ごと嫁 いちか。 【五等分の花嫁】キャラクター人気投票ランキング!一番人気なキャラは誰だ!

【五等分の花嫁】 未来の嫁は一体誰???5人のうちから上杉の花嫁を推測

ごと嫁 いちか

「上杉さん。 私が欲しいのはなんでしょうか」 プロフィール 誕生日 身長 159cm イメージカラー 好きな食べ物 好きな飲み物 炭酸ジュース 嫌いな食べ物 好きな動物 よく見るテレビ 好きな映画 サメが出てくる系 好きな本 日課 の水やり お気に入りスポット 得意科目 5教科 CV 概要 『』に登場するの。 名前にちなんでがアイコンに使われる。 コミックの1巻と5巻と10巻の表紙に登場している。 容姿 で緑のをつけている(通称:悪目立ちリボン)。 制服は胸元に緑色の蝶々リボン、黄色のベストを着て、靴下は黒のハイソックスを履くのが基本。 私服では自身の名前にちなんだ428の文字がプリントされている服をよく着ている。 人物 のことを「上杉さん」と呼ぶ。 五つ子の中で最も活発的で明るい性格をしており、姉妹の中では唯一、最初から風太郎にも友好的に接している。 身内以外には誰に対しても、相手が年下だろうと丁寧語で話す。 心の台詞を呟くことは殆どなく、姉妹の中で心理描写が一番少ない。 勉強は特に苦手でテストの点数は姉妹中もっとも低い。 しかし、複数の運動部から助っ人を良く頼まれるほど運動神経は高く、体力はピカイチで風太郎や他の姉妹では追いつけないほどに足が速い。 特定の部活に所属していないが、本人は放課後の時間は風太郎の家庭教師に割きたいからと説明する。 しかし心根が優しく、強く頼まれると断ることができない気質を抱えている。 作中では四葉が変装することは滅多になく、また嘘を付くのが苦手なため、割とあっさり見抜かれる。 変装が苦手という自覚もあるため、変装している時はやや挙動不審となる。 逆に自身に変装される事は多く、扱いするのが定番。 子供っぽいところがあるが、一花のセクシーな下着に赤面したり、風太郎の前で自身のお子様パンツの話をされると恥じらうなど年相応の部分がある。 それなりにファッションには強いらしく、風太郎のことをおしゃれ下級者と言えるほどに自身のおしゃれ感覚に自信がある。 常に他人を優先し、他人のことをよく考えるが、一方で自分の好みが分からなくなる時がある。 恋愛に興味がなさそうに見えるが、風太郎と一緒にいるときに「デートですよ」とさりげなく言ってみたり、ペアルックをするように誘ったりと風太郎に対して好意的なところがある。 犬のような優れた嗅覚を持っていたり、人懐っこい一面がある。 動物のパジャマを着て寝ている。 なお、寝相は悪いため、あらかじめ足元にも枕を用意している。 ちなみに、朝ごはんはシリアル派。 また、最近きくらげがクラゲの仲間でないことを知ったらしい。 水着は姉妹のお下がりで、ホテルに泊まるの担当。 コラボ 「頑張ろう!」 「困ってる人を放ってはおけません!!」 「私だって、嘘くらい付けます!」 とのコラボで他の姉妹と共にゲスト参戦。 因みにコラボ開催中のアイコンはスポーツ万能な彼女が担当していた。 パラメーター サーブ ストローク テクニック スタミナ スピード 325 330 345 390 450 スキル LS 試合中、中野四葉の応援によりグラス属性のキャラは得点時にスタミナ50回復、失点時はスタミナを10回復する AS1 クイックムーブ習得。 さらにスタミナが緑色で、ノックバック無効 AS2 2Pt取るまで、相手に判定弱体付与 ダブルスは試合開始から20秒間、付与する CS 試合中、自分のコートに大小の頼まれごと発生。 頼まれごと取得時小なら1つ、大なら3つクローバーを得る。 クローバー3つで飛燕スペシャル獲得。 頼まれごと早期取得時、小は5秒、大は10秒、スタミナダメージ無効 CS ダブルス時、中野四葉ではないペアが頼まれごとを取得した場合、クローバーを得る DS1 他の五つ子とペアの時、SSゲージ自動蓄積 スーパーショット SS 四葉クーーイズ! 30秒間移動速度&一部球種の球速&頼まれごと頻度UPの特殊状態となりSS・SSS当てクイズ出題。 フォアでSS、バックでSSSと回答可。 正解不正解で効果変化。 ゲージ200%でSSSに変化SSS:30秒間移動速度&一部球種の球速&頼まれごと頻度UPの特殊状態となりSS・SSS当てクイズ出題。 クイックムーブの存在や相手の判定弱化のスキル、さらに相手の強化を解除するSSショットのお陰で打ち合いに強いのが特徴。 特にエレンやMVP闇の王子相手には有利に戦える。 但し、スペシャルやボレーが優秀な決定力を持つ反面、SSショットにはそれほど得点力を持たない。 また、飛燕ショットがメインとなる関係でそれを簡単に返せるセレナや飛燕ショットに必要なクローバーをリセットさせるギミックを持つカルロス、さらに魅了付与で飛燕ショットを封じられる転生サクラや中野一花、それに加えて飛燕ショットすらクロスカウンターとなるラインズマンリリカは天敵と言える。 余談 公式のツイッターの画像は毎週木曜日に発表される。 四葉を演じる佐倉綾音は、単行本1巻が発売された際に作られたテレビCMでは 四葉以外の4人も演じていた。 テレビアニメでは流石に四葉役に専任となったが、インタビューで「四葉が一番演じやすかった」と述べている。 第1回人気投票では2位。 関連イラスト 関連タグ 家庭教師 五つ子の姉妹 ネタバレ 「なんで私が上杉さんの味方をしてるかわかりますか?」 「なんだそれ?成績上げたいからだろ?」 「違いますよ」 「好きだから」 21話 単行本3巻収録 で、姉妹の中で最初に風太郎に「好き」と伝えた。 ただし、その後に「嘘」と言って茶化し、その真意はわからずじまいとなる。 まだ序盤とも言える時点での唐突な告白?は読者へのインパクトは上々だったらしく、この話は後に行われたエピソード人気投票で6位を獲得している。 なお、この話は彼女は別に誰にでも優しい聖人ではなく、ちゃんと風太郎に自覚をもって味方をしているということも示していて、彼女が一筋縄ではいかないキャラクターであることを読者に知らしめたエピソードでもある。 四葉は前述の通りモノローグがほとんど描かれず、また話の主役になることもあまりなかったために、明朗快活なキャラに反して長い間の謎の多いヒロインでもあった。 そして、その謎の一端は56話 7巻収録 で語られることとなった。 「私が皆を不幸に巻き込んじゃったんです」「簡単に取り返せるものではありません」 「姉妹の皆が私より幸せになるのは当然です」 四葉は、前の学校である黒薔薇女子に在籍していた時に一人だけ追試で赤点を取ってしまい、落第が決定した。 義父のはからいで四葉だけは別の高校に転校することが決まったが、ここで他4人が直談判に現れ、「私達が合格したのはカンニングしていたから」という嘘をついたことで全員が転校することになった。 つまり見方を変えれば、四葉的には不本意だろうが、風太郎と五つ子を引き合わせる原因を作ったのも四葉ということになる。 転校の件で四葉は姉妹に負い目を感じていたが、この秘密を打ち明けられた際に風太郎は「姉妹で互いに得意科目を教え合わせる」策をひらめき、2年の学年末試験を無事全員でクリアする。 その際に四葉は「『初めて』報われた気がする」と涙ながらに話している。 感動的なエピソードとなった一方で、いろんな場面で人助けに励んでいるはずの四葉は、それ自体で報われているとは感じていないことも示唆された。 3年生に進級後は風太郎と他姉妹全員で同じクラスになる。 彼女は学級長に立候補し、同時に風太郎も学級長へ推薦する。 本人は「風太郎が凄い人だとみんなに知ってほしい」との事で、付き合っているかと質問された時には「ありえません」と淡々と否定しているが…。 以下、更にネタバレ 「勝手な真似してごめんなさい」「ですが…打ち明けるべきです」 「六年前…本当に会った子はあなただったと」 風太郎は本編開始5年前に京都で一人の少女と出会っており、当時撮ったツーショット写真を今も常に持ち歩くほどにその思い出を大切にしていた。 その「写真の子」との出会いが風太郎を変え、彼は勉強熱心になったという。 そして、それは五つ子の誰かであるが、風太郎は気づいていない。 物語の最序盤から伏線を張られていた、「未来の花嫁は誰か?」とは別の、しかし作品の根幹に関わる「写真の子は誰か?」という謎。 その「写真の子」の正体は四葉であると86話で判明した。 そして、話はこの作品初の過去編に突入し、風太郎とどのような経緯で出会ったのかが語られる。 五つ子たちは6年前に小学生の修学旅行で京都に行った。 ほどなくして四葉だけがはぐれて迷子になってしまう。 四葉は「私達は五人一緒じゃなきゃいけないから早く見つけないと」と考える一方で「本当にそうなのかな?」と自問自答しながら他姉妹を探す。 彼女は当時から姉妹の中で運動で一人だけ秀でつつあり、それで一人だけ褒められるなど『そっくりは自分たちにとって褒め言葉』という五つ子共通の価値観から変化しつつある微妙な時期だった。 そんな中、階段に座り込む、同じく修学旅行で京都に来ていた風太郎を発見。 これが四葉視点での風太郎との出会いである。 警官と、風太郎に濡れ衣を着せようとする女性を見て、四葉が「その人は無罪だよ。 私ちゃんと見てたもん」と助け舟を出した。 その後の詳細は不明だが、一日中二人で京都を散策し意気投合したことは風太郎から語られている。 気づけば日は落ちており、二人は神社でお互いの身の上話をした。 お互いの家庭に貧困の問題があることを知り、しかし自分が努力すればその問題を解決でき、必要とされる人間になれるかもしれないという結論を出す。 二人は一生懸命勉強して高給取りになって、風太郎は妹を、四葉は母を幸せにすることを誓った。 その後、四葉は風太郎を自分の旅館に連れて行くが、そこで風太郎は一花と四葉の区別がつかず、一花をさっきまで遊んでいた相手だと間違えてトランプに興じてしまう。 一花は誤解を解かなかったが、当時の五つ子にとって他姉妹と間違われることはむしろ楽しいことだった 四葉が自分の名前を名乗らなかったこと、そっくりな姉妹がいることを話していなかったとは言え、この件は四葉のトラウマになった。 その後の彼女はがむしゃらな努力や、他姉妹と間違われないためにリボンをつけるなどして「自分は他姉妹とは違う、そっくりなんかじゃない」と思い込もうとしたが、母にたしなめられてしまう。 そして修学旅行からわずか数カ月後に母は他界。 四葉が風太郎と誓い合い目指していた夢は前提から崩れてしまった。 目的を失った四葉は次第に勉強よりも運動に傾倒しだし、複数の部活を掛け持ちしインターハイまで進出する超高校級のアスリートとなる。 しかし人に必要とされることに快感を覚え、姉妹の中で自分は特別だと優越感を抱けるスポーツに熱を入れすぎた結果、前述の通り追試に落ちて、姉妹を転校につき合わせてしまった。 この一連の流れは四葉に「私だけが特別になっちゃいけない。 私は姉妹のために生きるんだ」という決意を抱かせるに至った。 そして、四葉は転校先で風太郎と再会を果たす。 四葉は再会を喜ぶがしかし、すぐに風太郎の100点の答案を見て、彼が約束を守り勉強を頑張り続けていたことを悟る。 風太郎は四葉の正体に気づけなかったため、それ以降は高校で初めて出会った体を装い自分の正体をずっと隠し続けることになった。 なお、昔の四葉から風太郎への呼称は『風太郎君』だが、心の中では『上杉さん』と混同して使用していることが示唆されている。 最大のネタバレ 四葉の気持ち 四葉は風太郎が自分に気づかなかったことを寂しがりつつも、彼が五つ子の家庭教師になったことを歓迎し、勉強を頑張れば自分の正体を明かしてもいいのかもしれないと希望を抱いていた。 これが当初から風太郎の家庭教師に一人だけ友好的だった理由である。 しかし、三玖や一花が風太郎に恋していく姿を見て「姉妹のために自分の思い出も想いも消してしまおう」とすぐに考えを改める。 風太郎が四葉との思い出を大事に覚えていることを知って喜ぶこともあったが、それでも姉妹への想いと負い目から自分の恋を隠し通す道を選ぶ。 時には、事情をある程度風太郎から聞かされていた、に芝居を依頼し「五つ子と写真の子は無関係」と風太郎に誤認させることで真実から遠ざけようとした。 結果として五つ子の中に写真の子がいることまでは風太郎にバレてしまったが、風太郎はそれ以上追求しようとはしなかった。 「ううん」「これでいいんだよ」.

次の

中野一花 (なかのいちか)とは【ピクシブ百科事典】

ごと嫁 いちか

五等分の花嫁でキーパーソンとも言える零奈。 とても安直ですがもしかしたら上杉の将来の嫁に最も近い人物なのではないかという予想もちらほら。 さて少なくとも五つ子の中の1人であることは間違えないようですが... 花嫁は一体誰??? さて花嫁は一体誰なのでしょうか? といってもそう簡単に答えが出るわけでもないのでお得意の消去法で考えてみてみようと思います。 まず、花嫁になりうる要素を考えてみましょう。 特に思いつきませんがやっぱり風太郎のことが異性として好きな子でしょう。 しかし、風太郎も言っているとおり人間関係は片方の意見だけでは成り立ちません。 加えて風太郎が嫁に選びうる可能性のある人間が要素の一つでしょう。 こんな程度しか思い浮かびませんが、話の流れとして自然なことも重要かと思います。 そりゃないぜと思うような展開で嫁を選ぶことはどこぞの少年雑誌ぐらいでしょうからこの線でも考えてみたいと思います。 スポンサーリンク 中野一花が花嫁? 中野一花が花嫁の場合を考えてみましょう。 まず風太郎が好きかどうか。 ここはバッチリでしょう。 次に風太郎が嫁に選ぶ可能性があるかどうか。 この点、決め手はなかなかないですね。 風太郎から家庭教師を超えてるような感情に動きは感じられません。 流れに関しては、少し前までは有りかと思っていましたが最近の三玖とのドロドロ具合を見たいるとちょっと無理があるような気がします。 中野二乃が花嫁? 個人的には一番ありえそうな気がするのが二乃説。 二乃はの風太郎への気持ちは60話で先行して告白していることから考えても十分。 むしろ空回りしてるぐらい。 風太郎が嫁に選ぶかどうかですが十分あり得ると思います。 弱みを見せない風太郎が唯一弱みを見せたのが二乃です。 他の4人とは違う木本を持っていてもおかしくはないでしょう。 話の流れ的にも十分あり得ると個人的には思っています。 中野三玖が花嫁? 三玖が花嫁説ですがこれもありえると思っています。 風太郎への気持ちですが読者ならよく分かる通りだと思います。 風太郎が嫁に選ぶかどうかですが決め手にはかけるといったところでしょう。 5人になかで一番に勉強に協力的になったところで風太郎からの信頼も厚いです。 話の流れ的にもありえるとは思います。 しかしなんとなくかませ犬な気がしてなりません。 中野四葉が花嫁? 四葉が嫁説ですがあまりないような気がします。 四葉から風太郎への気持ちも恋愛のような感じではありませんし、逆もまた然りなような感じがします。 良くも悪くも生徒と教師といった感じ。 中野五月が花嫁? 五月が花嫁説に関してですがこれもあまり妥当性があるとは思えません。 まず五月から風太郎へは教師として尊敬は見られますが恋愛的な部分はあまり感じられません。 逆もまた然りで、風太郎が五月を嫁にする理由が今の所見つかりません。 話の流れ的には最初に上杉に声をかけたなどに流れもあるので原点回帰的な感じでありえなくはないとは思います。 零奈=花嫁 当初花嫁=写真の女の子(零奈)という説がありましたね。 私もずっとこの説有力かと思っていたのですが、最近の傾向見ているとちょっと安直過ぎる気がしますね。 昔からの思い人と結ばれる素晴らしいですが、話の流れを見ているとそこを乗り越えて運命の人を見つけるような感じの話なので花嫁は零奈以外の誰かなんじゃないかなと思います。 花嫁は〇〇 当サイトの見解とすると二乃が花嫁になる可能性が高いにではないでしょうか? 理由は上記で述べた通りですが、二乃と上杉に関係は他の4人よりも進んでいるように感じるからですね。 最近の展開を見ていると二乃が花嫁という説も薄れてきているような気がします。 今の状況で二乃と上杉がくっつくのはあまり想像できません。 やっぱり一花あたりが妥当なのでしょうか? 五月と四葉以外の三人が花嫁だとは思いますが一体誰になるのか・・・ 花嫁は決めてない説 スポンサーリンク この漫画の三巻あたりを読んでいるときにふと思ったのですが作者自身特に花嫁を決めていない可能性もあるのではないでしょうか? 人気な子を嫁にするそういう作戦もあるかもしれませんね とはいってもあまり可能性は高くないと思いますが。 NEW! 髪の毛の色で判断できる説 アニメをみていてふと思った説ですが、花嫁の髪の色に近い女の子が花嫁なのではないでしょうか? と思って見比べて見たのですが、こう見ると五月、二乃が一番可能性がありそうですね。 五月なんてドンピシャじゃないですか?? 三玖も可能性あると思います。 残念なことに一花と四葉は髪の毛の色が違いすぎて対象にはならなそうですね。 まぁどうせ子供の頃の髪の色は一緒だったりするでしょうから、個人的にはあんまり当てにならないと思ってます。 まとめ 以上五等分の花嫁の花嫁とは誰なのかでした。 あくまで私の予想なので一意見として考えてください。 また、自分はこうだと思うなということがあればコメント欄に是非お願いします。 少し単行本勢にはぶっ込んだ話ですがこのサイトがネタバレをしていることを考慮して予想を書きます。 まずこの最新1,2話で一花の敗北が9割近く見えてきました。 また、これまでのラブコメ漫画を鑑みるとやはり3が脱落するのも間違いないと言えます。 個人的には押しtop2が1と3なのでこの予想が外れることを期待したいですが…。 残る三人の中で今考察界隈で最も花嫁説が高いのは五月です、しかし私はあえて二乃を推します。 四葉に関してはまだまだ謎が深いので保留です。 五月は確かに初登場1巻表紙を飾っています、王道と言えるでしょう。 プータローは五月にとっては理想の教師像兼父親枠 作中コメント なのではないでしょうか、そして謎の多い4を黒幕にテンプレ13が脱落し2が恋愛枠を担当するという流れではないかと現在の状況から予想します。 自分が誰を推したいかは別として、作品構成を見る限り、普通に考えてメインヒロインの五月でしょうか。 ただヒロインたちは皆、それぞれ魅力的で、五人のヒロインの誰が花嫁でも不自然ではありません。 それでも読者がそれで納得してくれるかと言えば、多分、八割の方が不満を持つのでしょうね。 なぜなら読者は風太郎(=自分)の視点で読んでいるので、自分が選びたい相手と異なれば納得しないでしょうから。 (そう考えるとこの作品、読者の大半を敵に回す危険性がある大胆な設定ですよね。 ) それでも風太郎は間違いなく一人を選ぶでしょう、人間性を疑われるようなハーレムエンドだけはあり得ませんから。 では、読者の誰もが(大多数の間違いかな)納得するようなうな結末にすることは不可能でしょうか? 可能です、確かに限りなくそれに近い方法があります、少なくとも一つは。 運命などはなくて自分が誰かを選ぶ……その視点で突き詰めれば、この作品はマルチエンディングでしょう。 風太郎が五人のヒロインの誰を選んでも、きっとそれぞれ幸せな未来は築けると思いますから。 ただゲームでは簡単なこの結末が漫画でも許されるのか、どう連載するのか……そこが難しいのでしょうね。 これはあくまで希望的観測です。 個人的には三玖か四葉だと思います 理由は八巻をみて まず旅行先でキスをした人が花嫁という前提でいきます まずは個人の意見で違うと思うキャラを除外していきます 除外キャラ 一花 理由キスをしたキャラはキスをしたあと走っています ですが一花は山で足をひねっています 二乃 花嫁は無言で風太郎に近ずいています 二乃の性格上 キスしましょうと正面からいいそうなので 五月 風太郎と花嫁が出会ったのは5年前 ですが五月は零奈としてそれより前にであっています 多分 となると残りは 三玖 四葉 この二人まで絞ってみましたがここからわからん! が 四葉は9巻で風太郎と付き合うなんてありえないといっているので 自分の最有力候補は三玖です.

次の

中野一花 (なかのいちか)とは【ピクシブ百科事典】

ごと嫁 いちか

『』()2017年8号に読み切りとして掲載。 後に読者アンケートの結果を受け、『週刊少年マガジン』にて2017年36・37合併号から2020年12号まで連載された。 1人の男子高校生が五つ子ののを務めるというで 、五つ子のうちの1人との結婚を控えた主人公が高校時代を回想する形で描かれる。 2019年5月にの少年部門を受賞。 単行本の累計発行部数は2020年4月時点で1200万部を突破している。 あらすじ 結婚式当日、式場の部屋で微睡んでいた新郎の は妻と初めて出会ったときを思い出す。 当時、高校2年生の風太郎は、成績優秀だが生家が借金を抱えており、貧乏生活を送っていた。 ある日、風太郎は という転校生と知り合い、勉強を教えるよう乞われる。 しかし風太郎はこれを断り、さらに放った一言が彼女の怒りを買ってしまう。 その直後、風太郎は妹から「富豪の娘の家庭教師」というアルバイトの話を聞かされ、借金返済のためにその仕事を引き受ける。 風太郎の仕事は、五月を含む五つ子姉妹に勉強を教え、全員を高校卒業まで導くというものだった。 落第寸前の成績であるにもかかわらず勉強する意欲すら見せない5人に頭を抱える風太郎だったが、夏祭りなどを通して五つ子と交流する中で、はじめから比較的協力的だった四女・ に加え、三女・ と長女・ の信頼を勝ち取ることに成功する。 だが、次女・ と五女・五月の協力は得られないまま、風太郎が家庭教師に就いて初となる中間試験を迎える。 テストの結果は前回より上昇していたものの、赤点は避けられなかったため、家庭教師を続ける条件として5人全員が赤点を回避することを課されていた風太郎は、5人にアドバイスを残し去ろうとする。 しかし、それまでは非協力的だった二乃が風太郎を庇って嘘の報告を父親にしたことで、ひとまず家庭教師を続けられることになる。 登場人物 担当はテレビアニメ版のもの。 上杉家 上杉 風太郎(うえすぎ ふうたろう) 声 - 本作の。 高校2年生(後に3年生)の男子高校生。 誕生日は。 常にテストで満点を取る学年主席の優等生。 鋭いと頭頂部から生えた枝分かれ状のアホ毛が特徴的。 真面目な勤勉家であるものの、独りよがりで社交性は皆無に等しい。 他者に対して高圧的な態度を取ることが多く、思ったことを口走っては反感を買うことがしばしば。 中野姉妹と向き合っていくうちに真摯な面を見せていき、人間として大きく成長していく。 頭脳面で優秀な反面、身体能力の方はかなり低く、五姉妹で最も運動音痴な三玖と同レベルという有り様。 また、洞察力も鋭く、姉妹の悩みや個人の問題などにも気付いており、その度に解決に導いている。 信頼を得るために努力を重ねたり、ひたむきに相手と向き合うなど実際の性格は相手に寄り添える思いやりのある性格。 クラスでは友人らしき人物はおらず、なるべく人と関わらないようにしている(中野姉妹に対しても同様)。 当初は中野姉妹との間に溝があったものの上述の一面もあって現在は強い信頼と好意を向けられている。 ただし本人はあくまで家庭教師としての情しか姉妹に無いため、彼女達からの信頼や好意には戸惑い気味である。 今までに恋愛経験も無いため非常にその手の話に疎いが、初恋の相手が姉妹の中にいることは薄々気付いていた。 実は小学生のころは不良少年だった過去があり、当時は髪も金髪に染めていた。 このころはヤンチャなガキ大将といった感じの性格で、普通に友人もいた。 現在は更生しているが、金髪時代の写真は高校の生徒手帳に挟んで保管している。 なお、少年時代には中野姉妹と知らずに面識を持っている。 3年に進級時、中野姉妹の父親の思惑で姉妹と同じクラスになり、四葉の推薦で学級長に任命される。 上杉 らいは(うえすぎ らいは) 声 - 風太郎の妹。 兄とは対照的に明るく素直で社交的な性格。 ただし、稀に風太郎に毒を吐くことがある。 上杉家の家事担当で風太郎の散髪までこなしている。 その健気さ故に風太郎から溺愛され、五姉妹(特に四葉と五月)からも気に入られている。 上杉 勇也(うえすぎ いさなり) 声 - 風太郎とらいはの父親。 と額にかけたが特徴的。 妻に先立たれて以降、男手ひとつで子供2人を育て上げてきた苦労人。 かつ砕けた性格。 中野家 五姉妹 本作のである。 誕生日は(14巻の登場人物紹介によると、五月だけ日を跨いだ瞬間に産まれた。 以前はお嬢様学校である黒薔薇女子に通っていたが、落第しかけたため風太郎のいる学校に転校してきた。 高級タワーマンションの最上階に住んでいたが、後に小さなアパートに引っ越している。 3年の新学期からは全員風太郎と同じクラスになる。 小学生の時までは外見・内面共に傍目にも見分けが付かなかったが、母親との死別を機にそれぞれの個性が強くなっていった。 当時の髪型は額を出したロングヘアーで、当初の二乃の髪型は当時の名残である。 コミックス第1巻の発売を記念して制作されたとPVでは、五つ子の声を全てが担当していたが 、テレビアニメ版ではそれぞれ別個にキャスティングがされている。 中野 一花(なかの いちか) 声 - 五姉妹の長女。 調のショートヘアと右耳に填めた が特徴的。 イメージカラーは。 からかい上手の小悪魔的な性格だが、面倒見のよいお姉さん気質。 長姉として日頃から妹達のことを気にかけており 、同じ歳であるはずの風太郎にもお姉さんぶっては時折アドバイスを送っているものの、気遣いが行き過ぎてしまい、自分自身の気持ちを押し殺してしまいがち。 また、そんな性分に反して私生活はかなりズボラで、自室は汚部屋と化しており、寝ている間にショーツ以外脱ぐ癖がある。 駆け出しの女優であり、学業の傍ら家族にも秘密にして細々と活動していた。 そんな折、自分の夢を知った上で応援してくれた風太郎に対し、好意を抱くようになる。 風太郎と自分達の現在の関係に居心地の良さを感じると同時に自身の恋心とのジレンマを感じていたが、四葉の言葉によって自分の気持ちに素直になる(その関係を壊したくないとも考えており、二乃とは対照的な考えである)。 3年への進級後は風太郎に積極的にアプローチしようと試みており、時に他の姉妹を蹴落としてでも風太郎に想いを伝えようとする。 中野 二乃(なかの にの) 声 - 五姉妹の次女。 に切り揃えたスーパーロングヘア(後にボブカットにしている )を、黒いリボンで結ったが特徴的。 勝気でヒステリックな毒舌家 だが、姉妹で最も繊細であり、姉妹を守るために風太郎を敵視したり、姉妹全員で花火大会を見ようと奮闘するなど姉妹思い。 料理好きでオシャレに気を遣うなど女子力が高く 、社交的で友人も多い。 三玖曰く面食いであるとのこと。 イメージカラーは。 当初は時折荒っぽい言動が目立ったが、次第に女子高生らしい口調に統一された。 五つ子の自宅に踏み込んできた風太郎を最も煙たがり、赤点を取れば家庭教師はクビということを知った後はチャンスと思うほどだったが、月日が経つにつれ態度は軟化し、彼を徐々に強く意識するようになる。 金髪に染めた風太郎の顔が好みらしいが、当初は同一人物であることを知らないまま告白までしている。 金髪のカツラを被った風太郎(通称「キンタロー」)に林間学校のときより好意を寄せていたが、後に風太郎であることを知り、動揺するも自身の気持ちを整理し、風太郎に告白する。 告白した後は風太郎に自身を生徒ではなく異性と認識させようとする。 3年進級を機に家賃を姉妹で5等分することになってからは、風太郎と一緒にいたいがためにケーキ屋「REVIVAL」でバイトを始める。 風太郎に対して積極的にアプローチしており、一花同様に他の姉妹に遠慮していないが、正々堂々とした方法で風太郎を振り向かせようと考えている。 また、当初は「上杉」と呼び捨てであった風太郎のことを「フーくん」と呼ぶようになった。 中野 三玖(なかの みく) 声 - 五姉妹の三女。 右目が隠れる斜め分けのセミロングとが特徴的。 イメージカラーは。 口数の少ないクールな性格だが、信頼した人物にはとても素直で風太郎への好意も認めている。 そのため積極的に風太郎にアプローチしようとしているが、恋愛に関して奥手なためにあまり進展していない。 大の運動音痴で料理下手だが、他の姉妹への変装が一番得意。 成績は姉妹の中では良い方。 ゲームがきっかけで大の戦国マニアになっただが、変わった趣味であることを自覚していたため他の姉妹にもずっと隠し続けてきた。 しかし、そんな自分の趣味と向き合ってくれた上、激励してくれた風太郎に好意を抱くようになる。 また、当初は感情表現に乏しくドライな面が目立ったものの、次第に口数が増え表情も豊かになっている。 五つ子の中で一番最初に風太郎に心を開いており、早い段階で好意も抱いている。 3年への進級後は、風太郎が好みだと言う「料理が上手い女性」を目指し、パン屋でバイトを始める。 中野 四葉(なかの よつば) 声 - 五姉妹の四女。 とウサギ調のリボンが特徴的。 イメージカラーは。 明るく前向きな性格で 、人の役に立つことを好む反面、頼み事を断りきれないお人好しでもある。 非常に無邪気で思考や趣味趣向も子供っぽい。 しかし、自分の本心を明かさなかったり、自分に自信がないなど無邪気なだけではない面もある。 身内以外には丁寧語で話す。 自他ともに認めるほど姉妹の中ではもっとも成績が悪く、風太郎からは「やる気があって頼りになるが一番の問題児」と評される。 未だに小学生のころの下着を着用している。 運動能力が非常に高く、女子バスケ部や陸上部から助っ人を頼まれ本格的な入部を請われるほどの活躍を見せる。 姉妹の中では最初から風太郎に友好的な態度を取り続けて反発したことがないが、辛口な発言もする。 しかし時間を共にしていくことで自分の中で風太郎の存在は大きくなっていき、彼に勉強を教わりたいと想いを抱くようになる。 黒薔薇女子在籍時に落第の懸かった追試で姉妹の中で一人だけ落ちてしまい、現在の学校に転入することとなったため、他の姉妹に罪悪感を抱いていたが、風太郎から四葉にもできることがあり、他の姉妹達の力になれることを教えられてからは自分に自信を持てるようになる。 3年への進級後は清掃のアルバイトを始める。 中野 五月(なかの いつき) 声 - 五姉妹の五女。 若干クセのあるロングヘアーに、頭頂部から生えたと星柄のが特徴的。 イメージカラーは。 真面目だが要領の悪い性格で、勉強もやる気があるがうまくいかない。 誰にでも丁寧語を徹底している。 かなりの食いしん坊であり 、作中でも食事シーンが多い。 大の怖がりでオバケやホラー映画が苦手。 母親の月命日である14日には欠かさず墓参りをしている。 風太郎と高校で最初に出会った姉妹であり、クラスメイトになる。 当初は自分から勉強を教えて欲しいと頼むも断られた挙げ句デリカシーのない一言を言われ、風太郎とは最悪な出会いを引きずり不仲が続いたが、次第に気を許すようになり喧嘩も少なくなっている。 後に、母と同じ教師になる夢を抱くようになる。 男性に対しては潔癖な面がある。 お菓子業界では知る人ぞ知るレビュワー「M・A・Y」としての顔も持っている。 3年への進級後は塾講師の手伝いのアルバイトを始める。 写真の少女(零奈) 本作の。 回想シーンでたびたび登場する。 五姉妹のうちの誰か。 小学生時代の風太郎に京都の修学旅行で出会い、彼が勉強に取り組む契機を作った人物。 当時の写真を、風太郎は生徒手帳に挟んで所持していた。 それ以降1度も会うことはなかったが、後に自信喪失していた風太郎の前に再び現れる。 風太郎に励ましの言葉をかけたが、その真意を語らず別れを告げて姿を消した。 実は京都で出会った写真の少女と零奈は全くの別人である。 未来の花嫁 本作のもう1人のキーパーソン。 風太郎の結婚相手。 五姉妹のうちの誰か。 高校2年生時の林間学校のキャンプファイアーの日から2,000日後、風太郎と結婚式を挙げる。 祖父が経営する旅館に赴いた際、縁結びの鐘を事故とはいえ鳴らしてキスをしている。 アニメでは声は付かず、台詞は字幕になっている。 親族 中野家の父 声 - 五姉妹の。 大病院を営んでいる。 勇也とは学生時代からの付き合いであり、「 マルオ」と呼ばれている。 本編開始の数年前、零奈と再婚した。 常にポーカーフェイスを崩さない現実主義者だが、挑発に乗りやすいなど感情的な面もある。 五姉妹の学業不振を気にかけているものの、多忙を理由にあまり顔を合わせようとしない。 義娘たちには「〜君」付けで呼ぶなど、他人行儀に接している。 中野 零奈(なかの れな) 五姉妹の実母。 本編開始時から5年前に亡くなっている。 は8月14日。 生前はであった。 元々はであり、再婚までは上杉家と変わらぬ極貧生活を強いられていた。 不愛想で生徒に媚びない鉄仮面であったが、その美貌ゆえにファンクラブができるほど人気があった。 五月同様、常に敬語口調で喋る。 おじいちゃん 五姉妹の祖父であり、零奈の父親。 老舗旅館「熊虎」の経営者。 余命幾ばくもない白髪の老人。 姉妹の顔を見極めることができる数少ない人物(本人曰く「愛があればできる」とのこと)。 風太郎と花嫁の結婚式から数年前に亡くなっている。 無堂(むどう) 五姉妹の実父。 白髭を蓄えたスキンヘッドの壮年男性。 零奈と同じく元教師。 零奈のお腹の中にいる子供が五つ子だと分かった途端姿を消し、消息不明になったとされていたが、講師として全国を回りながら五つ子を想っていた。 が、今まで父親としての責任から逃避して来たのが原因で、五姉妹 特に五月 やマルオから罵られ撃退される。 学校関係者 前田(まえだ) 声 - 一花の2学年次のクラスメイトの男子生徒で、人相の悪い目つきと逆立った茶髪が特徴的。 3年次に風太郎や姉妹と同じクラスになる。 同じクラスの一花に気があり、林間学校の際に「手をつないだカップルは結ばれる」という縁結びの伝説があるキャンプファイヤーに誘おうとするが、替え玉として一花に変装していた三玖に声をかけてしまう。 そのフォローに入った風太郎に何かと突っかかっていたが、在学中はそれなりに親交を深めていた。 身重の彼女と共に風太郎の結婚式に出席している。 武田 祐輔(たけだ ゆうすけ) 学園理事長の息子。 風太郎達の同級生で、3年次にクラスメイトになる。 父親は学校の理事長を務めており、母親は医師。 親の教育に縛られ、将来は母と同じく医師を目指すよう言われているが、本人は宇宙飛行士を夢見て努力している。 自らの成績を鼻にかけることはあるが、不正を嫌い正々堂々戦うことを信条としている。 高校のテスト成績は風太郎が1位をキープし続けていたためずっと2位で、在学中ずっと彼をライバル視していたが、他人に関心を持たない彼には長らく存在すら認識されていなかった。 そんな中、3年になって風太郎が成績を落とした原因が五姉妹の面倒を見ていたことであると知り、対等な条件で競うべく、親同士の密約を利用する形で家庭教師交代を賭け全国統一模試の順位を争うことになる。 結果は健闘したものの敗北し、風太郎のことを永遠のライバルとして尊敬にも似た感情で認める。 これ以降は風太郎とはある程度交流を持つようになった。 江場(えば) 陸上部の部長。 浅黒い肌とが特徴的。 思い込みの激しい性格で少々エゴイストな面がある。 助っ人として仮入部した四葉の才能に惚れ込み、彼女を入部させようと期末試験の勉強そっちのけで合宿実施等を画策するが、四葉に変装した二乃に強引な勧誘を咎められる。 その後、流されるままで二乃や風太郎らにまで迷惑をかけたことを反省した四葉が改めて江場と話し合い、大会まで協力という条件で勧誘は諦める。 その他 江端(えばた) 五姉妹の義父に仕える秘書。 白髪の壮年男性。 学校で教師をしていた過去がある。 風太郎を家庭教師として連れ戻そうとする五姉妹の頼みごとを聞き、「阿多部 丸男(あたべ まるお)」という架空の家庭教師として変装した。 下田(しもだ) 五姉妹の母親の元教え子。 月命日の墓参りの際に五月と出会い、そのそっくりさに姉妹の母と見間違えてしまう。 元ヤンであり、口調が荒い。 五月に母親の教師としての顔を話し、自分自身は高2の時に姉妹の母親から薫陶を受け、そのまま教師に憧れ塾講師の道に進んだことを語った。 五月に対して母親に憧れることと教師を目指すことの違いを語った上で進路をよく考えるように諭している。 社長 声 - 一花が所属する芸能プロダクションの代表者。 一花の才能に惚れ込んでおり、一見向いてなさそうな仕事だろうと演じられると信じて取ってくる。 風太郎に対しても興味を持っているらしい。 菊(きく) 社長の一人娘。 ジト目とが特徴的。 妙に大人びた幼稚園児。 横柄な性格で、上から目線の発言が目立つ。 母親の浮気で父親が苦労してきたのを知ってるため、ままごとでは「ママはいらない」と言うが、一方で母親がいないことを寂しく思っていることを風太郎に見抜かれ、子供らしく素直になるよう諭される。 店長 風太郎と二乃のバイト先の店長。 人相は悪いが人当たりが良く、穏やかな人柄。 店を繁盛させるために常に試行錯誤しており、風太郎からは見習いたいハングリー精神と称される程。 中野姉妹に対しても好意的だが、中野姉妹に食べ放題をさせる代わりに風太郎の給料から引くと言うなどのブラックなジョークを言うことがある。 また、ライバル店である向かいのパン屋を「糞パン屋」と呼び、敵視している。 書誌情報 コミックス• 『五等分の花嫁』 〈〉、全14巻• 2017年10月17日第1刷発行(同日発売 )、• 2017年12月15日第1刷発行(同日発売 )、• 2018年 03月16日第1刷発行(同日発売 )、• 2018年 05月17日第1刷発行(同日発売 )、• 2018年 07月17日第1刷発行(同日発売 )、• 2018年 09月14日第1刷発行(同日発売 )、• 2018年12月17日第1刷発行(同日発売 )、• 2019年 02月15日第1刷発行(同日発売 )、• 2019年 04月17日第1刷発行(同日発売 )、• 2019年 06月17日第1刷発行(同日発売 )、• 2019年 09月17日第1刷発行(同日発売 )、• 2019年11月15日第1刷発行(同日発売 )、• 2020年 01月17日第1刷発行(同日発売 )、• 週刊少年マガジン2017年8号に掲載された読み切りを収録。 フルカラー版• 春場ねぎ 『五等分の花嫁 フルカラー版』 講談社〈〉、既刊4巻(2020年7月17日現在)• 2020年4月17日第1刷発行(同日発売 )、• 2020年5月15日第1刷発行(同日発売 )、• 2020年6月17日第1刷発行(同日発売 )、• 2020年7月17日第1刷発行(同日発売 )、 キャラクターブック 各ヒロインのイラストや作者インタビューなどを収録したファンブック。 春場ねぎ、週刊少年マガジン編集部(監修) 『五等分の花嫁 キャラクターブック』 講談社〈KCデラックス〉• 『五等分の花嫁 キャラクターブック 一花』 2019年11月15日第1刷発行(同日発売 )、• 『五等分の花嫁 キャラクターブック ニ乃』 2019年12月17日第1刷発行(同日発売 )、• 『五等分の花嫁 キャラクターブック 三玖』 2020年 01月17日第1刷発行(同日発売 )、• 『五等分の花嫁 キャラクターブック 四葉』 2020年 02月17日第1刷発行(同日発売 )、• 『五等分の花嫁 キャラクターブック 五月』 2020年 03月17日第1刷発行(同日発売 )、 テレビアニメ この節には放送開始前の番組に関する記述があるため、方針に従い 、正確な記述を心がけてください。 ( 2019年5月) 2018年8月8日にテレビアニメ化が発表され 、『』枠ほかにて第1期が2019年1月から3月まで放送された。 その後、同年5月5日に第2期の制作決定が発表された。 当初は2020年10月からの放送が予定されていたが、の感染拡大の影響により放送延期となった。 スタッフ 第1期 第2期 原作 監督 シリーズ構成 大知慶一郎 キャラクターデザイン 中村路之将 美術監督 斉藤雅己 プロップデザイン 荻野美希、川石テツヤ 色彩設計 油谷ゆみ 撮影監督 染谷和正 編集 内田渉 音響監督 音楽 、、櫻井美希 音楽制作 音楽プロデューサー 水田大介、中目孝昭 プロデューサー 田中潤一朗、中村伸一、古川慎、 相島豪太、高野泰博 アニメーションプロデューサー 宇田川純男、大澤宏志 アニメーション制作 製作協力 、、 、、日音 製作 「五等分の花嫁」製作委員会、TBS 主題歌 「五等分の気持ち」 、、、、からなる「中野家の五つ子」による第1期オープニングテーマ。 作詞・作曲・編曲は斉藤信治。 「Sign」 による第1期エンディングテーマ。 作詞は、作曲・編曲は松坂康司。 「ごぶんのいち」 中野家の五つ子による第1期第12話の特別エンディングテーマ。 作詞・作曲・編曲は新田目駿。 各話リスト 話数 サブタイトル シナリオ 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督 第1期 01 五等分の花嫁 大知慶一郎 いわもとやすお• 中村路之将• 氏家章雄• 斉藤圭太• 齊藤格• 大塚八愛• 高野晃久• 2019年4月に本作とのコラボイベントが開催され、中野家五姉妹が登場した。 2019年11月にはコラボ第2弾が開催され、第1弾にはなかったボイスも実装された。 2019年5月に本作とのコラボイベントが開催され、中野家五姉妹が登場した。 2019年12月にはコラボ第2弾 、2020年1月にはコラボ第3弾が開催されている。 2019年9月に本作とのコラボイベントが開催され、中野家五姉妹が登場した。 2020年1月に本作とのコラボイベントが開催され、中野家五姉妹が登場した。 コラボイベントには風太郎も登場する。 2020年2月に本作とのコラボイベントが開催され、中野家五姉妹が登場した。 2020年6月に本作とのコラボイベントが開催され、中野家五姉妹が登場した。 脚注 [] 注釈• ダ・ヴィンチニュース 2017年8月19日. 2018年1月24日時点のよりアーカイブ。 2018年1月24日閲覧。 株式会社ナターシャ 2017年8月9日. 2017年9月11日時点のよりアーカイブ。 2018年1月24日閲覧。 2020年2月19日. 2020年2月19日閲覧。 2017年10月20日. 2018年1月24日時点のよりアーカイブ。 2018年1月24日閲覧。 講談社 2019年5月10日. 2019年5月10日閲覧。 MANTAN 2020年4月17日. 2020年4月17日閲覧。 PONYCANYON NEWS. 2019年1月11日. 2019年1月15日閲覧。 MANTAN 2019年5月5日. 2019年5月10日閲覧。 2019年8月2日. 2019年8月5日閲覧。 川俣綾加 2019年9月17日. インタビュー. 2019年9月18日閲覧。 五等分の花嫁【公式】 [ 5Hanayome] 2020年1月30日. ツイート. より 2020年1月30日閲覧。 株式会社ナターシャ 2018年10月20日. 2018年10月20日閲覧。 TVアニメ「五等分の花嫁」公式ホームページ. TBSテレビ. 2018年10月20日閲覧。 , p. 122. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ 2018年11月25日. 2018年11月25日閲覧。 , p. 26, 第1話 五等分の花嫁. , p. 94, 第2話 お宅訪問. , p. 183, 第5話 問題は山積み. ツイート. より 2019年10月25日閲覧。 02・03 2018年1月8日号』第60巻第2号、、2017年12月13日、 169-170頁。 , pp. 119-120, 第47話 七つのさよなら 9. , p. , p. , 第68話 スクランブルエッグ 8. ツイート. , 第53話 今日はお疲れ 2. , 第38話 リビングルームの告白. TVアニメ「五等分の花嫁」公式ホームページ. 2019年1月11日閲覧。 MANTANWEB. MANTAN 2018年8月8日. 2018年8月8日時点のよりアーカイブ。 2018年8月8日閲覧。 コミックナタリー. 株式会社ナターシャ 2018年9月14日. 2018年9月14日時点のよりアーカイブ。 2018年9月14日閲覧。 コミックナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年5月5日. 2019年5月5日閲覧。 2020年5月7日. 2020年5月7日閲覧。 TVアニメ「五等分の花嫁」公式ホームページ. TBSテレビ. 2018年11月26日閲覧。 TVアニメ「五等分の花嫁」公式ホームページ. TBSテレビ. 2020年4月26日閲覧。 テレビ放送対象地域の出典:• 2009年10月9日. 2018年10月24日閲覧。 告示第六百六十号. 1988年10月1日. 2018年10月24日閲覧。 2018年10月24日閲覧。 アニメ・特撮. TBS CS[TBSチャンネル]. 2018年12月13日閲覧。 2019年3月22日. 2020年1月18日閲覧。 2019年11月5日. 2020年1月18日閲覧。 電撃オンライン 2019年5月15日. 2020年1月14日閲覧。 2019年12月19日. 2020年1月18日閲覧。 2019年12月30日. 2020年1月18日閲覧。 2019年9月13日. 2020年6月28日閲覧。 2020年1月10日. 2020年1月18日閲覧。 2020年2月14日. 2020年6月28日閲覧。 講談社コミックプラス 以下の出典は『』(講談社)内のページ。 書誌情報の発売日の出典としている。 2018年5月19日閲覧。 2018年5月19日閲覧。 2018年5月19日閲覧。 2018年5月19日閲覧。 2018年7月17日閲覧。 2018年9月14日閲覧。 2018年12月17日閲覧。 2019年2月15日閲覧。 2019年4月17日閲覧。 2019年6月17日閲覧。 2019年9月17日閲覧。 2019年11月15日閲覧。 2020年1月20日閲覧。 2020年4月17日閲覧。 2020年4月17日閲覧。 2020年4月17日閲覧。 2020年5月15日閲覧。 2020年6月17日閲覧。 引用エラー: 無効な タグです。 「 カラー4」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません• 2019年11月15日閲覧。 2020年1月22日閲覧。 2020年1月22日閲覧。 2020年2月17日閲覧。 2020年3月17日閲覧。 2020年4月17日閲覧。 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - マガジンポケット• 5hanayome -•

次の