クロネコ ヤマト 着払い 料金。 クール宅急便(クロネコヤマト)の料金など詳細情報

クール宅急便(クロネコヤマト)の料金など詳細情報

クロネコ ヤマト 着払い 料金

基本的に着払いの送料は元払いと変わらない まず始めに解説しておきたいことは、ヤマト・佐川・ゆうパックのいずれも、基本的には着払いでも元払いでも送料は全く変わらないということです。 そのため、元々の送料の差がそのまま着払いの送料の差につながります。 むしろ、着払いのほうが送料が高くなってしまうこともあります。 詳細については後からそれぞれ詳しく記載していますので、ご確認をお願いします。 さまざまな発送方法と値段 ゆうパックは基本的には690円から ゆうパックで荷物を発送する場合は、送料は60サイズで同一県内であれば690円です。 着払いでも、同様に690円となります。 しかし、これは荷物を引き取りに来てもらう場合の送料です。 荷物を持ち込むのであれば、570円まで送料を下げることができます。 これは着払いでも元払いでも共通です。 690円は60サイズでの金額ですのであまり大きなものはこの金額では送ることができませんが、なかなかの安さと言えるのではないでしょうか。 元払いならばさらに安くする方法があります。 これは後ほど触れていきますので、気になる方はそちらもチェックしてみてくださいね。 ヤマトは756円から クロネコヤマトの宅急便では、最低金額が756円となっています。 こちらも元払い、着払い共に同じ金額です。 コンビニなどに荷物を持ち込む場合は、着払い・元払いの両方においてさらに100円安くなります。 しかし、それでもゆうパックの送料よりは高くなってしまいます。 安く送るのであれば、元払いかつ宅急便以外のサービスがおすすめです。 そちらについては、後半で触れたいと思います。 佐川急便は756円から。 ただし持ち込み割引は着払いでは適用されない クロネコヤマトの宅急便と同様に、佐川急便の飛脚宅配便も756円からとなっています。 60サイズ、2kgまででこの金額です。 佐川急便の持ち込み割引は、着払いには適用されません。 そのため、荷物を着払いで安く送るのであればゆうパックかクロネコヤマトがおすすめです。 また、大きなサイズのものを送る場合もクロネコヤマトよりも少し送料が高くなることが佐川急便の特徴です。 そして佐川急便はコンビニで発送の手続きを行うことができません。 利用する際は、集荷を依頼するか直接取次店や営業所に持ち込む必要があります。 覚えておくと良いでしょう。 元払いははこboonが安い 元払いで荷物を送る場合、一番手っ取り早く安くできるのはファミリーマートから発送できるサービス「はこboon」です。 専用サイトから必要事項を記入し、ファミリーマートで発送作業を行います。 なんと494円から発送を行えます。 特徴は、距離の他に箱のサイズではなく荷物の重さが送料に関わってくることです。 同一県内で2kg以下ならば、494円という金額に抑えることができます。 さらに、Tポイントやクレジットカード、ジャパンネット銀行での支払いが行えることも特徴です。 ネットで商品の取引を行う際は、はこboonがおすすめです。 配送はクロネコヤマトが行うので、安心です。 定形外郵便は追跡サービスがないが料金は安い 元払いでの対応となる定形外郵便は、重さによって送料が変わります。 1kgならば、600円です。 全国どこへでもこの金額なので、遠くに荷物を送る際は定形外郵便だと安く済ませることができますね。 ただし、追跡サービスがありません。 そして、届いたかどうかも相手に聞かなければわからないというデメリットがあります。 届いたかどうかがわかるようにしたいのであれば、ゆうパックを利用しましょう。 ゆうパック元払いは、2回目以降は安くなる 同じ宛先へ荷物を送る場合は、さらに100円の割引がされます。 ただし、元払いに限ります。 着払いだと同一宛先であっても割引は効きません。 クロネコメンバー割でさらに料金を安く クロネコメンバーズのカードに金額をチャージすることで、安く荷物を発送できます。 5000円以上チャージすると10%、50000円以上だと15%安くなります。 5000円程度であれば、ネットでよく取引をする方であればすぐに使ってしまう金額です。 チャージしておけば、安く荷物を送ることができて便利ですよ。 例えば756円かかる送料が10%引きだと680円、さらにそこから持ち込み割引で580円にまで下がります。 ただし、着払いにはこの割引は効かないので、ご注意ください。 ただし、往復宅急便であれば割引は効きます。

次の

クロネコヤマト着払いって何ですか?

クロネコ ヤマト 着払い 料金

ヤマト運輸の着払い・代引きの支払い方法 まず着払いで届いた宅急便の送料についてですが、現金を使わなくても電子マネーでの支払いができます。 クレジットカードは利用できないので、現金か、電子マネーが必要です。 次に代引きの荷物の支払いですが、同じく現金と電子マネーが使えます。 クレジットカードについては商品の発送元のショップによって利用可否が異なります。 ショップが代引きでのクレジットカード決済OKとしている場合のみ使えるので、ショップごとの確認が必要になります。 ヤマト運輸の着払いで使える電子マネー ヤマト運輸の宅急便の着払いには、以下の電子マネーが使えます。 クロネコメンバー割• nanaco• WAON• 楽天Edy 着払いの決済でおすすめなのはnanacoなどの決済でポイントが貯まる電子マネーです。 宅急便でお得なのはヤマト運輸の独自電子マネー「クロネコメンバー割」と思うかもしれませんが、実は着払いに関しては割引が適用されません。 そのほかにも梱包資材の購入にも割引はないので注意が必要です。 普段使っているnanaco、WAON、楽天Edyがあればそれらのうちのどれかで支払いをしましょう。 ヤマト運輸の代引き(宅急便コレクト)で使える電子マネー・クレジットカード ヤマト運輸の代引き料金は、以下の電子マネーが使えます。 交通系ICカード(Suicaなど)• nanaco• WAON• 楽天Edy クロネコメンバー割は使えませんが、PASMOやSuica、ICOCAをはじめとする交通系電子マネーも使えます。 クレジットカードの利用はショップによって扱いが異なるのですが、Visa、JCB、Master Card、American Expressなどほとんどのブランドが利用可能です。 支払い方法も一括払いだけでなく、分割払い、リボ払いから選択ができ、J-Debitなども利用できます。 ヤマト運輸から着払い・代引きで宅急便が届いた時に電子マネーのチャージは可能? ヤマト運輸では着払い、代引き商品に対して電子マネーで支払いが可能です。 ただし、電子マネーへのチャージは原則できません。 唯一、クロネコメンバー割についてはチャージ可能な端末を配達スタッフが持っていればできます。 私は以前、集荷に来たスタッフが端末を持っていなくてチャージできないということがありました。 配達がある日時が分かっていればあらかじめクロネコメンバー割をチャージしたい旨を伝えておくと確実です。 nanaco、WAON、楽天Edyで支払いをして残高不足になった場合は現金との併用払いができます。 もちろん現金の部分はポイント対象外になるので、荷物が届く前に残高を確認しておくと良いでしょう。 ヤマト運輸の着払い・代引き料金の支払い方法のまとめ ヤマト運輸で届いた宅急便には、現金以外に電子マネーとクレジットカードが使えます。 着払い料金には、WAON、楽天Edy、nanaco、クロネコメンバー割の4つが使えます。 クロネコメンバー割は着払いだと割引の対象外になるので、他の電子マネーで支払うのがおすすめです。 代引きの料金は、ショップ側の承認があればクレジットカードが使えます。 ほとんどのブランドのクレジットカードが使えるので、現金の用意はなくても大丈夫です。 電子マネーはWAON、楽天Edy、nanacoの3つに加えて、Suicaなどの交通系電子マネーが使えます。 クロネコヤマトは現金がなくても着払い、代引き料金の支払いができるので、支払い方法を工夫してキャッシュレス化していきましょう!.

次の

大型家具家電の輸送 らくらく料金検索

クロネコ ヤマト 着払い 料金

着払いで送る荷物は 先に自宅で梱包してから店舗に持ち込むようにします。 このとき送りたい物を入れる箱の大きさの選び方は、 中身の大きさを見て無駄のないサイズのダンボール箱を用意するのがコツです。 宅急便を送るときの料金の基準は箱の大きさと重量で決まるため、隙間なく詰められるちょうど良い大きさの箱が理想となるのです。 発送主が払う発払いのときももちろん料金のことを考えて梱包するべきですが、着払いの場合は 受取人が送料を払うことになります。 受取人の負担を減らす梱包を心がけることで、必要のないクレームなどの揉め事をなくすことにもつながるのです。 支払い方法に関わらず 賢い梱包を心がけましょう。 送るのに最適なダンボールがない場合にはホームセンターやヤマト運輸の営業所などでも購入することができます。 箱の材質によって値段もさまざまですが箱そのものの強度も考えて購入し、緩衝材をしっかり詰めるなど 中身の破損がないよう梱包してから口が開かないようテープで閉じておきます。 送る荷物をしっかり梱包できたらコンビニの取り扱い店舗の受付まで運びます。 手続きを始めるときには最初に店員さんに 「着払いでお願いします」と はっきりと伝えるようにします。 店員さんからオレンジ色の着払い専用の伝票を受け取ったら、左側の宅急便のロゴの下に 「着払い」と書かれているのを 必ず確認します。 次に伝票に送り先や送り主である自分の住所・氏名などの 必要事項を記入します。 伝票の記入には通常5分ほどかかるため、 先に伝票を貰っておいて自宅で記入するとスムーズに作業できます。 店員さんが料金を計算して運賃欄に記入してくれた後、伝票を荷物の上に貼り付けて引き渡します。 最後に 伝票の控えを受け取って荷物の受け渡しは終了です。 宅急便の料金は縦・横・高さの 3辺の長さを足したサイズと荷物の重さで決まります。 3辺計の長さで60・80・100・120・140・160のサイズに分かれ、さらに重さで2kg・5kg・10kg・15kg・20kg・25kgに分かれます。 最安値の60サイズの基本値は907円ですが、3辺計と重量でサイズ区分が違うときには より上のサイズが適用されます。 つまり3辺計が60まででも重さが5kgを超えていれば100サイズとなります。 さらに 発送地とお届け先が同じ県か他県かでも金額は異なります。 先に目安となる料金を知っておきたい場合にはヤマト運輸のホームページに宅急便運賃一覧表があるので、荷物の大きさを測っておくと良いでしょう。 また宅急便では取り扱い店舗に直接荷物を持って行った場合に、 持ち込み割引で100円減額してくれるサービスがあります。 これは発払いでも着払いでも減額となるだけでなくコンビニに持ち込んでも適用されます。 受け取り相手にとってもメリットがあるので積極的に使いたいサービスです。 ゆうパックの料金は縦・横・高さを足した 3辺計で決まります。 サイズは60・80・100・120・140・160・170があり 重量の上限は全サイズ25kgとなっています。 県外に発送する場合には宅急便同様運賃は上がりますが、最安値の60サイズの基本値は800円であり 重量にサイズが影響されない分だけ宅急便よりも安くなります。 さらに持ち込み量として120円引きになりますが着払いの手数料が20円かかるために 差し引き100円引きとなり、実際の持ち込み量での値引きは宅急便と一緒です。 また手数料がかかることで同じサイズの運賃の差額はほとんどなくなりますが、それでも ゆうパックのほうが若干安く済ませることができます。

次の