トイレのつまり 食器用洗剤。 トイレ掃除は台所用洗剤でもできるの?

実践!!洗剤でトイレつまりを直す方法|中性・アルカリ性・酸性洗剤の用途と使用方法

トイレのつまり 食器用洗剤

台所用洗剤でトイレの汚れを落としましょう トイレ掃除をしたいのにトイレ専用の洗剤が切れていた、そんな時に便利に使えるのが台所用洗剤です。 台所用洗剤は油汚れでギトギトになっているお皿の汚れもきれいに落とせるほど洗浄力が高いので、トイレの汚れも落とすことが出来るのです。 便器を掃除するときには台所用洗剤をそのまま使います。 1~2滴便器内に落としてブラシでこすれば汚れを落とすことが出来ます。 床や壁にも尿などの汚れが飛び散っているので、トイレ掃除のときに一緒に拭きましょう。 床や壁を掃除するときには、台所用洗剤をそのまま使用せずに薄めて使用します。 バケツの中に水を入れてその中に台所用洗剤を1~2滴たらしたものを使いましょう。 いらない布や雑巾を使って拭けば、飛び散った尿の汚れを落とすことが出来ます。 更に便器も床や壁と同様のものを使えばきれいになるでしょう。 台所用洗剤の秘密は界面活性剤にあります 台所用洗剤は台所だけで使用するのではなく、トイレ掃除でも利用できるのにはどんな秘密が洗剤の中に隠されているのでしょうか? 秘密は洗剤に含まれている界面活性剤にあります。 界面活性剤が含まれていることで、汚れのついたものを浮かせたり、汚れを細かくして取り除きやすくしたりする働きがあるのです。 界面活性剤は、台所用洗剤をはじめ石鹸などあらゆる洗剤の中に含まれています。 この界面活性剤を含んでいる台所用洗剤を使うことでトイレの汚れも浮かせて取り除くことが出来るのです。 トイレ専用の洗剤を使うと汚れを落とすことは出来ますが、洗浄力の強い洗剤を使いすぎると便器が傷つくことがありますし、手肌についてしまうと荒れてしまうこともあります。 台所用洗剤は食べ物を置くためのお皿を洗うための洗剤ですし、手肌で直接触れても問題はありません。 肌へのダメージが強すぎるということがないのです。 トイレは雑菌が多いので掃除をするときには手袋をはめた方がいいですが、手肌にそれほどダメージを与えることもないので、安心して使うことが出来ます。 台所用洗剤の中にはトイレ掃除に適していないものもあります 市販の台所用洗剤であればどれを使っても問題なくトイレ掃除が可能ですが、実は、その中にはトイレ掃除に適していないものもあるのです。 トイレ掃除で使用するのに適している台所用洗剤は中性タイプです。 市販の台所用洗剤の中には、油汚れを落としやすくするために中性ではなく弱酸性のものがあります。 弱酸性の台所用洗剤は中性のものと比べると汚れを落とす力が強いです。 そのために、トイレ掃除をした時に汚れを十分に落とすことは可能ですが、洗浄力が強すぎるために肌が荒れてしまうこともありますし、便器の掃除に使うと便器を傷つけてしまうこともあるのです。 (まとめ)トイレ掃除は台所用洗剤でもできるの? 1. トイレ掃除に台所用洗剤を使っても汚れを落とすことができます トイレ掃除をする際に台所用洗剤を使って汚れを落とすことができます。 台所用洗剤は台所の汚れを落とすだけでなく、トイレでも活躍することが出来るマルチな洗剤なのです。 台所用洗剤でトイレの汚れを落としましょう 台所用洗剤をトイレ掃除で使うことが出来ます。 便器内には台所用洗剤をそのまま使います。 床や壁、便器の上はバケツに水を入れてその中に洗剤を1~2滴たらしたもので拭けばきれいになります。 台所用洗剤の秘密は界面活性剤にあります 台所用洗剤がトイレ掃除にも利用できるのは汚れを浮かせて取り除く働きがある界面活性剤が含まれているからです。 台所用洗剤なら手肌にダメージもなく安心して使うことが出来ます。 台所用洗剤の中にはトイレ掃除に適していないものもあります 台所用洗剤の中には、トイレ掃除に適していないものもあります。 中性タイプのものであれば問題ないのですが、弱酸性タイプは洗浄力も強く便器を傷つけたり、肌荒れをしたりしてしまう可能性もあるのです。

次の

トイレ用洗剤でお風呂掃除は【可能】です!種類を知って賢くお掃除!

トイレのつまり 食器用洗剤

台所の排水の詰まりと原因について 台所は色々な食材を調理するため、排水溝には他の場所よりも複雑な汚れが付きやすいものです。 特に油脂は排水パイプの内側に付着して、固まります。 固まった油脂はまた他の汚れを引き寄せていき徐々に汚れが溜まっていってしまうのです。 台所の水が流れなくなるのは、長年の汚れが蓄積されてパイプの内側が詰まってしまうからです。 対処法としては、普段の掃除に加えて、パイプ用の洗剤で時々内部の汚れを落とすことです。 台所のパイプはいきなり詰まり出すのではなく、徐々に時間をかけて積み重なっていくので、早い段階から汚れを防いでいれば、全く水が流れなくなる前に対処することが出来ます。 もし台所のパイプがつまってしまったら、パイプクリーナー用の洗剤を使って様子を見ます。 それでも流れないようであれば、物理的に汚れをこすり落とすしかありません。 長いワイヤーの先にブラシがついたものを使って、パイプの奥までこすっていきます。 分解が可能なシステムであれば、パイプを分解して汚れを取り除いても良いでしょう。 自分でも出来ないことではありませんが、パイプを痛めずに行うのは大変なので、専門業者の助けを借りる方が良いでしょう。 台所の排水の詰まりと対策について 台所の排水溝は放っておくと、すぐに詰まってしまう場所の1つです。 一旦詰まりが発生すると、除去してもじきにまた詰まることもしばしばです。 台所を詰まらせずに快適に使う方法はあるのでしょうか。 まずは、生ごみをむやみに流さないことです。 生ごみを流してしまうと独特な臭いの原因となるだけではなく、配管の奥にカスがたまってこびりついてしまいます。 すると水が流れにくくなり、配管が詰まっていきます。 生ごみは三角コーナーなどに捨て、排水溝には網目の細かいストレーナーを置くと良いでしょう。 次に、配管用の洗浄剤を利用すると詰まる可能性を低く抑えられます。 洗浄剤には大きく分けて2種類あり、塩素系のものと非塩素系のものに分かれます。 塩素系の洗浄剤は効き目が強力で、細部にこびりついた汚れまで落ちやすいのがメリットです。 その反面台所シンクの素材によってはサビが発生したり、他の洗浄剤とは混ぜてはいけないなど使用上の注意点があります。 非塩素系の洗浄剤は効き目は少々穏やかですが、その点シンクの材質を気にせず使えます。 ストレーナーに吊るすタイプの洗浄剤をセットしておけば、毎日少しずつ薬剤が流れ出るため台所を快適に使える期間がさらに長くなります。 台所の排水管のつまり対策について 気を付けていても流れてしまう野菜クズやお茶葉は、放置していると台所の排水管のつまりの原因になってしまいます。 掃除しようと思っていてもつい忘れてしまったり、いざ排水口を開けてみると、ドロドロやヌメリがついていて気分が悪くなってしまった経験はありませんか。 排水管周りは常にきれいにしておかないと健康被害をもたらす恐れもあるので、注意が必要です。 シンクの排水口にはカバーや網が付属しているので、ある程度の野菜クズなどはここで防ぐことができます。 しかし、食べ残しのゴミや細かい切りクズはどうしても網目を抜けて流れてしまうので、市販のフィルターやネットを併用してなるべくゴミが流れないようにしましょう。 使い捨てネットを使えば、ヌメリやカビなどが発生する前にこまめに取り換えることができるので、常に排水口周辺を清潔に保つことができます。 管内にすでに貯まってしまったゴミや、排水管の奥の方は目で見ることができず、スポンジやブラシで掃除するのは困難なので、シンクのカビやヌメリを除去して予防する薬品や、貯まったゴミを溶かす液体などを使用しましょう。 また、定期的に業者に清掃を依頼することで徹底的な掃除をするのも有効です。 面倒だと思わずに、毎日排水管のつまり対策を心がけるようにしましょう。 台所の排水管のつまりはネットなどで予防 台所の排水管は定期的に掃除をしていますか。 水だけが流れるのであればつまることはないでしょうが、排水管には料理をする際にでるゴミや、水垢やぬめりなどで汚れ、徐々に水が流れなくなりつまってしまいます。 そのつまりを無くすには、定期的な掃除をできれば毎日することが一番理想的ですし、水が流れるなくなることもないでしょう。 排水にはゴミを受けるカゴが設置してあります。 それは大変便利で、料理をするときに出るゴミを受けてくれます。 更に便利に使うには、そのカゴにネットをつけることです。 そうすることで、片付けるときにその中に入っているゴミごと取り外して捨てることができますし、ネットに入っているのでゴミが吸い込んでいる水分を、ゴミを散らかすことなく絞れます。 ゴミの削減にもつながりますので是非捨てる前のひと絞りは必ず行ってほしいし、ネットを使うことで簡単にできますのでおすすめです。 さらに、ネットを使うことで小さなゴミも受けてくれるのでゴミでつまることも防げます。 排水管のぬめりはネットでは取れませんが、ぬめり防止の薬品が販売されているので、それをカゴにつけてぬめりを防止するとよいでしょう。 台所の排水管の詰りは洗剤カスも原因の一つです 台所の排水管のつまりの原因は一般的には食材などからでるアブラや揚げ物などに使う食用油などがよく知られています。 また、食材や食器洗浄剤のカスが詰まってしまうこともあります。 詰まりは排水管がアルファベットのUと逆さのUを上下繋ぎ合わせたようなカタチになっている部分で起こりやすいです。 このU字構造は本来は悪臭やネズミなどが上ってくるのを防ぐための水たまりを作っておくために設けられている部位です。 しかし、同時に排水が流れにいために詰まりが起こりやすい場所でもあります。 そのため、詰まり防止のためには、水を多めに流したり、食材カスは洗う前に拭き取るなどの工夫が大切です。 もし、詰まりが起こってしまったら市販の台所用排水溝洗浄剤を利用するのが良いでしょう。 油汚れは酸性なのでアルカリ性の洗浄剤をつかうのが良いでしょう。 重曹はアルカリ性なので、化学製品を使いたくない場合には重曹を利用するのも一つの手でしょう。 また、洗剤カスはアルカリ性なので、酸性の洗剤を使うのが良いでしょう。 自然なものを使いたい場合にはクエン酸を使うのがよいでしょう。 詰まりを防止するためには、1-3か月に1回程度、定期的に洗浄することにより詰まりを防止することができるでしょう。 台所の排水管は細かいゴミでもつまりをおこしてしまう 台所の排水管は、細かいゴミでもつまりをおこしてしまうことがあるため、十分に注意が必要です。 なぜ、このような原因が起きてしまうのかというと、排水溝に「油が入った水」などが流れてしまうことが原因です。 排水管は、油によってつまってしまうことがあります。 それと同じように、細かいゴミでもトラブルをおこしてしまうことがあります。 例えば、小さな野菜のくずなどを、三角コーナーに捨てずに、あやまって排水溝に流してしまった場合には、それらが流れることによって、つまってしまうこともあります。 小さな、細かいゴミも油断がなりません。 台所は、普段の日常生活でも、大変によく使う場所であるため、疲れているときなどには、特に忘れがちであり、注意が散漫しがちでありますが、このように、細かいゴミでも、トラブルになってしまうのです。 少しだけであれば…という気持ちもあるかもしれませんが、小さな細かいゴミも、チリも積もれば山となる原理と同じように、流れた先では、大きなゴミのかたまりになってしまうのです。 そのため、毎日使う台所ですが、細かいゴミも流さないように、注意が必要です。 台所の排水溝つまりはワントラップの汚れかも? 一般住居においての排水管構造は様々な形状をしています。 台所内に外からの害虫やねずみの侵入を防ぐためにトラップという機能が備え付けられています。 特にベルトラップとも言われているワントラップ型の排水溝は簡単に取り外すことできるので台所などの頻繁に使う水回りで使用されることが多くなっています。 ワントラップ型はトラップ内部の水量が限定されてしまうのでトラブルが起きやすく、トラップが機能しなければ排水の臭いが逆流してくることもあるので注意が必要です。 ワントラップではゴミカゴからの滑りが排水管に伝わってしまいやすいのでつまりの要因となってしまう可能性があります。 ゴミカゴの滑りは専用の洗浄剤などで綺麗に取ることができますが、塩素系の洗浄剤を使用すると排水溝がサビてしまう可能性もあるので注意が必要です。 又、ゴミカゴは経年により粗くなってしまうのでゴミを通しやすくなり、最終的にワントラップとしての機能を果たさなくなります。 ゴミカゴがくたびれている場合は部品交換をすることも排水トラブルを未然に防ぐためには必要なことです。 トラップを綺麗に使い続けることで排水設備全体の寿命を長持ちさせることに繋がります。 台所の排水溝の詰まりをキチンと解決したいなら業者へ 台所の排水溝の詰まりをキチンと解決したいなら業者へ頼むことが大事です。 なぜならば、難しい構造になっていることもあるため、自分自身でなんとかしようとしても、難しいときがあるためです。 また、自分で考えていた、原因とは違うところに、つまりの原因がある時もあるため、業者に頼むことの方が早いし、安全なことが多々あるからです。 台所の排水溝のトラブルの原因は、多くは「食べ残しや野菜のくずがつまってしまうこと」や「ぬめりなどがかたまってしまったもの」「油などがかたまってしまったこと」、これらによって、ひきおこされることが多くありますが、その他にも、素人では分からない原因でつまってしまうことがあります。 無理に、器具などをつかって、台所のトラブルをなおとうとしても、構造などが難しいために、余計にトラブルになってしまうこともあります。 また、器具などを購入して、かえってお金がかかってしまうことがあるため、業者にきちんと解決するためには、依頼をすることが必要です。 見積もりなどが心配…という場合には、インターネットのホームページなどに、詳しい料金などを書かれている業者さんもたくさんあります。 台所の排水溝のつまりの原因について 原因になることがあります。 お米は10回以上など、何度もといでいくうちに、綺麗になりますが、最初の1回から2回、くらいのとぎ汁は、台所の排水がつまってしまう原因になるので注意が必要です。 他にも、カレーやシチューを食べた後にそのお皿のべっとりとした汚れをティッシュペーパーや新聞紙できちんとふき取らずにそのまま、水道水で流してしまうとつまってしまう原因になってしまうので、これも注意することが大事です。 また、あまりに何度も何度も台所用洗剤を多用すると、それがつまってしまう原因になることもあります。 そのため、汚れがそれほどひどくない場合にはあまり台所用洗剤を、多く使わない方が良いです。 また、他にもつまってしまう原因としてはフライパンの油をそのまま流してしまうことです。 これはとても大きな原因になってしまうので、大変に注意が必要です。 油が固まってしまい、それが原因となって通路をふさいでしまうのです。 他にも、料理に使った野菜の切れ端などを三角コーナーに捨てずに、間違って捨ててしまうと、つまってしまうので注意が必要です。 つまってる?台所の排水溝の水の流れが悪くなったときの対処 台所の排水溝の水の流れが悪くなった場合、パイプクリーナーなどを利用して対処を行う場合があります。 パー婦クリーナーは、市販されている薬剤となります。 流し込むだけで、誰でも簡単に利用することができるため、手軽な解決方法として利用することができます。 しかし、パイプクリーナーを一回利用しただけでは改善が見込めない場合もあります。 そのような場合には、複数回の利用を行い対処する必要があります。 それでも流れが改善しない場合には、専門業者の方に依頼して対処を行ってもらう必要があります。 台所の排水溝は、長年の利用によって、様々なものがつまってしまう場合があります。 そのため、パイプクリーナーを利用してもうまく対処ができなくなってしまうことになります。 専門業者の方は、業務用の強力なパイプクリーナーを利用するため、流れを改善できる可能性が格段に上がります。 万が一、それでも改善されない場合には、パーツをばらして洗浄する方法で対処することになります。 このように、専門業者の方に依頼すれば、安心してつまりを除去できるため、自分でパイプクリーナーを利用することが困難な方は、すぐに専門業者の方に連絡することが重要となります。 台所の排水溝は油脂と洗剤で詰まりがち 台所というのは毎日料理を作る時などに使うものであり、キッチン周りやシンク自体の清掃は気にかけているという人が多いでしょう。 しかし、流し台の排水溝やパイプにまで気を使うのは大変ですし、掃除の仕方がよく分からないということもあるかもしれません。 長い間掃除をせずに放置しておくと、水が流れないというトラブルが発生してしまうだけではなく、食事をするキッチンに異臭をもたらす原因となってしまうことも考えられます。 そこでしっかりと予防対策を行うことが大切なのですが、何か少しでも異常を感じたらプロの業者に修理を依頼すると良いでしょう。 詰まりは多くの場合、トラップという場所で起こると言われており、これはもともと悪臭やネズミ、虫などが上ってくるのを防ぐためにあるものです。 排水溝やパイプの詰まりの主な原因は、揚げ物などに使う食用油や肉・魚の脂などとなっており、一度こびりついてしまうとなかなか落ちにくいのです。 また、他にも食材や食器用洗剤が詰まってしまうことも多いため、流し台を使用したら水をしっかり流しておくことや、常に清潔に保つということが大切です。 台所の排水口は詰まりやすいのでこまめな予防が必要 台所の排水溝は、カバーや網がついていても小さな野菜クズやお茶葉などが流れてしまい、詰まりの原因になってしまいます。 掃除しようと心がけていても、面倒でつい先延ばしにしたり、いざカバーを開けてみるとドロドロやヌメヌメがひどく、気分が悪くなってしまうこともあります。 このようなトラブルを防ぐためには、普段から排水溝周りを清潔にして、汚れがたまらないようにするのが一番ですが、実際にはなかなか難しいものです。 細かい野菜クズや食べ残しのゴミなどは、シンクの排水口に備え付けのネットだけでなく、市販のカバーやゴミ取りネットを重ねて使うことである程度防ぐことができます。 使い捨てのものを頻繁に取り換えれば、ヌメリやカビが気になり出す前に捨てて、常に清潔な状態を保つことができます。 奥のほうは目に見えないのでブラシやスポンジで掃除をするのは困難なので、キッチンシンク専用のヌメリやカビを取る薬品や、細かいゴミを溶かすことのできる液体を定期的に使用することで、詰まってしまうのを予防すると同時に奥の汚れが原因の不快な臭いや有害物質も取り除くことができます。 自分で対処しきれない部分は、プロの清掃業者に頼んで掃除してもらうのも有効です。 これらの予防策を組み合わせて、普段から排水溝の詰まり対策をしましょう。 作業前 作業中 作業後.

次の

トイレのつまりは洗剤で解決?食器用洗剤、専門器具を使ったやり方!

トイレのつまり 食器用洗剤

記事の内容• トイレ用洗剤の種類 ネットで、 「トイレ 洗剤」と検索すると実にさまざまな商品がヒットします。 数が多すぎてどのトイレ用洗剤がいいのか本当に困りますよね。 ここではまず、トイレで使われる洗剤の種類について解説していきます。 洗剤の種類 トイレ用洗剤は、大きく分けて 3種類があり、 「中性洗剤」、「酸性洗剤」、「塩素系・漂白剤」になります。 「どの洗剤が、一番効果があるの?」と聞かれても答えることができません。 それは、トイレの汚れやつまりの原因によって、洗剤を選ぶ必要があるからです。 それで、それぞれの洗剤の特徴を詳しく見て行きましょう。 中性、酸性、塩素系の違い 高校性の化学で、酸性度を示す値で pH ペーハー を習ったと思います。 過去のことでもうすっかり解らないと言う人も、 pHと聞くだけで頭が痛い人もいるかと思います。 トイレの掃除に利用する場合、簡単に言うと、酸性度とは物を溶かす力になります。 この pHの違いによって、溶かせる汚れの種類が変わってきます。 トイレの汚れの原因は、実にさまざまですので、 pHの違いを利用して、トイレ全体をきれいにすることができます。 洗剤成分との違い トイレ用洗剤は、汚れを酸の力で溶かす酸性度が関係していますが、酸性度と洗剤はまったく別のものです。 洗剤とは「界面活性剤」のことで、こちらは汚れを浮き立たせ、洗い流す作用があります。 トイレ用洗剤の成分には、 酸性度を決める塩酸や水酸化ナトリウムの他に、界面活性剤が一緒に入っています。 トイレ用洗剤の特徴と落とせる汚れ 3種類のトイレ用洗剤は、用途によって使い分ける必要があります。 例えば、日々の清掃には中性洗剤が使いやすいですし、 1ヶ月に一度の定期掃除、汚れがひどい時の清掃、トイレの つまりや排水管清掃には、酸性洗剤や塩素系洗剤が有効です。 では、それぞれの洗剤の特徴について詳しく見て行きましょう。 中性洗剤 中性洗剤は、日々の汚れをさっとふき取る程度の時に、便利に利用できます。 中性洗剤は pH7付近であり、人の肌に触れても安全です。 同様に、トイレの便器はもちろん、壁や床などさまざまな箇所で、 対象物を傷めず使用することができます。 中性洗剤で使いやすいのは、トイレ用シートです。 汚れが気になる箇所をさっと拭けて、衛生的であり、トイレにそのまま流すことができるので、普段使いの掃除にぴったりです。 酸性洗剤 酸性タイプのトイレ用洗剤は、酸の力で汚れを溶かすことができます。 酸性洗剤で溶かすことができるトイレの汚れには次のような物があります。 尿石 小便に含まれるカルシウムイオンが、トイレの便器や排水管に付着し、固まった塊。 カルシウムは歯や骨の成分であり、トイレでは尿石として少しずつ大きくなります。 カルシウムは、酸によく溶けるので、トイレの尿石除去には、酸性洗剤がおすすめです。 悪臭 アンモニア 悪臭の原因は、 小便に含まれるアンモニアが原因です。 尿石や便器にアンモニアが付着し、黄ばみが発生して、臭いの原因になります。 酸性洗剤は、アンモニアを分解する作用があるので、臭いの原因を根本から取り除くことができます。 滅菌作用 強い酸は、バクテリアなどの細菌を殺す、滅菌作用があります。 そのため、トイレを衛生的に保つために有効です。 水垢 トイレや台所など、水回りに必ず見られる水垢で、汚れが付着しやすくなります。 こちらも 酸の力で溶かすことができるので、便器がきらりとピカピカになります。 尿石や黄ばみは、トイレの排水管をつまらせる一番の原因となります。 排水管にこびり付いた尿石や黄ばみに、大便やトイレットペーパーのかす、髪の毛などが絡みつき、ヘドロが固まってトイレがつまります。 酸性タイプのトイレ用洗剤は、排水管の汚れを取り除き、つまりを解消することができます。 主成分は、次亜塩素酸ナトリウムや水酸化ナトリウムが配合されています。 そのため酸性洗剤とは、落とせる汚れの種類が異なります。 塩素系・漂白剤で落とせる汚れには次のようなものがあります。 黒ずみ、カビ トイレの清掃をサボると、黄ばみと一緒に黒ずみが発生します。 この黒ずみ、実はカビが繁殖したものです。 見た目にも気持ち悪いし、衛生的にも良くないので、きれいにしましょう。 塩素系・漂白剤には、カビなどの雑菌を殺す、強い抗菌作用があります。 髪の毛 トイレをつまらせる原因の 1つに髪の毛があります。 トイレの床などを掃除した時、髪の毛が付着していませんか?トイレ用シートに包みそのままトイレに流すと思います。 しかし、髪の毛は丈夫で水に溶けないので、排水管をつまらせる原因になります。 塩素系・漂白剤は、髪の毛を溶かすことができるので、トイレのつまり解消に効果的に作用します。 大便やトイレットペーパーのかす トイレを利用すれば必ず出るものですが、日々の汚れが排水管に貯まっていると、少しずつ付着していき、いずれトイレをつまらせる原因になります。 特に尿石などで排水管に突起物があると、どんどん絡み付いて大きくなります。 このような汚れについても、塩素系・漂白剤は、汚れを溶かすことができ、つまりを解消できます。 塩素系・漂白剤は、 生物が持つたんぱく質を効果的に溶かすことができます。 そのため、大便、トイレットペーパー 原料は木 、髪の毛、カビなどの生物由来の汚れを効率よく溶かして、つまりを解消します。 反対に、尿石やアンモニアには作用が弱いので、酸性タイプの洗剤とは用途が異なります。 入れたら危険、混ぜたら危険なトイレ用洗剤の組み合わせ トイレ用の酸性洗剤と塩素系・漂白剤のボトルには、必ず「まぜるな危険」と大きく印字されています。 この 2つの洗剤は必ず単独で使用してください。 特に「酸性洗剤」と「塩素系・漂白剤」が混ざると化学変化が起こり、 人体に有毒な塩素ガスが発生します。 過去に、両者を混ぜた結果、塩素ガスが発生し、吸い込んだ人が死亡した例があります。 吸い込むと吐き気や頭痛、呼吸困難や失神が起こることがあり、最悪、死ぬ可能性もありますので、絶対に混ぜないでください。 洗剤を使ったトイレのつまり解消法 トイレのつまりを解消できるトイレ用洗剤は、「酸性」と「塩素系・漂白剤」です。 基本的な使い方は、どちらも一緒ですので、ここでは、トイレがつまった時の 正しいトイレ用洗剤の使い方について解説していきます。 安全に使用するために、 1つ 1つ確認していきましょう。 用意するもの トイレのつまりで準備する用具は、「バケツ、汲み取り用の柄杓 又は灯油ポンプなど 、新聞紙又はビニールシート、トイレ用ブラシやトイレシートです。 また、「酸性」と「塩素系・漂白剤」洗剤は、強力ですので、自分の身の安全を守るために、 「手袋、エプロン、三角巾、マスク、防御メガネ」を用意しましょう。 掃除の仕方 トイレ用潜在の使い方について、特にトイレの便器と排水管のつまりを解消する方法について、紹介していきます。 まず、便器内の水を柄杓や灯油ポンプを使って抜き取ります。 トイレの回りを新聞紙やビニールシートで養生します。 換気扇を回し、トイレの扉を開け、換気を十分にします。 トイレの便器内に、トイレ用洗剤を入れます。 目に見える範囲の汚れに直接かけましょう。 そのまま、 30分以上放置します。 便器内の見える位置の尿石には、ブラシなどを使って磨くときれいになります。 最後に、バケツ 1杯程度の水を流してください。 水の流れ方を見て、つまりが解消されているか判断します。 注意点• 作業中、目に汚物が入った場合は、すぐに水で十分に洗い流し、異常がある場合は医師の診断を受けましょう。 小さな子どもの手が届かない場所に保管してください。 直射日光は避け、涼しい場所には保管しましょう。 酸性タイプの洗剤では、タイル目地やコンクリート、金属を腐敗やサビさせる作用があるので、作業後しっかりと流水で洗い流しましょう。 塩素系・漂白剤は、衣服に付くと白く色抜けをするので、色抜けしても良い作業着で行いましょう。 塩素系・漂白剤の薬剤とは混ぜない、一緒に使わないことを徹底してください。 有毒な塩素ガスにより、人体が危険にさらされます。 まとめ 市販で売られているトイレ用洗剤には、さまざまな種類がありますが、基本的な成分は、「中性」、「酸性」、「塩素系・漂白剤」の3つです。 この記事を参考に、ご自宅のトイレのつまりの原因を考えて使い分けるようにしてください。 トイレ用 洗剤は強力なので、十分に安全を確保して作業をするようにしてください。 洗剤でトイレつまりを直す方法に関するよくある質問 液体タイプの洗浄剤と粉末タイプの洗浄剤の違いを教えてください。 家庭用洗浄剤のなかに最も主流なのが、液体タイプです。 定期的に掃除するときや軽い汚れを取り除きには、液体タイプで十分です。 粉末タイプの洗浄剤は、泡の力によって汚れを落とすことができ、業務用としてよく使用されています。 粉末タイプの洗浄剤は長期間ストックできるというメリットがあります。 はこちら 液体タイプの洗浄剤を使う時の注意点を教えてください。 使用する時は素手で触らないでください。 また、絶対に酸性タイプの洗剤と一緒に使わないことを気をつけてください。 洗剤以外におすすめの道具を教えてください。 日常的に家にあるモノなら、食器用洗剤もトイレットペーパーなどが原因のつまりが解消できます。 簡単なトイレのつまり予防方法を教えてください。 水に溶けやすいトイレットペーパーに切り替えることや、定期的にトイレの掃除をすること、タンク内の状態をチェックすることなどで、異常が早期発見ができますので、トイレ詰まりの予防に効果的です。 トイレ小便器のつまりの予防方法を教えてください。 定期的な掃除が必要です。 男性用トイレの小便器は、尿石が溜まりやすいので、日常頃から小便器の中に尿石防止の薬などを置いておくのがおすすめです。

次の