ここひえ 湿度。 パーソナルクーラー『ここひえ』と扇風機を比較!屋外で使えるから熱中症対策にも

live.t4g.org : ショップジャパン ここひえ (2019年仕様) 冷風扇 冷風機 サーキュレーター 防カビ 抗菌 フィルター 冷風 【正規品】 : ホーム&キッチン

ここひえ 湿度

2020年6月14日 2020年7月15日 今回は、2020年版の「 ここひえR2」は 車中泊に使えるのか!?を検証いたしました。 暑い季節が到来し、少しでも夏の車中泊を快適にしたいと考えている方が多いのではないでしょうか? そんな時に調べていくとたどり着くのがパーソナルクーラー「 ここひえR2」です。 気化熱を使用して、扇風機よりも涼しい風を生み出すことができるので、夏の車中泊に使えるような気がします。 そこで今回は夏の車内においてここひえを使用し、室温や湿度の変化はどうなるか、暑さはどのように感じるかを検証いたしました。 「 ここひえR2は車中泊に使えるの?」 そんな疑問を抱いている方は是非参考にしてください! 今回の検証内容は動画でも紹介しています! リンク ここひえR2は車中泊で使えるのか?検証開始! それでは、先ほどの方法で実際に検証を行いました。 検証を開始した時点での温度・湿度は下記の表の通りになりました。 場所 開始時温度・湿度 ここ冷え前 32. 使用開始10分 使用開始10分の温度・湿度の変化はこちらです。 場所 開始時温度・湿度 10分後 開始時との変化 ここ冷え前 32. これより、 使用開始10分時点では、 しっかりと涼しい風がここ冷えから吹き出していることがわかります。 天井のみ、温度が上がっていますが、ここ冷えからの風が直接当たる場所ではないからだと考えることができます。 湿度に関しては、 全ての測定場所で上がっていることがわかりました。 場所 開始時温度・湿度 30分後 開始時との変化 ここ冷え前 32. しかし、ここ冷え前の温度が、開始時よりは低いものの、使用後10分よりは高くなっている為、 吹き出す風の温度が上がってきたことがわかります。 また、湿度はやはり 全ての場所で増加していました。 使用開始30分の変化でわかったこと ・吹き出す風の温度が上昇してきている ・湿度は上昇する 使用開始1時間後 使用開始1時間後の温度・湿度の変化がこちらです。 場所 開始時温度・湿度 1時間後 開始時との変化 ここ冷え前 32. これは開始時よりも高い温度の風が吹き出していることを意味しています。 車内後部や天井は開始時よりも低い温度を維持していますが、ピーク時よりは温度が上がってきている傾向にあります。 これは 暖かい風が吹き出し、徐々に周囲の温度を上げていっている為と考えることができます。 湿度に関しては 14〜24%上昇し、車内がジメジメし体がベタつき始めました。 湿度は常に増加する傾向がみられた為、さらに長時間使用するともっと湿度が上がり、サウナ状態になることが考えられます。 リンク 検証結果まとめ 測定で得た温度と湿度を表にまとめると下記のようになります。 場所 開始時 10分後 30分後 1時間後 ここ冷え前 32. そして、ここ冷え前の温度変化に追従するような形で、時間差で車内後部や天井の温度も変化していくことがわかります。 また、湿度は一定して増加していくことがわかりました。 1時間以上使用していくと、さらに車内の温度と湿度が上昇していくと考えることができます。 結論【ここ冷えは車中泊の暑さ対策にはおすすめできない!】 これらの結果から、結論として「 ここ冷えは車中泊の暑さ対策にはおすすめできない」という結論に至りました。 その理由としては大きく2つ挙げられます。 一時的には涼しい風が出てくるという挙動を見せたものの、1時間以上使用していると温度が上がってくるという結果になりました。 また、湿度もどんどん上がっていきました。 これらの結果より、「ここ冷えは夏の車中泊対策にはおすすめできない」という結論に至りました。 暑さ対策としては、通常の扇風機や網戸、サンシェード 、ポータブルクーラーを使用することをおすすめいたします。 ここ冷えについて詳しくレビューした記事や、夏の暑さ対策におすすめのグッズをまとめた記事を下記の関連記事に挙げたので、ぜひ参考にしてください。 適切な方法で暑さ対策を行って、快適な夏の車中泊を楽しみましょう! 今回の検証を動画でも紹介していますので、下記の埋め込みからご覧ください!.

次の

コンパクト冷風扇「ここひえ」1カ月使ってみた感想

ここひえ 湿度

ここひえのおすすめ点 気化熱で冷風が出る 扇風機と違って冷たい風がでるのは気化熱を使うからです。 内蔵のフィルターを水で濡らし送風機を通過させることで冷たい風が出ます。 水は水道水でいいので別途用意する必要もありません。 水タンクの水がなくなるとランプが点滅してお知らせしてくれます。 電気代が安い 室内を冷やすのではなくピンポイントで冷風に吹かれたい時に活躍します。 一晩使った場合でも 電気代は1. 1円とコスパが良いです。 1時間の電気代 エアコン(6畳タイプ)3. 51円 ここひえ 0. 本体もコンパクトなので、ここひえから1メートル程度の範囲で冷風に当たれます。 PCや電子機器の冷却にも向いています。 肌や喉が乾燥を防ぐ クーラーの効いた部屋は湿度も低いため、肌は喉、髪の毛が乾燥します。 その点ここひえは水を使った潤いのある冷風を送る為肌や喉が乾燥で悩む心配もありません。 USB電源が使える USBとコンセントの両方が使えます。 PCに差し込んでも使えるし、車中泊など車内でも使えます。 USBケーブルの長さは150㎝ほどあるので移動も楽々、好きな場所で使えます。 また市販のモバイルバッテリー等の利用でキャンプなど電源のない屋外でも使用できます。 風量調節ができる 風量は弱中強で設定できます。 場面によって使い分けができます。 静音 音は扇風機の静音程度の音で静かです。 特に弱は就寝中にも向いておりとても静かで音がうるさく感じません。 照明付き 7色のライト照明付きです。 (7色循環も選べる もちろん照明なしでも使えます。 光量も強中弱の3種類で選べるので癒しの空間としての役割もあります。 また部屋のムードも変えられます。 スポンサーリンク ここひえの欠点 タイマー機能がない タイマーがないので2時間とか3時間など、時間設定ができません。 しかし、電源切り忘れ防止に約12時間で自動電源オフ機能が動作します。 香料などの使用ができない アロマや香料などを水に混ぜて使うことができません。 フィルターが傷む原因になるようです。 水タンクが小さい 風量を強に設定した場合1時間程度で水がなくなる為こまめな給水が必要です。 弱の場合には8時間程度水が持ちます。 水の残量が見える窓もありませんが、水がなくなっても扇風機として使えます。 タンクの水漏れ タンクに水が入った状態で傾けると水がこぼれることがあります。 デスクの上などで使う時には書類が濡れたりの注意が必要です。 100均などでトレーなどを購入し、その上にのせて使うのがおすすめです。 フィルターの交換が必要 フィルターは水洗いもできますが、交換の目安はワンシーズン(約3か月)です。 交換用フィルター代金は2,980円(税別)で送料が別途900円も必要です。 ここひえ本体購入時に一緒に購入しておくのがお得なようです。 ここひえ 交換用フォルター(防カビ仕様)と本体セットでの購入なら保証期間1年がさらに2年の延長で3年間の保証が付きます。 給水時にはタンクの蓋が水がこぼれない役目をしてくれます。 操作が簡単で使い勝手が良いので日々使いたいです。 ・小型冷風機としては良いです。 メインで使うものではありませんが、局所的に体を冷やしたり機械に充てることができまs。 音も静かでエアコンの時期には併用して使えると思います。 ・水で湿らせたフィルターを送風ファンで気化させて風を送るので室温より低い風がきます。 小さくて軽量なので持ち運びに便利です。 ・タンクに水が入ったまま本体を動かすと隙間から水がこぼれるので注意が必要です。 フィルターの交換や水補給の手間を考えたら普通の扇風機でいいように思います。 >> まとめ 夏の暑さ対策に扇風機やクーラーはなくてはならないものです。 しかし、スポット的に冷たい風が届く冷風機でコンパクトサイズ、電気代が安いとなったらほしくなりますね。 卓上扇風機を迷っているなら冷たい風がでるここひえがおすすめです。

次の

ここひえ

ここひえ 湿度

Contents• ここひえはエアコンではない まず前提ですが、ポータブルエアコンとはありますが、家庭用のエアコンではないという事です。 残念ながら家庭用エアコンのようにガンガンに冷やせて寒いくらいまでできる!という代物ではありません。 システム的には水分をフィルターに吸い上げそれに空気を通して温度を下げるという構造です。 気化熱といったところ? なので下げられる温度に限界があります。 これが空気中に混ざれば・・・良くても3度程度といったところではないでしょうか。 それでも涼しいですけど(^^ また・・・真夏で日中のテント内でほぼ効果は期待できないでしょう。 真夏の車内を想像してください。 なので、あくまで冷風機の延長線の物です。 期待が過ぎると・・・ショックしかないでしょう。 実際日中の車内でも涼しい風は感じる物の空間内は冷えていません。 まぁ太陽熱とモバイルバッテリー勝負は歴然ですね(^^; 2. 家での使用と問題点 まだフィールドで使う前に家で愛用していました。 使わないのもったいないし・・・家で使うと結構涼しいんです。 なので風呂上がりのアイスのお供にぴったりですね(^^ 扇風機よりも涼しいですから。 家ではかなり活躍してくれています。 ただ・・・ 問題点ももちろんあります。 なので稼働しながらの持ち運びとかはほぼ無理です。 安全に持ち運ぶにはタンク内の水を使いきってからしばらく稼働させて本体内の水を気化させた後です。 かなりの量がこぼれるので水受けが必要ですね。 これは稼働させる強さで違いますが、最も強い「強」ですると1時間持ちません。 ただ・・・水が無くなっても完全に乾燥するまでは結構冷たい風が出ます。 フィルターが湿ってるうちは問題ないんですね。 寝ている時など自然に切れてくれればありがたいですから。 とここまで問題点を上げましたが、もちろんメリットもあります。 電源サイトでなく、好きな場所にテントが張れるフリーサイトでも使用可能です。 水はすぐ無くなりますが、横に水差しを置いておけば不便だ!っていうことはないです。 それよりもキャンプ中の冷風の方がありがたいです。 フィールド実験 と問題点も確認したところでやっとフィールド実験です。 何故か? 夜が涼しかったので必要が無かった!というのが正直なところです。 それが暑くなってきたので、そろそろ出番となりました。 夕方4時です。 早速使用してみたところ・・・ 暑い・・・さらに熱い・・・ 冷風は出てきている物の周りの空気にかき消されて全く効果なしです。 また、モバイルバッテリーで使用しているため弱のままでの使用。 とてもとても温室効果に勝てるものではありませんでした。 あっつい・・・ということで長時間は実験にも耐えれませんでした。 身に危険を感じたので10分程でしたね。 まぁ想定した結果でした。 このころになると中の温室効果は緩和されています。 同じく弱のままですが、空気が動くこともあって、中に居てもさほど不快ではないです。 周りもちょっと涼しくなってきました。 こうなると・・・効果はかなり感じます。 同じく弱のままで使用しましたが、何となくヒンヤリするのが分かります。 これは、快適に眠れました。 とはいえ夜中・・・外が冷えてきたのが若干の寒さを感じ出したので止めてしまいました。 意外と・・・外部からの熱の供給が耐えれば実感できるんですね(^^ 4. 気になっていた事の報告 いろいろフィールドに出た時にどんな感じだろうって思っていたことの報告です。 外遊び屋が使用していたのは 24000mAhの大容量!スマホを5回以上充電できる容量を誇ります。 また微々たるものながら太陽光での発電および蓄電が出来るので長期のお出かけに便利! これを使ったところ・・・6時間程度使いましたが、25%くらいの消費量? 満タンで4つ光るランプが3つになっているので、減ってはいますがそれほど大きなダメージではないですね(^^ ただ・・・あくまで弱で6時間使用ですよ。 それ以上になると・・・もう少し必要でしょうね。 しかし・・・ここひえで加湿されたせいかどうかは微妙だなと思います。 雨上がりでしたから。 よく考えてみるとポータブルエアコンをつけて、密閉しないんですよね。 ちょっと開けておいて、風も通しながらの使用でした。 これだと・・・ほぼなかったと言っておきます。 ベッタベタになるという事はなさそうですね(^^ 5. さらに冷やす方法 ここでもうすこし冷えないかと実験したのが 氷水です。 買い物したときにスーパーで貰ってきた氷をいれてみました。 これは・・・冷たいです!確かに違うなって感じ(^^ いや類似品を探している時にこの方法が掲載されいてので実験しましたが、これは効果あり! また・・・氷がちょっとずつ解けるので水が長持ちするんですね。 これは発見でした。 水分がなくなると氷だけですが、それがちょっとずつしみ込むので、普通に水を入れるより断然持ちがいいです。 この後3時間ほど使用していましたが3分の1ほど残っていました。 この作戦・・・重要だな(^^ 6. 類似品を探してみる とりあえずここひえは結構お値段がするので類似品を探してみました! なんと3000円を切り、2,500円です。 あるのは楽天さんだけかな? しかも氷モードがあって保冷材でも冷えるとのことなので・・・ これはかなりいいかもしれませんね。 充電用で最大8時間使えるようです。 なんとか一晩といったところでしょうか。 これで2,500円・・・ちょっといいなぁ 7. テントで実験してみた!2020年7月追記 数字を取ってみようとテントを張ってどのくらい温度が下がるか実験しました! テントの左にここひえを置いて右側の白い点が温度計です。 日が当たると暑くなるので日陰での実験ですが・・・暑い・・・ これが 40分後には29度くらいで止まりました。 この温度差をどう見るかなって所です。 実際湿度は上がっているので、湿度対策として.

次の