り っ こ 28。 「28秒だけください」 よちよち歩く子猫の動画にTwitter民悶絶 「もっと見たい」「28分でもいい」との声 | ガジェット通信 GetNews

28日後... : 作品情報

り っ こ 28

たった28秒という短さにもかかわらず、癒やし効果抜群の動画がTwitterで人気を集めています。 28秒だけください、、、とにかく可愛いので28だけください。。。 というコメントを添えて、今月18日、Twitterユーザーのねこchan( 2kHaruneko)さんが投稿したのがこちらの動画。 映っていたのは、ねこchanさんが先月27日に保護したという子猫たちです。 喉をゴロゴロ鳴らして甘えながら近寄ってくる1匹と、後からそれを追いかける1匹の姿が収められています。 お名前は左の子が 「ぷり(仮)」くん(男の子)、右の子が 「うす(仮)」ちゃん(女の子)。 ニャンコの可愛さが凝縮された28秒の動画はTwitterで話題を呼び、約2. 8万リツイート、約8. 6万いいねを集める人気ツイートとなっています。 動画を観た人からは、 ・大変有意義な28秒間をありがとうございます!! そして贅沢と我が儘と願望を言えばもっと下さい!! なお、YouTubeには子猫たちが保護されてから1週間の様子をまとめた動画もアップされています。 興味のある方はあわせてチェックしてみてはいかがでしょうか。 ・【28秒猫】子猫の保護から1週間。。。

次の

28

り っ こ 28

以下同じ。 )に該当する。 ただし、次のいずれかに該当する宿直料又は日直料を除き、その支給の基因となった勤務1回につき支給される金額(宿直又は日直の勤務をすることにより支給される食事の価額を除く。 )のうち4,000円(宿直又は日直の勤務をすることにより支給される食事がある場合には、4,000円からその食事の価額を控除した残額)までの部分については、課税しないものとする。 )により支給される宿直料又は日直料(当該宿直料又は日直料が給与比例額とそれ以外の金額との合計額により支給されるものである場合には、給与比例額の部分に限る。 ただし、その支給を受けた者の職務を遂行するために行う旅行の実情に照らし、明らかに法第9条第1項第4号《非課税所得》に掲げる金品に相当するものと認められる金品については、課税しない。 ただし、使用者の業務のために使用すべきものとして支給されるもので、そのために使用したことの事績の明らかなものについては、課税しない。 ただし、その金額が支給を受ける者の地位等に照らし、社会通念上相当と認められるものについては、課税しなくて差し支えない。 )の委員に対する謝金、手当等の報酬は、原則として、給与等とする。 ただし、当該委員会を設置した機関から他に支払われる給与等がなく、かつ、その委員会の委員として旅費その他の費用の弁償を受けない者に対して支給される当該謝金、手当等の報酬で、その年中の支給額が1万円以下であるものについては、課税しなくて差し支えない。 この場合において、その支給額が1万円以下であるかどうかは、その所属する各種委員会ごとに判定するものとする。 (2) 当該非常勤の消防団員が、その者の出動の回数に関係なくあらかじめ定められている年額、月額等によって支給を受ける報酬については、その年中の支給額が5万円以下であるものに限り、課税しなくて差し支えない。 大学病院の医局等とは、大学の医学部、歯学部若しくはその附属病院又はこれらの教室若しくは医局をいう。 教授等とは、大学病院の医局等の教授、准教授、講師、助教又は助手をいう。

次の

上廣倫理財団

り っ こ 28

そういう場合は、設定温度を下げることも考えられます。 「建築物における衛生的環境の確保に関する法律施行令」要約 第2条第1項(建築物環境衛生管理基準) 空気調和設備(空気を浄化し、その温度、湿度及び流量を調整して供給をすることができる設備)を設けている場合は、厚生労働省令で定めるところにより、居室における空気を浄化し、その温度、湿度又は流量を調整し供給すること。 労働安全衛生法の「事務所衛生基準規則」抜粋 第5条第3項(空気調和設備等の調整) 事業者は、空気調和設備を設けている場合は、室の気温が17度以上28度以下及び相対湿度が40%以上70%以下になるように努めなければならない。 「体感温度」を左右する6つの温熱環境要素 人間は、体内で発生させた熱を外部環境と熱交換を行って、体温の調整を行っています。 この熱交換に影響を与える要素は、温熱環境要素と呼ばれ、「代謝量」「着衣量」「気温」「熱放射」「風(気流)」「湿度」の6 要素が挙げられています。 (出典:ECCJ 省エネルギーセンター ) 温熱環境を一定にできる人工気候室で実験。 オフィス等においては、パソコンやプリンター、コピー機といった熱源や日射による「熱放射」の影響、「湿度」の管理方法等によって体感温度が変わってきます。 また、人それぞれの「代謝量」によっても体感温度は異なります。 オフィス全体での温熱環境のコントロールに加え、それぞれの体感温度に応じた個別の対策を講じることで、過度な冷房に頼らなくても涼しく快適に過ごす環境づくりにつながります。 そして、パリ協定の目標の達成に向けて策定された地球温暖化対策計画において、具体的な対策の1つである「クールビズ」は、2030年度に実施率100%を目標としています。

次の