ファスティング 回復食 コンビニ。 ファスティング中、飲んでいいもの悪いもの

コンビニで買える!ファスティングのおすすめ準備食・回復食を紹介!

ファスティング 回復食 コンビニ

ファスティングの回復食を選ぶときのポイントとは 回復食を選ぶとき、気をつけたいポイントがいくつかあります。 まず、動物性のタンパク質を摂取しないことです。 肉類・魚類・卵・乳製品はダメということになりますので、代わりに植物性のタンパク質が摂れる豆腐がおすすめです。 他にも納豆などの豆類からタンパク質を摂取するようにしてくださいね! 次に発酵食品を積極的に摂るようにしましょう。 味噌は発酵食品ですのでお味噌汁はおすすめです! 他にも納豆や漬け物がありますね。 発酵食品といえばヨーグルトがありますが乳製品のため、控えた方が良いです。 ただ、最近は乳製品を使わない「豆乳ヨーグルト」が売られています。 これは豆乳を発酵させることによって作られたヨーグルトですので植物性のタンパク質を摂取できますね。 選ぶときは砂糖不使用のプレーン味にしましょう。 そして、薄味・油っぽくない・低カロリーを意識して最初は出来るだけ固形物を食べないようにしてくださいね。 カフェインや甘いものもしばらく我慢しましょう! 回復食もコンビニで手軽に!コンビニオススメな商品はこれ! 回復食で意識すると良いのが「まごわやさしい」です。 (だし汁は2日目から可) これらの食品を使っているコンビニの商品ってたくさんありますよね! ・豆腐や納豆 コンビニにはパックに小分けされた商品がありますので便利ですね。 植物性のタンパク質がしっかり摂れます。 ・豆乳や豆乳ヨーグルト(無糖) こちらも豆類です。 水以外の飲み物やデザートが食べたいなぁと思ったときはぜひ豆乳を使った商品を選んでください。 大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンの「エストロゲン」に似た働きをしてくれます。 断食後にホルモンバランスを調整するのにぴったりですよ。 ・お味噌汁 インスタントの商品がたくさん揃っていますのでお好きな具材を選んでみるのも良いですね。 豆腐やわかめのお味噌汁がおすすめで、逆に豚汁は避けてくださいね。 味が濃い場合は全部飲み干さないようにするか、お湯の量を増やして調整しましょう! ・サラダ 生の野菜は回復食にぴったりですので、ドレッシング無しで食べましょう。 どうしても何かかけたいときは少量の塩にしてくださいね。 ・海藻類 わかめなどの海藻類はミネラルや食物繊維が豊富なのでぜひ食べてください。 お味噌汁の具材がわかめの商品を選んだり、わかめスープ・海藻サラダもおすすめです! 消化しやすくするためによく噛んで食べるようにしてくださいね。 ・おでんの大根 コンビニにあるおでんの中でも柔らかく煮込まれている大根がおすすめです。 大根には食物繊維がたっぷりですので回復食ではぜひ食べたい一品です。 温かいので身体を冷やす心配もなくて良いですよね。 ・煮物 最近はコンビニにも温めるだけのパウチのお惣菜がたくさんありますよね。 かぼちゃの煮物や筑前煮・きんぴらごぼう・切り干し大根など色々選べます。 柔らかそうな商品にしてしっかり噛んで食べてくださいね。

次の

コンビニで買えるドリンクでファスティングはできる?

ファスティング 回復食 コンビニ

ファスティングの効果は? 臓器を休ませることで機能が回復し、体の中に蓄積されていた毒素の排出をスムーズにしてくれるのでデトックス効果抜群です。 また、宿便が取れ便通がスムーズになることで、肌荒れ、むくみ解消などの効果も期待できます。 味覚も敏感になるため、普段から濃い味付けを好んでいた人は食生活を見直すきっかけにもなるでしょう。 個人差はありますが、脳がすっきりして仕事がいつもよりはかどったという方もいます。 ファスティングのメリット• 臓器の機能回復• 大腸がきれいになる• 味覚の改善• 減量効果• 準備期間中は準備食で過ごし、ファスティング期間は水とドリンクのみです。 その後の回復期間中は、胃に優しい回復食で過ごします。 断食期間が1日の場合、準備期間と回復期間はそれぞれ1日。 期間が長くなると、その分準備期間と回復期間も長く設けることが大切です。 ファスティングの準備・回復期間の目安• 半日ファスティング(準備期間なし、回復期間なし)• 1日ファスティング(準備期間1日、回復期間1日)• 3日ファスティング(準備期間2日、回復期間2日)• 5日ファスティング(準備期間2日、回復期間3日)• 準備期間もなしに急に断食してしまうと、体調を崩したり効果がでにくくなってしまいます。 また、回復期間がファスティングを成功へ導く重要なポイントです。 回復期間は体が再び脂肪を蓄えようとするため、ファスティング前より脂肪分をため込みやすい状態になっています。 急に暴飲暴食してしまうと、断食で小さくなった胃に負担をかけるだけではなくリバウンドしてしまう可能性も。 ファスティングの効果を最大限引き出すには、準備期間と回復期間に正しい過ごし方をしたかがとても重要です。 準備期間・回復期間に食べてもOKなもの 積極的に摂りたい食品は、消化しやすい食物繊維です。 栄養補給のドリンク (酵素ドリンク、野菜ジュース、スムージーや青汁など)• 発酵食品• ノンカフェインコーヒー、ハーブティー• 豆、ゴマ、海藻、野菜、魚、しいたけ、いも、穀物 絶対に避けたいもの 準備期間、回復期間は消化の悪いものはなるべく避けるようにしましょう。 アルコール• カフェイン• 動物性タンパク質• ハムなどの加工食品• 乳製品 準備食とは? ファスティング準備食とは準備期間に食べる食事のことです。 この時期は、断食に向けて食事の量を徐々に減らしてきます。 高脂質、高タンパク、塩分の多いもの、消化に時間がかかる動物性タンパク質は食べないようにして、食事はなるべく柔らかいもの、消化しやすいものを心がけましょう。 ファスティング前夜の準備食は、固形物は控えお粥などの流動食のみにし20時までには食べ終わるようにすることが大切です。 この準備食を摂ることによって、徐々に体が少ないエネルギーに慣れ、断食時の空腹の反動を最小限に抑えることができます。 回復食とは? 回復食とはファスティング終了後から摂る食事です。 この時期の食事は、断食で小さくなった胃に負担をかけないように徐々に慣らしていく時期となります。 回復期間は食べ物への欲求が出始める頃なので、気持ちをセーブしながら暴飲暴食には絶対に走らないようにしましょう。 準備食・回復食にはこんな食材がおすすめ 断食前後の食事でおすすめなのが「まごわやさしい」食材です。 まごわやさしいとは、• まめ(豆類)• ごま(ナッツ類)• わかめ(海藻類)• やさい(野菜全般)• さかな(魚類全般)• しいたけ(きのこ類)• いも(芋類全般) の頭文字を取って覚えやすくしてもの。 準備食、回復食で悩んだらこの中の食品からチョイスして選ぶようにしましょう! ファスティング効果をより高めるために ファスティングに挑戦するなら、効率よくすすめたいものですね。 ここでは高効果が期待できる、ファスティング中におすすめのポイントや注意点などを解説していきます。 偏食傾向にある方は食生活の見直しを 「ケーキが好きでご飯代わり」「今日の夜はお菓子で空腹を満たした」といった偏食傾向に ある方は、血糖値が不安定な状態。 そんな状態でファスティングを始めると、体調を崩すおそれがあります。 「まごわやさしい」で食生活の見直しをしましょう。 ファスティング開始は生理が終わってから ファスティングを始めるのは、生理後がおすすめです。 個人差がありますが、生理中はイライラや痛みに悩ませたり精神状態が不安定になる方も。 また貧血のおそれもあり、体調も万全ではありません。 心身ともに敏感な時期は避けましょう。 温かいお茶や白湯を飲む ファスティング中は体が冷えやすくなります。 冷えは「万病の元」ともいわれ、体調を崩しかねません。 そんな時は、温かいお茶や白湯を飲んで体を暖めましょう。 お茶はノンカフェインで!ハーブティーがおすすめです。 軽い運動を取り入れよう 「体を暖める」という意味では、軽い運動を取り入れるのもいいですよ。 また摂取カロリーの減少による筋力低下のためにも、ウォーキングやストレッチなどがベスト。 ハードな運動は、体に負担がかかって逆効果です。 体を動かすことで、ファスティング中の気分転換にもつながります。

次の

【保存版】ファスティング(断食)の回復食を専門家が教えます

ファスティング 回復食 コンビニ

断食は回復期間が最も重要であり、 最も難しいとも言われていて油断はできません。 なぜなら、食べることで抑えてた食への欲求が強くなるからです。 けど回復食そのものは コンビニで手軽に手に入ります。 自分の食への欲求としっかり向き合うには、 余計なことを考えなくて良い状況を作ることです。 回復食に何をするべきかを予め考えておき、 事前にその日ごとの回復食を買い置きしておけば、 計画通りに行うことができるのかもしれません。 けど、買い置きしていれば常に食べ物が家にあるので、 食べたくなってしまう衝動が抑えられなくなる可能性も・・・ そうなると その日に回復食を購入した方が、 自分の欲求を上手くコントロールしやすくなります。 そこでお勧めなのがコンビニという手段なのです。 前回は最も失敗しやすい断食の回復期間について、 具体的な内容や失敗しないコツについてお伝えしました。 記事の目次• コンビニだからこそ手軽にできる コンビニはどこにでもあります。 僕は人口5万人程度の田舎街に住んでるので、 スーパーやデパートなんかよりコンビニが便利なのです。 そもそも田舎だと車がなければ不便なところです。 コンビニは車で入りやすい設計をしているし、 立地的にも非常に便利な場所に点々とあります。 それに大抵どのコンビニも同じような陳列をされおり、 探したいものをストレスなくパッと探し出すことができます。 僕がコンビニを活用した回復食は、• 南高梅• 味噌汁• サラダ たったこれだけです。 いずれにしても数百円程度の値段です。 他にも高野豆腐やもずくなど種類があるので、 好みによって選んでみてもいいのではないかと思います。 コンビニってどこにでもあって、 回復食ならば様々な種類があるので不便を感じません。 その日の気分で食べたいものを選ぶこともできます。 ただでさえ食への欲求と向き合っていかないといけないのです。 限定はされますが、その日の気分で選ぶことができ、 かつ手軽に購入できて、調理の手間がない方が成功しやすいです。 回復期間でありがちな失敗とは? 回復期間で失敗する原因でよくありがちなのは、• わずかでも回復食以外のものをつい食べてしまう• 回復食だけでも食欲に負けて必要以上に食べ過ぎてしまう 以上の2つがあります。 なぜなら、食べるという行動がきっかけとなり、 断食で絶たれていた栄養を身体が必死で求めるからです。 よくダイエット目的で断食をする人も多いかと思います。 断食後は栄養の吸収力が高いので食欲はあっても、 栄養の視点から見ると少量で十分なのです。 けど栄養の吸収は高くても、 消化力はまだまだ弱い状態のままです。 スポンサーリンク この消化力を通常へ戻すために、 断食期間分だけの回復期間が必要であり重要なのです。 そこで肉やお菓子のような消化に負担のあるものを食べれば、 胃にどれだけ負担が掛かってしまうか想像できるでしょうか。 きりきりとした痛みやきゅうっと締め付けられる痛みなど、 消化が間に合わず胃が危険信号を出してしまうのです。 消化不良になると苦しいのはお分かりですよね? また身体に未消化の食べ物が残ってしまうことになるので、 健康にもダイエットにもマイナスとなってしまうのです。 回復期間で失敗しないコツとは? けど回復期間は食べて通常の状態に戻さなくてはいけません。 本来なら先ほどもお伝えしたように吸収力が高くなってるので、 少量食べただけでも十分に満腹感を感じられるはずなのです。 僕も回復期間に入って初日はお粥だけでしたが、 たった一杯のお粥だけでお腹が十分に満たされました。 それにいつもの2倍以上は時間が掛かけて食べてました。 また自分の胃が頑張ってくれてるような感じがあったので、 頑張ってくれる胃を無理に働かせるのは可哀そうにも感じました。 回復期間で押さえておくべき基本としては、• 腹八分目の感覚で止めておく• 食べる内容はあっさりしたもの• 回復期間は断食期間と同じ日数だけ行う このくらいではないでしょうか。 また少しずつ通常に戻していくことは、 回復期間が過ぎた後も食べ過ぎない意識が続きます。 気が付けば断食前の食生活とは違う状態が標準化します。 僕もコーヒーやチョコや菓子パンなどのお菓子類は、 断食前までは毎日の日課だったのが今では完全に止めてます。 それどころか、食べるものを厳選するようになりました。 手軽な方法が回復期間を組み立てやすい 回復期間が断食期間よりも重要なのは筋トレと同じです。 トレーニングそのものは筋繊維を破壊するという行為に他なりません。 休んでるときに負荷にもっと強くなろうと超回復が起きて太くなります。 断食とは何も断食期間は胃腸を休ませることではありますが、 回復期間で活動させる胃腸の働きを調整していきます。 この 調整の仕方で今までよりも強くすることができるのです。 そして冒頭にてお伝えしたように、 余計なことを考えなくて良い状況を作ることが理想です。 なぜなら、 考えることは身体を動かすことより面倒だからです。 人それぞれに置かれた状況は違いますが、 100%は無理でも近づけることは可能なはずです。 また物事において成功のカギは、 いかにその前段階で「段取り」を行っているか? とも言われています。 確かに僕も今では好きなことで独立していますが、 それは当然ですが最初からそうなってたわけではなくて、 そうしようと段取りを毎日積み重ねてきた結果なのです。 そして段取りはシンプルな方が継続もしやすいです。 断食の回復食もいろいろと考えると面倒です。 だからこそ コンビニという手軽な手段はお勧めなのです。 僕も回復食はコンビニのみでやりましたが楽でした。 ぜひ手段のひとつとして考えてみてはいかがでしょうか。 アクションを起こして自信に繋がることを祈っています。 スポンサーリンク.

次の