福岡 気温。 福岡市の1時間天気

福岡管区気象台|九州北部地方の天候の特徴

福岡 気温

3月は過ぎてゆく程、気温上昇! 福岡の3月は下旬になっていく程、気温も徐々に上昇し、少し春らしさを感じることができます。 とは言えども、朝・晩を中心にまだ肌寒さは感じるので、体調管理はしっかりしておきましょう。 福岡・3月の平均気温は10. 曇りや雨の日でも雪が降ることはありません。 2017年3月、晴れていたのは15日前後で1か月の日照時間は169. 2時間でした。 寒さも段々と和らぎ、晴れている日も多いので、友人やグループでの卒業旅行に最適な時期といえるでしょう。 ・3月上旬の気温 平均気温は9. 2017年3月1日の朝の気温は6. ・3月中旬の気温 平均気温は10. 2017年3月15日の朝の気温は9. この日は、天気が悪く、一日を通して気温の変化が小さいことから、その日によって多少、気温の変化があると考えていた方がいいでしょう。 こまめに天気予報などをチェックしておくのが無難です。 ・3月下旬の気温 平均気温は11. 2017年3月31日の朝の気温は10. この日に至っては、朝の気温よりも日中の方が気温は下がっています。 この日も天気が悪いことと、北の風が吹いている理由から、気温も思った程上昇しなかったと考えられるでしょう。 ・降水量 46. 0㎜と年間通して一番少ない月となりました。 ということで、お出かけにはピッタリな時期。 ・紫外線 紫外線量は、地域や高度・日照時間などの違いで異なり、南エリアに行く程!高くなるといわれています。 日本で例えると、沖縄は北海道に比べて約2倍の紫外線があるんです。 もう春服の出番!?しっかり最適な服装をチェックしておこう 3月と聞くと「そろそろ春物を出しておこうかな~」なんて思ってしまいますが、北風が吹いてまだまだ寒さの厳しい日もあるので、福岡旅行の際には特に注意が必要です。 真冬のようなしっかりした防寒は3月下旬になる程、必要なくなってきますが、ある程度の寒さ対策は考えておきましょう。 厚手のニットを着るならアウターはダウンベストにするなどして、こまめに対応するのが一番です。 天気の良い昼間などは、比較的過ごしやすくなりますが、朝晩は冷え込む場合もあるので、持ち物としてストール、手袋、貼るカイロがあれば便利でしょう。 春の気配がする頃、女性の方は、やっとスカートを履く気持ちが出てくる人も多いのでは。 デニール数がやや高めのタイツを着用すれば過ごせる日も出てきます。 冬の間たくさん着てきたニットにもそろそろ飽きてくる頃。 街中でも、春物が続々と出てきているでしょう。 そんな時期に着用したくなるアイテムの一つシャツやブラウスだけではまだ寒いです…。 ということで、肌着を防寒対策用のものにし、アウターや小物で寒さ対策をすれば春を先取りしたコーディネートも可能! また3月の天気の良い日には、紫外線も下旬にかけて段々と強くなるので、日焼け止めの他に、帽子やサングラスなども持ち物として旅行カバンにしのばせておくのがベストです。 その日の天気によって、気温も変化するので、旅行に行く数日前から福岡の週間天気予報をチェックしておくことをお忘れなく! 服装を工夫して春の訪れを待とう! 3月といえば、早いところでは桜が咲き始め、いよいよ春の匂いを感じる時期に!そして福岡の「舞鶴公園」では、3月下旬~4月上旬にかけて「福岡城さくらまつり」が開催されます。 福岡県内一番の人気を誇り、ソメイヨシノを中心にマツマエザクラ、カンザン、ヨウコウなど約1,000本が植えられているんですよ。 更に夜はライトアップされるので、デートにぴったり。 更新日は、ページ上部にてご確認いただけます。

次の

3月の福岡 気温や服装を伝授 旅行に持っていくべきものはこれ

福岡 気温

2019年6月 日 月 火 水 木 金 土 日 - - - - - - 1 最高気温 最低気温 - - - - - - - - - - - - 25. 8 18. 4 9時 - - - - - - 12時 - - - - - - 15時 - - - - - - 天気図 - - - - - - 日 2 3 4 5 6 7 8 最高気温 最低気温 28 20. 6 28. 1 20. 1 29. 6 22. 1 31. 1 22. 1 30. 2 22. 4 30. 9 21. 2 25 18. 6 9時 12時 15時 天気図 日 9 10 11 12 13 14 15 最高気温 最低気温 25. 9 18. 6 25. 9 19. 5 25. 8 18. 4 25. 4 18. 7 28. 6 17. 6 25. 6 22 22 19. 2 9時 12時 15時 天気図 日 16 17 18 19 20 21 22 最高気温 最低気温 25. 5 19. 1 27. 4 17. 6 25. 8 19. 7 28. 5 19. 2 29. 9 20. 6 30. 9 22. 9 27. 5 22. 6 9時 12時 15時 天気図 日 23 24 25 26 27 28 29 最高気温 最低気温 25. 7 19. 5 26. 3 19. 7 30 18. 7 28. 8 21. 2 32. 1 23. 3 28. 4 23. 8 29. 5 22. 8 9時 12時 15時 天気図 日 30 - - - - - - 最高気温 最低気温 28. 3 25. 1970年代• 1980年代• 1990年代• 2000年代• 2010年代• 2020年以降• 他の地域を選ぶ 北海道• 関東・甲信• 中部・北陸• 中国・四国• 1961年〜の地上気象観測データを元に集計してます。

次の

福岡市の10日間天気(6時間ごと)

福岡 気温

九州北部地方の天候の特徴(解説) ここでは、九州北部地方の天候が季節とともにどう変わり、それがどのような大気の流れによってもたらされているかについて解説します。 また、春の低温(日照不足)や夏の高温(少雨)など、年によって現れる、平年と大きく違う天候のうちのいくつかを、具体的な例をあげて解説します。 九州北部地方の平年の天候 九州北部地方は、標高1500mを超える山々が、九州のほぼ中央を南北に連なっています(図1-1)。 その西側と東側(大分県付近)では季節により天候に差があり、特に冬は大きくなります(西側より東側の方が日照時間が多い)。 九州山地や筑紫山地、山口県の中国山地に面した平野、さらに有明海に面して一方を山地に囲まれた佐賀・筑紫、熊本平野などは、周囲の地形や地理的条件がその地域の気候特性に寄与しており、図1-2の年降水量分布にもよく現れています(平野部は周辺の山地と比べて降水量が少ない)。 その他の特徴的な点として、九州山地沿いの東側斜面で降水量が多いことがわかります。 9月前後の台風の接近が多くなる季節に、東側斜面は台風の影響を受けやすいためと考えられます。 また、比較的緯度が低い地域(北緯32~33度付近)は、梅雨の季節に梅雨前線や低気圧の影響を受けやすいため、緯度が高い地域(北緯34度付近)と比べて降水量が多い分布となっています。 冬に現れやすい冬型の気圧配置(西高東低)の際に、北西の季節風で日本海から流れてくる対流雲の影響を受けやすい地域(日本海に近い福岡や下関)では日照時間が少ないことがわかります。 反対に、そのような雲の影響を受けにくい大分では日照時間が多いことがわかります。 日本海に近い福岡や下関などの冬は、他の日本海側の地域(山陰や北陸地方など)とは少し異なり、日照時間が少ないだけでなく降水量も少ない傾向にあります(コラム1参照:)。 夏~秋の降水量については、梅雨期間(6~7月)は、梅雨前線や低気圧の影響を受けやすい九州山地の西側に位置する熊本で顕著に多くなっていますが、台風の季節である9月は、台風の影響を受けやすい九州山地の東側に位置する大分で多くなっていることがわかります。 低気圧の通過前(通過後)には南(北)からの暖かい(冷たい)気流が流れ込み、気温が上昇(下降)します。 九州北部地方の気温もこうした短期の変動を繰り返しつつ、次第に上昇していきます。 天気の変化による、寒暖の差が大きい季節です。 春季の後半は、高気圧に覆われることが多くなるため、日照時間が多くなります。 また、この時期は大陸から黄砂がしばしば運ばれて来ます。 九州北部地方はこの時期の降水量が全国で最も多い地域の一つです。 特に、九州北岸付近の梅雨前線上を低気圧が東に進む場合などは、南西から湿った空気が流れ込み、山間部の南西側を中心に局地的な大雨となりやすくなります。 梅雨明け後は、太平洋高気圧に覆われ晴れて暑い盛夏になります。 また、九州山地を中心に大気の状態が不安定となり、雷雲が発生し一時的に激しい雨の降る日があります。

次の