へきれき いっ せん アニメ。 【#鬼滅の刃】我妻善逸(あがつまぜんいつ)の強さ【戦闘能力考察】|ひらめきのきらめき

キングダム 第3シリーズ

へきれき いっ せん アニメ

紀元前、中国西方の 秦国 しんこく に、今は亡き親友と夢見た「 天下の大将軍」を目指す若き 千人将・ 信 しん がいた。 かつて王都で起きたクーデターに巻き込まれ、現在の 秦王 しんおう ・ 嬴政 えいせい と運命的に出会った信は、 自身の夢をかなえ、嬴政が目指す「 中華統一」をともに成し遂げるため戦場に身を置くことになる。 戦地で散った師・ 王騎 おうき の死を乗り越え、 蒙恬 もうてん や 王賁 おうほん ら同世代の隊長たちと切磋琢磨しながら、着実に夢への階段を上ってゆく信。 一方、嬴政もまた、壮大な目標に向け、相国・ 呂不韋 りょふい から国の実権を奪い返すべく宮廷内での勢力拡大に力を注ぐ。 そんな中、軍事最重要拠点のひとつ 山陽 さんよう の攻略に成功した秦国は、これにより中華統一へ一歩近づくこととなった。 だが、七国の勢力図を塗り替えかねないこの一手に危機感を抱く 趙国 ちょうこく の天才軍師・ 李牧 りぼく は、 楚国 そこく の宰相・ 春申君 しゅんしんくん を総大将に、楚、趙、 魏 ぎ 、 燕 えん 、 韓 かん 、 斉 せい の六国による合従軍を興し秦国への侵攻を開始する! キャラクター• スタッフ• 原作: 原 泰久• 監督: 今泉賢一• シリーズ構成: 高木 登• キャラクターデザイン: 阿部 恒• 美術監督: 水野 雄介• 色彩設計: 阿部みゆき• 撮影監督: 野上大地• 編集: 柳 圭介• 音楽: 澤野弘之/KOHTA YAMAMOTO• 音響監督: 小泉紀介• アニメーション制作: ぴえろ/スタジオ サインポスト• エンディングテーマ 『Deep inside』 waterweed 作詞:Tomohiro Ohga 作曲:waterweed 編曲:waterweed キャスト• 信 しん : 森田成一• 嬴政 えいせい : 福山 潤• 河了貂 かりょうてん : 釘宮理恵• 麃公 ひょうこう : 斎藤志郎• 蒙武 もうぶ : 楠 大典• 騰 とう : 加藤亮夫• 桓騎 かんき : 伊藤健太郎• 王翦 おうせん : 堀内賢雄• 王賁 おうほん : 細谷佳正• 蒙恬 もうてん : 野島裕史• 李牧 りぼく : 森川智之• 春申君 しゅんしんくん : 内田夕夜• 媧燐 かりん : 田中敦子• 汗明 かんめい : 田中美央• 呉鳳明 ごほうめい : 浪川大輔• 項翼 こうよく : 鈴木達央• 白麗 はくれい : 上村祐翔 関連サイト•

次の

【#鬼滅の刃】我妻善逸(あがつまぜんいつ)の強さ【戦闘能力考察】|ひらめきのきらめき

へきれき いっ せん アニメ

その速さは、構えてから技を出し終わるまで、刀身が晒されることがないほど。 における全ての基本になる技。 はの型のうち、この技しか習得することができなかったが、この技を発展させたことで、強力なとも渡り合うことができるようになった。 を6連続で放つ技。 踏み込みの音が1度に聞こえるほどの超高速の連続攻撃。 「一つのことを極めろ」というの教えを体現した技。 を8連続で放つ技。 を習得したことで基礎体力が向上し、の連撃回数が増加した。 ですら反応できないほどの速度で放つ、まさに神速の。 一度の戦闘で二度しか使えず、二度使うと 足の骨が折れる諸刃の剣。

次の

【雷の呼吸】壱ノ型 霹靂一閃(へきれきいっせん)【鬼滅の刃】

へきれき いっ せん アニメ

概要 の同期にあたる鬼殺の剣士。 金髪で、全般的に弱気な発言が目立つ。 初登場は第1巻6話。 鬼殺の剣士 鬼殺隊に所属する剣士。 多くの剣士が全集中の呼吸を習得しており、善逸もその一人である。 日輪刀 鬼殺の剣士が所有する刀。 鬼を殺すことのできる唯一の武器。 日輪刀で頚を斬ることで鬼を殺すことができる。 持ち主の呼吸への適性によって色が変わる別名「色変わりの刀」。 善逸の日輪刀の色は「 黄色」。 鎬には稲妻のような紋様が入っており、雷の呼吸に対して極めて高い適性があることを示している。 まさに、雷の呼吸の申し子である。 戦闘技能 鬼殺の剣士全般が持つ戦闘技能に加え、優れた聴覚を持つ。 全集中の呼吸• 雷の呼吸• 全集中・常中• 眠り善逸 全集中の呼吸 鬼殺隊員の身につけておくべき 基本技能であると同時に、鬼を殺すための 必殺の奥義。 大量の酸素を取り込むことで一時的に身体能力を向上させることができる。 その効果は、人間のまま 鬼のように強くなれるともいわれる。 呼吸により止血を行うこともでき、「何でもできるわけではないが」「様々なことができるようになる」(第8巻62話)とのことで、 応用性が高い。 雷の呼吸 始まりの呼吸である「日の呼吸」から派生した、基本となる5つの呼吸の一つ。 雷の呼吸は壱ノ型が全ての基本となるが、善逸は壱ノ型しか習得することができなかった。 壱ノ型 霹靂一閃(へきれきいっせん) 刀を収めた状態から、目にもとまらぬ速さで敵を攻撃する居合の技。 元上弦の陸・響凱の屋敷で出会った鬼に対して使用し、反撃の間もなく一撃で頚を斬り落とした(第3巻23話)。 壱ノ型 霹靂一閃・六連(へきれきいっせん・ろくれん) 壱ノ型 霹靂一閃を6連続で放つ技。 踏み込みの音が1度に聞こえるほどの超高速の連続攻撃。 使用法が• 6回移動してから最後の一度で斬撃を放つ• 移動しながら合計6回の斬撃を放つ の2通りあるが、基本的な使用法は後者。 高所にいる蜘蛛の鬼(兄)に対して毒を受けた状態で放ち、雷鳴とまごう音とともに頚を斬り落とした(第4巻34話)。 壱ノ型 霹靂一閃・八連(へきれきいっせん・はちれん) 壱ノ型 霹靂一閃を8連続で放つ技。 上弦の陸・堕姫との戦いで伊之助を守るため、堕姫の帯に対して放った(第11巻91話)。 壱ノ型 霹靂一閃・神速(へきれきいっせん・しんそく) 上弦の鬼ですら反応できないほどの速度で放つ、まさに神速の霹靂一閃。 一度の戦闘で二度しか使えず、二度使うと 足の骨が折れる。 上弦の陸・妓夫太郎・堕姫との戦闘で、瓦礫から抜け出す際に一度、瓦礫から抜け出した後に堕姫の頚を斬るためにもう一度使用し、伊之助と連携して頚を斬った(第11巻93話)。 漆ノ型 火雷神(ほのいかづちのかみ) 羽織が弾け飛ぶほどの速度で放たれる、雷の龍を纏う居合の剣技。 その速度は上弦の鬼となった獪岳ですら 見えないほど。 善逸が編み出した新たな雷の呼吸の型。 おそらくは壱ノ型 霹靂一閃・神速を鍛え上げ、新たな型となるまで昇華させたもの。 上弦の陸・獪岳との戦闘で使用し、目に見えないほどの速度で頚を斬り落とした(第17巻145話)。 全集中・常中 四六時中全集中の呼吸を行うことで、基礎体力を飛躍的に向上させる。 直接の戦闘技能ではないが、炎柱・煉獄杏寿郎曰く「 柱への第一歩」(第8巻62話)と言われるほどに重要な技能。 蝶屋敷での機能回復訓練の中で9日かけて習得した(第6巻51話)。 なお、全集中の呼吸は「長くやろうとすると 死にそうになる」らしく(第6巻50話)、平然と全集中・常中を維持できる 柱の基礎体力の高さがうかがい知れる。 聴覚 人並外れた聴覚を持ち、人や鬼の存在を探知するほか、その感情や思考すらも読み取ることができる。 眠り善逸 平常時の善逸は臆病で弱気なため、鬼を目の前にしても 恐怖と緊張感で上手く戦うことができないが、緊張が最高潮に達したとき、 失神し、眠りに落ちることで緊張感から解き放たれ、 真価を発揮する。 当然眠っているので目は閉じたままだが、人並外れた聴覚のおかげで、目を閉じたままでも支障なく戦闘を行うことができる。 上弦の陸・獪岳との戦闘においては、緊張を怒りが勝ったためか、眠りに落ちることなく戦闘を行っている。 総評 ただ一撃のみに特化した、いわば 仕事人。 その一撃の威力と精度は、柱に匹敵すると言っても過言ではない。 霹靂一閃しか使うことができない代わりに霹靂一閃を 極限まで極めたことで、一撃必殺の 文字通りの必殺技へと昇華しており、上弦の鬼のような格上相手にも通用する技を持っているという点で、下級隊士ながらかなりの実力を持つ。 ちなみに、上弦の鬼を単独で撃破したのはに続き二人目。 痣なしで上弦の鬼を撃破したのは善逸が初めてである。 さらには、登場人物の中でも限られた 新たな型を編み出した者でもあり、その点においてもポテンシャルの高さが伺える。 基本戦術は シンプルで、超高速の居合の一撃を鬼の頚に叩きこむもの。 シンプルであるがゆえに 対処法がろくになく、善逸が鬼の頚に向けて放った剣技は、全て頚を斬り落としている(上弦の陸・堕姫は伊之助との連携)。 上弦の陸となった獪岳に放った漆ノ型 火雷神は、見ることすらできない、神速を超える 超神速ともいえる剣技で、おそらくはより 上位の上弦の鬼にさえ通用する剣技であると推測される。 一方で弱点は、事実上 一つの型しか使えないこと。 基本的に戦術が単調になってしまうため、霹靂一閃、ひいては火雷神が通用しない相手に対しては、単独ではほぼ 為す術がない。 雷の呼吸の 他の型を習得できない以上は、他の隊員と連携しつつ、隙を作らせて鬼の頚を斬っていく形をとらざるを得ない。 しかしながら、そもそも一撃必殺である霹靂一閃を 無理やり六連や八連に昇華させているあたり、行き止まりであっても 壁をぶち壊して進んでいくタイプである。 日輪刀が示す雷の呼吸の適性の高さも相まって、今後成長するにしたがって 手が付けられないほど強くなっていくタイプであると言える。 雷の呼吸の速さは 攻防一体の特徴にもなりうるため、今後の成長に最も期待がかかる 逸材であると言える。

次の