大阪 コロナ 休校。 【記者発】コロナ休校「家庭学習」もう限界 大阪社会部・石川有紀

首相、全国の小中高校に3月2日からの臨時休校を要請:朝日新聞デジタル

大阪 コロナ 休校

大阪府は5日、府立学校の休校期間を5月末まで延長することを決めた。 府内の公立小中高などにも市町村教育委員会を通じて同様の措置を要請する。 休校中は学年や学級ごとに分散して通学する登校日を設けるが、新型コロナウイルスの影響で再開の時期が見通せない中、府教委や学校現場は授業時間の確保に危機感を募らせる。 「2カ月の臨時休校は未曽有の事態。 再開時期が遅れるほど、子どもたちの負担は避けられない」。 府教委トップの酒井隆行教育長は1日、定例記者会見で焦りを隠さなかった。 府内の大半の公立学校は、3月2日から臨時休校に入った。 府は緊急事態宣言の延長を受け、休校の再延長を決めたが、6月から学校を再開できる見通しは立たない。 こうした中、府教委は再開時期に応じて授業時間の確保方法をまとめたシミュレーション表を作成。 子どもや教職員に重い負担がのしかかる厳しい現実が示されている。

次の

コロナウィルスで大阪府が休校!子供の預け先はどうする?学童は?仕事休めない場合

大阪 コロナ 休校

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休校措置が3カ月目に入った大阪府では、大型連休明けから週2回の登校日が始まった。 緊急事態宣言が解除された地域では学校再開に向けた動きが進むが、休校の長期化でオンライン授業の必要性を痛感した。 取材で休校中の子を持つ母親たちに話を聞くと、「共働きで子供の勉強をみてやる時間がない」「公立か私立か、住む地域でも学力差が出てくるのでは」といった家庭学習頼みの状況への不安が強まっている。 文部科学省は新学期に入った4月、全国の学校で児童生徒に教科書に基づく家庭学習を課すよう都道府県教育委員会などに求めた。 その後、大阪市立小に通うわが家の小4の長女と小1の次女に、これまでのプリントなどの宿題や授業動画の視聴に加え、教科書を数ページずつ進める課題が増えた。 東京の区立小では、毎日4~5時間の「時間割」や「指導用台本」まで配布された地域もある。 在宅勤務しながら小学生2人を育てる知人は「子供だけでできる内容ではなく、別の学年を1人で指導するのはもう限界」と訴える。 海外でも新型コロナによる休校が相次いでいるが、米国やシンガポール、韓国などは、ネット環境の格差など課題を抱えながらも、すでにタブレット端末の貸し出しやオンライン指導に乗り出している。 ところが、日本の文科省の4月の調査では、休校中の家庭学習で双方向のオンライン指導を行うとしたのは、わずか5%だった。 一方、感染防止のため休業が続いた民間の塾や習い事では、ビデオ会議システム「Zoom」などを使って再開する動きが広がった。 英語教室を始めたばかりの小1の次女は、友達の顔を見ながら一緒に学ぶ1時間は「あっという間」と楽しそうだ。 休校中の小学生向けに開かれた無料のオンライン講座にも参加し、全国の講師や子供と交流し、親子で刺激を受けた。 それでも登校日を終えた小4の長女は一言、「オンラインより、やっぱり学校で友達に会いたい」。 学校再開に向けた教職員の尽力に感謝しつつ、非常時に学校と子供たちをつなぎ、学びの機会を担保する手段としてオンライン指導の環境整備を望みたい。 奈良支局、広島支局、大阪経済部などを経て韓国に留学。 令和2年2月から大阪社会部。 在日外国人や日韓関係に興味を持って取材している。

次の

【記者発】コロナ休校「家庭学習」もう限界 大阪社会部・石川有紀

大阪 コロナ 休校

小中学校などで必要な授業時間数を確保するため、再開時期ごとに対応策を示した。 吉村氏は29日、全国知事会コロナ対策本部の会議後、国の緊急事態宣言に関して「大阪は全国で2番目に感染者が多い。 延長されるだろう」との見方を示した。 その上で「GW明けすぐの学校再開は難しい。 国の方向性を踏まえ、GW中に(再開時期を)判断したい」と記者団に述べた。 府のシミュレーションによると、5月下旬に学校が再開される場合は、夏休みや冬休みを計2週間ほど短縮するなどして授業時間の確保は可能。 だが、再開が6月以降にずれ込むと、さらに土曜日や7限目の授業を導入。 最も遅い想定の1学期終了以降の再開では、小中学校では全ての長期休暇を取りやめ、授業に充てる必要がある。 吉村氏は「土曜日や夏休みに授業を詰め込んでも学習時間の確保が難しい状況だ。 これを機にグローバルスタンダードの9月入学の方向性を国として目指すべきだ」と表明。 今年度から入学や始業時期を9月に切り替えるべきだとの考えを改めて示した。 29日の全国知事会では、東京都の小池百合子知事が「教育システムを変えるきっかけにすべきだ」と発言するなど、9月入学について積極的な意見も多く出た。 ただ、一部の知事は今年度からの導入に慎重な姿勢を示したという。

次の