ごち うさ sing for you。 いよいよ明日発売! 新作OVA「ご注文はうさぎですか?? ~Sing For You~」から、キャストインタビューを公開!

「ご注文はうさぎですか?? ~Sing For You~」公式サイト

ごち うさ sing for you

こんばんは。 ついに100記事目です。 いゆです。 今日はタイトルの通り、 ごちうさOVA~Sing For You~の先行上映イベントがあり、私はユナイテッドシネマ水戸での ライブビューイングに行ってきました。 今回はそのミニレポを、OVAの ネタバレは無しで書いていきたいと思います。 会場では応援グッズの販売が行われていました。 Tシャツのイラスト、その他のグッズは劇中に出てきます。 入場前にこの団扇を買いました。 上映中は胸の前で掲げてました。 開演20分前に開場。 ちょっと早めでしたね。 ウェルカムボードがありました。 テンション上がっちゃうやつですね。 来場者特典は チノの母親サキのレコードジャケットの縮刷版です。 こちら、 OVAの特典CDの着せ替えジャケットとして使用できるとのこと!なかなか粋なことをします。 ここからは写真ありませんが、先行上映イベント内容を。 19:00~ OVA上映開始 劇場版ではないので尺はテレビシリーズ1羽分くらいですが(多分)、そのぶんテンポが良いですね。 内容については流石に語れません。 早く発売日になってほしいです。 19:30~ キャストトークショー 時計を見たわけではないので、時間は感覚です。 メインキャスト全員によるトークイベントでした。 ごちうさのトークイベントって、こんな感じなんだなあと。 また、トークショーの終わりにいくつか告知がありました。 特典CDのトラックリストや、OVA発売日当日夜9時~のAbemaTVでの特番放送など。 【歌姫爆誕!? 【開催情報】 昨年大好評となった謎解きイベント、「ご注文は謎解きですか??」がパワーアップして帰ってきます!! お楽しみに!! 昨年同様、渋谷とかでやるんでしょうかね? 謎のおかわり、できました。 というコピーで目頭が熱いので疲れてるかもしれません。 20:30 終演 各会場3人に当選するTシャツは残念ながら当選しませんでした。 アルファベットが一つずれていたら当選したんですけどね。 それで、やっぱりTシャツ欲しい!となって買っちゃいました。 サイズフリーですが、身長174㎝、体重90㎏の私でも全然きつくないので、たいていの方は着れると思います。 歌の尺は少し短めでしたが、頑張るチノちゃんと応援するみんなの姿が尊いのなんの。 発売日がますます楽しみになるイベントでした! それでは アデウ.

次の

【CD】ごちうさDJブレンド2/ご注文はうさぎですか??キャラクターソングメドレー

ごち うさ sing for you

「ご注文はうさぎですか?」は、Koiさんによる4コママンガ(「まんがタイムきららMAX」連載中)。 進学にともない、ウサギのいる喫茶店「ラビットハウス」に下宿することになった女子高生・ココアや、「ラビットハウス」の一人娘・チノたちの日常が描かれる。 2014年4月にTVアニメ第1期となる「ご注文はうさぎですか?」、2015年10月には第2期となる「ご注文はうさぎですか?? 」が放送された。 さらに、2016年5月には、新作スペシャルエピソードとなるアニメ映画「ご注文はうさぎですか?? ~Dear My Sister~」の制作を発表。 2017年11月に公開された。 2019年に新作OVAの発売と、2020年にTVシリーズ第3期の制作が決定している。 みんなと仲良くなって、見るたびにコミュ力が上っていくココアに、ついていくのがやっとでした(笑)。 アフレコ自体は2年ぶりになるんですけど、それを感じない現場でした。 高校生組はラジオもあったり、キャラクターソングのレコーディングもずっと続いていたので、結構な頻度で作品と関わる機会はあったんです。 それもあって、やっていても久しぶりだとは思わなかったのかもしれません。 なんだか一昨日も一緒にアフレコをしていたかのような雰囲気で、キャストもスタッフも楽しく収録ができました。 みんな独特な応援の仕方をしているので、感情移入できるんじゃないかなぁと思います。 やっぱりアフレコ現場でもおふたりの声を聞くと、一瞬にして空気が変わるんですよ。 それでも「ごちうさ」の雰囲気に馴染むお父さんたちって、とっても素敵だと思います。 映像自体、ちょっと久しぶりになりますが、きっとみなさんが期待する、帰ってこられる「ごちうさ」になっていると思います。 なので安心して帰ってきてください! これから 3 期に続いていきますが、そちらもよろしくお願いします。 Anime Japan のときに、OVA が原作にもある音楽会のシーンになると聞いたんです。 キャラクターたちそれぞれの個性を出しながら、いろんな歌を描いていく物語と聞いて、楽しみになりました。 これまでキャラクターソングはたくさん歌ってきたけど、歌と本編って交わることってあまりなかったので新鮮でした。 アフレコはいつも通りのアフレコだったんですけど、もう最初の収録から 5 年くらい経っているんです。 その間に私、水瀬いのりのコミュ力が上ってしまった結果、テストでそれが出てしまったんです…。 それが嬉しくもあり、スミマセンって感じでもあるという。 知らないうちに私も明るくなっちゃったんだなぁって思いました(笑)。 音楽にチノがなぜここまで触れてきたのかとかもわかると思います。 そこではチノのお母さんも出てくるので、期待していただければと思います。 それとティッピーですね。 とあるシーンで、チノ以外の人の頭の上に乗っているカットがあって、何だかすごく寂しい気持ちになってしまったんです。 そこの懐き具合が、嬉しさもあり、おじいちゃん!っていう気持ちにもなりました。 しあわせが詰まったフィルムになったと思います。 「ごちうさ」の真髄って、優しくて泣ける部分にあると思っていて、前回の Dear My Sister も姉妹の絆を描いていましたけど、今回も人とのつながりや家族のつながりを丁寧に描いていたので、ぜひ何度も見ていただきたいし、来たる3期に向けて、これをぴょんと飛び越えてほしいです。 今回は教官としてチノを鍛えるシーンが多かったので、1 期のときの訓練(第 5 羽)を思い出して、なんだか初心に帰るような、懐かしい気持ちになりました。 リゼは今回はサポート側というか、お姉さん感を出しつつ、保護者みたいな感じだったので演じていて楽しかったです。 アフレコもにぎやかで、ブースでスタッフさんと話しているとき、スタッフさんが「外にいてもうるさいなぁ」と言っていて思わず笑ってしまいました。 そのときロビーでは、チマメとココアの 4 人がいたんですけど、そこでも茶番みたいなことを繰り広げていました。 しかもメインキャラクターだけではなく、このキャラクターも歌うんだ!っていうシーンもあって、そこは私もグッと来てしまったので、チノちゃん好きのみなさんは涙が出ると思います。 リゼの特訓っぽい、軍隊っぽい掛け声が好きな方もいると思うので、そこはぜひ楽しんでいただけると嬉しいです。 長くいろんな方に愛されていますし、キャストもこの作品でなければ集まれないメンバーが揃っています。 大ベテランの先輩方もいらっしゃったり、いろんな年齢のキャラクターがいて、とってもファミリー感が強い作品なので、かわいさだけでなく、家族の温かさみたいなものも「Sing ForYou」で感じてください。 家で OVA を見るときは、一緒に歌いながら見てくれたりしたら楽しいかもしれませんよ。 Dear My Sister から 2 年も経ってるんですけど、その間もイベントや、歌も歌わせていただいていたので、すごく久々という感じはせず、どちらかというと「あっ、いつもの感じだな」という感じで、意識せずに千夜を演じられたことに自分でもびっくりしました。 アフレコも和気あいあいとしていました。 ココアちゃんのお父さんが、ちょうど原作に出てきていて、声優は誰がやるんだろうねぇみたいな話をキャスト同士でしているのを聞きながら、そうやって未来を思い描くことができるのが嬉しいなと、ほっこりしました。 個人的には、第 1 回カラオケ大会 in 甘兎庵のシーンですね。 めちゃめちゃ号泣しているんですよ。 ラジオをしているとき、本当に幅広い年齢層の方からメールが届いていたんです。 あらためて「ごちうさ」という作品がたくさんの人に愛されているんだなと感じたんですけど、たくさんのみなさんが、家族と、そしてお友達とこのかわいい世界の OVA を見て、みんなで一緒に心ぴょんぴょんさせて、3 期までワクワクしながら待っていただければと思います。 この作品はツッコミ役が少ないので、相変わらずの立ち位置に安心しつつ、出てくるシーン出てくるシーンで声を張っていたので、これぞシャロだな!と。 25 分という短い尺ではありますけど、それぞれのキャラクターらしさが詰まっている作品だなぁと思いました。 青山さんが一方的に目を向けてくれているシーンが結構あって、そういえば一緒にキャラソンを歌ったなぁなんて(「夢見FLAVOR」)思い出したりしてました。 OP とか ED ではキャラクターが歌っていますけど、本編でキャラクターが歌ったり踊ったりするシーンってあまりなかったと思うので、見てみたいです。 わりとちゃんと歌が流れますし、シャロ オン ステージもあるので(笑)。 振り回され隊と振り回し隊が出てくるんですけど、チノちゃんはどっちにしろ振り回されている気がして、かわいかったです。 とっても久しぶりのアフレコだったんですけど、その間もキャラクターソングがリリースされたり、マヤちゃんを演じる機会はあったので、久しぶりな感じはしませんでした。 アフレコも、始まってしまえば、いつもの「ごちうさ」の世界だなって安心するし、温かい気持ちになるんです。 それがかわいかったし、これはどんな人も取り入れられるなと思って、伸びしろを感じました(笑)。 あとは歌がすごくたくさん出てくるので、歌のシーンはどこも見どころだと思います。 アフレコの収録時は仮歌が入っていたんですけど、それでもかなり涙腺に来たので、完成したらガッツリ泣いてしまうんじゃないかなと思ってます。 これまでタカヒロさんって見守り系な感じでしたけど、ストレートにチノちゃんを励ます言葉を伝えていたのが印象的で、素敵な家族だなぁって思いました。 久しぶりに「ごちうさ」のかわいいみんなに会えたことがすごく嬉しいです。 私自身、チノちゃんを応援するお姉さんの一人としても見られたので、ぜひみなさんも、チノちゃんを応援するような気持ちで見てもらえたらと思います。 歌もたくさんあってにぎやかではあるんですけど、にぎやかで楽しくて笑えるだけではなくて、胸にグッと来るシーンもあったので、家族とか、いろんな人と一緒に見てほしいです。 Dear My Sister から 2 年と聞いてびっくりしました! そんなに経ってたんか!と。 でも雰囲気としては何も変わらない、いい意味でいつも通りの「ごちうさ」で、そこに「ごちうさ」があった!という感じだったので、アフレコも楽しかったです。 メグを演じることは、いろいろな収録があったからかもしれないですけど、久しぶりという気がしなくて…。 そこにも「ごちうさ」のすごさはあるなと思いました。 アフレコ段階では、最終的にどうなるかはわからなかったんですけど、現状ですでにかわいかったので、完成したらどうなってしまうんだろうと、ワクワクしてます。 チノちゃんのお母さんが歌っているシーンの横で、お父さんズのふたりがいるんですけど、そこです! そのシーンはおそらくみなさんハッと驚くのではないかと思っているのでおすすめです! やっぱりおふたりが出てくると世界観がガラッと変わるので、いいんですよね。 内容的には原作のお話にもあるものなので、原作からずっと応援してくれている方からしたら、本当に待っていましたという感じだと思うので、お待たせ~という感じです。 あらためて、いろんな絆があると思いました。 アフレコは楽しかったです。 青山さんをやっていると気持ちがウキウキ、いや、心がぴょんぴょんしますし、青山さんってブレないから楽しいんです。 みんなの声も聞けて、より一層、帰ってきたな!という感じがしました。 そこはリアクションみたいなものを入れていたりして、青山さんらしさが表れていると思うので見てほしいです。 あとは全体的に音楽シーンですかね。 今回は音楽がテーマなので、見てても、またちょっと違う「ごちうさ」の楽しみ方ができるなと思います。 キャラソンと歌が融合しているところって、これまであまりなかったと思うので。 収録のときに真礼さんと、「ごちうさ」がスタートしたのって何年前だっけ?という話をしたんです。 多分もう 5~6 年経ってるんですよ。 それが感慨深いなぁっていう話をずっとしていて、あらためてそんなに長く続いている作品に関わることができてしあわせだなと思いました。 それに「ごちうさ」のファンの方って、熱いし温かいんです。 いい温度感でこの作品とともに歩んでくださっていると思うので、感謝の気持ちでいっぱいです。 今回「Sing For You」というタイトルが付いていますけど、みなさんへの For You の気持ちが大きいです。 3 期もこのあとありますので、ぜひこれからも「ごちうさ」をよろしくお願いします。 <オリジナル特典> ・あにばーさる: Koi先生版権 B3クリアポスター ・Amazon. 「しんがーそんぐぱやぽやメロディー」歌:Petit Rabbit's with beans 02. 種田梨沙)&マヤ(CV. 徳井青空 )&メグ(CV. 村川梨衣) 03. 「しんがーそんぐぱやぽやメロディー ~ココア Ver. 「しんがーそんぐぱやぽやメロディー ~チノ Ver. ~」 05. 「しんがーそんぐぱやぽやメロディー ~リゼ Ver. ~」 06. 「しんがーそんぐぱやぽやメロディー ~千夜 Ver. ~」 07. 「しんがーそんぐぱやぽやメロディー ~シャロ Ver. ~」 08. 「しんがーそんぐぱやぽやメロディー ~マヤ Ver. ~」 09. 「しんがーそんぐぱやぽやメロディー ~メグ Ver. ~」 10. 「しんがーそんぐぱやぽやメロディー」(Instrumental) 11. 続報は今後公式HPや公式Twitterにて。 C Koi・芳文社/ご注文は製作委員会ですか?? 画像一覧•

次の

【歌姫爆誕】ご注文はうさぎですか??~Sing For You~先行上映イベントです!!

ごち うさ sing for you

「ご注文はうさぎですか?」は、Koiさんによる4コママンガ(「まんがタイムきららMAX」連載中)。 進学にともない、ウサギのいる喫茶店「ラビットハウス」に下宿することになった女子高生・ココアや、「ラビットハウス」の一人娘・チノたちの日常が描かれる。 2014年4月にTVアニメ第1期となる「ご注文はうさぎですか?」、2015年10月には第2期となる「ご注文はうさぎですか?? 」が放送された。 さらに、2016年5月には、新作スペシャルエピソードとなるアニメ映画「ご注文はうさぎですか?? ~Dear My Sister~」の制作を発表。 2017年11月に公開された。 2019年に新作OVAの発売と、2020年にTVシリーズ第3期の制作が決定している。 みんなと仲良くなって、見るたびにコミュ力が上っていくココアに、ついていくのがやっとでした(笑)。 アフレコ自体は2年ぶりになるんですけど、それを感じない現場でした。 高校生組はラジオもあったり、キャラクターソングのレコーディングもずっと続いていたので、結構な頻度で作品と関わる機会はあったんです。 それもあって、やっていても久しぶりだとは思わなかったのかもしれません。 なんだか一昨日も一緒にアフレコをしていたかのような雰囲気で、キャストもスタッフも楽しく収録ができました。 みんな独特な応援の仕方をしているので、感情移入できるんじゃないかなぁと思います。 やっぱりアフレコ現場でもおふたりの声を聞くと、一瞬にして空気が変わるんですよ。 それでも「ごちうさ」の雰囲気に馴染むお父さんたちって、とっても素敵だと思います。 映像自体、ちょっと久しぶりになりますが、きっとみなさんが期待する、帰ってこられる「ごちうさ」になっていると思います。 なので安心して帰ってきてください! これから 3 期に続いていきますが、そちらもよろしくお願いします。 Anime Japan のときに、OVA が原作にもある音楽会のシーンになると聞いたんです。 キャラクターたちそれぞれの個性を出しながら、いろんな歌を描いていく物語と聞いて、楽しみになりました。 これまでキャラクターソングはたくさん歌ってきたけど、歌と本編って交わることってあまりなかったので新鮮でした。 アフレコはいつも通りのアフレコだったんですけど、もう最初の収録から 5 年くらい経っているんです。 その間に私、水瀬いのりのコミュ力が上ってしまった結果、テストでそれが出てしまったんです…。 それが嬉しくもあり、スミマセンって感じでもあるという。 知らないうちに私も明るくなっちゃったんだなぁって思いました(笑)。 音楽にチノがなぜここまで触れてきたのかとかもわかると思います。 そこではチノのお母さんも出てくるので、期待していただければと思います。 それとティッピーですね。 とあるシーンで、チノ以外の人の頭の上に乗っているカットがあって、何だかすごく寂しい気持ちになってしまったんです。 そこの懐き具合が、嬉しさもあり、おじいちゃん!っていう気持ちにもなりました。 しあわせが詰まったフィルムになったと思います。 「ごちうさ」の真髄って、優しくて泣ける部分にあると思っていて、前回の Dear My Sister も姉妹の絆を描いていましたけど、今回も人とのつながりや家族のつながりを丁寧に描いていたので、ぜひ何度も見ていただきたいし、来たる3期に向けて、これをぴょんと飛び越えてほしいです。 今回は教官としてチノを鍛えるシーンが多かったので、1 期のときの訓練(第 5 羽)を思い出して、なんだか初心に帰るような、懐かしい気持ちになりました。 リゼは今回はサポート側というか、お姉さん感を出しつつ、保護者みたいな感じだったので演じていて楽しかったです。 アフレコもにぎやかで、ブースでスタッフさんと話しているとき、スタッフさんが「外にいてもうるさいなぁ」と言っていて思わず笑ってしまいました。 そのときロビーでは、チマメとココアの 4 人がいたんですけど、そこでも茶番みたいなことを繰り広げていました。 しかもメインキャラクターだけではなく、このキャラクターも歌うんだ!っていうシーンもあって、そこは私もグッと来てしまったので、チノちゃん好きのみなさんは涙が出ると思います。 リゼの特訓っぽい、軍隊っぽい掛け声が好きな方もいると思うので、そこはぜひ楽しんでいただけると嬉しいです。 長くいろんな方に愛されていますし、キャストもこの作品でなければ集まれないメンバーが揃っています。 大ベテランの先輩方もいらっしゃったり、いろんな年齢のキャラクターがいて、とってもファミリー感が強い作品なので、かわいさだけでなく、家族の温かさみたいなものも「Sing ForYou」で感じてください。 家で OVA を見るときは、一緒に歌いながら見てくれたりしたら楽しいかもしれませんよ。 Dear My Sister から 2 年も経ってるんですけど、その間もイベントや、歌も歌わせていただいていたので、すごく久々という感じはせず、どちらかというと「あっ、いつもの感じだな」という感じで、意識せずに千夜を演じられたことに自分でもびっくりしました。 アフレコも和気あいあいとしていました。 ココアちゃんのお父さんが、ちょうど原作に出てきていて、声優は誰がやるんだろうねぇみたいな話をキャスト同士でしているのを聞きながら、そうやって未来を思い描くことができるのが嬉しいなと、ほっこりしました。 個人的には、第 1 回カラオケ大会 in 甘兎庵のシーンですね。 めちゃめちゃ号泣しているんですよ。 ラジオをしているとき、本当に幅広い年齢層の方からメールが届いていたんです。 あらためて「ごちうさ」という作品がたくさんの人に愛されているんだなと感じたんですけど、たくさんのみなさんが、家族と、そしてお友達とこのかわいい世界の OVA を見て、みんなで一緒に心ぴょんぴょんさせて、3 期までワクワクしながら待っていただければと思います。 この作品はツッコミ役が少ないので、相変わらずの立ち位置に安心しつつ、出てくるシーン出てくるシーンで声を張っていたので、これぞシャロだな!と。 25 分という短い尺ではありますけど、それぞれのキャラクターらしさが詰まっている作品だなぁと思いました。 青山さんが一方的に目を向けてくれているシーンが結構あって、そういえば一緒にキャラソンを歌ったなぁなんて(「夢見FLAVOR」)思い出したりしてました。 OP とか ED ではキャラクターが歌っていますけど、本編でキャラクターが歌ったり踊ったりするシーンってあまりなかったと思うので、見てみたいです。 わりとちゃんと歌が流れますし、シャロ オン ステージもあるので(笑)。 振り回され隊と振り回し隊が出てくるんですけど、チノちゃんはどっちにしろ振り回されている気がして、かわいかったです。 とっても久しぶりのアフレコだったんですけど、その間もキャラクターソングがリリースされたり、マヤちゃんを演じる機会はあったので、久しぶりな感じはしませんでした。 アフレコも、始まってしまえば、いつもの「ごちうさ」の世界だなって安心するし、温かい気持ちになるんです。 それがかわいかったし、これはどんな人も取り入れられるなと思って、伸びしろを感じました(笑)。 あとは歌がすごくたくさん出てくるので、歌のシーンはどこも見どころだと思います。 アフレコの収録時は仮歌が入っていたんですけど、それでもかなり涙腺に来たので、完成したらガッツリ泣いてしまうんじゃないかなと思ってます。 これまでタカヒロさんって見守り系な感じでしたけど、ストレートにチノちゃんを励ます言葉を伝えていたのが印象的で、素敵な家族だなぁって思いました。 久しぶりに「ごちうさ」のかわいいみんなに会えたことがすごく嬉しいです。 私自身、チノちゃんを応援するお姉さんの一人としても見られたので、ぜひみなさんも、チノちゃんを応援するような気持ちで見てもらえたらと思います。 歌もたくさんあってにぎやかではあるんですけど、にぎやかで楽しくて笑えるだけではなくて、胸にグッと来るシーンもあったので、家族とか、いろんな人と一緒に見てほしいです。 Dear My Sister から 2 年と聞いてびっくりしました! そんなに経ってたんか!と。 でも雰囲気としては何も変わらない、いい意味でいつも通りの「ごちうさ」で、そこに「ごちうさ」があった!という感じだったので、アフレコも楽しかったです。 メグを演じることは、いろいろな収録があったからかもしれないですけど、久しぶりという気がしなくて…。 そこにも「ごちうさ」のすごさはあるなと思いました。 アフレコ段階では、最終的にどうなるかはわからなかったんですけど、現状ですでにかわいかったので、完成したらどうなってしまうんだろうと、ワクワクしてます。 チノちゃんのお母さんが歌っているシーンの横で、お父さんズのふたりがいるんですけど、そこです! そのシーンはおそらくみなさんハッと驚くのではないかと思っているのでおすすめです! やっぱりおふたりが出てくると世界観がガラッと変わるので、いいんですよね。 内容的には原作のお話にもあるものなので、原作からずっと応援してくれている方からしたら、本当に待っていましたという感じだと思うので、お待たせ~という感じです。 あらためて、いろんな絆があると思いました。 アフレコは楽しかったです。 青山さんをやっていると気持ちがウキウキ、いや、心がぴょんぴょんしますし、青山さんってブレないから楽しいんです。 みんなの声も聞けて、より一層、帰ってきたな!という感じがしました。 そこはリアクションみたいなものを入れていたりして、青山さんらしさが表れていると思うので見てほしいです。 あとは全体的に音楽シーンですかね。 今回は音楽がテーマなので、見てても、またちょっと違う「ごちうさ」の楽しみ方ができるなと思います。 キャラソンと歌が融合しているところって、これまであまりなかったと思うので。 収録のときに真礼さんと、「ごちうさ」がスタートしたのって何年前だっけ?という話をしたんです。 多分もう 5~6 年経ってるんですよ。 それが感慨深いなぁっていう話をずっとしていて、あらためてそんなに長く続いている作品に関わることができてしあわせだなと思いました。 それに「ごちうさ」のファンの方って、熱いし温かいんです。 いい温度感でこの作品とともに歩んでくださっていると思うので、感謝の気持ちでいっぱいです。 今回「Sing For You」というタイトルが付いていますけど、みなさんへの For You の気持ちが大きいです。 3 期もこのあとありますので、ぜひこれからも「ごちうさ」をよろしくお願いします。 <オリジナル特典> ・あにばーさる: Koi先生版権 B3クリアポスター ・Amazon. 「しんがーそんぐぱやぽやメロディー」歌:Petit Rabbit's with beans 02. 種田梨沙)&マヤ(CV. 徳井青空 )&メグ(CV. 村川梨衣) 03. 「しんがーそんぐぱやぽやメロディー ~ココア Ver. 「しんがーそんぐぱやぽやメロディー ~チノ Ver. ~」 05. 「しんがーそんぐぱやぽやメロディー ~リゼ Ver. ~」 06. 「しんがーそんぐぱやぽやメロディー ~千夜 Ver. ~」 07. 「しんがーそんぐぱやぽやメロディー ~シャロ Ver. ~」 08. 「しんがーそんぐぱやぽやメロディー ~マヤ Ver. ~」 09. 「しんがーそんぐぱやぽやメロディー ~メグ Ver. ~」 10. 「しんがーそんぐぱやぽやメロディー」(Instrumental) 11. 続報は今後公式HPや公式Twitterにて。 C Koi・芳文社/ご注文は製作委員会ですか?? 画像一覧•

次の