スバル wrx 新型。 スバル新型WRX STI D型最新情報!S208や価格と燃費・デザインなどの変更点は?

【2021】スバル新型WRX フルモデルチェンジ最新情報まとめ!発売日は2022年に遅れる?次期デザインや搭載エンジンはどうなる?【S4・STI】

スバル wrx 新型

また、2019年10月の東京モーターショーでプロトタイプを発表したレヴォーグと対象に、WRX S4、STIのプロトタイプはまだ披露されていません。 これらのことから、次期WRX S4、STIへのフルモデルチェンジは初代レヴォーグと同様に、次期レヴォーグの発売後、数か月してからとなると予想します。 レヴォーグの次期型モデルへのフルモデルチェンジは2020年後半、秋から末にかけてという情報が出ています。 となると、次期型WRX S4、STIへのフルモデルチェンジは2021年前半、初旬から春の間が濃厚でしょう。 レヴォーグのフルモデルチェンジについては「」にも書いていますので、参考にしてみてください。 スバルのWRX S4は、コスパの良いスポーツセダンですよね。 とはいえ、をしりたくないですか? そんな方法をこちらにまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。 8Lターボもしくは2. 8Lリーンターボエンジン WRX S4、STIといえば、その走りが魅力ですよね。 走りにはエンジンがとても重要で、現行WRX S4、STIで使用していた2. 0Lエンジンの代わりに、何が使われるのか気になるところ。 今の開発状況と、最新情報から見るとスバルは新型WRX S4、STIに、新開発の1. 8Lターボエンジン、または2. 4Lのターボエンジンを搭載する可能性が高いです。 新開発エンジンの「1. 8Lリーンターボエンジン」は高い熱効率が自慢です。 何と40%を超える熱効率で、スバルの中ではハイブリッド車用のエンジンよりも高ポイントです。 ダウンサイジングターボの採用は、走行性能だけでなく、環境性能を求めるのが非常に重要なこの時代に、必要な変化でしょう。 この1. 8Lリーンターボエンジン。 もし採用されれば200psほどの出力と噂されており、現行WRX S4の300psをだいぶ下回ってしまうことになります。 しかし、200㎰といえばトヨタの86がちょうど200㎰-207㎰を発揮 カタログ値 しているので、そう悪くはないと思います。 ただ、メルセデスベンツAMGに負けたくないスバル。 メルセデスベンツAMGの2. 0Lエンジンの421㎰に対抗し、WRX S4は2. 4Lターボエンジンであれば270-320㎰を発揮させると予想されます。 STI用に2. 4Lターボエンジンがチューニングされれば、なんと320-400㎰ほどのハイパワーになるかも、との情報もありますよ。 そうなれば、現行WRX STIの308㎰を大幅に上回ることになりますね。 更に、トルクや燃費性能に期待が持てるエンジンということです。 STIであれば現行の最大トルク43kgmから約45-50kgmへ向上することが期待されます。 これは試乗インプレッションを楽しみに待ちましょう! トランスミッション・駆動方式 次期型WRXのトランスミッションは、WRX S4が現在のスポーツリニアトロニック(CVT)を改良し採用するでしょう。 みなさん大注目のWRX STIは6速MTが継続されるというのが濃厚です。 トヨタとスバルの提携が発表され、ウルトラAWDと呼ばれるものの開発も示唆されています。 しかし、このウルトラAWDは86やBRZへの搭載が先とみられ、WRXへの流用は86やBRZのフルモデルチェンジが行われた後になるでしょう。 86のフルモデルチェンジ情報は「」に、BRZのフルモデルチェンジは「」にまとめています。 知らないうちに損しているかもしれないのが「車の保険」って知っていますか? ここにをお伝えします。 参考にしてみてくださいね。 新型WRX S4、STIでは新世代プラットフォーム SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム) を採用します。 新たな計測器の開発から行われ、2016年にフルモデルチェンジしたインプレッサで初投入されたこのSGP。 剛性の向上と共に静粛性もアップし、揺さぶられ感が少ないとのこと。 新型インプレッサでは高評価を得ていますから、WRX S4、STIでの活躍も楽しみですね。 安全性と走行性、価格のどれをとっても素晴らしい、まさにコスパの良いのがWRX S4、STIなんですね。 更にWRX S4、STIを安く手に入れられる方法で、しかも時短でできたらいいな、なんて思いませんか? 少しでもそう思うあなたはこの方法をぜひ読んでみてください! あなたのお役に立ててもらえると嬉しいです。 ダイナミックな躍動感とソリッドな塊感• ワイドなヘキサゴングリル• 洗練されたエンジンフードのエアインテーク• 大開口のフロントバンパー&フォグランプベゼル• 張り出した前後ワイドフェンダー 6角形のグリルの形状や、コの字型のヘッドライトやダクト付きのボンネットなど現行型WRXの面影も感じさせますね。 塊感や躍動感をコンセプトにしたダイナミックソリッドは更に進化し、「BOLDER」として表現されます。 次期WRXにもその要素が取り込まれる可能性が十分にあるでしょう。 前傾軸• 後方に絞り込まれたボディ• タイヤの踏ん張りを強調するフェンダー• スバル 次期型WRX STIのエクステリア 東京オートサロン2018では「SUBARU VIZIV PERFORMANCE STI CONCEPT」を出展。 次期型WRX STIにはこのVIZIVパフォーマンスコンセプトSTIの要素が取り入れられるでしょう。 このコンセプトモデルが新型WRX STIへと昇華するのは言うまでもありません。 市販型はここまで派手ではないと思いますが、基本的なデザインは色濃く反映されるでしょう。 コンセプトは海外にもアピールすることができるので、横幅を大きくしているかもしれませんね。 日本で発売されるなら、そこまで幅が大きくはならないと予想します。 その方が日本の道路事情にマッチしていますからね。 ただ、居住スペースの拡大などを考えると日本仕様の新型WRX S4、STIでも現行車よりほんの一回り大きくなると予想します。 ホールド性を保ちながら、乗り降りしやすさにも配慮しています。 新型でもこうしたレーシーな装備が余すことなく盛り込まれるはずです。 価格によって、欲しいグレードを諦めていませんか? 「車の保険の見直し」で適正な保険を見つけましょう。 簡単に節約できるかもしれませんよ。 現在はS4だけに装備する「アイサイト」ですが2020年以降の2モデルには衝突軽減ブレーキの装着が義務化されるため、次期型WRX STIにもアイサイトは標準装備になる可能性が高いです。 次世代アイサイトでは• 安全機能の対応する範囲を広げる• ドライバーモニタリングシステムを導入 などが行われます。 更にACCの機能は高度になりそうです。 ただライバル会社を含め、ドライバーが自分でギアを選ぶMT車は全車速追従機能付きACCはまだ難しそうですね。 MTのWRX STIはフルモデルチェンジで自動ブレーキは付いたとしても全車速追従機能付きACCは付かない可能性が高いでしょう。 安全装備の対応範囲を拡張 カメラを広角化し、後方だけに付いていたレーダーを前方にも付けることで安全機能の対応範囲が広がります。 引用: まっすぐ走っている時よりも右左折時に歩行者や自転車に対してドキっとしたことのある方は多いのではないでしょうか。 次世代アイサイトならこのカメラの広角化と前方にも付いたレーダーにより、直進時だけでなく、右左折時にも自動ブレーキが対応するようになりますよ。 ドライバーモニタリングシステム 事故が起こりそうになってから対応するのではなく、そもそも事故になりそうな状況を作らないのも大切だと思いませんか? 次世代アイサイトでは、新型フォレスターで実用化された「ドライバーモニタリングシステム」が盛り込まれます。 このドライバーモニタリングシステムは、顔を認識して居眠りや前方不注意を警告してくれるなど、事故の原因となりうる「ヒトの状態」に対して働きかけてくれるんです。 これによって、自動ブレーキのように事故の起こる直前よりももっと前に、危険を回避することができるようになります。 この機能によって、ヒヤッとする確率はさらに減るでしょう。 自動運転もそうだけど、ドライバーアシスト機能で8割程度防げると思う。 新車にはある程度義務化して行くべき。 もちろん、この注意すらされない状況が理想ですよ。 前日の睡眠時間が4時間を下回ると、居眠り事故の発生率が急激に高まると言われています。 特に長距離運転をする前日には、良く睡眠を取ってくださいね! GPSを使った高精度マップを使用 すでに一部のACCには、ドライバーのステアリング操作量からカーブの曲率を検知して自動的に減速制御が入るものもあります。 ただ、実際にはカーブ前では減速を自分で行わなければならないことが多く、もう少しACCに任せられたら楽ですよね。 次世代アイサイトではGPSにより高精度マップを作り、道路の状態や車体の位置を把握します。 それにより、カーブ前の減速などもACCが支援してくれるんです。 完全な自動運転ではないですし、あくまでもドライバーが細心の注意を払っている必要はあります。 ただ、かなり夢の自動運転に近くなり、長距離や渋滞時が更に楽になるでしょう。 私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では88万円になりました。 約60万GET しました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 詳しくはこちらで解説しています。 ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。 実際に私がセレナを最大値引き額 50万円 を勝ち取った方法を無料公開中。 なぜなら、市場の競争の原理として 買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。 一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので 必ず最安値の買取額を提示されます。 必ずです。 そうならないために一括査定を使います。 大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。 無料でその場で スマホで 90 秒で愛車の最高額がわかる! [新登場]スマホで写真を撮るだけ?? 一瞬で高額査定!! 電話営業一切なしで一括査定より速い!! あのDMMから新サービス!! 一括査定よりも早く相場が知れる!• 面倒な電話も無し!• ササッとお車査定!• スマホで写真を撮るだけで買取相場がわかる!.

次の

スバルWRX S4/STI 2021年フルモデルチェンジ!?新型エンジンと次世代アイサイト搭載か

スバル wrx 新型

東京モーターショー2017にWRX STIベースの「S208」が出展! 2017年10月に開催された東京モーターショーにてWRX STIをベースとするS208が出展されました。 2015年に発売されたS207に対して、エンジン・加速性能の向上やカーボンルーフの採用による低重心化等の改良を施し、スバルらしい走りの愉しさを極限まで高められています。 車両仕様詳細とともに450台限定の抽選販売方法ついても、10月25日に発表されました。 【NEW】東京オートサロン2018にもS208が参考出品 S208は2018年1月12日から開催されている東京オートサロン2018でも出展されています。 東京オートサロンは1月14日まで開催されているので、モーターショーで見逃してしまった場合は必見です。 スバルWRX STIとは? スバル・WRXは富士重工業が製造し、「スバル」ブランドで販売しているスポーツです。 他の国内メーカーが実用性や快適性を重視したクルマ作りを進める中、スバル・WRXは走る楽しさも全身で感じられるような一台となっています。 そのスバル・WRXのフラッグシップモデルとなるものがスバル・WRX STIです。 スバルWRX&WRX STIの歴史 【初代】インプレッサ WRX&WRX STI スバル・WRX&WRX STIはスバルの代表的なモデルであるインプレッサのハイパフォーマンス版という位置付けで1992年11月にデビューしました。 同じような位置付けの三菱・ランサーエボリューションのライバル車となりました。 【2代目】インプレッサ WRX&WRX STI 約8年という日本車としてはやや長い期間を経て、2000年2月に2代目へとフルモデルチェンジを果たしました。 特徴である丸目のヘッドライトはあまり評判が良くなかったため、2002年のマイナーチェンジで涙目と言われる形状へと変更されました。 【3代目】インプレッサ WRX&WRX STI の形状を改め、5ドアのインプレッサのボディーがベースとなり、2007年10月に発売されました。 また、2010年にはインプレッサから独立したモデルという位置付けになりました。 【4代目】WRX S4&WRX STI 4代目からはインプレッサから完全に独立したモデルとなり、2014年8月に発売されました。 「WRX STI」と「WRX S4」という名前で展開されるように変わりました。 スバル新型WRX STIの価格とグレード構成は? 新型スバルWRX STIの価格をグレードごとにまとめると以下の通りです。 スバル 新型WRX STI WRX STI 387万 WRX STI タイプS 406万 [単位]円(消費税込み) D型へのマイナーチェンジで価格についての大きな変動はありません。 スバル新型WRX&WRX STIのデザイン 新型WRX STI 北米仕様 スバル新型WRX STIの外装(エクステリア)デザイン 新たに設計されたLEDフロントランプとフロントグリル、大型化したフロントバンパーグリルを採用することによってよりスポーティーかつアグレッシブなデザインに仕上がっています。 WRXには新開発の18インチアルミホイール、WRX STIには新開発の19インチアルミホイールが採用されました。 新型WRX STIの内装・インテリア ブラック調のパーツをドアスイッチパネルなどの随所に採用することでより、高級感のあるデザインに仕上がりました。 WRX STIにはレッドカラーのシートベルトを採用することでよりスポーティなデザインとなっています。 フロントシートにはスバル初となるを採用しました。 また、フロントドアガラスをより厚くすることにより、振動・騒音対策が強化されています。 レカロ社製シートに関する情報はこちらの記事 スバル新型WRX STIの性能・スペックは? スバル新型WRX STIのスペック 全長 全幅 全高 4595 1795 1475 車両重量 乗車定員 2650 — 5 [単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人 エンジン種類 2. 電動パワーステアリングの制御を最適化することで、より自然な操縦を可能にします。 新電子制御マルチモードDCCDを搭載! 今回の改良で、新型WRX STIには新たに「新電子制御マルチモードDCCD(ドライバーズコントロールセンターデフ)」が採用されました。 ハンドリングが大幅に向上する新システムの採用は、C型からD型へマイナーチェンジの目玉の一つといえます。 スバル新型WRX STIは新型アイサイト採用! スバル新型WRXには新型アイサイト「アイサイト・ツーリングアシスト」が搭載されます。 アイサイトのバージョンは3のままでいくつかのアップデートがなされるという形になりました。 また「アイサイト・ツーリングアシスト」は新型WRXの他に、新型レヴォーグに標準装備される模様です。 スバル新型WRX STIの燃費 新型WRX STIの燃費は9. 日本仕様 スバルWRX STIにタイプRAが登場! RAの名称は「Record Attempt」の略で、さまざまなスバルのパフォーマンスモデルに適用されています。 2018年のWRX STIタイプRAは軽量化や、エンジンのアップグレードにより性能が向上しています。 は水平対向4気筒 2. 5リッターを搭載。 チューニングされたECUやピストンの性能により、最高は231. 2kW(314. 3PS)に達します。 (Bilstein)のダンパーを使用し、フロント・とリア・ダブル・ウィッシュボーン・を備えたハンドリングがアップグレードされています。 ヘッドレストにエンボス加工されたSTIモデルのロゴが入るなど、至る所に配慮がなされています。 スバル WRX STIの新たな伝説が始まりか スバル・WRXには最強のラリーカーとして様々な伝説があり、その中の一つを紹介します。 2010年に開催されたカナダラリー選手権で、パット・リチャード選手が運転するインプレッサ・WRX STIは、途中まで順調な走りを見せていましたが、途中のコーナーで横転してしまいました。 しかし、ギャラリーの手を借り、車を起こすとそのまま走り出し、なんと優勝してしまいました。 このようにスバル・WRX STIはその耐久性、信頼性が世界でも認められています。 6月20日に発売を開始し、運転する楽しさに満足しているユーザーが多いようです。

次の

スバル 新型 WRX S4 / STI マイナーチェンジ 改良モデル 2019年6月27日発売

スバル wrx 新型

ヘキサゴングリルとコの字ヘッドライトを強調する未来系デザインで、ボンネットのエアインテークがターボエンジンの存在を証明します。 大きなエアダクトは、制動摩擦による熱を冷やす空気を取り込むためのもの。 スポーツ走行による連続したブレーキングを想定した造りになっています。 未来のスバルモデルもブレないドライビングを感じさせるデザインですね。 コンセプトモデル【ビジョン】 安全と楽しさを追究。 スバルのクルマ創りを具現化したスポーツセダンコンセプト。 将来の「自動運転技術普及期」を見据えている構造• アイサイト高度運転支援技術を搭載• 運転にワクワクや楽しみを感じるスポーツセダンボディを採用 【動画】SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT 2. 4Lターボ• 4650mm• 1800mm• 1480mm• 2675mm• 1500kg• 4Lターボ• 270ps• 8kgm• CVT 【トランスミッション】 現在のスバルの傾向から変化なく、CVTを専用設定。 進化したスポーツトロニックを採用します。 リニアな走りを得意とし、滑らかに流れるようなブレない走りを体感できるでしょう。 【燃費】性能向上 新型WRX S4の燃費は• ガソリンエンジン仕様:14〜15キロ• ハイブリッド仕様:18キロ 上記になると予想されています。 4〜13. 2キロ VIZIV PERFORMANCE CONCEPTはダウンサイジングターボエンジンやハイブリッドシステムの採用が想定されたモデルです。 この効果は次世代モデルに大きく貢献し、新型2. 4Lターボは燃費とトルク性能を重視し、現行WRX S4上位モデルよりも性能が向上します。 新型WRX S4に進化版アイサイトを搭載 新型WRX S4にはレベルアップを遂げた 進化版アイサイトが搭載されます。 進化版アイサイトの大きな変化は日産プロパイロット並みの機能で、 条件付き手放し運転が可能となる点になるでしょう。 レベル2の自動運転(自動運転)|オートパイロット 2020年には高速道路自動運転を実現するステップ(オートパイロット)へ移行します。 自動車線変更・後方/側方のクルマを認識するレーダーを搭載。 高度な機能を追加して、ステレオカメラ・高精度GPS・デジタルマップ・レーダーを搭載して、自動車線変更、連続レーンキープ、カーブ減速を実現します。 アイサイトツーリングアシスト【更新】ポイント• 車線中央維持機能• 全車速追従機能付きクルーズコントロール• 先行車追従操舵機能• 先行車追従操舵機能 アクセル・ブレーキ・ステアリング操作を自動アシストします。 後退時自動ブレーキシステム機能 後退時に車体後部内蔵ソナーセンサーで障害物を検知して音と表示で警告を促します。 ユニットの小型・薄型化を果たしたステレオカメラ(カラーカメラ)を用い視認性能を向上。 人の目と同じように、左右2つのカメラで立体的に環境を把握。 クルマだけでなく歩行者や自転車なども識別し、対象との距離や形状、移動速度を正確に認識することができます。 WRX S4一部改良2020年8月20日発売 GT・GT-Sグレードが廃止され、STI Sport EyeSightのみの設定となりました。 4,169,000円 STI Sport EyeSightの装備は以下• TIチューニング ビルシュタイン製ダンパー&コイルスプリング• ダークメタル塗装メッキ加飾WRX S4 STI Sportフロントグリル• ブラックトランクリップスポイラー• 本革巻ステアリングホイール• carscoops. com モーターハイブリッド新採用? 新型WRX S4はハイブリッドの追加が想定されているとの情報もあります。 ガソリンエンジン仕様と併せ、トヨタからハイブリッドユニットを導入。 また、スバルが自社開発するターボエンジン+ハイブリッドシステムのターボハイブリッドを導入することも想定されているとのこと。 スペック エンジン:2.

次の