オーバー クォー ツァー。 ブレット・オーバーホルツァー

フェールオーバー クラスターのクォーラム構成について

オーバー クォー ツァー

クォーラムモデル• ディスクのみ - マジョリティなし(非推奨)• ノードはクォーラムを保持しない• 1 ノードがディスクを利用できれば、クラスタの実行は継続• ノードマジョリティ• 共有ディスクはクォーラムを保持しない• 3 ノード以上でクラスタを構成• ノードおよびディスクマジョリティ• マジョリティ型のクォーラムモデル• 共有ディスク上のクォーラムはマジョリティを決定するために使用• ノードおよびファイル共有マジョリティ• GeoClusterに適したソリューション• この領域にはクラスタの回復に必要な構成データを維持し、回復ログの形で、クラスタデータベースに適用されたすべての変更の詳細が含まれます。 フェイルオーバークラスターの確認 "Get-ClusterGroup"コマンドレットで OwnerNode を確認します。

次の

フェールオーバー クラスターのクォーラム構成について

オーバー クォー ツァー

Windows Serverを使う場合、WSFC Windows Server Failover Clustering 、別名MSFC Microsoft Failover Clustering を使ってクラスターを組む場合が多いと思う。 クラスターというと、とっつきにくいイメージがあるかもしれないが、今回、Windows Server 2012 R2を使って、サクッとクラスターサーバーを作ってみたいと思う。 WSFCの呼び方は複数ある 余談だが、WSFCはOSや時期によって名前が変わってきており、以下のようになっている。 Microsoftのサイトを見る限りでは、WSFCが公式な略称として使用されているようだ。 ・例:Windows Server フェールオーバー クラスタリング WSFC と SQL Server 標準構成で選ばれた構成は以下の通りとなった。 ------------------------------ ・監視の種類 :ディスク監視 ・監視リソース :Qドライブ ・クラスターの管理投票:有効 ------------------------------ 8. 汎用アプリケーションの追加 以上でクラスターの準備は整ったので、実際にアプリケーションをクラスター化してみよう。 今回は簡易的なWebサーバとして、をクラスター化してみることにする。 まず、事前準備として、解凍したMiniWeb HTTP serverのフォルダをEドライブ直下に配置し、コマンドプロンプトで使い方を確認しておく。 ] -l : specify log file -m : specifiy max clients [default 32] -M : specifiy max clients per IP -n : disallow multi-part download -d : disallow directory listing [default ON] ------------------------------ ポート番号は80番にしたいので、実行コマンドは以下の通りとなる。 「高可用性ウィザード」が表示されるので、以下のように設定する。 exe ・パラメーター :-p 80 ・クライアントアクセスポイント ・名前 :t1192wsfc ・アドレス :192. 168. 192 ・記憶域の選択 :Eドライブを割り当て ・レジストリ設定のレプリケート :設定なし ------------------------------•

次の

MSFCのクォーラムのフェイルオーバーについて

オーバー クォー ツァー

クラスターとプール クォーラムの概要 Understanding cluster and pool quorum• この記事の内容 適用対象: Windows Server 2019、Windows Server 2016 Applies to: Windows Server 2019, Windows Server 2016 は、ワークロードの高可用性を実現します。 provides high availability for workloads. リソースをホストするノードが稼働している場合、これらのリソースは高可用性と見なされます。 ただし、クラスターは一般に、ノードの半分以上の実行を必要とします。 これは クォーラムを持つことを知らせています。 These resources are considered highly available if the nodes that host resources are up; however, the cluster generally requires more than half the nodes to be running, which is known as having quorum. クォーラムは、ネットワーク内にパーティションが存在し、ノードのサブセットが相互に通信できない場合に発生する スプリットブレインシナリオを防ぐように設計されています。 Quorum is designed to prevent split-brain scenarios which can happen when there is a partition in the network and subsets of nodes cannot communicate with each other. これにより、ノードの両方のサブセットがワークロードを所有し、同じディスクに書き込まれるため、多くの問題が発生する可能性があります。 This can cause both subsets of nodes to try to own the workload and write to the same disk which can lead to numerous problems. ただし、フェールオーバークラスタリングのクォーラムの概念では、これらのノードグループのうちの1つだけが実行を継続するため、これらのグループのうち1つだけがオンラインのままになります。 However, this is prevented with Failover Clustering's concept of quorum which forces only one of these groups of nodes to continue running, so only one of these groups will stay online. クォーラムは、クラスターが引き続きオンラインのままで維持できるエラーの数を決定します。 Quorum determines the number of failures that the cluster can sustain while still remaining online. クォーラムは、クラスターノードのサブセット間の通信に問題がある場合のシナリオを処理するように設計されています。 これにより、複数のサーバーが同時にリソースグループをホストして同じディスクに書き込みを行うことがなくなります。 Quorum is designed to handle the scenario when there is a problem with communication between subsets of cluster nodes, so that multiple servers don't try to simultaneously host a resource group and write to the same disk at the same time. クォーラムの概念を実現することで、クラスターは、特定のリソースグループの真の所有者が1つだけであることを確認するために、ノードのいずれかのサブセットでクラスターサービスを強制的に停止します。 By having this concept of quorum, the cluster will force the cluster service to stop in one of the subsets of nodes to ensure that there is only one true owner of a particular resource group. 停止したノードは、ノードのメイングループと再び通信すると、自動的にクラスターに再度参加し、クラスターサービスを開始します。 Once nodes which have been stopped can once again communicate with the main group of nodes, they will automatically rejoin the cluster and start their cluster service. Windows Server 2019 と Windows Server 2016 には、独自のクォーラムメカニズムを持つシステムのコンポーネントが2つあります。 In Windows Server 2019 and Windows Server 2016, there are two components of the system that have their own quorum mechanisms:• クラスタークォーラム: これはクラスターレベルで動作します つまり、ノードが失われ、クラスターが稼働状態を維持できます。 Cluster Quorum: This operates at the cluster level i. you can lose nodes and have the cluster stay up• プールクォーラム: 記憶域スペースダイレクトが有効になっている場合 つまり、ノードとドライブが失われ、プールが維持される場合があります 、プールレベルで動作します。 Pool Quorum: This operates on the pool level when Storage Spaces Direct is enabled i. you can lose nodes and drives and have the pool stay up. 記憶域プールは、クラスター化と非クラスター化の両方のシナリオで使用するように設計されており、クォーラムメカニズムが異なるためです。 Storage pools were designed to be used in both clustered and non-clustered scenarios, which is why they have a different quorum mechanism. クラスタークォーラムの概要 Cluster quorum overview 次の表は、シナリオごとのクラスタークォーラムの結果の概要を示しています。 2つのノードがある場合は、ミラーリング監視サーバーが 必要です。 If you have two nodes, a witness is required. ノードが3つまたは4つある場合は、ミラーリング監視サーバーを使用する ことを強くお勧めします。 If you have three or four nodes, witness is strongly recommended. インターネットにアクセスできる場合は、 を使用します。 If you have Internet access, use a• 他のコンピューターやファイル共有を使用している IT 環境の場合は、ファイル共有監視を使用します。 If you're in an IT environment with other machines and file shares, use a file share witness クラスタークォーラムのしくみ How cluster quorum works ノードで障害が発生した場合、または一部のノードが別のサブセットとの接続を失った場合、残っているノードは、クラスターの 過半数がオンラインのままになっていることを確認する必要があります。 When nodes fail, or when some subset of nodes loses contact with another subset, surviving nodes need to verify that they constitute the majority of the cluster to remain online. 検証できない場合は、オフラインになります。 If they can't verify that, they'll go offline. しかし、 過半数の概念は、クラスター内のノードの合計数が奇数の場合にのみ正常に機能します たとえば、5ノードクラスター内の3つのノード。 But the concept of majority only works cleanly when the total number of nodes in the cluster is odd for example, three nodes in a five node cluster. では、ノード数が偶数のクラスター たとえば、4ノードクラスター についてはどうでしょうか。 So, what about clusters with an even number of nodes say, a four node cluster? クラスターでは、次の2つの方法で 投票の合計数を奇数にすることができます。 There are two ways the cluster can make the total number of votes odd:• まず、追加の投票で ミラーリング監視 サーバーを追加します。 First, it can go up one by adding a witness with an extra vote. これにはユーザー設定が必要です。 This requires user set-up. または、1つの unlucky ノードの投票 必要に応じて自動的に発生 をゼロにすると、1つ 下に移動できます。 Or, it can go down one by zeroing one unlucky node's vote happens automatically as needed. 残っているノードが 過半数であることが正常に確認されると、 過半数の定義が残存オブジェクトのみに更新されます。 Whenever surviving nodes successfully verify they are the majority, the definition of majority is updated to be among just the survivors. これにより、クラスターは1つのノード、別のノード、別のノードを失うことができます。 This allows the cluster to lose one node, then another, then another, and so forth. 連続して失敗した後に適合する 投票の合計数の概念は、 動的クォーラムと呼ばれます。 This concept of the total number of votes adapting after successive failures is known as Dynamic quorum. 動的ミラーリング監視 Dynamic witness 動的ミラーリング監視サーバーは、 投票の合計数が奇数であることを確認するために、ミラーリング監視サーバーの投票を切り替えます。 Dynamic witness toggles the vote of the witness to make sure that the total number of votes is odd. 投票の数が奇数の場合、ミラーリング監視サーバーは投票を持ちません。 If there are an odd number of votes, the witness doesn't have a vote. 投票の数が偶数の場合、ミラーリング監視サーバーには投票があります。 If there is an even number of votes, the witness has a vote. 動的ミラーリング監視サーバーは、ミラーリング監視サーバーの障害によってクラスターがダウンするリスクを大幅に軽減します。 Dynamic witness significantly reduces the risk that the cluster will go down because of witness failure. クラスターでは、クラスターで使用できる投票ノードの数に基づいて、監視の投票を使用するかどうかを決定します。 The cluster decides whether to use the witness vote based on the number of voting nodes that are available in the cluster. 動的クォーラムは、以下で説明する方法で動的監視と連携します。 Dynamic quorum works with Dynamic witness in the way described below. 動的なクォーラムの動作 Dynamic quorum behavior• ノード数が 偶数で、ミラーリング監視サーバーがない場合、 1 つのノードで投票ゼロが取得されます。 If you have an even number of nodes and no witness, one node gets its vote zeroed. たとえば、4つのノードのうち3つだけが投票を受けるので、 投票の合計数は3で、投票を含む2つの残存オブジェクトは過半数と見なされます。 For example, only three of the four nodes get votes, so the total number of votes is three, and two survivors with votes are considered a majority. ノード数が 奇数で、ミラーリング監視サーバーがない場合は、すべてのノードが 投票を受けます。 If you have an odd number of nodes and no witness, they all get votes. ノードとミラーリング監視サーバーの数が 偶数の場合は、 ミラーリング監視サーバーによって投票されるので、合計は奇数になります。 If you have an even number of nodes plus witness, the witness votes, so the total is odd. ノードとミラーリング監視サーバーの数が 奇数の場合、 ミラーリング監視サーバーは投票しません。 If you have an odd number of nodes plus witness, the witness doesn't vote. 動的クォーラムを使用すると、ノードに投票を動的に割り当てることができます。 これにより、投票の大半が失われたり、クラスターを1つのノードで実行できるようになります 最後のノードとして知られています。 Dynamic quorum enables the ability to assign a vote to a node dynamically to avoid losing the majority of votes and to allow the cluster to run with one node known as last-man standing. 4ノードクラスターを例として考えてみましょう。 Let's take a four-node cluster as an example. クォーラムに3票が必要であると仮定します。 Assume that quorum requires 3 votes. この場合、2つのノードが失われた場合、クラスターはダウンします。 In this case, the cluster would have gone down if you lost two nodes. ただし、動的クォーラムによってこの問題が発生することはありません。 However, dynamic quorum prevents this from happening. クォーラムに必要な 投票の合計数は、使用可能なノードの数に基づいて決定されるようになりました。 The total number of votes required for quorum is now determined based on the number of nodes available. 動的クォーラムでは、3つのノードが失われてもクラスターは稼働したままになります。 So, with dynamic quorum, the cluster will stay up even if you lose three nodes. 上記のシナリオは、記憶域スペースダイレクトが有効になっていない一般的なクラスターに適用されます。 The above scenario applies to a general cluster that doesn't have Storage Spaces Direct enabled. ただし、記憶域スペースダイレクトが有効になっている場合、クラスターは2つのノードの障害のみをサポートできます。 However, when Storage Spaces Direct is enabled, the cluster can only support two node failures. 詳細については、に関するセクションを参照してください。 This is explained more in the. 例 Examples ミラーリング監視サーバーを使用しない2つのノード。 Two nodes without a witness. 1つのノードの投票がゼロになるため、 ほとんどの投票は合計 1 票から決定されます。 One node's vote is zeroed, so the majority vote is determined out of a total of 1 vote. 投票ノードの電源が正常に切断されている場合、投票は他のノードに転送され、クラスターはそのまま残ります。 If the voting node is gracefully powered down, the vote is transferred to the other node, and the cluster survives. このため、ミラーリング監視サーバーを構成することが重要です。 This is why it's critical to configure a witness. 1つのサーバー障害に耐えられる可能性があります: 50 の確率。 Can survive one server failure: Fifty percent chance. 1つのサーバーエラーが発生しても、別のサーバー障害が発生する可能性が あります。 Can survive one server failure, then another: No. 一度に2つのサーバーエラーが発生する可能性があります: いいえ。 Can survive two server failures at once: No. ミラーリング監視サーバーがある2つのノード。 Two nodes with a witness. 両方のノードで投票が行われ、ミラーリング監視サーバーに投票があるため、 過半数は合計 3 票から決定されます。 Both nodes vote, plus the witness votes, so the majority is determined out of a total of 3 votes. 1つのサーバーエラーが発生した場合: はい。 Can survive one server failure: Yes. 1つのサーバーエラーが発生しても、別のサーバー障害が発生する可能性が あります。 Can survive one server failure, then another: No. 一度に2つのサーバーエラーが発生する可能性があります: いいえ。 Can survive two server failures at once: No. ミラーリング監視サーバーのない3つのノード。 Three nodes without a witness. すべてのノードが投票するので、 過半数は合計 3 票から決定されます。 All nodes vote, so the majority is determined out of a total of 3 votes. クラスターはミラーリング監視サーバーを使用しない2つのノードになります。 この時点では、シナリオ1になります。 The cluster becomes two nodes without a witness — at that point, you're in Scenario 1. 1つのサーバーエラーが発生した場合: はい。 Can survive one server failure: Yes. 1つのサーバーの障害が発生した場合は、 50 の可能性があります。 Can survive one server failure, then another: Fifty percent chance. 一度に2つのサーバーエラーが発生する可能性があります: いいえ。 Can survive two server failures at once: No. ミラーリング監視サーバーを持つ3つのノード。 Three nodes with a witness. すべてのノードが投票するので、ミラーリング監視サーバーは最初に投票しません。 All nodes vote, so the witness doesn't initially vote. 多くの投票は、合計で 3 つの投票によって決定されます。 The majority is determined out of a total of 3 votes. 1つの障害が発生した後、クラスターにミラーリング監視サーバーを持つ2つのノードがあります。 これはシナリオ2に戻ります。 After one failure, the cluster has two nodes with a witness — which is back to Scenario 2. ここで、2つのノードとミラーリング監視サーバーに投票しました。 So, now the two nodes and the witness vote. 1つのサーバーエラーが発生した場合: はい。 Can survive one server failure: Yes. 1つのサーバーエラーが発生した場合は、それ以外の場合は [はい] になります。 Can survive one server failure, then another: Yes. 一度に2つのサーバーエラーが発生する可能性があります: いいえ。 Can survive two server failures at once: No. ミラーリング監視サーバーを使用しない4つのノード Four nodes without a witness 1つのノードの投票がゼロになるため、 大部分は合計 3 票から決定されます。 One node's vote is zeroed, so the majority is determined out of a total of 3 votes. 1つの障害が発生すると、クラスターは3つのノードになり、シナリオ3になります。 After one failure, the cluster becomes three nodes, and you're in Scenario 3. 1つのサーバーエラーが発生した場合: はい。 Can survive one server failure: Yes. 1つのサーバーエラーが発生した場合は、それ以外の場合は [はい] になります。 Can survive one server failure, then another: Yes. では、2つのサーバーエラーが同時に発生する可能性があります。 Can survive two server failures at once: Fifty percent chance. ミラーリング監視サーバーを備えた4つのノード。 Four nodes with a witness. すべてのノードに投票とミラーリング監視サーバーの投票があるので、 過半数は合計 5 票から決定されます。 All nodes votes and the witness votes, so the majority is determined out of a total of 5 votes. 1つの障害が発生した後、シナリオ4になります。 After one failure, you're in Scenario 4. 2つの同時エラーが発生したら、シナリオ2に進みます。 After two simultaneous failures, you skip down to Scenario 2. 1つのサーバーエラーが発生した場合: はい。 Can survive one server failure: Yes. 1つのサーバーエラーが発生した場合は、それ以外の場合は [はい] になります。 Can survive one server failure, then another: Yes. は、2つのサーバーエラーを一度に保持でき ます。 Can survive two server failures at once: Yes. 5ノード以上。 Five nodes and beyond. すべてのノードが投票します。 または、合計が奇数になるすべての投票を行います。 All nodes vote, or all but one vote, whatever makes the total odd. 記憶域スペースダイレクトでは、3つ以上のノードを停止することはできません。 そのため、この時点でミラーリング監視サーバーは不要です。 Storage Spaces Direct cannot handle more than two nodes down anyway, so at this point, no witness is needed or useful. 1つのサーバーエラーが発生した場合: はい。 Can survive one server failure: Yes. 1つのサーバーエラーが発生した場合は、それ以外の場合は [はい] になります。 Can survive one server failure, then another: Yes. は、2つのサーバーエラーを一度に保持でき ます。 Can survive two server failures at once: Yes. クォーラムのしくみを理解したところで、クォーラム監視サーバーの種類を見てみましょう。 Now that we understand how quorum works, let's look at the types of quorum witnesses. クォーラム監視の種類 Quorum witness types フェールオーバークラスタリングでは、次の3種類のクォーラム監視サーバーがサポートされています。 Failover Clustering supports three types of Quorum Witnesses:• -Azure の Blob storage は、クラスターのすべてのノードからアクセスできます。 - Blob storage in Azure accessible by all nodes of the cluster. クラスター化情報はミラーリング監視サーバーログファイルに保持されますが、クラスターデータベースのコピーは保存されません。 It maintains clustering information in a witness. log file, but doesn't store a copy of the cluster database. ファイル共有監視-Windows server を実行しているファイルサーバー上に構成されている SMB ファイル共有。 File Share Witness — A SMB file share that is configured on a file server running Windows Server. クラスター化情報はミラーリング監視サーバーログファイルに保持されますが、クラスターデータベースのコピーは保存されません。 It maintains clustering information in a witness. log file, but doesn't store a copy of the cluster database. ディスク監視-クラスターの使用可能記憶域グループにある小規模のクラスター化されたディスク。 Disk Witness - A small clustered disk which is in the Cluster Available Storage group. このディスクは高可用性であり、ノード間でフェールオーバーできます。 This disk is highly-available and can failover between nodes. クラスターデータベースのコピーが含まれています。 It contains a copy of the cluster database. 記憶域スペースダイレクトでは、ディスク監視はサポートされていません。 A Disk Witness isn't supported with Storage Spaces Direct. プールクォーラムの概要 Pool quorum overview クラスタークォーラムはクラスターレベルで動作します。 We just talked about Cluster Quorum, which operates at the cluster level. プールクォーラムを見てみましょう。 これはプールレベルで動作します つまり、ノードとドライブが失われ、プールが維持される可能性があります。 Now, let's dive into Pool Quorum, which operates on the pool level i. you can lose nodes and drives and have the pool stay up. 記憶域プールは、クラスター化と非クラスター化の両方のシナリオで使用するように設計されており、クォーラムメカニズムが異なるためです。 Storage pools were designed to be used in both clustered and non-clustered scenarios, which is why they have a different quorum mechanism. 次の表は、シナリオごとのプールクォーラムの結果の概要を示しています。 When drives fail, or when some subset of drives loses contact with another subset, surviving drives need to verify that they constitute the majority of the pool to remain online. 検証できない場合は、オフラインになります。 If they can't verify that, they'll go offline. ただし、プールクォーラムは次の点でクラスタークォーラムとは動作が異なります。 But pool quorum works differently from cluster quorum in the following ways:• プールは、半分のドライブ プールリソースの所有者であるこのノード を維持するための対応ブレーカーとして、クラスター内の1つのノードをミラーリング監視サーバーとして使用します。 the pool uses one node in the cluster as a witness as a tie-breaker to survive half of drives gone this node that is the pool resource owner• プールに動的クォーラムがない the pool does NOT have dynamic quorum• プールには、投票を削除する独自のバージョンが実装されていません the pool does NOT implement its own version of removing a vote 例 Examples 対称レイアウトの4つのノード。 Four nodes with a symmetrical layout. 16の各ドライブには1つの投票があり、ノード2にも1票 プールリソース所有者であるため があります。 Each of the 16 drives has one vote and node two also has one vote since it's the pool resource owner. 過半数は、合計で 16 票によって決定されます。 The majority is determined out of a total of 16 votes. そのため、プールは存続します。 So, the pool survives. 1つのサーバーエラーが発生した場合: はい。 Can survive one server failure: Yes. 1つのサーバーエラーが発生した場合は、それ以外の場合は [はい] になります。 Can survive one server failure, then another: Yes. は、2つのサーバーエラーを一度に保持でき ます。 Can survive two server failures at once: Yes. レイアウトが対称でドライブが故障している4ノード。 Four nodes with a symmetrical layout and drive failure. 16の各ドライブには1つの投票があり、ノード2にも1票 プールリソース所有者であるため があります。 Each of the 16 drives has one vote and node 2 also has one vote since it's the pool resource owner. 過半数は、合計で 16 票によって決定されます。 The majority is determined out of a total of 16 votes. まず、ドライブ7がダウンします。 First, drive 7 goes down. そのため、プールには過半数がなく、ダウンします。 So, the pool doesn't have majority and goes down. 1つのサーバーエラーが発生した場合: はい。 Can survive one server failure: Yes. 1つのサーバーエラーが発生しても、別のサーバー障害が発生する可能性が あります。 Can survive one server failure, then another: No. 一度に2つのサーバーエラーが発生する可能性があります: いいえ。 Can survive two server failures at once: No. 対称でないレイアウトの4つのノード。 Four nodes with a non-symmetrical layout. 24の各ドライブには1つの投票があり、ノード2にも1票 プールリソース所有者であるため があります。 Each of the 24 drives has one vote and node two also has one vote since it's the pool resource owner. 過半数は、合計で 24 の投票から決定されます。 The majority is determined out of a total of 24 votes. そのため、プールには過半数がなく、ダウンします。 So, the pool doesn't have majority and goes down. 1つのサーバーエラーが発生した場合: はい。 Can survive one server failure: Yes. は、2つのサーバーエラーを一度に発生させることができます。 プールクォーラムに関する推奨事項 Pool quorum recommendations• クラスター内の各ノードが対称であることを確認します 各ノードには同じ数のドライブがあります。 Ensure that each node in your cluster is symmetrical each node has the same number of drives• ノード障害が許容され、仮想ディスクをオンラインに保つことができるように、3方向ミラーまたはデュアルパリティを有効にします。 Enable three-way mirror or dual parity so that you can tolerate a node failures and keep the virtual disks online. 詳細については、を参照してください。 See our for more details. 2つ以上のノードがダウンしている場合、または別のノードの2つのノードとディスクがダウンしている場合、ボリュームはデータの3つのコピーすべてにアクセスできないため、オフラインになり、使用できなくなります。 If more than two nodes are down, or two nodes and a disk on another node are down, volumes may not have access to all three copies of their data, and therefore be taken offline and be unavailable. ボリューム内のすべてのデータの回復性を最大限に高めるには、サーバーを戻すかディスクを迅速に交換することをお勧めします。 It's recommended to bring the servers back or replace the disks quickly to ensure the most resiliency for all the data in the volume. 詳細 More information• 関連記事.

次の