ふぁん くる。 株式会社ふぁんくる

ふぁんふぁん

ふぁん くる

葵区・駿河区には安倍川駅や ・ 等、様々なスポットがあります。 また、葵区・駿河区には、「」もあります。 『静岡市立日本平動物園』は、静岡市にある市営動物園。 施設の老朽化などから2013年春、全面リニューアルオープンしました。 面積約13ヘクタール、動物の飼育数は約180種700点と国内有数の規模。 ウサギやヒヨコなどの小動物とのふれあいや、ポニーの乗馬体験ができる子ども動物園も充実し、小さな遊園地もあります。 一方、種の保存事業において、レッサーパンダやオオアリクイの国内血統登録を担当し、特にオオアリクイは国内随一の繁殖成績を収めています。 ランチはお弁当の持ち込みが可。 軽食のとれる店もあります。 JR東静岡駅からバスで約10分。 この葵区・駿河区にあるのが、洋食屋「ふぁんくる」です。 おすすめの特集• 一年を締めくくる忘年会から新年会まで年末年始のイベントにぴったりのお店、宴会会場を一挙ご紹介• こだわり料理や個室、貸切など条件にピッタリのお店をご紹介• ビアガーデンやテラス席でこだわりの美味しいビールが楽しめるお店をご紹介• 全国のレストラン・居酒屋などから厳選したお店をご紹介• 大切な人と行きたいレストラン、友達・仲間と盛り上がるお店まで、クリスマスにぴったりなお店をご紹介• 夜景のきれいなレストラン紹介やグルメ情報も充実• 大切な日のレストラン探しに必見 関連情報• 【ぐるなびグループ】お取り寄せグルメを探す• 【ぐるなびグループ】観光スポットを探す•

次の

【楽天市場】日用雑貨から介護用品のことなら:ふぁんくる[トップページ]

ふぁん くる

丁寧な仕事が光る洋食の店! ハンバーグにカレー、ビーフシチューといった典型的な洋食が、普段とは違う本格的な味わいで気軽に楽しめるレストランが静岡市駿河区の国道150号線沿いの住宅街にひっそりとあります。 小さな橋のたもとにあるふぁんくるです。 こちらお店は150号線を走るたびに気になっていたのですが、営業しているのかどうなのかわからないようでなかなか行くことがなかったのですが、先日の日曜日のランチ時に初めて出かけてみたら、これが思いの他本格的な洋食屋でびっくりしました。 年配の男性がひとりで切り盛りしているので、マスコミなどの露出もなく、ネットでの情報も少なく、まさに知る人ぞ知るお店と言えるかもしれません。 営業時間はランチのみでメニューも限られたものですが、私が食べた目玉焼き付きのハンバーグランチですと、しっかりとしたボリュームがあるサラダにメイン、小さなケーキにコーヒーまでついて1250円はファミレスと同じような値段ながら、丁寧に作られたことがわかるもので、懐かしい味、本格的な洋食好きの人なら満足できるものかと思います。 最初のサラダは、すっきりとした酸味のあるドレッシングが特徴的で、しっかりと冷やされた生野菜はシャキシャキの新鮮なもので、スターターとしてはぴったりです。 最近はレタスを主体とした安上がりなサラダを出すお店が多い中、昔ながらの生野菜サラダといった感じで好感が持てます。 次はメインのハンバーグです。 合挽き肉のハンバーグはそれほどのボリュームもありませんし、最近のいやらしいほど肉汁を出す仕掛けもしてありませんが、丁寧にこねられた上にナツメグなどの香辛料がしっかりと効いたものです。 ドミグラスソースは比較的軽めのもので、私としてはもっとヘビーなものがよかったですね。 とはいうもののこのハンバーグは半熟の目玉焼きと相まって、パンよりもご飯に合うものになっています。 最近はさわやかの粗挽きの肉々しいハンバーグばかり食べてばかりいましたが、たまにはこちらのような正統派のハンバーグも良いものですね。 最後は、これまた自家製の小さいながらもちゃんと仕事のしてある甘すぎないプチケーキとコーヒーが出て〆となります。 客席の間隔も広めですし、店内の空間も広々としていますから女性同士のお客さんならのんびりと過ごすことも可能かと思います。 事実、この日は年配の女性2人組みが2時間近くお邪魔しており恐縮しておりましたが、店主は嫌な顔ひとつせず接客しておりました。 と、最近めっきりと減ってしまった正統派の洋食を楽しめるお店ということで、この手のお店が好きな人なら一度は訪ねてみてもいいかもしれません。 けっして派手さがなく、メニューが限られているうえに濃い味ではないので、若い人にはつまらないかもしれませんが、昭和世代ならツボにはまるかもしれません・・・。 次回はカレーを食べたいですね。 静岡市駿河区桃園町21-22 054-258-4972 11:30~14:00 月曜休み.

次の

【ふぁんくる】その他の商品一覧【ポンパレモール】

ふぁん くる

丁寧な仕事が光る洋食の店! ハンバーグにカレー、ビーフシチューといった典型的な洋食が、普段とは違う本格的な味わいで気軽に楽しめるレストランが静岡市駿河区の国道150号線沿いの住宅街にひっそりとあります。 小さな橋のたもとにあるふぁんくるです。 こちらお店は150号線を走るたびに気になっていたのですが、営業しているのかどうなのかわからないようでなかなか行くことがなかったのですが、先日の日曜日のランチ時に初めて出かけてみたら、これが思いの他本格的な洋食屋でびっくりしました。 年配の男性がひとりで切り盛りしているので、マスコミなどの露出もなく、ネットでの情報も少なく、まさに知る人ぞ知るお店と言えるかもしれません。 営業時間はランチのみでメニューも限られたものですが、私が食べた目玉焼き付きのハンバーグランチですと、しっかりとしたボリュームがあるサラダにメイン、小さなケーキにコーヒーまでついて1250円はファミレスと同じような値段ながら、丁寧に作られたことがわかるもので、懐かしい味、本格的な洋食好きの人なら満足できるものかと思います。 最初のサラダは、すっきりとした酸味のあるドレッシングが特徴的で、しっかりと冷やされた生野菜はシャキシャキの新鮮なもので、スターターとしてはぴったりです。 最近はレタスを主体とした安上がりなサラダを出すお店が多い中、昔ながらの生野菜サラダといった感じで好感が持てます。 次はメインのハンバーグです。 合挽き肉のハンバーグはそれほどのボリュームもありませんし、最近のいやらしいほど肉汁を出す仕掛けもしてありませんが、丁寧にこねられた上にナツメグなどの香辛料がしっかりと効いたものです。 ドミグラスソースは比較的軽めのもので、私としてはもっとヘビーなものがよかったですね。 とはいうもののこのハンバーグは半熟の目玉焼きと相まって、パンよりもご飯に合うものになっています。 最近はさわやかの粗挽きの肉々しいハンバーグばかり食べてばかりいましたが、たまにはこちらのような正統派のハンバーグも良いものですね。 最後は、これまた自家製の小さいながらもちゃんと仕事のしてある甘すぎないプチケーキとコーヒーが出て〆となります。 客席の間隔も広めですし、店内の空間も広々としていますから女性同士のお客さんならのんびりと過ごすことも可能かと思います。 事実、この日は年配の女性2人組みが2時間近くお邪魔しており恐縮しておりましたが、店主は嫌な顔ひとつせず接客しておりました。 と、最近めっきりと減ってしまった正統派の洋食を楽しめるお店ということで、この手のお店が好きな人なら一度は訪ねてみてもいいかもしれません。 けっして派手さがなく、メニューが限られているうえに濃い味ではないので、若い人にはつまらないかもしれませんが、昭和世代ならツボにはまるかもしれません・・・。 次回はカレーを食べたいですね。 静岡市駿河区桃園町21-22 054-258-4972 11:30~14:00 月曜休み.

次の