さつまいも カロリー。 さつまいも1本あたりのカロリーとおすすめの食べ方をご紹介!

さつまいもは太る!?太らない!?さつまいもの料理別カロリー

さつまいも カロリー

さつまいものカロリー。 ・Sサイズ1本100g(132kcal) ・Mサイズ1本200g(264kcal) ・Lサイズ1本300g(396kcal) 生のさつまいもと焼き芋を比較すると、同量の100gでものカロリーは163kcalあり、高カロリーなのは「焼いたサツマイモ」。 加熱により薩摩芋のカロリーがアップするのではなく、焼くとサツマイモの水分が抜けるため、100gのサツマイモを焼くと「100g以下の焼き芋」になる。 よって、100gの焼き芋は「100g以上のサツマイモ」で作られているため、同じグラム数でもカロリーが低いのは「生のサツマイモ」。 【さつまいもの栄養(100g)】 ・糖質(29. 2グラム) ・食物繊維(2. 3グラム) ・たんぱく質(1. 2グラム) 煮物・サラダ・などの料理のほか、や薩摩芋のタルトといったサツマイモを使用するお菓子作りの他、芋焼酎など幅広いレシピに活用できる食材。 さつまいもを乾燥させたも人気。 L1個:300g、M1個:200g、S1個:100g 別名:かんしょ 甘藷。 廃棄率 表層及び両端。

次の

ふかし芋のカロリーは?ダイエット中は食べ方に注意

さつまいも カロリー

さつまいもとは? ほっこり甘くて美味しいさつまいも。 秋の味覚の代表食材ですよね。 さつまいもは別名唐芋(からいも)、琉球芋と呼ばれており、日本には中国から伝わりました。 日本で最初にさつまいもを生産したのは、現在もさつまいもの名産地として有名な鹿児島県だそうです。 さつまいもといえば、芋類の中では特に濃い甘みが特徴で、おやつにもぴったりな野菜ですよね。 実は、元々さつまいもに甘みはなく、収穫後に1ヶ月熟成させて甘みを出しているのです。 全国的にさつまいもの収穫は8月頃に行われますが、熟成期間を経てから市場に出回るので、旬の時期は9月からになります。 さつまいもは昔からお腹にいい、と言われており、食物線を豊富に含んでいるのが栄養的な特徴です。 便秘解消にいいと聞くと、ダイエットにも効果的なのでは、と思いますよね。 しかし、甘くて腹持ちがいいさつまいもは、本当にダイエットにいいのでしょうか。 糖質制限中に食べてもいい食材なのでしょうか。 まずは、さつまいもの糖質とカロリーを調べてみました。 さつまいもの糖質とカロリー(100gあたり) GI値が低く、脂肪になりにくい? GI値とは、血糖値が上昇するスピードを表す数値です。 私たちが糖分を摂取すると、血液中のブドウ糖の濃度が上昇するのですが、その上昇が早ければ早いほど、脂肪が溜まりやすいのです。 つまり、GI値が大きければ血糖値の上昇が早く、小さければ小さいほど緩やか、ということになります。 GI値が高い食材ばかりを摂取し続けると、糖尿病リスクが高まるので要注意です。 主な炭水化物のGI値を調べてみました。 食品名:GI値 白米:76 食パン:65 パスタ:65 うどん:62 そば:46 さつまいものGI値は55。 そばを除き、他のよく食べる炭水化物に比べると、血糖値が上がりにくい食品なのです。 ダイエット中は、1日3食の食事のうち、1食の主食にさつまいもを食べると、血糖値の上昇による脂肪の溜め込みを防げるでしょう。 便秘にいい豊富な食物繊維とヤラピン さつまいもは、100gにおよそ3gの食物繊維を含んでおり、その量は芋類の中ではトップクラス。 食物繊維は水溶性と不溶性の2種類があり、さつまいもに含まれているのは不溶性食物繊維です。 不溶性食物繊維は、水を吸収してかさを増やす性質があり、腸を刺激して便通を促す働きがあります。 また、さつまいもに含まれるヤラピンという成分には、便を柔らかくする働きがあり、不溶性食物繊維と合わせて便秘解消効果が期待できるのです。 むくみを解消するカリウムが豊富 カリウムとはミネラルの一種で、体内のナトリウムを調整し、利尿作用で無駄な水分や塩分を排出する働きがあります。 カリウムが不足し、ナトリウムが多いと余分な水分で手足がむくんでしまいます。 さつまいもにはカリウムが豊富に含まれているので、体内の余分な水分を利尿作用で排出し、むくみ解消が期待できます。 糖質制限中にさつまいもは食べてもいい?食べ方は? 糖質制限中はさつまいもは避けるべき? 糖質制限と言っても、過剰なまでに糖質を制限するのは危険だと言われています。 健康的に糖質を制限するには、1食おにぎり1個分の糖質は摂るようにした方が良いでしょう。 おにぎり1個分の糖質は、およそ30g。 さつまいもで考えると、蒸し芋100gで糖質が33. 1食あたり100gのさつまいもを、他の炭水化物の代わりに食べるのであれば、糖質制限中でも摂取して良いと思います。 さつまいもには食物繊維やカリウムなど、ダイエットをサポートする栄養も豊富に含まれているので、食べる量に気をつければダイエットに効果的なのです。 ダイエット効果を高めるさつまいもの食べ方 ダイエット中にさつまいもを食べる場合は、調理法と食べ方にこだわりましょう。 調理は焼くよりも蒸す方が低カロリーです。 食べるときは皮ごと、水を飲みながら食べてください。 食物繊維は皮に多く含まれているので、皮を剥いて食べるのは栄養を無駄にしていることになります。 蒸す前に皮についた泥を洗い流してくださいね。 水を飲みながら食べると、腸に水分が補給されて便が柔らかくなります。 また、食べる時間帯は朝か昼にしましょう。 夜は栄養を吸収しやすく、運動量も少ないため、食べたものがそのまま脂肪になりやすいのです。 糖質が多いさつまいもは、GI値が低く脂肪になりにくいというメリットがありますが、吸収しやすい夜は避けた方が良いでしょう。 ダイエット中にしてはいけないさつまいもの食べ方 さつまいもをおかずとして食べる さつまいもを副菜として、主食は他の炭水化物、という食事は避けてください。 炭水化物とさつまいもを両方一度に摂取すると、1日の糖質量が増えてしまいます。 さつまいもを使ったサラダや、天ぷら、煮物なども糖質制限中は控えましょう。 さつまいもだけを食べる 腹持ちがいいさつまいもですが、満腹感を感じるほど食べて、1食をさつまいもだけにするのはいけません。 栄養バランスが偏ってしまうからです。 さつまいもを主食として考えて、低カロリーでヘルシーなおかずを2品、味噌汁などの汁物も合わせて摂取しましょう。 低カロリーで栄養バランスが整いやすい和食の献立がオススメです。 糖質量やカロリーだけで考えると、決して糖質制限向きとは言えないさつまいも。 しかし、食べる量と調理法を気をつければ、ダイエットをサポートしてくれる食材になるのです。 食べ過ぎには注意して、1食あたりの食べる量を少なくして取り入れてくださいね。

次の

さつまいもと焼き芋はカロリーが違う?ダイエットに効果はあるの?

さつまいも カロリー

それから、炭水化物だから食べると太っちゃう!と普通は思いますよね。 さらに、さつまいもに含まれる水溶性食物繊維が炭水化物の吸収を抑えてくれるから、実際は食べ過ぎなければ太りにくいのです。 データ元: さつまいもに含まれる2種類の食物繊維 さつまいもには太る原因となる コレステロールを包み込んで吸収を抑えたり、体内で膨らんで満腹感を与えてくれる水溶性食物繊維と詰まった便を送り出す働き ぜん動運動 をさせる不溶性食物繊維が含まれています。 この2つの食物繊維のおかげで、余分な脂肪の吸収を抑えるなだけでなく、腸をキレイな状態に保ってくれるので、古い脂肪や細胞を代謝するためのビタミンやミネラルがきちんと吸収できるようになります。 腸の動きを活性化させるヤラピン さつまいもを切ると出てくる白い乳液。 それがヤラピンと呼ばれる成分です。 ヤラピンには胃の粘膜を守ったり、腸の蠕動 ぜんどう 運動に動きかけたりします。 腸の動きが活発になるり、便を柔らかくする効果もあります。 さつまいもには食物繊維もたくさん含まれているので、 まさに便秘でポッコリお腹になっている人に、さつまいもはとてもおすすめな食べ物ですね。 『ダイエットをしていても中々効果が出ない!』と悩んでいる人の多くはカルシウムが不足しています。 カルシウムには体内に脂肪を蓄積させる胆汁の働きを抑えてくれるので、体に脂肪が付きづらくなります。 加熱にも強いビタミンC 普通、ビタミン系の栄養素は加熱に弱く、火を通すと無くなってしまうのですが、 さつまいもに含まれるビタミンCはさつままいものデンプンが上手く作用し火に強くなります。 さらにさつまいもの皮には リンゴのの10倍のビタミンCが含まれているということでしっかりで、シミ・そばかすを防いでくれるので美肌効果も高いです。 むくみを改善するカリウム 脂肪が溜まって太っているわけではないのに…という人は体が万年むくんでいたりします。 さつまいもはよく、焼き芋として食べられますが、なんと ご飯のおよそ20倍ものカリウムを含んでいるのです。 体から余分な体を抜いてくれるのでむくみを解消するのにもとても効果的です。 パントテン酸 さつまいもに含まれるパントテン酸はイモ類の中で一番豊富です。 さすがスーパーフードですね。 パントテン酸はビタミンB5とも呼ばれ、エネルギーの代謝に必須ともいわれている重要なビタミンです。 また、ビタミンCとも密接な関係にあり、ビタミンCが新しい肌細胞を作るのをお手伝いしてくれます。 よくパントテン酸がニキビに効くとか、肌がモチモチになった!といわれるのはパントテン酸とビタミンCが上手く働いているからなのです。 美肌効果のあるクロロゲン酸 さつまいもの紫色の皮はワインやチョコレートに含まれていることでも有名なポリフェノールがたくさん入っています。 そのポリフェノールの中でも特に際立って多いのがクロロゲン酸と呼ばれ る中性脂肪を燃やしたり、シミ・そばかすを解消してくれる成分です。 ダイエットをしたけれども肌がボロボロというのではあまりうれしくないですよね。 さつまいもダイエットはしっかり美肌も支えてくれます。 肝機能障害を軽減するアントシアニン 肝臓は中性脂肪を作る臓器です。 そのため、太った時に1番脂肪がたまりやすいといわれるのも肝臓です。 脂肪肝とか聞いた頃ありませんか?脂肪肝は肝臓の機能が低下してなる症状で、のちのち脳梗塞や心臓発作になってしまう原因でもあります。 アントシアニンは機能が低下した肝臓を助け、脂肪細胞を燃やすようにサポートしてくれます。 さつまいもの皮には豊富なアントシアニンが入っているので、脂肪肝に悩んでいる人、内臓脂肪に悩んでいる人にもさつまいもダイエットはおすすめです。 さつまいもの効果的な食べ方 さつまいもを食べるに当たり、さつまいもダイエットを始めるに当たり、1つだけ抑えておくべき重要なポイントが有ります。 それは、 さつまいもの皮ごと食べるということです。 上記のさつまいもに含まれる栄養成分のところで、何度も説明しましたが、さつまいもの皮にはヤラピン、ビタミンC、アントシアニン、クロロゲン酸などのダイエットに有効な成分が沢山含まれているのです。 このさつまいもの皮を食べなければダイエットに効果がないと言っても過言のレベルだと思います。 もし、農薬や泥が気になると思う人は 水3、酢1の比率で作った入れ 酢水で簡単に洗ってあげましょう。 さつまいもはレンジで簡単ふかし芋! さつまいもを毎日食べようと思っても、料理するのが大変、面倒くさい!となってしまったら続けるのは難しいですよね。 さつまいもは 電子レンジを使えば12分で簡単にふかし芋にすることができるのです。 簡単にホクホクのふかしイモを作ることができます。 ホクホクよりもネットリ系のさつまいもが好きならば、さらに3〜4分加熱してあげましょう。 もしルクエがないばいは、新聞紙、サランラップにくるんでも大丈夫です。 よく読まれている関連記事はこちら.

次の