機種変更 持ち込み au。 auのiPhone11に機種変更|お得に購入する完全ガイド

auの中古ガラケー購入して「持ち込み機種変更」をやった

機種変更 持ち込み au

トップ画像引用元: auの機種変更でかかる料金はいくら? 画像引用元: auの機種変更では、以下の手数料がかかります。 事務手数料:2,000円~3,000円• 頭金:0円~20,000円 事務手数料は金額が明確に決まっていますが、頭金はauショップ側が独自に価格を定めているため、店舗毎に違います。 つまり、機種変更では携帯電話の機種代金や通信料金のほかに、 手数料として合計2,000円~23,000円ほどかかっているということになりますね。 機種変更の手数料は0円にできる? 結論からいうと、 頭金は0円にすることができますが、事務手数料は0円にできません。 事務手数料は、機種変更をするための各種手続きに必要な料金です。 よって、どのショップから機種変更しても金額は変わらず、0円になることもないのです。 頭金を0円にするならauオンラインショップがお手軽 頭金を0円にするためには、以下のショップで購入することが条件となります。 auオンラインショップ• au直営店 これらのショップで機種変更をすれば、店舗によっては20,000円以上かかる頭金を0円にできるのです。 また、より簡単に機種変更の手続きを済ませたいのであれば、を使った方が良いでしょう。 インターネットに接続できる環境さえあれば、 いつでもどこでも機種変更が可能です。 au直営店は利用のしにくさが難点 全国にはauショップがたくさんあるように見えますが、実はそれらのほとんどが代理店であり、機種変更時に頭金がかかってしまいます。 しかし、だからといって au直営店での手続きもあまりおすすめしません。 その理由は店舗数の少なさ。 なんと 全国で10店舗しかないのです。 au直営店一覧• au SAPPORO(北海道札幌市)• au SENDAI(宮城県仙台市)• au HONJOWASEDA(埼玉県本庄市 本庄早稲田)• au SHINJUKU(東京都新宿区)• au みなとみらい(神奈川県横浜市 みなとみらい)• au NAGOYA(愛知県名古屋市 栄)• au OSAKA(大阪府大阪市 梅田)• このような観点からも、からの機種変更をおすすめします。 auの機種変更時に発生する事務手数料は何で決まる? 2,000円~3,000円ほどかかる、auの事務手数料。 この金額は、機種変更前の機種と機種変更後の機種によって決まってきます。 ここでポイントとなるのが、 各機種が使用している回線の種類です。 事務手数料は以下のように決められています。 機種変更前と後の機種で、使用する回線の種類が 同じ場合は2,000円• 機種変更前と後の機種で、使用する回線が 異なる場合は3,000円 つまり、「3G回線」を使用する機種を持っていた人が、「4G LTE回線」対応の機種に変更した場合、 事務手数料として3,000円が発生する、ということです。 また、機種変更前の機種と変更後の機種が共に「4G LTE回線」対応機種である場合は、回線の変更がないため、事務手数料は2,000円になります。 4G VoLTEと4G LTEは別回線! 4G VoLTEとは、4G LTEよりも高音質・高画質を実現した回線です。 同じ4G回線ではありますが、両者は別回線として扱われます。 よって、「4G LTE回線」機種から「4G VoLTE」機種に機種変更すると、 事務手数料として3,000円がかかるので、間違えないようにしましょう。 auの機種変更でかかる頭金は割引ができる?頭金の仕組みとは ここからは、auショップや家電量販店のau取扱店でかかる頭金について、そのシステムを詳しく解説していきます。 頭金=販売手数料 本来、「頭金」とは、商品を分割払いで購入する際に必要となるものです。 しかし、auショップや家電量販店のau取扱店で求められる頭金は、 一般的な「頭金」とは意味が違います。 一般的に「頭金」といえば、契約を申し込む時にその場で支払う、一定額のお金のことを指しますよね。 例えば、10万円の商品を購入する際、頭金としてその場で1万円を支払ったとしましょう。 この場合、残りの9万円分は、後日何らかの形(分割払いなど)で支払いをすることになります。 つまり、頭金=商品の価格の一部なのです。 これは当たり前のことですよね。 先程の例でいえば、本来は 10万円のスマホなのに、11万円の価格で販売しているということに。 ところが、店頭では「このスマホは11万円です」という形で売られているため、一見、何も問題ないように思ってしまいがちです。 しかし、そもそも機種代金に余計な頭金が上乗せされているわけですから、 購入者側は単純に「損」です。 auショップや家電量販店のau取扱店でかかる頭金は、一般的な「頭金」とは意味が異なり、 「販売店手数料」に近いものであると認識した方が良いでしょう。 iPhoneの頭金は高額になるケースが多い! 最近は、iPhoneに高額な頭金が設定されるようになってしまいました。 少し前まで、iPhoneには頭金を付けられなかったのですが、現在はそれが許容されています。 iPhoneはただでさえ人気の機種ですから、 他のスマホよりも頭金が高額になりやすいのです。 中には 15,000円~20,000円という高額な頭金を必要とするところもあります。 しかし、頭金に関する知識がなく、「分割払いの頭金だし、こんなものか・・・」と購入してしまう方も後を絶ちません。 ここまでにも書いてきましたが、やau直営店で機種変更をすれば、頭金は0円です。 頭金はオプションサービス加入で割引可能!だけど・・・ 基本的に機種変更は、auオンラインショップでも手続きがおすすめです。 しかし、auオンラインショップでは、機種や契約プランをすべて自分で決める必要があります。 auショップのように、丁寧に説明してくれる方はいません。 この点は、購入者にとってメリットにもデメリットにもなります。 特に、 スマホやauの契約プランをよく知らない方にとっては、大きなデメリットとなるでしょう。 「だからこそ、auショップなどの店舗で購入したいんだ」という方もいると思います。 もし、auショップでの機種変更で頭金を安くしたいのであれば、 auショップ側が勧めてくるオプションサービスに加入するのが最短ルートです。 しかし、この手段は十分に注意する必要があります。 オプションサービスは高い! お勧めされるオプションサービスには、初月無料のものも多くあります。 また、料金がかかるにしても、月額300円程度が大半でしょう。 恐らく、契約時に「これらのオプションサービスは、1~2ヶ月後に解約していただいて大丈夫ですよ」と言われるかと思います。 そして、多くの人が「あ、それなら加入しておこうかな」と考えてしまうことでしょう。 しかし、スマホの契約から1~2ヶ月も経てば、 大抵の人は解約することを忘れてしまうものです。 加入するオプションサービスは1つでは済まない しかも、加入しなければならないオプションサービスは、有料店舗だったとしても 5個以上になることがほとんど。 悪質なところでは、30以上のオプションに加入させられることもあるようです。 オプション1つは300円程度で済みますが、仮に10個加入すれば、それだけで3,000円に。 年額では36,000円もかかってしまうことになります。 こうなると、頭金をはるかに上回っていますよね。 しかも困った事に、 これらのオプションは解約までの操作が非常にわかりにくいものが多いのです。 そのため、途中で解約を諦めてしまう方も少なくありません。 auオンラインショップのデメリットは簡単に解消できる! 頭金はオプションサービスへの加入で割引してもらえるとはいえ、余計なお金と時間を費やしてしまうリスクも同時に付きまとうものです。 そもそも、auオンラインショップで問題なく機種変更ができるのであれば、頭金で悩む必要もないですよね。 しかし、 auオンラインショップではわからないことが質問できないというデメリットがあります。 機種変更の際によくぶつかる疑問点は、次の2つです。 自分に最適なスマホがわからない• 最適な契約プランがわからない しかし、実はこれらの問題は簡単に解決できるのです。 それは、auショップなどの店舗に行き、店員さんに相談すること。 つまり、 店舗に行っても機種変更はせず、質問だけして帰ってくるということです。 「そんなの申し訳ない」という方もいるかと思いますが、たとえ質問だけでも、店員さんは丁寧に対応してくれますよ。 あとは、教えてもらった情報をもとに、auオンラインショップで申し込みをするだけです。 ひと手間はかかってしまいますが、たったこれだけで、のデメリットは解消できてしまいます。 auオンラインショップで機種変更して頭金を0円に! 画像引用元: 今回は、auの機種変更時に発生する事務手数料と頭金について解説しました。 内容をまとめると次のとおりです。

次の

【やり方を解説!auオンラインショップの機種変更手続き】購入後に行う手続き・初期設定も紹介!

機種変更 持ち込み au

ドコモでスマホを買った店以外でも機種変更ってできる? ドコモユーザーの中には、 「ドコモマイショップ」というサービスに入会している人も多いと思います。 ドコモマイショップによく利用するドコモショップを登録しておくと、 お得な情報を教えてもらえるだけでなく、来店やスマホの予約も簡単にできます。 機種変更や契約内容の変更なども、 毎回律義に登録したドコモショップで行っているなんて人も居るかもしれませんね。 それどころか、ひょっとしたらスマホを買ったドコモショップでないと次回の機種変更や 契約内容の変更ができないと思っている人も居るんじゃないでしょうか。 当然ですが、機種変更や契約内容の変更だけでなく、解約や修理依頼、 料金支払なども全国のドコモショップで行うことができます。 ドコモマイショップに登録しているお店でなくても良いですし、 前回スマホを買った店以外でも全く問題ありません。 スマホを買った店以外で機種変更などができないとなると、引っ越した場合には それだけのために元々住んでいたところに戻ってこないといけませんよね。 それならまだしも、もしスマホを買った店が潰れてしまったら、 機種変更も何もできなくなってしまうことになります。 ドコモマイショップやスマホを買った店にこだわらなくても、 今居る場所の最寄りにあるドコモショップであらゆる手続きを行うことができますよ。 家電量販店では解約や契約内容の変更はできない ドコモショップではなく、 家電量販店のスマホコーナーみたいなところでスマホを買うこともあると思います。 また、最近はあまり見掛けなくなりましたが、ドコモだけでなくauやソフトバンクの スマホも取り扱っているいわゆる「携帯ショップ」で買うこともあるかもしれません。 こうした家電量販店や携帯ショップでも、スマホを買った店でなかったとしても、 機種変更することはできます。 ただドコモショップとは違い、家電量販店や携帯ショップでできることは限られています。 家電量販店や携帯ショップでできるのは ・新規契約 ・機種変更 ・MNPによる他社からの乗り換え だけです。 それら以外の、 ・解約 ・契約内容の変更 ・修理依頼 などは受け付けていないんですね。 ですから、スマホを買った家電量販店や携帯ショップに行っても、 解約や料金プランの変更なんかはできないってことです。 また、スマホの調子が悪くなったからと言って、買い物のついでに 家電量販店のスマホコーナーに持って行っても対応してもらえませんよ。 ドコモショップに他所で買ったスマホを持ち込んで機種変更できる? ドコモで使いたいスマホを販売していなかったり、最寄りのドコモショップや 家電量販店に欲しいスマホの在庫が無いといったこともありますよね。 こういう場合、通販サイトなど他所で買ったスマホをドコモショップや家電量販店に 持ち込んで機種変更することはできるんでしょうか? ドコモショップでは、 通販サイトなどで買ったスマホを持ち込んで機種変更することは可能です。 最初にスマホ持ち込みによる機種変更であることを伝えておけば何の問題もありません。 ただし「機種」と「SIMカードのサイズ」を聞かれるので、SIMフリー端末など ドコモの製品でない場合は事前にチェックしておかないといけませんよ。 またスマホ持ち込みによる機種変更はドコモショップにとっては イレギュラーな対応なので、通常よりも手続きに時間が掛かる場合があります。 家電量販店などでも、 店舗によってはスマホ持ち込みによる機種変更ができる場合もあるようです。 しかし家電量販店などは、スマホを販売することでドコモなどのキャリアから 「1台いくら」という報酬を貰っています。 要するに「スマホを売ってナンボ」なわけで、持ち込みだと報酬が貰えませんから、 断られることの方が多いかもしれませんね。 スマホを持ち込む時は事前に「技適マーク」をチェック ドコモショップにスマホを持ち込んで機種変更するのは良いんですが、 気を付けておかないといけないこともあります。 その1つが、持ち込むスマホに「技適マーク」が付いているかどうかです。 技適マークというのは、「電気通信事業法」や「電波法」に基づく技術基準適合認定を 受けていることを示すマークのことです。 簡単に言うと、「許可されている電波以外は利用できない機器である」ことを 証明しているといったところでしょうか。 技適マークの付いていないスマホを日本国内で使うことは法律違反であり、 ドコモショップに持ち込んでも機種変更の手続きをしてもらえない可能性が大です。 ちなみに、技適マークの付いていないスマホを使った場合の量刑は 「1年以下の懲役または100万円以下の罰金」となっています。 とは言え、 技適マークの付いていないスマホを使って処罰された人は今のところ居ないようです。 日本国内向けに販売されているスマホ、特にドコモなどキャリアが販売している スマホであれば間違いなく技適マークが付いています。 ただ海外向けに販売されているモデルだと、iPhoneやXperiaなどでも、 技適マークが付いていないものもあります。 せっかく目当てのスマホを買っても、海外モデルで技適マークが付いていないので 機種変更できないということも十分にありえます。 ですから通販サイトなどで購入する際には、海外モデルか否か、海外モデルでも 技適マークが付いているかどうかをしっかりチェックしておかないといけませんよ。 auやソフトバンクのスマホはSIMロック解除しても使えない!? 機種変更の場合はともかく、MNPによる乗り換えだとauやソフトバンクのスマホを ドコモで使いたいということもあると思います。 一般的には、SIMロックを解除すればauやソフトバンクのスマホも ドコモで使うことができるとされています。 確かにそれは間違いないんですが、ドコモでauやソフトバンクのスマホを使うには 注意しないといけないこともあるんです。 ドコモでは、他社が販売しているスマホについては動作確認が行われておらず、 ドコモで販売しているスマホ以外に動作保証されているスマホがありません。 なので、いくらSIMロックを解除していても、 auやソフトバンクのスマホがドコモで正常に使えるとは限らないんですね。 大手携帯キャリア3社では、それぞれ対応している電波の周波数が違うことがあります。 そのためauやソフトバンクのスマホをドコモで使うと、電波が弱くなったり、 普段繋がる場所でも繋がらなくなったりすることもあります。 また、テザリングが使えなくなったりなど、 一部の機能に制限が掛かってしまうということもあるみたいですよ。 ただし注意しないといけないのはAndroidスマホだけです。 iPhoneは、大手携帯キャリア3社で仕様が違うということが無いので、 SIMロックさえ解除すれば正常に使えます。 中古スマホを購入する際は「赤ロム」や「アクティベーションロック」にも注意 スマホが年々高機能になるのは良いんですが、それに伴って、 価格も高くなるのはちょっと困りものですよね。 最新機種ともなると、機種によっては本体代だけで100,000円ぐらいするものもあります。 ドコモなど大手携帯キャリアでは、各種割引で本体代が安くなるとは言うものの、 やはり数万円のユーザー負担が発生してしまいます。 そこで費用を抑えるために、中古スマホを購入し、 それをドコモショップへ持って行って機種変更するなんてこともあると思います。 もちろん中古スマホでも持ち込みによる機種変更はできますが、 中古スマホは中古スマホで注意しないといけないことがあるんです。 例えば「赤ロム」です。 赤ロムと言うのは、ドコモなど販売したキャリアから何らかの理由で ネットワーク利用制限を掛けられているスマホのことです。 赤ロムになる大きな原因は ・分割払いの支払いが滞る ・キャリアに紛失・盗難の届けが出されている の2つです。 一旦赤ロムになったものを使えるように戻すのはかなり困難で、 購入した中古スマホが赤ロムだと買い直しを余儀なくされます。 中古スマホを販売しているサイトや販売店では、購入した中古スマホが 赤ロムだった場合に返金・交換してくれる保証を付けているところもあります。 中古スマホを購入する場合は、オークションなどの個人間売買より、 こうした保証のある販売サイトや販売店を利用した方が良いですよ。 それから中古のiPhoneを購入するのであれば、 「アクティベーションロック」がちゃんと解除されているかも確認しましょう。 アクティベーションロックはiPhoneの盗難防止システムで、 これが解除されていないとiPhoneを初期化しても使うことができないんです。 アクティベーションロックを解除するには、「Apple ID」と「パスワード」を入力するか、 iCloudで「iPhoneを探す」のリストから当該iPhoneを削除しないといけません。 いずれにしても前の所有者の協力が必要ですから、前の所有者と連絡が取れないと ロックが解除できず、そのiPhoneは使えないということになってしまいます。 ですから中古のiPhoneを購入する場合は、先の赤ロムに加えて、 アクティベーションロックの解除もしっかり確認しないといけませんね。 オンラインショップではスマホ持ち込みによる機種変更はできない ドコモでスマホ持ち込みによる機種変更ができるのは、基本的にドコモショップだけです。 先にも書いたように、家電量販店や携帯ショップだと、 できる場合がありますが断られる可能性が大です。 ドコモの公式オンラインショップでも、 スマホ持ち込みによる機種変更はできなくなっています。 ドコモに限らず、auやソフトバンクでもオンラインショップでは スマホ持ち込みによる機種変更はできません。 スマホ持ち込みによる機種変更では、 スマホに技適マークが付いているかどうかの確認が必ず行われます。 オンラインショップではその確認ができないので、 スマホ持ち込みによる機種変更ができないんですね。 ただしオンラインショップでスマホ持ち込みによる機種変更ができないのは 大手携帯キャリア3社だけで、ワイモバイルなら問題無くできます。 ワイモバイルでは、自己責任ということで、 スマホ持ち込みによる機種変更時に技適マークの確認が行われません。 ですからワイモバイルショップに行かなくても、 オンラインショップで機種変更の手続きができます。 スマホ持ち込みによる機種変更で必要なものは? 通常の機種変更で必要なものと言うと、今使っているスマホぐらいですよね。 運転免許証など本人確認書類もあった方が良いですが、 機種変更だけだと本人確認書類を求められることはあまり無いと思います。 また料金の支払い方法を変更しないのであれば、クレジットカードや キャッシュカード・通帳など支払いに関するものも持って行く必要はありません。 強いて言えば「ハンコ」ぐらいは必要ですが、 これもサインで代用できるので持って行かなくても問題無いですね。 ではスマホ持ち込みによる機種変更の場合は、どのようなものが必要なのでしょうか? 基本的には通常の機種変更と同じで、本人確認書類やクレジットカードなど 支払いに関するもの、ハンコなどを持って行かなくても問題ありません。 必要なのは、今使っているものと機種変更先となるもの2台のスマホだけです。 それから、スマホ持ち込みによる機種変更に掛かる料金は、 通常の機種変更と同じで、事務手数料2,000円となっています。 ただしこの事務手数料とは別に、これまた通常の機種変更と同じで、 ドコモショップの手数料である「頭金」も請求される恐れもあります。

次の

auのiPhone11に機種変更|お得に購入する完全ガイド

機種変更 持ち込み au

auで機種変更をしようとしたら、分割契約がまさかのNGになったと言う経験はありませんか? 見に覚えのない人もいれば心当たりのある人もいるでしょう。 分割審査に落ちる理由としては、キャリア側で何らかの金銭的理由により 支払い能力に問題があると判断されているからです。 主な理由としていくつか原因があるので、今日は審査基準について話していきます。 支払い能力がない人と判断されないようにするにはどうすればよいのでしょうか。 *スマホやドコモなどの最新情報発信* LINEにてスマホの最新情報お届けしてます。 話題の最新スマホ情報や 特価スマホや品薄商品の在庫状況などをお届けしてます。 是非、登録してください。 どうして審査に落ちるのか 携帯電話料金の未納 携帯電話料金の支払いが滞った事は無いけど、 実は今月分が口座から引き落としができてなかったと言う人が稀にいます。 口座に残高が足りなかったことが原因で、 auの支払いが出来てないと機種変更の審査に落ちます。 ただ店頭でも支払う事は可能なので、スタッフからその事実を言われたときに すぐ支払いができればそのまま審査は継続し機種変更は出来ます。 社会人として、口座の残高チェックはしっかりと行っておきましょう。 大抵心当たりがある人が多いようですが、携帯電話キャリア同士はお客様の支払い情報を 共有しておりどこに未納があるかを調べたらすぐにわかります。 もちろん滞納回線数が多ければ多いほど調べるのに時間がかかり、 審査の時間が長くなりますが回線数も金額も分かります。 その場合は、再度来店して手続き時に「支払いをしたことが分かる領収書」を持参しないと 審査が通らないことが多いです。 他社の未納は新規契約にもかなり影響するので、 支払いが滞っていると分かっているのであれば契約ができないと思ってください。 機種変更だと新規契約より基準が若干甘いので、機種変更はできるけど分割が 組めないだけとなりますが新規契約は契約NGになります。 未納の回線数が多いとお金を支払う能力がないと判断され、 すべて支払ったとしても分割契約を断られ一括購入のみの契約と言われます。 強制解約されたことがある auでは支払いを行わないまま数ヶ月放置をすると、強 制的に解約されてしまいます。 未納状態だと回線停止となり携帯電話が 使用できなくなるので誰でも気づきますが、 その後に督促状が2通ほど届き、それでも支払いがないと強制解約の通知が届きます。 その通知を受け取っても期限までに支払いがない場合は、強制的に解約と言う措置をとられてしまいます。 auとしても支払う気がないのに、回線継続をさせているのは許せませんよね。 長期間未納のまま放っておくと、支払いの義務をauから法律事務所に託されます。 auに問い合わせても支払い残高は分からないようになります。 再度契約をしたくてもまずは法律事務所とやり取りをしなければいけないので 手続きが進みづらく、面倒な状況になります。 ショップスタッフも法律事務所の電話番号を伝えて終わりです。 未納状態から強制解約まで約3〜4ヶ月の印象ですが、確実に期間は決まっていません。 またその状態までいくと、今後契約をしたいときに預託金が必要となる場合があります。 「契約はできるけど最初に5万円先に渡してください」というものです。 ある程度時間が経過し問題がなければ返金されますが、 また支払いが滞った時に預託金で未納分に充てる為です。 短期契約・解約を繰り返している 契約直後に解約をしたり、新規契約と解約を繰り返している人は審査が通りにくいです。 利用しない端末を分割で購入しすぐに解約をすると言うのは、転売の疑いが考えられます。 そして、そのような契約をする人は支払いが滞る可能性が高いです。 短期解約をするのであればやむを得ない場合でも、最低3ヶ月は回線維持したほうが良いです。 契約をした月に解約をすると通常の人でも次回何かを新規契約をしたいときに審査が通らなくなります。 そして、次回の契約ができるまでに半年以上の期間を空けないといけないのです。 CIC信用情報に問題がある 私たちの料金支払いの情報は「CIC」と言う指定信用情報機関に登録をされています。 割賦販売やローン契約、クレジットの支払いの実績を管理しており、私たちの支払い状況が履歴に全て残っています。 携帯電話料金だけでなく普段使っているクレジットカードの支払い状況も管理されており、 滞りがあったり未納状態だと支払い能力がない人として情報が残ってしまいます。 そのため、今後分割を組んだり様々なローンを組んだりクレジットの与信枠をあげたりすることも難しくなります。 信用情報として登録されている項目は、氏名・生年月日・郵便番号・住所電話番号・勤務先・クレジットカードを 使ったときの内容や支払い状況を表す情報・支払い能力を調査するための記録などがあります。 つまり、支払っていないものは全て筒抜けと言うわけです。 反対に期日通りに支払いをしていればCICには良い情報が蓄積されていき、信頼度が上がるため分割も組みやすくなります。 携帯電話の分割代金もこちらにしっかりと含まれるので、返済を軽く見ると信用情報に傷がつき将来苦労することが増えます。 支払うか支払わないかで生活に大きく影響してくるのです。 ちなみに500~1000円程、支払えば自分の情報を自分で開示できます。 どうしても気になる人は、ネットを使えばすぐに原因を確認する事が可能です。 機種代金とアクセサリー類を含め総額が10万円以上になった場合、 審査基準が厳しくなります。 世帯情報や職業、年収の提出が必要となり、それを基に審査が進みます。 これまで何一つ支払いを滞ったことがない人も、 専業主婦や学生だと10万円以上の分割が組めない場合があります。 どのような審査基準かは開示されていませんが、 支払い能力の有無で判断されるのだと思います。 最近ではスマホ自体が10万円以上するものもあるので、延滞をしたことが無い人も 分割が組めないとなると10万以下に分割を組むように 機種代金の一部を頭金として納めるか、機種代金全額を支払っていくかのどちらかになります。 ブラックリストに入っているのか 数ヶ月に渡る支払い遅延は支払い能力のない人と判断され、 CICに5年間履歴が残ります。 携帯電話料金を毎月支払っていても割賦審査に落ちる場合、 CICに何か登録されているかもしれないので情報開示の請求をしてみてはいかがでしょうか。 割賦を組むと言う事はお金を借りると言うことです。 審査において収入の有無より安定した継続的な支払い履歴が必要です。 例えば、学生は未成年のなので親権者の信用情報を借りて審査をしますが、 親がお金にルーズだと子供も審査に通らない場合があります。 また、家族全員分の支払いを夫が支払っており、 その料金が滞ってしまうと家族全員が審査で通らないくなることもあります。 巻き添えをくらってしまうのです。 代表者は責任をもって支払いをしてほしいですね。 ブラックリストに入るのは携帯電話料金だけでなく、 カードローンやキャッシングのような借金をしている場合も大きく関係してきます。 借金をしていても返済期日を守っていれば審査に通る可能性はありますが、 キャッシング等はクレジットカードと異なり「支払期限を長引かせて支払いがすぐにできない」という意味合いも含まれているので 審査に通りにくいです。 審査結果に期待をしない方が良いでしょう。 auでは、他社キャリアのように自分自身がブラックリストに入っているのかや 分割契約が通るかを調べる方法がありません。 店頭で実際に機種変更してみて分かるか、過去に審査に通らなかったことがあるか、 体験してから分かる感じです。 機種変更は新規契約と違い、契約を断られる可能性はだいぶ低いです。 しかし、分割を組めないことは珍しくありません。 機種代金さえ先に払えば契約ができます。 ただ何度も書いてますが最近のスマホは10万を超えるものも多く なかなか一括購入は難しいですよね。 そんな時におすすめなのがクレジットカードでの購入です。 「クレジットカードを持ってない」 スマホの分割も組めないのにクレジットカード何か作れるの?と思う人もいるでしょう。 確かにCICのブラックリストに載ってしまっているのなら難しいかもしれませんが 収入や職業が理由で分割組めないなら十分にクレジットカードを作る事ができるかと思います。 クレジットカードを作り、分割なりリボ払いにすれば問題ないでしょう。 クレジットカードのなかでもおすすめしたいいのが「楽天カード」です。 クレジットカードの中でも物流系といって元々商品を購入しやすくする為に クレジットカードです。 ですので審査が普通のクレジットカードとは異なるそうです。 以前は分割組めないといわれたけど、あれからだいぶ時間がたったからもう大丈夫? 確認したいけど店舗で聞いてもしブラックだったら恥ずかしいし、時間が無駄だし 何か方法ないの? なんて思っているの人にオススメなのがau Online Shopを利用した機種変更です。 登録は15分ほどで終わるので、審査が早ければ翌日に商品発送になります。 またau Online Shopだとauショップやヤマダ電機、ビックカメラなどの家電量販店では 3000~10000円程かかる頭金が無料です。 オンラインショップを使った事がない人やスマホに慣れていないので色々と相談したいという人もいるでしょう。 そんな人にオススメなのがオペレートチャットです オンラインショップにアクセスするとこのようなバナーがあり そこで色々と相談する事ができるので これを使えば、購入前の疑問を解消する事ができるでしょう。 ブラックで断られる不安を払しょくするのはもちろん 時間的にも金銭的にもメリットがあるので是非、機種変更の際は au Online Shopをおすすめします。 ここでau Online Shopについて漫画で確認してみましょう。 参考URL: まだ使った事がないので利用方法が知りたい! はじめてなんで不安だなぁという人は 是非一度こちらの動画をご覧ください。 au公式が公開している利用方法動画です。 そしてau Online Shopはこちらよりアクセスできます。 しかしながら、使用した料金を支払うのは社会人として当然であり 料金が滞るのは通常では考えられません。 毎回支払いが遅れている人はそれに慣れてしまい、 もう少し遅れてもいいやと言うような考えにもなってきます。 長い人生の中で、信用情報に傷がつくと後々後悔することが増えてくるので しっかりと考えた方がよさそうです。 ショップ店員も審査結果を告げるのは気を使いますし、 言われた本人も気まずいと思います。 auでは契約を前提に全て案内をしてから登録を入れるので、 審査に落ちるとそれだけの時間が無駄になります。 割賦審査に不安のある人はau Online Shopを使い機種変更するのが良いです。 この記事を読んだ人はこの記事もほぼ読みます。 話題の最新スマホ情報や 特価スマホや品薄商品の在庫状況などをお届けしてます。 是非、登録してください。

次の