エクセル テキストボックス カーソルが動かない。 Excelでカーソルが動かないときの対処法

Excel VBA リストボックスのプロパティ

エクセル テキストボックス カーソルが動かない

リストボックスのプロパティ リストボックスは、リスト形式でデータを表示するコントロールで、セル範囲のデータを表示することができます。 Visual Basic Editor【ビジュアルベーシックエディタ】左下に表示される「プロパティウィンドウ」を使用して設定する場合のプロパティについて説明します。 なお、リストボックスのイベントについては「 」をご覧ください。 ・(オブジェクト名) ListBox【リストボックス】オブジェクトの名前を変更できます。 既定値はListBox1から数を増やすごとにListBox2と番号が増えます。 2.既にあるオブジェクト名と同じ名前は使用できない。 3.スペースや記号は使用できない「. ・BorderColor【ボーダーカラー】 リストボックスの枠線色をシステムまたはパレットで設定します。 ・BorderStyle【ボーダースタイル】 リストボックスの枠線を表示するかしないかを設定します。 定数 値 内容 fmBorderStyleNone 0 リストボックスの枠線を非表示にします。 fmBorderStyleSingle 1 リストボックスの枠線を表示します。 ・BoundColumn【バウンドカラム】 複数列あるリストボックスの値で選択されている行のどの列の値をリストボックスの値として格納するかを設定します。 0を設定した場合はListIndex【リストインデックス】プロパティで設定された値を割り当てます。 1以上で指定した列の値をリストボックスに割り当てます。 既定値は1です。 ・ColumnCount【カラムカウント】 リストボックスに表示する列の数を設定します。 既定値は1です。 ・ColumnHeads【カラムヘッズ】 リストボックスに列見出しを表示するかしないかを設定します。 値 内容 False 列見出しを表示しません。 (既定値) True 列見出しを表示します。 ・ColumnWidths【カラムワイズス】 複数列あるリストボックスの場合、各列の幅をポイント単位または、指定した単位で設定します。 複数列の幅を指定する場合は、;セミコロンで区切ります。 ポイント以外の単位を指定する場合は単位(cmなど)を指定します。 0を設定した場合はその列は非表示になります。 未設定(空白)の場合は既定の列幅で表示されます。 ・ControlSource【コントロールソース】 リストボックスにリンクさせるワークシートのセル番地を設定します。 A1セルの場合はA1と入力します ・ControlTipText【コントロールチップテキスト】 マウスポインターをリストボックス上に置いたときに表示する文字列を設定します。 ・Enabled【イナーブルド】 リストボックスをイベントに対応するかしないかを設定します。 定数 値 内容 fmIMEModeNoControl 0 IME のモードを変更しません 既定値 fmIMEModeOn 1 IME をオンにします fmIMEModeOff 2 IME をオフにして英語モードにします fmIMEModeDisable 3 IME をオフにします ユーザーはキー操作によって IMEをオンにすることができなくなります。 fmIMEModeHiragana 4 全角ひらがなモードで IME をオンにします fmIMEModeKatakana 5 全角カタカナ モードで IME をオンにします fmIMEModeKatakanaHalf 6 半角カタカナ モードで IME をオンにします fmIMEModeAlphaFull 7 全角英数モードで IME をオンにします fmIMEModeAlpha 8 半角英数モードで IME をオンにします ・IntegralHeight【インテグラルハイト】 リストボックスのリスト項目の一部分しか表示されない状況を避けるためにリストボックスのサイズを変更するかどうか設定します。 定数 値 内容 fmMatchEntryFirstLetter 0 入力した文字と1文字目が一致する候補を検索します。 fmMatchEntryComplete 1 入力した文字とすべて一致する項目を検索します。 既定値 fmMatchEntryNone 2 マッチングを行いません。 ・MouseIcon【マウスアイコン】 マウスポインターがリストボックス上にあるときの形状のアイコンファイルを設定します。 ・MousePointer【マウスポインター】 マウスポインターがリストボックスに移動したとき表示されるポインターを指定します。 fmMousePointerAppStarting 13 矢印と砂時計 fmMousePointerHelp 14 矢印と疑問符 fmMousePointerSizeAll 15 サイズ変更カーソル 上下左右を指し示す矢印 fmMousePointerCustom 99 MouseIcon プロパティで指定された アイコンを使用します。 ・MultiSelect【マルチセレクト】 リストボックスのリストを複数選択できるかできないかまたは、複数選択の方法を設定します。 定数 値 内容 fmSpecialEffectFlat 0 fmSpecialEffectRaised 1 fmSpecialEffectSnuken (既定値) 2 fmSpecialEffectEtched 3 fmSpecialEffectBump 6 ・TabIndex【タブインデックス】 フォーム上でリストボックスがフォーカスをえる順番を設定します。 値は0から順番で設定します。 ・TabStop【タブストップ】 Tab キーでこのリストボックスにフォーカスを移すことができるかどうかを示す値を設定します。 定数 値 位置 fmTextAlignLeft 1 左揃え(既定値) fmTextAlignCenter 2 中央揃え fmTextAlignRight 3 右揃え ・TextColumn【テキストカラム】 リストボックスに表示されている複数列の値のText【テキスト】プロパティに格納する列を設定します。 開始値は1です。 ・Top【トップ】 ユーザーフォームの上端からのリストボックスの位置をポイント単位で設定します。 ・TopIndex【トップインデックス】 リストの先頭に表示される項目を設定します。 既定値はリストの1番目の項目です。 ・Value【バリュー】 リストボックス内の選択されている文字列が設定されます。 Text【テキスト】プロパティと連動します。 ・Visible【ビジブル】 リストボックスの表示・非表示を切り替えます。

次の

ScrLkキーを押してなくてもテキストボックス内のカーソルが動かない

エクセル テキストボックス カーソルが動かない

リストボックスのプロパティ リストボックスは、リスト形式でデータを表示するコントロールで、セル範囲のデータを表示することができます。 Visual Basic Editor【ビジュアルベーシックエディタ】左下に表示される「プロパティウィンドウ」を使用して設定する場合のプロパティについて説明します。 なお、リストボックスのイベントについては「 」をご覧ください。 ・(オブジェクト名) ListBox【リストボックス】オブジェクトの名前を変更できます。 既定値はListBox1から数を増やすごとにListBox2と番号が増えます。 2.既にあるオブジェクト名と同じ名前は使用できない。 3.スペースや記号は使用できない「. ・BorderColor【ボーダーカラー】 リストボックスの枠線色をシステムまたはパレットで設定します。 ・BorderStyle【ボーダースタイル】 リストボックスの枠線を表示するかしないかを設定します。 定数 値 内容 fmBorderStyleNone 0 リストボックスの枠線を非表示にします。 fmBorderStyleSingle 1 リストボックスの枠線を表示します。 ・BoundColumn【バウンドカラム】 複数列あるリストボックスの値で選択されている行のどの列の値をリストボックスの値として格納するかを設定します。 0を設定した場合はListIndex【リストインデックス】プロパティで設定された値を割り当てます。 1以上で指定した列の値をリストボックスに割り当てます。 既定値は1です。 ・ColumnCount【カラムカウント】 リストボックスに表示する列の数を設定します。 既定値は1です。 ・ColumnHeads【カラムヘッズ】 リストボックスに列見出しを表示するかしないかを設定します。 値 内容 False 列見出しを表示しません。 (既定値) True 列見出しを表示します。 ・ColumnWidths【カラムワイズス】 複数列あるリストボックスの場合、各列の幅をポイント単位または、指定した単位で設定します。 複数列の幅を指定する場合は、;セミコロンで区切ります。 ポイント以外の単位を指定する場合は単位(cmなど)を指定します。 0を設定した場合はその列は非表示になります。 未設定(空白)の場合は既定の列幅で表示されます。 ・ControlSource【コントロールソース】 リストボックスにリンクさせるワークシートのセル番地を設定します。 A1セルの場合はA1と入力します ・ControlTipText【コントロールチップテキスト】 マウスポインターをリストボックス上に置いたときに表示する文字列を設定します。 ・Enabled【イナーブルド】 リストボックスをイベントに対応するかしないかを設定します。 定数 値 内容 fmIMEModeNoControl 0 IME のモードを変更しません 既定値 fmIMEModeOn 1 IME をオンにします fmIMEModeOff 2 IME をオフにして英語モードにします fmIMEModeDisable 3 IME をオフにします ユーザーはキー操作によって IMEをオンにすることができなくなります。 fmIMEModeHiragana 4 全角ひらがなモードで IME をオンにします fmIMEModeKatakana 5 全角カタカナ モードで IME をオンにします fmIMEModeKatakanaHalf 6 半角カタカナ モードで IME をオンにします fmIMEModeAlphaFull 7 全角英数モードで IME をオンにします fmIMEModeAlpha 8 半角英数モードで IME をオンにします ・IntegralHeight【インテグラルハイト】 リストボックスのリスト項目の一部分しか表示されない状況を避けるためにリストボックスのサイズを変更するかどうか設定します。 定数 値 内容 fmMatchEntryFirstLetter 0 入力した文字と1文字目が一致する候補を検索します。 fmMatchEntryComplete 1 入力した文字とすべて一致する項目を検索します。 既定値 fmMatchEntryNone 2 マッチングを行いません。 ・MouseIcon【マウスアイコン】 マウスポインターがリストボックス上にあるときの形状のアイコンファイルを設定します。 ・MousePointer【マウスポインター】 マウスポインターがリストボックスに移動したとき表示されるポインターを指定します。 fmMousePointerAppStarting 13 矢印と砂時計 fmMousePointerHelp 14 矢印と疑問符 fmMousePointerSizeAll 15 サイズ変更カーソル 上下左右を指し示す矢印 fmMousePointerCustom 99 MouseIcon プロパティで指定された アイコンを使用します。 ・MultiSelect【マルチセレクト】 リストボックスのリストを複数選択できるかできないかまたは、複数選択の方法を設定します。 定数 値 内容 fmSpecialEffectFlat 0 fmSpecialEffectRaised 1 fmSpecialEffectSnuken (既定値) 2 fmSpecialEffectEtched 3 fmSpecialEffectBump 6 ・TabIndex【タブインデックス】 フォーム上でリストボックスがフォーカスをえる順番を設定します。 値は0から順番で設定します。 ・TabStop【タブストップ】 Tab キーでこのリストボックスにフォーカスを移すことができるかどうかを示す値を設定します。 定数 値 位置 fmTextAlignLeft 1 左揃え(既定値) fmTextAlignCenter 2 中央揃え fmTextAlignRight 3 右揃え ・TextColumn【テキストカラム】 リストボックスに表示されている複数列の値のText【テキスト】プロパティに格納する列を設定します。 開始値は1です。 ・Top【トップ】 ユーザーフォームの上端からのリストボックスの位置をポイント単位で設定します。 ・TopIndex【トップインデックス】 リストの先頭に表示される項目を設定します。 既定値はリストの1番目の項目です。 ・Value【バリュー】 リストボックス内の選択されている文字列が設定されます。 Text【テキスト】プロパティと連動します。 ・Visible【ビジブル】 リストボックスの表示・非表示を切り替えます。

次の

セルをダブルクリックしてもカーソルが出てこず、直接編集できない|Excel|ヘルプの森

エクセル テキストボックス カーソルが動かない

テキストボックスの使い方:エクセル2010基本講座• テキストボックスの使い方 スポンサードリンク• 横書きテキストボックスと、縦書きテキストボックスがありますが、ここでは横書きテキストボックスでの操作例で説明します。 ドラッグしてテキストボックスを描画する方法• ボタンが[横書きテキストボックス]になっているときは、このボタンをクリックして実行できます。 ボタンの絵柄の線が横になっています。 なお、[縦書きテキストボックス」の時は下図のようなボタンになります。 ボタンの絵柄の線が縦になっています。 配置したい箇所でドラッグして横書きテキストボックスを描画します。 マウスポインタが「+」に変わります。 クリックすると基本の大きさで描画されます。 自分で大きさを指定するには、挿入したい大きさに ドラッグします。 セルの枠線に沿って描画したいときは [Alt]キーを押しながらドラッグします。• 横書きテキストボックス内にカーソルが表示されますので、文字列などを入力します。 テキストボックス内での改行ですが、Excel2007,2010 ,2013ではテンキーの[Enter]キーでは改行ができなくなっていますのでご注意ください。 Excel2013ではテンキーの[Enter]キーで改行ができるようになっていました。 ノートパソコンのキーボードではこの問題は発生しないとのことですが、テンキー付きのノートパソコンの手持ちがないため確認はできていません。 microsoft. クリックして、入力した文字に応じてサイズを決める方法• テキストボックスを配置したいところでクリックします。 カーソルが表示されて状態で、テキストボックスは最小限の大きさで描画されます。 文字を入力して、改行 Enter すると、テキストボックスのサイズが自動で変化します。 これらの設定の違いはどこにあるの? 描画ツールの[書式]タブを選択し、「図形のスタイル」グループにあるダイアログボックス起動ツールをクリックします。 テキストボックスを選択すると、「テキストに合わせて図形のサイズを調整する」にチェックが入っています。 ドラッグしてテキストボックスを描画する方法では、ここにチェックは入りません。 クリックして、入力した文字に応じてサイズを変化させるときは、ここにチェックが入っています。 Wordと同じようにテキストボックス内の段落に書式を設定することができます。 変更したい段落内で右クリックし、表示されたメニューの[段落]を選択します。 段落 ダイアログボックスが表示されますので、インデントや行間隔などの設定ができます。 段落書式のインデントを変更した例です。 この例ではテキストボックスのサイズが小さいため、文字列がはみ出してしまっています。 テキストボックスのハンドルをドラッグしてサイズを拡大して文字列が収まるサイズにします。 行間を変更した例• 行間を「1行」とした例 規定値です)• 行間を「固定値」「11pt」とした例• 行間を「倍数」「3」とした例• テキストボックスの書式をいろいろ変更することができます。 テキストボックスを選択します。 描画ツールの[書式]タブを選択し、「図形のスタイル」グループにあるダイアログボックス起動ツールをクリックします。 図形の書式設定 ダイアログボックスが表示されます。 テキストに合わせて図形のサイズを調整する• [テキストボックス」を選択して、「テキストに合わせて図形のサイズを調整する」にチェックを入れました。 この例はドラッグしてテキストボックスを描画するケースの場合です。 この方法では、ここにチェックは入りません。 クリックしてテキストボックスを描画した場合は、ここのチェックは描画時に入っています。 文字列の増減 行方向 によって図形のサイズが自動で調整されます。 塗りつぶしや反射、3-D回転などの書式を設定することができます。 3-D回転を選択します。 いろんな設定をした例です。 テキストボックス内の余白を設定することができます。 テキストボックスを選択します。 描画ツールの[書式]タブを選択し、「図形のスタイル」グループにあるダイアログボックス起動ツールをクリックします。 図形の書式設定 ダイアログボックスが表示されます [テキストボックス]を選択して内部の余白を設定します。 テキストボックス内の余白が設定されました。 参考資料• microsoft. microsoft. microsoft. microsoft.

次の