アリー コーヒー。 大宮の人気自家焙煎コーヒー店「ALLEY COFFEE(アリーコーヒー)」が3周年&2号店オープン!

ALLEY COFFEE(アリーコーヒー)

アリー コーヒー

ocnk. 私は金沢市の知人の家に出かける際にこの店に誘われ、コーヒーをごちそうしてもらいましたが自家焙煎のため本格的な味わいを堪能できて良かったです。 店内は外観のログハウス風の雰囲気とは裏腹に今風の雰囲気ですが、テーブルが置かれたイートインスペースからは外の景色を眺めることができました。 店内はショーケースに様々な産地のコーヒー豆が並び内容を見ると興味深いもので、生豆の状態から焙煎するためできたての味を堪能できます。 アリーカフェはサイトでコーヒー豆の販売をするため内容を確かめると興味深く、生産者にもこだわりを持って選ぶため好みに合わせて選べることが特徴です。 アリーカフェのメニューはシンプルイズベストといわんばかりに少ない種類で勝負し、珈琲専門店としてのプライドを感じるものですよね。 メニューは本日のブレンドやシングルオリジンなどがありエスプレッソ、カプチーノ、アイスコーヒー、アイスカフェラテのドリンクと、デザートとしてアフォガードがあるだけで意外と迷わずに選べます。 注文したメニューは秋限定メニューのはちみつラテでしたが、コーヒーとミルクの味わいを楽しめて良かったです。 金沢は京都についでコーヒーの消費量が多い地域柄もあり専門店の競争が激しいですが、この店はログハウス風の外観と多くの種類のコーヒー豆を販売して勝負しています。 店内の入口付近にある木でできた棚にはミルやポットなど多くのコーヒー器具が並べられ、まさしく専門店という雰囲気を感じたものです。 アリーカフェの店名の由来はオーナーさんの名前から来ているようで、店の形が三角のログハウス風のため周囲から目立ちやすいです。 店内は広くないものの焙煎機が置かれるなど自家焙煎にこだわり、テイクアウトを中心に販売するためリピーターが多くて盛り上がっていました。 デザートはアフォガードがあるだけでしたが今回は注文せずにコーヒーだけ注文しましたが、意外と温かい時期だったため期間限定のはちみつラテを選んで良かったです。 店は金沢市街から離れた閑静な住宅街の近くにありますが意外と利用者が多く、周辺の住民にも愛されているため定着しています。 アリーカフェは価格自体は珈琲専門店の中でも並程度ですが、自家焙煎のため本格的な味わいを堪能できます。 コーヒーはポットで抽出する方法で意外とありふれていますが、本格的な味わいを楽しめるためにリピーターが多いものです。 この店はハンディドリップでコーヒーを淹れますがテクニックが必要で、近くで見るとやはり真似ができないと感じました。 コーヒーをおいしく味わうためにはプロのやり方を研究すると興味深いもので、コーヒー豆を買って自宅で試してみると良さそうですよね。 はちみつラテのコーヒー豆はコロンビア産でしたが甘い後味が特徴で、苦味とマッチするために他の店では味わえないと感動しました。 ログハウス風の珈琲専門店は比較的多いですが、アリーカフェは閑静な住宅街の近くにあるため周辺の住民に親しまれているような感じがしたものです。 コーヒーはやはり雰囲気を味わいながら飲むと良いもので、オーナーさんがちょうどいたために話を聞けて勉強になりました。 コーヒー豆のショーケースは種類ごとに仕分けられ説明書きなども分かりやすく、選ぶために参考になるため専門店としての意識の強さを実感したものです。 金沢でログハウス風の珈琲専門店といえばアリーカフェで、ゆったりとした雰囲気の中で本格的なコーヒーを味わいたい方に向いていると思います。 スペシャルティコーヒーに触れてコーヒーにのめり込むようになり10年目。 自己紹介がわりに、コーヒーについての思いを書いていきたい。 コーヒーって不思議だ。 世界でもっとも飲まれている飲み物だ。 コーヒーの周りには、文化が各国で生まれている。 コーヒーは、生活のあらゆる場所で顔を出す。 僕は朝一杯のコーヒーから一日が始まる。 勉強や仕事に集中したい時、僕のそばには一杯のコーヒーがある。 夜、ゆっくりとリラックスしたい時のカフェラテがあるとしっくりくる。 コーヒーの周りには人々の生活があって思いがある。 このブログがコーヒーを通じて読んでくれた皆様の生活に彩りを与えられたらいいなと思いながらこのブログ管理人をやってます。

次の

コーヒー豆|おすすめ|G'DAY COFFEE ROASTERY|エチオピア コチャレ アリーシャ 浅煎り

アリー コーヒー

ハワイの不動産会社では、売買だけを行い売買が得意な「売買会社」、管理が強い「管理会社」、運用が得意な「運用会社」、清掃は「清掃会社」。 リフォームは「リフォーム、建築業者」。 そして「コンシェルジュ」の会社と分かれているのが一般的です。 住居 迎賓館 別荘 運用・投資 内容 1年中ずっと住む。 困ったとき助けて欲しい。 更にアクティビティが欲しい。 家族や友人などの大切な人を招く。 常に最高の状態を保つだけでなくゲスト対応を行う。 1年のうち3ヶ月〜半年くらい住む。 あとは貸し出す。 もしくは管理して欲しい。 1年のうち1ヶ月程度住む、あとは貸し出して運用して欲しい。 管理部門が部屋のメンテナンスや補修など行い、清掃部門が清掃や部屋の状態をチェックします。 自社で清掃部門を持つことにより、お客様やホテルのように貸し出している方からのご依頼も、迅速に対応できます。 ホテル運用では、口コミの内容がをその場で反映できる仕組みを構築。 また常にレスポンスの早さを意識し、24時間体制でゲストのカスタマーサポートを実施しています。 運用物件では、コーディネートやリノベーションを行い、ニーズのある人気の部屋にします。 オーナーの好みも取り入れ、その上で世界中の観光客にとって最適なお部屋を作り上げます。 宿泊客、オーナーの意識の持ち方は違いますが、「心地よい空間を保つ」という事は一貫しています。 リノベーション事例 No. 01 コロニーサーフ ハワイの隠れ家。 ダイヤモンドヘッドからパワーをもらうお部屋。 オーナー様は償却、キャピタル、ドルでの資産分散目的に購入。 海とダイヤモンドヘッドの景色は今も変わらない。 部屋を見た時にこれは改装すれば化けると感じ購入して頂きました。 当初貸すつもりはありませんでしたが、ご自身とお客様がたまに利用するというのでフルリノベーションを実施。 すぐに運用稼働率80%を超えました。 オーナー様は一度滞在されただけですが、またここに戻る事を生きがいに仕事をされているそうです。 当初(3年前)1億8千万円で購入されたお部屋は今のマーケットだと2億8千万円ほどの価値となる予想。 オーナー様がリノベーターであるローカルアーティストにおおまかなコンセプトを伝え信頼した事が成功の要因。 アーティストの力を100%以上発揮できた作品です。 リノベーション事例 No. 02 ワイキキショア 大切なサーフボードをお部屋に保管出来るサーフラックを併設。 夜も海を感じられるお部屋。 当初、2階という低層が理由で半年以上売れていなかったお部屋を、1億円以下でお客さまが購入し改装しました。 もちろんオーシャンビューである事、2階の天井が高い事、将来1階部分の大規模な改装が入り、オシャレなビーチスタイルレストランなどができる可能性がある事、などから改装すれば資産価値を上げられると判断し、改装の案も含めてオーナー様にご提案。 物件はまったく見ずにご購入されました。 海まで歩いて30秒、2階という低層であることを生かし、大切なサーフボードをお部屋に保管できるサーフラックを併設。 夜も海を感じられるお部屋。 現在マーケットに出すと2年前と違いこのクオリティなら1億5,000万円前後価値になっているはずです。 癒やしの空間としてオーナー様ご家族、社員、そして世界中の方々に利用(稼働率90%)していただいております。 オーナー様が所有している一般住宅にて、ホテルのような短期に賃貸を行い短期賃貸や長期貸出をおこなうサービスで、欧米では古くから行われています。 民泊、エアビーという言葉が日本ではやっていますが、ほぼ同じ意味合いです。 キッチン、駐車場などが付いていて。 部屋もホテルより広めで旅慣れた方向け。 長期で快適に宿泊したい方向けのスタイルとなります。 アメリカの富裕層の間には、自分たちの普段のライフスタイルをそのまま旅先でも味わいたいという方が多いので、ホテルよりも高級コンドミニアム、戸建の方が人気があります。 これをアメリカではバケーションレンタルといいます。 ハワイの条例、各コンドミニアムのハウスルールを守り、税金を納める事でバケーションレンタルを法律に添って提供することが可能です。 近年バケーションレンタルのマーケットが増加。 供給も増えつつあり、短期賃貸は運用コストも長期賃貸をおこなうより上がりますが、需要も増えており、一般的には長期賃貸より利回りが上がります。 そして、オーナーが利用したい時に利用する事もでき、空室リスクも長期賃貸のように0か100という稼働と比べるとヘッジ可能です。 ハワイの経済にとっても欠かせないバケーションレンタル。 これらの税収はハワイ現地の公共事業などに充てられています。 地元にも貢献しながら自分の好きな時に自分だけの別荘を利用する。 そしてハワイだと資産価値が保てるのです。 短期賃貸とは1ヶ月未満の賃貸のことを指します。 長期賃貸とちがってハワイの法律により物件ごとに短期賃貸を許可している物件と禁止している物件があります。 そのため、1カ月以上であれば賃貸を行える物件と、2〜3日もでも賃貸ができる物件がエリアや物件によって異なります。 物件を購入する前に確認する事が大事です。 アリーハウスは、これまでご希望の期間をホテル運用する場合の1年間の平均稼働率が85%以上。 しかもストレスフリーで全ておまかせいただけます。 自分たちで利用したい期間を担当コンシェルジュに伝えるだけです。 それ以外の日程で短期賃貸を行います。 購入する物件が決まったら、もしもの場合に備えて、その不動産会社の物件管理1年間の平均賃貸稼働率とその物件の賃貸稼働率を聞いておきましょう。 資産価値も把握しやすくなります。 ホテル運用=短期賃貸は、数ある物件の中で差別化ができたとしても、やはり価格で選ぶ方も多いのが現状です。 価格設定もとても重要です。 アリーハウスでは宿泊価格の設定に関しては、AIを利用した自動価格変動システムを導入しています。 このシステムで最大40%のバケーションレンタル収入アップが望め、これまで18%の収益アップに成功しています。 たとえばこれまで年末は基準価格140ドルの1. 6倍(224ドル)で価格設定していましたが、このシステムだと413ドルが適正と出てきます。 413ドルの宿泊費の内訳として、基準価格140ドル。 ハイシーズン設定14ドル、イベント(年末)245ドル、週末価格14ドルとなっています。 欧米から宿泊されたお客さまにアイデアをいただき、お部屋に反映します。 また日本人であるからこそできる、きめ細かなアイデアをお部屋に反映し、欧米の方に伝えます。 自分たちのライフスタイルを宿泊先でも味わいたい、部屋で仕事をしながらハワイ旅行を楽しむ欧米の富裕層、部屋でもハワイの自然を感じられるように、自然と部屋がシンクロした部屋を提供し、部屋に長くいても癒やされる空間を提供しています。 わたしたちが導入した日本ならではのドリップコーヒーも好評を得ています。 今ではローカルコーヒー会社も、お土産屋さんにドリップコーヒーを置きだしています。 また使い捨てのスリッパも置いています。 靴を脱ぐ文化のない方にも好評です。 ハワイを拠点に日本だけでなく、シリコンバレー、ニューヨーク、ヨーロッパ、アジアのオーナー同士のビジネス視察、不動産見学、ゴルフツアーなども行います。 ハワイに常に集まるオーナーからの情報を元に、各地のオーナーを訪ねて不動産、ビジネスを視察、ゴルフ、サーフィンなどしながら楽しみ、新たなビジネスモデル、ライフスタイルを皆さんと探し、提供していければと思います。 ハワイで各業界で世界をまたに活躍する経営者人たちの紹介、毎月各業種の経営者が集まる情報交換会に参加頂く事も可能です。 またハワイ、世界での新規事業展開アドバイスが可能です。 日本で働く方の幸せレベルを上げる為、ハワイで休暇中にワーケションが可能な不動産を作る事、また提供する事、また様々な研修を受けるなどという事も可能です。 また世界中にある経営者の情報交換会への参加頂く事が可能となります。 ハワイを訪問するオーナー様に立ち寄っていただきやすく、またワイキキの管理物件などにはすぐに駆けつけられる場所となっています。 東京は銀座six、大阪は福島区と、今最先端を行くアクセスに便利なロケーションにオフィスがあります。 管理の専門家が2カ月に一度、東京・大阪・名古屋を訪問し、直接会ってしかできないお話をいたします。 オーナー様同士の情報交換会、ゴルフに懇親会も開催しており、個別の相談会などはテレビ会議などを通じていつでも、どこでも行います。 管理も、ハワイで楽しむ事も、またハワイで購入されたオーナー様と実際に日本、ハワイでお会いしてさまざまな情報交換ができるのはアリーハウスだけです。

次の

【楽天市場】アリーおすすめコーヒー豆:アリーカフェ

アリー コーヒー

香に特化すれば、今季入荷のイルガチャフェモカの中でも最も安定して高い香りを出す珈琲です。 カッピング ・・・ 香は甘いエキゾチックワイニー感のある如何にものモカ香。 今季ロットは、香が出難いモカが多い中やはり アリーチャは安定してモカ香を出してくれます。 風味も香り同様にワイニー感がある存分にモカを楽しませてくれる。 強さがある分、風味に雑な部分も少々感じてしまうがそこは致し方ない副作用。 始終エキゾチックで複雑な香りと風味を楽しめる正統派のナチュラルモカ です。 焙煎・・・ 繊細な処も多少はありますが基本的に聞き分けの良いモカ です。 焙煎は、 軽めのハイがベスト。 軽めに焙煎しても十分な強さが出ます。 焙煎後は、日々風味が大きく変化しますが、必ずベストポイントに出会えます。 ハイ程度に焙煎して10日以上経過すると、びっくりする位美味しくなる瞬間にも出会えます。

次の