糖尿病 治る 時代。 糖尿病は早期発見・早期治療が鍵

Ⅱ型糖尿病は治る!Ⅰ型糖尿病も治る時代になる!

糖尿病 治る 時代

私はこれまで、5000人以上の患者さんに、減量指導を行ってきました。 そのうち糖尿病の人は、境界型を含めると約2000人はいたでしょう。 日本人は、欧米人に比べてインスリンの分泌能力が弱いといわれます。 インスリンは、膵臓から分泌されるホルモンで、血液中の糖分を取り込み、エネルギー源として体に蓄積する役割を担っています。 食べれば食べるほどインスリンがたくさん分泌され、血液中の糖分量が調整されると同時に、エネルギーが体にため込まれます。 つまり、太っていくのです。 しかし、日本人の場合、インスリンを過剰分泌できるのは、10年程度です。 「日本人はどんなに太っても、せいぜい100kg止まり」といわれるのは、10年間しか太れないからです。 がんばってインスリンを分泌し続けた膵臓は、10年で力尽き、糖分をエネルギーに変えることができなくなります。 これが、糖尿病です。 一方、欧米人の場合、インスリンの過剰分泌は30年続くといわれます。 つまり、30年間太り続けられるのです。 欧米に、200kg級の巨漢が珍しくないのは、そのためです。 インスリンを過剰分泌できる期間が短い日本人は、欧米人に比べ、糖尿病を発症しやすい民族といえるでしょう。 加えて、日本人には、「肥満遺伝子」を持つ人が、欧米人に比べて3倍も多いことがわかっています。 肥満遺伝子とは、摂取したエネルギーを最大限に吸収し、消費エネルギーを最小限におさえる遺伝子です。 飢餓と闘っていた時代に、最小限のエネルギーで生き延びられるよう変異した遺伝子で、我々が祖先から受け継いだ遺伝的特性です。 飽食の現代では、その遺伝子が肥満を招く結果になっています。 肥満しやすいと、当然、糖尿病にもなりやすくなります。 日本人に糖尿病が多いことには、こうした背景があるのです。 とはいえ、あきらめる必要はありません。 糖尿病は、 たった3〜5%体重を落とすだけで、改善する可能性があるのです。 なぜなら、エネルギーや糖分のとりすぎを改め、血糖値が下がってくると、糖尿病の初期の人なら、それだけでインスリンの分泌がよくなるからです。 また、減量によって体脂肪がへると、脂肪細胞から分泌されるインスリン抵抗性ホルモン(インスリンの働きを悪くするホルモン)がへり、インスリンが正常に働くようになるのです。 これらの効果を得るには、体重をたった3〜5%落とすだけでよいことがわかっています。 体重が100kgの人なら3〜5kg、80kgの人なら2. 5〜4kgの減量でいいのです。 いかがですか?これなら実現可能だと思いませんか?ただし、減量によって糖尿病が改善するのは、次のタイプの人です。 その結果、体重が3〜5%減少すると、過去1〜2ヵ月の血糖状態を示すヘモグロビンA1cが、2〜3%下がることがわかったのです。 ヘモグロビンA1cの基準値は、4. 6〜6. 2%です。 例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6〜7%まで下がります。 ここまで下がれば、糖尿病の内科的症状はかなり改善されます。 さらに、糖尿病であるかどうかを判定するブドウ糖負荷試験を行ったところ、180人中、体重が15%へった32名は「糖尿病でない」と判定されたのです。 日本人の95%は、インスリン分泌能力があるにもかかわらず、その量が少なかったり、効きが悪くなっていることで糖尿病になっている「2型糖尿病」です。 この初期段階の人であれば、減量によって糖尿病が治る可能性は、大いに期待できます。 一方、日本人には少ないのですが、体内でインスリンが全く分泌されない「1型糖尿病」の人は、残念ながら減量では治りません。 インスリン注射が必要です。 また、2型糖尿病でも、発症してから長い年月がたっている場合は、膵臓がかなり疲弊し、インスリンの分泌能力が落ちているため、治癒は困難です。 しかし、減量することで血管や神経の傷害リスクをへらし、心臓病、脳卒中、失明などの合併症を予防することは可能です。 決して無意味ではないのです。 にもかかわらず、多くの医師は、血糖値にばかり目を向けます。 目的が、糖尿病の改善ではなく、血糖値の降下になっているため、すぐに薬やインスリン注射を勧めます。 前述したように、インスリンは体にエネルギーを蓄えるホルモンです。 肥満して糖尿病を発症している人にインスリンを打てば、血糖値は下がっても、肥満はさらに加速し、合併症のリスクは高まるいっぽうです。 血糖値だけでなく、全身を管理できる治療でなければ意味がないと、私は考えています。 そして、それは数パーセントの減量で可能なのです。

次の

糖尿病は治る?−生活習慣病からくる2型糖尿病の場合「減量」が大切

糖尿病 治る 時代

糖尿病の新しい治療法のご紹介 現在、日本国民の糖尿病予備軍を含めると2200人、6人に1人で原因不明の1型と2型がありますが2型が全体の95%と言われています。 糖尿病が悪化すると失明、腎不全、心筋梗塞。 認知症などの合併症を引き起こします。 平成24年8月30日にクローズアップ現代で放映された「糖尿病の"常識"が変わる」の内容を要約したものです。 これまでの治療法としては、「 一に食事療法」「二に 飲み薬」、「 最後はインスリン」注射の順番でした 好きな食べて、ワインも飲める「糖質制限食」とは 「85kg、血糖値はHbA1cが7.6%だった40歳の女性の場合」 新たな治療法が開発されつつあります。 肉も揚げ物も、そしてワインも楽しめる食事療法、それは「糖質制限食」と呼ばれています。 現在、各医療機関でもこの「糖質制限食」を取り入れています。 当初7.6% HbA1cが5.4%の正常値に改善 9年間糖尿病で悩んでいた85kgで血糖値はHbA1cが7.6% 正常値6.2%未満 だった40歳の女性が、「糖質制限食」を取り入れて1ヶ月後に血糖値が正常値に戻りました。 女性は、医師の食事指導によるカロリー制限食でカロリーを8割を減らす従来の制限食を始めたが、毎日の食事のカロリー計算のための細かいグラム数の計測や食べる物の種類を決めるのに数時間かかることもあって、精神的にも不安定な状態となり2ヶ月で従来の食事療法を断念しました。 その後症状が悪化し網膜で出血を起したため緊急手術により止血して失明の一歩手前の状態となりました。 最後に医師と相談して、「糖質制限食」を取り入れたところ 1ヶ月で血糖値が正常値になり、3ヶ月後には 85kgの体重が64kgになり21kgのダイエット、血糖値は当初HbA1c7.6%が5.4%と正常値に下がりました。 この「糖質制限食」は糖質である小麦やコメを減らし、肉や魚や卵などは好きなだけ食べられる食事療法なのです。 例えば、麺類は糖質なので豆腐で作った麺などに切り替えるなどの工夫をすることで他には制限のない精神的な苦痛も少ない食事療法です。 北里大学研究所センターでは糖質制限食を研究 北里大学研究所センターでは3年前から従来のカロリー制限食に失敗した人たちにコメや麺を減らした食事に変えて研究をすすめていますが、薬を服用しなくて血糖値が正常値となる人も現れています。 糖質の少ない新しいパンなども開発されています。 研究に参加している糖尿病患者12人の血糖値が半年間で7.6%から7.0%に 下がる効果が出ています。 担当している医者は、「スタンダードなカロリー制限食は有効であるが、どうしても続けられない方の治療オプションとして意義がある」と言っています。 最近注目されている希少糖プシコースは、カロリーゼロ、甘さは砂糖の約7割の夢の糖と云われています。 血糖値の上昇を抑える作用があり、病院では、糖尿病患者のデザートの甘味料として使用されるようになってきました。 食べたい物が食べられないストレスから解放され、食事制限をしなくても糖尿病の治療に取り組める日が近そうです。 糖尿病は完治するのでしょうか 以上、糖尿病患者の例を見てきましたが、ここにご紹介した方々の糖尿病は完治したのでしょうか。 結論から言えば、完治したのではなく血糖値のコントロールをしながら、普通の人と同じような生活をしているのです。 広く知られているように糖尿病には1型と2型の2つのタイプがあります。 主に小児期から青年期にかけて発症することが多いタイプです。 一方で、2型糖尿病は食習慣や運動習慣などの 生活習慣に起因し、インスリンの分泌量が少なくなったり、インスリンの働きが悪くなったりすることで発症するタイプです。 2型糖尿病でも生まれつきインスリンの分泌量が少ないという遺伝的な要因もありますが、食生活や運動習慣、ストレスなどの生活習慣や社会環境などが要因になって発症します。 日本人の95%が2型糖尿病です。 戦後の高度経済成長とともに急激に変化した食事の欧米化や車や電車などの交通機関の普及発達に伴う運動不足が原因といわれています。 また、糖尿病が増えた原因の根底には人類の長い歴史にあります。 人類の長い歴史は飢餓との戦いでした。 飽食の時代は歴史的に見ればほんのわずかな期間であり、次にいつ食べられるかわからない食べたものを体に溜め込むようにDNAにプログラムされていると考えられています。 徹底した血糖値管理で普通の生活 糖尿病は、血糖値が高い状態が慢性的に続くことでおこる様々な合併症が怖いことで知られていますが、血糖値の上昇を抑えることができれば、健康な人と同じように生活を送ることが出来ます。 ips細胞の研究が進めば将来的に可能性がありますが。 食事の見直しをして血糖値の上昇をコントロールできれば、健康な人と同じように生活を送ることが出来ます。 食事の管理を徹底することが重要 糖尿病は現在の医療では完治することは難しいといえます。 しかし、血糖値を管理してコントロールできれば、今以上に悪化させて合併症を招くことなく普通の生活を送ることが出来ます。 やはり食事の管理が最も効果があるといわれています。 血糖値を上昇させる食事の摂取に細心の注意をして、管理を継続することが大切です。 血糖値が安定しては合併症のリスクが低くなれば薬の使用量の減量や中止して経過を観察することも可能です。 血糖値のコントロールが良好な状態が続ければ完治したのと同じ状態を保つことができるのです。 しかし、途中で血糖値の管理をやめてしまえば、合併症が進行して取り返しがつかない事態となります。 糖尿病は、油断をすることの出来ない疾患でありますが、血糖値の管理さえできていれば、合併症を起こすことなく普通に生活が出来ます。 糖尿病の検査、治療は内科ですが、最近総合病院では「糖尿病科」が設置されている病院があります。 血糖値が気になる方は、医療機関を受診し、血糖値に異常がある場合早期の治療が必須です。

次の

糖尿病内科

糖尿病 治る 時代

国際膵臓・膵島移植学会は、文字通り膵臓移植と膵島移植に特化した学会です。 移植という医療自身専門性が高いのですが、その中でも膵臓移植と膵島移植に特化しているというとっても専門色の濃い学会です。 ただし、目的は、皆さんがおなじみの糖尿病を治してしまうことにあります。 そして、このインスリンを出す唯 一の細胞が膵島細胞なのです。 膵臓移植は、この膵島細胞を補うために膵臓という臓器をそのまま移植します。 膵島移植は、膵臓から特殊な技術を用いてインス リン産生細胞である膵島細胞だけを取り出して点滴の要領で肝臓の血流にのせて移植します。 このように、膵島細胞を補うことでインスリン分泌不足を解消し、 糖尿病を根本的に治してしまおうというのが、膵臓および膵島移植なのです。 膵臓移植が大掛かりな手術が必要なことから、最近では点滴で移植ができる膵島移植の研究や臨床応用が世界的に盛んとなっています。 この方法はエドモントン法と呼ばれて、臨床膵島移植の標準となりました。 1型糖尿病とは、糖尿病の5%ほどを占める 自己免疫による膵島破壊のために起こる糖尿病です。 この病気は大半の患者さんでインスリンがほとんど出なくなってしまうために、生命の維持にインスリン注 射が不可欠となります。 ただ、エドモントン法には、膵島分離の技術が難しく2回以上の移植が必要であること、移植後5年経つとインスリン注射の再開が90%の患者さんで起こること、拒絶反応を抑えるための免疫抑制薬のひとつであるラパマイシンという薬に副作用が多いことが課題として上げられていました。 今回の学会では、エドモントンのグループから、免疫抑制剤を工夫することで移植後5年経ってもインスリン注射から50%以上の患者さんが離脱状態であることが発表され、膵臓移植と遜色が無い成績にまで向上していることが示されました。 また、我々のグループからは、日本で開発した膵島分離方法を用いると膵島分離の失敗は無く、1回の移植でインスリン注射からの離脱が可能であり、さらに、副作用が多いラパマイシンは全く使用しないことで移植後の患者さんの生活の質が劇的に改善することを発表しました。 つまり、エドモントンプロトコールの欠点である、複数回の移植の必要性、膵島分離の困難性、長期インスリン離脱の維持の困難さ、ラパマイシンの副作用はすべて解決できることが証明されました。 我々にとってうれしかったのは、エドモントンのグループが、我々のベイラー法を採用したと発表したことです。 アメリカでは膵島移植はまだ研究的医療で行われているために症例数が増えにくいのですが、エドモントンのグループがあるカナダではすでに膵島移植は標準治療であるため症例数を増加させることが出来ます。 そして、世界をリードしてきたエドモントンのグループがベイラー法を採用したということで、我々が生み出したベイラー法が次世代の標準になってくれるのではないかと期待しています。 まず、彼らは、偶然発見されたオークランド島に生息する無菌状態のブタを清潔の施設で飼育し、ウイルスモニターシステムを構築することで、臨床応用が可能なブタのコロニーの作成に成功していました。 そして、そのブタの膵島を特殊な膜に包むことで、拒絶反応を起こす抗体や細胞から膵島を守りつつも、膜に開いた小さな穴からブドウ糖やインスリンを通すことに成功していました。 つまり、この方法を用いると免疫抑制剤を使わずに移植を行うことが出来るのです。 実際にこのバイオ人工膵島移植の臨床応用の許可をニュージーランド政府から取り付けて、1型糖尿病の患者さんに移植していました。 免疫抑制剤を使わないために、免疫抑制剤に関する副作用は当然ながら全くありません。 インスリン注射からの離脱率は低いものの、ほぼ全例で血糖値が改善しインスリン注射の副作用である低血糖発作はなくなっていました。 つまり、ブタの膵島を用いるために脳死ドナーに頼る必要も無く、特殊な膜で膵島を包むことで免疫抑制剤を使う必要も無くなった、まさに次世代の膵島移植をすでに臨床応用し、画期的な成績を出していました。 この発表の座長を行っていた、異種移植の世界の第一人者の一人であるピッツバーグ大学のクーパー教授は、「ニュージーランドチームの努力のおかげで、ブタ膵島を用いるバイオ人工膵島移植の新しい時代の幕が開けた。 今後、他の国でも同様な治療が開始される重要な礎を築いた。 」とコメントされました。 数年前まで、米国が世界この分野をリードしたいという思惑もあってか、他国での臨床試験には厳しい評価をしていた米国のリーダーが、とうとうニュージーランドチームの努力を認めたこの瞬間、私はとてつもない感動を覚えました。 ドナー不足と、免疫抑制剤の心配がない、バイオ人工膵島移植時代の幕開けです。 私がベイラーにリクルートされたのも、2005年のこの学会での発表 がきっかけでした。 今回も、私は発表をきっかけに、すでにいくつかの共同研究の話が来ていますし、さらに、米国の某大学から引き抜きの話も来ました。 日本では、論文発表が重視されますが、世界を動かすのはやはり学会でのプレゼンです。 なぜなら、プレゼンは感動を呼び、人は感動によって動く動物だからです。 バイオ人工膵島移植による糖尿病根治時代の到来は、私に感動を与え、私は新しい研究がしたくて仕方が無くなっています。 「 2011年6月23日 MRIC by 医療ガバナンス学会メールマガジンより転載」.

次の