カナヲ 未来。 鬼滅の刃のカナヲを花の呼吸で描いてみた!

【鬼滅の刃】炭治郎は最終回のその後、カナヲと結婚!?子孫は竈門炭彦とカナタ!(ネタバレ注意)

カナヲ 未来

花の呼吸 花の呼吸は日の呼吸から派生した五つの呼吸のうちの一つ、水の呼吸から派生した呼吸法。 花の呼吸の使い手は胡蝶カナエと栗花落カナヲのみ判明しています。 胡蝶カナエは十二鬼月・上弦ノ弍・童磨に殺され花の呼吸の使い手はカナヲただ1人 妹の胡蝶しのぶは花の呼吸をさらに自分独自にアレンジして蟲の呼吸を生み出しています。 すべての型に花の名前が付いているのが特徴です。 花の呼吸 壱ノ型 不明 花の呼吸 弍ノ型 御影梅(みかげうめ) 自分の周り全方位に乱撃を放つ技。 この技で童磨の血鬼術を防ぎ切りました。 花の呼吸 参ノ型 不明 花の呼吸 肆ノ型 紅花衣(べにはなごろも) ただの斬撃ではなくねじれたような特殊な斬撃を放つ技。 型の名前のように斬撃が衣のようにも見えます。 花の呼吸 伍ノ型 徒の芍薬(あだのしゃくやく) 一瞬のうちに九連撃を叩き込む高速の剣技。 斬撃の軌跡が芍薬の花のようにも見えます。 童磨に対して使用しました。 花の呼吸 陸ノ型 渦桃(うずもも) 体を大きく捻りながら相手に切り込む技。 童磨の攻撃をかわしながら渦桃を繰り出しており体幹が強いと童磨は関心していました。 花の呼吸 終ノ型 彼岸朱眼(ひがんしゅがん) 栗花落カナヲの最終奥義 もともと優れていた動体視力をさらに極限まで高めたもので周りの景色がスローモーションに見えるというメリットがある反面、眼球にかかる圧力が凄まじいため強膜が血で赤く染まり、失明のリスクもある諸刃の剣です。 この技で童磨の血鬼術をくぐり抜け伊之助の手助けもあり上弦ノ弍である童磨を討ち取りました。 ただし右目がほぼ見えなくなった模様。 栗花落カナヲの他の能力 栗花落カナヲは目 同期である炭治郎は鼻、善逸は耳、伊之助は触覚、弦弥は味覚、 と最終選抜を生き抜いた5人はそれぞれ五感のうちの一つが優れています。 目 ずば抜けた動体視力を有しているカナヲ。 両親からの虐待を受けており 動きをよくみていないと殴られた際、必死に目で追っていたそう。 そのため動体視力がずば抜けています。 花の呼吸と組み合わせることにより終ノ型 彼岸朱眼を生み出しておりこの諸刃の剣の技を用いて上弦ノ弐である童磨を倒しています。 【鬼滅の刃】花の呼吸 カナヲが強い! まとめ 栗花落カナヲは幼少の頃の虐待で凄まじい動体視力を手に入れ、そのおかげで上弦の鬼の動きをも見切ることができています。 童磨いわく胡蝶しのぶよりもその嗣子であるカナヲの方が強いかもしれないのだそうです。 栗花落カナヲはいちど彼岸朱眼を使用し右目がほぼ見えていない状態、左目も怪しいといった感じなのでもしかしたら前線での戦いはもう無理かもしれないですね。 ただ師の思いを受け継ぎ童磨を討ち取ることができたのでカナヲはもう十分勉を果たしたと言えるでしょう。

次の

【鬼滅の刃】炭治郎は最終回のその後、カナヲと結婚!?子孫は竈門炭彦とカナタ!(ネタバレ注意)

カナヲ 未来

注意この記事には『週刊少年ジャンプ』掲載分の『鬼滅の刃』のネタバレを含みます。 カナヲはしのぶとカナエというの命を奪った宿敵を倒したことにより、ふたりがくれた「仲間」という大切なものの価値を改めて認識します。 彼女は童磨を倒したことにより、精神的に大きく成長しました! またカナヲに倒された瞬間に、童磨は自分自身に欠けていた「愛」という「感情」を見出します。 彼が好きになった相手は何と、自分に毒を盛ったしのぶだったのです。 童磨の恋愛感情は歪んでいますが、なぜ 彼はしのぶに恋することになったのでしょうか? しのぶは童磨を憎んでいたため、ふたりがくっつく可能性はゼロなのでご安心を。 それよりもしのぶ様にはカナヲや蜜璃などの女の子とイチャイチャしてもらって、百合百合してもらいたいなぁ。 彼は鬼になる前、人間の頃から感情がありませんでした。 鬼になった人間は生きることに固執する傾向があり、どんなに絶望な状況飲み込まれても生き延びようと必死になっていた奴が多いです。 しかし童磨は他の人とは違い、自分の死を客観的なものとして捉え、どうしようもない事実だと認めています。 彼は感情がないため、自分の死をただを受け入れるしかないのです。 死んだ後に恋を知る そんな彼は死に際に恋言う感情を知ることになります。 恋と聞くと同じ雑誌に連載されている『ゆらぎ荘の幽奈さん』や『ぼくたちは勉強ができない』のような、ちょっとサービスシーンがありものすごく甘酸っぱくドキドキするような展開を思い浮かべるかもしれません。 確かに本作にも恋愛的な描写はありますが、 しのぶと童磨の間柄には甘酸っぱい関係なんて生まれるはずがありません。 まずしのぶは童磨に大好きな姉を殺されており、彼を毛嫌いしているため、死んでも恋仲になる事は無いでしょう。 今回にはしのぶと童磨が会話しているのは心があったんですが、しのぶは童磨に対して暴言ばかり吐きます。 一部の人にはご褒美かもしれませんが、私には童磨の異性のタイプがそのような感じと思いませんね。 それに しのぶ様には年下の面倒をしっかり見る、頼りになるお姉ちゃんとして百合百合しい関係になって欲しいなという個人的な希望もあるので、童磨とはくっついてほしくないですね。 なぜ童磨はしのぶを好きになったのか? ここで気になるのは、なぜ感情が無かったはずの童磨がしのぶのことを好きになったのかですね。 その理由は作中では具体的に述べていないので、私個人の予想になります。 自分に敵を向けた相手と言う理由で好きになったなんて事はないと思います。 そのような理由で恋をしたのであれば、他の鬼殺隊の隊士にも恋心を抱いていた可能性が高く、しのぶではなくても良いかと思います。 おそらくしのぶが自分を殺すきっかけとなった、とても強い能力を持った女性だったからでしょう。 童磨の鬼としての実力は高く、先に鬼になった猗窩座よりも早く上弦の弍の座に着くことができました。 上弦の鬼のメンバーが100年間変わらなかった事も考えると、 童磨が鬼になっているからそんなに苦労していないことがわかります。 少なくとも自分が死ぬような危機は訪れていないはずですね。 そんな彼ですがしのぶと出会い、彼女に毒を盛られた事により死ぬことになってしまいます。 童磨は以上に実力がある鬼である上に、感情を失っているので、自分の死と言うものを実感することができませんでした。 彼が死亡するまで追い詰められたのは、しのぶの毒が効いたからです。 しのぶの毒を食らって初めて死を実感したことに、その感動を与えてくれた彼女に恋心を抱いただけだと思いました。 私は童磨かしのぶに恋した理由は、彼女を通して自分の死を実感したからだと予想しました。 カナヲについて 彼岸朱眼の代償により片目が失明 花の呼吸終ノ型「彼岸朱眼」は自分の目に血流を集中させることにより動体視力を高める技です。 その技を使用することにより童磨の攻撃をたやすくかわすことができるようになるのですが、目と言う繊細な場所に血流を集中させると言う技の特色上、長時間使用すると失明するリスクがあったのです。 今回カナヲは視力を全て失うことはなかったものの、右目の視力をほとんど失ってしまいました。 これ以上を使ってしまった場合、彼女は鬼殺隊の隊士として戦えなくなる上に、因縁の相手である童磨を倒すという目的を達成しています。 これらの要素を踏まえると彼女がこれから「彼岸朱眼」を使う事は無いだろうと思います。 親に売られる カナヲは幼い頃に暴力を受けていました。 家の中で泣いてしまうと親に蹴飛ばされるなどわ暴力を受けてしまいます。 彼女は生まれた頃から誰かと幸せな日々を過ごすことが出来なかったのです。 彼女が優れた動体視力を持つ目を持っていたのは、親から受ける暴力をうまく見てないと、当たりどころが悪くなり自分自身が死んでしまうからです。 またカナエとしのぶに引き取られた当初は、自分の意思を表示することなく、誰中に命令しないと行動することができなく、食事も食べなさいと命令されるまでは絶対に食べませんでした。 そのような過去があるので、 彼女は感受性が死んでおり、うまく流涙を流せなくなってしまいました カナエが童磨によって殺されてしまった時、しのぶなどの親しい人が涙を流していたのに対し、彼女だけは唯一涙を流さなかったのです。 カナヲはそんな辛い過去があったため、初めて自分に優しくしてくれたカナエとしのぶは何よりも大切な特別な存在だったんです。 また彼女の子供を命がけで助けてくれる大切な仲間ができたのは、しのぶとカナエの2人が自分を大切に育てて導いてくれたからでした。 しのぶとカナエという、自分の命よりも大切な人たちの命を奪った童磨を許していなく、絶対に殺したい存在だと思っていました。 そして童磨を討伐したことにより、大切な仲間との絆など2人が自分に与えてくれたものの大切さを再び思い出し、自分自身が1人じゃないということを自覚したのです。 しのぶとカナエはもうこの世にはいなく一生会うことはできません。 その上ちゃんとお別れすることもできなく、彼女自身もとても後悔があったでしょう。 ですがこの2人がくれた 仲間と言う大切なものの尊さを再び認識して、彼女がどんどん前に進んでいくんです。 カナヲは童磨を倒したことにより、前よりももっと大きく強くなったはずです。 これからはしのぶとカナエがいなくても、大切な仲間たちと一緒に困難を乗り越えられるはずです。 カナヲはしのぶとカナエに沢山の愛情をもらったことにより、ふたりが倒せなかった童磨をも討伐できるほどの力を得ました。 これからは自分自身が2人の大愛と愛情と同じ位の愛情を他の人に与えることにより、自分の周りの人を助けて、より強くしていくはずです。 カナヲが大切な人から与えられた愛情を受け継ぎ、他の人にも愛を持って接すると言う使命はこれからもついていきます。 しのぶとカナエとの別れの涙は特別なもの 大切な人との別れは誰でも悲しいものであり、良かったと言うのにはちょっと語弊があるような気がします。 それでも今回カナヲが童磨を倒して、大切な2人に「がんばったね」と褒めてもらったシーンはとても良く、 心がジーンとしてしまいました。 その後しのぶとカナエが身に付けていた髪飾りを手に持ち、彼女は号泣するのです。 カナヲにとってこの涙は超特別なものです。 自分の大切な人の尊さなどを実感してな事は当たり前ですが、彼女の場合2人が死んだときには泣くことさえ許されませんでした。 しのぶが死んだときには童磨との戦闘中だったため仕方ないですが、カナエの葬式では自分のトラウマが原因で泣けなかったため、彼女自身にも申し訳ない気持ちと、自身の心の冷たさに絶望してしまい 懺悔の念を感じた思います。 しかし今回涙を流したことにより、過去に暴力を受けたトラウマなどを完全に払拭することが出来ました。 その上に2人が死んでしまったときに流すなかった涙を流したことにより、長い間彼女自身を苦しめた後悔などが洗い流され、 過去を振り返らず明るい未来だけを求められるようになったんです。 カナヲがしのぶとカナエと出会った時のエピソードはコミックス7巻に載っています。 カナヲも童磨みたいになっていたのかもしれない? 幼い頃のカナヲと童磨には、感情がないという共通点があります。 愛情に触れて感情を取り戻したカナヲ• 感情を取り戻せなかった童磨 カナヲはしのぶとカナエの優しさに触れることで、徐々に感情を取り戻していきましたが、童磨にはそんな機会がなく死ぬまでずっと感情を失ったままでした。 もしかしたらカナヲがしのぶとカナエと出会っていなく、鬼になってしまった場合は、童磨のような外道になっていたのかもしれません。 その力を手に入れるためには何かしらの条件があるとは思いますが、 その条件が何なのか見当がつきません。 それ以前に鬼舞辻無惨と猗窩座には共通点があまりないので、二人の関係から不死になる条件を予想するのは難しいかと思います。 少なくとも私にはできない。 鬼舞辻無惨 は猗窩座が女性と子供を食べないことを黙認しており、彼だけ特別扱いしていました。 おそらくは鬼舞辻無惨は、猗窩座が自分と同じく不死になる可能性があるのではないかと思ったのが理由だと思うのですが、その根拠となるシーンがわかりません。 なので不死と戦闘力はあまり関係ないと予想できます。 猗窩座の意志の強さというのも理由に挙がりそうです。 上弦の陸の妓夫太郎が妹の堕姫を守るためだけに生きていたのにも関わらず死んでしまったことを考慮すると、不死になる理由には繋がりません。 やはり鬼舞辻無惨のような能力を得るためには、彼が平安時代に医者によって服用された薬を飲むぐらいしかないのでしょうか? 不死の力を得るための条件とは何だったのか気になりますね。 彼女は弦楽器を鳴らすことで、人間や鬼を転移させる力があります。 鬼舞辻無惨が十二鬼月を呼び出してパワハラ会議を行う際には、鬼たちを呼び寄せるために彼女の能力が使われる時がほとんど。 最近になって十二鬼月になったばかりなので、童磨ほどの実力はないと思いますが、油断はできない相手であることには変わりありません。 琵琶鬼 鳴女とのバトルも楽しみですね。 この4000文字近い記事で何が伝えたかったかと言いますと、 しのぶ様には生きてもらいもっといろいろな女の子と百合百合しい関係になってもらいたいなという個人的な希望でした! 以上! 一緒にチェック!.

次の

鬼滅の刃のカナヲを花の呼吸で描いてみた!

カナヲ 未来

(鬼滅の刃2巻 吾峠呼世晴/集英社) そこで今回ドル漫では 「栗花落カナヲ(つゆりかなお)」の正体と能力強さをフルカラー画像付きで徹底的に考察していこうと思います。 栗花落カナヲは主人公・竈門炭治郎たちと共に、実は序盤から登場してた重要キャラ。 これまでの意外と知られてない過去や性格、栗花落カナヲの「悲しき結末」も考察してます。 『鬼滅の刃』最終盤の展開も含まれてるのでネタバレ注意です。 栗花落カナヲとは胡蝶しのぶの継子 まずは栗花落カナヲの正体をおさらい。 栗花落カナヲとは 蟲柱・胡蝶しのぶの「継子(つぐこ)」。 名前の 読み方は「つゆりかなお」。 誕生日は5月19日。 年齢は16歳。 出身地は東京府本所区(現在の墨田区向島)。 身長は156cm。 体重は46キロ。 声優CVは上田麗奈。 栗花落カナヲはとにかく戦闘の素質があり、女性でありながら竈門炭治郎と比べても反射神経や身体能力で群を抜く。 そのため胡蝶しのぶから絶対的な信頼を置かれてる鬼殺隊の隊員。 日輪刀の色は桃色。 カナヲのは「花の呼吸(詳細は後述)」。 (鬼滅の刃7巻 吾峠呼世晴/集英社) この「好きな男の子」とは、後にカナヲが出会う竈門炭治郎のこと。 「人の心が原動力だから。 心はどこまでも強くなれる」と天真爛漫に手をぎゅっと握られると、栗花落カナヲは炭治郎に恋心を芽生える。 まさに伏線の匂いもプンプンですが、答え合わせは最後に後述。 残念ながら、胡蝶姉妹は上弦の2・童磨によって殺されてしまう。 数年前に花柱(?)だった胡蝶カナエは偶然相見えた時に倒され、無限城で姉の恨みを晴らさんとした胡蝶しのぶも返り討ちに合う。 それでも胡蝶しのぶは全身を毒状態と化して食われることで童磨を弱らせ、栗花落カナヲが最後はとどめを刺した。 胡蝶しのぶからは「カナヲが頸を切ってとどめを刺して」と頼み込まれるなど、栗花落カナヲがいかに信頼されていたかが分かります。 それ故に、栗花落カナヲのショックはひとしお。 姉・胡蝶カナエが死亡した時はまだ過去の経緯を引きずっていた、素直に涙を流すことはできなかった。 妹・胡蝶しのぶに責められることはなかったが、だからこそ余計に辛かった。 何もできなかった自らの無力さに自責の念が募るばかり。 (鬼滅の刃163話 吾峠呼世晴/集英社) そこで栗花落カナヲはようやく初めて「大粒の涙」を流した。 胡蝶姉妹の髪飾りを抱きしめながら思い描く光景は、胡蝶姉妹が「天国で両親と笑顔で仲良く暮らす姿」。 両親も鬼に殺されており、本当に胡蝶一家は安息の日々を送っているのかも。 女子は自信を持てない人が多い模様。 栗花落カナヲに対して「共感」を抱く鬼滅の刃読者は多いのかも知れない。 栗花落カナヲの強さは胡蝶超え? ちなみに、 カナヲの名前は姉・胡蝶カナエが命名したとされます。 どちらかというと栗花落カナヲは姉・カナエの方が親密度はやや高かったか。 でも考えてみると、竈門炭治郎に出会うまで意思表示できなかったカナヲが鬼殺隊に入ったのか? 実は、栗花落カナヲが 鬼殺隊に入った理由は「人間として不器用すぎた」から。 栗花落カナヲは家事などができなかったため、胡蝶姉妹に貢献するために「修羅の道」を歩んだ。 天性の身体能力も手伝って、見様見真似で姉・カナエの花の呼吸(後述)を体得。 もちろん究極の指示待ち人間だった栗花落カナヲですが、カナエが殺されたことなども手伝って無意識的に「鬼を倒す」という目的に向かっていたそう。 鬼殺隊に入るための選別試験も、実は胡蝶しのぶに黙っての参加でした。 人の役に立つためには戦う方法以外になかった。 そこで続いては栗花落カナヲの強さを考察。 (鬼滅の刃162話 吾峠呼世晴/集英社) 続いては花の呼吸・ 終ノ型「彼岸朱眼(ひがんしゅがん)」。 大量の血液を眼球に集中させることで、動体視力を極限まで引き上げる技。 それ故に眼球が真っ赤に染まる。 ただでさえ動体視力に優れる栗花落カナヲにとって、ブーストされた動体視力は周囲の動きは極端に鈍く止まって見える。 しかしながら、終ノ型「彼岸朱眼(ひがんしゅがん)」は眼球に対するダメージは凄まじく、失明してしまう可能性が高い。 童磨戦では短時間の使用でしたが、栗花落カナヲは片目だけ失明してしまう。 まさに「終わりの最終型」。 栗花落カナヲの名言一覧 続いては「栗花落カナヲの名言」を考察。 当初はロボットのような性格でしたが、後に師匠・胡蝶しのぶの割とキツい性格を継承したのが毒舌も吐きます。 やはり女性だけあって観察眼や洞察力に優れる模様。 (鬼滅の刃157話 吾峠呼世晴/集英社) 童磨を追い詰めるように出た名言が「 貴方、何のために生まれてきたの?」。 既にネット上では「ねぇ今どんな気持ち?」並に、相手を煽る際に使用されることも多い模様。 具体的には「貴方には嬉しいことも楽しいことも苦しいこともつらいことも、本当は空っぽでなにもないのに滑稽だね。 ふふっ」という前段のセリフがあるわけですが、カナヲの指摘が図星だったため、直後に童磨も初めてブチ切れるのが笑います。 ただ栗花落カナヲは炭治郎との出会いで「凍った心」が溶けた。 童磨も炭治郎のような優しい人間と出会ってれば、もしかすると何かが変わった可能性もありそうです。 栗花落カナヲと童磨はある意味、対照的だけど同じだったのかも知れない。 【死亡】最期は炭治郎に殺されてしまう? 最後は「栗花落カナヲの現在」を考察。 ここからは完全にネタバレ注意です。 前述のように上弦の2・童磨に最終的にとどめを刺した後、栗花落カナヲもに嘴平伊之助と共に参戦。 珠世が開発した透明化の血鬼術を使って鬼舞辻無惨を翻弄するものの、最強のやたちと共に返り討ちに合ってしまう。 それでも最終的に鬼舞辻無惨に太陽の光を浴びさせて倒す。 しかしながら、無惨は最後のあがきで自身の細胞と血液を全て竈門炭治郎に注ぎ込む。 結果、日の呼吸を体得した竈門炭治郎は太陽の光を克服した「最強の鬼」と化してしまう。 (鬼滅の刃202話 吾峠呼世晴/集英社) まだ鬼化して間もない段階であれば炭治郎の攻撃をかい潜れると考えた栗花落カナヲは、花の呼吸・終の型「彼岸朱眼」を最期に発動。 そして、炭治郎の背中に鬼を人間に戻す薬をぶっ刺すことに成功した。 涙を流した瞬間にはきっと死を覚悟してたに違いない。 でもカナヲが最期に残した言葉は「炭治郎だめだよ。 禰豆子ちゃん泣かせたらだめだよ」。 栗花落カナヲは炭治郎が好きだったはずなのに、あくまで炭治郎の未来だけ気にかけていた。 伊黒小芭内と甘露寺蜜璃の最期と違って、まだ年齢が幼かったせいか不憫な最期でした。

次の