターパックや宅急便など荷物の追跡ができる発送方法で送るようになるので、レターパックであれば360円~510円の送料が別途必要になります。 写真入り年賀状&宛名印刷は自宅で 「写真入り(フチあり)年賀状を作りたい」 「自宅にある年賀状を引き取って欲しい」 「宛名印刷は自分でするから大丈夫」 通信面はネット印刷を利用するけれど、 宛名印刷は自宅で印刷するから大丈夫という場合は、迷わず「Rakpo」がおススメです。 Rakpo 30枚 50枚 80枚 100枚 通常見積もり 4,460 6,300 8,510 10,100 はがき買取 -1,560 -2,600 -4,160 -5,200 最終見積もり 2,900 3,700 4,350 4,900 ふみいろ 30枚 50枚 80枚 100枚 通常見積もり 5,909 8,345 11,629 13,689 はがき買取 -1,710 -2,850 -4,560 -5,700 最終見積もり 4,199 5,495 7,069 7,989 Rakpoは、そもそも宛名印刷が有料サービスだったので、「宛名印刷も業者に依頼する」という条件下では、「ふみいろ」と大きな差は出ませんでしたが、「宛名印刷を自分でする」ということであれば、 30枚 50枚 80枚 100枚 ふみいろ 4,199 5,495 7,069 7,989 Rakpo 2,900 3,700 4,350 4,900 差額 1,299 1,795 2,719 3,089 このように圧倒的に「Rakpo」で頼んだ方がお得ということが分かります。 イラスト年賀状&宛名印刷も依頼 断トツで安いのは、ふみいろ ・ イラスト年賀状で十分 ・写真入りは必要ないよ ・宛名印刷もお願いしたい ・家にある年賀状を引き取ってね 写真入り年賀状で宛名印刷を依頼した場合は、一番安いのはRakpoでしたが、 「写真はいらない!イラストで十分!」という場合は、「ふみいろ」が断然お得です。 30枚 50枚 80枚 100枚 通常見積もり 4,561 6,381 8,946 10,579 はがき買取 -1,710 -2,850 -4,560 -5,700 宛名印刷 0 0 0 0 最終見積もり 2,851 3,531 4,386 4,879 ちなみにRakpoでイラスト入り年賀状を宛名印刷付きで注文した場合、 30枚 50枚 80枚 100枚 通常見積もり 4,460 6,300 8,910 10,600 はがき買取 -1,560 -2,600 -4,160 -5,200 宛名印刷 810 1,350 2,160 2,700 最終見積もり 3,710 5,050 6,910 8,100 ふみいろとRakpoの年賀状買い取り後の最終見積もりを比較すると、 30枚 50枚 80枚 100枚 ふみいろ 2,851 3,531 4,386 4,879 Rakpo 3,710 5,050 6,910 8,100 差額 -859 -1,519 -2,524 -3,221 このように「ふみいろ」が一番安くイラスト入り年賀状を注文できます。 イラスト年賀状&宛名印刷は自宅で 「写真入り年賀状はいらない」 「家に年賀状を買い取って欲しい」 「宛名印刷は自分で出来るよ」 宛名印刷も業者に依頼する場合は、圧倒的に「ふみいろ」が安かったのですが、宛名印刷は手書きするなり、自宅のプリンターで印刷なりするからいいよという場合は、 一番安いのは、ふみいろ 30枚 50枚 80枚 100枚 通常見積もり 4,561 6,381 8,946 10,579 はがき買取 -1,710 -2,850 -4,560 -5,700 最終見積もり 2,851 3,531 4,386 4,879 Rakpoは少し高いだけ 30枚 50枚 80枚 100枚 通常見積もり 4,460 6,300 8,910 10,600 はがき買取 -1,560 -2,600 -4,160 -5,200 最終見積もり 2,900 3,700 4,750 5,400 「ふみいろ」と「Rakpo」の最終見積もりを比較すると、 30枚 50枚 80枚 100枚 ふみいろ 2,851 3,531 4,386 4,879 Rakpo 2,900 3,700 4,750 5,400 差額 — 49 -169 -364 -521 このように、わずかの違いなのが分かります。 通信面だけお願いして、宛名印刷は自分でする場合は、超特急で頼みたい場合は、はがきの到着を待たずに印刷してくれる「ふみいろ」で、特に急がない場合は、お気に入りのテンプレートがある方を選んでもいいかなと思います。 まとめ 年賀状の引き取りOKのネット印刷業者の中で、値段の良心的な「ふみいろ」と「Rakpo」を比較してきました。 まとめると、.

次の

【比較】安い年賀状印刷はどこ?人気おすすめ年賀状印刷ランキング【2020年】

年賀状印刷 値段 比較

年賀状印刷おすすめなプリンターランキング2019 私自身のことなんですが、昔と比べ、 最近めっきりプリンターを利用する機会が減りました。 たまにコピーをとる以外は、殆どの用途は年賀状印刷なんですね。 以前は良く使っていたので、家電量販店やホームセンターへ インクを買いに行くことも何度かありましたが、 今は最初のインクカートリッジだけで間に合ってしまいます。 今回お届けするプリンターランキングも、 年賀状印刷に合ったという点で比較し、私同様、普段は余り使わない! という解釈でランキング付けを行っています。 なので、 一般的なプリンターの人気ランキングとは少し異なるかも知れません。 それでも、もう10台以上プリンターを買い換えている経験上、 むちゃなランキング付けにはなっていないと思います。 私と同じようなニーズであれば、おすすめのプリンターです! 一応、2019年用のランキングとしていますが、 年賀状印刷の為に「年内買うなら!」というポイントで選んでいますので、 最新機種とは限りませんのでご了承ください。 2019年の年賀状印刷に最適なプリンターランキング 年賀状印刷をするのに適した納得・お買い得なプリンターを比較、 独断と偏見からおすすめランキングにしてみました。 これを見ないで購入してしまうと、ちょっと後悔するかも知れませんよ。 あなたの利用用途にピッタリなプリンターが必ず見つかります! ランキング1位:キャノン PIXUS TS3130S 昨年9月に発売されたPIXUS TS3130S、現行モデル 9月時点 です。 普段殆どプリンターを使用する機会がないのであれば一番のオススメ。 前面給紙ができないことを除けば複合機としての基本性能は完全網羅。 A4普通紙の印刷機会が多い場合は前面給紙が基本ですが、 はがき印刷はメインなら後トレイだけでも何ら不便を感じません。 年賀状をスマホだけで作成したい方ならダイレクト接続 ルーターなし や 自動電源ONといったワイヤレス前提の利用環境は嬉しい機能です。 印刷機能の今どきの高性能プリンターと遜色なく、液晶モニターも搭載 コンパクトボディーなので置き場所にも不自由しません。 多機能モデルとしてはかなりお値打ちなプリンターです。 普段使いも重視したいならこちらのプリンターが良いでしょう。 操作し易い液晶パネル、自動両面コピー、前面2段給紙 Wi-Fi接続スマホ印刷&ダイレクトプリント対応。 最新の複合機の機能は全て備わっているモデルと言って良いでしょう。 2位に甘んじているのは現行モデルではない点と 少し前なら8000円台で購入できたこと…しかし、9,000円でも十分安いです。 5色6色のインクカートリッジタイプが多い中、 こちらの機種は4色 黒含む でランニングコストも良いです。 スマホアプリ「Brother いつでもはがき・年賀状プリント」 手書き宛名シートを利用すれば手書き文字をハガキに自動配置して プリントができます。 年賀状無料テンプレートが一般的になっている中、 宛名書きは手書きでしたいところですが、枚数があるとやはり大変な作業、 でも宛名シートなら手書き風のあて名書きが簡単に印刷できるんできるんです。 人気の秘密は最大5760x1440dpiという印刷性能の複合機ながら、 5000円台後半から略5000円に値下げ傾向でお値打ち感は上がりました。 古いモデルをお使いの方であれば、インクカートリッジ代金と余り変わらないので、 買い替えにはもってこいの機種ではないでしょうか。 もちろんスマホ印刷にも対応しています。 ですが、これは必ずしも悪いことではなく、 普通紙 一般インクジェット紙 なら、染料インクよりキレイに印刷できます。 ご存知と思いますが、 国内のプリンターメーカーは何れも年賀状テンプレートを無料提供しています。 しかしエプソンだけは、同じ無料でもカラリオンユーザーに限定した 提供になっているんです。 染料インクと顔料インクの良いとこ取りしたハイブリッドインクが優れもの! その中からランキング4位としたのはPIXUS TS5130S。 ハイスペックな印刷性能により写真などがキレイにプリントできます。 写真・イラスト・文字が混在する年賀状とハイブリッドインクはベストマッチ! 仕上がりに差がつくプリンターですね。 5型液晶モニター、2WAY 前面&背面 給紙、自動両面印刷、 スマホからのダイレクト印刷を想定しWi-Fiルーターなしでもプリント可能。 クラウドデーターが簡単印刷できるのも便利です。 ただ…9000円台で購入できた時期を考えますと今の安値帯は、 少し割高感があります。 できればレーベル印刷にも対応したプリンターが欲しい…こんな欲張りなニーズには、 エプソンのカラリオ EP-811Aがうってつけです。 ライトシアン、ライトマゼンタの2色が加えられた6色インクなら、 豊かな表現力、滑らかなグラデーションが可能です。 また、高速MACHヘッドによりL版印刷が13秒で高画質プリントできます。 印刷対象となる写真データは最適な状態に自動補正 オートフォトファイン!EX してくれるので、手間なく、失敗のなく印刷できます。 でもスマホで撮影した写真はプリントアウトしたい。 そんな現代風のプリンターユーザーにはこちらがオススメです。 専用アプリを使えばスマホからダイレクト印刷ができます。 勿論、Wi-Fi対応されていますので今どきのデジカメから直接印刷も可能。 インクカートリッジはカラリオン独自の高画質染料タイプなので、 インクジェット写真用の年賀状にもくっきりとキレイな印刷ができます。 値段は少々高めですが、昇華型熱転写方式の一般的なフォトプリンターと比べ、 印刷コストは安いので長く利用するならトータルコストは寧ろ安いです。 今回のランキング、補足説明で触れていますが、 各々が重視する点から、どれを1位にしても良いランク付けになっています。 単純に年賀状出来栄えトータルコストで選ぶなら「PIXUS TS3130S」 スマホで年賀状作成するなら、プリビオ DCP-J577Nが一番カンタン エプソンの年賀状テンプレートを使いたいなら、カラリオですし、 スマホ中心に考えるなら「カラリオ ミー PF-71」もアリだと思います。 ですので、1位から6位まで順位をつけていますが、 実際にはあなたにベストなのは、利用方法・環境によって異なる訳です。 何れにしてもご紹介したものはどれも、コストパフォーマンスに優れいますので、 「失敗した!」ってことにはならないと思います。

次の

【最新版】安い年賀状印刷はここ!実際に値段を調べた比較と人気おすすめランキング

年賀状印刷 値段 比較

年賀状印刷の料金相場は大体どのくらいかというと、それは作る年賀状のタイプによって違います。 それから選ぶデザインによっても違います。 まず一番安いのは写真無しの印刷タイプのものです。 これにはさらにモノクロとカラーがあって、モノクロのタイプのものは、一番お手頃価格で作成することができます。 50枚注文したとして、1500円から2500円くらいでできます。 カラーのタイプのものは2700円から4500円くらいで作成できます。 それから写真を入れるタイプのものは50枚注文したとして、3000円から5000円くらいで作成可能です。 なお、枚数が少ない場合は基本料金が安い会社を選んで、枚数が多い場合は一枚あたりの値段が安くなる会社を選ぶのがお勧めです。 年賀状は、これまでカメラ店やDPE店、印刷会社などで印刷する場合がほとんどでしたが、最近ではを利用される方が急増しています。 どこで注文するにしても、早割制度を設けている会社がほとんどなので、年賀状は早めの準備がお得です。 年賀状印刷関連ページ.

次の