ハイネ イーゲル 特徴。 濃厚流動食品 ハイネイーゲル

ハイネイーゲル500ml 12袋

ハイネ イーゲル 特徴

販売・購入については特別な規制等はございません。 しかしながら、オーエスワンは原疾患が治癒するものではありません。 適切に使用しないと期待する効果が十分に得られないことがあります。 使用に関しては医師の診察を受けることを指導してください。 【参考:「医師に指示された場合に限り... 」という表示について】 健康増進法 特別用途食品制度 内 「別添1 特別用途食品の表示許可基準」に以下の記載があります。 オーエスワンはこれに準じ上記の表示を掲載しております。 『個別評価型病者用食品の許可された場合の必要的表示事項は次に掲げる通りとする。 (中略)イ 医師に指示された場合に限り用いる旨』 1 健康増進法 特別用途食品制度 内 「別添1 特別用途食品の表示許可基準」 袋に記載されている栄養成分表示(1袋あたり)、ならびに1袋を規定量(30gを1Lまたは15gを500mL)の水 正確に計量 に溶解後の関与する成分の濃度は、オーエスワン、オーエスワンゼリーと全く同じです。 なお、溶解後のpH(液:4. 2・ゼリー:3. 4g、食塩相当量2. 97g、カリウム794mg、マグネシウム25mg、リン63mg(欄外として ブドウ糖18. 7g、食塩相当量1. 485g、カリウム397mg、マグネシウム12. 5mg、リン31. 5mg(欄外として ブドウ糖9. 15g 、塩素900. 5mg) 【参考:以下は、製品には記載なし 粉末なので。 計算値】 溶解後の栄養成分(100mLあたり) エネルギー10. 0kcal、タンパク質0g、脂質0g、炭水化物2. 5g、ナトリウム115mg、カリウム78mg、塩素177mg、マグネシウム2. 4mg、リン6. 2mg オーエスワンの飲用について、特に何ヶ月からという決まりはありません。 小児急性胃腸炎診療ガイドライン2017年版では、「生後2か月未満は特別な配慮が必要であり、急性胃腸炎以外の病態を合併していることを考慮する必要もありますので、医療機関を受診すること」とされていますので、その場合はかかりつけの医師にご相談ください。 また、オーエスワンゼリーについては物性面での飲用における配慮が必要になってまいります。 オーエスワンゼリーは「舌でつぶせる」程度の硬さですので、離乳中期以上の児にお試しいただけると思います。 但し、食べる機能の発達には個人差があるため、硬さが適切かどうか十分注意をしながら与えるようにしてください。 次のような特徴をもつ食品です。 udf. html(2018年12月現在) 本品は、咀嚼が必要となる硬さを有していますので、エンゲリード等のゼリーやペースト食の丸飲み嚥下により食事摂取できている方で、食形態のアップが可能と思われる方に使用できます。 また、現在ペースト食を摂取されている方で摂取時にペースト食を咀嚼して飲み込んでいる方などの咀嚼から嚥下までの一連のプロセスを必要とする場面でご使用ください。 なお、プロセスリードは丸飲みできません。 使用の際には医師にご相談ください。 健常人に対して吐き出し法にて、本品咀嚼中の物性変化や嚥下直前の食塊の状態を調査した報告があります。 施設へ入居中の健常高齢者に対して本品が咀嚼を必要とし嚥下時にはペーストと同等の食形態となることが示されています。 【参考文献】 Kazuharu Nakagawa. et al:Jpn J Compr Rehabil Sci.

次の

第2回 半固形化経腸栄養剤を知ろう!使いこなそう!|胃瘻栄養で半固形化栄養材を使いこなす!|NPO法人PDN

ハイネ イーゲル 特徴

スポンサーリンク 世界192カ国で愛されるハイネケン ハイネケンってどこの国のビールが知っていますか? もちろん当ブログの読者のみなさまなら知っていますよね? そう、 オランダです! オランダのアムステルダムに1873年に生まれた醸造所であり、この醸造所を代表するブランド名でもあります。 創立当時はごく小規模な醸造会社でしたが、140年以上経った今では、何と世界192カ国で販売。 世界的には様々なスタイルのビールを製造していますが、現在日本で購入できるのは1種類のみ。 こちらは麒麟麦酒との合弁会社ハイネケン・キリン株式会社がライセンス生産を行っています。 では、日本で楽しめるハイネケンの特徴とは、一体どういったものでしょうか。 ハイネケンの味と特徴は? 日本でハイネケンと言うと・・・ 残念ながら「味が薄い」「まずい」というイメージを持つ人も少なからずいるようです…。 もちろん味や風味の濃いエールビールなどに比べると「味が薄い」と感じがちです。 しかし、エールビールとラガービールを比べる事自体ナンセンス! なんたって別物ですからね。 ハイネケンのスタイルは、ラガービールの1種である「ピルスナー」。 特徴としては強めの炭酸と爽やかな喉越し。 苦みやキレもしっかりとあるのにコクがリッチなのがとても素晴らしいです! さらに、わずかではありますが香るフルーティーな香り。 これらがうまく調和し、ハイネケンを作り上げているんですね。 ピルスナーは日本人にとても馴染み深いスタイルですが、実は麦とホップのバランスが難しいビール。 そういった意味でもハイネケンは、 非常にバランスのとれたビールと言えると思います。 では、これらの特徴を生み出す秘密はどこにあるのでしょうか。 ハイネケンをハイネケンたらしめる「A酵母」 ハイネケンは大麦麦芽、ホップ、水に加え「A酵母」を使用してビールを醸造しています。 A酵母とは、ハイネケンが19世紀に発見したものです。 現在にいたるまで ハイネケンのためだけにオランダのみで培養され、世界各国の工場に送られています。 実はこのA酵母が非常に重要で、先に挙げた「バランスのよい味わいとフルーティーな香り」を生み出しているんです。 つまり、このA酵母あってのハイネケンなんです。 一切の妥協なし!28日間の醸造 さらに、ハイネケンの醸造には約28日間かかります。 これは一般的なビールの 約2倍。 あのリッチな味わい、爽快なキレを生み出すにはこれだけの時間を費やしているんです。 品質に一切の妥協なし! こういった独自の製法や手間をしっかりかけて、ハイネケンは生み出されているんです。 瓶?缶?いや、エクストラコールド!? 日本で飲めるハイネケンは、ピルスナーの1種類のみですが、飲むスタイルは4種類程度あります。 まずは瓶と缶。 瓶は330ml、缶は350mlで、スーパーやコンビニなどでも購入する事ができます。 価格は瓶250円前後、缶200円前後。 その温度ゆえ、キレ喉越し最高! さらにサーバーの注ぎ口も凍っていたりと見た目のインパクトも大。 寒〜い季節であっても、お店にあったら一度はオーダーしておきたい1杯です。

次の

第2回 半固形化経腸栄養剤を知ろう!使いこなそう!|胃瘻栄養で半固形化栄養材を使いこなす!|NPO法人PDN

ハイネ イーゲル 特徴

人にとって自然な食形態 経口摂取に近い状態の半固形化栄養剤 半固形栄養剤は、1998年の発売以来、栄養剤メーカー各社より様々な粘性や物性あるいは栄養学的な特徴を持つ製品が開発され、現時点では10種類を超える製品が市販されています(注:2010年3月時点)。 物性を工夫することによって、液状栄養剤に比べて短期間での注入が可能になり、より生理的な消化管運動や消化吸収作用を引き起こすことを期待して開発されました。 そのことで従来の液状栄養剤で起こりうる逆流などのリスク、さらには介護負担の軽減効果が報告され、急速に使用が増加しています。 もともとわれわれは、食物を口の中で噛み砕き半固形の状態で嚥下します。 このとき胃は、食物が咽頭や食道を通過する刺激によって前もって弛緩し 受容性弛緩 、受け入れの準備をします。 続いて食物が胃に到達すると、その圧刺激によって胃はさらに弛緩してより多くの食物を受け入れられるようになります 適応性弛緩)。 その後の蠕動運動によって食物は撹拌・粥状化され、十二指腸へ少しずつ排出され消化吸収されます。 一方、胃瘻から時間をかけて液状栄養剤をゆっくり注入すると、前述した胃の弛緩が起こらないため、通常の食事のような消化管運動が起こりにくく、消化吸収能にも影響することが予測されます。 半固形化栄養剤の短時間胃内注入法では、口腔内から食道をバイパスしてはいますが、短時間である程度のボリュームを持った粥状物が胃内に入るため、より生理的な蠕動運動や消化吸収が期待できると考えられます。 このように、半固形栄養剤は、患者さん本人および介護者にとって非常に魅力的な栄養剤ですが、わが国独自の形態であり、またエビデンスとなるべき研究はほとんどなく、現時点では現場で試行錯誤しつつ使用しているというのが実情です。 そこで今回、半固形に分類される栄養剤について、その特徴と使用方法のポイントをまとめてみました。 半固形とは? 半固形の分類 半固形と固形について明確な言葉の定義はなく、一般に栄養剤をゲル化して容器から取り出しても形が崩れないものを固形、それ以外の粘度をつけたものを半固形として使っていることが多いようです。 ここでは両者を区別せず、いずれも半固形として取り扱うことにします。 現在胃瘻から投与されている半固形化栄養剤は、以下のように分けられます。 半固形化の材料:増粘剤とゲル化剤 半固形化するために用いられる材料は、主に粘性多糖類ですが、使い方によって呼び方が変わります。 つまり少量使用することで高い粘性を示す場合を「増粘剤」、液体のものをゼリー状に固める作用(ゲル化)を目的に使う場合を「ゲル化剤」と区別されます。 増粘剤にはグァーガム、キサンタンガムなどが、ゲル化剤には寒天、ペクチンなどがあり、現在市販されている半固形栄養剤や、増粘剤・ゲル化剤にはデキストリンと上記増粘多糖類が含まれています。 図1 ペクチンとカルシウムイオンの エッグボックスモデル 増粘剤は水に溶解あるいは分散することで粘ちょう性を生じますが、それぞれ粘性、耐酸性、耐熱性などに違いがあり、また組み合わせて使うことで相乗的な増粘効果を発揮するため、併用されることも多いようです。 一方、ゲル化剤として多用されるペクチンは、カルシウムイオンなど二価金属イオンの存在下でゲルを形成します。 この反応の安定性のためには最適な量のイオン化カルシウムが必要で、さらに栄養剤に含まれる全可溶性固形分、酸度、イオン強度、カルシウムの利用率などが、複合的に最終的なテクスチャーと安定性に影響します。 市販の半固形栄養剤では、ハイネゼリーが寒天によるゲル化、その他の製品はグァーガムなどによる粘度調整がなされています。 (現在市販されている主なやは、各リンク先のPDNレクチャーをご覧下さい。 ) 変わる粘度値 図2 回転と粘度 さて、今少し触れましたが、もうひとつの分類の仕方に「粘度」があります。 これはmPa・S ミリパスカル秒 という単位で表され、数値が高いほど粘度が高い、つまりドロドロ程度が強くなります。 粘度は市販のほとんどの半固形栄養剤に表記されていますが、その範囲は1,000~20,000mPa・Sと大きな幅があります。 ただし、検査値はあくまでも胃に入る前の粘度であり、かつ測定時の温度や撹拌数などの条件や測定器具は統一されたものではありません。 ちなみにPDN編集部で行った市販ヨーグルトの粘度調整実験では、同じ粘度計を使用しても回転数を変えたり(1分間に6回・12回・30回・60回)、ローターの種類を変えたり(測定する物性と回転数に合わせ、誤差が最小限になるよう適正なローターを選択)すると粘度値が変わりました 図2。 従いまして、製品の粘度だけで逆流防止の判定指標にすることは問題がありそうです。 半固形化で期待されること メリットいろいろ ここであらためて、胃瘻栄養での半固形栄養剤投与で期待できるメリットを列挙してみます。 1)胃食道逆流による逆流性食道炎や誤嚥性肺炎を軽減できる 実は現時点では半固形化で逆流が防げるという学問的な裏付けはありません。 日本以外の国で普及しているのは液状製剤だけということもあり、少ない症例や施設単位での効果報告にとどまっているのが現状です。 唯一論文として採用された報告では、2,000 mPa・Sの製品を使った検討で、液状製剤との間に逆流に関して有意な差は認めなかった、という結果でした。 原因として、経腸栄養を開始すると唾液の分泌量が増加しますので、口腔内の細菌を含む唾液誤嚥の関連も影響しているかもしれません。 2)瘻孔からの漏れ、スキントラブルが防止できる 半固形栄養剤では胃の生理的な拡張および貯留能が発揮されることと、物理的に液体より漏れにくいことが理由と思われます。 3)血糖や消化管ホルモン分泌異常が軽減できる 半固形化栄養剤の投与で、通常の経口摂取と同様の消化管の蠕動運動とそれに引き続く消化吸収作用が起こるため、液状栄養剤に比べてより生理的なインスリンや消化管ホルモンの分泌が期待されます。 そのことは、ダンピング症状や下痢の防止にもつながります。 半固形化栄養剤投与でも改善しない下痢の場合は、感染性腸炎や薬剤性など他の原因を鑑別する必要があります。 また製剤によっては食物繊維の含有量 0. 4~2. 4)投与時間が短縮できる 投与時の同一姿勢の短縮による褥瘡の防止、リハビリなどの活動にかける時間が確保できるため、ADLの改善が期待されます。 また、介護者の時間や労力の負担軽減は明らかで、ある施設では、平均注入時間が従来法の2時間から15分に短縮され、下痢の改善なども相まって、職員の時間外勤務時間が著明に減少したなど、多数報告されています。 したがって、ある症例に効果的であっても、他の症例にも当てはまるとは限らないことを理解してほしい、ということです。 逆流の高リスク症例で逆流防止が目的であれば、エビデンスがないとはいえ、できるだけ高粘度の栄養剤が望ましいでしょう。 一方、逆流のリスクは高くなく短時間投与が目的であれば、注入しやすい比較的低粘度の製剤が好まれると思います。 また、低粘度の製剤や液状栄養剤に、前もって胃内に投与しておくタイプの増粘剤を使用すると、胃瘻だけではなく経鼻チューブでも投与の可能性が拡大します。 つまり、現時点では患者さんの状態(基礎疾患、褥瘡の有無あるいは高リスク、消化器症状、瘻孔からの漏れやスキントラブルの有無など)や介護状況(経済力、介護力、介護者の理解力、在宅か施設かなど)を検討して、個々の症例ごとに使い分けるというのが実用的のようです。 逆流予防を考慮した水分追加法 ところで、半固形栄養剤は短時間で一定量を胃内に注入するため、水分追加方法に注意が必要です。 ただし栄養剤投与直後に追加すると、胃内で栄養剤の物性が変化し、半固形としての効果が減退することが考えられます。 よって、投与後の追加はルート洗浄程度だけにして、食間に必要量を投与するか、とろみつきの水分を投与する、あるいは最近発売された十分な水分を含む製剤 ハイネゼリーAQUA、など を用いる方法があります。 福井県立病院では半固形、液状にかかわらず、栄養剤投与前に必要な白湯を15分程度で投与し、約30分経過してから栄養剤を投与するようにしていますが、特殊な症例を除き、逆流は防げています。 水分投与方法につきましては、で詳しく述べられる予定です。

次の