ヨークシャー テリア。 ヨークシャーテリア(ヨーキー)の性格は?オスとメスで違いも解説!

ヨークシャーテリアは抜け毛が少ないけど飼うのは大変!その理由とは?

ヨークシャー テリア

ヨークシャーテリアは抜け毛が少ない犬種で間違いなし? トイプードルやマルチーズ・パピヨンなどと同様に、 ヨークシャーテリアは抜け毛が少ない犬種です。 犬はアンダーコートとオーバーコートを持ったダブルコート種と、アンダーコートを持たないシングルコート種がいます。 このうち、ヨーキーやトイプードルはシングルコートです。 柴犬やゴールデンレトリバーなどがダブルコートです。 一般的にはダブルコートの方が抜け毛が多いと言われていますが、シングルコートでも抜け毛が多い犬種がいるので、一概には言えません。 ですが、ヨーキーに関してはシングルコートで本当に抜け毛が少ない犬種です。 きちんとブラッシングをしていれば、ブラシに抜け毛が付く程度で、床やカーペットの上で抜け毛が気になることはほとんどありません。 これだけを聞くととても飼いやすい犬種のように聞こえますよね。 ただ、ヨーキーって「動く宝石」とも呼ばれます。 ヨーキーの特徴でもある「ダークスチールブルー」の毛色を引き立たせる為にもブラッシングが欠かせません。 抜け毛が少ないのにヨークシャーテリアが飼い難いってなぜ? ここからは「飼い主の悩み」である抜け毛が少ないヨークシャーテリアが、なぜ飼いにくいのかについてまとめました。 とは言え、賢くて無駄吠えも少ないので基本的には飼いやすい犬種です。 但し、「飼いやすい」という内容を鵜呑みにして、「こんなはずじゃなかったのに…」という方を減らすためにも、敢えてヨーキーの飼い難い部分を挙げてみました。 ヨークシャーテリアはブラッシングが必須 ヨークシャーテリアの毛はとても細く伸びるので、絡まり易くフケなどの汚れが皮膚や毛の間に溜まりやすいです。 一度絡まって毛玉になると汚れが溜まりやすくなりますし、蒸れ易くなり皮膚病の原因にもなります。 こういったトラブルを避ける為にもブラッシングは毎日やってあげたいところです。 ブラッシングは皮膚に適度な刺激となり、ヨーキーの美しいシルキーヘアーを保つ為にも大切なケアです。 ヨークシャーテリアはカット トリミング が必須 ヨークシャーテリアの毛は放っておくとどこまでも伸びます。 といっても、立った状態で地面に着くほど伸びてしまうと、地面のゴミが付いたりして不衛生です。 なのでショーに出す方以外はある程度の長さでカットに出します。 また、目元の毛が直ぐに垂れてきてしまうのでリボンなどを付けている子もいますね。 ただ、リボンをしていても毛が柔らかいので垂れてしまいます。 眼球を刺激して眼病の原因になったりします。 なので、1~2カ月に1回くらいのペースでカット トリミング に出す人が多いです。 これが地域や店舗にもよりますが、1回5,000~8,000円くらいします。 最悪は、見た目を気にしなければ飼い主がカットすることもできます。 ただ、愛犬のヨーキーが暴れてケガをしないように、お互いの距離が十分に縮まったパートナーに限ります。 ヨークシャーテリアは寒暖差に弱い ヨークシャーテリアはシングルコートなので、寒さに弱いんですが夏場の暑さも苦手です。 とくに被毛を伸ばしている場合、毛がのれんのように体を覆う為、熱がこもってしまいます。 夏場は20~25度くらいをキープしましょう。 人にとっては「寒すぎない?」と思うかもしれませんが、ヨーキーにとっての適温は18~22度と言われています。 小さな子供がいて、あまり部屋の温度を下げられない家庭ではひんやりグッズを取り入れましょう。 一言にひんやりグッズといってもマットタイプや首にかけるタイプなど、様々なものがあります。 その子によって、どういったグッズが好きかは異なるので、色々試してみる必要があります。 冬場は夏場よりも3㎝程度毛を伸ばし、寒い日は服を着せたり、寝床に毛布や着なくなったトレーナーを用意してあげれば十分です。 冬場は24~26度くらいをキープしましょう。 ヨークシャーテリアの抜け毛対策にシャンプーは必要? シャンプーはその直後に関して言えば、抜け毛対策の効果がありますが効果は短期的です。 動物ですから、生きていれば常に抜け毛は出ます。 やはり 日ごろのブラッシングの方が抜け毛対策の効果は高いです。 シングルコートなので素人でもシャンプーが簡単にできますが、抜け毛対策というよりは汚れやニオイ対策になります。 洗いすぎてもフケや皮膚の乾燥トラブルになるので、多くても1カ月に1回程度にしましょう。 まとめ ここではヨークシャーテリアの抜け毛についてまとめました。 敢えて飼い難い理由を並べましたが、ヨーキーは初めて犬を飼う人にもおすすめの犬種です。 特に抜け毛やフケが少ないので、犬アレルギーを持っている方にも人気が高い犬種です。 ぜひヨーキーの他の記事も参考に、家族に迎え入れるか検討してみて下さい。

次の

【2606件】ヨークシャテリア|おすすめの画像【2020】

ヨークシャー テリア

準備中 ヨークシャー・テリアの里親募集を探す ヨークシャー・テリアの性格 一般社団法人によると、ヨーキーことヨークシャー・テリアは、倉庫や工場などでネズミを捕るための犬としてイギリスで生まれました。 とても活動的で負けん気が強い性格です。 勇敢で利口、人懐っこく甘えん坊ですが、警戒心が強い一面もあり、慣れない相手や大きな音などを怖がって攻撃的になる場合があります。 一般的には、オスの方が飼い主に甘えん坊で、メスのほうが誰にでも社交的です。 また他の人気小型犬と比べると、ヨークシャー・テリアの方がチワワより勇敢、トイ・プードルより勝気、マルチーズよりも甘えん坊の傾向があるでしょう。 ヨークシャー・テリアの平均寿命 ヨークシャー・テリアの平均寿命は、14年~16年(人間の72~80歳相当)です。 一般的に長寿とされる小型犬の中でも、特に平均寿命が長い犬種です。 ヨークシャー・テリアの平均体重 ヨークシャー・テリアの平均体重は、2kg~3kgです。 交配に使われていた犬の中には比較的大きな犬種もいて稀に大きくなるケースもありますが、理想体重は大きくても3. 2kgまでです。 ヨークシャー・テリアの平均体高 ヨークシャー・テリアの平均的な体高は15~23cmほどで、チワワに次ぐ小型犬です。 当初は大きめのヨークシャー・テリアもいましたが、交配が進められ犬種として安定していく中で小型化されていきました。 ヨークシャー・テリアの人気カット ヨークシャー・テリアは長毛で、カット次第でさまざまなアレンジが楽しめます。 人気カットを紹介しましょう。 フルコート 長毛をいかした、華麗なショースタイルです。 ダーク・スチール・ブルー ヨークシャー・テリアが成犬になるまでの期間 体重10kg以下の小型犬は、大型犬よりも早く成熟します。 生後約10カ月で成犬、犬年齢1歳は人間の17歳程度です。 成犬以降の成長(老化)は大型犬よりも穏やかで、犬年齢11歳で人間の60歳程度、老犬と呼ばれるようになります。 ヨークシャー・テリアの鳴き声 ヨークシャー・テリアは警戒心が強いため、不安になると甲高い声で吠え続ける場合があります。 甘やかしすぎやストレスも原因の一つです。 賢いため、きちんとしつければ問題はないでしょう。 ヨークシャー・テリアがかかりやすい病気 病名 時期や症状 治療費 レッグ・カルベ・ペルテス病(虚血性大腿骨頭壊死) 太ももの骨の付け根部分に血液がうまくまわらず、骨頭が壊死してしまう。 痛みや歩行障害がある。 1歳未満の子犬が発症しやすい。 約10万円~ 気管虚脱 気管がつぶれてしまい、咳をしたり「ガーガー」という呼吸をしたりする。 約10万~70万円 尿石症 尿管や尿道などに結石ができ、尿が出にくかったり血尿が出たりする。 約3万円 門脈体循環シャント 肝臓に流れるはずの血液が肝臓を通らず、解毒ができない。 成長不良や神経症状などを引き起こす。 2歳までに発症することが多い。 約95万円 白内障 水晶体と呼ばれるレンズが白く濁り、視力低下や失明を引き起こす。 ヨークシャー・テリアの適温は18~22度、湿度は40~60%です。 23度以上で熱中症のリスクがあります。 温度調節をしっかりして、涼しい時間帯にお散歩に行き、しっかり水分補給を行いましょう。 短すぎるサマーカットは、皮膚炎や熱中症のリスクを高めます。 直射日光が当たる部分はしっかり毛を残したほうがよいでしょう。 ヨークシャー・テリアの体臭 ヨークシャー・テリアは、小型犬の中では比較的体臭の強い犬種です。 お尻まわりや目の周辺が汚れたままだったり、雑菌が繁殖することで臭いが強くなる場合があります。 食事を見直したり、適度なシャンプーや耳掃除をしたりすることで、体臭が軽減される可能性があります。 ヨークシャー・テリアの飼い方 お留守番や万が一に備えて、子犬の頃からケージに慣れさせておくとよいでしょう。 ヨークシャー・テリアは被毛の長いシングルコートで暑さ寒さの変化に弱いため、温度管理に注意することが大切です。 とても活発なため、安全に走り回れるよう滑り止め対策もしておきましょう。 ヨークシャー・テリアは自己主張が強いため、甘やかすとわがままになります。 たくさんコミュニケーションをとり、子犬のうちからしっかりしつけることが大切です。 ドッグフードの量・回数 子犬には、高タンパクで高栄養のドッグフードを選びます。 1日4回ほどに分けて与えるとよいでしょう。 成犬は1日2回、朝晩に与えます。 ドッグフードに記載の量が目安です。 翌日の便を拾い上げたときに下に少し跡が残るくらいなら適量、軟らかすぎるなら与えすぎ、固ければ量不足の可能性があります。 足腰を強めるためには、肉や魚などの動物性タンパク質が50%以上で、グルコサミンやコンドロイチン配合のフードを選ぶとよいでしょう。 オメガ3やオメガ6、コラーゲンなどは美しい毛並みを維持するのに役立つ栄養素です。 食べさせてはいけないもの 犬が食べてはいけない食べ物 ネギ類全般(にんにく、ニラ、玉ねぎなど)・ぶどう類全般・チョコレート・キシリトール・生の魚介類(魚、イカ、タコ、エビ、カニ)・鶏の骨・アボガド・ナッツ類全般 犬は避けたほうがいい食べ物 ほうれん草・生肉・香辛料・にぼし・のり・生卵・生野菜・牛乳・ココナッツオイル・干しあんず 上記は代表的な食べ物を記載していますが、もっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。 柑橘類• スパイス類• クセのある葉物野菜 上記の食べ物も控えたほうが無難でしょう。 抜け毛の量 ヨークシャー・テリアはシングルコートで、季節によって毛が変わるわけではないため、抜け毛の量は比較的少ないでしょう。 しかし、切らないと毛がどんどん伸びていくため、抜け毛が目立つ場合があります。 生後4~8カ月頃には子犬の毛から成犬の毛へ生え変わるため、抜け毛が目立つでしょう。 それ以外で抜け毛が多いと感じる場合は、皮膚炎などの病気の可能性があります。 毛が伸びると毛玉ができやすくなるため、抜け毛を防ぐためには、毎日ブラッシングしてあげることが大切です。 お風呂の入れ方 ヨークシャー・テリアをお風呂に入れる際は、事前にブラッシングし毛玉やもつれをとってあげましょう。 特に耳の付け根やわきの下、内股などは毛玉ができやすい場所です。 シャンプーは必ず犬用を使用しましょう。 犬の肌や被毛に合うよう作られており、人間のシャンプーとは全く異なるためです。 子犬と成犬それぞれのお風呂の入れ方を紹介します。 ヨークシャー・テリアの子犬のお風呂の入れ方• 洗い場に、滑り止めなどを敷いておくと安全です。 顔はゆっくり、手でお湯をかけます。 鼻にお湯が入らないように、手でマズルをおさえて顔を上向きにするとよいでしょう。 指の腹を使って優しくマッサージするように洗います。 シャンプーが残らないようにしっかりすすぎます。 タオルドライ後、しっかりドライヤーで乾かします。 生乾きだと細菌がわいたり毛玉になったりしやすいためです。 特に、耳の後ろなど皮膚の薄い部分もしっかり乾かしましょう。 最適な散歩時間 うちのヨーキーはとっても気難しいです。 わがままではない 一通りルールは守ってくれます けど、気分屋です。 人見知りもします。 1度家族、お友達と覚えた人には人懐っこいですが それ以外の人には警戒心を持って接します。 小さい時に、無駄吠え、噛みグセを徹底して止めさせたので一年半した頃には完璧に無くなっていました。 躾には少々根気がいると思います。 ですが、とても可愛らしく表情豊かな犬種です。 泣いていると寄り添ってくれるし、家族内で喧嘩が起こると仲裁に入ろうとします。 今では無くてはならない家族の一員です。 ヨーキーを飼おうと思ってらっしゃる方がいらっしゃいましたら 一生懸命、愛情を注いで下さい。

次の

ヨークシャー・テリアの性格や特徴、飼い方の注意点と歴史

ヨークシャー テリア

ヨークシャーテリアの歴史 「ヨーキー」という愛称で親しまれているは、19世紀にイギリスで作出されました。 正しくは<ブロークン・ヘアード・スコッチ・オア・ヨークシャーテリア>という大変長い犬種名で、イギリスのヨークシャー州・スコットランド州の、ワイヤー・ヘアのテリアといったような意味になります。 現在のヨーキーはワイヤー・ヘアどころか絹のようなすべすべした直毛ですが、作出された時期は様々な犬を交配に用いていたこともあり、毛質だけでなくサイズも今と異なって、5kg以上ある個体も多かったそうです。 当時、交配に使われていた犬は、スカイテリアや、ウォーターサイドテリアやほか、さらに数種類あったとされています。 しかし、交配を進めて犬種として安定化していく過程で、ヨーキーは小型化され、滑らかな直毛の毛質となりました。 ヨーキーは当初、愛玩犬ではなく、作物や人間の食べ物を荒らすネズミを捕るための犬として作出されました。 倉庫や工場など室内でネズミを追えるほど小さく活発なテリアとして、労働者階級の市民に飼われていましたが、サイズの小ささ、被毛の美しさ、活発で明るい性格が評判となって、次第に貴族など上流階級でも飼われるようになりました。 1861年にイギリスのドッグショーに初めて出展され、1870年には「ヨークシャーテリア」の名称が広がりました。 1872年にはアメリカにも入り、1882年にイギリスのケネルクラブで公認の犬種となりました。 やがて、この犬の魅力に取りつかれた欧米の繁殖家たちによって、ヨーキーはさらに小さく、より美しい被毛を与えられるようになりました。 日本に入ってきたのは戦前の頃からと言われていますが、はっきりしません。 戦後、高度成長期の豊かな時代になると、マルチーズとともに代表的な「お座敷犬」として、室内で手厚く飼われるようになり、長年登録数ランキングトップ10入りが続いています。 日本では第3グループのテリアとして分類されていますが、海外では愛玩犬として分類されている国もあるようです。 なお、ヨーキーとよく似た外見のシルキー・テリアは、オーストラリアンテリアとヨーキーの交配によってつくられましたが、現在はそれぞれ別の犬種として扱われています。 ヨークシャーテリアの飼い方 ヨークシャーテリアは比較的抜け毛が少ないと言われるシングルコートですが、毛量が多い場合はよく抜けるように感じられることがあります。 毛は細く絡まりやすいので、ブラッシングは毎日行いましょう。 長毛にこだわらない飼い主さんは、トリミングで思い思いのショートカットにしているようですが、暑さ寒さの変化に弱いので、冬は服を着せてあげたほうが良さそうです。 甘えん坊ながら負けん気の強いテリア気質ですので、育て方を間違えると大変なワガママ犬になってしまいます。 電話やインターフォンへの無駄吠えがやまない、ブラッシングや耳掃除をしようとすると咬むなどの問題犬にしないために、子犬の頃から人間との上下関係をはっきりさせておくことが大切です。 甘やかし過ぎは分離不安などの症状を招き、留守番ができなくなってしまいます。 ヨークシャーテリアは活発で運動量の多いテリア気質ですが、サイズが大変小さいので、それほど多くの運動量は必要としません。 散歩は気分転換程度に20分くらいで十分です。 賢く、知的な活動が好きなので、室内でできる遊びをしてあげましょう。 ヨークシャーテリアの毛色 ヨークシャーテリアは、子犬の頃は全身のほとんどが黒い毛で覆われています。 しかし、大人になると少しずつタン色の毛が増え、黒い毛は灰色やシルバー、金色などに変化をし、最終的には犬種の特徴でもあるダーク・スチール・ブルーとタンの2色になります。 ヨークシャーテリアの気を付けたい病気 ヨークシャーテリアに起こりやすい病気として、門脈シャントが知られています。 腸管から吸収されて肝臓に運ばれ、解毒されるはずの毒素が、シャント(余分な血管)により、肝臓で処理されないまま体内に回ってしまい、無治療の場合は死に至る病気です。 多くは2歳くらいまでに発症します。 食欲不振、おう吐、下痢やふらつきなどが見られたら、早めに受診しましょう。 そのほかに、尿結石や、小型犬で起こりやすい膝蓋骨脱臼、気管虚脱などがあります。 ヨーキーは平均寿命14~15歳と言われ、長寿の傾向がありますが、心臓病などは比較的早い時期から起こりやすいようです。 シニアになったら定期的な健康診断を欠かさないようにしたいものです。 ヨークシャーテリアの価格相場 グループサイト、『』における、ヨークシャーテリアの直近1年間の子犬ご成約時の平均価格は約 24万円、最高価格は 60万円、最低価格は 7万円です。

次の