結婚相手 年収。 結婚相手(男女別)の年収の理想と現実を徹底解説!平均年収.jp

年収500万円の男性を結婚相手にするとどんな生活になる?|見極めポイントも解説

結婚相手 年収

「25歳250万」「30歳300万円」 「35歳350万」が合格ラインである。 男性に求める年収は「 400万」が主流だが、 それでは理想が高すぎる。 なぜなら適齢期 25~35歳 の「未婚」男性で 年収400万以上は 15%しかいない。 男性の平均収入 男性全体では 年収400万円以上は55%もいる。 そして、 女性が望む年収は「400万円」が最多である。 しかし平均年収は、 既婚者も資産家ジジイも含む額なので、 未婚者はもっと低くなる。 富の独占 平均年収はアテにならない。 (実際より高くなり過ぎる) なぜなら日本では、 「上位1割の富裕層が富の50%」を独占している。 半分を上位1000万人ちょいで、 残りの半分を1億2000万人で分ける。 富裕層ジジイを外せば、 男性の平均給与は 大きく下がるはず。 では、婚活中男性の平均年収はどうか? (この中にジジイはいないはず) 逆に、 貧乏な国民年金ジジババや 学生の一人暮らし世帯も多数いて、 全世帯の20%が200万円以下、になってしまう。 (国民の3~4人に1人がジジババである) オッサンやジジババを外さないと、 現実は見えてこない。 では、 適齢期「未婚」男性の平均年収はどうか? 平均年収(適齢期「未婚」男性) 1位 300万円以下(45%) 2位 300万円台(40%) 3位 400万円台(10%) 4位 500万円以上(5%) これこそ、現実なのである。 適齢期とは 25~35歳だ。 しかも未婚の男性に限定すれば、 平均収入は大きく下がる。 この中で年収400万以上とは? 「15%の男性」 「適齢期+未婚」でしかも年収400万以上…… 該当する男性は、たったの15%だ。 (以下、 「15%の男性」と呼ぶ) 15%のうち、さらにフツメン…… 女性でいえば 「若くて美人」に相当する。 つまり、 一般女性には手の届かない存在なのである。 平均年収(婚活中男性) もう1つ数字のマジックを紹介しよう。 これは某婚活企業のデータをざっくり示したものだ。 どうやら、 婚活している男性だけ集めると、 平均年収が グッと上がるらしい。 身近に年収の高い男性は余っていないが、 入会すればたくさんいるようだ。 これを見れば、 女性でも何十万円と払って入会したくなる。 しかし、何かがオカシイ…… 年収400万円以上が80% 年収400万円以上は全体で55%だったのに、 富裕層ジジイは外れてるのに、 女性が望む「年収400万以上」が80%を超える。 やはり何かがオカシイ…… 実はこのデータは、 年収は高いのに売れ残ったオッサンがほとんど。 (多くの女性から対象外になるタイプ) 売れ残った婚活オバサンに、 夢を見させてカモるデータなのだ。 この中に、 適齢期(25~35歳)の男性はほとんどいない。 いずれにせよ婚活では、 「400万」という数字が 一つの基準になる。 どういうことか? 「400万」とは? 世帯年収のボーダーラインである。 女性も働いて合計が「400万」あれば、 家族が不自由なく暮らせる。 30代夫婦の場合、 夫の年収は300万円台が最も多い。 1日1万円 手取りは無駄な医療費・年金、税金で削られて 2割弱減の 360万円ちょいになる。 1年は365日…… つまり、 「1日1万円」使えるのが、 世帯収入400万円なのである。 どこの家庭も年収300万ちょいのオッサンと 年収90万前後のパートのオバチャンが 世帯年収400万円弱でヤリクリして 子供を産んで育てている。 毎月の生活費はカツカツ、 ボーナスで貯金を溜めていく…… 地方都市では、それが現実だ。 圧倒的に足りない…… 800万とか1000万とか「その顔で?」と 言いたくなるが、これは あくまでも理想。 よって問題ない。 では現実的な額はどうか? 男性に求める「最低」の年収 1位 300万(30%) 2位 400万(30%) 3位 年収不問(25%) 4位 500万(10%) 5位 600万以上(5%) 「愛があれば乗り越えられる」と考える額である。 不問・300万を合わせて55%。 マトモな女性が半数以上で安心する。 倍率は3倍。 不利なのは、それだけではない。 地方在住は不利 婚活は 就活と同じ。 大都市在住者が「圧倒的」に有利。 なぜなら 「15%の男性」を含め、 優良物件は、ほとんどが 大都市圏で大企業に勤める。 地方在住の女性は、「出会う」ことすらない。 地方都市の適齢期女性がよく言う、 「出会いがない……」は、 コレが原因なのである。 地方都市の小さい会社で年収400万円なんて、 中年太りした課長とかハゲオヤジばかり。 30代前半では、まず 無理無理無理のカタツムリ。 田舎の売れ残りオバサンが 「年収500万希望」……無謀すぎる。 年収で選ぶと失敗する なぜか? イイ男は 絶滅危惧種と同じだからだ。 「15%の男性」でフツメン、彼女ナシ、 狙ってる女もいない、なんて 5%もいないんじゃなかろうか。 ただでさえ、数が少ない。 そのうえ…… 学生時代からの彼女や 身近な女が 「15%の男性」を狩り尽くす。 そして、絶滅するまで食い尽くす…… ゆえに、婚活市場には回ってこない。 クラスで一番レベルでもない、 自分が年収400万円以上でもない、 しかも見ず知らずの女性が、 「15%の男性」 を手に入れるのは、 不可能に近いのがおわかりだろうか? 年代別の年収(未婚男性) 男性全体の平均年収は 年収300万円以下が20%、 300万円台が20%、400万円台が20% 500万円台が15%、600万円台が10% 700万円以上が10%が目安。 大事なことなのでもう一度いうが、 平均年収には 富裕層ジジイやオジサン達が含まれる。 まったく、アテにならない。 では、 未婚男性の年代別平均年収はどうか? 年代別平均年収(未婚男性) 未婚男性の世代別平均年収は、 20代250万円、30代350万円、 40代400万円、50代500万円が目安。 40代にもなれば、 400万円を超える独身オジサンは余っているが 若い女性は、若い男性を望むので「対象外」になる。 20代前半 年収200万円台50%、 300万円台30%が目安。 400万台はほとんどいない。 この頃は月収は20万前後が多く、 一人暮らしだと毎月はカツカツ。 ボーナスで溜めていくしかない。 しかし、 この年代の男と付き合う女は ハタチ前後の学生が多い。 年収などこだわらないから低くて無問題。 実家暮らしの男 この年収でも実家暮らしなら 毎年100万円くらい貯まる。 ただし、 一人暮らし経験がまったくない相手だと 結婚相手として苦労するかも…… すべてが「お母さんレベルで当たり前」。 「やってもらって当たり前」状態だからだ。 知り合いの女のコに、 旦那がスーパーの惣菜ではイヤがって 朝食も毎回手作りして嘆いているコがいた。 専業主婦のママが手をかけ過ぎの男は、 結婚してから苦労するよ。 まぁ、ソイツはイケメンで イクメンで高収入なんだけど。 差は出ない 20代前半までは現場作業員でも 一流企業総合職でも 手取り額は大差ない。 (ヘタすれば現場の方が多いくらい) この年代は「遊びたい盛り」なので、 貯金が貯まらなくても仕方ない。 この時期から貯金、貯金なんて言って セコく溜めるヤツはツマラナイ男ばかり。 20代後半 年収200万円台40%、 300万円台35%、400万円台10%が目安。 500万円台は5%くらい。 社会人として一人前となり、 後輩の指導もするようになる頃。 会社としても戦力になってきて 月収が25万円を超えてくるあたり。 反対に、 大きな会社のリーマンは、 20代後半くらいから グイグイ伸び始める。 大企業で主任クラスになれば400万を、 高度な専門職や大手の営業職は 500万円を超え始める。 ……が、コイツらは周りの女が放っておかない。 ちなみに、 田舎の女のコには全国企業の社員証が 輝いて見えるらしい。 デブなヤツでも受付から手紙貰ったり、モテていた。 「15%の男性」は、 何の苦労もリスクも背負っていない女が 途中から手に入るほど簡単ではない。 30代前半 年収200万円台20%、 300万円台40%、400万円台15%が目安。 500万円台は10%くらい。 順調に業務をこなしていれば、 主任や係長となり年収400前後だろう。 いわゆる、 「15%の男」である。 30代後半 年収200万円台20%、 300万円台35%、400万円台25%が目安。 500万円台は15%くらい。 中年になっても年収500万以上となると 5人に1人もいない。 ここでやっと年収400万の男に 手に届きそうになるが…… この年代は適齢期を過ぎているし、 フツメン以上は絶滅させられている。 ハゲ・デブ・ブサメンは覚悟する必要あり。 500万以上は無理 ほとんどの男性は大手企業勤めではない。 もうおわかりだろうが、 「年収500万=課長以上=40代以上」なのである。 適齢期(30歳前後)で年収500以上希望なんて、 世間知らずもいいところ。 年収500万の男で結婚生活スタートなんて、 「強くてニューゲーム」みたいなもの。 それを当然のように望むのは、頭が悪い。 40代前半 この年代の男性の年収は気にしなくていい。 というか、 気にしてはいけない。 この年代が対象に入るということは、 自身も40代まで売れ残ったということ。 もう 「年収不問」が絶対条件だからだ。 老後を心配する頃 男女ともに、 この年代では 夜の相手も妊娠も厳しい。 40過ぎたら、 結婚生活でなく 老後を心配すべきである。 老後に 孤独から解放されたい者同士で くっつくしかない。 条件だの年収だの、 現実逃避している場合ではない。 時代が変わった ひと昔前のバブルオバサンは 主婦ニート志望で3高だの1000万だの、 バカ丸出しだったが最近の若いコは違う。 時代が、変わったのである。 年収を気にしない傾向 共稼ぎ志望は男性60%、女性80%である。 さらに、 年収300万でOKな女性が30%、 年収不問の女性が25%いる。 80%の女性が働く意思があり、 55%の女性が年収を気にしない。 バブル世代では考えられない結果である。 寄生が前提のオバサンたちと もはや「価値観が違う」のだ。 共稼ぎは常識 最近の若い女性は、オバサン達と違う。 好きでもない男に食わしてもらうくらいなら、 自分が働いて「気に入った男」と結婚する。 現代の生活は税金・医療費・年金で 手取りが2割削られる。 そのうえ、 スマホだのランチだの、カネがかかり過ぎる。 もはや「共稼ぎは当たり前」の時代である。 男性が求める年収 女性に求める年収は、 1位 不問(50%) 2位 300万(20%) 3位 200万・400万・500万(各10%) 男性も時代と共に変化している。 最近の若者は団塊ジジイやバブルオジサンよりも 女性を尊重し、家事育児にも協力的だ。 しかしその分、 収入も求めるようになってきた。 働いていればOK 男性の場合は具体的な額面よりも マトモな人間かどうかを判断している。 社会でマトモにやっていけるなら、 「家庭でもマトモ」という推測だ。 家事手伝いやフリーターなどはダメだけど、 社会でしっかり働いているなら 収入はいくら低くてもOKを出すだろう。 年収不問 男性50%、女性25%が目安。 この層の女性は共稼ぎ志向が強い。 この層がもっとも価値があり、 実はもっとも付き合うのが難しい。 タダより高いものはないからだ。 たとえば、 24歳くらいのモテメスは、 年収1000万のオジサンなど相手にしない。 仕事がデキる有能な女も 好みの男しか相手にしない。 直訳すると、 「年収は不問だけど、他はしっかり選ぶよ」 ということになる。 ATM vs 産む機械 「男性の年収=女性の年齢」 男がカラダを求めるのは本能、 女がカネを求めるのも本能である。 子供を大学に入れる中流家庭なら、 世帯収入600は欲しい。 ……が、子供を大学進学させず、 教育費をかけないなら400で充分である。 中流家庭ではいくら必要なのか? マトモな大学に入れる教育をすれば、 平均すると子供費用は1年あたり200万。 しかし、 これではまったく 貯蓄ができない。 夫400・妻100(パートタイム)だと 子供を大学に入れるのは苦しい。 夫400・妻200(フルタイム) 夫婦合わせて世帯収入600。 手取りは480くらい。 これだけあれば貯蓄もできる。 共稼ぎなら世帯年収600くらいは充分に稼げる額だ。 結婚するのだから2人で頑張ればいい。 「高給取り」とは? いわゆる「高給取り」と思われる目安が、 20代600万、30代800万、40代1000万くらい。 これがおおむね上位5%(偏差値65)であり、 上位5%の美人(クラスで1番の顔面偏差値65)が 望んでも許されるラインである。 年収600万は無謀 最低年収で年収600以上を望む、 夢子ちゃん(夢子オバちゃん?)は5%もいる。 さらに、 彼女がいないフツメンなど1%以下だろう。 もはや、 運の世界。 クラスで一番レベルの女性とか、 年収400万以上の女性でも厳しい戦いになる。 お金の管理方法は? 「夫婦で管理」が50%、 「妻に生活費だけ渡す」のが25%、 「夫が小遣い制でOK」が25%くらい。 個人的には、 「専業主婦+小遣い制」の男はどうかと思う。 「専業主婦+小遣い制+満員電車」なら、 もう目も当てられない(泣) 収入よりも「収支」 収入でいえば、 夫350(正社員)妻150(パート)で計500万。 これで収入はまったく問題ナシ。 問題は、使い方(収支)だ。 借金やギャンブルはもちろん、 300万円以上の高級車や その他高級品にこだわったりはNG。 「高級」と呼ばれるものが 実は 大したことないのを知ることも大切。 結婚相手に求めるもの 男女ともに1位は「性格」。 2位は容姿(男)、収入(女)だ。 しかし直訳すると、 「1位 性格+容姿+収入」である。 結婚後の住居 分譲マンション45%、一戸建て35% 賃貸のままが15%くらい。 個人的には「ローン組んで分譲マンション」はナシ。 分譲マンションはニコニコ現金払いできる人だけ。 一括(ローンの利息なし)で 立地の良い物件を買って、良い値で売る。 こうすれば損しない。 それができない人は大損を覚悟しよう。 特に、タワマンは危険。 賃貸のままがおススメ 「賃貸のまま」で中年まで引っ張って、 課長まで出世したら「ローン組んで一戸建て」が 最も安全である。 離婚とか転勤とか失業とか倒産とか、 何があるかわからないから。 同棲がおススメ 「本性」「ライフスタイル」は 一緒に生活しないとわからない。 結婚前に半年くらいは同棲することを 強くオススメする。 同棲で婚約破棄に至れば、 それはかえって「超」ラッキーだ。 我慢できなくなる 結婚前は「好きだから我慢できた」ことが、 結婚後は我慢できなくなる。 結婚前に「ん?」と思ったことは、 結婚後には雪だるま式に大きくなる。 余り者は余ったまま 昔は余り者同士をムリヤリ結婚させる、 「お見合い」システムが確立していた。 だからひと昔まえの世代は、 冴えないオッサンでもブタみたいなオバサンでも 結婚して家庭を持ち、子供を産んでいた。 だがいまどきお見合いなど「時代遅れ」。 そこまでして無理に結婚する必要はない。 条件に合う男性がいないなら、 独身のまま自分で稼げばいいだけ。 給料を渡すに値する女性がいないなら、 独身のままモテ男は素人と付き合えばいいし、 モテない君はキャバや風俗に通えばいいだけ。 日本列島には縄文時代に500万人、 江戸時代には3000万人が暮らしていた。 狭い日本列島に、 1億3000万人は多すぎるのである。 少子化は自然現象だ。 独身もアリ もはや男性の5人に1人、 女性の8人に1人が生涯独身の時代だ。 その率は、 右肩上がり。 今後は男性の3人に1人、女性の5人に1人 にまで増加するのも時間の問題だ。 現代において、 「生涯独身」は有力な選択肢の1つである。 まとめ 多くの女性が「合格ライン」と考える男性は、 年収400万…… それは 「15%の男性」であり、 その時点で、 まだまだ理想が高い。 現代においては 男性にも家事・育児能力が求められ、 女性にも定職・収入が求められる。 専業主婦はもはや、 時代遅れである。 ちなみに、 オレは母親の方が年収が多い家庭で育ったので、 有能オンナを一般男性よりも認める反面、 無能女や甘えた女には辛辣な意見になる。 女性の管理職的っぽく、 やや偏り気味の意見なのは自覚している。

次の

結婚できる年収、できない年収。相手に求める最低ラインは?

結婚相手 年収

この記事のポイント• 結婚適齢期の年収統計と年収が低い時の対処法。 将来性のある狙い目男性と女性が求められる年収。 年収よりも低いと困ることは「労働意欲」。 この記事は約5分で読めます。 こんにちは、婚活FP山本です。 女性としては、やっぱり結婚相手には高い年収を求めたいところですが、最近では 男性でも稼ぎにくい時代ですから、現実の結婚相手の年収は低いかもしれません。 ただ、年収が低いだけで結婚相手として対象外とするのは勿体ない話です。 それに年収が低いのなら、あなたが育て上げるのもアリかもしれませんよ。 そこで今回は、結婚相手の年収が低い時の対処法をお伝えします。 あなたの結婚にお役立て下さいませ。 結婚適齢期の男性の年収平均って? まずは統計で、大局観をお伝えします。 国税庁の平成28年「民間給与実態調査」によると、結婚適齢期である 20代後半の男性の平均年収は383万円、30代前半で457万円です。 ちなみに30代後半になって、ようやく512万円となっているのが結果になります。 この結果はあくまで「平均年収」ですし、年収が高い男性から順番に売れていきますから、実際に一般的な女性が婚活で出会う男性は、 これを下回っている可能性が高いでしょう。 すると、やはり高めであっても400万円台の可能性が高いといえるかもしれません。 さらに、一般的な婚活女性の感覚では「希望する男性の年収は500万円から」ということが多いので、どうしても年収は低いと感じがちです。 このため、足りるかどうかという観点はともかく、 結婚相手の年収は低いことを前提に考えておいたほうが無難かもしれません。 年齢が高い独身男性ほど年収低いかも 最近では30代後半、あるいは40代の独身婚活女性を見かけることも増えました。 すると、やはり女性は40代以上の男性を狙うことが多いのですが、男性は年収が高い人から売れていくので、さらに男性の年収は低いことが多いです。 なんともシビアな現実ですね……。 40代でも残っている独身男性は、そもそも結婚願望がない男性を除けば、 派遣社員やアルバイトで年収300万円にも満たないこともザラです。 ひとまず覚えておきましょう。 結婚相手の年収が低い時の対処法 次は結婚相手の年収が低い時の対処法です。 一概には言えませんが、おおよそ結婚相手の年収が低い時には、以下のいずれかの考え方と実践がお勧めといえます。 結婚相手の年収を上げる• 年収が低いなりの生活をする• 自分の年収を上げる 中でも試して欲しいのは、やはり「結婚相手の年収を上げる」という方法です。 男性の中には、 身近な女性の影響で大幅に年収を上げるような方もいます。 奥さんが好きすぎて、少しでもラクを、満足のいく生活をさせてあげたい一心で、ひたすらがんばる訳です。 また大人の女性の中には、本人も仕事をがんばり、その姿を旦那に見せることで努力を促すような方もいます。 さらに賢い女性なら、二人の未来を明確にライフプランとして形にして、具体的な数字で努力目標を掲げる方もいますね。 あなたなら、どんな方法が考えられますか。 「がんばれ」と言うだけでは不十分 残念ながら現状の経済環境は、ただ仕事を普通にがんばるだけでは中々年収は上がりません。 そして残念ながらお相手は、 今まで何らかの年収を上げる手段を考えられなかった男性です。 このため、ただ「がんばれ」と言うだけでは不十分なことが多いでしょう。 あなたも一緒になって必死に知恵を絞り、相手に「これならいつか年収上がりそう」と思わせられるようなアイデアを考え、そして努力を促していくような方法をお勧めします。 結婚後、将来性のある年収の低い男性3選 そして、結婚後に年収が上がりそうな男性についてです。 男性の中には、結婚当時は年収が低かったのに、気づいたら年収が高くなっていたような方もいます。 そんな男性は、おおよそ以下のいずれかでしょうか。 自営業者• ベンチャー社員• 投資家 まず自営業者は、やはり 当たれば天井知らずに稼ぎますから、お勧めかもしれません。 当たるかどうかは分かりませんが、当面を支えられれば、それだけ当たる確率も高まるでしょう。 またベンチャー社員は、ある意味で「ライト版の自営業者」です。 最低限の給料がもらえ、当たれば時には一部上場企業を上回るような年収になることも十分にありえますからね。 さらに投資家とは、「投資をしている」だけで十分です。 投資は長い目で見れば稼げることも多く、しかも ある金額を超えれば、あとは増える一方となることもありますよ。 青田買い婚活は大いにアリ!? 一般的な女性は不確かな将来性を買うことは少なく、目の前のすでにある現金を好みます。 このため、先ほどのような 「将来性のある男性」は、ハッキリいって不人気です。 ただ、だからこそ落としやすいという特徴もあるので、欲するなら買うのは簡単といえます。 先ほどの投資は「安いうちに、低いうちに買ってこそ」が醍醐味です。 あなたの考え方にもよりますが、そんな 「青田買い婚活」も十分に狙ってみるのもアリではないでしょうか。 結婚する女性に必要な年収は? さらに結婚する女性に必要な年収についてです。 もしかしたら、初めて考える女性もいるかもしれませんね。 一昔前なら、女性は結婚で年収を問われることはありませんでした。 しかし最近の男性は共働きを希望しており、女性にも 最低限の年収を求めているのが実情です。 希望年収に関する明確な調査などはありませんが、総務省の平成30年「家計調査」によると、世帯年収としての平均は20代で548万円、30代で635万円となっています。 先ほどの国税庁の統計と比べれば、男性年収との差額は20代で165万円、30代で178~123万円です。 この辺りを踏まえると、男性と同水準とまではいかなくても、おおむね女性も 年収150~200万円近くは求められているといえます。 ちなみに女性の平均年収は約300万円ですから、人と同じようには働けなくても、働く意欲とともにパート程度は求められるでしょう。 結婚は「世帯年収」が重要! 少し余談ですが、結婚した暁には個人の年収以上に「世帯年収」が重要になります。 仮に結婚相手の年収が800万円でも、あなたが専業主婦になるのなら、年収400万円の共働き夫婦と同じ水準です。 このため、結婚にあたっては女性の年収も極めて大切といえます。 相手の年収が400万円でも、あなたも年収400万円なら、年収800万円の男性と結婚したのに等しい訳ですからね。 ぜひ世帯年収を考えながら、結婚相手を考えてみましょう。 結婚で年収以上に低いと困ること 最後に、結婚で年収以上に低いと困ることについてです。 これは筆者の見解になりますが、年収以上に低いと困ることとは、一言でいえば 「労働意欲」になります。 ここでいう労働意欲とは、現在どうこうという話ではありません。 未来の、定年後の話になります。 そもそも大抵の男性は、現在の年収に関わらず 「定年後のその先」までは何も考えていません。 定年目前の男性であっても、「まずは定年まで働き、その後も必要ならどこか探す」という程度です。 つまり、元から「定年後も働く」という意欲がないことが多いといえます。 しかし残念ながら、現代は「生涯現役社会」を国が推奨している時代です。 この時代に 定年後は働く気のない男性と結婚すると、高確率で「老後破産」を迎えるでしょう。 どのみち定年を迎えれば高年収は期待できませんから、年収の高低より労働意欲を見ておきましょう。 見極めは難しい……こともないかも 「定年後の労働意欲」は、一見すると見極めは難しいと思われがちですが、意外とそんな事もありません。 素直に「定年したら仕事どうするつもり?」と聞いてみましょう。 曖昧な希望しか返ってこなかったら、高確率で何も考えていません。 働く気がないなら尚更です。 逆に、 たとえアルバイトであっても「〇歳まで働く」と言える男性は極めて立派といえます。 現在の少々の年収の高低より、そんな労働意欲の高低で、男性を選んでいきましょう。

次の

結婚相手の年収が低いときはこう考える!収入が低い男性と幸せに暮らせる解決策まとめ

結婚相手 年収

Photo by iStock ただ、いい男ってそんなにいません。 とくに、婚活しているなかで出会う男性では限られています。 いい男は、すでに結婚しているか、独身でもわざわざ婚活する必要性を感じていないため、婚活市場に出てこないのです。 「そんなのわかっています。 私は普通の男でいいんです!」 最近では、こういう女性も増えてきました。 そもそも、普通って何でしょうか? じつは「普通」の定義がズレている方が大勢います。 年収や見た目など、無意識に条件を絞ったなかで相手を探しているので、「普通男子」に対する判断のレベルが上がっているのです。 普通男子の基準を、年収に求める女性は多くいます。 しかし、この基準が「普通の男でいいのに!」となる状況をつくっているのです。 現在、具体的に婚活している男性は「年収が400万以上」の方がメインです。 もちろん、実際には「年収300万円台以下」の男性だって多くいます。 ですが、そういう方は、結婚相談所に登録できなかったりして、なかなか婚活市場には出てこられません。 なんと「存在なし」とされているのです。 こうして「400万円以上」から婚活市場に出てきます。 しかし、私のところに来る婚活女性が求める普通の年収とは、「500万円以上」だったり「600万~700万円台」です。 もちろん、自分のことは棚に上げての主張なのですが。 しかし、年収500万円かせげる男性は、じつは「普通」のレベルを超えています。 そのため、やはり婚活市場には出回っていません。 だったら少し基準を下げよう、ですか? 「年収400万円台から探さなきゃ」と思われた女性は、正しい判断をされたと思います。 戦略的で現実的な婚活です。 じつは、明治安田生活福祉研究所が、2016年におこなった調査によると、結婚相手に望んでいる年収として、「400万円台」と回答した独身女性は、29. 5%にものぼるそうです。 相手に求める年収として、400万円台からスタートするのがトレンドと言えるでしょう。

次の