ギター コード チェリー。 ギター初心者でも簡単コードで弾ける練習曲9選

チェリーブラッサム(松田聖子) / コード譜 / ギター

ギター コード チェリー

68 コードチェンジのコツ・練習方法 私はギター初心者なのですが、どうしてもを弾いていてコードチェンジというか音が変わるところの手の移動で、音がプツリと切れてしまうんです。 そのコードには開放弦が無くて、他の弦はミュートしてあるんですが、お手本の演奏を聴いていると音が切れずに繋がっています。 僕は最近エレキギターのストラトタイプのものを購入しました。 今はコードを押さえる練習をしているのですが、 いまいちうまく押さえることが出来なくうまく鳴ってくれません。 特にコードのチェンジが出来ません。 なにか良い練習方法があれば教えていただけませんか。 ご連絡お待ちしています。 けど同じ練習ばかりやっていると退屈になって楽しくなくなってしまうので、いくつかバリエーションを紹介します。 飽きたら次の練習方法を取り入れていく、というやり方をしてみて下さい。 曲は覚える、というより慣れてしまうという方がしっくりくるかもしれません。 ということで、今回はギター博士による「コードチェンジのコツ」を紹介します。 コードチェンジの時に遅れてしまう/次のコードが押さえられない、と悩んでいる人は参考にしてみてください。 4拍目の裏にブラッシングを入れる コードチェンジの時、4拍目の裏にブラッシングを入れて次のコードの準備をする、というギター博士によるテクニックの紹介です。 博士は速いテンポのストロークをする時など日常的に使っているのだそうです。 なので「人」「中」をキープしたまま、薬指だけを動かしてコードチェンジすることができます。 なので「中」をキープしたまま、残りの指を動かしてコードチェンジできます。 さらにギターの構造上、 同じ弦で高いほうのフレットを押さえて弾いている場合、低いフレットのポジションで押さえていても、音程は高いフレットのままで鳴らすことができます。 以上、3つの例を挙げてみましたが、実際の演奏では他にも様々なパターンのコード進行が出てきます。 新しいコード進行に出会った時でも自分なりに指の動かしかたを工夫して、押さえやすいフォームを探してみましょう。 六弦かなで「ハイ博士ぇ!」 その他コードチェンジの練習方法 アコースティックギターで練習する 例えばで練習するというのはいかがでしょう?(アコギを持っていればの話ですが) アコギはエレキに比べて弦を押さえる力が必要です。 しっかりと押弦しないと綺麗な音は出ません。 またアコギは速弾きやタッピングなど、エレキでできるようなテクニカルなプレイに適していない造りなので、アコギで色々と練習を続けていると、エレキに戻ったときに演奏がとても楽になると感じますよ。 指を柔軟にするためのストレッチ・フレーズの練習 アコギを持ってなければエレキで地道な練習です。 コードを押さえて音を綺麗に鳴らすには、指が柔軟なことが大切です。 基本的なストレッチ・フレーズの練習をみっちりやるといいと思います。 下のリンク先に練習Tab譜が置いてあります。 速弾きのための練習とありますが、指を柔軟に扱うためのストレッチでもあります。 パワーコードで練習してみる いきなり5,6弦をセーハしてコードを鳴らすのって、初心者さんは難しいんじゃないでしょうか。 だったらまずはパワーコードで練習してみましょう。 パワーコードのほとんどが、4,5弦もしくは5,6弦を押さえる形となります。 好きなアーティストのコード譜を、全てパワーコードに変えて演奏してみましょう。 Fコードが押さえにくい人も、パワーコードなら楽に押さえることができますよね。 左手がスムーズに動くように コードチェンジで音が途切れてしまう基本的な原因として考えられるのは、まずは左手の動きです。 例えば曲を演奏中していて、次に来る音や展開が頭の中にイメージ出来ていないと、ひとつひとつのコードを押さえる事は出来ても、曲が進行する流れの中で自然な「ノリ」を出すのは難しくなってしまうでしょう。 ですので、Tab譜ではどの音を出すのか確認するだけにしておき、後は出来るだけ何も見ずに演奏する方が良いでしょう。 覚えてしまう事で、左手がスムーズに次の音を出せるようサポート出来ます。 右手のストラムを一定に また、ギターを始めたばかりの時は、どうしても左手の練習ばかりに気をとらがちですが、ピッキングやなどの右手の動きは左手と同じくらい重要な役割をしています。 コードや音を繋ぐという意味では、この右手も肝心になってきます。 コードストロークなどでは右手のストラム(弦をかき鳴らす事)を一定のビートに保つように、上から鳴らすダウンストロークも下から鳴らすアップストロークも、自分で弾いていて違和感がない程度には練習しておくと良いと思います。 左手と右手を組み合わせて練習する時には、まずは 全体のテンポをスローにして演奏出来るか確認してみるのも手です。

次の

Q&A.68 コードチェンジのコツ・練習方法【エレキギター博士】

ギター コード チェリー

68 コードチェンジのコツ・練習方法 私はギター初心者なのですが、どうしてもを弾いていてコードチェンジというか音が変わるところの手の移動で、音がプツリと切れてしまうんです。 そのコードには開放弦が無くて、他の弦はミュートしてあるんですが、お手本の演奏を聴いていると音が切れずに繋がっています。 僕は最近エレキギターのストラトタイプのものを購入しました。 今はコードを押さえる練習をしているのですが、 いまいちうまく押さえることが出来なくうまく鳴ってくれません。 特にコードのチェンジが出来ません。 なにか良い練習方法があれば教えていただけませんか。 ご連絡お待ちしています。 けど同じ練習ばかりやっていると退屈になって楽しくなくなってしまうので、いくつかバリエーションを紹介します。 飽きたら次の練習方法を取り入れていく、というやり方をしてみて下さい。 曲は覚える、というより慣れてしまうという方がしっくりくるかもしれません。 ということで、今回はギター博士による「コードチェンジのコツ」を紹介します。 コードチェンジの時に遅れてしまう/次のコードが押さえられない、と悩んでいる人は参考にしてみてください。 4拍目の裏にブラッシングを入れる コードチェンジの時、4拍目の裏にブラッシングを入れて次のコードの準備をする、というギター博士によるテクニックの紹介です。 博士は速いテンポのストロークをする時など日常的に使っているのだそうです。 なので「人」「中」をキープしたまま、薬指だけを動かしてコードチェンジすることができます。 なので「中」をキープしたまま、残りの指を動かしてコードチェンジできます。 さらにギターの構造上、 同じ弦で高いほうのフレットを押さえて弾いている場合、低いフレットのポジションで押さえていても、音程は高いフレットのままで鳴らすことができます。 以上、3つの例を挙げてみましたが、実際の演奏では他にも様々なパターンのコード進行が出てきます。 新しいコード進行に出会った時でも自分なりに指の動かしかたを工夫して、押さえやすいフォームを探してみましょう。 六弦かなで「ハイ博士ぇ!」 その他コードチェンジの練習方法 アコースティックギターで練習する 例えばで練習するというのはいかがでしょう?(アコギを持っていればの話ですが) アコギはエレキに比べて弦を押さえる力が必要です。 しっかりと押弦しないと綺麗な音は出ません。 またアコギは速弾きやタッピングなど、エレキでできるようなテクニカルなプレイに適していない造りなので、アコギで色々と練習を続けていると、エレキに戻ったときに演奏がとても楽になると感じますよ。 指を柔軟にするためのストレッチ・フレーズの練習 アコギを持ってなければエレキで地道な練習です。 コードを押さえて音を綺麗に鳴らすには、指が柔軟なことが大切です。 基本的なストレッチ・フレーズの練習をみっちりやるといいと思います。 下のリンク先に練習Tab譜が置いてあります。 速弾きのための練習とありますが、指を柔軟に扱うためのストレッチでもあります。 パワーコードで練習してみる いきなり5,6弦をセーハしてコードを鳴らすのって、初心者さんは難しいんじゃないでしょうか。 だったらまずはパワーコードで練習してみましょう。 パワーコードのほとんどが、4,5弦もしくは5,6弦を押さえる形となります。 好きなアーティストのコード譜を、全てパワーコードに変えて演奏してみましょう。 Fコードが押さえにくい人も、パワーコードなら楽に押さえることができますよね。 左手がスムーズに動くように コードチェンジで音が途切れてしまう基本的な原因として考えられるのは、まずは左手の動きです。 例えば曲を演奏中していて、次に来る音や展開が頭の中にイメージ出来ていないと、ひとつひとつのコードを押さえる事は出来ても、曲が進行する流れの中で自然な「ノリ」を出すのは難しくなってしまうでしょう。 ですので、Tab譜ではどの音を出すのか確認するだけにしておき、後は出来るだけ何も見ずに演奏する方が良いでしょう。 覚えてしまう事で、左手がスムーズに次の音を出せるようサポート出来ます。 右手のストラムを一定に また、ギターを始めたばかりの時は、どうしても左手の練習ばかりに気をとらがちですが、ピッキングやなどの右手の動きは左手と同じくらい重要な役割をしています。 コードや音を繋ぐという意味では、この右手も肝心になってきます。 コードストロークなどでは右手のストラム(弦をかき鳴らす事)を一定のビートに保つように、上から鳴らすダウンストロークも下から鳴らすアップストロークも、自分で弾いていて違和感がない程度には練習しておくと良いと思います。 左手と右手を組み合わせて練習する時には、まずは 全体のテンポをスローにして演奏出来るか確認してみるのも手です。

次の

live.t4g.org(YUI) / コード譜 / ギター

ギター コード チェリー

68 コードチェンジのコツ・練習方法 私はギター初心者なのですが、どうしてもを弾いていてコードチェンジというか音が変わるところの手の移動で、音がプツリと切れてしまうんです。 そのコードには開放弦が無くて、他の弦はミュートしてあるんですが、お手本の演奏を聴いていると音が切れずに繋がっています。 僕は最近エレキギターのストラトタイプのものを購入しました。 今はコードを押さえる練習をしているのですが、 いまいちうまく押さえることが出来なくうまく鳴ってくれません。 特にコードのチェンジが出来ません。 なにか良い練習方法があれば教えていただけませんか。 ご連絡お待ちしています。 けど同じ練習ばかりやっていると退屈になって楽しくなくなってしまうので、いくつかバリエーションを紹介します。 飽きたら次の練習方法を取り入れていく、というやり方をしてみて下さい。 曲は覚える、というより慣れてしまうという方がしっくりくるかもしれません。 ということで、今回はギター博士による「コードチェンジのコツ」を紹介します。 コードチェンジの時に遅れてしまう/次のコードが押さえられない、と悩んでいる人は参考にしてみてください。 4拍目の裏にブラッシングを入れる コードチェンジの時、4拍目の裏にブラッシングを入れて次のコードの準備をする、というギター博士によるテクニックの紹介です。 博士は速いテンポのストロークをする時など日常的に使っているのだそうです。 なので「人」「中」をキープしたまま、薬指だけを動かしてコードチェンジすることができます。 なので「中」をキープしたまま、残りの指を動かしてコードチェンジできます。 さらにギターの構造上、 同じ弦で高いほうのフレットを押さえて弾いている場合、低いフレットのポジションで押さえていても、音程は高いフレットのままで鳴らすことができます。 以上、3つの例を挙げてみましたが、実際の演奏では他にも様々なパターンのコード進行が出てきます。 新しいコード進行に出会った時でも自分なりに指の動かしかたを工夫して、押さえやすいフォームを探してみましょう。 六弦かなで「ハイ博士ぇ!」 その他コードチェンジの練習方法 アコースティックギターで練習する 例えばで練習するというのはいかがでしょう?(アコギを持っていればの話ですが) アコギはエレキに比べて弦を押さえる力が必要です。 しっかりと押弦しないと綺麗な音は出ません。 またアコギは速弾きやタッピングなど、エレキでできるようなテクニカルなプレイに適していない造りなので、アコギで色々と練習を続けていると、エレキに戻ったときに演奏がとても楽になると感じますよ。 指を柔軟にするためのストレッチ・フレーズの練習 アコギを持ってなければエレキで地道な練習です。 コードを押さえて音を綺麗に鳴らすには、指が柔軟なことが大切です。 基本的なストレッチ・フレーズの練習をみっちりやるといいと思います。 下のリンク先に練習Tab譜が置いてあります。 速弾きのための練習とありますが、指を柔軟に扱うためのストレッチでもあります。 パワーコードで練習してみる いきなり5,6弦をセーハしてコードを鳴らすのって、初心者さんは難しいんじゃないでしょうか。 だったらまずはパワーコードで練習してみましょう。 パワーコードのほとんどが、4,5弦もしくは5,6弦を押さえる形となります。 好きなアーティストのコード譜を、全てパワーコードに変えて演奏してみましょう。 Fコードが押さえにくい人も、パワーコードなら楽に押さえることができますよね。 左手がスムーズに動くように コードチェンジで音が途切れてしまう基本的な原因として考えられるのは、まずは左手の動きです。 例えば曲を演奏中していて、次に来る音や展開が頭の中にイメージ出来ていないと、ひとつひとつのコードを押さえる事は出来ても、曲が進行する流れの中で自然な「ノリ」を出すのは難しくなってしまうでしょう。 ですので、Tab譜ではどの音を出すのか確認するだけにしておき、後は出来るだけ何も見ずに演奏する方が良いでしょう。 覚えてしまう事で、左手がスムーズに次の音を出せるようサポート出来ます。 右手のストラムを一定に また、ギターを始めたばかりの時は、どうしても左手の練習ばかりに気をとらがちですが、ピッキングやなどの右手の動きは左手と同じくらい重要な役割をしています。 コードや音を繋ぐという意味では、この右手も肝心になってきます。 コードストロークなどでは右手のストラム(弦をかき鳴らす事)を一定のビートに保つように、上から鳴らすダウンストロークも下から鳴らすアップストロークも、自分で弾いていて違和感がない程度には練習しておくと良いと思います。 左手と右手を組み合わせて練習する時には、まずは 全体のテンポをスローにして演奏出来るか確認してみるのも手です。

次の