酒田 ワン タンメン。 ワンタンメンの満月 三鷹店オープン 2020

幸楽苑「酒田のふわとろワンタンメン」 ― イワシやトビウオなど港町の魚介ダシたっぷり! [えん食べ]

酒田 ワン タンメン

県道40号線から少し入った所にある東軒 山形県酒田市にある東軒に行ってまいりました。 県道40号線から少し入った所にあるお店です。 お店の前に看板も出ていました。 お店前にも駐車できますが県道40号線沿いにも専用駐車場があります。 東軒の営業時間は11:00~19:30まで。 店内 店内に入ると右手には厨房と向かい合ってカウンター席。 左手にはテーブル席が並びます。 カウンター席とテーブル席の奥にはお座敷。 カウンター席の右端にウォーターサーバーがあるので、お水はこちらでセルフサービス。 ちなみにカウンター席の左端にはウォータージャグがあります。 卓上にはコショウや唐辛子、ラー油といった調味料が用意してありました。 メニュー メニューは大きく分けて中華麺類・うどん類・御飯類。 中華麺類はラーメンをはじめワンタンメン、チャーシューメン、サッポロラーメン、タンメン、とんこつラーメン、五目ラーメン、コーンラーメン、カレーラーメン、ざる中華(夏季限定)など充実したラインナップ。 うどん類は肉うどんにとりうどん、月見うどん、カレーうどん、鍋焼うどん(冬期限定)などがあります。 御飯類はかつ丼、親子丼、玉子丼、カレーライス、チャーハン、ライスなど。 今回はワンタンメン(700円)を注文。 厨房の上にもメニューが掲示してありました。 ワンタンメン こちらが東軒のワンタンメン。 トッピングはチャーシューにメンマ、ワンタン、かまぼこ、ネギとなってます。 淡く柔らかい口当たりのスープ。 まず煮干しのような風味がフワッと香ります。 そしてその他の旨みがジワジワと広がってくる。 醤油ダレもじんわりときいていて、塩気にも丸みがあります。 あっさりといただける優しい味わいでした。 麺はやや細めのちぢれ。 茹で上がりは普通くらいでしょうか。 細いながらも芯にはほどよい弾力があります。 ツルツルとしていて食感も心地いい。 歯切れもよくススりやすい麺でした。 チャーシューの味付けはほんのりとしていますが、しっかりと染みてます。 柔らかくて全くクセがない。 どこか香ばしさのような風味も楽しめました。 ワンタンの皮はテロンとした食感。 餡はあっさりめの味付け。 食べやすいワンタンでした。 駐車場も広くてお座敷もあるので、お子様連れの方でも来店しやすいお店ではないでしょうか。 実際にこの日はお子様連れのお客さんもいらっしゃってました。 常連さんと思われるお客さんも多く、地元に根付いたお店のようです。

次の

酒田のワンタンメン、「幸楽苑」で ご当地ラーメン企画第1弾|山形新聞

酒田 ワン タンメン

山形県は酒田のラーメンの味を再現した「酒田のふわとろワンタンメン」 幸楽苑で、魚介のスープとワンタンが特徴の「酒田のふわとろワンタンメン」が販売されています。 山形県酒田市で親しまれている「酒田のラーメン」の味をほかの地域でも楽しめるようにと工夫された一杯です。 7月8日まで取り扱われます。 価格は740円(税込)。 地域活性化を目的とした幸楽苑のご当地ラーメン企画第1弾で、山形県酒田市の丸山至市長と酒田市内のラーメン店主による団体「酒田のラーメンを考える会」の協力をもとに作られました。 酒田のラーメンは昭和初期にさかのぼり、主にスープは醤油味で、脂分も少なくさっぱりしていてコクがあります。 港町らしくトビウオやカツオブシ、サバブシ、煮干し、こんぶなど海鮮ダシが使われています。 さらに豚コツや鶏ガラなどの動物系ダシ、シイタケやネギの野菜類が加えられ、うまみがからみ合うしたて。 麺は8割が自家製麺です。 こちらが酒田のラーメン。 醤油味に魚介ダシです 今回のコラボレーションメニューは、幸楽苑側が酒田市におもむき、酒田のラーメンを考える会から全面的な監修を受け、数カ月かけて地元の味が再現されたもの。 スープには国産のイワシ煮干しや、飛び魚干しがふんだんに使われ、凝縮した魚介のうまみが特徴になっています。 ワンタンや麺には、本場の酒田のラーメンで使われている素材と調理方法が用いられ、うまみと食感が出されています。 トッピングとしては、2019年に好評だったコラボレーションメニュー「平田牧場コラボ Wチャーシューめん」と同じく、平田牧場の三元豚が使われたチャーシューがのせられています。 なお酒田のふわとろワンタンメンは、幸楽苑の国内全店舗に登場しますが、それぞれの店舗の営業日時については公式サイトで最新の情報を確認されることをお勧めします。

次の

新月|山形県酒田市|ワンタンメン

酒田 ワン タンメン

冷やし中華 950円(夏季限定) 具が盛りだくさんの夏の味 ゴマベースの酸味の効いたたれとキンキンに冷やしたコシのある麺が絶妙に絡み合う、夏の人気メニューです。 キクラゲやメンマのコリっとした食感も心地いいですよ。 満月のつけ麺 950円 (1日限定20食) 自家製麺が人気の当店には、以前から「つけ麺はないの?」とのお客様からの声がありました。 そこで、ラーメンの特徴を生かしたつけ麺はできないか、二代目店主が研究に研究を重ねこのほど完成したのが「満月のつけ麺」です。 通常のラーメンスープをベースにしたあっさり醤油味、スタミナラーメンのスープをベースにしたコクのあるピリ辛味、コクのある塩味と3種類のスープを用意(2種類を選ぶ)。 旨味あふれる「」のしゃぶ肉と名物のワンタンもトッピングし、味のバリエーションをより楽しんでいただける内容にいたしました。 麺の量は通常のラーメンよりも60g多い260g、大盛で350gとしています。 なにより多くの方に食べていただければと、毎日食べても飽きない、食べやすいつけ麺に仕立てました。 ぜひ一度ご賞味ください。 満月流つけ麺の味わい方 創業から50年以上、当店を支え続けたワンタンメンに新たな味が登場です。 口当たりがやわらかな塩味。 酒田の特産であるアゴ(トビウオ)を始め、厳選された食材を使った滋味あふれるやさしい味わいのスープは、自家製麺との相性も抜群。 ただ、繊細な塩味は、冷めてしまうと少しエグミが出ます。 それを防ぐためにスープに独特の工夫を施し、最後まで、熱くおいしくいただけるようにいたしました。 ついに完成した珠玉の一杯、みなさまに召し上がっていただければ幸いです。

次の