愛知 県 知事。 知事のページ:プロフィール

【中国or韓国から帰化?】大村秀章愛知県知事が希望の党応援撤回!結婚歴や家族(息子,娘)の現在は?嫁画像あり!

愛知 県 知事

歴代の愛知県知事(公選)一覧 第1代 青柳 秀夫 氏名:青柳 秀夫(あおやぎ ひでお) 生年月日:1897年7月12日 【任期】 1期目:1947年4月5日~1951年4月4日 【功績・不祥事・情報など】 前知事が公職追放されたため、代わりに立候補した。 第2代~第7代 桑原 幹根 氏名:桑原 幹根(くわはら みきね) 生年月日:1895年8月29日 【任期】 1期目:1951年5月11日~1955年1月17日 2期目:1955年2月15日~1959年2月14日 3期目:1959年2月15日~1963年2月14日 4期目:1963年2月15日~1967年2月14日 5期目:1967年2月15日~1971年2月14日 6期目:1971年2月15日~1975年2月14日 【功績・不祥事・情報など】 戦後生まれの公選知事の先駆的存在。 伊勢湾台風の復興に尽力した。 産業改革として名古屋港の整備やトヨタ自動車など工業の発展、交通整備、ニュータウン計画など都市化に向けて尽力した。 第8代~第9代 仲谷 義明 氏名:仲谷 義明(なかや よしあき) 生年月日:1925年10月27日 【任期】 1期目:1975年2月15日~1979年2月14日 2期目:1979年2月15日~1983年2月14日 【功績・不祥事・情報など】 「省エネルギー」対策をや海外生産の展開を推進した。 1977年に製造品出荷額等が全国1位となる。 オリンピック誘致に失敗し2期満了で知事を退任した。 第10代~第13代 鈴木 礼治 氏名:鈴木 礼治(すずき れいじ) 生年月日:1928年12月4日 【任期】 1期目:1983年2月15日~1987年2月14日 2期目:1987年2月15日~1991年2月14日 3期目:1991年2月15日~1995年2月14日 4期目:1995年2月15日~1999年2月14日 【功績・不祥事・情報など】 中部国際空港の建設を推進する。 1994年当時の副知事が収賄容疑で逮捕、有罪判決を受ける。 責任を取り知事の月給を3か月間半額減給した。 第14代~第16代 神田 真秋 氏名:神田 真秋(かんだ まさあき) 生年月日:1951年10月1日 【任期】 1期目:1999年2月15日~2003年2月14日 2期目:2003年2月15日~2007年2月14日 3期目:2007年2月15日~2011年2月14日 【功績・不祥事・情報など】 2005年中部国際空港が開港、愛知万博の開催を成功させた。 1999年と2003年の知事選で中部電力から裏金2億5千万円から一部現金を受け取っていたと認めている。 第17代~第19代 大村 秀章 氏名:大村 秀章(おおむら ひであき) 生年月日:1960年3月9日 【任期】 1期目:2011年2月15日~2015年2月14日 2期目:2015年2月15日~2019年2月14日 3期目:2019年2月15日~ 【功績・不祥事・情報など】 2019年の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の補助金全額不交付問題で国へ不服申し立てをした。 「あいち重点政策ファイル330プラス1」のロードマップを作成した。 自動車、航空宇宙産業に次ぐロボット産業の研究開発を推進している。 歴代の愛知県知事(官選)一覧 代数 氏名 就任日 第1代 井関 盛艮 1872年4月2日 第2代 鷲尾 隆聚 1873年5月30日 第3代 安場 保和 1875年10月15日 第4代 国貞 廉平 1880年3月8日 第5代 勝間田 稔 1885年1月22日 第6代 白根 専一 1889年12月28日 第7代 岩村 高俊 1890年5月21日 第8代 千田 貞暁 1892年1月15日 第9代 安場 保和 1892年7月20日 第10代 時任 為基 1892年8月20日 第11代 江木 千之 1897年11月13日 第12代 沖 守固 1898年12月28日 第13代 野村 政明 1902年5月12日 第14代 深野 一三 1902年10月4日 第15代 石原 健三 1912年12月28日 第16代 松井 茂 1913年3月3日 第17代 宮尾 舜治 1919年4月18日 第18代 川口 彦治 1921年5月27日 第19代 太田 政弘 1923年6月16日 第20代 山脇 春樹 1924年6月14日 第21代 柴田 善三郎 1926年9月28日 第22代 小幡 豊治 1927年5月17日 第23代 岡 正雄 1929年7月5日 第24代 香坂 昌康 1931年1月20日 第25代 尾崎 勇次郎 1931年12月21日 第26代 遠藤 柳作 1932年6月28日 第27代 三辺 長治 1933年7月21日 第28代 篠原 英太郎 1934年8月11日 第29代 田中 広太郎 1937年2月10日 第30代 児玉 九一 1940年4月9日 第31代 相川 勝六 1941年3月26日 第32代 雪沢 千代治 1942年6月10日 第33代 吉野 信次 1943年7月1日 第34代 小畑 忠良 1945年4月21日 第35代 古井 喜実 1945年6月10日 第36代 福本 柳一 1945年8月19日 第37代 早川 三郎 1946年1月25日 第38代 桑原 幹根 1946年7月9日 第39代 青柳 秀夫 1947年3月5日 <<愛知県の関連記事>> ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・.

次の

愛知県知事に関するトピックス:朝日新聞デジタル

愛知 県 知事

来歴 生まれ。 父親は、母親はに従事していた。 父親は婿養子でが出身だった。 2歳になる前、近所の犬に顔をかまれ、ひどいけがを負った。 顔じゅうが縫い目だらけだったため「縫い目」「フランケン」などと呼ばれ 、中学時代にいじめを受けるが、苦しみをはねのけるため勉強に打ち込む。 碧南市立鷲塚小学校、碧南市立東中学校卒業。 子供の頃は父親の実家のある安城市によく行き、地域活動に熱心だった伯父から大きな影響を受けて育った。 「今で言う貧困家庭だったけれど、それでも僕を含めた兄弟3人が大学を出させてもらえた。 経済成長という時代に恵まれたからだと思う」と後年インタビューで答えている。 1975年、に進学。 高校の同級生によれば「高校時代から、東京大学に進学して官僚を経て政治家になるという進路を決めていた」という。 1978年3月、同校卒業。 同年4月、に入学。 農林水産省へ入省 3月、卒業。 同年4月、に入省。 に神奈川県出身の女性と結婚。 にニューフロンティア推進部長兼理事、に農林水産省経済局農業協同組合課課長補佐、1993年に企画課課長補佐(総括)に就任。 衆議院議員 1994年11月21日、における「小選挙区300・比例代表200」の具体的な区割り法案が国会で可決。 のうち、いわゆる(碧南市・・安城市・・)はにまとまった。 安城市長のは早速候補者を探し始める。 「高校まで地元で生まれ育っていること」「自民党派閥の各系列に属していないこと」「できたら官僚」「しかもをにおわせない若い人」。 杉浦の思い描いた理想の条件にぴたりとはまったのが、大村であった(当時34歳)。 2月、杉浦から出馬要請を受ける。 妻に三日三晩泣かれ、妻の両親からも猛反対を受けるが、立候補を決意。 同年7月10日、愛知県連は愛知13区の公認候補を大村に決め、党本部に公認申請を行った。 7月13日、党本部は大村の擁立を了承。 2月11日、後援会結成大会が安城市民会館で開かれる。 後援会長には社長の石原勝成が就いた。 住所を安城市篠目町に移す。 2010年6月10日撮影 10月のではのに敗れるがで初当選した。 (小渕派)に所属。 、名古屋市は、のを埋め立てて人工干潟をゴミ処分場にする計画を発表。 「環境を大切にする愛知万博を開く一方で、干潟をごみで埋めるのはおかしい」と、大村は埋め立て推進を批判。 そのため自民党市議団から「大村を除名しろ」との声が上がる。 6月のでは島を破り再選。 2001年4月6日、首相が閣僚懇談会で辞任を表明。 平成研究会(橋本派)はすみやかにをに擁立する方針を固める。 ところが大村は同日夜に刈谷市で開いた講演会と4月7日に安城市で開かれた講演会で「私は橋本派だが、派閥幹部から橋本さんで一任してくれと言われても私はお断りする」と述べ、橋本を支持しない考えを明らかにした。 4月9日、橋本派の当選回数別の会合が開かれる。 同派はその前身の竹下派の時代から「鉄の団結」を誇り、上意下達が徹底していたが 、2回生議員の会合で大村は元幹事長、参議院幹事長ら幹部を前に「派閥の締め付けはやめてほしい」と叫んだ。 4月24日に行われた総裁選ではに投票。 「2、3年冷や飯を食ってもいい」という覚悟の上での決断だったが 、小泉は組閣にあたり従来の派閥順送り型の人事を排したため、同年5月7日、でに任命される。 11月ので島を破り3期目の当選。 2005年6月25日、倉知俊彦県議の後任として自由民主党愛知県連会長に就任。 同年9月ので島を破り4期目の当選。 島は比例復活もかなわず議席を失う。 党の要職としては厚生労働部会長(2005年)、同党医療委員長(2007年)、同党厚生関係団体委員長(2007年)などを務めた。 8月のでは新人のに敗れるも、比例復活により5期目の当選を果たした。 愛知県内唯一の自民党衆議院議員となったが、県内小選挙区で全敗した責任をとり、同年9月に自民党県連会長を辞任。 後任には参議院議員が就任した。 この間公職としては、衆議院厚生労働委員会筆頭理事、衆議院消費者問題等に関する特別委員会委員、(2001年)、(2002年)、内閣府副大臣(経済財政、金融、地方分権改革、2006年)、厚生労働副大臣(2008年)、衆議院決算行政監視委員長(2010年)などを歴任。 愛知県知事 第1期(2011年 - 2015年) 、愛知県知事のが4選不出馬の意向を表明。 同年、官僚のが自民党愛知県連から知事選への出馬を打診されたことを明らかにすると 、翌14日には長のが「約半年前から(出馬打診の)話をしてきた」などと大村の擁立を目指していることを発表した。 「知事選の話は聞いていない」と述べていた大村は翌15日に河村から出馬要請を受けたのち、新聞の取材に対し「無名の新人で勝てるのか」と党県連の候補者選びに対し反発 、11月13日には大村が出馬の意向を固めたことが報じられる。 11月15日、自民党愛知県連会長のは大村と東京都内で会談し、出馬とりやめを求めた。 同党の重徳擁立について「一切、報告や相談がなかった」と述べる大村に対し、鈴木は「そちらには逐一報告しているはずだ」と反論。 両者の意見は食い違ったまま、大村は鈴木の要請を拒否した。 同年12月3日、大村は幹事長に離党届を提出し 、12月6日に正式な出馬表明を行った。 12月8日、党紀委員会は大村の離党届を受理せず、「県連による候補者選考の際には手を挙げず、独自候補擁立が決定した後に出馬表明するのは反党行為」 党紀委員長 としてとする処分を決定した。 12月21日、「」の設立を発表し [ ] 、同会会長に就任した。 1月14日、に辞職願を提出し許可され、衆議院議員を辞職した。 大村の辞職により、がした。 2月6日のでは、愛知県知事選史上2番目に多い1,502,571票を獲得した。 詳細は「」を参照 知事選後、、ら同期当選組をはじめ自民党国会議員の一部から大村の除名に反発する声があがるが、当の大村が同年4月24日に行われた衆議院の補選で自民党公認のではなく公認の女性記者を支援したことから、党本部は態度を硬直化。 7月13日、大村が代表のままになっている愛知13区の選挙区支部の解散届を選挙管理委員会に提出した。 又、7月22日には大村が提出していた党紀委員会による除名処分の再審査請求も却下され、除名が確定した。 1月、政治塾「東海大志塾」の設立を発表し、塾長に就任した。 同年8月には、「中京維新の会」を設立し、代表に就任した。 また「」顧問にも就任したが、維新がとの合流を拒否したことなどからに顧問を辞職した。 第2期(2015年 - 2019年) 9月24日、にて2期目への出馬意向を表明した。 同年12月19日、記者会見を開き、「2015年2月1日執行予定のにて再選を目指して出馬する」ことを表明し、合わせて選挙公約などを発表した。 2月1日に実施された愛知県知事選挙では、7党(自由民主党、、、、、、減税日本)からの推薦を得て、1,629,147 票を獲得して再選を果たした(得票率80. この得票数・得票率はいずれも、愛知県知事選挙史上2番目である。 詳細は「」を参照 県政・人物• 2014年10月28日、大規模国際展示場の整備計画を発表。 2019年8月30日、の中部国際空港島内にがオープンした。 2019年の知事選では、「2027年の開通に合ったまちづくり」「長久手市の愛・地球博記念公園での『ジブリパーク』整備」「名古屋駅の再開発」「県・名古屋市共催の2026年夏季アジア大会の協力」などを選挙公約に掲げた。 同年10月15日、で開催された研究第53回全国集会の初日に出席。 祝辞の中で「を始め人権問題の解決には行政はもとより全ての人々が人権について正しい認識を持ち粘り強く取り組むことが必要。 人権尊重の社会の実現に向け、取り組みを進めていく」と述べた。 2020年2月4日、2022年秋の開業を目指す「」の概算事業費が約340億円に上ると発表した。 ジブリパーク整備については、設計段階から建設会社の知見などを反映する「ECI方式」を導入。 中部支店と設計段階から協力する業務契約を結び、同年7月にも本体工事を行う方針。 家族は、妻と4人の子どもがいる。 あいちトリエンナーレ2019• 開催から2日後の2019年8月3日、実行委員会会長として企画展「表現の不自由展・その後」の中止を決定した。 同年8月5日、企画展の内容を疑問視する名古屋市長のに対し、「公権力は、市民の思想信条に関与することはできない。 表現の自由は戦後民主主義の根幹だ」と反論した。 この発言後、大阪府知事のは「大村知事は辞職相当だと思う」と述べ、河村支持を表明した。 また大村は、開催日の翌日に補助金交付取り消しをにおわせた官房長官 や、2019年9月26日に補助金交付決定をくつがえしたに対し、争う姿勢を示した。 同年9月10日、県のホームページに自身の考えをまとめた文書を掲載。 河村の言動について、「首長としての行為や発言と、個人的な行為や発言とは厳に区別されるべきで、自らの思想や信条をそのまま具体的な職務執行やその要求に直結させることには疑問を持たざるを得ない」と述べた。 2020年5月20日、河村は、あいちトリエンナーレの名古屋市の負担金につき、未払いの3,380万円を支払わない方針を正式に決定。 これを受けて大村は「正当な手続きを経て確定した名古屋市の負担金、行政の債務を、何の理由もなく一方的に不払いとすることは許されません。 事実は曲げられません。 後世の歴史の検証に恥じないように、正義を貫いて参ります」と自身のTwitterに投稿。 大村が会長を務める芸術祭実行委員会は5月21日、名古屋市を相手取り3,380万円の支払いを求めてに提訴した。 新型コロナウイルス感染症対策• 2020年4月22日、新型コロナウイルス感染患者を受け入れた県内の医療機関に対し、症状に応じて患者1人当たり100万~400万円を交付する「医療従事者応援金」を創設すると発表した。 同年5月11日、自身の6月期末手当を20%削減すると発表した。 副知事、教育長らは10%減額するとし、「水準についていろいろなご意見はあろうかと思うが、まず第一弾だと思う」と述べ、追加の削減の可能性を示唆した。 同日、東京と大阪で医療崩壊が起きていると発言し、5月26日にも首都圏や大阪圏は大きな課題だと発言した。 これに対し、大阪府知事の吉村洋文は「大阪で医療崩壊は起きておらず、何を根拠に言っているのか全く不明」と主張し、大阪市長のも「デマで大阪を貶めても自身の値打ちは上がらない。 エビデンスを示して下さい」と反論した。 東京都知事のは「ほかの自治体の方がどうおっしゃるのかについて、一つ一つお答えする気はない。 東京に集中したい」と述べた。 同年5月12日、すべての県立高校と特別支援学校の計180校で、民間のオンライン学習支援サービスを導入すると発表した。 同年5月21日、感染者受け入れで経営が悪化した救急病院に無利子、無担保の融資制度を創設すると発表。 1法人あたり最大5億円を県が直接貸し付ける。 衆議院議員時代の主張• 憲法改正に賛成。 道路予算を維持すべきかに、どちらとも言えない。 「5年以内の消費税率引き上げはやむをえない」に、どちらとも言えない。 「永住外国人の地方参政権を認めるべきだ」に、どちらかと言えば賛成。 「日米同盟は日本外交の基軸」か「日本外交は国連中心主義で」のどちらに近いかに、前者に近い。 これからの日本はどんなふうに呼ばれる国になってほしいかに、平和・文化国家。 衆議院議員時代に所属した議員連盟• 窯業建材推進議員連盟 (会長 )• 養鰻振興議員懇談会 (会長 )• 食品産業振興議員連盟 (幹事長 )• 障害保健福祉推進議員連盟 (幹事長 )• 在宅介護推進議員連盟 (幹事長 )• 都市農業研究会 (幹事長 )• 自動車議員連盟税制小委員長 著書• 『それでも日本は蘇る -21世紀への10の指針-』日経事業出版社、1998年5月。 『再生、興国への突破口 -それでも日本は蘇る-』、2003年6月。 『戦略なき政治を斬る』、2010年10月。 『中京維新 -日本が蘇る5大改革戦略!-』、2012年10月。 『愛知が起こす成長革命 -日本が蘇る2027年への提言27-』PHP研究所、2015年10月27日。 テレビ出演• 2019年11月に公表された(2018年分)によれば、の現在の代表は名古屋市の医療法人香流会紘仁病院理事長の重冨亮が務めている。 橋本派の2回生議員の会合での発言を振り返り、大村は次のように述べている。 「今年(注・2001年)に入って自民党はどん底だった。 このままに突っ込めば、一発退場という状況。 それなのに、相変わらず『派閥の論理』がすべての総裁選をやっていたら、有権者からは『自民党は何も変わっていない』と思われてしまう。 これが最後のチャンス。 そんな思いを全部ぶつけたかった」• 日本一愛知の会のマニフェストには「私は今、日本と日本経済に大いなる危機感を抱いています。 このままでは、日本経済も愛知の経済、ものづくりも沈没してしまう。 日本を、愛知・名古屋を、今一度世界と闘える力強い国・社会・経済とするため、私は皆様とともに起ち上がりたい」と記されている。 2011年7月に解散した「自由民主党愛知県第十三選挙区支部」は翌2012年、県議が代表となり復活。 同年12月の総選挙で大見は初当選。 2017年に3選を果たすが、2019年2月の安城市長選挙に立候補し落選。 愛知13区の選挙区支部は同年3月に再び解散した。 愛知県選挙管理委員会 2019年11月28日. 2020年4月4日閲覧。 中日新聞. 2018年10月20日閲覧。 朝日新聞. 2019年12月24日. 2020年5月22日閲覧。 中尾吟「2019あいち知事選 私が推します」 『中日新聞』2019年1月28日付朝刊、県内版、10面。 大村秀章『それでも日本は蘇る -21世紀への10の指針-』日経事業出版社、1998年5月、著者プロフィール。 2020年1月5日閲覧。 『中日新聞』1996年10月15日付朝刊、西三河版、23面、「候補者登壇 13区 横顔・一枚の写真 大村秀章候補(36) 自新 中央省庁改革に意欲」• 『中日新聞』2015年2月2日付夕刊、10面、「愛知知事選一夜明け 大村さん『背筋伸ばす』」。 『中日新聞』1995年7月11日付朝刊、3面、「衆院の愛知13区 大村氏公認申請 自民県連」。 『中日新聞』1995年7月14日付朝刊、2面、「愛知13区大村氏を公認」。 『中日新聞』1996年2月12日付朝刊、西三河版、22面、「大村氏の後援会結成 衆院13区から立候補の予定」。 朝日新聞. 2019年12月27日閲覧。 『中日新聞』2001年4月7日付朝刊、34面、「参院選『最重点区・愛知を押さえろ』 講演会に遊説 与党の動き急 大物来県 総選挙で大敗、自公は活発な活動」。 『中日新聞』2001年4月8日付朝刊、2面、「自民総裁選 橋本氏支持せず 派内若手が反旗」。 『中日新聞』2005年6月26日付朝刊、県内版、34面、「大村会長を正式決定 自民県連大会」。 『中日新聞』2009年9月20日付朝刊、県内版、18面、「『ゼロからの出発だ』 自民県連総会 鈴木会長があいさつ」。 中日新聞. 2010年9月17日. 2013年3月10日閲覧。 『中日新聞』2010年10月13日付夕刊、1面、「重徳氏、出馬に前向き 愛知県知事選 自民打診に『光栄』」• 『中日新聞』2010年10月15日付朝刊、1面、「河村市長 自民・大村氏を愛知県知事選に 減税公約、擁立目指す」• YOMIURI ONLINE 読売新聞社. 2010年10月16日. の2010年10月19日時点におけるアーカイブ。 2010年11月13日閲覧。 YOMIURI ONLINE 読売新聞社. 2010年11月13日. の2010年11月14日時点におけるアーカイブ。 2010年11月13日閲覧。 『中日新聞』2010年11月16日付朝刊、35面、「大村氏、自民県連と亀裂 会長面談 不出馬要請断る」。 YOMIURI ONLINE 読売新聞社. 2010年12月3日. の2010年12月4日時点におけるアーカイブ。 『中日新聞』2010年12月9日付朝刊、30面、「愛知県知事選出馬 大村氏の除名決定 自民」。 [ ]• 大村ひであきblog 2010年12月21日. 2016年9月25日閲覧。 毎日jp 毎日新聞社. 2011年1月14日. の2011年1月15日時点におけるアーカイブ。 YOMIURI ONLINE 読売新聞社. 2011年2月11日. の2011年2月13日時点におけるアーカイブ。 2011年2月11日閲覧。 『中日新聞』2011年7月14日付朝刊、県内版、20面、「知事が代表 自民支部解散 党本部強制、県内で初 衆院13区」。 四方さつき 2019年2月4日. 中日新聞. 2019年2月4日閲覧。 愛知県選挙管理委員会 2020年1月24日. 2020年1月29日閲覧。 大村ひであき公式WEBサイト 2012年3月27日. 2016年9月25日閲覧。 朝日新聞. 2012年11月21日. 2018年6月13日閲覧。 愛知県. 2017年9月30日閲覧。 東愛知新聞 東愛知新聞社. 2014年12月20日. の2014年12月24日時点におけるアーカイブ。 2014年12月20日閲覧。 大村ひであき公式WEBサイト 2015年1月6日. 2016年9月25日閲覧。 2017年9月30日. 2017年10月11日閲覧。 2017年10月5日. 2017年10月11日閲覧。 2017年10月5日. 2017年10月11日閲覧。 2017年10月11日. 2017年10月11日閲覧。 「すべての人が輝く愛知を作りたい」愛知県知事選挙で現職の大村氏が3選 CBC NEWS CBCテレビ. 2019年2月13日閲覧。 中日新聞2019年8月31日朝刊、9面。 日本経済新聞 電子版. 2019年8月1日閲覧。 小野沢健一 2020年2月4日. 日本経済新聞. 2020年5月22日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2019年8月3日. 2019年8月3日閲覧。 毎日新聞. 2019年8月5日. 2019年9月24日閲覧。 2019年9月24日閲覧。 朝日新聞. 2019年8月7日. 2019年9月24日閲覧。 朝日新聞. 2019年8月13日. 2019年8月13日閲覧。 岩尾真宏 2019年9月26日. 朝日新聞. 2019年9月26日閲覧。 朝日新聞. 2019年9月12日. 2019年9月24日閲覧。 愛知県庁 2019年9月10日. 2019年9月24日閲覧。 TBS NEWS. 2020年5月21日. 2020年5月21日閲覧。 岡正勝、野村阿悠子 2020年5月21日. 毎日新聞. 2020年5月21日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月22日. 2020年5月22日閲覧。 中日新聞. 2020年5月11日. 2020年5月22日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2020年5月30日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2020年5月30日閲覧。 日本経済新聞. 2020年5月12日. 2020年5月22日閲覧。 日本経済新聞. 2020年5月21日. 2020年5月22日閲覧。 www. asahi. com. 2019年8月1日閲覧。 関連項目• 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

愛知県知事のリコール運動を巡る県外者無関係論 河村たかし市長が反論

愛知 県 知事

愛知県の大村知事へ、発言が波紋を広げています 新型コロナウイルスへの感染対策では、小池百合子・東京都知事や吉村洋文・大阪府知事ら各自治体トップの発言が連日ニュースになっている。 そうした中で、政府の専門家会議が鳴らした警鐘に対して、愛知県の大村秀章知事が「猛反発」したという報道に専門家らが首を傾げている。 どういうニュースだったのか。 愛知県の大村秀章知事は2日の記者会見で、政府の専門家会議が新型コロナウイルスの医療提供態勢が逼迫している都府県の一つに愛知県を挙げたことに、「名古屋市内(の病床)がいっぱいになりつつあるのは事実だが、 県全体では十分に対応できる。 事実を踏まえない発言は大変迷惑で遺憾だ」と批判した。 出典: 大村知事が「大変迷惑」だと批判したのは政府の新型コロナウイルス専門家会議の尾身副会長の記者会見での発言だ。 「オーバーシュートの前に医療崩壊が起きる可能性がある」として「 特に東京、神奈川、愛知、大阪、兵庫の5県は人口集中都市を有することから 医療供給体制が切迫しており、今日明日にでも抜本的な対策を講じる必要があると思います」と注意喚起をしたことに反応したのだ。 愛知県をカバーエリアとする東海テレビのニュースでは次のように報道されている。 政府や感染症の専門家、さらには多くの自治体のトップが危機意識を共有し、不要不急の外出を控える行動などを市民に呼びかけている。 「オーバーシュートが起こりかねない」「医療崩壊だけは何とか防がないと大量の死者が出てしまう」 そうした危機感が次第に社会全体に広がる中で大村知事のこの発言はそうした雰囲気に真っ向から水を差す異質なものだといえる。 この東海テレビのニュースによると大村知事は以下のように発言したという。 「医療提供体制は十分確保しておりますし、全県で十二分に対応できるわけでございます。 これには数字が示しております」 出典: ここまでは、愛知県が数字で把握している認識だからまだいいとしても、以下の「抗議」となるといささか常軌を逸している。 「すでに厚労省には私どもの方からおかしいじゃないか、事実と違うじゃないかと、そういうことを軽々に言われると困ると、 迷惑だと指摘し抗議もいたしました」 出典: 日本中が感染拡大の防止のために心を一つにして動き出そうというときに、この発言はいくらなんでも不適切ではないかという声があちこちから上がっている。 新型コロナウイルスを肌身で知る専門家たちが感染爆発は一気に広がるとして口を揃えて警戒を呼びかけています 4月3日(金)の夜のニュースでは、日本テレビ『news zero』やTBS『NEWS23』など各社のニュースで感染症の専門家が口を揃えたのが国内の感染者増のペースが早くなっていることだ。 『news zero』では堀賢・順天堂大学大学院教授が、『NEWS23』では北村義浩・日本医科大学特任教授がそれぞれで「医療崩壊の危機」を訴えた。 国内の感染者が1000人だったのが3月20日。 この先、さらに右肩上がりに感染者が増えれば、医療スタッフへの負担も大きくなり、病症数をいくら用意しても十分に対応できない可能性があると専門家たちは危機感を露わにした。 今は愛知県が数字の上では大丈夫でも数十日後も大丈夫とはいえないのでは? この先、さらに感染者が急増していくことは目に見えている。 だから、大村知事の発言は根拠なき、正常性バイアスというしかない。 「自分(のところ)だけは大丈夫だ」という心理だ。 地域を預かる自治体トップとしてもっとも自戒すべきもののはずだ。 そもそも大村知事は、一連の専門家たちの発言をしっかり聞いた上で発言しているのだろうか。 TBS『ひるおび!』(4月3日・金) TBSの『ひるおび!』は冒頭で示したフリップを使って新型コロナウイルスの感染防止をめぐるスタジオトークの中でこの発言を取り上げた。 (恵俊彰キャスター) 「『準備はしておいた方がいいんじゃないですか?」というふうには思いますが・・・」 (田崎史郎・政治ジャーナリスト) 「 もっと謙虚にやったほうがいいと思いますよ」 (恵俊彰キャスター) 「だってどうなるかわからないわけでしょ?」 (八代英輝弁護士) 「 これね、かつてのトランプ大統領を見ているような印象ですよね。 この感染症を軽く見ていくと、本当に手痛いしっぺ返しを受けると思いますよ。 今の医療体制が万全だ、などというのは首長が口にすることではないのでは?」 (尾崎治夫・東京医師会長) 「私も今の状況がこうだから、ということではなくて、 やはり 用心に用心を重ねて、きちんと体制を整えていくというのは必要だと思います」 (恵俊彰キャスター) 「そうですよね。 心配しずぎたほうがいいじゃないかと思いますけど」 (北川正恭・元三重県知事・早稻田大学名誉教授) 「今の愛知県知事は反対(のことをしている)と思いますね。 国に先んじて万全の体制をつくるために地域を統括する責任者は責任をもってやらなきゃいけない。 だから『万全だ』というのはそれなりにやっているのかもしれませんが、 それが東京とか大阪の現実を見たときに (東京で感染者用の病床を)『700床用意しました』『680人入院しました』と『これはまもなくパンクしますね』ということですから(中略) もっと現場を深刻に考えた方がいいと思います」 (恵俊彰キャスター) 「厚労省は公表はしていないかもしれないけど、(感染者の多い各自治体に)いろいろな働きかけをしているのでは?」 (田崎史郎) 「やっているんですよ。 大人数で感染者が出ているところはそれぞれ厚労省がクラスター班を派遣して進言しているんですよ。 それを謙虚に知事が受け止めるかどうかの問題なんですよ、ちょっと謙虚さには欠けますよ。 あの人」 医療従事者への「差別や偏見」が起きている問題も軽視しています 愛知県名古屋市のある病院で発生した医療スタッフへの差別や偏見の被害を取り上げている。 大村知事は自分の足下で起きていたこの出来事を知らないはずはあるまい。 NHK『クローズアップ現代+』(4月1日放送) この日の『クローズアップ現代+』で放送した病院の場合は入院患者が新型コロナウイルスに感染していることが見つかったことがきっかけだった。 病院では同じフロアの職員40人を全員を自宅待機させて、新型コロナウイルスの封じ込めに成功した。 多くの医療スタッフに負担をかけた封じ込めの先に待っていたのは医療スタッフに対する風評被害ともいうべき差別や偏見だった。 家族がこの病院に勤務しているというだけで職場で出勤禁止と言われたケース。 家族が病院の受診を断られたケース。 この病院で働く看護師の子どもを保育園が預かってくれない、とか保育園内で関係者の子ども一人だけ隔離されるというケースまであった。 看護師をまとめる責任者は涙ながらに語った。 (名古屋の病院の看護課長) 「そもそも病院の中ももう通常ではない状態になっていて、 そういった中で勤務を終えて 子どもを迎えに行ったときに独りぼっちで子どもがいるっていうような状態を見て 抱きしめてあげたらすごく泣き出したというのを聞いた。 スタッフもつらい思いをしながら翌日からもきちんと出勤して下さって」 この病院では職員の安全性を示すために新型コロナウイルス感染者との接触歴の「証明書」を発行して対応しているが、今も編編や差別が続いているという。 この病院については医療現場での「崩壊」が事実上始まっているとも言える。 本当は知事というような立場の人が率先して「偏見」「差別」をなくすために呼びかけをするべきなのに、「うち(愛知県は)問題ない」「医療提供体制は十分確保」などと言う。 今回の新型コロナウイルス感染では、外出禁止令が出ているフランスのパリでは、医療従事者が深夜に帰宅すると近隣の住民たちから「感謝の拍手が起きているという映像がニュースで伝えられている。 知事のような政治的なリーダーの役割を考えたとき、行政府のトップとして最悪の事態を考えて医療崩壊が起きないように「実務的に」患者受け入れなどの体制を整えるだけでは足りない。 さらに住民たちに警戒を呼びかけて「精神的に」感染拡大を防ぐための行動自粛を促すことや無意味な「偏見」「差別」の解消に向けて医療従事者への「感謝の意」を率先して表明するなど、積極的に働きかけることは大切な役割のはずだ。 そういう意味では、東京都や大阪府の知事たちがニュースで日々露出していることへの対抗意識があったのかどうか分からないが、大村知事の今回の言動は不可解としか言いようがない。 他の自治体のことを考える視点がないように見えますが、どうしてでしょう? 新型コロナウイルスというのは私たち人類全体が試されているともいえる困難だ。 ヨーロッパでは、医療崩壊が起きているイタリアの重症患者がドイツに運ばれたり、国を超えた「連携」が始まっている。 ロシアが人工呼吸器をアメリカに送るなど、これまで考えられなかったような「つながり」が生まれている。 「自分の国」だけを考えるのではなく、「他の国」も助ける精神だ。 それは「自治体」でいえば。 「自分の県」だけを考えるのでなく、「他の都府県」も助けるという姿勢になるはずだ。 そうしたなかで大村知事の発言はまるで「自分が管理している愛知県は病状数が足りているのだから、政府の専門家会議が愛知県という名前を出したのはけしからん」などという態度はまるで「自分の県が大丈夫なら他はどうなってもいい」と受け取られかねないものだ。 大村氏は以前は国会議員だった。 つまり国政=国全体のことを考える立場の人間だったはずだが、日本全体の視点はもう忘れてしまったのだろうか。 もしも自分の県では病床数に余裕があるけれども他の都府県で不足しそうだというならば、他の都府県の患者を受け入れるかどうかのシミュレーションをして、その構えについても口にすべきなのが本当の政治家というものだろう。 『ひるおび!』で八代弁護士が大村知事の言動でトランプ大統領のようだと語っていたが、そういう「自分中心」の偏狭さを嗅ぎ取っていたからに違いない。 まとめると筆者が大村知事に申し上げたいことは以上の非常にシンプルなものなのだ。 大都市圏を抱える自治体トップとして自覚ある発言をお願いします この記事をアップしてから3時間ほどしてから愛知県豊橋市で看護師をしているという40代の女性から切実なSOSのメッセージが筆者の元に寄せられた。 以下、SOSを求める反響メッセージ追記 (愛知県豊橋市の看護師) 「読ませていただきました。 愛知県を助けてください… 私は看護師として働いています。 別居の父親ですが、糖尿病、喘息の基礎疾患があり79歳の高齢で2週間咳が続いているという事で保健所に相談したそうですが発熱がないなら対象外と言われたそうです。 このような検査体制で感染者数は増えてない、学校は再開と知事は仰られおりますが、恐怖でしかありません。 昨日から小学2年になる娘が微熱と咳と鼻水が出始めています。 報道の現場から県民、市民の声を届けていただけませんか? 明らかに検査を避けて感染者数を少なく見積もっているとしか思えません。 大切な家族や、大切な同僚、命を預けてくれる患者さんにうつすのではないかと怖いです。 助けてください」 胸が締め付けられるような文章です。 ご本人だけでなく、小学生の娘さんや79歳のお父さんにも疑わしい症状が出ているようで心配です。 この女性が実在し、豊橋市で働いていることを確認しました。 大村知事には こうした実態が届いていないのでしょうか? 現役の看護師の人がこの状態ということは、すでに愛知県でも医療崩壊に近い状態が生まれつつあるのだと思います。 これでも「愛知県は感染者は増えていない」「医療崩壊は起きることはない」などと豪語するのでしょうか? 大村知事が自治体のトップとして責任ある対応をされることを願っています。

次の