エルゴラピード パワー プロ。 新ノズルでフローリングに強いコードレススティック掃除機「エルゴラピード・パワープロ」

床のザラッと感がなくなる! 新型「エルゴラピード」の多彩なノズルがイイ感じ♪【家電製品レビュー】

エルゴラピード パワー プロ

エルゴラピード シリーズは、スティック型掃除機でありながら必要に応じてハンディ掃除機としても使えるのが共通点です。 付属品の違いで複数ラインナップがあります。 もちろん充電式で、思い立ったらすぐに床掃除できます。 取り外してハンディ掃除機として使えばに床以外の箇所も手軽に掃除可能。 なので、たとえば狭い場所や自動車車内の掃除なんかも問題なくできちゃう。 ハンディ型の先に付属アタッチメントを装着すると、入り組んだところや高いところもラクに掃除できる。 で、3機種の新型エルゴラピードのうち、筆者が興味を持ったのは「エルゴラピード・パワープロ プラス」。 メーカー名 エレクトロラックス 製品名 エルゴラピード・パワープロ プラス 価格 編集部調べ 50,031円 まずスティック型として床掃除をするときのヘッド部分が良さそうです。 柔らかで毛足の長いブラシロールを採用していて、床の汚れをしっかり掃除できそう。 それから付属品。 兄弟機である「エルゴラピード・パワープロ」より豪華なノズル類が付属していて、たとえばUVライト内蔵の布団用ヘッドや、高所の上向き面を掃除できる特殊形状ブラシが付属しています。 ハンディ型として使うノズル類ですが、とても便利そう! というわけで、さっそく「エルゴラピード・パワープロ プラス」を試用。 以降、この掃除機の機能性や使用感についてレビューしてみます。 テーブルに立てかけた様子。 赤矢印の部分がテーブル端などに引っかかる形状になっているので、安定させて置けます 微妙に残念なのは、ハンディ型掃除機の状態で使ったときは、運転モードが「最大モード」のみとなること。 吸引力最大での掃除しかできないわけですね。 スティック型掃除機状態では運転モードを「通常モード」「最大モード」に切り替えられて、つまりは普通の吸引力と最大の吸引力を切り替えられますが、ハンディ掃除機状態だとそれができません。 「最大モード」はけっこう吸引力が強いので、デリケートな対象をハンディ掃除機状態で掃除するときは、ちょっと注意深くなる必要がある感じです。 そんな残念点はあるんですが、まあ通常は「最大モード」でガンガン吸引して掃除するのが快適。 この掃除機、意外なほど吸引力があって、ゴミをよ〜く吸います。 力強い。 筆者がとりわけ「これはイイ! 」と感じたのは、スティック型掃除機のヘッド。 ブラシロールと呼ばれる回転ブラシで床を擦るように掃除できるんですが、これが効果的。 たとえば窓を開けていて風を入れていると、床に砂埃が乗ったりしますよね。 そこをスリッパで歩くと「あっちょっとザラついてる! 」みたいに感じがち。 でも、エルゴラピード・パワープロ プラスをスティック型掃除機状態で使うと、そういう細かな砂埃なんかを一発で除去できる。 おっザラザラしない、床がキレイな状態を取り戻した、すっごく気持ちイイ! という気分になれます。 レバーを動かしてバラすだけ。 工具類は不要です あと、エルゴラピード・パワープロ プラスの吸引力ですが、前述のとおり十分強力で、猫用ドライフード程度の大きめな粒ゴミも吸引できますので、使っていて不満はありません。 また、前述のブラシロール内蔵のヘッドを使っての床掃除は、まあ細かいゴミまでよ〜く取れる。 ダストカップには猫の毛や猫砂がよく集まる 拙宅には猫が住んでいるため んですが、それよりずっと小さな粉塵? みたいなゴミがどんどん集まります。 床に張り付いた非常に細かいゴミまで掻き取っているような気がします。 なお、この掃除機のフィルターは「PM2. 5より小さい1. 0ミクロンレベルの微粒子を99. 99%除去」するそうです。 またこのフィルターとプレフィルターとダストカップは水洗い可能。 気分良く使い続けられそうな仕様だと思います。 写真のようにフィルター2種とカップを分離して水洗いすることもできます。 そういった点はイイんですが、スティック型掃除機として使っていて、気になる点も少々ありました。 ひとつはヘッドの高さ。 測ってみたら約7cmの高さがあり、たとえば家具の下の狭い隙間には入っていかなかったりします。 高性能ではあるけれど、案外ゴツいヘッドなのでした。 もうちょっとヘッド周辺がコンパクトならなあ……と思いました。 もうひとつ、スティック型掃除機状態では、ヘッド下に2つの車輪が付いていて床をスムーズに転がりますが、この直進性がちょっと高め。 ヘッドを真っ直ぐに進めて床掃除をするには快適なんですが、狭い箇所を右へ左へとヘッドを動かすようなことがしづらい。 そういう使い方をするには「ある程度慣れが必要」という感じがします。

次の

live.t4g.org : Electrolux(エレクトロラックス)エルゴラピードパワープロ コードレス掃除機 ソフトピンク ZB3414AK 2019 : ホーム&キッチン

エルゴラピード パワー プロ

エレクトロラックスの代名詞ともいえるのが、ハンディクリーナーにもなるスタイリッシュなコードレススティック掃除機「エルゴラピード」シリーズ。 5月16日に、このエルゴラピードシリーズの新モデルが発表されました。 新モデルは、フローリング掃除に力を発揮する「エルゴラピード・パワープロ」と、付属アクセサリーが異なる「エルゴラピード・パワープロ プラス」。 そして、従来モデルと同等性能の「エルゴラピード・リチウム プラチナ」の3モデルです。 今回発表された新製品の3モデル。 左から「エルゴラピード・パワープロ プラス」、「エルゴラピード・パワープロ」「エルゴラピード・リチウム プラチナ」 ヘッドを一新してフローリング掃除性能をアップ 今回の新モデルで注目を集めたのは、なんといってもヘッドを一新した「パワープロ」シリーズです。 従来のエルゴラピードシリーズはナイロンの硬い毛を利用することで、フローリングの掃除はもちろん、カーペットの毛の間のゴミも「掻きとる」のが特徴でした。 最近は多くの家庭がフローリング床を採用していることを受け、パワープロシリーズはヘッドまわりの構造やデザインを一新。 フローリング掃除に特に高い性能を発揮するようになりました。 ヘッドが一新され、フローリング掃除に強くなった注目の「パワープロ」シリーズ。 パワープロの新ブラシ「パワープロ・ローラー」は、密度の高い柔らかな毛を採用。 床のゴミやホコリなどを吸い取るだけではなく、フローリングやタイルなどの床を「拭き掃除」するような効果も期待できます。 新モデルのメディア体験会では、水性ペンで落書きをした床の汚れをパワープロで掃除する実演デモが行われました。 ヘッドを一往復させることで、汚れがキレイに落ちていました。 パワープロシリーズの新しいブラシ「パワープロ・ローラー」(写真左)と、従来と同じタイプのブラシを採用したエルゴラピード・リチウム プラチナのブラシ(写真右)。 新ブラシは、ホコリなどを除去する柔らかなブラシと細かなゴミを取り除く2種類の素材を混合しています 【動画】パワープロで水性ペンの落書きを掃除するデモンストレーション。 一往復でキレイになっているのがわかります (音声が流れます。 ご注意ください) この「ペン汚れも落とす掃除性能の高さ」は、新しいブラシだけが理由ではありません。 新開発のシールド・ノズルシステムも、掃除性能の高さに寄与しています。 シールド・ノズルシステムはヘッド内部の密閉性が高く、掃除のときにヘッドがギュッと床に張り付きます。 この高い密閉性によって、ゴミを吸引する能力がアップ。 フローリングの隙間などに溜まったゴミの除去率も、約6倍までアップしているそうです。 会場ではフローリング床材での掃除実演もありました。 掃除機によっては、フローリング表面のゴミは取れても、フローリングの繋ぎ目である深いミゾのゴミを取れり切れないことがありますが、パワープロはミゾ奥の汚れまできちんと吸い取れているのがわかります。 【動画】カーペットのゴミもきちんと取れています。 フローリングメインだけどラグがある家庭でも安心です (音声が流れます。 ご注意ください) エルゴラピードシリーズの使いやすさは継承 パワープロは、エルゴラピードシリーズの特徴でもある「本体からユニットを取り出してハンディ-クリーナーとしても使える」機能も継承しています。 また、ハンディタイプで使うときの付属アクセサリーが豊富な点も特徴です。 「パワープロ プラス」と「パワープロ」の違いは付属品の種類だけ。 パワープロ プラスは、UVライトと強力な吸引力で99. 3%のダニアレルゲンを除去できるという「ベッド・プロ・パワーUVノズル」を付属し、本格的な布団クリーナーとしても利用可能です。 パワープロの上位モデル「パワープロプラス」の付属品。 上左からホース、隙間ノズル、スーパーロングノズル、ベッド・プロ・パワーUVノズル、隙間ブラシ、アングルブラシ• 今回はじめて採用された伸縮可能な「スーパーロングノズル」と、ブラシ角度を変更できる「アングルブラシ」を使って掃除。 エアコン上部やカーテンボックス上部などの掃除も楽にできます• ベッド・プロ・パワーUVノズルはUVライトの力も併用してアレルゲンを除去。 布団だけではなくぬいぐるみなどにもおススメだそう• パワープラスの付属品はこちら。 左上からホース、布ノズル、隙間ブラシ、布団のずる、隙間ノズル、ロング隙間ノズル 一方、従来のエルゴラピードにあってパワープロで省かれた機能もあります。 そればヘッドのLEDとブラシロールクリーン機能。 ヘッドのLEDは新ブラシを搭載する設計上、搭載が難しかったといいます。 もうひとつのブラシロールクリーン機能とは、ブラシに絡まった糸くずや髪の毛などを、5秒ほどでカットする、従来のエルゴラピードシリーズで特徴的な機能。 こちらはヘッドを密閉するという構造上、髪の毛などがブラシに絡まりにくくなったためにあえて搭載しなかったそうです。 パワープロはヘッドのLED機能がなくなりました(写真右)。 写真左は今回同時発表された「エルゴラピード・リチウム プラチナ」 エルゴラピード・リチウム プラチナはミニパワーノズルを付属 パワープロはフローリングに強い掃除機ですが、従来のように「カーペットにも強い」掃除機が欲しい場合は、パワープロと同時に発表された「エルゴラピード・リチウム プラチナ」という選択肢があります。 こちらは従来機とほぼ同じ仕様で、もちろんヘッドのLEDやブラシロールクリーン機能も搭載しています。 最大の変更点はアクセサリーで、ハンディタイプながらモーターブラシ搭載で強力な「ミニパワーノズル」をはじめて付属。 ソファーやクッションなどに付着したゴミなども軽く掃除できるため、特にペットを飼っている家庭におすすめです。 エルゴラピード・リチウム プラチナの付属品。 左上からスーパーロングノズル、ミニパワーノズル、隙間ブラシ、アングルブラシ、布団ノズル、隙間ノズル、ホース.

次の

live.t4g.org : Electrolux(エレクトロラックス)エルゴラピードパワープロ コードレス掃除機 ソフトピンク ZB3414AK 2019 : ホーム&キッチン

エルゴラピード パワー プロ

エレクトロラックスの代名詞ともいえるのが、ハンディクリーナーにもなるスタイリッシュなコードレススティック掃除機「エルゴラピード」シリーズ。 5月16日に、このエルゴラピードシリーズの新モデルが発表されました。 新モデルは、フローリング掃除に力を発揮する「エルゴラピード・パワープロ」と、付属アクセサリーが異なる「エルゴラピード・パワープロ プラス」。 そして、従来モデルと同等性能の「エルゴラピード・リチウム プラチナ」の3モデルです。 今回発表された新製品の3モデル。 左から「エルゴラピード・パワープロ プラス」、「エルゴラピード・パワープロ」「エルゴラピード・リチウム プラチナ」 ヘッドを一新してフローリング掃除性能をアップ 今回の新モデルで注目を集めたのは、なんといってもヘッドを一新した「パワープロ」シリーズです。 従来のエルゴラピードシリーズはナイロンの硬い毛を利用することで、フローリングの掃除はもちろん、カーペットの毛の間のゴミも「掻きとる」のが特徴でした。 最近は多くの家庭がフローリング床を採用していることを受け、パワープロシリーズはヘッドまわりの構造やデザインを一新。 フローリング掃除に特に高い性能を発揮するようになりました。 ヘッドが一新され、フローリング掃除に強くなった注目の「パワープロ」シリーズ。 パワープロの新ブラシ「パワープロ・ローラー」は、密度の高い柔らかな毛を採用。 床のゴミやホコリなどを吸い取るだけではなく、フローリングやタイルなどの床を「拭き掃除」するような効果も期待できます。 新モデルのメディア体験会では、水性ペンで落書きをした床の汚れをパワープロで掃除する実演デモが行われました。 ヘッドを一往復させることで、汚れがキレイに落ちていました。 パワープロシリーズの新しいブラシ「パワープロ・ローラー」(写真左)と、従来と同じタイプのブラシを採用したエルゴラピード・リチウム プラチナのブラシ(写真右)。 新ブラシは、ホコリなどを除去する柔らかなブラシと細かなゴミを取り除く2種類の素材を混合しています 【動画】パワープロで水性ペンの落書きを掃除するデモンストレーション。 一往復でキレイになっているのがわかります (音声が流れます。 ご注意ください) この「ペン汚れも落とす掃除性能の高さ」は、新しいブラシだけが理由ではありません。 新開発のシールド・ノズルシステムも、掃除性能の高さに寄与しています。 シールド・ノズルシステムはヘッド内部の密閉性が高く、掃除のときにヘッドがギュッと床に張り付きます。 この高い密閉性によって、ゴミを吸引する能力がアップ。 フローリングの隙間などに溜まったゴミの除去率も、約6倍までアップしているそうです。 会場ではフローリング床材での掃除実演もありました。 掃除機によっては、フローリング表面のゴミは取れても、フローリングの繋ぎ目である深いミゾのゴミを取れり切れないことがありますが、パワープロはミゾ奥の汚れまできちんと吸い取れているのがわかります。 【動画】カーペットのゴミもきちんと取れています。 フローリングメインだけどラグがある家庭でも安心です (音声が流れます。 ご注意ください) エルゴラピードシリーズの使いやすさは継承 パワープロは、エルゴラピードシリーズの特徴でもある「本体からユニットを取り出してハンディ-クリーナーとしても使える」機能も継承しています。 また、ハンディタイプで使うときの付属アクセサリーが豊富な点も特徴です。 「パワープロ プラス」と「パワープロ」の違いは付属品の種類だけ。 パワープロ プラスは、UVライトと強力な吸引力で99. 3%のダニアレルゲンを除去できるという「ベッド・プロ・パワーUVノズル」を付属し、本格的な布団クリーナーとしても利用可能です。 パワープロの上位モデル「パワープロプラス」の付属品。 上左からホース、隙間ノズル、スーパーロングノズル、ベッド・プロ・パワーUVノズル、隙間ブラシ、アングルブラシ• 今回はじめて採用された伸縮可能な「スーパーロングノズル」と、ブラシ角度を変更できる「アングルブラシ」を使って掃除。 エアコン上部やカーテンボックス上部などの掃除も楽にできます• ベッド・プロ・パワーUVノズルはUVライトの力も併用してアレルゲンを除去。 布団だけではなくぬいぐるみなどにもおススメだそう• パワープラスの付属品はこちら。 左上からホース、布ノズル、隙間ブラシ、布団のずる、隙間ノズル、ロング隙間ノズル 一方、従来のエルゴラピードにあってパワープロで省かれた機能もあります。 そればヘッドのLEDとブラシロールクリーン機能。 ヘッドのLEDは新ブラシを搭載する設計上、搭載が難しかったといいます。 もうひとつのブラシロールクリーン機能とは、ブラシに絡まった糸くずや髪の毛などを、5秒ほどでカットする、従来のエルゴラピードシリーズで特徴的な機能。 こちらはヘッドを密閉するという構造上、髪の毛などがブラシに絡まりにくくなったためにあえて搭載しなかったそうです。 パワープロはヘッドのLED機能がなくなりました(写真右)。 写真左は今回同時発表された「エルゴラピード・リチウム プラチナ」 エルゴラピード・リチウム プラチナはミニパワーノズルを付属 パワープロはフローリングに強い掃除機ですが、従来のように「カーペットにも強い」掃除機が欲しい場合は、パワープロと同時に発表された「エルゴラピード・リチウム プラチナ」という選択肢があります。 こちらは従来機とほぼ同じ仕様で、もちろんヘッドのLEDやブラシロールクリーン機能も搭載しています。 最大の変更点はアクセサリーで、ハンディタイプながらモーターブラシ搭載で強力な「ミニパワーノズル」をはじめて付属。 ソファーやクッションなどに付着したゴミなども軽く掃除できるため、特にペットを飼っている家庭におすすめです。 エルゴラピード・リチウム プラチナの付属品。 左上からスーパーロングノズル、ミニパワーノズル、隙間ブラシ、アングルブラシ、布団ノズル、隙間ノズル、ホース.

次の