内閣 府 職員 変死 事件。 内閣府職員の変死事件で、姓名を公表しないのはなぜでしょうか...

韓国出張の内閣府職員がなぜ北九州に漂着 謎だらけの展開にネットで憶測広がる: J

内閣 府 職員 変死 事件

この記事の主題はウィキペディアにおけるを満たしていないおそれがあります。 目安に適合することを証明するために、記事の主題についてのを求めています。 なお、適合することが証明できない場合には、記事はされるか、に置き換えられるか、さもなくばされる可能性があります。 ( 2014年5月) 内閣府職員変死事件 場所 福岡県北九州市若松区響町の響新港西1号防波堤付近 日付 概要 内閣府の30歳職員とされる男性、遺体で発見 死亡者 1 内閣府職員変死事件(ないかくふしょくいんへんしじけん)は、、沖のにおいて、の30歳職員とされる男性が遺体で見つかった事件である。 (七管)によると、通報により響灘沖のゴムボート内に倒れている人影を確認。 ボートが荒波で転覆したため捜索していたところ、1月20日朝防波堤直下の海中で遺体を発見した。 遺体は、(韓国)で開かれる経済セミナーに留学先のから出席予定の内閣府職員と判明した、と報じられた。 発見時には韓国製の服を着用、日本円で2万4000円相当の紙幣を所持しており、韓国からの出国記録はなかったという。 この職員は、4月に内閣府に採用された。 に在籍しており、7月から2年間の予定で大学院に留学・研究していた。 末、からまでの韓国行きを内閣府に事前申請し、承認されていた。 経緯 [ ] 2013年• 12月9日 - 職員、韓国へ出張申請。 なお、留学先のミネソタ大学大学院では1月からの授業登録手続きをしていなかった。 2014年• 1月3日 - 職員、申請よりも早く韓国に渡航し、午後6時35分頃に到着。 のホテルにチェックイン、翌4日にパスポートとかばんを置いたままチェックアウト。 1月4日 - 職員、ソウルのゲストハウスに1月11日までの予定でチェックイン。 ただし財布やパソコンなどが入ったスーツケースは予約も入れていない別のホテルに預けた。 その後、最初のホテルに置いていたパスポートとかばんを取りに行く。 1月5日 - 職員、付近のスーパーで作業用手袋を購入。 1月6日 - 職員、ソウル東部の聖水洞にあるボート販売会社の事務所を訪れ、ゴムボートと船外機の代金を現金で支払い、翌7日にのホテルへ配達するようメールで依頼。 なお、この時には「出身のアレックス・ポー」と名乗っていた。 また、旅券ケースを紛失したとして、午後4時頃、ホテルの従業員と共にソウルの南大門警察署西小門派出所に本名で届出を行う。 1月7日 - 職員、内閣府に電話連絡。 これが最後の連絡となった。 なお、この日、職員は友人とされる韓国人男性とソウル市内を観光したとされる。 1月8日 - 職員が参加するとしていたのルネッサンス・ソウル・ホテルで(2014年アジア太平洋社会科学会議)が開会される(1月10日まで開催)。 同日、職員は会議に参加せず、ゲストハウスをチェックアウトし、付近の別のホテルにチェックイン。 午後2時頃にソウル駅付近でコーヒーを飲み、午後6時頃に自転車用品店でバッテリー2つとケーブルを購入。 タクシーで釜山に向かい、ホテルでゴムボートを受け取っている。 1月10日 - ソウルの宿泊先の防犯カメラに職員とみられる男性の姿が捉えられる。 1月18日 - 午前9時45分頃、若松区響町の響新港西1号防波堤付近で遊漁中だったプレジャーボートから「ゴムボートが漂流して中に1人倒れているようだ」と通報。 約30分後、がボートの中で倒れている人影を確認。 ボートが荒波で転覆したため捜索開始。 1月20日 - 朝、防波堤直下の海中で男性の遺体を発見。 若松海上保安部、海中から男性の遺体を引き上げたと発表。 2枚の黒色ジャンパーと黒色ズボンを着用、外傷はなかった。 ジャンパーのポケットには本人名義のクレジットカードとウォン紙幣の入ったポーチが入っていた。 2月3日 - 死因はか水死とみられ 、死後1〜2週間経過している(死亡日は1月8日〜15日の間)と七管が発表。 2月6日• 、(ICPO)を通じて韓国とアメリカに捜査協力を要請。 、幹事長のの指示により、副幹事長のをトップとする調査チームを立ち上げる。 2月14日 - 韓国警察、職員の韓国国内での足取りの調査結果を日本側に通達。 MSN産経ニュース. 2014年2月1日. 2014年2月3日閲覧。 YOMIURI ONLINE(読売新聞)、2014年2月1日、2014年2月3日閲覧• MSN産経ニュース. 2014年2月3日. 2014年2月3日閲覧。 毎日新聞. 2014年2月2日. 2014年2月3日閲覧。 FNNニュース 2014年2月5日• テレ朝news 2014年2月4日• 朝鮮日報日本語版 2014年2月7日• 時事ドットコム 2014年2月6日• テレ朝news 2014年2月6日• 毎日新聞. 2014年2月1日. 2014年2月6日閲覧。 時事ドットコム 2014年2月3日• 毎日新聞. 2014年2月4日. 2014年2月6日閲覧。 毎日新聞 2014年2月7日• 朝日新聞 2014年2月6日 : この項目は、・(犯罪者・犯罪組織などを含む)に関連した です。 などしてくださる()。

次の

第二次安倍政権以降「自殺&不審死」リストを公表する

内閣 府 職員 変死 事件

東大卒のエリート内閣府職員・A氏(30)が渡航先の韓国から日本にゴムボートで密入国しようとして死亡した事件は様々な憶測を呼んでいる。 韓国の情報筋はこんな見立てを披瀝した。 「A氏は日本の経済アタッシェ、つまり海外の経済情報を集めるスパイだったのではないか。 その情報収集・工作中に何らかのトラブルにあったということ。 だからこそ、日本政府は動かず、捜査も海保任せにして、警察もほとんど動いていない。 韓国政府に捜査要請しないのもその証左だ。 そもそも、彼の氏名すら公表されていないのはおかしいでしょう」 とはいえ、A氏は直接、情報活動にあたる立場にはない。 日本の情報部門として米CIAや韓国・国家情報院(国情院)のカウンターパートとなる内閣情報調査室(内調)は官邸の組織であって、A氏のいる内閣府とは近くて遠い存在のはずなのだが……。 菅沼光弘・元公安調査庁第二部長はこう語る。 「内調のような日本の情報機関の場合、本体の規模が小さく、人員も少ないため、いろいろな外部機関と協力関係を結び、情報収集をすることになる。 キャリアからして彼がそうだとは考えづらいが、外郭団体や海外にいる人間に情報収集を依頼するケースも確かにある」 不思議なのは、韓国だけでなく日本国内でも、今回のことは捜査関係者の間で徹底した箝口令が敷かれているということだ。 だが、そんななか共通の証言が複数筋から出てきた。 「A氏は公安からマークされていた」というのだ。 「事実、事件発覚当初、警視庁公安部外事二課が捜査に動いた形跡がある。 箝口令が敷かれているのは事件性が高いためで、だから海保はいまだに遺体を福岡県警に渡さないでいる」(内調関係者) いったい彼はどんな理由で公安にマークされていたのか。 ある公安関係者が、驚くべき情報を明かした。

次の

内閣府職員の変死事件で、姓名を公表しないのはなぜでしょうか...

内閣 府 職員 変死 事件

東大卒のエリート内閣府職員・A氏(30)が渡航先の韓国から日本にゴムボートで密入国しようとして死亡した事件は様々な憶測を呼んでいる。 韓国の情報筋はこんな見立てを披瀝した。 「A氏は日本の経済アタッシェ、つまり海外の経済情報を集めるスパイだったのではないか。 その情報収集・工作中に何らかのトラブルにあったということ。 だからこそ、日本政府は動かず、捜査も海保任せにして、警察もほとんど動いていない。 韓国政府に捜査要請しないのもその証左だ。 そもそも、彼の氏名すら公表されていないのはおかしいでしょう」 とはいえ、A氏は直接、情報活動にあたる立場にはない。 日本の情報部門として米CIAや韓国・国家情報院(国情院)のカウンターパートとなる内閣情報調査室(内調)は官邸の組織であって、A氏のいる内閣府とは近くて遠い存在のはずなのだが……。 菅沼光弘・元公安調査庁第二部長はこう語る。 「内調のような日本の情報機関の場合、本体の規模が小さく、人員も少ないため、いろいろな外部機関と協力関係を結び、情報収集をすることになる。 キャリアからして彼がそうだとは考えづらいが、外郭団体や海外にいる人間に情報収集を依頼するケースも確かにある」 不思議なのは、韓国だけでなく日本国内でも、今回のことは捜査関係者の間で徹底した箝口令が敷かれているということだ。 だが、そんななか共通の証言が複数筋から出てきた。 「A氏は公安からマークされていた」というのだ。 「事実、事件発覚当初、警視庁公安部外事二課が捜査に動いた形跡がある。 箝口令が敷かれているのは事件性が高いためで、だから海保はいまだに遺体を福岡県警に渡さないでいる」(内調関係者) いったい彼はどんな理由で公安にマークされていたのか。 ある公安関係者が、驚くべき情報を明かした。

次の