キャベツ。 キャベツメンチカツ by石原洋子さんの料理レシピ

キャベツ使い切りレシピ6選|食べ過ぎ予防や腸活に効果的な栄養が豊富 (1/1)

キャベツ

野菜図鑑• キャベツの歴史 キャベツの原産地はギリシャやイタリアなどヨーロッパの大西洋・地中海沿岸と考えられています。 栽培の歴史は古く、紀元前の古代ギリシャや古代ローマにおいてすでに栽培が行われていました。 しかし当時は今のように丸く結球しておらず、「ケール」のような葉キャベツでした。 結球したものが登場するのは12~13世紀頃で、その後改良されて現在のような球体のキャベツになったといわれています。 日本へは江戸時代に伝わりました。 「大和本草」(1709年)に「紅夷菘(おらんだな)」についての記述があり、ここには「味よし」と書かれていますが、渡来当時のものは結球していなかったようです。 現在のような丸いキャベツが広く栽培されるようになったのは明治時代に入ってから。 現在のように一般家庭に普及したのは第二次大戦以降です。 キャベツの栄養と効能 生:ビタミンC(41mg)、カルシウム(43mg)、ビタミンK (76mcg) 注目成分 ビタミンU、アントシアニン(レッドキャベツ) 期待される効能 風邪予防、がん予防、胃潰瘍予防 風邪予防や美容によいとされるビタミンC、骨を丈夫にする作用のあるカルシウムを比較的多く含んでいます。 また血液を凝固させる作用や、骨にカルシウムを沈着させる働きのあるビタミンKも含んでいます。 キャベツには別名「キャベジン」とも呼ばれる「ビタミンU」が含まれています。 ビタミンUは胃の粘膜を修復したり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の予防に効果があるとされています。 レッドキャベツにはポリフェノールの一種「アントシアニン」が含まれていて、視力回復や活性酸素の除去に効果があるといわれています。

次の

洋食 キャベツ 板宿店 (キャベツ)

キャベツ

野菜を食べる時に「薬膳」のことを意識していますか。 薬膳は難しそう、というイメージがあるかもしれませんが、ひとつひとつの野菜の特徴を知ることで、できることからすぐに始められる食事法です。 今回は、煮ても焼いても炒めても、もちろん生でもおいしい万能野菜のキャベツを薬膳の視点から見ていきます。 キャベツはスープや生のサラダ、ジュースなどにして摂取すると、薬膳効果が期待できるため、「食べる薬」と呼ばれているんです。 胃の痛み、不快感や、糖尿病、便秘や吹き出物、ガンの発生まで抑えて効果が期待できるキャベツと薬膳について解説します。 また、キャベツが主役の絶品薬膳料理「キャベツと牛肉のワイン蒸し」のレシピも紹介します。 キャベツの特筆すべきところは、胃の粘膜の再生や、胃潰瘍の治癒に効果があるビタミンUやビタミンKを豊富に含んでいるところです。 また、ビタミンCの含有量も淡色野菜の中ではトップクラスという優秀さです。 このため、胃の痛みや胃腸の潰瘍に一定の効果があることがわかり、薬膳としてもにわかに注目を集めるようになりました。 キャベツから発見されたビタミンUは別名キャベジンとも呼ばれており、胃腸薬としても知られています。 胃腸の他にも、糖尿病や便秘、吹き出物、泌尿器系の疾患に薬効があるとされており、止血や痛み止めの効果も期待できると言われています。 また、ガンの発生を抑える効果があるとも言われています。 キャベツの薬膳的利用法 胃の痛み、不快感にキャベツを キャベツに含まれるビタミンUは胃の粘膜や胃壁を保護する働きをする栄養です。 こちらは、熱に弱い成分なので、ビタミンUを意識して摂取する場合は、生で食べるか、さっと湯通しした程度のものを使用するのがいいでしょう。 キャベツジュースで体質改善 新鮮なキャベツのジュースを作り、1回250ミリリットルずつ温めてから食前に飲みます。 10日間続けると胃・十二指腸の調子を整えるのに非常に効果的です。 キャベツ75パーセント、セロリ25パーセントの割合のジュースでさらに良い結果が出たという例もあるそうです。 胃壁の修繕を行ってくれるので、胃腸炎や胃潰瘍の方にもおすすめです。 煮たキャベツでガン予防 煮たキャベツを食べ続けることで、ガン予防につながると言われています。 キャベツは煮すぎないことがポイントです。 煮汁も捨てずに一緒にいただくと効能が高まります。 冷え性の人は生で食べ過ぎない ビタミンUやビタミンCなどを効率よく摂取するためには、生食がオススメと紹介しましたが、生のキャベツには体を冷やす性質があります。 冷え性の人は食べ過ぎないように注意しましょう。 キャベツは2つ切りにして、芯はそぎ切り、葉は食べやすい大きさに切り分けます。 牛肉は5センチほどの大きさに揃えましょう。 セロリは食べやすく薄切りにして、ニンニクも薄切りにします。 ホウロウの鍋に、キャベツ、牛肉、セロリ、ニンニク、ローリエの順番で重ねて、オールスパイスを少々振りかけます。 これを2、3回繰り返して、ミルフィーユ状に仕上げていきます。 分量の白ワインと水加えて、蓋をして30分ほど蒸し煮にします。 火が通り、全体が柔らかくなったら塩胡椒、レモン汁少々をかけて味をととのえてから器に盛り付け、刻みパセリを散らせば完成です。 薬膳の世界から見たキャベツについて紹介しました。 キャベツは煮ても焼いても炒めてもおいしいのに、飲む薬と呼ばれているなんて、ぜひ日々の食卓に取り入れたいものです。 お料理が完成した後に残るスープは、とても滋養があるものです。 多くとれるようなら、食後の健康ドリンクとして飲んでもいいでしょう。 お湯で薄めて胡椒をふりいれてから食べると香りが引き立って一層おいしく楽しめます。 参考書籍: 『台所薬膳 身近な食べ物135種の薬効を活かす』(万来社).

次の

マツコも絶賛のアイデア!「キャベツしゅうまい」のレシピとアイデアまとめ

キャベツ

炭水化物抜きダイエットや特定の食材だけを食べる〇〇ダイエットなど、ダイエットに関する情報には流行があり、その都度いろいろと試しては効果をあまり感じられなかった……、というのはよくあること。 ですが最近話題の「酢キャベツダイエット」なら、空腹を我慢することなく簡単なうえに、体のなかから健康的に余分な脂肪が取れてすっきりすると、老若男女問わず大注目を浴びています! そこでここでは、話題の酢キャベツダイエットの効果と方法、酢キャベツの作り方についてご紹介します。 ですがこれまでによくある「置き換えダイエット」とは違い(例えば夜は酢キャベツだけ、というのではなく)、通常の食事に酢キャベツをプラスする、という簡単で無理のない、ストレスレスなダイエット方法です。 「食物繊維は便秘解消に良い」というイメージがありますが、それは食物繊維が腸内環境を整える作用があるからです。 また食物繊維は腸の壁の粘膜にバリアを張り、脂質・糖質の吸収をゆるやかにする効果もあるため、血糖値の急上昇を抑えることができます。 さらに食物繊維はよく噛まないといけず、合わせて噛み応えもあるために、脳の満腹中枢を刺激しやすく、食べすぎを防ぐことができるのです! お酢もまた、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を促すために便通が改善され、腸内環境が良くなる効果があります。 またお酢に含まれる酢酸は、体内では「クエン酸」に変化します。 お酢にはアミノ酸も豊富に含まれているため、アミノ酸とクエン酸によって脂肪の分解が促進されます。 そのインシュリンは、上昇した糖を体中の細胞にエネルギーとして送り込みます。 しかし各細胞に必要な量の糖が行き渡っても、まだ糖が余分に残っていると、インシュリンはその余分な糖を「脂肪細胞」に送り込みます。 するとどんどんと脂肪がたまり、結果的に肥満になってしまいます! 以上から、血糖値を急上昇させず、インシュリンの分泌量を増やさないようにすることが、ダイエットへとつながるのです。 この考え方を使ったダイエット方法が「低インシュリンダイエット」です。 血糖値を急上昇させない「GI値が低い」食材・食品を摂ることで、太りにくい体を作ることができると言われています。 キャベツには美容健康に欠かせないビタミンCが多いのが特徴的。 ビタミンCには強い抗酸化作用があり、メラニン色素の生成を抑えたり免疫力を高めたりするなど、加齢による老化症状を軽減させる働きがあります。 また肌のハリ・弾力をつかさどるコラーゲンの生成や鉄分の吸収を促進させる効果、そのほか多くの健康をキープする効果が認められます。 さらにお酢に含まれるアミノ酸の働きを高めるためにも、ビタミンCは欠かせない存在です。 アミノ酸とビタミンCの相乗効果を効率的に取り込むためにも、酢キャベツは優秀な食品だと言えます。 さらにキャベツに含まれるビタミンUには、胃腸の粘膜を保護する働きがあり、イソチアシアネートにはガン細胞の増殖を抑制する作用があると注目されています。 ですが酢キャベツを食事の最初に食べると、そこで空腹感が薄れるために後からの食事量が必然的に減ります。 また最初に野菜を食べることで、血糖値の急上昇を抑えることができます。 ですがもしも酢キャベツをそれだけで食べるのが苦手なら、別の野菜に混ぜたり、スープや炒め物などにプラスしたりするのもオススメ! 作り置きができるため、冷蔵庫にストックしておけばいつでも好きな時に食べることができますよ。 2.キャベツを千切りにする。 3.食品用のジップ付きビニール袋に千切りにしたキャベツを入れる。 4.3のキャベツが全体的にしっかりと浸るぐらい、酢を注ぐ。 5.ビニール袋内の空気を抜いて密封し、冷蔵庫で保存する。 冷蔵庫で1週間ほど保存するとキャベツがしんなりして食べごろになります。 ですが最初はいきなり大量に食べず、少量から始めて胃腸の具合を見ましょう。 またキャベツをつけた後に残ったお酢は捨てずに、水で5倍程度に薄めて飲んだり、オリーブオイルなどと混ぜてドレッシングにしたりと活用できますよ!.

次の