フレイ アルスター。 ガンダムシリーズの悲劇のヒロイン一覧

【真ヒロイン】ガンダムSEEDがファンから叩かれ続ける3つの理由について【フレイ・アルスター】

フレイ アルスター

大西洋連邦事務次官・ジョージ・アルスターの娘、資源衛星コロニー、 へリオポリスに住む学生で主人公のキラ・ヤマトにとって憧れの存在。 へリオポリスがコーディネイター(遺伝子操作されて生まれた人間)で 構成されたザフト軍の襲撃で壊滅してからはキラ達と行動を共にし、 地球連合の戦艦アークエンジェルに乗艦する。 当初からコーディネイターに偏見を持っており、父親をザフトに 殺されたのを機にコーディネイターを全滅させようと画策する。 婚約者であるサイ・アーガイルを捨て、キラを復讐の道具とするために 偽りの愛情をもって彼に取り入り、着々と目論見を進めていくが、やがて、 自分がキラに本当に好意を抱いていることに気づき苦悩する。 アラスカ基地でザフト軍の軍人であるラウ・ル・クルーゼに拉致され、 後に解放された際にクルーゼから渡されたNジャマーキャンセラーのデータを 連合側にもたらすが、これが戦火を拡大させる要因となってしまう。 最終決戦においてはアークエンジェル級戦艦、ドミニオンのクルーとして 従軍するが、ドミニオンは轟沈、他のクルーらとともに脱出艇で アークエンジェルへ向かうものの、クルーゼの駆るプロヴィデンスガンダムの ドラグーンから放たれたビームで脱出艇を撃ち抜かれ、キラの目の前で命を 落とす。 考 察 21世紀最初のガンダムTVシリーズ、機動戦士ガンダムSEEDの ヒロインの1人。 物語前半においてはSEEDシリーズの軸である ナチュラルとコーディネイターの確執を表現する上で重要な存在であった。 悪役としての毒々しさで言えば物語後半から登場するムルタ・アズラエルの 方が圧倒的に上なのだが、物語前半〜中盤にかけて、このフレイはまさに 「悪女」という形容が相応しい振る舞いを見せてくれる。 当初からコーディネイターへの偏見で凝り固まった発言を繰り返し、 さらに父親を救えなかったキラを自らの復讐の道具とすべく、執拗な アプローチをかけ、そのために婚約者であったサイを一方的に切り捨てるなど、 なかなか、いい(?)感じで悪役していたのだが、中盤あたりからキラへの 想いと復讐の板挟みで苦しみ始め、終盤にいたってはどこか悲しげな 印象さえ受ける。 物語前半の、特に復讐のためにキラに取り入ろうとする際のフレイの 行動や言動には否定的な意見も多い。 だが、最も敬愛していた父親を殺された 彼女がそういった行動に走るのもある意味仕方のない部分もある。 そんな フレイの復讐劇も結局は彼女自身のキラへの想いによって実質上、瓦解する という顛末を迎えるのであった。 最終決戦の中、悲劇的な最後を遂げるフレイだが、死してなお、 キラと邂逅し、彼に本当の想いを伝えることができたのは非運に 翻弄され続けた彼女にとって、せめてもの救いだったのかもしれない。 名 言.

次の

【真ヒロイン】ガンダムSEEDがファンから叩かれ続ける3つの理由について【フレイ・アルスター】

フレイ アルスター

大西洋連邦事務次官・ジョージ・アルスターの娘、資源衛星コロニー、 へリオポリスに住む学生で主人公のキラ・ヤマトにとって憧れの存在。 へリオポリスがコーディネイター(遺伝子操作されて生まれた人間)で 構成されたザフト軍の襲撃で壊滅してからはキラ達と行動を共にし、 地球連合の戦艦アークエンジェルに乗艦する。 当初からコーディネイターに偏見を持っており、父親をザフトに 殺されたのを機にコーディネイターを全滅させようと画策する。 婚約者であるサイ・アーガイルを捨て、キラを復讐の道具とするために 偽りの愛情をもって彼に取り入り、着々と目論見を進めていくが、やがて、 自分がキラに本当に好意を抱いていることに気づき苦悩する。 アラスカ基地でザフト軍の軍人であるラウ・ル・クルーゼに拉致され、 後に解放された際にクルーゼから渡されたNジャマーキャンセラーのデータを 連合側にもたらすが、これが戦火を拡大させる要因となってしまう。 最終決戦においてはアークエンジェル級戦艦、ドミニオンのクルーとして 従軍するが、ドミニオンは轟沈、他のクルーらとともに脱出艇で アークエンジェルへ向かうものの、クルーゼの駆るプロヴィデンスガンダムの ドラグーンから放たれたビームで脱出艇を撃ち抜かれ、キラの目の前で命を 落とす。 考 察 21世紀最初のガンダムTVシリーズ、機動戦士ガンダムSEEDの ヒロインの1人。 物語前半においてはSEEDシリーズの軸である ナチュラルとコーディネイターの確執を表現する上で重要な存在であった。 悪役としての毒々しさで言えば物語後半から登場するムルタ・アズラエルの 方が圧倒的に上なのだが、物語前半〜中盤にかけて、このフレイはまさに 「悪女」という形容が相応しい振る舞いを見せてくれる。 当初からコーディネイターへの偏見で凝り固まった発言を繰り返し、 さらに父親を救えなかったキラを自らの復讐の道具とすべく、執拗な アプローチをかけ、そのために婚約者であったサイを一方的に切り捨てるなど、 なかなか、いい(?)感じで悪役していたのだが、中盤あたりからキラへの 想いと復讐の板挟みで苦しみ始め、終盤にいたってはどこか悲しげな 印象さえ受ける。 物語前半の、特に復讐のためにキラに取り入ろうとする際のフレイの 行動や言動には否定的な意見も多い。 だが、最も敬愛していた父親を殺された 彼女がそういった行動に走るのもある意味仕方のない部分もある。 そんな フレイの復讐劇も結局は彼女自身のキラへの想いによって実質上、瓦解する という顛末を迎えるのであった。 最終決戦の中、悲劇的な最後を遂げるフレイだが、死してなお、 キラと邂逅し、彼に本当の想いを伝えることができたのは非運に 翻弄され続けた彼女にとって、せめてもの救いだったのかもしれない。 名 言.

次の

ラウ・ル・クルーゼとフレイ・アルスターの関係は?

フレイ アルスター

大西洋連邦事務次官・ジョージ・アルスターの娘、資源衛星コロニー、 へリオポリスに住む学生で主人公のキラ・ヤマトにとって憧れの存在。 へリオポリスがコーディネイター(遺伝子操作されて生まれた人間)で 構成されたザフト軍の襲撃で壊滅してからはキラ達と行動を共にし、 地球連合の戦艦アークエンジェルに乗艦する。 当初からコーディネイターに偏見を持っており、父親をザフトに 殺されたのを機にコーディネイターを全滅させようと画策する。 婚約者であるサイ・アーガイルを捨て、キラを復讐の道具とするために 偽りの愛情をもって彼に取り入り、着々と目論見を進めていくが、やがて、 自分がキラに本当に好意を抱いていることに気づき苦悩する。 アラスカ基地でザフト軍の軍人であるラウ・ル・クルーゼに拉致され、 後に解放された際にクルーゼから渡されたNジャマーキャンセラーのデータを 連合側にもたらすが、これが戦火を拡大させる要因となってしまう。 最終決戦においてはアークエンジェル級戦艦、ドミニオンのクルーとして 従軍するが、ドミニオンは轟沈、他のクルーらとともに脱出艇で アークエンジェルへ向かうものの、クルーゼの駆るプロヴィデンスガンダムの ドラグーンから放たれたビームで脱出艇を撃ち抜かれ、キラの目の前で命を 落とす。 考 察 21世紀最初のガンダムTVシリーズ、機動戦士ガンダムSEEDの ヒロインの1人。 物語前半においてはSEEDシリーズの軸である ナチュラルとコーディネイターの確執を表現する上で重要な存在であった。 悪役としての毒々しさで言えば物語後半から登場するムルタ・アズラエルの 方が圧倒的に上なのだが、物語前半〜中盤にかけて、このフレイはまさに 「悪女」という形容が相応しい振る舞いを見せてくれる。 当初からコーディネイターへの偏見で凝り固まった発言を繰り返し、 さらに父親を救えなかったキラを自らの復讐の道具とすべく、執拗な アプローチをかけ、そのために婚約者であったサイを一方的に切り捨てるなど、 なかなか、いい(?)感じで悪役していたのだが、中盤あたりからキラへの 想いと復讐の板挟みで苦しみ始め、終盤にいたってはどこか悲しげな 印象さえ受ける。 物語前半の、特に復讐のためにキラに取り入ろうとする際のフレイの 行動や言動には否定的な意見も多い。 だが、最も敬愛していた父親を殺された 彼女がそういった行動に走るのもある意味仕方のない部分もある。 そんな フレイの復讐劇も結局は彼女自身のキラへの想いによって実質上、瓦解する という顛末を迎えるのであった。 最終決戦の中、悲劇的な最後を遂げるフレイだが、死してなお、 キラと邂逅し、彼に本当の想いを伝えることができたのは非運に 翻弄され続けた彼女にとって、せめてもの救いだったのかもしれない。 名 言.

次の