福岡堅樹ラグビー。 福岡堅樹(ラグビー)は医学部出身で実家の父親は?出身高校に驚き!【追記あり】

福岡堅樹(ラグビー)のプロフィール学歴と彼女や家族構成は?祖父と父親が医師!

福岡堅樹ラグビー

医師としてのセカンドキャリアを優先し、来年に延期となった東京五輪出場を断念した7人制ラグビー日本代表候補の福岡堅樹(27=パナソニック)が14日、オンライン記者会見に臨み、決断への経緯などを説明した。 15人制を含めて、改めて日本代表からの引退を表明した一方、来年1月開幕予定のトップリーグ(TL)出場には意欲を示した。 代表からの引退。 ごく一握りのアスリートのみが許される選択を下したスーツ姿の福岡は「自分の中で後悔をしない人生を生きたいという思いが一番強かった」と説明した。 トップリーグでの今季最終戦として臨んだ1月18日のトヨタ自動車戦で負傷。 リハビリを経て2月末の東京合宿、3月前半の別府合宿に参加した。 その時期には新型コロナウイルスの感染拡大で東京五輪の延期論が浮上。 「延期がささやかれ始めた時から、自分の中でどうするかを考えていた」と言い「実際に決まった時には、この挑戦を辞退すると決めていた」と語った。 その後は代表関係者らから引き留める声が掛かり「気持ちはうれしい」としつつも、決意は揺るがなかったという。 昨年のW杯では通算4トライを挙げる大活躍。 日本のラグビー界が空前の上げ潮に乗る中で表舞台から去るが、「一度ずらすと、また何かやりたいことが出てきて、どんどんずれてしまう」。 五輪でのメダル獲得の目標は果たせなかったが、「素晴らしい選手がいる。 彼らが獲ってくれると信じている」と仲間に夢を託した。 代表活動が休止した3月中旬以降は受験勉強に比重を置きつつ、体も動かして来季のTL出場を視野に入れる。 「次のTLでは最高のパフォーマンスができるように準備したい」と話し、現役引退の時期については「その時になったら自分で発信したい」と明言を避けたが、現実的には医学部生とトップリーガーの両立は極めて困難で、いずれにしても残されたプレータイムは多くはなさそうだ。 コロナ禍で親族ら周囲の医療従事者が奮闘する姿を目の当たりにし、改めて「医学の道を志したいと思わせてくれた」という福岡。 前人未到のキャリアへトライは続く。 医学部は6年制で、さまざまな実習や試験を経て、国家試験に合格すると医師免許を取得できる。 その後は2年間の初期臨床研修を通じ、さまざまな分野の医療現場を経験。 5歳からラグビーを始め、福岡高3年で花園出場。 1浪後の12年に筑波大へ進学し、16年からパナソニック所属。 15人制では15、19年W杯に2大会連続出場し、19年大会は通算4トライ。 7人制では16年リオ五輪に出場し、4強入りに貢献。 15人制代表通算38キャップ。 1メートル75、83キロ。

次の

【画像】福岡堅樹と小林麗菜が結婚秒読み?馴れ初め動画も|フライデー

福岡堅樹ラグビー

19年ラグビーワールドカップ(W杯)で日本代表の8強入りに貢献したWTB福岡堅樹(27=パナソニック)が、7人制代表での東京オリンピック(五輪)出場を断念した。 日本ラグビー協会が13日、7人制代表候補の練習生からの離脱を発表。 新型コロナウイルスの影響で五輪が来夏に延期になったことを受け、夢である医師への道を優先することを決断した。 14日にオンラインで記者会見を行う。 福岡は7人制での東京五輪出場を目指したが、五輪延期に伴い、かねて公言していた医学部への進学を目指すことを決断した。 史上初の8強進出した19年W杯後、7人制にシフト。 今年2月下旬より代表候補合宿に練習生として参加し、「(今夏の)東京五輪に照準を合わせて少しずつ上げていきたい。 やるからにはメダル」と強い決意を示していた。 五輪を競技人生の「1つの区切り」と決め、新たな気持ちで臨んでいた。 W杯、20年東京五輪を経て医師の道へ-。 そんな人生設計を立てていたが、3月下旬に新型コロナウイルス感染拡大により東京五輪の延期が決まった。 自身の人生を熟考し、五輪を諦めて医学部受験に挑戦することを決意した。 5歳から始めたラグビーと並行して勉学にも励み、成績は常にトップクラス。 進学校の福岡高時代に膝の前十字靱帯(じんたい)の手術を受け、アスリート目線を生かした医師への憧れが強くなり、筑波大の医学専門学群を目指した。 1年間の浪人生活を経た2度目の挑戦では、2次試験で不合格。 後期試験で同大情報学群に進学した。 大学入学後は文武両道を貫いた。 15人制では13年4月に代表初キャップを獲得すると15年W杯代表にも選出。 昨秋のW杯日本大会では、50メートル5秒8の快足を武器に、強豪アイルランド戦(静岡・エコパ)で逆転トライを含む4トライを挙げた。 7人制でも切り札として期待は大きかったが、父で歯科医の綱二朗さんから言われてきた「一番後悔しない道を選べ」との言葉を守り、己の道を歩むことになった。 日本協会はこの日、福岡を含む代表候補5人の離脱を発表した。 他競技を含めても、五輪1年延期による「離脱者」は珍しい。 15人制から7人制の移行も難しく、肉体改造を図る必要もある。 別の夢や年齢、モチベーションなどさまざまな要因があるが、7人制ラグビーにとって、五輪延期の及ぼす影響は他競技よりも大きかった。 5歳でラグビーを始める。 福岡高3年時に全国高校大会(花園)に出場。 医者志望で複数の大学からの誘いを断り、1浪後に筑波大(情報学群)に進学。 大学では2度の大学選手権準優勝に貢献。 15、19年W杯日本代表。 15人制代表キャップは38、7人制同キャップは4。 祖父は内科医、父は歯科医。 176センチ、85キロ。 FW3人、BK4人で構成し、スクラムは3人同士で組む。 トライ後は、バウンドさせて蹴るドロップキックでゴールを狙う。 リオ五輪から採用され、東京五輪は男女とも12チームが出場。 4チームずつ3組に分かれて1次リーグを行い、各組上位2チームと各組3位の勝ち点上位2チームが、8チームによる決勝トーナメントに進出。 順位決定戦も行われる。 その後、英国に敗れたがケニアに圧勝し、同組2位で準々決勝進出。 B組2位のフランスにも勝利して、15人制も含めた主要国際大会初の4強入りを決めた。 準決勝では金メダルのフィジー、3位決定戦では南アフリカに敗れたが存在感を示した。 photo• 東京五輪2020 プロの道捨てても五輪野球には人生懸ける価値がある []• 五輪・一般 [7月17日 23:00]• 東京オリンピック2020 [7月17日 22:58]• 五輪・一般 [7月17日 21:23]• 東京オリンピック2020 [7月17日 21:16]• 東京オリンピック2020 [7月17日 21:09]• 東京オリンピック2020 [7月17日 20:10]• 東京オリンピック2020 [7月17日 20:10]• パラリンピック 東京パラリンピックの柔道は予選期間1年延長 []• パラスポーツ [7月14日 10:56]• パラスポーツ [7月11日 12:49]• パラスポーツ [7月10日 14:26]• パラスポーツ [7月7日 13:56]• パラスポーツ [7月6日 13:23]• パラスポーツ [7月6日 12:40]• パラスポーツ [7月3日 0:35]• パラスポーツ [7月2日 11:00]• パラスポーツ [6月30日 16:15]• パラスポーツ [6月28日 20:11]• リオ五輪•

次の

ラグビー福岡堅樹 デート報道の相手は小林麗菜!2ショット画像も!

福岡堅樹ラグビー

ラグビー日本代表で、トップリーグ『パナソニック ワイルドナイツ』所属の福岡堅樹選手(ふくおか・けんき 27歳)が6日発売の週刊誌『フライデー』によって、情報ワイド番組『王様ブランチ』(TBS系)に出演中のタレント・小林麗菜さん(こばやし・れいな 25歳)との熱愛交際をスクープされています。 『フライデー』によれば、2月下旬の昼下がりに群馬県太田市のイオンモールで、福岡堅樹選手と小林麗菜さんが腕組みデートしていたといいます。 そんな2人はイオンモールで映画鑑賞した後は、揃って福岡堅樹選手の自宅へと向かい、3時間にわたって2人っきりの時間を過ごし、20時に再び姿を現した小林麗菜さんは前日から福岡選手の家に宿泊していたのか、大きなバッグを抱えていたそうです。 その後2人は、しゃぶしゃぶ食べ放題チェーン店『ゆず庵』で食事し、店から出てきた時には小林麗菜さんが福岡堅樹選手の肩にもたれかかり、身体を寄せ合って腕を組むなどラブラブな様子だったとしています。 店を後にした2人は車で熊谷駅へと向かい、小林麗菜さんは名残惜しそうに手を振り、何度も振り返りながら電車で東京都内の自宅へと帰っていったとのことです。 こうしたラブラブデート現場をキャッチした『フライデー』は、小林麗菜さんの所属事務所『パールダッシュ』に福岡堅樹選手との関係を問い合わせたところ、 「真剣にお付き合いしていると聞いております」と交際を認めたそうです。 そして、福岡堅樹選手と小林麗菜さんの熱愛交際報道に対してネット上では、• とても爽やかなカップルでいいじゃないか• いいじゃない。 コロナだのトイレットペーパーだのでウンザリしてたんで、なんか微笑ましいです。 渡部、土曜のブランチでいらん事言うなよ!• 福岡は有名大学出の聡明な女性が好みじゃないかと勝手に想像してたわ。 まあ余計なお世話っすよねえ• 女性に失礼だけど、個人的に福岡選手のお相手は、医療関係かアスリートが良かったなあ。 庶民的でよい。 浮かれることなく地に足をつけて地道に生きてる感がして、福岡選手の人柄が分かる。 そういうお店で喜んでくれる女性は大切にした方がいい。 そういうお店でも楽しいと思える男性は大切にした方がいい。 こんなの記事にされて可哀想だなぁ。 でも、ラグビー選手がこのような恋愛ネタがまさかフライデーに載る時がくるとはね。 などのコメントが寄せられています。 福岡堅樹選手は福岡県古賀市出身で、福岡県内でトップクラスの偏差値を誇る県立福岡高校を卒業後し、一浪した末に国立筑波大学へ進学、学生時代から医者になることを目指しており、今年開催の東京五輪を最後に現役引退して医者を目指すと公言しています。 一方の小林麗菜さんは2010年ごろから芸能活動をスタートさせ、タレント・女優として活動しており、女優としては『マジすか学園2』(テレビ東京系)、『アイムホーム』(テレビ朝日系)、映画『パラダイス・キス』などの作品に端役で出演。 タレントとしては、『シューイチ』(日本テレビ系)のお天気キャスターを2013年~2014年に務めていたほか、『テストの花道』(NHK)、『村上マヨネーズのツッコませて頂きます! そんな2人の熱愛交際に対しては様々な声が上がっていますが、年齢も近くお似合いのカップルに見えます。 少し気になるのが、『フライデー』掲載写真がいずれも撮らせたように見える点で、小林麗菜さんが売名のために利用してるのではないかとも感じます。 タレント、事務所側が話題作りのために熱愛記事などを出すことは少なくないですし、『フライデー』でもよくそのような記事を目にするため、福岡堅樹選手も上手く利用されてる?とも思ったのですが、真剣交際しているのであれば別に問題はないのかもしれないですね。

次の