フレンチトースト ひと 晩。 朝は焼くだけ!しっとりフレンチトースト 【時短朝食レシピ】

フレンチトースト 一晩漬けこみをする作り方 簡単なレシピはコチラ

フレンチトースト ひと 晩

美味しいフレンチトーストを食べるために私がしていること パンを漬け込む卵液は、甘さ、バニラ エッセンスの有無などお好みで調整 してください。 ただ、砂糖が多いと焼く時に焦げやすい ので、甘くしたい場合は焼きあがってから シュガーやシロップで甘さを足すと良いでしょう。 それでは、早速ポイントです。 いつもやっている方には当たり前の ことかもしれませんが、ホテルオークラ のレシピには載っていませんでした。 (当たり前過ぎて省略されているのかも…) そのひとつが、 漬け込む前に卵液を漉すこと です。 これだけ? とお思いでしょうが、一度漉すことで仕上がりの 舌触りが格段に滑らかになります。 プリンや茶碗蒸しを作る時にも卵液を漉すのは 大きなポイントになります。 これは多くのレシピにも書かれていますね。 フレンチトーストを食べた時に、卵液が染みこんで いない白い部分があると、がっかりしてしまいます。 (そしてそのガッカリはイラっとに変わるのであった。。 ) 子どもの頃から我が家では金曜や土曜など、 休日前の夜から漬け込んで、学校が休みの 日の朝食にゆったりと頂いていました。 足りないよりは余った方が良いの精神で、 卵液はたっぷり目に用意し、ひと晩(8~12時間) は浸します。 スポンサードリンク そして焼く時のポイントは 蓋をして弱火でじっくり焼く です。 軽く熱したフライパンにバターなどを溶かし、 卵液に浸したパンを入れます。 弱火寄りの中火(これもご家庭の火加減 で異なります)で片面を焼いて裏返したら 蓋をして気持ち火を弱めて焼きます。 使うパンについてですが、食パンの場合は、 縦横十字に4つに切ったものを卵液に浸して います。 こうすることで、 表面積が若干増えて卵液が浸透しやすく、 また食べやすく、焼いた後に切って食べる のに比べると切り口が潰れてしまう率が 低下します。 厚さは4枚切りくらいの厚みがある方が、 ふわとろ感を満喫できます。 フランスパン(バゲット)を使っても、食感に 変化があるフレンチトーストを楽しめます。 写真のようにカットしたものを、更に半分に すると、表面積が増えて、卵液が浸透しやすく、 また、焼き上がりのカリカリ部分が増えます。 (仕上げに表面を焼いてカリっとさせる時には フライパンの蓋は外します) 材料がシンプルなので、パンそのものの味も 仕上がりに影響を与えます。 できれば上質なパンを使うと、より美味しい フレンチトーストになります。 そして… これはあくまで私の好みなのですが、 カットしたパンを、卵液に浸す前に、 空気にさらして(つまり放置して)パンの 水分を飛ばしています。 つまり、 しっとりしたパンではなく、乾いて カサカサになったパンを卵液に浸すのです。 パン自体の水分が少なくなった所に卵液が 入るので、味が濃くなるような気がしてこの 方法を取っています。 画像クリックで詳細をご覧頂けます(Amazon Amazonでの商品画像クリックで、本の中を 覗くこともできます。 (なか見!検索) チラ見してみたところ、 人気店のフレンチトーストレシピが紹介 されていました。 どれも美味しそうで、無性に フレンチトーストが食べたくなりました^^ しかし、 美味しいパンを買うと、どんどん食べてしまって フレンチトーストまでもたない我が家。。。 ^^; まずはフレンチトースト用のパンをキープ するところから始めないとですね^^.

次の

【フレンチトーストレシピ】一晩置いて朝は楽ちん!ホテルオークラのレシピを再現。

フレンチトースト ひと 晩

結論から言いますと、「フレンチトーストは前日から仕込んでも大丈夫」です。 ただし、保存状態によっては食中毒などの危険もありますので注意が必要です。 フレンチトーストを前日から仕込む場合は ・必ず冷蔵庫で保存 ・常温保存NG ・清潔なタッパーなどの容器で密閉して保存 するようにしてくださいね。 夏場などの温かい季節での常温保存は絶対にNGです。 また冬場など、涼しい季節だからといって冷蔵庫に入れずに常温で保存するのは危険なのでやめてくださいね。 寒い季節でもエアコン等で部屋の温度は上がっていますし、空気に触れているのですぐに傷んでしまいます。 卵は割った状態だと菌が繁殖しやすく、溶いた状態になるとさらに繁殖は進みます。 一般的に溶いた卵の賞味期限は24時間以内といわれているので、前の晩からの仕込みで朝ご飯に使うようであれば大丈夫だとおもいますよ。 フレンチトーストを一晩漬ける時に衛生面で注意すること 保存状態も守った上で、前日から仕込んだ場合に衛生面でも以下のことに注意してください。 ・朝食用の仕込みに限定する(長時間保存しない) ・中まで火をしっかり通す これを守っていれば、ほぼ大丈夫です。 スポンサーリンク 冷蔵庫に入れていたとはいえ、やはり溶いた卵や牛乳に漬けた状態で長時間保存するのはよくないので、朝に食べるように仕込むならOKですがそれ以降に食べるつもりであれば当日の朝に仕込むようにしてくださいね。 いざ食べようと思ったら中が半熟のような感じで心配という方もいますよね。 前日から仕込んでしっかり中まで卵液がしみ込んでいると火が通っても中身はプリンのようにぷるぷるの状態になります。 両面5分程度ずつしっかり蒸し焼きにすれば半熟に見えても火は通っていますので大丈夫ですよ。 フレンチトーストはもともと古くて固くなってきたパンをおいしく食べるようにして始まったと言われています。 たしかにバゲットなどの固めのパンであれば一晩漬けないと中までしみ込まないかもしれませんが、食パンなどの柔らかいパンであれば一晩漬けずに 朝の仕込みでも十分おいしくできますよ。 一晩おいておくのが心配な方は卵液がしみ込みやすいパンを使うといいですね。 我が家のフレンチトーストの下ごしらえ 息子はパンが大好きなのでよくフレンチトーストを作っています。 おなかがすいた子供を待たせているので作るのはいつも時間との勝負。 我が家が時短でフレンチトーストを作るためにやっているのは液がしみ込みにくい食パンの耳は落としておき、パンを卵液につけた状態でレンジで両面30秒ずつ加熱してからフライパンで焼く方法です。 前の晩から漬けなくてもぷるぷるの食感になるので離乳食でも食べられます^^小さな、子供に出すのは注意していても衛生面が気になるので、子供ができてからは我が家は朝に仕込む派です。 フレンチトーストは朝食や子供のおやつにもピッタリなので、衛生状態にも気をつけておいしく食べてくださいね。

次の

フレンチトーストを美味しく作るコツ♪

フレンチトースト ひと 晩

たくさん歩いたあと、やっぱりほしくなってしまうのは、甘いもの。 たとえば、ふわふわでホカホカのフレンチトーストを、山のてっぺんで食べられたら……。 想像しただけで幸せですよね。 ならば、作ってしまいましょう!フレンチトーストは、山ごはん(山スイーツ!?)としてもとってもおすすめ。 前の晩から仕込んでおけば、山頂に向けて歩いている間にも、卵液と食パンがなじんで、どんどんおいしくなります。 コッヘルに仕込んでそのまま持ち運び、コッヘルごと火にかけて焼けるので、意外と手間もかかりません。 暑い時期など、仕込んだフレンチトーストの傷みが心配なときは、保冷剤を一緒にコッヘルに忍ばせて。 ボウルに卵液の材料を入れ、泡立て器でよく混ぜる。 食パンは耳を除いて6等分に切る。 保存袋へ入れて1を流し入れ、一晩冷蔵庫におく。 温めたフライパンにオリーブ油を引き、2を入れて弱火でじっくり両面を焼く。 フルーツは食べやすい大きさに切り、3とともに器に盛り、あればミントを飾る。 フルーツは切っておくと傷みやすいため、なるべく現地でカットしましょう。 ゴミになる部分(ヘタなど)だけを自宅で取っておくといいでしょう。 テーブルナプキンや大きめのハンカチで、コッヘルを丸ごと包んで持っていきましょう。 コッヘルを保護できるだけでなく、ランチョンマット代わりとしても使えます。 この方法だと、かさばらないのもうれしいですね。 ハンカチの色や柄をいくつかそろえておくと、気分も上がりますよ。 好みでハチミツやシナモンをかけて食べてもおいしい。 調味料やスパイスなど、よく使うものは、ミニボトルやストローに入れて持ち運ぶのがカノウ流。 ストローは使うときに少し切り、使い終わったら軽くバーナーで炙ってぴったりと密着させて軽量化! できあがり! と合わせれば、すっかり山のごちそうセット!フレンチトーストだけでも充分にボリュームがありますよ。 好みのフルーツに代えて作ってみてくださいね。

次の