ワイズ ス ペンディング。 ドヤ顔とワイズスペンディング

『遠隔円満❤介護』 一人娘 働きながらの遠距離介護日記

ワイズ ス ペンディング

はじめての社内会議で、先輩が「あまり時間もないので、この件はペンディングして、例の件を先に決めましょう」と言っていたが、「とりあえず後回し」ってこと? そこで今回は、分かっているようで分からないビジネス用語「ペンディング」についてご紹介します。 ビジネスシーンでは、「保留」「先送り」といった意味で使われており、特にIT業界でよく耳にする言葉です。 ちなみに、中央官庁などでも「保留」という意味で使われますが、「P」と略されることが多いようです。 それでも、あえて「ペンディング」とするには、理由があるのです。 「保留」や「先送り」ということは、そもそもあまり良いことではなく、ビジネスの世界ではなるべく避けたいことなのです。 特に、取引先との商談の中で結論に至らなかった時に、「では、この件は先送りということで」と言えば、「互いの意見が合わなかった」という印象を与えてしまい、場の雰囲気も悪くなってしまいます。 その後の交渉にも、少なからず影響するでしょう。 では、「この件はペンディングということで」という表現ならどうでしょうか。 「先送り」と言われてしまうと、「この件はこれで終わり」という印象を受けますが、「ペンディング」と言い換えることで、何となくですが、「この件は、一度持ち帰って前向きに検討し直しましょう」というニュアンスを含んでいるように感じます。 また、この商談は無駄ではなく、なにかしらの意味があったようにも受け止められる気がします。 ちょっとした印象の違いに過ぎませんが、ビジネスの世界では「印象」はとても重要なものです。 そのために、少しでも良い方向に進むような「言葉を選ぶ」、というのも大切なスキルと言えるでしょう。 時間も限られている中で、あまり重要ではない案件や、期限に余裕がある案件に時間を費やしていては、本当に話し合いたい重要な案件まで話が進みません。 そんな時にこそ、ペンディングすることを選択しましょう。 ただし、商談などの場合には、ペンディングした案件を、重要案件が済んでから再度議案に挙げたり、「この件は次回の打合せで」「この件は、再度検討し直して、改めてご連絡致します」と確認するなど、決して、うやむやにしたり忘れてしまうことのないよう配慮しましょう。 また、社内会議でペンディングした案件を、いつまでも「保留」したまま放置しないよう注意が必要です。 議題に挙がったということは、何かしらの問題が発生しており、解決する必要があると考えられます。 次回の会議で再び議題に挙げるよう、ペンディング事項を整理し共有することも大切です。 前者は「一旦先送りすることにしましょう」、後者は「保留状態です」となります。 ・「明日の会議では、前回のペンディング事項から話し合おう」 ・「ペンディング事項をリスト化しておいて下さい」 ビジネスシーンでは、「ペンディング事項」という表現も良く使われます。 「保留されている事項」という意味になりますので、覚えておきましょう。 今回は、「ペンディング」というビジネス用語をご紹介しました。 ペンディングは本来良いことではありません。 ペンディングするべき状況かどうか、きちんと見極めた上で使うよう心がけましょう。

次の

漢字って要らないよね 漢字廃止論について

ワイズ ス ペンディング

ビジネスシーンでカタカナ語を耳にする機会が多くなりました。 その中で、意味のわかりにくい言葉の一つに「ペンディング」があります。 本記事では、ペンディングとはどんな意味か、その使い方、注意点とともにご紹介します。 「保留」「先送り」という意味 ビジネス用語として使われるペンディングには、「保留」「先送り」という意味があります。 ですから、「この件はペンディングにしましょう」などと言われたら、ひとまず今は置いておいて、また今度考えましょう、といったニュアンスになります。 「ペンディング事項」という使い方も またペンディングは、「ペンディング事項」という形で使われる場合もあります。 その名の通り、保留されている事項ということになります。 「ペンディング事項を確認する」「ペンディング事項についてのミーティング」といった使い方になります。 IT業界などでよく使われる ビジネス用語とはいっても、あらゆるカタカナ語がすべてのビジネスシーンで使われているわけではありません。 IT業界やコンサルティング業界というように、カタカナのビジネス用語が良く使われる業界があります。 「ペンディング」は、IT業界でとくによく使われるようです。 由来は英語の「pending」 「ペンディング」という言葉は英語の「pending」が由来になっています。 「pending」は本来「宙ぶらりん、ぶら下がっている」という意味ですが、そこから比喩的に「未決定で、係争中で、起ころうとして、差し迫って」といった意味で、英語でも使われるようになりました。 この比喩的な意味が、カタカナ語となった「ペンディング」の由来になったのです。 中央官庁などでは「P」と略されることも ビジネスシーンからは少し離れますが、ペンディングという言葉は中央官庁の国家公務員や政治家にも使われる場合があります。 意味は同じく「保留」ですが、こちらでは「P(ピー)」と略されて使われることも多いようです。 わざわざ「ペンディング」というのはなぜ? そのような場面で、「この件はペンディングということで」というように言い換えるのです。 「ペンディングにする」という言い方には、何かが決定したような、議論が前進したような印象があります。 このような使われ方が身について、やがて社内でも使われるようになったのかもしれません。 ビジネスにおいて印象は重要 「先送り」も「ペンディング」も、結局やっていることは同じで、印象が違うだけだと感じるかもしれませんが、ビジネスシーンにおいて印象はとても大切です。 デキるビジネスパーソンが交渉時の第一印象を大事にするように、自社や自社製品にネガティブイメージを持たれないよう、あらゆる場面で配慮するのは、大切なビジネススキルの一つです。 「ペンディング」の使い方【例文】 カタカナのビジネス用語すべてにいえることですが、意味を覚えたからといって使いすぎたり、意味の通じない相手に使ったりしてはいけません。 意味の通じる相手に対して、業界のビジネス用語を使いこなすのは信頼獲得にもつながりますが、そうでない相手に対しては逆効果です。 さらにペンディングは、そもそも「先送り、保留」という意味です。 何度も使っていては悪印象なのは当然ですよね。 ビジネス用語は正しく使おう ペンディングに限らず、カタカナのビジネス用語は「文脈でなんとなく意味は想像できるけど、正しいかどうか確信はない」といった言葉が多いのではないでしょうか。 これらの言葉を間違った認識のままで使っていると、思わぬ誤解が大きな問題に発展しかねません。 ビジネス用語の意味は、正しく理解しておきたいものです。 では、実務で実際にペンディングを扱う際には、どのような対応が必要になるでしょうか。 最後に、実務におけるペンディングの注意点をご紹介します。 当たり前ですが、行き詰ったらなんでもペンディングすれば良いわけではありませんよね。 ペンディングは良いものではない 大前提として、ペンディングは好ましいものではないという点を押さえておきましょう。 結局は保留、先送りなわけですから、時間や事情が許す限りは避けたいものです。 可能ならば、ペンディングするかどうか迷う問題すら生み出したくないものですが、現実はそうもいきません。 大事のために小事をペンディングする もしいくつかの懸案事項が同時に発生したとしたら、時間的にそのすべてに対応することができない場合もあるでしょう。 そのようなとき大切なのは、何を今解決し、何をペンディングするかの判断です。 大事な案件を優先して解決するために、それに付随する細かなことは一旦保留し、大事が決まってから小事に取り掛かるのがよいでしょう。 ペンディング事項の整理・共有が必須 また、問題をペンディングするにあたって、ペンディングした事実を忘れてしまってはいけません。 それは問題を放置することになってしまいます。 ですから、ペンディング事項はしっかりとリストなどにまとめて整理し、関係者に共有するのが大切です。 この共有によって、関係者もペンディング事項を確認し、解決策を考えることができます。 ときには捨てるべきペンディング事項もある もし、何かの案件で問題が発生しているとすれば、それはいずれ解決する必要がある「捨てられないペンディング事項」です。 しかし、ときには捨てるべきペンディング事項もあります。 例えば企画や提案など、実行するかどうかがまだ決まっていない案件をペンディングした場合、それをいつまでも保留しておくのはリソースの無駄になります。 また、その案件を再検討する際には再び最新情報を収集するコストがかかります。 ときには、思い切ってペンディング案件を捨てた方が良いのです。 ペンディングの意味は「先送り」 実務では乱用に注意! ペンディングという言葉の意味と、実務上の注意点をご紹介しました。 ペンディングは「保留」「先送り」といった言葉を、ネガティブイメージを和らげて表現できる言葉です。 しかし、問題をすべてペンディングしていては意味がありません。 重要事項を最優先するためにこそ、ペンディングはおこなわれるべきなのです。

次の

小池知事の言うワイズスペンディング

ワイズ ス ペンディング

ビジネスシーンでカタカナ語を耳にする機会が多くなりました。 その中で、意味のわかりにくい言葉の一つに「ペンディング」があります。 本記事では、ペンディングとはどんな意味か、その使い方、注意点とともにご紹介します。 「保留」「先送り」という意味 ビジネス用語として使われるペンディングには、「保留」「先送り」という意味があります。 ですから、「この件はペンディングにしましょう」などと言われたら、ひとまず今は置いておいて、また今度考えましょう、といったニュアンスになります。 「ペンディング事項」という使い方も またペンディングは、「ペンディング事項」という形で使われる場合もあります。 その名の通り、保留されている事項ということになります。 「ペンディング事項を確認する」「ペンディング事項についてのミーティング」といった使い方になります。 IT業界などでよく使われる ビジネス用語とはいっても、あらゆるカタカナ語がすべてのビジネスシーンで使われているわけではありません。 IT業界やコンサルティング業界というように、カタカナのビジネス用語が良く使われる業界があります。 「ペンディング」は、IT業界でとくによく使われるようです。 由来は英語の「pending」 「ペンディング」という言葉は英語の「pending」が由来になっています。 「pending」は本来「宙ぶらりん、ぶら下がっている」という意味ですが、そこから比喩的に「未決定で、係争中で、起ころうとして、差し迫って」といった意味で、英語でも使われるようになりました。 この比喩的な意味が、カタカナ語となった「ペンディング」の由来になったのです。 中央官庁などでは「P」と略されることも ビジネスシーンからは少し離れますが、ペンディングという言葉は中央官庁の国家公務員や政治家にも使われる場合があります。 意味は同じく「保留」ですが、こちらでは「P(ピー)」と略されて使われることも多いようです。 わざわざ「ペンディング」というのはなぜ? そのような場面で、「この件はペンディングということで」というように言い換えるのです。 「ペンディングにする」という言い方には、何かが決定したような、議論が前進したような印象があります。 このような使われ方が身について、やがて社内でも使われるようになったのかもしれません。 ビジネスにおいて印象は重要 「先送り」も「ペンディング」も、結局やっていることは同じで、印象が違うだけだと感じるかもしれませんが、ビジネスシーンにおいて印象はとても大切です。 デキるビジネスパーソンが交渉時の第一印象を大事にするように、自社や自社製品にネガティブイメージを持たれないよう、あらゆる場面で配慮するのは、大切なビジネススキルの一つです。 「ペンディング」の使い方【例文】 カタカナのビジネス用語すべてにいえることですが、意味を覚えたからといって使いすぎたり、意味の通じない相手に使ったりしてはいけません。 意味の通じる相手に対して、業界のビジネス用語を使いこなすのは信頼獲得にもつながりますが、そうでない相手に対しては逆効果です。 さらにペンディングは、そもそも「先送り、保留」という意味です。 何度も使っていては悪印象なのは当然ですよね。 ビジネス用語は正しく使おう ペンディングに限らず、カタカナのビジネス用語は「文脈でなんとなく意味は想像できるけど、正しいかどうか確信はない」といった言葉が多いのではないでしょうか。 これらの言葉を間違った認識のままで使っていると、思わぬ誤解が大きな問題に発展しかねません。 ビジネス用語の意味は、正しく理解しておきたいものです。 では、実務で実際にペンディングを扱う際には、どのような対応が必要になるでしょうか。 最後に、実務におけるペンディングの注意点をご紹介します。 当たり前ですが、行き詰ったらなんでもペンディングすれば良いわけではありませんよね。 ペンディングは良いものではない 大前提として、ペンディングは好ましいものではないという点を押さえておきましょう。 結局は保留、先送りなわけですから、時間や事情が許す限りは避けたいものです。 可能ならば、ペンディングするかどうか迷う問題すら生み出したくないものですが、現実はそうもいきません。 大事のために小事をペンディングする もしいくつかの懸案事項が同時に発生したとしたら、時間的にそのすべてに対応することができない場合もあるでしょう。 そのようなとき大切なのは、何を今解決し、何をペンディングするかの判断です。 大事な案件を優先して解決するために、それに付随する細かなことは一旦保留し、大事が決まってから小事に取り掛かるのがよいでしょう。 ペンディング事項の整理・共有が必須 また、問題をペンディングするにあたって、ペンディングした事実を忘れてしまってはいけません。 それは問題を放置することになってしまいます。 ですから、ペンディング事項はしっかりとリストなどにまとめて整理し、関係者に共有するのが大切です。 この共有によって、関係者もペンディング事項を確認し、解決策を考えることができます。 ときには捨てるべきペンディング事項もある もし、何かの案件で問題が発生しているとすれば、それはいずれ解決する必要がある「捨てられないペンディング事項」です。 しかし、ときには捨てるべきペンディング事項もあります。 例えば企画や提案など、実行するかどうかがまだ決まっていない案件をペンディングした場合、それをいつまでも保留しておくのはリソースの無駄になります。 また、その案件を再検討する際には再び最新情報を収集するコストがかかります。 ときには、思い切ってペンディング案件を捨てた方が良いのです。 ペンディングの意味は「先送り」 実務では乱用に注意! ペンディングという言葉の意味と、実務上の注意点をご紹介しました。 ペンディングは「保留」「先送り」といった言葉を、ネガティブイメージを和らげて表現できる言葉です。 しかし、問題をすべてペンディングしていては意味がありません。 重要事項を最優先するためにこそ、ペンディングはおこなわれるべきなのです。

次の