トヨタ カローラ セダン 新型。 トヨタ新型カローラ、3ナンバーで“脱大衆車”のワケ…セダン、もはや“特殊な車”に?

なぜ新型カローラは「セダンよりワゴン」が売れるのか?

トヨタ カローラ セダン 新型

「先代モデルのユーザーの平均年齢は?」と開発陣に投げかけた問いに、「ワゴンのカローラ フィールダーで50代」「セダンのカローラ アクシオは60代~70代」という平均年齢の高さに驚かされたのは私だけではなかったようだ。 「カローラ」といえば、生活の中で向き合いやすい5ナンバーのボディ、限られたスペースの中に実用的なスペースをバランスさせてきたモデルとして、その存在価値が受け入れられてきたワケだが、働くクルマとして活躍する商用ニーズを除いてみると、乗用車としては一般的なモデルと比較して圧倒的に年齢層が高いことになる。 一定の層に響くクルマを作ることは素晴らしいことではあるが、その一方で極端に偏れば、その車種の衰退に繋がるリスクを伴うだろう。 「5ナンバーサイズ」 これこそ、日本の狭い道路環境における「クルマづくりの良心」ではあるものの、果たして日本市場でこのクルマを実際にどれだけの人が手にするのだろうか。 新型を開発するにあたって、トヨタとしてはきっと難しい議論を重ねたのだろう。 12代目として登場した新型カローラは、ついに3ナンバーサイズで登場したのだ。 カローラの歴史を揺るがす3ナンバー化。 変化を恐れず進化したカローラは一体どんな価値をもたらしてくれるのか大いに気になるところだ。 まずはボディに注目してみる。 3ナンバー化のメリットを活かし、ワイドでダイナミックなスタイルを表現している。 新世代のカローラシリーズの先陣を切ったカローラ スポーツの流れを汲むキーンルックは、左右のヘッドライトを繋ぐ。 低重心設計となるTNGAのメカニズムを活かしながら、シャープで鋭い表情はこれまでのカローラとは比にならないほどスタイリッシュに生まれ変わった。 ネーミングも改められ、セダンは先代のカローラ アクシオから「カローラ」へ。 ワゴンはカローラ フィールダーから「カローラ ツーリング」に変わっている。 こうして、全体がカッコよく見える背景には3ナンバー化の恩恵も大きいのだろう。 実際の寸法を見ると、セダンは全長4495mm(先代比+95mm)、全幅1745mm(同+50mm 、全高1435mm(同-25mm)、ホイールベースはセダンとワゴン共通で2640mm(同+40mm)。 ツーリングは全長4495mm(同+85mm)、全幅1745mm(同+50mm)、全高1460mm(同-50mm)となっている。 単純にサイズでだけで捉えると見落としがちだが、3ナンバー化によって前輪の切れ角が大きくとれるメリットも。 Uターン時などで小まわり性を左右する最小回転半径は15インチタイヤ装着車で従来型と同じ5m。 16インチタイヤと17インチタイヤ装着車は5. 上級モデルに至っては、従来以上に小まわりが効くようになったことになる。 また、駐車場の狭い場所での扱いやすさが気になるところだが、そのあたりも工夫されている。 ドアミラー格納時のボディの張り出しはカローラ スポーツよりも5mm幅を狭くすることで使いやすさに配慮。 さらに、ドアを開いた時の断面を乗り降りしやすい設計とすることで、全幅が+50mm拡がったネガを感じさせないようにしている。 開発陣が使う人たちに向けた思いやりを感じる部分だ。 日本専用に工夫をこらしたパッケージを採用する 進化を実感するのは、これからのクルマのスタンダードを変えていくインテリアだろう。 これは、手持ちのスマートフォンと連携できるもので、SmartDeviceLinkではBluetoothやUSBケーブルで接続することで、スマホナビやLINEカーナビなどのナビアプリが使えるほか、ディスプレイオーディオ上で音楽再生などに対応。 さらに、Apple CarPlayやAndroid AutoはスマホをUSBのケーブルで接続することでGoogleマップなどの地図アプリや音楽再生などと連携し、モニター上に映し出すことができる。 また、充電用のUSB端子のほかに、シフトレバーの奥のスペースにはQi規格に対応するスマホの非接触充電機能の「おくだけ充電」もオプションで設置できる仕様もある。 ドライブに必要な情報をレスポンスよく得ながら気ままにドライブを楽しんだり、困った時にそれらのネットワークを効果的に活かせることは、これからの時代の安心快適なドライブライフに貢献してくれそうだ。 スマホをワイヤレスで充電できる「Qi」規格に対応する「おくだけ充電」もオプション設定。 余談ではあるが、動いているクルマでもきちんと充電できるよう、スマホ側のコイルを探して、おくだけ充電側のコイルが動くようになっているという 室内の広さについては全幅が広がった分、乗員の体まわりのスペースにゆとりも生まれている。 トランクルームの容積は429L。 5インチのゴルフバックは形状によって収納できるか否か異なるが、3個ほど収まるという。 ガソリンモデルに搭載される直列4気筒 1. WLTCモード燃費は14. さすがに荒れた路面のザラつきは拾ってしまう傾向も見られたが、目線のブレが少ない走りは、後席に座る同乗者も「快適」と評判は上々であるし、ハンドルを握る私自身も適切な運転操作が行ないやすいと感じた。 ステアリングのスイッチで表示を変えると、マルチインフォメーションディスプレイにも表示できる 最後にセダンで1. 8リッターのガソリンエンジン+CVTを搭載した「S」に試乗した。 高速道路の合流でアクセルペダルを踏み込んで1. 8リッターエンジンを回していくと、5000rpmを超えても上まで回ることに加えて、CVTはまるでATのようにエンジン回転を高めながらステップ制御を行ない、ドライバーの気持ちに添った伸びのいいフィーリングを楽しませてくれる。 ただし、追い越しなどの踏み足しで瞬発力は期待できないが、待てば車速を伸ばしていってくれる印象だ。 ガソリンモデルのカローラにも試乗 走行フィールにおいて、セダンとツーリングにいい意味でキャラクターの違いは感じにくく、どちらも優しい乗り味で、スポーティ性を追い求める類のクルマたちと比べると、カローラならではの魅力として受け止められるのではないかと感じた。 カローラは1966年に登場して以来、時代のニーズを取り入れて進化してきた経緯がある。 今回のモデルはカローラならではの優しい走りはアップデートされながらも、生活の中で向き合ったときの嬉しさを磨き、スマホとの連携やネットワーク化、さらには運転支援機能を充実させることでドライブライフをフォロー。 安全で快適な移動を叶えてくれる魅力的な進化を遂げた。 3ナンバー化したことには賛否両論あると思うが、スタイリッシュに生まれ変わったデザインは、若々しい感性を持つ60代以上のユーザーをはじめ、これまでよりも若い世代に受け入れられるモデルになっていくのではないかと期待させられた。

次の

トヨタ・新型カローラセダンのボディカラーでおすすめはどれ?人気色と全カラーをチェック!

トヨタ カローラ セダン 新型

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの 新型カローラセダン Corolla Sedan は、ハイブリット車とガソリン車あわせて6つのグレードラインナップしています。 また、この新型モデルのガソリン車では、1. 2リットルターボエンジンを搭載したマニュアル車も用意しています。 私はこの新型モデルを全グレード見ることができたのですが、その中で1番のオススメのグレードはハイブリッド車のWxB ダブルバイビー です。 トヨタから新発売をした新型カローラセダン Corolla Sedan の6つのグレードの中で、なぜハイブリッド車のダブルワイビーが1番のお勧めグレードなのでしょうか。 また、他のグレードにはないハイブリッド車のWxB ダブルバイビー の魅力とは何だったのでしょうか? 2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルの中でハイブリッド車のWxB ダブルバイビー がオススメの3つの理由を紹介したいと思います。 後部座席用のUSBポートはWxBのみの専用アイテム 新型カローラセダン Corolla Sedan の最上位モデルのWxB ダブルバイビー のみに用意されているアイテムの1つがUSBポートです。 今回新発売をした新型モデルではセンターコンソールの後方に後部座席に座る人が使うためのUSBポートが2つ用意されています。 中間モデルのSグレードや最廉価モデルのGXグレードでは、長距離ドライブの時に重宝するUSBポートは用意されていません。 後部座席の快適性などを考えると、スマホやタブレット端末、携帯ゲーム機を充電するのに役立つUSBポートは欲しいですよね。 この後部座席用のUSBポートの有無は、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラセダン Corolla Sedan の最上位モデルとそれ以外のグレードの大きな違いの1つなのかなと感じました。 センターアームレストが用意されているのもWxBのみ また、後部座席の中央に引き出して使用するドリンクホルダー付きのセンターアームレストが用意されているのも、新型カローラセダン Corolla Sedan の最上位モデルのWxB ダブルバイビー のみになっています。 このクルマのセンターアームレストはドリンクホルダー付きなので、飲み物を置くときも助かりますし…。 このように後部座席まわりの装備が充実していて、長距離ドライブでも快適に過ごせるようになっているのが、私がこのWxBをおすすめする理由の一つでした。 トランクの使い勝手【新型カローラセダンハイブリッドWxBをおすすめする理由2】 またトランク・荷室の使い勝手の良さも、新型カローラセダン Corolla Sedan の最上位モデルWxB ダブルバイビー をおすすめする理由の1つです。 今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルは、最上位モデルのWxB ダブルバイビー とそれ以外のグレードでは、トランクの使いが手tに大きな差がありました。 WxBのみに用意されている機能が… 2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン Corolla Sedan はハイブリット車ガソリン車問わずどのグレードも、セダン車としては広くて使い勝手の良いトランク・ラゲッジスペースを用意しています。 ハイブリッド車とガソリン車では燃費効率が全然違う 今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン Corolla Sedan のハイブリッド車とガソリン車では、燃費効率が大きく異なります。 特にストップ&ゴーを繰り返す市街地の運転では、ハイブリッド車とガソリン車の燃費性能差が顕著に現れます。 乗り出し価格の差の元を取ることも可能 また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン Corolla Sedan のハイブリッド車のガソリン車の車体本体価格の差は、それほど大きくありません。 実際にこの2台のモデルの車体本体価格を比較してみると、このような感じに…。 ただ、ハイブリッド車とガソリン車では税金に違いがあるため、乗り出し価格で計算すると、約35万円くらいまで差は縮まります。 なので、ガソリン代などの維持費で、この2台のモデルの乗り出し価格の差を埋めることも十分に可能です。 ちなみに、ディーラーさんの話によると、1年間に1万kmくらい乗る人であれば、5年~6年くらいで元が取れてしまうようです。 この新型モデルをお得に乗りたい方は、維持費で元を取れるハイブリッド車の方が良いのかなと思いました。 まとめ:見た目の豪華さ&機能性を考えると、一押しはハイブリッドWxB 2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラセダン Corolla Sedan の私の一押しグレードは、ハイブリッド車の最上位モデルWxB ダブルバイビー です。 見た目や内装の豪華さに目を奪われがちなWxB ダブルバイビー ですが、他のグレードよりも機能や装備も充実しているのも魅力の一つです。 以前、ディーラーさんが、「この新型モデルのWxB ダブルバイビー は機能や装備が充実し過ぎていて、もはやカローラじゃない!」と、仰っていました。 最初はいつもの営業トークだと思っていたのですが、実際にこの新型モデルの最上位モデルのWxB ダブルバイビー を見てみると、ディーラーさんが仰っていることに納得ができる仕上がりの良さになっていました。 このセダン車は兄弟車のステーションワゴン仕様のツーリングよりも優れている部分も多々ありますし、購入する価値のあるクルマになっているように感じました。

次の

新型カローラセダンはカッコ悪くてダサい?!欠点や悪い口コミ、感想を紹介!

トヨタ カローラ セダン 新型

新型カローラセダン 新型 カローラ (セダン) TNGA 新技術を採用 今回は、ヴィッツ系BプラットフォームからCセグメントとなり現行サイズから一回り大きくなる2015年12月9日に発売が開始されたに技術ををベースに開発が進んでいる。 プリウスのステーションワゴンと言ってもいいかもしれない。 TNGA(Toyota New Global Architecture)(GA-Cプラットフォーム)と呼ばれる新開発のプラットフォームを採用することによって、現行モデルよりも広い室内空間を得る。 現行に比べ全高が若干さがり、更に低重心化をはかることができる。 ボディサイズも現行よりも若干大きくなり更に広い室内空間となり内装周りも現行よりも豪華な仕様となりそうだ。 TNGA(Toyota New Global Architecture) 4代目新型プリウスのものを移植した改良型直列4気筒DOHC 1. 8L エンジン「2ZR-FXE」にモーターを組み合わせたリダクション機構付THS IIを採用する。 エンジンの熱効率やトランスミッションの伝達効率を向上させることで、パワートレーンシステム全体(エンジン・トランスミッション)で燃費は約25%、動力性能は約15%以上向上。 最大熱効率40%を実現した改良型直列4気筒DOHC 1. 8L エンジン「2ZR-FXE」を搭載 システム全体で約20%の低損失化を達成した。 ベースモデルでJC08モード燃費32. も同様に、のハイブリッドシステムを移植されたが、重量や空気抵抗などの関係もありJC08モード燃費は34. 新型カローラフィルダーもほぼ同様の燃費となることは間違えなさそうだ。 現行カローラフィルダーのハイブリッドモデルはJC08モード燃費:34. しかし、システム最高出力:最高出力73kW 100PS から90kW 122ps にアップし更にTNGAアーキテクチャーによる走行性能の向上により全く違った車へと生まれ変わるだろう。 新型カローラ (セダン) 先進の安全装備 次世代Toyota Safety Senseについて レーザーレーダーとカメラを用いて優れた認識性能・信頼性を確保するとともに、衝突回避支援型PCS、LDA、AHBをパッケージ化。 高速域まで対応する衝突回避支援/被害軽減性能を確保している。 Toyota Safety Sense Pについては改良が施され、細かな調整がされより安全技術が向上する 夜間の歩行者も検知可能、先行車発進告知機能。 インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)を標準装備。 「セーフティ・サポートカーS(ワイド)」(サポカーS〈ワイド〉対象車対象車となる。 リヤクロストラフィックアラート(RCTA)後退時の死角を検知し、注意を喚起。 を採用。 衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)レーザーレーダーとカメラを用いて前方の障害物を検知し、衝突の危険がある場合、まずドライバーにブザーとディスプレイ表示で警報を出すことでブレーキを踏むように促す。 ドライバーが衝突の危険に気づいてブレーキを踏んだ場合、強力なブレーキアシストが作動。 レーンディパーチャーアラート(LDA)(ステアリング制御機能付)カメラによって走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱の可能性を検知した場合にはブザーとディスプレイ表示でドライバーに警報を出すことで、車線逸脱による衝突事故の回避を支援。 車線逸脱を回避しやすいようにドライバーのステアリング操作をサポートします。 オートマチックハイビーム(AHB)カメラによって対向車のヘッドランプ、または先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えることで、他の車両のドライバーの眩惑を低減するとともに、夜間の前方視界確保を支援。 レーダークルーズコントロール (全車速追従機能付)先行車との車間距離の検知にミリ波レーダーを使用し、設定車速内で先行車の車速に合わせて速度を調節することで一定の車間距離を保ちながら追従走行できるレーダークルーズコントロールを採用。 前方車両の車線変更をミリ波レーダーとカメラで検知し、よりスムーズな加減速制御を実現。 トヨタはモビリティ社会の究極の願いである「交通事故死傷者ゼロ」を目指し、「統合安全コンセプト」に基づいた各種の安全装備・システムを研究・開発し、「より安全な車両・技術開発」に邁進するとともに、「交通環境整備への参画」「人に対する交通安全啓発活動」を通じ、交通安全への幅広い取り組みを強化している。 次世代Toyota Safety SenseとToyota Safety Sense C違いについて 現行モデルは「Toyota Safety Sense C」を採用しているが新型から「次世代Toyota Safety Sense」を採用することで大幅に機能追加と安全性の向上を果たすことになる。 新型カローラ (セダン)予防安全装備 シンプルインテリジェントパーキングアシスト(超音波センサーを使って周囲の障害物を検出し、駐車スペースを判断。 駐車したいスペースの前で停車し、スイッチを押すだけで、適切な後退開始位置への誘導と後退駐車のためのステアリング操作のみ自動でアシストします。 インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステム。 車庫入れなどの運転時、静止物への接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、静止物との接触を緩和する機能を追加。 ソナーはコンビニなどのガラスもしっかり検知。 ドライブスタートコントロールシフト操作時における急発進を抑制し、衝突時の被害軽減に寄与。 ブラインドスポットモニター(BSM)隣の車線を走る車両をレーダーで検知。 車両が死角エリアに入ると、ドアミラーに搭載されたLEDインジケーターを点灯。 新型カローラ (セダン) T-Connect DCMパッケージ搭載 トヨタは2002年から車載通信機DCMを実用化。 2011年にトヨタスマートセンター、クラウドを構築している。 新型プリウスPHVに搭載されたシステムを搭載。 T-Connect SDナビゲーションシステムとDCMが装備され初年度無料クルマ見守り、マップオンデマンド、エージェント、オペレーターサービスが可能。 専用通信機DCMを全車に標準搭載し、T-Connectサービスを3年間無料で提供。 マップオンデマンド(3年間無料)新しい道路情報を自動更新してくれる。 エージェント(音声対話サービス)話しかけるだけでエージェントが目的地を探してくれる。 エージェント(先読み情報案内サービス)行き先を予測して役立つ情報を教えてくれる。 LINEマイカーアカウントLINEを通じて、ナビの目的地登録*1や天気・距離・所要時間・給油要否・出発時間の確認。 オペレーターサービス24時間365日、専用オペレーターがナビ操作を行う。 マイカーSecurity[アラーム通知/車両の位置追跡・警備員の派遣/エンジン始動通知/カーファインダー(停車位置確認)/うっかり通知/リモート確認]車両盗難・車上荒らしなどがあった時や、ドアロックの閉め忘れなどがあった時、さらに自車の位置を確認したい時、メールやスマートフォンを通じて適切な対応が行えます。 ヘルプネット(ワンタッチタイプ)【車内専用ボタン付】 突然の事故や急病時に、専門オペレーターが警察や消防に取り次ぎ、迅速な緊急車両の手配を行います。 リモートメンテナンスサービス[eケア(走行アドバイス)]警告灯点灯時に、お客様から販売店にお問い合わせされた場合、またはトヨタ販売店からお客様にご連絡する場合に、クルマから発信される情報を基に適切なアドバイスが可能です。 [eケア(ヘルスチェックレポート)]クルマのバッテリーの状態、警告灯点灯状態などについて、T-Connectスマホアプリで確認できます。 またトヨタ販売店からは、クルマから発信される情報をもとに最適なメンテナンスのアドバイスが可能です。 [マイカーカスタマイズ]車両カスタマイズ項目の一部分を、T-Connectスマホアプリより遠隔で設定可能です。 最大熱効率40%を実現した改良型直列4気筒DOHC 1. 8L エンジン「2ZR-FXE」を搭載 システム全体で約20%の低損失化を達成した。 モデル エンジン トランス ミッション 駆動方式 価格 HYBRID G-X 1. 2L 直列4気筒 DOHC 直噴 ターボエンジン 2,315,500円 6速MT 2,409,000円 新型 カローラ (セダン) スペック 日本仕様 スペック 新型カローラ 全長 4,495mm 全幅 1,745mm 全高 1,435mm ホイールベース 2,640mm エンジン 1. 2L 直列4気筒 DOHC 直噴 ターボエンジン 1. 6kgm — — リアモーター 最大出力 5. 3kW 7. 2ps — — リアモーター 最大トルク 55Nm 5.

次の