川崎医科大学。 医科大学

医科大学

川崎医科大学

学年の人数が少なく狭く専門的な知識を身につけることができ、卒業後すぐに医療現場で活躍をすることができると考えられる。 また、単位は落とすことができず再試験になる場合もあり、相当な勉強量が必要だと思われる。 卒業後は病院に就職することが一般的であり、就職には困らない。 講義・授業 授業内容は先生方が細く専門的知識を教えてくださるので知識が定着すると思う。 教授は医者も多いので医療現場のことが授業でされるのでより実践的に学ぶことができる。 履修はほとんど必修なので選択の余地がないことが難点。 研究室・ゼミ 研究が終わりに近づくにつれてあるので大変忙しくなる。 同学年同士繋がりが深いので仲は良いと思われるので心配はいらない。 就職・進学 卒業したら心配することはなくすぐにどこの現場でも就職はできることはありがたい。 活動のサポートは手厚く受けられるのでとても良いと思う。 アクセス・立地 大学から駅が若干遠いのでアクセスはいまいちな気がする。 都会出身者からするとド田舎だとよく耳にする。 店は大学生の店が多いのでそこは良い。 施設・設備 現場で必要な器具が揃っているのでしっかりとした実習が出来ると思う。 電話番号 086-462-1111 学部 概要 川崎医科大学は、岡山県倉敷市に本部を置く私立大学です。 通称は「川崎医大」、「川大」。 岡山市の「川崎病院」を母体に1970年に設置されました。 医学部では、附属病院での現場実習をはじめ豊富な実習体験で、基礎的な理論学習から実践まで充実したプログラムを受けることができます。 キャンパスは倉敷市にあり、最寄り駅のJR山陽本線中庄駅からは徒歩で約15分です。 2007年には校舎の増設と改修工事が行われ、新しく整備されたラウンジは学生と教職員のコミュニケーションに活用されています。 日本の医科大学では唯一、附属高等学校を有しており、卒業生の9割が川崎医科大学へ進学します。

次の

川崎医科大学医学部の偏差値や難易度

川崎医科大学

受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。 【テーマ】ロボット、AI技術の将来の医療への活用の展望がテーマで、自分は医師としてどのように働きたいかを書けというもの。 【書いたこと】診断技術などロボット、AIの得意分野はロボット、AIに任せて、人対人のコミュニケーションが必要なところで能力を発揮したい。 小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。 またどのくらいの頻度で対策していましたか。 小論文は塾の授業をとっていました。 また、夏前からリンガメタリカで小論文で問われる医療テーマを頭に入れていました。 頻度としては塾の授業は週一回受講して、リンガメタリカの長文は1週間に2本は読んでいました。 小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。 できるだけ具体的に教えてください。 リンガメタリカを週に2本読んで、医療テーマに触れていました。 また、週に一回の塾の授業で書いた小論文を講師に添削してもらっていました。 過去問の小論文は解説がついていないので、自分でリンガメタリカなどで知識を確認して書くべき内容を確かめていました。 医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。 参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。 リンガメタリカで重要な医療テーマを頭に入れることを最優先事項にしていました。 そこから興味を持ったテーマについて書かれた英語長文の問題を探して、小論文対策をしながら英語の対策もできるように勉強していました。 小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。 次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。 再受験するとしても、同じように小論文対策をしながら英語対策もできるように、医療テーマは英語の長文問題やリンガメタリカなどの長文形式の単語帳で学ぶと思います。 日経メディカルなどの記事が参考になるのでもし再受験するなら活用すると思います。 あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。 また質問にどのように回答しましたか。 最低3つ教えてください。 【質問】川崎医科大学の学生寮は自治寮ではなく教育寮です。 寮則を守れることを誓えますか? 【回答】はい。 【質問】チーム医療とは何ですか? 【回答】他職種と連携して最善の治療法を模索するものです。 【質問】本学志望理由は? 【回答】1年次から解剖実習をやりたいです。 当日の面接の様子について教えてください。 面接官は3人でした。 面接は終始穏やかでした。 こちらが回答すると面接官が頷いてお互いの顔を見合わせあって次の質問に移るという流れでした。 面接は2日間に分かれて、さらに午前組と午後組に分かれて集合します。 面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。 またどのくらいの頻度で対策していましたか。 面接の練習は出願した頃から徐々に話すことを決めて行き、大学案内と募集要項をくまなく読みました。 とくに面接対策の時間は設けず、スキマ時間に行いました。 一次合格してから本格的な模擬面接の練習を行い、本番に臨みました。 面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。 できるだけ具体的に教えてください。 面接対策は予備校で先生と面談するときに医療テーマの話をしたり、リンガメタリカで英単語だけでなく、医療テーマを頭に入れました。 日頃からハキハキと喋ることを心がけて面接時の印象をよくする努力をしていました。 面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。 次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。 再受験するとしたら、このサイトに載っている川崎医科大学生のキャンパスライフやカリキュラムについての話に目を通します。 また、時間に余裕があるなら夏のオープンキャンパスに行って大学の雰囲気を肌で感じる機会を作ります。 口コミ評価 3. 0点 就職・進学 - 授業・実習 3. 0 部活・サークル 4. 0 研究 3. 0 国家試験・資格 3. 0 恋愛・友人 3. 0 施設・設備・立地 3. 0 大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。 1年次の9月〜11月末まで3ヶ月間、解剖実習がある。 1年次は1学期は教養科目と医学入門の授業。 2学期、3学期は医学の基礎的な勉強をする。 1年次で人体の全身の勉強を一周する。 1年次は全寮制で講義棟と寮が地下道で繋がっている。 大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。 オーケストラ部、演劇部が川崎医療福祉大学と合同で行なっている。 基本的にそれ以外の部活は川崎医科大学生のみで構成されている。 学園祭は川崎医科大学、川崎医療福祉大学、川崎医療短期大学、川崎リハビリテーション学院が同日に開催する。 入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。 基本的に、学校行事として川崎医療福祉大学、川崎医療短期大学、川崎リハビリテーション学院と関わることはほとんどない。 入学時合同研修以外はほとんど関わりがない。 基本的な大学生活は川崎医科大学内で完結している。 入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。 1年次は寮の門限が22時である。 部活に入る人がほとんどで、1年次は時間的にバイトをする暇はない。 寮は大浴場で、食堂もあり1年次に同期と親睦を深められる。 1限は8:45から始まり、基本的に6限か7限まで授業がある。 所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください 基本的に授業が4時半〜6時半頃まである上、1年次の寮生活は門限があり自由がないように感じられてストレスが溜まる面もあるが、みんなで大浴場に入り、食堂で食事をする一年間は今後の人生でおそらく経験することがないので楽しいものである。 大学の学費補助を受けていますか? 受けていない 口コミ評価 3. 0点 就職・進学 5. 0 授業・実習 5. 0 部活・サークル 3. 0 研究 3. 0 国家試験・資格 3. 0 恋愛・友人 5. 0 施設・設備・立地 3. 0 大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。 一年生は全員が寮生活をおくります。 寮と学校は地下通路で繋がっており非常に便利ですが、閉鎖的でもあります。 しかし、その間にしんどい解剖を行うので、みんなで協力して乗り越えることができます。 あと、仲良くなりやすい。 大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。 医学部以外にも医療系の学部がいろいろ存在しています。 部活はみんなで行うので楽しいです。 結構みんな本気で取り組んでいるため、体育会系の部活はしんどいです。 入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。 田舎にある大学だし、医学部だし、勉強熱心な人ばかりなのかなって思っていました。 けれど入学してみると、私立だからお金を持っている人が多くて、結構ガヤガヤしてます。 あと、車がないとやっていけないと思っていましたが、意外に電車がある。 入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。 大学生になると他学部の人たちは平日に休みがあり、あまり講義にも出席しない事がありますが、 医療系の学部は毎日きっちり、朝から晩まで講義があるのでしんどいってことを事前にしっておきたかったです。 心の準備ができなかった。 大学の学費補助を受けていますか? 受けていない 【歴史】 1970年開学。 付属校推薦枠を約30人募集。 また、地域枠を含む公募制推薦は4浪生まで受験することができる。 近年は多浪生に寛容な姿勢を示しており、合格者の実に半分以上が3浪以上である。 私立医学部では最高額の学費でも知られる。 【特徴】 1年生にはキャンパス内の学生寮における寮生活が義務付けられている。 2~6年次には、学生一人ひとりに、自習机と自習設備を完備した自修室を用意している。 また、低学年次から基礎医学と臨床医学を統合した新しいカリキュラムを導入している。 5年では診療参加型の臨床実習が行われ、1~2週間単位で各科を2~3人のグループでローテーションする。 6年では選択制クリニカルクラークシップや集中講義が実施される。

次の

川崎医科大学

川崎医科大学

ご注意: このサイトで提供する川崎医科大学付属高校の情報は、当塾に所属する生徒様、その保護者様から実際にお聞きした内容を元にしています。 そのほか、学校説明会、校内チューターから得た情報も加えています。 今回は2019年度の学費です。 川崎医科大学付属高校の3年間でかかる学費 結論からいうと、高校3年間で約1550万円かかります。 注意点としては、入学金、授業料のほかに、寮費・食費・寄付金も全て含んだ金額ということです。 川崎医科大学付属高校の学費の内訳 内訳は以下です。 ここまで高い理由は、二つあります。 一つは全寮制であること。 全寮制ですので、地元出身でも通うことはできません。 もう一つの理由は、寄付金が高額であること。 川崎医科大学付属高校は、日本国内で唯一の医学部医学科につながる附属高校です。 9割を超える内部進学率、一般的に医学部に入るには膨大な受験勉強が必要、ということを考えると、圧倒的なバリューを持った高校と言えます。 これをどうか評価するかは、考え方次第ということになりますが、大きなメリットもあります。 こちらは最後に述べたいと思います。 額面だけでいうと、日本一高い学費 私立高校の学費は全国平均40万円なので、ざっと10倍ほどかかる計算です。 正直に申し上げて、一般家庭で川崎医科大学付属高校にお子さんを通わせるのは無理です。 当塾には川崎医科大学付属高校の生徒様が所属していますが、全員医師のご家庭です。 学費が高いとされる他校との比較 一般的な私立高校の学費 全日制高等学校の年間平均授業料(平成30年)は、公立高等学校が約12万円、私立高等学校が約40万円です。 私立高等学校等に通う生徒が安心して勉学に打ち込めるよう、授業料を支援する国のしくみが就学支援金です。 ちなみに、「寮生活と学費の関係」について考えるときに、この海陽学園の記事は参考になります。 ご一読をお勧めします。 川崎医科大学進学後の学費も合わせて計算しましょう 前述のとおり、国内で唯一の医学部医学科につながる附属高校です。 そのまま内部進学するのが通例です。 大学の学費も一緒に計算する必要があります。 川崎医大・医学科の学費は、全国で最も高い4550万円。 つまり、9年間の学費の合計は6200万円ということになります。 医師になった後のことを考えれば・・・ ・生徒全員が医師を志望し、さらに川崎医科大学へ進学します。 順当にいけば将来的に全員が医師になります。 ・学生時代の友人というのは一生の宝です。 ・川崎医科大学付属高校出身の医師の方々にお話を聞いたところ、学生時代の友人とは医師になった後も数十年以上の付き合いがある場合がほとんどです。 同窓生と寝食を共にし、医師として必要なマインドを一緒に養ったという経験は医師としてのキャリア、さらに一個人の人生に多大な影響を与えます。 学費の額面だけを見ればたしかに高いですが、他の高校では唯一無二の経験を提供している高校と言えます。 川崎医科大学付属高校の学費については以上です。 ご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

次の