サラリーマン の 生涯 年収。 サラリーマンの生涯年収は3億円って本当?職業別年収ランキングTOP20|mymo [マイモ]

サラリーマンの生涯年収・生涯賃金特集

サラリーマン の 生涯 年収

こんにちは。 伊藤です。 あなたは、サラリーマンの手取り生涯年収をご存知でしょうか? 昨今、潰れないと言われていた大手企業が倒産したり、将来安泰と言われた銀行もAI化の流れに押されて人員整理を始めてきました。 政府も本業で足りない収入はダブルワーク(副業)で補うようにとの指針を示しており、いったい今後、我々の収入はどうなっていくのだろうか? という不安は尽きません。 実はサラリーマンの生涯年収は2億円とも3億円とも言われていますが、それは額面の報酬であって、あなたに実際に入ってくる金額(手取り)ではありません。 今回はこうした金額のマジックを全て取り去り、サラリーマンの最も気になる数字「手取りの生涯年収」について、徹底的に調査していきます。 また、お金が無い!といっても、何か趣味を持たないと毎日の勤務も苦痛でしかありませんよね。 何かひとつ趣味があれば、趣味を目標にして辛い仕事も乗り切ることができます。 それでは、いったいあなたは趣味にいくら使えることができるのでしょうか? 今回はサラリーマンが一体趣味にいくらまで使うことができるのか? という数字についても調べていきます。 サラリーマンの手取り生涯年収が悲劇的! サラリーマンの手取り生涯年収はいったいいくらなのでしょうか? それを調べるためには生涯年収(額面の金額)を調べる必要があります。 サラリーマンの生涯年収は2億円! サラリーマンの平均生涯年収は、中学卒業で 2億2千万円、大学卒業で 2億8千万円 となっており、いずれも2億円を上回っています。 転職して給料がアップして生涯年収が上がる場合もありますが、ほとんどの場合は、転職すると給料が下がり、退職金についてもひとつの会社で勤め上げるよりは、減額されるのが一般的です。 そのため、転職経験組は、転職未経験組と比較すると4千万円程度、生涯年収が低くなる傾向にあります。 終身雇用制は最早一般的ではない昨今においては、「転職」というのは、ごくごく一般的な行為になってきました。 今回はサラリーマン生涯年収の平均額を 2億円として話を進めていきます。 手取り生涯年収ってなに? 手取りの生涯年収とはなんでしょうか? これは先ほど調べた生涯年収から、税金・年金などを差し引いた金額になります。 具体的に手取り生涯年収から差し引かれるものとしては、どういったお金があるのでしょうか?• 社会保険料: 800万円• 厚生年金: 1800万円• 所得税: 900万円• 住民税: 500万円• 雇用保険: 150万円 生涯年収2億円の場合、 これだけの金額が税金・年金として差し引かれることになります。 その金額の合計は、 4,150万円。 この金額を生涯年収の2億円から差し引くと、 手取りの生涯年収となります。 1億5850万円 これがサラリーマンの平均手取り生涯年収です。 どうですか? 生涯年収2億円と言われているより、だいぶ少なくなりましたね。 あなたが思っている以上に、税金・年金という金額が重くのしかかっているということです。 こんなにガッツリ税金を持っていかれて、正直なところかなり悲劇的ですよね。 趣味に使える金額はどれくらい? サラリーマンの手取り生涯年収が1億5850万円ということをご説明ました。 それでは、この中で趣味に使える金額はいったいどれくらいあるのでしょうか? まず一般的なサラリーマンが、趣味にどれだけの金額をかけているのか見ていきましょう。 サラリーマンが毎月の趣味にかける金額 まずサラリーマンが毎月の趣味にかけている金額を調べていきます。 この理由のほとんどが、「趣味にかけるお金が勿体無いから」ということなんです。 またこんな意見もありました。 「老後のための漠然とした不安から、趣味には一切お金を掛けずに節約している」 サラリーマンが毎月の趣味に使える金額は、老後のためにいくら残しておけばいいのか? ということで決まります。 少し老後に必要なお金について調べてみましょう。 サラリーマンが老後に必要な資金はいくらくらい? 独身世帯の場合はコチラの記事を参照してください。 男性が633万円、女性が871万円必要になります。 結婚している世帯の場合は、ここからさらに1.5倍程度の金額が必要といえるでしょう。 年収2億円・手取り年収1億5850万円という、平均的なサラリーマンの収入では、この老後資金を捻出することだけでも大変だと思われます。 つまり毎月趣味に割ける金額は1万円でも多いほどと言えるでしょう。 毎月1万円の場合は、年間12万円・ 40年間で480万円もの金額を趣味に費やすことになります。 どうでしょう? これだけの金額があれば、老後資金が男性よりも必要な女性の場合でも、そのおよそ6割程度を賄うことができますね。 サラリーマンが趣味に使える金額はどれくらい? 平均手取り年収と老後に必要な資金から考えると、サラリーマンが毎月趣味に使える金額は、3,000円~5,000円程度がオススメと言わざるを得ません。 ちょっと少ないように思われるかも知れませんが、これが現実なのです。 まとめ• サラリーマンの手取り生涯年収は、1億5850万円。 サラリーマンが毎月趣味で使える金額は、3,000円~5,000円程度。 今回はサラリーマンの手取り生涯年収と、毎月趣味に使える金額について解説しました。 生涯年収から税金・年金として差し引かれる金額がかなりあるため、手取り生涯年収はぐんと下がってしまいます。 また、手取り生涯年収と老後に必要は資金を考えると、毎月趣味に使える金額は多くても5,000円程度と言わざるを得ません。 自由に趣味を楽しみたい! 老後に向けて貯蓄を増やしたい! ボクはネットビジネスで、副業で月収10万円稼ぐ方法を皆さまにレクチャーしています。 実際にボクのノウハウを実践いただくことで、初月から月収10万円達成された方も、どんどん登場しております。 本業に加えて毎月10万円稼ぎたい! さらに稼いでお金の心配をしない人生を送りたい! そんなあなたにプレゼントがあります。 以下の無料プレゼントは、ネットビジネスで「まずは」月収10万円、副業で稼ぐためのノウハウを満載しております。 是非手にとってみてくださいね! 【2018年】 1月: せどり開始 2月: アドセンスブログ開始 3月: せどりで月収30円達成 4月: 情報発信を開始 5月: せどりツアーなど独自企画を開始 7月: 情報発信で月収100万円を達成 8月: アドセンス収益月収10万円達成 10月:情報発信で月収300万円を達成 12月:せどりツアー累計100名突破! 【2019年】 1月:メインブログ月間5万PV突破 2月:YouTube開始&登録者2,000人突破 4月:せどりツアー累計150名達成 5月:アフィリエイト月収20万円突破 6月:メインブログ月間10万PV突破 7月:note開始&初月20万円売上達成 8月:YouTube登録者1万人突破 12月:YouTube登録者2万人突破 【2020年】 1月:ブログ月間20万PV突破 2月:月収1,000万円突破.

次の

サラリーマンや公務員の生涯年収はいくら?手取り金額についても紹介

サラリーマン の 生涯 年収

こんにちは。 伊藤です。 あなたは、サラリーマンの手取り生涯年収をご存知でしょうか? 昨今、潰れないと言われていた大手企業が倒産したり、将来安泰と言われた銀行もAI化の流れに押されて人員整理を始めてきました。 政府も本業で足りない収入はダブルワーク(副業)で補うようにとの指針を示しており、いったい今後、我々の収入はどうなっていくのだろうか? という不安は尽きません。 実はサラリーマンの生涯年収は2億円とも3億円とも言われていますが、それは額面の報酬であって、あなたに実際に入ってくる金額(手取り)ではありません。 今回はこうした金額のマジックを全て取り去り、サラリーマンの最も気になる数字「手取りの生涯年収」について、徹底的に調査していきます。 また、お金が無い!といっても、何か趣味を持たないと毎日の勤務も苦痛でしかありませんよね。 何かひとつ趣味があれば、趣味を目標にして辛い仕事も乗り切ることができます。 それでは、いったいあなたは趣味にいくら使えることができるのでしょうか? 今回はサラリーマンが一体趣味にいくらまで使うことができるのか? という数字についても調べていきます。 サラリーマンの手取り生涯年収が悲劇的! サラリーマンの手取り生涯年収はいったいいくらなのでしょうか? それを調べるためには生涯年収(額面の金額)を調べる必要があります。 サラリーマンの生涯年収は2億円! サラリーマンの平均生涯年収は、中学卒業で 2億2千万円、大学卒業で 2億8千万円 となっており、いずれも2億円を上回っています。 転職して給料がアップして生涯年収が上がる場合もありますが、ほとんどの場合は、転職すると給料が下がり、退職金についてもひとつの会社で勤め上げるよりは、減額されるのが一般的です。 そのため、転職経験組は、転職未経験組と比較すると4千万円程度、生涯年収が低くなる傾向にあります。 終身雇用制は最早一般的ではない昨今においては、「転職」というのは、ごくごく一般的な行為になってきました。 今回はサラリーマン生涯年収の平均額を 2億円として話を進めていきます。 手取り生涯年収ってなに? 手取りの生涯年収とはなんでしょうか? これは先ほど調べた生涯年収から、税金・年金などを差し引いた金額になります。 具体的に手取り生涯年収から差し引かれるものとしては、どういったお金があるのでしょうか?• 社会保険料: 800万円• 厚生年金: 1800万円• 所得税: 900万円• 住民税: 500万円• 雇用保険: 150万円 生涯年収2億円の場合、 これだけの金額が税金・年金として差し引かれることになります。 その金額の合計は、 4,150万円。 この金額を生涯年収の2億円から差し引くと、 手取りの生涯年収となります。 1億5850万円 これがサラリーマンの平均手取り生涯年収です。 どうですか? 生涯年収2億円と言われているより、だいぶ少なくなりましたね。 あなたが思っている以上に、税金・年金という金額が重くのしかかっているということです。 こんなにガッツリ税金を持っていかれて、正直なところかなり悲劇的ですよね。 趣味に使える金額はどれくらい? サラリーマンの手取り生涯年収が1億5850万円ということをご説明ました。 それでは、この中で趣味に使える金額はいったいどれくらいあるのでしょうか? まず一般的なサラリーマンが、趣味にどれだけの金額をかけているのか見ていきましょう。 サラリーマンが毎月の趣味にかける金額 まずサラリーマンが毎月の趣味にかけている金額を調べていきます。 この理由のほとんどが、「趣味にかけるお金が勿体無いから」ということなんです。 またこんな意見もありました。 「老後のための漠然とした不安から、趣味には一切お金を掛けずに節約している」 サラリーマンが毎月の趣味に使える金額は、老後のためにいくら残しておけばいいのか? ということで決まります。 少し老後に必要なお金について調べてみましょう。 サラリーマンが老後に必要な資金はいくらくらい? 独身世帯の場合はコチラの記事を参照してください。 男性が633万円、女性が871万円必要になります。 結婚している世帯の場合は、ここからさらに1.5倍程度の金額が必要といえるでしょう。 年収2億円・手取り年収1億5850万円という、平均的なサラリーマンの収入では、この老後資金を捻出することだけでも大変だと思われます。 つまり毎月趣味に割ける金額は1万円でも多いほどと言えるでしょう。 毎月1万円の場合は、年間12万円・ 40年間で480万円もの金額を趣味に費やすことになります。 どうでしょう? これだけの金額があれば、老後資金が男性よりも必要な女性の場合でも、そのおよそ6割程度を賄うことができますね。 サラリーマンが趣味に使える金額はどれくらい? 平均手取り年収と老後に必要な資金から考えると、サラリーマンが毎月趣味に使える金額は、3,000円~5,000円程度がオススメと言わざるを得ません。 ちょっと少ないように思われるかも知れませんが、これが現実なのです。 まとめ• サラリーマンの手取り生涯年収は、1億5850万円。 サラリーマンが毎月趣味で使える金額は、3,000円~5,000円程度。 今回はサラリーマンの手取り生涯年収と、毎月趣味に使える金額について解説しました。 生涯年収から税金・年金として差し引かれる金額がかなりあるため、手取り生涯年収はぐんと下がってしまいます。 また、手取り生涯年収と老後に必要は資金を考えると、毎月趣味に使える金額は多くても5,000円程度と言わざるを得ません。 自由に趣味を楽しみたい! 老後に向けて貯蓄を増やしたい! ボクはネットビジネスで、副業で月収10万円稼ぐ方法を皆さまにレクチャーしています。 実際にボクのノウハウを実践いただくことで、初月から月収10万円達成された方も、どんどん登場しております。 本業に加えて毎月10万円稼ぎたい! さらに稼いでお金の心配をしない人生を送りたい! そんなあなたにプレゼントがあります。 以下の無料プレゼントは、ネットビジネスで「まずは」月収10万円、副業で稼ぐためのノウハウを満載しております。 是非手にとってみてくださいね! 【2018年】 1月: せどり開始 2月: アドセンスブログ開始 3月: せどりで月収30円達成 4月: 情報発信を開始 5月: せどりツアーなど独自企画を開始 7月: 情報発信で月収100万円を達成 8月: アドセンス収益月収10万円達成 10月:情報発信で月収300万円を達成 12月:せどりツアー累計100名突破! 【2019年】 1月:メインブログ月間5万PV突破 2月:YouTube開始&登録者2,000人突破 4月:せどりツアー累計150名達成 5月:アフィリエイト月収20万円突破 6月:メインブログ月間10万PV突破 7月:note開始&初月20万円売上達成 8月:YouTube登録者1万人突破 12月:YouTube登録者2万人突破 【2020年】 1月:ブログ月間20万PV突破 2月:月収1,000万円突破.

次の

【生涯年収】上場企業サラリーマン・万年平社員の生涯賃金をガチ公開|株JIN

サラリーマン の 生涯 年収

「収入」とはその金額をそっくりそのまま手にできる、貯金したり自由に使ったりできる金額ではないんですよね。 実際は、税金等が引かれて最後に残ったのが、『手取りであり、所得』というわけです。 さらに、生活費など家のローンや車のローンも、養育費もかかるわけで、それらを全部、収入から差し引いてたらかなり額面の給料とはかけ離れてきます。 なので、当たり前ですけど額面の給料が 手取りを上回ることは絶対にないです。 わかりやすく言うと、生涯年収とはどれだけ稼いだか?であり、どのくらい貯金ができたか、というわけではないんです。 なので年収が高くても、所得が低い人もいるわけです。 税金をたくさん払っている社長さんは経費を計算しないと所得が著しく低くなったりもします。 それとここが驚きかもしれませんが、 生涯年収の、生涯、も一生という意味ではないんです。 中卒:2億0060万円 高卒:2億2090万円 専門・短大卒:2億2880万円 大卒:2億8510万円 ちょっと具体的なシュミレーションをしてみましょう。 勤続年数40年で生涯年収が2億円だったとします。 完全一人身。 引かれる税金はなんと。 社会保険料800万円• 厚生年金1700万円• 所得税840万円• 住民税500万円• 雇用保険160万円 合計なんと 4000万円以上も引かれるわけです。 手元に入る金額もそれに応じてみるみる減っていきます。 このあたりをしっかり考慮しておいた方が無難ですね。 そもそもそんなにもらってない人も多いわけなので、税金はわりとハードですよね。 若干少ないかな、とも思いますが、世帯があるなどマイホームを買った、などと考えるとこれは多いと感じる場合もあると思います。 一人身でなら、もっと貯めることができる場合もあると思うので一概には言えませんが、あくまでも平均値ということですね。 でもできる限り貯金はしていきたいですね。 仮想通貨も流行っていましたが、やはりキャッシュは強いです、いざというとき手元にあることは絶大な安心感につながるし、なんにでも変えることができます。 僕も仮想通貨は持っていますが、最悪とんでも大丈夫な金額でやっています(数百万程度) それこそ仮想通貨にもまずは貯金をしていく、これは欠かせませんね。 サラリーマンの生涯年収、学歴別で違う? 次にここでは学歴が生涯年収に与える影響についてみていきたいと思います。 生涯年収(生涯賃金)と学歴は関係あるの? ということですが、正社員だけで考えた場合、 やはり大いに関係があります。 そもそも基本給が異なるので、必然的に生涯年収では高卒、中卒、大卒ではかなり待遇も違う。 チリも積もればということで結構な差となりますね。 受験をしたことがある場合はすぐわかると思いますが、何しろ結構きつかったですよね・・・その過酷さを企業側も理解しているわけで、受験というハードルをしっかりこえたということを、企業側が能力として見ている、ということです。 小中高大という16年間にもわたる就学経験、が理由ですね。 ちなみに専門学校卒、専修卒は採用基準においては高卒扱いとなります。 学歴は人間性や、才能のことではなくて、基準となるスキル、基準値として見る傾向が強いというわけです。 だから学歴はやはりあった方がいい、というのは今後も変わらない傾向としてあるかなと感じますね。 こういったデータもあるくらいなので参考程度にご覧いただければと思います。

次の