バレンタイン 意味 あげるもの。 バレンタインデーにあげるものに意味はなかった!?本当の意味が超感動秘話

バレンタインデーにあげるものに意味はなかった!?本当の意味が超感動秘話

バレンタイン 意味 あげるもの

バレンタインに渡すものの意味の違い 多かれ少なかれバレンタインに渡すものの種類によって意味が違うという考えはあると言えます。 相手が甘い物が苦手だから甘さを抑えたクッキーを渡している、手作りのチョコは型崩れしやすいのでチョコ以外の物を作るなどの工夫をしている方もいるでしょう。 ただ、お菓子の種類によって意味合いが違うことを知っている相手からすると、貰ってがっかりしている男性もいるかもしれません。 もちろんそれぞれのお菓子の意味ばかりを過敏に考える必要はありません。 個人的にはあなたが相手にあげたい物を選ぶことを優先してもらいたいので、ここでは「お菓子の種類によっては、こういった意味合いが込められる場合もあるよ」という程度に覚えておくといいでしょう。 また、渡す際に「これは本命だよ」などと言ってあげた方が相手も誤解しないで済むでしょう。 バレンタインのチョコの種類と意味 バレンタインのチョコにはいくつか種類がありますよね。 これはあげる側であるあなたなら勿論考えていることでしょう。 ではどんな種類があるのか改めて見てみましょう。 スポンサーリンク バレンタインのチョコ以外の意味 チョコ以外のお菓子の意味にはどんなものがあるのでしょう。 意外と知られていない物もあるようなので、一度頭に入れておくといいでしょう。 クッキー 「友達でいようね」といった意味が込められています。 これは比較的知っている人は多いようで、海外でも同じ意味で捉えられています。 クッキーはチョコレートに比べると手作りでの手間が少なく、大量に作れるから楽だといった考えがあります。 ただ僕自身も昔付き合っていた彼女に手作りのクッキーを焼いたことがありますが、「友達として」という意味は一切込めていません。 ですから、既に恋人であったり夫婦であればクッキーのチョイスは特別問題ないでしょう。 マシュマロ 「あなたが嫌いです」という意味合いがあります。 ただ、マシュマロの中にチョコが入っていると「純白の愛で包む」という別の意味になります。 正直ややこしいですよね・・・皮肉の意味でわざと嫌いな相手にマシュマロをあげる人もいるようですが、衝撃的すぎて言葉がありません 笑 もしもあなたが好きな相手にあげるのであれば、マシュマロは避けた方が無難かもしれませんね。 キャンディ 「相手のことが好き」という意味です。 飴は主にホワイトデーのお返しで、男性が女性にあげる時に使用されることが多いです。 本命チョコを相手にあげて、お返しでキャンディを貰ったら脈ありかもしれませんね。 ただ、バレンタインデーからホワイトデーまでの期間は丁度1ヵ月あるので、脈があればその間に相手が既に何かしらアクションを起こしてきているかもしれませんね。 キャラメル 「安心する存在」という意味があります。 これはキャラメルを口の中に入れると溶けるような感覚があり、それでも確かに存在感があるといった部分から来ています。 「好き」といった意味合いでも取れるかもしれませんが、キャンディのように「はっきりとした存在」と違い、似て否なる位置付けだと言えるかもしれません。 マカロン 「特別な存在」ということを表しています。 マカロンは比較的最近になって人気になったお菓子ですね。 他のお菓子に比べると「高級感のあるお菓子」といったイメージがあるため、マカロンには「特別」という意味合いがあると言われています。 まとめ チョコの種類やその他のお菓子の種類によって様々な意味合いがあることが分かりましたね。 ただ、これらの意味を知らない人や気にしていない人も当然います。 相手に誤解を招きそうだとあなたが感じるのであれば、念のため知識として頭に入れておくと役立つかもしれませんね。 カテゴリー• 216•

次の

バレンタインデーにチョコ以外にもあげる?どんなものがいいの?

バレンタイン 意味 あげるもの

ホワイトデーの贈り物にも、それぞれ意味があるようです。 気になる意味について、知っていきましょう! ホワイトデーのあげるものに隠された意味とは 花に花言葉があるように、ホワイトデーの贈り物にも意味が隠されています。 バレンタインのお返しに貰ったあのお菓子にはどんな意味があったのでしょう。 それではお菓子の種類ごとに、ご紹介していきます! キャンディー 「貴方が好きです」 ホワイトデーのお返しとしてキャンディーを贈ることは、 相手へ好意を伝える意味があります。 この意味は、キャンディーの特徴である「 甘さが長い間続く」「 硬く割れにくい」という点からきているようです。 キャンディーのように、ずっと甘い関係でいたいということや硬い絆を表現しているようなことから、このような意味になったようです。 また、金平糖もキャンディーと同じような特徴があることから、同じ意味を持っています。 クッキーはサクサクとしていて、様々な種類がありますよね。 この特徴から、サクサクとした関係を望みますということやいろんな人がいるうちの一人でいてくださいという意味を表現しているのかもしれません。 マカロン 「貴方は特別な人です」 マカロンは普段から気軽に食べることのできない、特別なお菓子です。 他のお菓子よりも少々値が張り、食べたくても食べられない… そんな特徴から、マカロンは「貴方は特別な人です」という意味を持っています。 マシュマロ 「貴方が嫌いです」 マシュマロは、味気があまり無くバサバサとした食感であることや、すぐ食べ終わってしまうという特徴があります。 このことから 「味気のない気持ち」「興味がない」といったイメージに繋がり、こんな意味ができてしまったようです。 マシュマロをあげるということは、 興味がないのでちょっとした距離を置きましょうといった意味合いになります。

次の

バレンタインにチョコ以外の食べ物の意味?プレゼントやお菓子以外ってあり?

バレンタイン 意味 あげるもの

うさぎです。 日本でも大きな行事の一つ、バレンタインデー。 結婚禁止なんだし…。 何度やめろと言っても、バレンタインさんは若者達の結婚式を挙げるのをやめません。 バレンタインさんは結婚する若者達に、家のお花を摘んであげたりして、それはそれは感謝され慕われていたそうです。 その皆の気持ち届かず…。 とうとうバレンタインさんは、処刑されることになってしまいます。 処刑制度を、もっと価値のある意味で使ってほしいですよね…。 重要なのがバレンタインさんの処刑日なのですが、 ローマでの結婚の神ユーノーの祝日が2月14日であり、その日を選んで処刑をしたとのことです。 処刑をしながらも、称えていたのか?いけにえのような気持ちだったのか?定かではありませんが、わざと日にちを合わせたようですね。 バレンタインさんを称えたことが今のバレンタインデーの由来に ということで、2月14日にバレンタインさんがお亡くなりになったのを由来として、今のバレンタインデーがあります。 恋人と恋人をつなぐバレンタインさんの気持ちを、見事に汲み取って後世に伝えているわけですね…! 結婚の神ユーノーの祝日ということで「ユーノーデー」でも良さそうなところ、「バレンタインデー」なのですから、いかにバレンタインさんのしたことに皆が心打たれていたかが分かります。 人は死んでから本当の価値が分かるというのは本当だね! バレンタインさんは生きている時も感謝されていただろうけどね! …ということで、バレンタインデーの由来や本当の意味も分かったのですが、なぜ「チョコレートを贈る」の?? チョコレートなんて一言も出てきませんでしたよね…。 そもそもこの時代、チョコレートないし。 バレンタインデーにあげるものが「チョコレート」である意味 バレンタインデーの由来を聞くと、あげるものは気持ちさえこもっていれば何でも良いんじゃ…? と思ってしまいますが、果たしていつ誰が決めたんでしょうか?? チョコレートがあげるものである意味は特にないらしい バレンテインデーにあげるものが「チョコレート」である意味ですが、1936年にあの有名なチョコレート会社、 モロゾフが最初に始めたと言われています。 モロゾフは神戸の会社で…、ヨーロッパ全然関係ないですね(笑) モロゾフが、バレンタインデーにはチョコレートをあげるものにしよう!という広告を出したのがきっかけのようです。 その後、 1958年に東京でメリーチョコレートが大々的に宣伝して売り出してみたり、森永製菓も参戦してみたり、日本チョコレート・ココア協会がチョコレートの日を2月14日に定めたり……。 日本のバレンタインデー、最初は全然売れなかった まだ定着していなかったので売れないのは仕方ないのですが、それ以外にも、チョコレートは当時高価なものだったことも理由でした。 女性ならメッセージを書くのも好きそうだな…とは思うのですが、ここで意外なのが「男性から女性へあげることが多い」ということですね。 最近では手作りより買った方が安心、という人もいますが、気心が知れた仲ならば手作りでも全然アリではないでしょうか。 ここでは わたしが手作りしてあげたもので、喜んでもらえたチョコレート(本命、配り用含む)を紹介してみます! ただし、難しいものは作れません。 ベスト1、簡単で可愛い!型流しチョコレート なんと言っても簡単で、なおかつ可愛い 型流しチョコレート。 わたしは可愛いイルカのシリコン型にチョコレートを流し込み、ビスケットを砕いてまぶしたものを作って配りました。 ) ビスケットをまぶすことで、ちょっとおしゃれ感(?)や食感の変化もつけてみました。 ベスト2、本命チョコは手間を惜しまず好きなものを わたしの歴代バレンタインデーで一番手間をかけてあげたものだと言えるでしょう。 食べ物で色々デコったりいじったりしたのは、何となく気持ち悪い(不衛生)という考えもありますから、本当によく知ってる家族などにしておくのがベストな品ではあると思います。 わたしの場合は夫にあげました。 ベスト2、失敗なしのガトーショコラ 最後に、わたしがこれでもかと作っていたバレンタインデーにあげるもの… ガトーショコラをおすすめします! 生チョコとかも簡単で美味しくて良いんですが、要冷蔵ですし、トリュフも意外に大変…。 ガトーショコラは見栄えもするのに、わたしが一度も失敗していないくらい簡単です。 なのでよく作っていました。

次の