秋 の 七草 順番。 秋の七草の覚え方はコレ!春の七草との違いは?

秋の七草の覚え方は歌、短歌や順番、語呂合わせで

秋 の 七草 順番

もくじ• 秋の七草とは?それぞれの名前、意味由来は? 七草といえばセリ・ナズナなど、春の七草がまっさきに思い浮か部ことが多いですね。 お正月には七草を入れた「七草粥」を食べて健康を祈願する古くからの習慣があり、知っている方も多いでしょう。 対して、秋の七草はあまり知られていません。 思い出すのに苦労する人もいるかもしれませんね。 秋の七草は、主に 観賞用として楽しむ草花です。 種類によっては薬の材料になり、咳止めや風邪薬として利用されています。 萩(ハギ) 秋を代表する草花であることから「秋」に「草かんむり」をつけて「萩」となります。 秋といえば、満月の夜にお団子を供える十五夜があります。 同じく秋の七草のひとつである「薄(ススキ)」と一緒に萩も置かれますね。 万葉集の中では萩を題材にして歌は複数あり、たくさんの人が思いを巡らせるほど美しい花です。 桔梗(キキョウ) 乾燥させた根が固いことが名前の由来です。 「桔梗」を音読みすると「キチコウ」となり、これがなまって「キキョウ」と呼ばれるようになりました。 根には薬用成分があり、咳止めや炎症を抑える漢方薬として利用されます。 さらにこの成分が虫にとっては有害で、自らが食べられることを防ぐ役割もありますね。 現在は数が少なくなり絶滅危惧種に指定されています。 葛(クズ) たくさんのデンプンを含む根は、乾燥させることで解熱・鎮痛作用のある漢方薬として利用されます。 これは食用にもなり、葛きりや和菓子の原料である葛粉にも使われますね。 由来は、かつての大和国である国栖(クズ)が葛粉の産地であったことから命名されました。 藤袴(フジバカマ) 花の形が袴を帯びて、藤色をしていることが由来です。 乾燥させると桜餅の葉のような香りがし、これ風呂に入れ入浴剤にしたり、防虫剤や芳香剤にしたりしました。 こちらは準絶滅危惧種に指定されています。 女郎花(オミナエシ) 名前の由来は諸説あります。 ひとつに「女郎=オンナ」+「飯=メシ」が合わさり、なまったとされています。 女郎花は花びらが栗の粒に見え、それが女性の飯であったというのが由来です。 乾燥させたものを敗醤と呼び、解熱・解毒作用があることから漢方薬として利用されます。 尾花(オバナ) その名のとおり、動物の尾を花に見立てて名付けられました。 尾花は別名「薄(ススキ)」です。 ススキのほうがなじみがありますよね! 「スス」は葉が真っ直ぐすくすく育つことを表し、芽が出ることから「萌(キ)」を当てたと言われています。 その他に「茅(カヤ)」とも呼ばれます。 茅葺(カヤブキ)屋根というものを聞いたことがありませんか? その材料に使われています。 撫子(ナデシコ) 可愛らしい小さい花であることから「撫でたくなるくらい可愛い子」として名付けられました。 スポンサーリンク 別名で、大和撫子(ヤマトナデシコ)や河原撫子(カワラナデシコ)とも言いますね。 漢方薬としても使われ、利尿作用や炎症を抑える効果があります。 秋の七草の時期はいつ? 秋の七草の時期は旧暦の7月~9月であり、 現在の9月から11月です。 奈良時代に作られたとされる和歌集『万葉集』が秋の七草の起源なのです。 (万葉集との関係は後で詳しく説明しますね。 ) 冬になれば草花は枯れ落ちてしまいます。 その前に美しい花を見て、秋を感じるのは風流ですね。 秋の七草の順番に覚えるには?語呂合わせとか方法はある? 秋の七草が、なかなか覚えられない!という場合に、簡単に思い出せるように語呂合わせで覚えておくといいですよ。 ・萩(ハギ) ・桔梗(キキョウ) ・葛(クズ) ・藤袴(フジバカマ) ・女郎花(オミナエシ) ・尾花(オバナ) ・撫子(ナデシコ) なんの関係もない草花を7つどうやって覚えるの? そう思うかもしれませんが大丈夫です。 五七五で覚えてみよう 『五・七・五・七・七』の短歌のリズムに合わせることです。 短歌に七草を当てはめるとこうなります。 【(五)ハギ・キキョウ(七)クズ・フジバカマ(五)オミナエシ (七)オバナ・ナデシコ(七)アキノナナクサ】 最後の一節が「秋の七草」で終わるので分かりやすいですね。 この短歌を頭の中で読むのではなく、口にだすことが覚えるときのコツです。 口にだして耳で聞くことで、リズムを体に覚えさせる意味があります。 あなたにお気に入りの曲はありますか? 好きな曲ほど口ずさむ回数が多く、前後は覚えてないけどサビだけなら歌詞を暗記していることは珍しくありません。 曲のリズムが、歌詞を思い出すきっかけになっているのです。 語呂合わせで覚えてみよう 続いて、それぞれの頭文字を取った『語呂合わせ』で覚える方法を説明します。 語呂合わせは以下の4つです。 注意してほしいのが、尾花は薄(ススキ)の別名なので、 語呂合わせでも薄(ススキ)として扱われています。 字余りがないので思い出しやすいのではないでしょうか。 秋の七草は万葉集と関係がある!その内容とは? 万葉集といえば、国語の時間に習ったけど・・・?さあ思い出してみましょう。 万葉集は奈良時代に作られたとされ、日本に現存する最も古い歌集です。 これが秋の七草と関係があります。 山上憶良(やまのうえのおくら)という名前に聞き覚えはありませんか? 奈良時代初期の歌人であり、彼の歌った2つの歌が関係します。 「萩の花 尾花葛花(くずはな) なでしこの花 おみなえし また藤袴 ふじばかま 朝顔の花 」 第8巻1538 意味:秋の七草をそのまま歌にしています。 最後の「朝顔」は「桔梗」のことです。 山上憶良が七つの草花を歌にしたことがきっかけで、現在には秋の七草として定着したのです。 歌にするほどの美しさを感じたわけですから、その感性がなければ秋の七草は存在しなかったかも知れませんね。 おわりに・まとめ 春の七草と比べると知名度の低い秋の七草ですが、このような歴史があったのです。 短歌のリズムで覚えたり、語呂合わせで覚えたりするのも暗記が嫌いな人には有効です。 そして、成り立ちから知ることで思い出すきっかけが作れ、より記憶に定着します。 これから外を歩くときには、野に咲く草花に目を向けてみるのもいいですね。

次の

春夏秋冬の七草の名前と覚え方や時期まとめ

秋 の 七草 順番

秋の七草は万葉集に収められている山上憶良の2首の歌が始まりです。 「秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり) かき数ふれば 七種(ななくさ)の花」 「萩の花 尾花 葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝貌の花」 1つ目の歌で「秋の野に咲いている草花を指折り数えると7種類ある」とし、2つ目の歌で「それは萩の花、尾花、葛(くず)の花、撫子(なでしこ)の花、女郎花(おみなえし)、また藤袴(ふじばかま)、朝貌(あさがお)の花である」と述べています。 「朝貌」については諸説ありますが、現在では桔梗(ききょう)が定説です。 春の七草が七草粥にして無病息災を祈るものに対し、 秋の七草はその美しさを鑑賞して楽しむものです。 そのため、7種一緒に何かの祭祀などに使用されることはありません。 秋の七草の特徴は見て楽しめるだけではなく、薬用など実用的な草花として昔の日本人に親しまれたものが選ばれていることです。 秋の七草の花言葉 【1】萩(はぎ) 「草かんむり」に「秋」と書く、まさに秋を代表する花の1つです。 秋のお彼岸にお供えする「おはぎ」の名の由来にもなっています。 〈花言葉〉・・・思案、内気、想い、前向きな恋、柔軟な精神 【2】尾花(おばな) 尾花とは「すすき」の別名です。 すすきの穂が動物の尾に似ていることが、名前の由来と言われています。 お月見にはかかせない飾りの1つです。 〈花言葉〉・・・勢力、生命力、活力、隠退、悔いなき青春、心が通じる 【3】葛(くず) 葛湯、葛切り、葛餅など今でも親しみ深い植物の1つです。 葛の根を乾燥させた「葛根(かっこん)」は民間治療薬として、風邪や胃腸不良などの際に用いられます。 〈花言葉〉・・・治療、活力、根気、努力、芯の強さ、恋のため息 【4】撫子(なでしこ) 日本女性の清楚さを表現した「大和撫子」の「撫子」は、この花のことです。 可憐な淡紅色の花を咲かせます。 「枕草子」の中で、清少納言は撫子の美しさは草花の中で第1級品であるとしています。 〈花言葉〉・・・純愛、無邪気、思慕、貞節、才能、大胆、いつも愛して 【5】女郎花(おみなえし) 女郎花の名前の由来は、花の美しさが美女を圧倒するためという説があるほど、優雅で美しい花として古代の人に親しまれた花です。 そのため、多くの歌や句にも詠まれています。 また、女郎花の根と全草には解毒・鎮痛・利尿などの作用があります。 〈花言葉〉・・・美人、親切、はかない恋、心づくし、約束を守る 【6】藤袴(ふじばかま) 藤袴は、花の色が淡紫色で、弁の形が筒状で袴に似ていることからこの名前が付けられました。 乾燥させると桜餅の桜葉と同じ良い香りがするため、洗髪や香水にも用いられます。 現在では絶命危惧種に指定されており、野生の藤袴を見ることはほとんどできません。 〈花言葉〉・・・遅延、躊躇、思いやり、あの日を思い出す、優しい思い出 【7】桔梗(ききょう) 桔梗は、その形の良さから多くの武将の家紋に用いられました。 中でも明智光秀の水色桔梗の家紋は有名です。 桔梗の根を乾燥させ粉末にしたものは、痰や咳の薬として用いられています。 藤袴と同様、絶滅危惧種に指定されている花です。 〈花言葉〉・・・清楚、気品、誠実、従順、変わらぬ愛、優しい温かさ 秋の七草の覚え方 【1】「5・7・5・7」のリズムで覚える 今回は、秋の七草の覚え方を2通りご紹介します。 まず1つ目は「5・7・5・7」に合わせて、リズム良く覚える方法です。 秋の七草を下記の並び順で繰り返し口ずさみましょう。 何度も口ずさむことにより、自然と秋の七草の名前が身につきます。 「ハギ・キキョウ クズ・フジバカマ オミナエシ オバナ・ナデシコ」 【2】語呂合わせで覚える 2つ目は頭文字の語呂合わせで覚える方法です。 頭文字の語呂合わせには、代表的な覚え方が2通りあります。 好みの語呂合わせを覚えましょう。 また、他の語呂合わせを考えてみることもおすすめです。 野生では目にする機会の少ない秋の七草も、生花店では見つけられるでしょう。 本記事を参考にぜひ秋の七草を覚え、家に飾るなど秋の草花を楽しんでください。 この記事もチェック•

次の

秋の七草とは?覚え方や歌詞、正しい順番や意外な使い方まで大解説!

秋 の 七草 順番

「秋の七草」の意味とは? 「春の七草」も「秋の七草」も、どちらも身近な野や山に生えていて、手に入れやすい草花を集めてきたことから始まります。 「秋の七草」の由来は、万葉集に収録されている、 山上憶良(やまのうえのおくら)の2首の歌だといわれています。 「秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり) かき数ふれば 七種(ななくさ)の花」 歌の意味は 「秋の野に咲いている草花を指折り数えると7種類ある」となります。 「萩の花 尾花 葛(くず)の花 撫子(なでしこ)の花 女郎花(おみなえし) また 藤袴(ふじばかま) 朝貌(あさがお)の花」 この歌で、秋の野に咲く7種類の草花を説明しています。 順番に萩(はぎ)・薄(すすき・尾花のこと)・葛(くず)・撫子(なでしこ)・女郎花(おみなえし)・藤袴(ふじばかま)・桔梗(ききょう・朝貌のこと)になります。 「秋の七草」とは? 「秋の七草」は次のものになります。 その種類と薬効にも触れてみましょう。 萩(はぎ) 葉を落として冬を越し、春には再び芽を出します。 根が、咳止めや胃の痛み、下痢止めなどに効果があります。 薄(すすき・尾花のこと) 「すくすくと立つ木」という意味があります。 根や茎に、利尿作用があります。 葛(くず) 上品な和菓子であるくず粉の原料になり、根は現代でも風邪薬で有名な葛根湯に用いられています。 肩こりや神経痛にも効果があります。 撫子(なでしこ) 「撫でたいほど可愛い子」に例えられる花です。 煎じて飲むと、むくみや高血圧に効果があります。 女郎花(おみなえし) 「花の姿が女性を圧倒するほど美しい」と言われている花です。 根に消炎作用があります。 藤袴(ふじばかま) 花の形が袴を連想させることからこの名前がついたそうです。 乾燥させたものを煎じて飲むと、糖尿病に効果があります。 桔梗(ききょう・朝貌のこと) 五角形で青紫色の美しい花を咲かせます。 根を煎じて飲むと咳やのどの痛みに効果があります。 「秋の七草」を食べる時期はいつ頃? 「秋の七草」は、 厳しい冬を迎えるに当たり、美しい花を愛でながら、かつ、薬草としても効果のあるものが集められています。 そのため、「春の七草」のように粥にして 食べることはなく、主に鑑賞用として秋の風情を楽しむためのものです。 旧暦の7月、8月、9月が秋ですので、「秋の七草」の鑑賞時期はこの頃で、 現在の暦にあてはめると、 9月中旬ごろから11月初旬ごろになります。 「秋の七草」の覚え方は歌と語呂合わせ! 「秋の七草」の知識を得たので、せっかくですから覚えてしまいましょう。 山上憶良が詠んだ歌をそのまま覚えてもいいのですが、その場合は「朝貌」が「桔梗」のことだということも一緒に覚えておきましょうね。 リズムよく 「おみなえし すすきにはぎに ききょうくず ぶじばかま~に な~でしこ」と唱えてるのも覚えやすいですね。 また、それぞれの花の一文字目を取って、覚えやすい語呂合わせをしてみても良いでしょう。 「春の七草」は「七草粥」として食べますが、「秋の七草」は食べることはないのですね。 昔の人は、厳しい冬に備えて、秋の間にいろいろな準備をしたのでしょう。 その準備の中に、薬草にもなる秋の草花を愛でることもあったのでしょうか。 厳しい生活ばかりではなく、草花を愛でる心の余裕を感じますね。 関連: 関連: -.

次の