ちょこっと 製本 工房。 印刷所レビュー・ちょ古っ都製本工房さん【再追記しました】

格安小冊子作成・冊子印刷・制作 ・印刷・印刷通販【ちょこっと(ちょ古っ都)製本工房】

ちょこっと 製本 工房

データのサイズは必ず全ページ統一して下さい。 乱丁の原因になりますのでノンブル(ページ番号は)は必ず入れて下さい。 <データ入稿の場合> サイズ毎のデータサイズ計算は、をご利用ください。 ただし、フォント・サブセットの埋め込みがされていないデータは、文字化け・画像の欠落が生じることがございます。 入稿方法はをご覧下さい。 (1)原稿の作成 当工房でお受けできるデータ原稿は、PDF形式のみです。 したがって、ワードやイラストレーターで作成されたデータにつきましては、一度PDF形式に変換してお送り下さい。 (2) データの大きさは、出来上がりサイズに必ずそろえて下さい。 塗りたしがあるページと無いページが混同している場合は、無いページに上下左右に余白を3㎜加えて同一サイズに統一して下さい。 ・ 当工房では誤字・脱字などについての原稿の校正を行ないません。 原稿を入稿する際には、事前にしっかり 校正をお済ませ下さい。 (3)本文データは見開きでなく、ページごとになった状態でご送付下さい。 入稿方法はをご覧下さい。 それにより納期もずれてまいりますので、ご了承ください。 ・本文・表紙とも、原稿は中央配置になっていますか。 ・本文のサイズは全ページ揃っていますか。 トンボがある場合は、全ページ同じ位置に入っていますか。 また、市販の原稿用紙を使用している場合は、全ページ同じ種類の原稿用紙を使用していただけますようお願いします。 (トンボ位置が違ったり、違う原稿用紙が混在している場合、印刷位置がずれてしまいます。 ) ・本文はすべて1ページごとの状態になっていますか。 (本文は見開き原稿ではなく、1ページごとの状態になっているようお願いします。 ) ・本文・表紙とも、断ち切り仕上げを希望の場合は、塗りたし(もしくはトンボ)を入れていますか。 (断ち切り仕上げについてはのページを参照ください。 ) ・本文・表紙とも、仕上がり位置ギリギリに切れてはいけない文字・画像が配置されていないですか。 (切れてはいけない文字・画像は、仕上がり位置より5ミリ以上内側に配置をお願いします。 ) ・本文の全ページに、ノンブル(ページ番号)を記入してありますか。 (どのページを表1・2・3・4に印刷するかも分かるように、原稿の裏面などに記載をお願いします。 表1:表紙、表2:表紙の裏、表3:裏表紙の裏、表4:裏表紙 です。 ) ・本文・表紙とも、濃い色で描かれていますか。 (薄い色・淡い色は印刷に出ないことがありますのでご注意ください。 ) ・本文・表紙とも、片面のみ使用し、裏面は白紙となっていますか。 (両面を使用している場合、裏の文字が写りこむことがあります。 実際の本文の印刷は、両面印刷となります。 また、送付いただく際はページ順に並べていただき、全ページが表を向いている状態でご入稿ください。 ) ・貼り付け箇所がある場合、しっかり糊付けされていますか。 また、何重にもに貼り付けをしていませんか。 (セロハンテープなどで貼り付けがしてある場合、跡が印刷に出てしまいます。 貼り付け箇所が厚すぎたりぷっくりシールなどを使用していると、原稿を読み取ることができないため印刷できない ことがあります。 また、貼り付け部分で段差になっている部分が、印刷時に影となって写りこむことがあります。 ) ・紙版原稿は、下記の住所へご送付ください。 ちょ古っ都製本工房 〒612-0083 京都市伏見区西桝屋町1035-2 TEL 075-646-4640 ・お送りいただいた原稿は、商品と同梱で返送させていただきます。 ご了承のうえ、ご注文ください。 ・当工房では誤字・脱字などについての原稿の校正を行ないません。 原稿を入稿する際には、事前にしっかり校正をお済ませ下さい。 (4)原稿は中央配置で作成してください ご入稿いただく際に、仕上がりサイズよりも大きいサイズで入稿していただく場合 (塗り足しを付ける場合)は、以下の例のように中央配置になるように作成して下さい。 中央配置にできない場合は注文フォーム内の「本文の配置」「表紙の配置」についての項目で「いいえ」を選択して下さい。 中央配置にできない場合は注文フォーム内の「本文の配置」「表紙の配置」についての項目で「いいえ」を選択して下さい。 サイズ毎のデータサイズ計算は、をご利用ください。 (例)本文がA5の場合 :A5サイズの表紙とA5サイズの裏表紙を入稿下さい。 (例)本文がA5の場合 :A4サイズに、背表紙幅を加えた大きさの原稿を入稿下さい。 背表紙幅の目安の計算式は、以下の通りです。 055mm=背表紙幅 ・表紙の色については「」をご参照ください。 さらに、 上下左右に3ミリ塗り足しを付けて下さい。 (例)本文がA5の場合 :A4サイズに、背表紙幅を加え、さらに上下左右に3ミリの塗り足しを付けて下さい。 製品は下図の赤破線のように仕上げられますが、断裁作業の際に わずかなズレが生じます。 入稿方法はをご覧下さい。 ・原稿の大きさは、出来上がりサイズに必ずそろえて下さい。 ただし断ち切りをご希望の場合は、塗りたしをつけてください。 ・当工房では誤字・脱字などについての原稿の校正を行ないません。 原稿を入稿する際には、事前にしっかり校正をお済ませ下さい。 (鉛筆やカラーペンでは、はっきりと印刷されない場合があります) ・紙版入稿された原稿がカラーの場合、元原稿よりも色があせたり色合いが大きく変わることがあります。 ご了承のうえ、ご注文ください。 特に一般ビジネスソフト(ワードやエクセル・一太郎など)を使用して作成したデータをそのままのファイル形式で保存した場合、環境の異なるパソコンではバージョンやフォント、印刷マージンの違いで作成時と同じ状況での出力が出来ません。 しかし、PDFデータなら、ワード・エクセル・パワーポイント・一太郎といったWindowsデータをはじめ、お客様の作成した原稿が、印刷に適したフォーマットになります。 ただし、フォント・サブセットの埋め込みがされていないデータは、文字化け・画像の欠落が生じることがございます。

次の

ちょ古っ都製本工房で同人誌を作ったのですが、品質に疑問が。

ちょこっと 製本 工房

見開きでのデザインがない場合は「単ページ」テンプレートがお勧めです。 PSD形式とAI形式のテンプレートをご用意いたしております。 サイズをご確認の上ご利用下さい。 テンプレートの使用注意点 Photoshopの場合、 「ガイドレイヤー」を削除してから、レイヤーを統合してください。 「ガイドレイヤー」を一緒に統合すると、ガイド線が印刷されてしまいます。 無線綴じの場合、ページを限界まで開くことができず、ノド(綴じ部分)が隠れてしまいますので、隠れて困る文字等は ノド(綴じ部分)は「20mm以上」余裕をもって配置するのがお勧めです。 無線綴じ表紙は「背幅を含んだ見開きデータ」でご入稿下さい。 背幅が含まれていないため、全体の幅が足りず、きれいに印刷できない恐れがあります。 ファイル名は、どのデータが何ページ目のデータであるかが分かるようなファイル名にしてください。 (例:「hyo1. ai」「hyo2. ai」「P03. ai」「P04. ai」など) CMYK(AI形式・PSD形式 解像度350dpi) RGB 解像度350dpi PSD形式のみ CMYKに対応していないソフトの場合はこちらをご使用ください。 【ご注意下さい】ご使用前にを 必ずご一読ください 見開きデザイン用テンプレート ( 無線綴じの場合は注意点をご確認の上ご利用ください) 見開きでのデザインがある場合は「見開きページ」テンプレートがお勧めです。 PSD形式とAI形式のテンプレートをご用意いたしております。 サイズをご確認の上ご利用下さい。 テンプレートの使用注意点 Photoshopの場合、 「ガイドレイヤー」を削除してから、レイヤーを統合してください。 「ガイドレイヤー」を一緒に統合すると、ガイド線が印刷されてしまいます。 中綴じであっても、違う用紙同士が見開きとなり、製本時に多少のズレは必ず生じますので、 細かな文字等はセンター(綴じ・ノド)部分をまたがないように レイアウトされることをお勧めします。 ズレは一定ではありませんのでご注意ください。 無線綴じの場合、ページを限界まで開くことができず、ノド(綴じ部分)が隠れてしまいますので、隠れて困る文字等は ノド(綴じ部分)は「20mm以上」余裕をもって配置するのがお勧めとなります。 単ページテンプレートの方が、余白を考慮したレイアウトがしやすいため、無線綴じ冊子の場合、見開きテンプレートのご使用はお勧めしておりません。 上記内容を踏まえたうえで、無線綴じで見開きデータでのご入稿をご希望される場合は、 下記の「センター(綴じ・ノド)付近のレイアウトについて」を必ずご確認いただき、ご了承の上ご利用くださいませ。 無線綴じ表紙は「背幅を含んだ見開きデータ」でご入稿をお願いしていますが、 無線綴じ「表紙データ」には 「見開きテンプレート」を 使用しないで下さい。 背幅が含まれていないため、全体の幅が足りず、きれいに印刷できない恐れがあります。 ファイル名は、どのデータが何ページ目のデータであるかが分かるようなファイル名にしてください。 (例:「hyo1-hyo4. ai」「hyo2-03. ai」「P04-05. ai」「P06-hyo3. ai」など) CMYK(AI形式・PSD形式 解像度350dpi) RGB 解像度350dpi PSD形式のみ CMYKに対応していないソフトの場合はこちらをご使用ください。 【ご注意下さい】ご使用前にを 必ずご一読ください.

次の

原稿作成について【冊子印刷・制作!ちょ古っ都製本工房】

ちょこっと 製本 工房

データのサイズは必ず全ページ統一して下さい。 乱丁の原因になりますのでノンブル(ページ番号は)は必ず入れて下さい。 <データ入稿の場合> サイズ毎のデータサイズ計算は、をご利用ください。 ただし、フォント・サブセットの埋め込みがされていないデータは、文字化け・画像の欠落が生じることがございます。 入稿方法はをご覧下さい。 (1)原稿の作成 当工房でお受けできるデータ原稿は、PDF形式のみです。 したがって、ワードやイラストレーターで作成されたデータにつきましては、一度PDF形式に変換してお送り下さい。 (2) データの大きさは、出来上がりサイズに必ずそろえて下さい。 塗りたしがあるページと無いページが混同している場合は、無いページに上下左右に余白を3㎜加えて同一サイズに統一して下さい。 ・ 当工房では誤字・脱字などについての原稿の校正を行ないません。 原稿を入稿する際には、事前にしっかり 校正をお済ませ下さい。 (3)本文データは見開きでなく、ページごとになった状態でご送付下さい。 入稿方法はをご覧下さい。 それにより納期もずれてまいりますので、ご了承ください。 ・本文・表紙とも、原稿は中央配置になっていますか。 ・本文のサイズは全ページ揃っていますか。 トンボがある場合は、全ページ同じ位置に入っていますか。 また、市販の原稿用紙を使用している場合は、全ページ同じ種類の原稿用紙を使用していただけますようお願いします。 (トンボ位置が違ったり、違う原稿用紙が混在している場合、印刷位置がずれてしまいます。 ) ・本文はすべて1ページごとの状態になっていますか。 (本文は見開き原稿ではなく、1ページごとの状態になっているようお願いします。 ) ・本文・表紙とも、断ち切り仕上げを希望の場合は、塗りたし(もしくはトンボ)を入れていますか。 (断ち切り仕上げについてはのページを参照ください。 ) ・本文・表紙とも、仕上がり位置ギリギリに切れてはいけない文字・画像が配置されていないですか。 (切れてはいけない文字・画像は、仕上がり位置より5ミリ以上内側に配置をお願いします。 ) ・本文の全ページに、ノンブル(ページ番号)を記入してありますか。 (どのページを表1・2・3・4に印刷するかも分かるように、原稿の裏面などに記載をお願いします。 表1:表紙、表2:表紙の裏、表3:裏表紙の裏、表4:裏表紙 です。 ) ・本文・表紙とも、濃い色で描かれていますか。 (薄い色・淡い色は印刷に出ないことがありますのでご注意ください。 ) ・本文・表紙とも、片面のみ使用し、裏面は白紙となっていますか。 (両面を使用している場合、裏の文字が写りこむことがあります。 実際の本文の印刷は、両面印刷となります。 また、送付いただく際はページ順に並べていただき、全ページが表を向いている状態でご入稿ください。 ) ・貼り付け箇所がある場合、しっかり糊付けされていますか。 また、何重にもに貼り付けをしていませんか。 (セロハンテープなどで貼り付けがしてある場合、跡が印刷に出てしまいます。 貼り付け箇所が厚すぎたりぷっくりシールなどを使用していると、原稿を読み取ることができないため印刷できない ことがあります。 また、貼り付け部分で段差になっている部分が、印刷時に影となって写りこむことがあります。 ) ・紙版原稿は、下記の住所へご送付ください。 ちょ古っ都製本工房 〒612-0083 京都市伏見区西桝屋町1035-2 TEL 075-646-4640 ・お送りいただいた原稿は、商品と同梱で返送させていただきます。 ご了承のうえ、ご注文ください。 ・当工房では誤字・脱字などについての原稿の校正を行ないません。 原稿を入稿する際には、事前にしっかり校正をお済ませ下さい。 (4)原稿は中央配置で作成してください ご入稿いただく際に、仕上がりサイズよりも大きいサイズで入稿していただく場合 (塗り足しを付ける場合)は、以下の例のように中央配置になるように作成して下さい。 中央配置にできない場合は注文フォーム内の「本文の配置」「表紙の配置」についての項目で「いいえ」を選択して下さい。 中央配置にできない場合は注文フォーム内の「本文の配置」「表紙の配置」についての項目で「いいえ」を選択して下さい。 サイズ毎のデータサイズ計算は、をご利用ください。 (例)本文がA5の場合 :A5サイズの表紙とA5サイズの裏表紙を入稿下さい。 (例)本文がA5の場合 :A4サイズに、背表紙幅を加えた大きさの原稿を入稿下さい。 背表紙幅の目安の計算式は、以下の通りです。 055mm=背表紙幅 ・表紙の色については「」をご参照ください。 さらに、 上下左右に3ミリ塗り足しを付けて下さい。 (例)本文がA5の場合 :A4サイズに、背表紙幅を加え、さらに上下左右に3ミリの塗り足しを付けて下さい。 製品は下図の赤破線のように仕上げられますが、断裁作業の際に わずかなズレが生じます。 入稿方法はをご覧下さい。 ・原稿の大きさは、出来上がりサイズに必ずそろえて下さい。 ただし断ち切りをご希望の場合は、塗りたしをつけてください。 ・当工房では誤字・脱字などについての原稿の校正を行ないません。 原稿を入稿する際には、事前にしっかり校正をお済ませ下さい。 (鉛筆やカラーペンでは、はっきりと印刷されない場合があります) ・紙版入稿された原稿がカラーの場合、元原稿よりも色があせたり色合いが大きく変わることがあります。 ご了承のうえ、ご注文ください。 特に一般ビジネスソフト(ワードやエクセル・一太郎など)を使用して作成したデータをそのままのファイル形式で保存した場合、環境の異なるパソコンではバージョンやフォント、印刷マージンの違いで作成時と同じ状況での出力が出来ません。 しかし、PDFデータなら、ワード・エクセル・パワーポイント・一太郎といったWindowsデータをはじめ、お客様の作成した原稿が、印刷に適したフォーマットになります。 ただし、フォント・サブセットの埋め込みがされていないデータは、文字化け・画像の欠落が生じることがございます。

次の