酒井 宏樹 背 番号。 【ウイイレアプリ2020】FP酒井 宏樹(6/8)の能力比較と評価

スコールズの背番号を歴代で紹介!18以外も!マンU

酒井 宏樹 背 番号

2009年に柏レイソルでプロキャリアをスタートさせると、11年には柏のJリーグ優勝に貢献し、ベストイレブン、ベストヤングプレーヤー賞に選出。 その後、ロンドン五輪に出場し、日本代表の中心選手として44年ぶりとなるベスト4進出に貢献した。 この活躍が認められ、12年にドイツのハノーファー96への移籍が決定。 移籍1年目は定位置を確保できずに苦しいシーズンとなるも、徐々に出場機会を増やし2年目はリーグ戦26試合に出場。 14-15シーズンには完全にレギュラーに定着し、存在感を示した。 15-16シーズンは2度の監督交代がありながらも、ポジションを失うことなくプレーを続けていたが、チームの2部降格が決定した。 契約期間満了に伴いハノーファーを退団し、16年6月、リーグアンのオリンピック・マルセイユへと完全移籍。 新天地でも監督の信頼をつかむと、フランスの名門でもレギュラーの座を獲得し、チームを支えた。 そんなクラブでの活躍が認められ、ワールドカップ・ロシア大会のメンバー入りを果たすと、日本の16強入りに貢献。 18-19シーズンもマルセイユで不動の右サイドバックとして躍動。 手堅い守備と豪快なオーバーラップでアピールし、19年5月にはリーグアンで初ゴールを決めると、シーズン終了後にはサポーターが選ぶクラブ年間最優秀選手に選ばれた。

次の

日本代表、背番号3の系譜。松田直樹、駒野友一、昌子源…W杯で最終ラインを支えたディフェンダー(フットボールチャンネル)

酒井 宏樹 背 番号

Contents• スコールズの背番号を歴代で紹介!【クラブ編】 マンチェスター・ユナイテッド【1992-2011】 1992-1995 マンチェスター・ユナイテッド 24 1995-1996 22 1996-2011 18 スコールズは マンチェスター・ユナイテッドのユース出身で、1993年7月にプロ契約。 資料的には1992-1993シーズンより書かれることが多いですが、この頃は実質U-23チームの所属と言って良いのではないでしょうか。 トップチームで初の試合は 1994年9月21日のリーグカップ。 その3日後の1994年9月24日の試合でプレミアリーグデビューとなっています。 このキャリア初期の背番号は 24番ですね。 1995-1996シーズンより背番号が 22番に変更されます。 この頃はエリック・カントナがカンフーキック事件で出場停止(正しくは1994-1995シーズンですが)もあり、スコールズはフォワードでプレーすることも多かった時期です。 翌1996-1997シーズンより背番号を代名詞ともいえる 18番に変更。 この頃には主力選手と言える状態であり、1桁番号も可能だったと思うのですが…なぜか18番を選んでいます。 この世代は黄金世代であり、例えば ギャリー・ネビルは2番(20番から変更)、 ディビッド・ベッカムは10番(24番から変更)、ギグスはそれ以前からですが11番と主力選手の番号を付けていました。 この年に8番を付けたのは同じくファーガソンの雛鳥の1人である ニッキー・バット(19番から変更) 当時の序列が表れているのか、好みの問題なのか…。 その後は2003-2004シーズン終了後にニッキー・バットがニューカッスルに移籍。 8番の前提で話をしてしまいますが… 8番が空いたもののスコールズは18番を継続使用。 ちなみに 空いた8番は新加入のウェイン・ルーニーが付けることになりました。 そしてスコールズは2010-2011シーズン限りで現役を引退。 最初の引退まで 18番を使い続けていますね。 マンチェスター・ユナイテッド【2012-2013】 2012-2013 マンチェスター・ユナイテッド 22 2010-2011シーズン限りで現役を退き、 翌2011-2012シーズンはコーチとしてチームに帯同。 しかし半年後の2012年1月に 現役復帰しています。 この時の背番号は 22番ですね。 既に2011-2012シーズンも約半分が終わったタイミングであり、このシーズンの 18番はアストン・ヴィラから新加入のアシュリー・ヤングが付けていたため空いていませんでした。 もう一つの番号である 24番はと言うと、2003-2004シーズンよりダレン・フレッチャーが付け続けていましたね。 そのため1995-1996シーズンに使った22番を選択した…のではないでしょうか。 翌2012-2013シーズンも 22番を付けてプレーし、シーズン終了後に改めて引退しています。 スコールズの背番号を歴代で紹介!【イングランド代表編】 ワールドカップ【1998】 1998 ワールドカップ 16 スコールズの代表デビューは1997年5月の親善試合である南アフリカ戦です。 その後は招集されたりされなかったりという状態でしたが、 1998年のフランスワールドカップはメンバー入り。 全4試合全てに出場し、初戦のチュニジア戦ではゴールも記録しています。 この大会での背番号は 16番です。 番号が選べた立場では無かったかと思います。 ちなみにこの大会での 8番は当時リーズに所属のデビッド・バッティで、 18番は当時アーセナル所属のマーティン・キーオンでした。 そんな1998ワールドカップ、得点を挙げたチュニジア戦です。

次の

酒井宏樹の兄弟や両親は?酒井高徳と兄弟?父が医師で実家はお金持ち?

酒井 宏樹 背 番号

WE2019 身長183cmもサイドバックの選手じゃ高くて、MAXレベルでスピード 85、スタミナが 87に。 ポジション RSB 総合値 81 プレースタイル 攻撃的サイドバック 適性A RSB、LSB、CB RMF 適性B LMF 身長 183 利き足 右足 オフェンスセンス 72 ディフェンスセンス 76 ボールコントロール 76 ボール奪取 77 ドリブル 73 キック力 76 グラウンダーパス 76 スピード 81 フライパス 76 瞬発力 80 決定力 64 ボディコントロール 77 プレースキック 67 フィジカルコンタクト 72 カーブ 80 ジャンプ 77 ヘディング 68 スタミナ 84 逆足頻度 3 逆足精度 3 コン安 7 ケガ耐性 3 スキル ピンポイントクロス アクロバティッククリア 闘争心 ピンポイントクロスとアクロバティッククリアと闘争心、サイドバックにあったら嬉しい3つのスキル持ち。 スカウトの組合せ スカウトはドロップスカウトで確定できる、うちのmyClubのスカウト一覧にもリーグフランスあります。 WE2019 スキル解説 ピンポイントクロス カーブをかけた正確なクロスを上げることができる。 アクロバティッククリア 難しい体勢でも足を使ってクリアができる。 闘争心 周囲のプレッシャーに左右されず、疲労の影響も受けにくくなる。 ポジション適性とプレースタイル 基本ポジションはRSB 日本代表でも左サイドバックで出場してたことあったけど、センターバックも適性A。 ポジショントレーナーでLMFも適性Aに、3バックでウイングバックとかも強そう。 攻撃的サイドバック オフェンス時にサイドを駆け上がって攻撃参加してくれる、リアル酒井選手の持ち味でもありますよね。 酒井 宏樹 選手 レイソルのユースから、2009年にトップチーム昇格してプロデビュー。 First match 2018. — Hiroki. Sakai 酒井宏樹 hi04ro30ki そして2016年から、リーグアンのトップいくつとかの常連チーム、マルセイユへ。 酒井選手が入る前の年は13位と調子を崩していたのが5位浮上、翌年は4位と調子を取り戻す。 強豪パリ相手に首位とかは相当難しいと思うけど、マルセイユは今日時点で5位と健闘中。

次の