美智子 さま いじめ。 美智子様に意地悪した人は誰?性格きつい・雅子様に冷たい説を検証!

美智子さま 再検査発覚も「雅子さまいじめていた」と心ない声

美智子 さま いじめ

現在の40代以上の人は、かろうじて香淳皇后を覚えているでしょうか。 昭和天皇の奥様で、62年も長期間、皇后をしていた久邇宮 くにのみや 家出身のお姫様です。 あんまりテレビでは見かけなかったですが、たまに見るとでっぷりしたおばあちゃんだなーと思ってました。 子供の頃は、国民にたいへん人気だった美智子さまの嫁イビリをしたお姑さんとしての方が有名でしたっけ 笑。 でも、いま思い返すと、おっとりとした優しそうな方だなあと思います。 【参考】 香淳皇后のプロフィール 昭和を生きた方は、本当にエピソードが多くてまとめるのが大変ですが、簡潔に。 名 前:香淳皇后(こうじゅんこうごう) 生年月日:1903年(明治36年)3月6日 ~ 2000年(平成12年)6月16日 在 位:1926年(大正15年・昭和元年)12月25日 ~ 1989年(昭和64年〉1月7日 本 名:良子(ながこ) お 印:桃 第124代、昭和天皇の皇后さまで、第125代の平成の上皇のお母様。 今上 令和 、秋篠宮文仁親王、黒田清子さんの祖母で、愛子さまと悠仁さまのひいおばあちゃんにあたる方です。 生粋のお嬢様育ちで、写真を見てもお雛様のように可愛らしく、人を疑うことを知らない方だとよく言われています。 この時代の公家や宮家、旧華族の方々は、みな優雅でした。 香淳皇后のカラー写真はないけれど、即位礼のときの装束を後にお召になったと言われているもの。 大正のものとそっくり。 雲の上の方々は、自分たちの息がかかった女性を天皇の妃として日本最高の権威を手に入れたいため、我先にと自分の息がかかった女性を推薦したいので、派閥が発生します。 香淳皇后(当時は良子)が皇太子妃に内定した後、他の女性を推薦したい思惑を持っている勢力が、香淳皇后の家系に色覚異常の遺伝があることをリーク。 子孫にも遺伝していく可能性が指摘されたため、皇統に色覚異常の遺伝子を入れていいものか、と、軍部と政界に強い影響力を持っていた元老の山縣有朋 やまがたありとも らが、香淳皇后に婚約辞退を迫ったのです。 宮中はもちろん、政界や世の中を巻き込んだ大騒動に発展し、「宮中某重大事件(きゅうちゅうぼうじゅうだいじけん)」という名前がつけられるくらいの事件になりました。 しかし、香淳皇后を推薦した貞明皇后を筆頭に、旧宮家や旧家族の方々が結束して婚約の破棄に反対を表明。 最後は昭和天皇の「良子(ながこ) がよい」という意向で、婚約破棄の話はお流れに。 山縣有朋の影響力はすっかり弱まってしまい、まもなく死去してしまいました。 昭和帝と香淳皇后は、非常に仲の良いご夫婦でした。 おふたりの間には結婚後10年以上男の子が生まれず、見かねた側近から側室を勧められましたが、昭和天皇が「良子 でよい」と断ったバージョンもあります。 神話の時代から昭和の今の今まで、天皇家の直系にずーーっと民間の血は入っていなかったし、香淳皇后自身がバリバリの正統派皇族でした。 伝統を覆すのは、やはり相当の抵抗があったのでしょう。 しかし上皇の強い意志と、昭和帝は美智子さまの母親の富美子さんが苦手だったものの、最終的には「皇太子が選んだ女性ならいいじゃないか」という暖かい寛容な賛成により、美智子さまの入内が叶います。 昭和帝は生物学を学んでおり、あまり血を濃くしないほうが優生学上いいと考えていらしたのでしょう。 美智子さまティアラ事件 そして実際に美智子さまが入内したあと、皇室の複雑なしきたりを教えるのは香淳皇后の役割です。 旧皇族や旧華族ご出身の方でもマスターするのは大変なのに、民間出身ではなおさらのこと。 いろいろとお教えしようとしたのですが、美智子さまは予想以上にたいへん我が強かった。 香淳皇后とはウマが合わず、「ティアラのつけ方が違う」と何度注意しても、これを聞き入れない。 相談を受けた高松宮妃喜久子 きくこ さまが、やんわりと注意して位置を直したそうですが、その数分後に美智子さまは、 ご自分で元のオリジナルの位置に戻してしまったそうです。 「もうお教えしません」と言われてしまいました(皇室でこういう態度は良くないです^^;)。 美智子さま夕食をボイコット事件 皇居の夕食は、天皇皇后両陛下と皇太子ご夫妻がいっしょにとられておりましたが、やはり香淳皇后と美智子さまはぎくしゃくしていていた様子です。 美智子さまがぎこちない雰囲気に耐えられなくなり、何回か続けて夕食を欠席されたことがあるそうな。 これが何回も続くと「美智子は来るに及ばず」と、さすがの昭和帝もご不快をあらわにされました。 数人の侍従になだめられて数日後、美智子さまはどうにか夕食の席に戻られたというエピソードもあります。 時代が移り変わったせいもありましたが、美智子さまは姑のご自分以上に衣裳はどんどんつくるし、静養は 軽井沢のホテルを豪華に一ヶ月借り切っていましたし、海外公務にもたくさん行ってました。 昭和帝もちょっと甘やかしすぎじゃね?と思いますし、香淳皇后もたいへん寛容だったと、私は思います。 スポンサーリンク 香淳皇后が美智子さまを無視事件 それでも香淳皇后だって人の子、そういうことが重なり、立場的にはるかに格上の自分より、嫁の美智子さまの方に国民やマスコミの注目度が断然高い。 おもしろくないわと思ったって仕方がありません。 動画は見つからないのですが、昭和50(1975)年9月30日、昭和帝と香淳皇后がアメリカ訪問にご出発になる日のこと。 昭和帝は美智子さま、続いて皇太子 現在の上皇 に丁寧に頭を下げられました。 その後に続いた香淳皇后は、常陸宮さまに挨拶なさったあと、美智子さまの前をすっと通り過ぎ、皇太子さまに深くお辞儀をされたのです。 モニターの画面に映る映像は後ろ姿でしたが、美智子さまの前を素通りされたのははっきりわかりました。 このシーンの一部始終は、テレビで日本中に放送されていたというのに、日本国民に皇室内の不仲が知れ渡ってしまったのです。 これには、当時の侍従として有名な浜尾実氏もたいへん驚いたとのことです。 晩年は美智子さまに仕返しされた? 美智子さまには、おもしろくない部分が残っていたのでしょう。 ご実家は日清製粉ですし、弟妹が婚姻により財閥と閨閥を持ったので、マスコミを利用できるようになった美智子さまは、 ・痴呆が入った香淳皇后の姿をマスメディアにさらしたり ・外部と連絡を取るための電話を取り上げたり ・香淳皇后の馴染みの侍女を退け、自分の息のかかった女性たちに取り替えて孤立させたり という、「昔の仕返し」としか思えない、たいへん冷酷な仕打ちをなさっています。 美智子さまには、このようにあまり良くない噂もあります。 香淳皇后は昭和帝崩御後、皇太后となってからは、吹上御所で6人の少数の侍女たちとともに、静かに暮らしていました。 昭和帝が先に崩御されてしまい、本当にさみしかったと思います。 お姫様って家の中で守られてなよなよしてるものかと思っていたのですが、あの時代にあれだけ気丈に生きて、子供もきちんとと育て上げたのですからすごい方です。 昔の女性らしく慎ましやかで、あまり表に出てらっしゃらない方でしたが、このように動画でみると、大変穏やかで優しそうなおばあちゃんです。 とにかく激動の時代を統治した昭和天皇の横に、自然におられる存在感。 特に国民の歓声に応える「お手ふり」が、現在のアイドルちっくに手のひらをばーんと見せて横に振る方法と違い、どちらかというと手の甲を見せつつ振り振りされるやりかたが、貫禄があって好きです。 昭和帝も 香淳皇后 も、次の御代ことには口出しせず、静かに見守ってわきまえておられましたよね。 1年半も皇居に居続ける上皇ご夫婦と、この点はどうしても比べてしまいます。 【参考】 スポンサーリンク スポンサーリンク 美智子様は、唯我独尊ともいえるソーサーハット(皿帽子)の被り方や立ち振る舞いなどに見られるように自己主張が強く、それまでの皇室の伝統と違った行動から香淳皇后と軋轢はあったでしょう。 どちらが善でどちらが悪と決めつけることは庶民にはできません。 香淳皇后の方が立場は上だったのだから、対抗するためにマスコミを使い世論を味方につけようとした事も理解できます。 しかし、美智子様の罪は昭和天皇崩御の後、香淳皇后に対する報復に世論を巻き込んだことです。 そして、この手法はエスカレートしていき雅子妃殿下(当時)に対する虐め、嫌がらせにまでマスコミを使った世論操作を行ったことです。 そのやり方は韓国の告げ口外交とそっくりです。 (いや、こちらが元祖か) 残念なことに、今も自己アピールに同じ手法を使っています。

次の

美智子さまの真実②皇太子妃時代

美智子 さま いじめ

美智子さまがあと半年足らずでご退位ってマジっすか。 ああいう伝統の格式にガッチガチに固められ、「国民のお手本」「ジャパニーズスタンダード」に徹したふるまい以外NGという特別な世界に、わずか24歳で飛び込んだ美智子さま。 84歳になられた現在も、ますます透明な煌きで国民を魅了する美智子さまですが、20歳前後の美智子さまだって負けてはいません。 あちこちいろんな写真が錯綜しているので、「婚約成立前」の美智子さまの写真を集めてみました。 【参考】 美智子皇后陛下の子供の頃 美智子さまは、1934年(昭和9年)10月20日、日清製粉の創業者一族・正田英三郎氏と富美子夫人の長女として、東京府東京市本郷区(現:東京都文京区)で生まれました。 左から、母親の富美子さん、美智子さま、兄の巌さん(元日本銀行監事)、父親の正田貞一郎さん。 父親の正田貞一郎さんは日清製粉グループの創業者・正田貞一郎の三男でしたが、長兄は早世、次兄は数学者となったので、社長の椅子の座が英三郎が回ってきました。 母親の富美子さんは佐賀県士族のでで、「江商(当時の大綿花商社)」の上海市店長だった父のもとで、イギリス流の教養と、明治の婦道を身につけるように育てられました。 それを正しく我が子らに伝え(美智子さまには妹が2人)、完成させようとつとめてきた方です。 髪型をこめかみの横で……どーやって結ってるんでしょう、可愛らしいですね。 もともと天然パーマです。 双葉小学校に上がられた頃で、小さな頃から快活で、運動神経抜群の女の子。 お転婆で、リーダーシップをとっていたそうな。 双葉幼稚園・小学校は、母親の富美子さんも通った学校でしたが、戦争が終わって東京に帰ると、母校の双葉小学校は焼けてしまっていたそうです。 美智子さまは大企業のご息女ですので、スポーツ万能でしたが他にピアノ・絵画・料理、香道を習っていて、教養豊かな女性に育ちました。 小学校の通信簿のコメント欄は『温和にして態度明快、熱心で、言動上品にしてつつましやか』と、担任の先生ももうベタ褒めで、すでに尊敬を集めるお人柄でした。 美智子さまは雙葉小学校を卒業しますが、当時は品川区五反田に住んでいて、満員の殺人電車に乗って通われていたそうです^^;。 網棚に捕まって五反田についても降りられなかったとか、そろばんを引っ張っても取れなかったとか、傘が抜けなかったとか、小学生では力が弱いので、通学にそうとう苦労していました。 ゼネスト騒ぎの時は、線路の上を歩いて通学していたそうです。 あまりに通学に不便だったので、途中で聖心女子学院中等科へ入学します。 正田家は資産家でしたが質素な家風で、母親の富美子さんの意向もあり、贅沢をしない教育方針で育てられました。 「正田家はケチでございますから」……富美子さんは、あるときマスコミにこうコメントしたそうです。 野菜くずでも捨てずにとっておいてあとからダシに使ったり、薄くなったシーツを縫い合わせて再利用したり。 知り合いのプレゼントも、富美子さんは子供たちの洋服の残り布から選んだハギレを、クッキーの空き箱に美しく詰め、リボンをかけました。 このように手作りの実質的な、ハイセンスなプレゼントは、今も昔も、世界中どこへ行っても買えないでしょう。 在学中に応募した読売新聞社主催の論文コンクール「はたちのねがい」が、2位に輝いた時の記念写真です。 テーマは「虫食いのリンゴではない ハーディーのテス」。 正田美智子さんは賞金のうち1000円を読売新聞に寄託し、恵まれない人に、さらにもう1000円を聖心の奨学資金に寄付され、マザー・ブリット(当時の聖心女子大学学長)を感激させました。 もちろん主席で卒業されました。 若い頃から美しかった美智子さま。 どんな高価な化粧品を使っているかと思いきや、当時のお手伝いさんの証言によると、ごくありふれたクリームと口紅があっただけ。 美智子さまの私室も全く質素で、ベッド、洋服タンス、鏡台、そして机があっただけ。 20歳の乙女の部屋とは思えないほど色彩に乏しかったとか。 大学卒業後は、勤めには出ず花嫁修業をされていたようで、中華の料理教室に通っていました。 何人かの料理教室の生徒さん、みんながみんな美智子さまを見て「先生、あの方、どちらの方?とても上品な人ですね」と先生に尋ねていたとか。 もう際立っていたのでしょうね。 軽井沢で皇太子だった明仁親王と出会う そして、正田家の別荘がある軽井沢で、運命の出会い。 両陛下が出会ったのは、昭和32年 1957 年8月19日、軽井沢のテニスコートでした。 避暑に来ていた人たちの懇親のダブルストーナメントの決勝戦でしたが、皇太子さまは事前に、ご友人に「正田美智子さんをトーナメントに誘って欲しい」と話されていました。 おそらく「上品で美しい女性がいる」などと前評判がたっていたのでしょう、周囲の男性たちも美智子さまとペアを組みたかったようで、やはり天皇陛下は、自分の意を余分に忖度しない良いご友人をお持ちでした。 別に周囲が示し合わせたわけではなく、 ペアは公平にくじ引きで決定され、決勝戦には偶然の組み合わせで皇太子さまと当たりました。 かなり白熱した試合で、 皇太子殿下が相手でも一切手加減しない美智子さまに皇太子さまのハートは鷲掴み。 試合は美智子さまペアの勝ちで、皇太子さまは持参したカメラで美智子さまを撮影、「女ともだち」のタイトルで、当時の職員作品展に出品されています。 いやもーここは宮内庁の方々はどうしても忖度しちゃいますよね 笑。 その後も何度かテニスで交友を深められた両陛下。 戦後の皇室典範によって、民間人も皇太子の妃になれることが認められてはいましたが、やはり当時の常識としては、誰もが旧華族からお相手が選ばれると考えていました。 美智子さまも身分が違いすぎるとしていちど辞退されましたが、「国民とともに歩む女性を選びたい」という天皇陛下のおことばを受けられ、前向きに結婚を捉えたのです。 皇室の方々というのは、世界中の第1級の情報が集まり、超一流の教育を受けられます。 皇室には皇室の「結婚の知恵」というものがあり、美智子さまは、当時から非常に高い見識をお持ちだった天皇陛下の、おめがねにかなった女性なのです。 今上天皇陛下の「柳行李ひとつでいらしてください」というプロポーズ。 華族階級以外の方を熱望されたというのは、皇太子殿下にとっても、そして昭和天皇にとっても、大きなご決断だったと思います。 淡いクリーム色のワンピースに白いパンプスと手袋、ミンクの肩掛けという上品な装いが、日本中を釘付けにしました。 いまだに「世界一厳しい王室」と言われる日本の皇室に、民間からの初めてのお輿入れ。 殿上人である皇族と民間人の結婚は、当時の感覚としては、実家の親兄弟と縁を切るという覚悟が必要だったのです。 正田家のご家族の皆さまも、娘を皇族に「献上する」「捧げる」という気持ちだったはず。 さらには 皇太子妃のご実家として、人の口の端に上るようなことは一切起こしてはならぬという、 悲愴なまでの覚悟を、自分にもご家族にも強いる決断を、正田美智子様はされたのです。 60年近く前の写真ですよ、それなのにどうですかこのオーラ。 美智子皇后陛下の現在の評判の高さは、ご本人の資質と努力もさる事ながら、間違いなく実家の正田家の忍耐によるところも大きいです。 正田家からマイナスの話題が一切出てこなかったのです。 周囲が全員やんごとなき方々ばかりの中、何かひとつ瑕疵があれば100万倍言われてしまう環境の中で、実家から美智子さまの足を引っ張る、立場を危うくするようなことが、本当に出てなかったのです。 正田家の覚悟と忍耐たるや、いかほどのものだったか。 まとめ:天皇陛下も御目が高すぎる あんな 「日本一格式の高い家」に、嫁ぐ覚悟をよく決められたよなあ……と、美智子さまをテレビで見るたび、いつもしみじみ思います。 入内されてからも様々な困難に遭った美智子皇后陛下ですが、2018年の胆振東部地震で北海道に今上陛下とお越しになった際、千歳空港への帰り道、車の中から手を振るナマ美智子さまを肉眼で見る機会があったのですが、それはそれはもう壮絶な美しさでした。 白い服をお召しになっていたのですが、それとは別に、全身の輪郭が少し白く光ってるんですよ いやマジで。 オーラってこういうものをいうのか、と、ものの数秒でしたが目が釘付けになったものです。 その清冽な白いオーラの向こう側に、皇室の重い伝統が横たわる厳しい空間が広がっているのも、ほんの少しですが想像できました。 本当に、お疲れ様でございました。 いましばらく、皇太子さまご夫婦と、ほかの血族の方々を見守っていただきたいと思います。 【参考】 スポンサーリンク スポンサーリンク.

次の

雅子さまイジメの主犯は美智子さま…時系列で振り返る陰湿行為まとめ

美智子 さま いじめ

(C)JMPA 上皇陛下は7月11日の夕方、強い脳貧血の症状があり、治療を受けられた。 体調が回復された上皇陛下は、15日には美智子さまとご一緒に健康診断を受けられた。 すると今度は美智子さまに、一部再検査が必要な項目が見つかったのだ。 「6月には心臓の異常が発見され、白内障の手術もされました。 まだ再検査の詳細は発表されていませんが、美智子さまのご体調も心配です」(皇室担当記者) だが、白内障手術について報じた記事に対し、ヤフーニュース上ではこんなコメントが。 《病気だ、体調悪いアピールする年寄りに限って元気だよね》 《いろんな理由をつけて、引っ越しを先延ばしにして、権力を誇示しているのですか?》 美智子さまの体調を案じるどころか、心ない言葉の数々が並んでいるのだ。 さらにTwitter上には、このような信じがたいツイートも見られる。 そんなツイートが、御代替わりを機に目立ちはじめているのだ。 美智子さまは以前からインターネットを利用されている。 美智子さまの古くからの友人も「私がFacebookで親族の介護を日記風に記していると、美智子さまから『とても面白うございました』とご感想をいただき、恐縮いたしました」と話している。 雅子さまにとって、美智子さまと比べられることも大きなプレッシャーになっていたのでしょう。 当時、雅子さまの苦しみを理解していたのは、陛下ただ一人だったといっても過言ではないのです。 美智子さまも、苦悩を抱える雅子さまに寄り添えなかったことに、忸怩たる思いを抱かれたに違いありません」(皇室担当記者) 適応障害という診断が下った雅子さまについて、当時美智子さまは《東宮妃の回復を願い、助けになりたい》と会見で語られていた。 しかし、実際には一時期、雅子さまと美智子さまは疎遠になってしまう。 上皇陛下が《愛子と会う機会も限られ、残念》と会見で漏らされるほど、両家の交流は途絶えてしまったのだ。 当時、美智子さまは知人に「今は、ただ待つしか無いのよ」と、雅子さまに手を差し伸べることもできない苦しさを語られていたという。 「天皇陛下が即位して以降、雅子さまは数々のご公務をパーフェクトにこなされ、国際親善での存在感は世界に絶賛されています。 そんな憶測につながっているものと思われます」 しかし、皇室ジャーナリストの渡邉みどりさんはこう話す。 「美智子さまは皇太子妃になられて以来、皇室のしきたりの中で大変な思いをされてきました。 ご自分がやられておつらかったことを、後進になさるような方ではありません。 雅子さまを長い間見守ってこられた美智子さまが、バッシングを受けているという事実は、たいへん嘆かわしいことです」 ようやく上皇陛下との平穏な日々を迎えようとされている美智子さま。 これ以上のご心労が重ならないことを祈るばかりだ。

次の