よるのあと歌詞。 よるのあと adieu 歌詞情報

南国土佐を後にして 歌詞の意味 よさこい節

よるのあと歌詞

南国土佐を後にして 歌詞の意味 よさこい節 思い出します 故郷の友が 門出に歌った よさこい節を 『南国土佐を後にして』(なんごくとさをあとにして)は、1959年にリリースされたペギー葉山のヒット曲。 作詞・作曲:武政英策。 発売から1年でミリオンセラーを記録し、同年末のNHK紅白歌合戦に本曲で出場を果たした。 大ヒットにあやかって同名の日活映画も製作され、ペギー葉山も本人役で出演している。 写真:高知県の名所・桂浜(かつらはま)出典:Wikipedia 原曲は、戦時中に出兵で高知を離れた兵士らが創作した曲だったが、戦後の集団就職で高知を離れる若者たちの心境を歌った内容に改められている。 歌詞には、高知県に古くから伝わる『』のフレーズがいくつか引用されており、はりまや橋や桂浜など高知県の名所も登場する。 具体的にどの部分が『』のフレーズなのか、『南国土佐を後にして』の歌詞の意味を補足しながら解説してみたい。 一番の歌詞について 『南国土佐を後にして』一番の歌詞では、高知の伝統的な民謡『よさこい節』や、名所・はりまや橋(播磨屋橋)などのキーワードが登場する。 写真:復元された播磨屋橋(はりまや橋)出典:Wikipedia 南国土佐を あとにして 都へ来てから 幾年 いくとせ ぞ 思い出します 故郷の友が 門出に歌った よさこい節を 土佐の高知の 播磨屋橋 はりまやばし で 坊さん簪 かんざし 買うを見た <引用:『南国土佐を後にして』一番の歌詞より> 「都へ来てから 幾年ぞ」の歌詞は、上述のとおり高知から集団就職で上京した若者たちの境遇が描写されている。 高知民謡『』から引用されている歌詞は次のとおり。 土佐の高知の 播磨屋橋 はりまやばし で 坊さん簪 かんざし 買うを見た <引用:高知民謡『よさこい節』より> 女性が髪を結う時に使う「かんざし」を、お寺の僧が買っていたというこの『よさこい節』の歌詞は、江戸時代の末期(安政)に起きた、竹林寺の僧・純信と美しい娘・お馬との道ならぬ恋の物語が元となっている。 詳細は、高知民謡『』ページの解説を参照されたい。 二番の歌詞について 『南国土佐を後にして』二番の歌詞では、月の名所として知られる桂浜(かつらはま)が題材となっている。 坂本龍馬の銅像でも有名。 近くに水族館もある。 写真:高知市浦戸に位置する桂浜(出典:Wikipedia) 月の浜辺で 焚火 たきび を囲み しばしの娯楽の 一時 ひととき を わたしも自慢の 声張り上げて 歌うよ土佐の よさこい節を みませ見せましょ 浦戸をあけて 月の名所は 桂浜 <引用:『南国土佐を後にして』二番の歌詞より> 写真:月夜の桂浜(出典:日本百名月) 高知民謡『』から引用されている歌詞は次のとおり。 御畳瀬(みませ)見せましょ 浦戸をあけて 月の名所は 桂浜 <引用:高知民謡『よさこい節』より> 御畳瀬(みませ)と浦戸は桂浜周辺の地名。 「みませ」と「見せま」の発音が近く洒落のような歌詞になっている。 三番の歌詞について 『南国土佐を後にして』三番の歌詞では、かつて捕鯨が行われていた室戸(むろと)がテーマとなっている。 近年では、室戸はホエールウォッチングやイルカウォッチング、イルカふれあい体験などの観光産業も盛ん。 写真:室戸岬(むろとみさき)出典:Wikipedia 国の父さん 室戸の沖で 鯨釣ったと いう便り わたしも負けずに 励んだ後で 歌うよ土佐の よさこい節を いうたちいかんちや おらんくの池にゃ 潮吹く魚が 泳ぎよる よさこい よさこい <引用:『南国土佐を後にして』三番の歌詞より> 写真:マッコウクジラ(出典:Wikipedia) 高知民謡『』から引用されている歌詞は次のとおり。 いうたちいかんちや おらんくの池にゃ 潮吹く魚が 泳ぎよる よさこい よさこい <引用:高知民謡『よさこい節』より> 「いうたちいかんちや」とは、「何を言ってもダメだよ」の意味。 歌全体の意味としては、「何を言っても高知の海には勝てないよ。 だってウチの池(高知県沿岸)には、潮吹く魚(クジラ)が泳いでいるんだから!」という地元自慢の歌になる。

次の

adieu よるのあと 歌詞&動画視聴

よるのあと歌詞

フォーレ「夢のあとに」解説 「夢のあとに」はフランスの作曲家、 ガブリエル・フォーレ 1845-1924 が1878年に作曲した 歌曲「3つの歌作品7」の第1曲です。 歌詞はイタリアのトスカーナ地方に古くから伝わる詩を、フランスの詩人でパリ音楽院の同僚でもあった ロマン・ビュシーヌ(1830-1899 がフランス語に翻訳したものです。 この前年の1877年、当時32歳のフォーレは婚約者のマリアンヌ・ヴィアルドから婚約を破棄され精神的に大きな打撃を受けます。 詩の内容がフォーレの悲痛な心情を表しているようにも聴こえます。 歌詞は夢で出会った美しい女性と過ごす幻想的な時間が描かれていて、やがて夢から覚めてあの美しい女性の幻影を返してくれと哀しく叫ぶひとりの男性の姿を描いています。 歌詞の内容にぴったりな甘美で幻想的な雰囲気の作品です。 短い曲ですのでぜひ聴いてみてください。 フォーレ「夢のあとに」歌詞 ここではフランス語の歌詞と和訳をご紹介したいと思います。 あぁ!あぁ! なんという悲しい目覚め 私は叫ぶ おぉ夜よ 私に返しておくれ、あの人の幻影を 戻れ、戻っておくれ 輝きよ 戻っておくれ おぉ 神秘の夜よ! お役に立ちましたらクリックをお願いします。 フォーレ「夢のあとに」歌曲版動画 フォーレ「夢のあとに」 ソプラノ:Pumeza Matshikiza ピアノ:Simon Lepper テノール:アンドレア・ボチェッリ ピアノ:ユージン・コーン アンドレア・ボチェッリさんは1958年生まれ、イタリア出身のテノール歌手です。 盲目のハンディを乗り越えて、三大テノールの一人として一世を風靡したルチアーノ・パヴァロッティに見い出された世界的に活躍する歌手です。 トリノ・オリンピック開会式、ダイアナ妃追悼コンサートなど様々なイベントでもその歌声を披露し、2019年には自伝的小説をもとにした映画 「アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノール」も公開されました。 特に20世紀を代表するチェロの巨匠、 パブロ・カザルス 1876-1973 によるチェロ版は大変有名です。 いくつかの編曲版の動画をご紹介しますので、オリジナルの歌曲と聴き比べてお楽しみください。 フォーレ「夢のあとに」(ヴァイオリン版) ヴァイオリン:ルザンダ・ パンフィリ ピアノ:ドンカ・アンガチェヴァ ヴァイオリン:ジャニーヌ・ヤンセン ピアノ:イタマール・ゴラン ジャニーヌ・ヤンセンさんは1978年生まれ、オランダ出身のヴァイオリニストです。 世界の主要オーケストラと定期的に共演を重ね、日本にもソリストとして度々来日しているヤンセンさんは現在世界でも指折りの人気と実力を兼ね備えたヴァイオリニストです。 フォーレ「夢のあとに」(チェロ版) チェロ:ゴーティエ・カプソン いかがでしたか?こちらの作品もぜひ聴いてみてください!.

次の

フォーレ 夢のあとに

よるのあと歌詞

南国土佐を後にして 歌詞の意味 よさこい節 思い出します 故郷の友が 門出に歌った よさこい節を 『南国土佐を後にして』(なんごくとさをあとにして)は、1959年にリリースされたペギー葉山のヒット曲。 作詞・作曲:武政英策。 発売から1年でミリオンセラーを記録し、同年末のNHK紅白歌合戦に本曲で出場を果たした。 大ヒットにあやかって同名の日活映画も製作され、ペギー葉山も本人役で出演している。 写真:高知県の名所・桂浜(かつらはま)出典:Wikipedia 原曲は、戦時中に出兵で高知を離れた兵士らが創作した曲だったが、戦後の集団就職で高知を離れる若者たちの心境を歌った内容に改められている。 歌詞には、高知県に古くから伝わる『』のフレーズがいくつか引用されており、はりまや橋や桂浜など高知県の名所も登場する。 具体的にどの部分が『』のフレーズなのか、『南国土佐を後にして』の歌詞の意味を補足しながら解説してみたい。 一番の歌詞について 『南国土佐を後にして』一番の歌詞では、高知の伝統的な民謡『よさこい節』や、名所・はりまや橋(播磨屋橋)などのキーワードが登場する。 写真:復元された播磨屋橋(はりまや橋)出典:Wikipedia 南国土佐を あとにして 都へ来てから 幾年 いくとせ ぞ 思い出します 故郷の友が 門出に歌った よさこい節を 土佐の高知の 播磨屋橋 はりまやばし で 坊さん簪 かんざし 買うを見た <引用:『南国土佐を後にして』一番の歌詞より> 「都へ来てから 幾年ぞ」の歌詞は、上述のとおり高知から集団就職で上京した若者たちの境遇が描写されている。 高知民謡『』から引用されている歌詞は次のとおり。 土佐の高知の 播磨屋橋 はりまやばし で 坊さん簪 かんざし 買うを見た <引用:高知民謡『よさこい節』より> 女性が髪を結う時に使う「かんざし」を、お寺の僧が買っていたというこの『よさこい節』の歌詞は、江戸時代の末期(安政)に起きた、竹林寺の僧・純信と美しい娘・お馬との道ならぬ恋の物語が元となっている。 詳細は、高知民謡『』ページの解説を参照されたい。 二番の歌詞について 『南国土佐を後にして』二番の歌詞では、月の名所として知られる桂浜(かつらはま)が題材となっている。 坂本龍馬の銅像でも有名。 近くに水族館もある。 写真:高知市浦戸に位置する桂浜(出典:Wikipedia) 月の浜辺で 焚火 たきび を囲み しばしの娯楽の 一時 ひととき を わたしも自慢の 声張り上げて 歌うよ土佐の よさこい節を みませ見せましょ 浦戸をあけて 月の名所は 桂浜 <引用:『南国土佐を後にして』二番の歌詞より> 写真:月夜の桂浜(出典:日本百名月) 高知民謡『』から引用されている歌詞は次のとおり。 御畳瀬(みませ)見せましょ 浦戸をあけて 月の名所は 桂浜 <引用:高知民謡『よさこい節』より> 御畳瀬(みませ)と浦戸は桂浜周辺の地名。 「みませ」と「見せま」の発音が近く洒落のような歌詞になっている。 三番の歌詞について 『南国土佐を後にして』三番の歌詞では、かつて捕鯨が行われていた室戸(むろと)がテーマとなっている。 近年では、室戸はホエールウォッチングやイルカウォッチング、イルカふれあい体験などの観光産業も盛ん。 写真:室戸岬(むろとみさき)出典:Wikipedia 国の父さん 室戸の沖で 鯨釣ったと いう便り わたしも負けずに 励んだ後で 歌うよ土佐の よさこい節を いうたちいかんちや おらんくの池にゃ 潮吹く魚が 泳ぎよる よさこい よさこい <引用:『南国土佐を後にして』三番の歌詞より> 写真:マッコウクジラ(出典:Wikipedia) 高知民謡『』から引用されている歌詞は次のとおり。 いうたちいかんちや おらんくの池にゃ 潮吹く魚が 泳ぎよる よさこい よさこい <引用:高知民謡『よさこい節』より> 「いうたちいかんちや」とは、「何を言ってもダメだよ」の意味。 歌全体の意味としては、「何を言っても高知の海には勝てないよ。 だってウチの池(高知県沿岸)には、潮吹く魚(クジラ)が泳いでいるんだから!」という地元自慢の歌になる。

次の