聖人 意味。 尊者・福者・聖人とは?

聖人伝(せいじんでん)とは

聖人 意味

キリスト教の聖人一覧(キリストきょうのせいじんのいちらん)では、における主要なを、別に一覧で示す。 、、、では聖人が行われているが、については聖人に対する考え方・捉え方がこれらとは異なる。 凡例 [ ]• 【?】 …不明• および使徒以外は、五十音順に並べる。 十二使徒およびパウロは別枠。 「聖大」「聖」「大」「」「」「」といった聖人達の各種称号は、順序には勘案せず、名前の部分のみを五十音順に反映させる。 ただし同名人物の識別が称号のみの場合は、同名人物内での順序整理には称号の五十音順を用いる。 の登場人物についてはでの表記に準拠。 《》内はでの表記。 聖書の登場人物以外については、現地音でない表記が圧倒的に通用している場合や現地音が不明であるといった事情が無い場合、現地音転写を基本とする。 この場合、でも崇敬されている人物についてでの定まった表記が確認出来る場合には、聖書の登場人物と同様に《》内に示す。 正教会でのみ崇敬されている聖人についてはでの表記のみ記載。 聖人一覧 [ ] 十二使徒および使徒パウロ [ ] の掲載順は、3:16 - 19による。 は後から加えられた十二使徒であり、はさらに後から使徒に加えられた。 はのに際しての裏切りにより、崇敬対象から除外されている。 聖人名 (の表記に則っている。 《》内はでの表記。 ととで、ウァレンティヌスを巡る伝承が異なっている。 は2月14日を記念日とし、の起源となった伝承を有している。 正教会は7月に二人のワレンティン(ウァレンティヌス)を記憶し、バレンタイン・デーと関連する伝承は特に無い。 ただしでは2月14日にウァレンティヌスを記憶するところもある。 参考文献に記載されていなかったため、を元に、称号には日本語訳を当てはめ、人名はロシア語から「v」を「ワ行」で転写する日本正教会の標準的方式に則って転写。 参考文献に記載されていなかったため、を元に、称号には日本語訳を当てはめ、人名はの標準的方式に則って転写。 (で聖人として扱われていることの出典) 参考文献 [ ]• 『正教会暦 2011年』教団 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。

次の

聖人伝(せいじんでん)とは

聖人 意味

親鸞聖人、法然の弟子となる 今後の歩むべき道に悩み、 寺にこもっていた親鸞聖人は 法然聖人の 専修念仏の教えを説かれます。 法然聖人の弟子となった親鸞聖人は 多くの人々に救いの道をひらきましたが、 それまでの仏教教団からの反感を買うことに。 そして、教団から朝廷への 念仏弾圧の訴えが起こり、 法然聖人は土佐 現・高知県 へ、 親鸞聖人は越後 現・新潟県 へ 流罪となります。 流罪先の越後で、 親鸞聖人は 恵信尼 (えしんに)と結婚し、 のちに4男3女の子をもうけます。 「教行信証」を著す 流罪を許された親鸞聖人は その後、関東へ移住します。 関東の地であらゆる人々に 本願念仏の教えを広めて 1224年頃、浄土真宗の教えを述べた 「 教行信証 きょうぎょうしんにょう 」を著しました。 その後、親鸞聖人は、 京へ戻り著作活動に励みます。 親鸞聖人の最期 命日 1263年1月16日 弘長2年11月28日 、 親鸞聖人は亡くなります。 享年90歳。 三条富小路 とみのこうじ にある 尋有 じんう の善法坊 ぜんぽうぼう で 親鸞聖人は最期を迎えたとされています。 三条富小路の場所:京都府• 尋有 じんう :親鸞聖人の弟の名前 旧暦11月28日。 この日は浄土真宗の開祖である 親鸞聖人の命日とされています。 そして毎年11月28日の前後には 浄土真宗の信仰者が最も大切にする 親鸞に対する報恩講 ほうおんこう という 仏事が行われています。 集いを開いて仏法を聴いて 自らの信仰を学びなおしたり、 お徳に感謝したりする日だとされています。 親鸞聖人の像について 親鸞聖人の像は、全国の ゆかりある地に存在しています。 新潟県胎内市には、40mもある 大きな親鸞聖人の像が立っています。 流罪で越後 新潟県 に流された親鸞聖人にとって、 ゆかりのある地であることは間違いないですね。 他にも、長野県にあるの境内には 松を手に持って奉納する親鸞聖人の銅像が建てられています。

次の

尊者・福者・聖人とは?

聖人 意味

それでは、「聖人君子」という語についてもう少し詳しく見ていきましょう。 まずは、「聖人君子」の語が持つ意味を知ることから始めていきます。 「聖人」と「君子」の2つの言葉を合わせたもの 「聖人君子」という言葉は、「聖人」と「君子」という2つの言葉をあわせたものとなっています。 「聖人」とは「最高の人格を持った人物」を意味する言葉です。 「最高の人格」は具体的に偉大で崇高な理想を持ち、政治的指導者としての高貴さを兼ね備えた人物としての品格を意味します。 なお、宗教でいう「聖人」とは意味が異なりますのできちんと区別しましょう。 一方、「君子」とは「聖人」の次に位置づけられる人のことで、優れた人格に加えて深い学識を持っている人物のことです。 よく「君子危うきに近寄らず」という言葉がありますが、そこに出てくる君子がここでいうものにあたります。 つまり、聖人君子とは「最高の人格と優れた学識を兼ね備えた人」を意味し、後で触れるように中国で生まれた儒教の中では人間の理想像とみなされている存在です。 「聖人君子」の語源はどのようなもの? 発祥は古代中国 四字とも音読みであることから「聖人君子」という言葉のルーツは古代中国にさかのぼります。 中国といえば漢字や中華料理などが生まれた地域であるとともに、儒教が生まれたところとしても非常に有名です。 儒教は今から2500年ほど前(紀元前500年ごろ)、春秋戦国時代の中国で孔子によって始められた社会思想体系で、礼儀をベースとしている特徴があります。 当時の中国は各地に諸侯が割拠しては相争う戦乱の時代で、戦乱を終わらせて平和な世の中を作る指導者が求められていました。 そこで孔子は礼儀を重んじ高潔な理想を掲げて、優れた学識を備えた人物が世の中を治めれば良い社会を作ることができると説きました。 その際に孔子や彼の思想を受け継いだ儒家の人々が理想の人物像としたのが聖人君子でした。 割と漢文でおなじみの言葉 さて、一見するととっつきにくい印象のある「聖人君子」という言葉ですが、実は私たちも割と接したことがある言葉であるともいえます。 中学や高校の国語の時間では必ずといって良いほど漢文の授業を受けますが、中でも孔子の言行録である『論語』は古典の教科書では必ず出てくる著書(執筆したのは孔子の弟子たち)です。 在りし日の孔子の言行録であるだけに『論語』には孔子が弟子たち、ひいては後世の人たちに向けて伝えた儒教のエッセンスがふんだんに詰まっています。 このため、「聖人君子」にまつわる言葉も登場回数は非常に多いです。 「聖人君子」という言葉そのものを見たことがないという方も、「君子」という言葉であればたくさん見聞きした記憶もあるでしょう。 『論語』では君子がどのような立ち居振る舞いをすべきかやどのような態度を持って生きていくべきかについて多く触れられているためです。 「聖人君子」の類語には何がある? 次に「聖人君子」の類語として挙げられる言葉が、「名僧知識」です。 「名僧」とついていることから、仏教由来の言葉であることがうかがえます。 「名僧知識」は「仏道の悟りを開いた立派な僧侶」という意味です。 ちなみに、ここでいう「知識」とは立派な僧侶に対する呼び方を指します。 ただ、悟りを開くほどの立派な僧侶であることから、学識面も優れているといえるでしょう。 「雲中白鶴」 文字の見た目から優雅な雰囲気を感じられる「雲中白鶴(うんちゅうのはっかく)」も「聖人君子」の類語の1つに数えられます。 意味は「世俗を超越した心の清らかな人」というもので、その点では先ほども触れた「名僧知識」に似ているといえるでしょう。 中国や日本などアジア各国では鶴は非常に美しく気高い鳥とみなされており、その鶴が美しく飛ぶ姿を気高く立派な人間にたとえた言葉が「雲中白鶴」です。 なお、非常によく似た言葉に「雲間之鶴(うんかんのつる)」というものもあります。 「品行方正」 「聖人君子」という言葉の対義語として最もしっくりくるのが「蕩児愚人(とうじぐじん)」です。 「蕩児愚人」も「聖人君子」と同じように、「蕩児」と「愚人」という2つの言葉が合わさってできています。 2つの言葉のうち「愚人」は文字そのまま「愚かな人」を意味しますが、「蕩児」とはどういう意味なのかがわからない方も多いでしょう。 「蕩児」とは簡単に言えば「遊び人」のことです。 つまり、働いたり勉強したりすることを怠って、遊んでばかりいる人間のことを指します。 以上のことから、「蕩児愚人」とは「遊んでばかりいる愚かな人」という意味になるため、「聖人君子」とは真逆の言葉といえるでしょう。 「小人」 「小人」といっても、子供に対する書き言葉での呼び方や、童話などに登場する背丈の小さい人という意味ではありません。 「小人」とは「つまらない人」や「凡庸な人」を意味し、儒教の世界ではあまり良い評価をされる対象ではない言葉とされています。 さらには、品性の面でも「聖人君子」とは真逆に下劣な人とみなされることも多いです。 ちなみに、この「小人」も「君子」と同じくらい古典(漢文)のテキストでは高い頻度で登場する言葉であるため、受験勉強をしている方はこの機会にあらためて覚えておくと良いでしょう。 「凡愚」 「凡愚」もまた「聖人君子」の対義語に挙げられる言葉の1つです。 こちらも、字の中に「頭が良くないさま」を意味する「愚」が入っていることから、「小人」の場合と同じように「つまらない愚か者」という意味があります。 もちろん、他人に対して面と向かって「凡愚」という言葉を使おうものならケンカになりかねませんので、極力使わないようにしましょう。 「聖人君子」の使い方とは? 「聖人君子」という言葉の意味が「最高の人格と優れた学識を兼ね備えた人」であるとともに、古くから理想的な人間像とみなされてきたことは先ほども触れました。 以上の理由から、「聖人君子」という言葉は他人をほめる時に非常によく使われます。 世の中にほめ言葉は多く存在しますが、目指すべき理想的な人間像であるだけにほめ言葉としての「聖人君子」は最大級の賛辞であるともいえるでしょう。 特に普段からよく評価しているような人から「聖人君子」というほめ言葉が出てきた場合は、素直に受け取っても良いといえます。 皮肉交じりに使う時 「聖人君子」という言葉は一見すると非の打ちどころのない理想的な人物にも見えることから、常にほめ言葉として使われるとは限りません。 むしろ、勉強も良くできる反面、規則をきちんと守るような真面目一徹な優等生タイプの人間に対して皮肉交じりに評価する場合でも使われます。 もし、ご自身が「あなたは聖人君子のようにご立派だ」と言われていても、それで素直に嬉しそうな顔をするのは少し考えものでしょう。 特に相手が日頃ご自身についてどのように評価をしているのかもよく考えたうえで、対応すると良いです。 陰でこっそり言われている場合はなおさら注意すべし ご自身が「聖人君子」という評価をされる際のシチュエーションとして、陰でこっそり言われている場合は、面と向かって皮肉交じりで言われている場合以上に注意が必要でしょう。 というのは、面と向かって言えないような評価だからこそ、面と向かって皮肉交じりでいう以上に悪い意味で「聖人君子」と評価されている可能性が高いといえるためです。 堅物なくらい真面目で、なおかつ知識が豊富な人物に対しては批判することはおろか、冗談を言うことができない人間は少なくありません。 そのような人物に何か言えば杓子定規な反応される場合も多いためです。 このため、話が通じないような人物に何も言えないことから、批判的な人たちがこっそりと「聖人君子」という評価をしている場合もあります。 気が付けば、悪い意味で噂されている場合もあり得ますので、噂として聞こえてきたらご自身について振り返ってみると良いでしょう。 謙遜する場合 謙虚であるというのは昔から日本人の美徳とされていますが、「聖人君子」という言葉は謙遜する場合でもよく使われます。 後で触れるように、「聖人君子」という言葉は否定形で使われる場合も多いです。 特に、周りの人間からやたらとほめられたり良い評価を得たりすることが多い場合は、謙遜の意味を込めて「そこまで聖人君子ではありませんよ」というように照れ隠しのように使うという方も大勢います。 「聖人君子」の例文をご紹介! それでは、「聖人君子」という言葉を使った例文について2つほどご紹介していきます。 特に現実によく使われる例を取り上げておりますので、ビジネスなどでもぜひご活用ください。 聖人君子ではない 自分自身のことを「聖人君子ほど立派ではない」という時によく使われます。 「聖人君子」は学識が豊富で、高邁な思想を持ち、立ち居振る舞いも立派な人間を指す言葉ですが、自分自身がそこまで立派ではないことをあえて強調する場合にこのような例文が出てくることが多いです。 特に自分自身が他人から我慢できないほど嫌なことをされて、怒りや悲しみを抑え切れなくなった場合に、「聖人君子のような立派な人間みたいに我慢はできない」という気持ちを伝える場合でもよく使われます。 聖人君子になりたい 一方で自分自身の目標を語るときに、「聖人君子になりたい」というように使うものもあります。 先ほども見たように、「聖人君子」は古くから理想の人物像とされてきました。 その理想にあやかって多くの人が「聖人君子」を目標とするのも無理もないことでしょう。 「聖人君子」と「聖人君主」の違いとは?.

次の