あやかし ランブル 最強。 【あやかしランブル】リセマラ最強ランキング徹底攻略!効率的なリセマラ方法の手順紹介

【あやかしランブル】育成したい星4おすすめキャラ5選!

あやかし ランブル 最強

概要 の世を守る存在、。 「からおぬしの補佐役を務める、大の、ナだ!以後、よろしく頼むぞ!」 「どうもっス! 私はご人の式のっスよ! よろしくお願いしますね!」 賑やかな二人のと共に任務に就くが、そこで不思議なを見つける。 を貸して……!!!! に開始。 表記は「 迎撃」。 は陰陽寮に勤めるとなって、・・などをにした""を式として使役して、"マガツヒ"と戦う。 やの評価はのの中でも高い。 は不評だが善されつつはある。 戦闘システム 画面右から出現するマガツヒを、最大6体の式ので迎撃し、全てのマガツヒを撃破するか、戦ではを倒せばとなる。 こちらの全ての式が倒されてしまうと一番後ろにいる()に攻撃が向き、が倒されるととなる(用の石を消費することで可)。 また、一部のには制限時間があり、制限時間を過するととなるもの(降魔の・魔など)と、他のへ救援をめることができるもの(魔戦・魔襲来など)とがある。 式の攻撃は基本的にで行われるが、時間経過やマガツヒの撃破で溜まる 霊(画面のい)を消費することで式ごとに固有の 義(画面下部のの顔の横にある)を任意ので使用できる。 また一間()経過で「 」が使用可(画面のの)。 を発動すると、左から順に義を自動で1回ずつ発動し、霊がになる。 また、義やの発動まで全てに設定することもできる。 にすると霊が溜まり次第、左から順番に義を使用していき、また式がやられている場合には必要霊が溜まり次第左から順に復活させる(設定は画面の「自」。 式には前衛・中衛・後衛の隊列が設定されており、前にいるほど敵の攻撃を受けやすい。 式のがになると衣が パァン!して戦線を離脱するが、霊を消費することで半分での復活が可。 出撃には (で基本最大値上昇、)もしくは BP(基本固定、)を消費する。 にしたり途中で撤退するとは消費されないので、にも気軽に挑んでみよう。 式神・装備関係 式神 式は基本的にで入手するほか、やで確定入手可な式もいる。 は1~5の5段階だが、1と2はももないで入手機会自体が少なく(通常のでは出ない)、中で使用する機会もほぼない。 なので実質的に3が。 式とマガツヒには 火・ ・ ・ ・ 闇の5があり、火・・は「 火> > > 火」のの相性。 ・ 闇は弱点はなく、式は闇マガツヒに、闇式はマガツヒにに有利。 式の攻撃は通常攻撃と義のほかに、自動で発動する特殊攻撃が2種類あり、や・、回復など式によっていろいろ。 序盤はそれほど深く考えなくていいが、に挑むなら義だけでなく固有の特殊攻撃の効果の組み合わせも考えてを組む必要がある。 式の上限は。 また各式ごとにとは別に「霊解放」という強化が可。 すごろくのようなを辿る形で、修練場(後述)や魔戦(後述)などで集めたを消費して各種を強化できる(割合強化なので、どので強化しても最終的なは変わらない)。 というかが上がってくると、霊解放しないと5でも使い物にならない。 また、で同一がることで「」し、1回につき霊解放のが5つ増える(最大4回)。 は式と装備が一緒に出るなので、高になるとることも非常に稀なため、式をにできるもある。 霊解放のには、「倍率」(アタッ)、「敵対値」(タンク)、「回復上限」(ヒー)、「弱体成功率」(敵系)、「会心率」(味方系)の5種類があり、その式の性のを示している。 ただ、必ず霊解放のとその式の実際の性が一致しているとは限らない(たとえば霊解放はアタッだが、実際の性は回避タンクに近い3のミミとか)。 「獅子の瑞印」を手に入れると、「陰陽強化」が可になる。 陰陽強化で強化した「陰陽」を設定するとに編成した同の式をまとめて強化できるので、相性の重要性が上がる。 なお、基本的にこの、3は最終的にはどうあがいても5には勝てない(ごく一部、4や5並のっぷりを見せる3もいるが、部分以外はあくまで3相応)。 なので戦がい出すと基本的に5を中心に有用な4を組み合わせたを組むことになるが、が渋めなのでにをつけずを回さない限り、3に頼る機会は結構多い。 使ってみるとにいいをしてくれる3は結構いるので、い段階で入手した3はしっかり育てれば相応に役に立ってくれるはずである。 装備 ・防具も1~5の5段階のがあり、2以上のと3以上の防具には何らかのがある。 のの式に装備することで効果が増幅される装備もある。 また防具にもがあり、不要なや防具をにすることで強化が可。 というかたとえ5でも強化しないと攻撃・防御は低いままなので使い物にならない。 同じ装備を消費することでの(上限解放)もあるが、上限突破させるより同じを2本以上にした方が便利だったりする場合もある。 装備のは「強化」ではなく「」のところで行うので、「強化」で同じを食わせてもにはならないので注意。 また、装備を売却すると銭貨と練武石がもらえる。 練武石は商店でと交換できるが、必要数が膨大なので、すぐには手が届かないし、強化による装備の上げの方が優先度がずっと高い。 練武石当ての売却は、必要な装備が全部になってしまった後でいいだろう。 は「撃(系)」「刺突(系)」「打撃(系)」「射撃(・系)」「術具(・系)」の5種類があり、式ごとに装備できるの種類が異なる。 防具は全て共通で、全防具を全ての式がに装備可。 式のと装備の特殊効果との組み合わせを考えつつ装備させよう。 冒険 出撃。 「」「魔戦」「修練場」は開始時点から常設。 「魔」「の」はで出現し、出現以降は常設。 「」は基本的に2週間での開催。 「同盟戦」はで開催される。 、7章まで開中。 初級・中級・上級の3段階のが用意されており、1をするごとに召喚用の石がもらえる。 基本的にの間にが挟まる構成。 1~6章は、戦12と、2(強敵、強敵)、そして1(最終)の全15。 7章は戦6、2、1の全9。 各章ごとに、も含めて初級の全を・閲覧することでその章のに登場した3式が入手できる。 の評価が高いのは前述の通りで、特に5章のが高い。 また、を5章まですると「の」に挑めるようになるので、まずは5章初級のをすとよい。 物語各章のあらすじ・登場式神(若干のネタバレ注意) 第1章 風の傷痕 の村では、10年前に倒したはずの強大なマガツヒがりつつあった。 たちはその討伐の依頼を受けて村を訪れるが、そこで出会ったの・は、「手助けは不要」と頑なな態度で……。 報酬は3の。 各地にされてのマガツヒ退治というのを見せつつ、はの加入となる。 敵は基本的にだが、のみ闇。 第2章 碧に抱く想い の上の村を訪れた一行は、のナタクと、面そうなシニというふたりの成人の儀に同行することになるのだが……。 報酬は3のシニ。 他に火5のナタクが登場する。 これ以降のの中心となる"宝玉"が初登場するので、ここからがと言ってもいい。 敵は基本的に。 第3章 劫火の罪 に村を焼き払った怪物「カグツチ」の退治を依頼された一行は、怪物への討ちをす・ヒとともにカグツチを探し出すが、それは噂された怪物などではなく、気弱そうなだった……。 報酬は火3のヒ。 他に火5のカグツチが登場する。 ヒは低のタンクなので、高のタンクを手に入れるまではかなり頑ってくれるはず。 敵は基本的に火。 第4章 あの日の誓い ナのことを「おねーさま」と慕う式見習いの・ヤコが陰陽寮にやってきた。 ナはヤコに対して色々と見栄をってしまっており、ヤコのナへの尊敬の念を壊さないため、たちが一芝居打つことになるのだが……。 報酬は3のヤコ。 実質的にはナが役の章で、普段は尊大なナの内面が見られる。 敵は基本的に。 第5章 夢惑う深緑 宝玉を探して深いへやってきた一行。 だが、探索の途中では他の面々とてしまう。 ひとりになったのを救ったのは、「」と名乗る不思議なだった……。 報酬は3の。 だが、の役は5のククノチ()。 その 圧倒的なと、5章の切ないにより、からはを差し置いて と呼ばれることに。 性を抜きにすればおそらく本作の一番だろう。 しかし5なので入手は難しく、5章で泣いてを回してもと再会できずさらに泣くが後を絶たない。 かく言う本項執筆者も未所持である。 敵は基本的に闇。 このあたりから初級でも難しくなってくるので、難しいと感じたら霊解放などの育成を進めるといい。 第6章 クロス・ブラッド 宝玉を探して訪れた村は、村人の姿が消えており、村のすぐそばには怪しげな洋館が佇んでいた。 一見つかった村人によると、村ではが続いていたという。 が村人を館に連れ去ったのでは? とナが推理し、一行は村人の救出のため館へと乗りこむが……。 報酬は闇3の。 他に闇5のが登場する。 敵は基本的に火。 はかなり手強いのでしっかり育成して臨もう。 第7章 神在刻の昏夜 陰陽寮から、団体・ヤエ教の調のためモの町にされた。 は町の中で、他の住人のにも姿が見えていないと出会い、さらに町から出られなくなってしまう。 一方、宝玉を探してモの町を訪れた一行だったが、が倒れてしまい……。 に追加されたの最新章。 5章と並ぶ切ないであり、また色々との核心に迫る要素に触れられる重要。 報酬は火3の。 他に火5のと火4のが登場する。 敵は基本的に。 逢魔戦 各の(初級・中級・上級の3段階のがある)と制限時間(・・から選択)つきで戦い、倒しきれなかった場合にはを消費してを続行するか、別のに救援をめることが可。 別のからの救援要請にはBPを消費して参戦できる(というかBPの使用は魔襲来以外ではここだけ)。 に与えたの割合に応じて、霊解放で使用できる強化や、と交換できる「マガツの御霊」が入手できる。 自分から直接挑むのは各・ごとに1日3回までという制限があるが、救援はBPがある限りは何度でも可。 序盤はBPが大量にがちなので積極的に消費したいところ。 ただし ここではを行ってもは入らないので、上げには使えない。 ちなみに魔戦で入手できる封珠は、小(の手)は初級、中(の頭)は中級、大(の像)は上級で稼ぐのが一番効率がいいので、必要なものに応じてを選ぶと吉。 修練場 各の戦によって、や霊解放の、銭貨を入手できる場所。 稼ぎと稼ぎ・銭貨稼ぎを同時に行え、の戦で稼ぐより効率がいいため、稼ぎにはここを積極的に利用していくことになる。 は初級・中級・上級に加えて「級」の4段階があり、が上がるほど獲得できるやがになる。 ただし、初級は常時全が解放されているが、中級・上級は曜日に応じてのしか利用できない(:闇、:火、:、:、:。 全強化と銭貨は常時開放で、土日は全が解放される)。 級は各は中級・上級と同様ののみで、全強化と銭貨は土日のみ。 また級はそれぞれ1日3回ずつしか利用できないが、もらえる・とも上級とはべ物にならないので、できるようになったら欠かさず通いたいところ。 夢幻の塔 の5章初級で解放。 単一の敵が登場する全階のをしていく。 各フをするごとにや銭貨などがいろいろもらえ、また色々なと交換できる専用のも手に入る。 敵およびもらえるのは週替わり()。 フをすると自動で次のフに上がり、一度したフに再挑戦はできない。 何階まで上れたかは記録が残る。 ただしも入らないので注意。 全階にはかなりの戦が必要で、階より上はほぼ専用と言ってもいい。 魔戦場 の1~3章の上級を倒すことで解放。 各のと戦い(制限時間5分)、すると石がもらえるが、みたいに強いのでかなり戦が整わなともに戦うことは厳しい。 同盟戦 同盟に加入することで、同盟と一緒にを狩る。 だいたいで開催される。 開催期間は1週間。 同盟戦では同盟戦のみの行動回数が1日ごとに割り振られ、その回数内でどれだけを狩れるかを同盟ごとに競い合う。 狩ったの数や、所属している同盟の順位によって貰える「盟章」はいろいろなと交換可。 上位を狙うになるとで綿密に分担していかに効率的にを狩るかの勝負になる。 盟章は同盟に加入しているだけでも貰えるので、は同盟に歓迎・出入りの同盟を探して加入しておくといいだろう。 イベント 開催期間は基本的に2週間で、は「魔襲来」と「降魔の」が交互に開催されるのが基本。 またから「競技会」が開始。 逢魔襲来 、魔戦形式の。 基本なとはうってかわって、いろいろとぶっ飛んだが多い。 魔戦形式(初級・中級・上級)でを狩ると、ごとの用が入手でき、それを消費してを回すことで、限定式1体(4)と限定1つ(5)が確定で了分まで入手できる(それ以降は防具の強化が入手可)。 また何回かを狩ると、で「急襲」が出現する。 急襲は上級よりさらに手強いが、出現中ならばのある限りは倒せるまで何度でも挑めるしも蓄積され、倒せば任務などでいろいろ貰える(1日1回のみ)。 ただし出現時間は分だけな上、1回挑んで倒しきれなた挑むためには初級~上級を何度か狩って挑戦条件を充たさないといけない。 分を過ぎるとてしまい最初からやり直しになるので、急襲に挑むときは一気に倒しきるつもりで挑もう。 戦が心もとないときは稼いだ回復を注ぎ込むぐらいでいい。 また、確定入手の式のほかに、追加式2体のも開催される。 追加式は全新規式の場合と、既存の式の限定(や義なども異なる全な別扱いで、元の式とも同時にに編成可)の場合があり、新規式は開催期間が終わると通常に追加されるが、限定の方は基本的に期間しか入手できないのでに注意。 の間では、初開催の際のの名前「もちもち王」から「もちもち」「もちもちイベ」などと呼ばれる。 降魔の戦場 などは特になく、ひたすらを狩るだけの。 ごとにののが登場し、のを1~までに設定して戦う。 制限時間は3分。 を倒すとに応じて勾玉や強化などを落とし、勾玉は限定・防具や各種と交換可。 ちなみにこの、10消費でなのだが、 消費に対する効率が一番いいので、上げにも有用である。 開催から1週間が経つと1日1回のみ倒せるXが出現。 よりに強いが、倒せば任務でいろいろ貰えるので挑む価値はある。 でを1分以上残して倒せるようなら勝ちはあるはずなので、戦が整ってきたら挑んでみよう。 手軽さと効率の良さで最初に開催されたときにはに衝撃を与え、そのときの名である「ガジマ」はの間で「ガジマ」と呼ばれ、以降の降魔のも・名前に関わらず「 ガジマ」と呼ぶもいる。 スコア競技会 から新設。 で全5のを倒し、撃破時間などでを稼ぐ。 開催期間は1週間。 撃破時の次第で評価が決まり、それによってや石がもらえる。 は初級・中級・上級があり、が高い方がが出やすい。 ただし魔戦と違って救援はなく、倒しきれなかった場合はとなりはつかない。 ほか、編成条件などでがある。 有料石限定のものと、石でも回せるものとがある。 また、1日1回限定で銭貨だけで回せるもある(実質任務用)。 任務や交換などで貰える召喚券もここで回せる。 この、式と装備が同じから出るので、装備ばっかり出て式が全然出ないということも結構ある。 各種などが常時いろいろ開催されているので、欲しいものを狙えそうなを回すといいだろう。 はしないとよく言われるが。 が了した式がさらにると「魂の霊符」に変換され、商店でと交換できる。 商店 交換所。 用の石を購入したり、その石を何かと交換したり、魔戦で手に入れた「マガツの御霊」や同盟戦の「盟章」、また「魂の霊符」「練武石」などを各種と交換できる。 交流 入手した式とのを閲覧できる。 現段階では交流2種類と、版のみのHがある1種類(の間では俗に「寝室」と呼ばれる)が3以上の各式に用意されている。 交流では式。 交流1は入手時点で解放済み。 交流2は3が10、4が15、5が20で解放。 は3が、4が、5がで解放される。 各を閲覧すると石個がもらえる特典つき。 に登場する式の場合、先にで入手してしまうと交流がのになる場合があるので注意。 各章で確定入手の3では、特に(1章)、シニ(2章)、ヒ(3章)あたりは、先にで手にれた場合でも交流を見るのはを進めてからにすべきだろう。 寝室はヌルヌル動くのが売りだが、基本的に挿入しかなく、絵柄もとに違ったりするためか実用性は全般にとの評判。 強化素材など ののためには、式や装備の強化に使う集めが鍵になる。 書・印書・極意書。 各のものと、全に使用できる「式」の6種類があり、に修練場の強化で入手できる。 入手したぶんは式育成の「強化」で使用する。 は1つにつき書が200、印書が、極意書が 0。 1の式にいきなり極意書を使うと一気にまで上がる。 式はが上がるほど次のへの必要がどんどん増えていき、修練場上級程度のではのになってしまうので、極意書なしでをすのは大変。 封珠 5それぞれのが封じられた珠。 式の霊解放や陰陽強化に用いる。 に修練場と魔戦で入手できる。 このの集めで一番大変なのがこれ。 式の霊解放をに了するには膨大な量の封珠が必要で、とにかく普段から修練場と魔戦の救援を周回して稼いでおくのが大事になる。 のや魔襲来でも稼げるので有効したい。 銭貨 内……ではなく、霊解放や陰陽強化、装備強化で消費されるの一種。 紛らわしいが、銭貨がいくらあっても商店で何か購入できるわけではない。 などの通常で稼げるが、序盤はともかくある程度強化が進むと通常ので稼げる量では全然足りず、修練場の銭貨で稼ぐのが基本になる。 序盤はあまり存在を気にしないだろうが、高の霊解放や、陰陽強化には膨大な量の銭貨が要される。 ちょくちょくなどで配られたり、で稼げたりもするが、封珠同様に霊解放を進めていると足りなくなりがちなので、やはり修練場を日頃から周回するのが大事。 メインキャラクター 主人公 陰陽寮に勤める。 一応はあるようだが中には出ず、中で姿を確認できるのは画面で式の一番後ろにいると、のHのみ。 または基本的に彼ので進むが、彼が直接を喋ることはなく、地の文で「はだと思う、ということを伝えた」というような形式で喋る。 そういう立ち位置なので付けは薄く、良くも悪くもオーソドックスなの性格をしている。 名前はに設定できる。 式との交流などでのでは、上では設定した名前が表示される際も、では式ごとに「方」「さん」「」などと呼ばれる。 ナギ (一応)。 で訪れたのでに封印されていたの。 不思議なを持っており、式たちにそのを分け与えてさせることができる(中における「」のこと)。 は「私」。 のことは名前で呼ぶ(呼び捨て)。 性格はいたって穏やかで優しい前向きな良い子という。 2章以降ので重要となる"宝玉"の存在を感知することができるなど、その正体やにはいろいろとが多く、の正体がの根幹に関わるものと思われる。 ……のだが、そのアクのさ過ぎる性格のためか、ではいつも。 ついでに内でも非なのでに置いてつつくこともできなければ、版の寝室もで終わってしまうので一度見てしまうと現時点では見直すことが(全年齢版でを終わらせてから版にを引き継いだ場合には見ること自体が)と、いろいろ不遇。 せめてには設定できるようになってのだが……。 イズナ 補佐。 の補佐役を務める。 には一切参加せず、とでの回し担当。 は「私」。 のことは名前で呼ぶ(呼び捨て)。 いわゆる(?)で、尊大な態度を取ることが多いが、基本的には面でな。 相手次第でももでき、に乗ってになることもあれば、豊富な知識を活かして事態の解決役として大活躍もするなど、あらゆる状況でを円滑に(?)進める万回しである。 ののはナが回しとしてすぎるせいでは? 同様、非のために置いてつつくことができない。 また、現時点では残念ながら寝室もされていない。 ナとできるのは何時の日か……。 アスカ 見習い時代からののであるの。 「~~ッス」口調で話す士。 は「私」。 のことは「ご人」と呼ぶ。 は非表 だがどこかのでの装填手をしている忠によく似たがするような……。 と出会った当初はピリピリした雰囲気だったが、打ち解けて強固な信頼関係を結んだは非常に。 細かいことは考えないな性格をしており、わりとだけで生きている。 そのためを読まない発言をしたり、に乗ってを起こすこともあるが、への忠心は厚く、いつも明るいムード。 とナが戦えないため、ではともども担当として奮闘する。 ただそのぶん、の強さを見せるための扱いになることも多い。 内ではで確定入手の初期で、3の火前衛アタッ。 実質の3だが、多段攻撃は1段ごとに判定があるというのため多段する義のが非常に高く、 義だけなら5にも匹敵するアタッである。 3ので打たれ弱いのが難点だが、復活霊が他より少ないのも魅。 3なので霊解放に必要なも少なく、もしやすいため育成も較的楽である。 序盤は何も考えずの義を連打するだけでもいいぐらいで、()や()といった他の強多段アタッを入手するまではほとんどあらゆる場面でがとなるはず。 かなり戦が整ったとしても相手であれば5に混ざってアタッを充分れる実者であり、を始めたらまずはを優先的に育成すると良い。 ちなみに、でありながら何故か 画面に居ない。 画面で一番立つところにいる小丸が本来はの立ち位置だったのが、ナとが被るためにに変更されたのでは?という説もあるが、理由は不明。 魔襲来イベが開催中ならそこで消費しよう。 どうせそのうち魔戦で入手できる封珠が大量に必要になってに行くことになる。 Q:敵対値って何? A:敵からの狙われやすさ。 タンク(役)の式ほど上がりやすく、敵の攻撃を引きつけて他の式を守るのがのタンクにとっては非常に重要なである。 敵対値を上げる装備もあるので、手に入れたらタンクの式に優先的に装備させてやるといいだろう。 Q:に表示されるの意味や・の効果が A:画面のから各種を確認できるので見てみよう。 Q:義のがによってなんか違いすぎない? A:この、前述の通り判定の関係で多段する義ほどが出やすく、しか入らない攻撃義は不遇(小丸とか)。 やのように、複数体攻撃なので相手だとパッとしないが修練場など敵が多いところでは役に立つ義もあるので、そのへんはうまく使い分けよう。 Q:相性って気にした方がいい? A:序盤は敵も強くないし手持ちの戦も少ないのであまり気にしなくていい。 が上がってくると大事になってくるが、理に有利で固めるよりは、同や有利不利のないの強い特殊攻撃や義を持っているを使った方がいいかも。 と闇は不利がないので、特にタンクや、ヒーとしてはどんな相手でも使い回しやすい。 Q:敵の攻撃がしくて復活させるのが間に合わない A:攻撃がキツくて式がすぐ死ぬときは、を試してみよう。 霊が溜まり次第すぐに復活させてくれるので、攻撃の高い戦などでは手動でやるより安定する場合がある。 またや3でしていてうまくいかないときは等速に戻してみるのも手。 Q:マガツの御霊って何と交換すればいい? A:召喚券。 どうせそのうち封珠が必要になって狩っているうちにと溜まってる。 とにかく即戦が欲しいときはっ先に5式確定券()をすのも。 Q:魂の霊符って何と交換すべき? A:3は瑞印だけ取ったらあとは全部4に変換して(極意書が足りないときは式の極意書もに入る)。 4と5は瑞印を最優先にし、残りはお好みで。 Q:全然5式が出ない…… A:がんばれ。 Q:商店の即戦パックって買うとすればどれがオススメ? A:の強多段アタッの、と防が強いミズハ、闇の重なアタッで修練場やで使い勝手がいいヨミ、の強のマあたりが有補。 他には義でを消してくれる、タンクが足りないならマワリ、ヒーが足りないならあたりもに入る。 Q:限定式や装備って終わったらもう手に入らないの? A:残念ながら今のところは再入手の手段はない。 いつかイベ復刻があるのを期待しよう。 Q:降魔のって同じなら1で狩るのが一番いいの? A:上げると落とす勾玉の量が増えるから、で倒せる最高で狩るのが一番楽で効率的じゃないかと。 Q:の選択画面が固まってできない A:です。 章を切り替えれば治ります。 Q:4ののって、とよく似て…… A:他人の似です(実際、性格は全然違う)。 題材の都合上、、などあっちとが共通するは結構いるし。 関連動画 関連リンク ゲーム本体• 公式サイト・攻略Wikiなど• - の 関連項目•

次の

あやらぶ無課金!最強キャラランキング!(あやかしランブル)

あやかし ランブル 最強

ここから記事本編です! 寝室・交流・ハーレムについて 始めに、寝室・交流・ハーレムについて説明をしていきます。 寝室:後述するハーレムエピソードの別称。 交流:絆エピソードとも呼ばれる、選択した式神をメインとした短編エピソード。 ハーレム:2019年12月の時点では、X指定版のみで閲覧可能。 交流エピソードは各式神に3つ用意されており、レベルアップにて全て開放可能となっています。 初回閲覧時のみ報酬として霊晶石50個が獲得できますので、1キャラにつき最大150個の霊晶石が手に入ります。 開放条件は指定されたレベルへの到達のみですので、開放されたエピソードは積極的に閲覧しましょう! また、エピソード開放条件のレベルはレアリティによって異なりますのでご注意ください。 以下参照 【絆エピソード1】 全レアリティ共通で、最初から開放されています。 全年齢対象版にてハーレムエピソードを選択すると画像のようなメッセージが表示され、閲覧不可能であることを伝えられます。 画像はiOS版のものです このメッセージに対して「はい」を選択することで、ハーレムエピソードは閲覧せずとも報酬を受け取ることができますのでご安心を! AndroidやPCにてプレイしている場合はX指定版へ移動するかを聞かれますが、移動しないを選んだ場合はiOS版と同じメッセージが出ますので、「はい」を選べば報酬のみの受け取りが可能です。 交流エピソードを読むメリット 交流エピソードを読むメリットですが、まず第一に初回報酬として霊晶石が貰えること。 そして各式神との個別エピソードを読むことで式神への愛着が湧いたり、意外な一面が知れたり、プレイする上での楽しみ方が広がっていきます。 公式のストアに飛ぶので、そちらでDLしてください。 もし仮に気に入らなかったら、すぐにアンインストール出来ます。 初回報酬を受け取ったかどうか分からない! あやかしランブルはキャラクターの数も多いので、どの交流エピソードが未読なのか分からなくなってしまうこともあるかと思います。 初回閲覧報酬の霊晶石を受け取ってない場合に限り、判別は可能です。 閲覧後は贈り物に霊晶石が入っていますので、忘れず受け取るようにしましょう! 今回はあやかしランブルの寝室・交流・ハーレムについての紹介でした。

次の

【あやかしランブル】LV60でクリアできる!シナリオ上級の攻略法とは?

あやかし ランブル 最強

正直、先ずはこのキャラを確保しておけば間違いないといえる。 火力要員は勿論重要ではあるものの、このキャラがいればその役割は星4キャラでも成立するほど。 バフ能力+HP回復に関しては腐る事が無く、 序盤から終盤まで活躍してくれるので最優先で狙いたい。 2位:ナマイキ鳳雛 アカネ キャラ性能&個別評価 と似たようなキャラ。 特殊攻撃の防御バフに関しては効果が小と少ないものの、重ね掛けが出来るので使うほど防御アップ。 その為、 長期戦であるほど恩恵を得られる。 奥義による攻撃バフも累積可能だが、HP回復を同時に行うので火力を底上げしたいのならアマテラスの方を狙うと良い。 ナマイキ鳳雛 アカネの同時編成の場合は攻守のバフを豊富に得られる為、高難度クエストも突破しやすくなるのでオススメ。 特に 味方全体のスキルダメージ倍率大アップはスキル威力の高いキャラとの編成で大きな効果を生む。 自身の火力は正直期待出来ないが、それ以外の部分で活躍してくれるので問題無し。 ただ前述する2体を既に確保しているのなら、優先度はそこまで高くない。 特殊攻撃や特性でも味方全体に攻撃バフを付与出来る為、火力の底上げを行う際には便利。 自身でも 火属性2倍ダメージを与えられるが、火力よりもサポート能力の高さを重視したい。 火力を重視して高められる為、アタッカーとの相性が良い性能といえる。 その為、アタッカーとの同時編成で非常に大きな効果を発揮する。 手持ちのキャラだけで火力不足を感じるのなら入手しておいて損は無い。 その為、ボス相手に対しては非常に大きなダメージソースとして運用可能。 他にも ランダム3回攻撃+5秒間拘束を付与出来たりと被ダメージ軽減にも便利。 防御面のバフは無いものの、敵の行動を制限出来たりと優秀な性能。 何より火力が高いのでボスアタッカーとしての活躍を見込める。 火力要員が足りていないのなら入手をオススメ。 同時に 防御大デバフも付与出来たりと味方の火力アップにも貢献出来るキャラ。 自身に対しても スキルダメージアップの効果や 攻撃アップの特性を持つ為、単体アタッカーとして優秀。 最大でも3体の敵にしか攻撃が出来ないので周回性能自体は低め。 奥義は 敵4体に5倍の風属性ダメージ+45秒間防御大ダウン。 特殊攻撃は 敵4体に1. 特性は 攻撃速度アップと、非常に攻撃的な性能になっている。 全体に防御デバフを撒けるキャラは貴重な為、味方全体の火力アップの為にもオススメ。 ただ、前衛でやられやすいので同時にヒーラーや攻撃デバフを撒けるキャラも編成したい。 9位:全力爛漫娘 ナタク キャラ性能&個別評価 火属性の 広範囲+高火力アタッカーキャラ。 他のキャラが単体8倍のダメージに対して、 全体6倍ダメージとトップクラスの殲滅力を誇る。 単体アタッカーとしての性能は流石になどには劣るものの、周回する場合には非常に扱いやすいのがメリット。 序盤で確保しておけば戦闘を安心して任せられる為、入手優先度はトップクラス。 火力+周回性能が高いので序盤入手をオススメ。 奥義で 2体蘇生+防壁付与を行える為、復活による霊力消費がなくなる。 その為、奥義を使用する際のコスト減少などにも繋がる点は大きなポイント。 ただ、その場合はオートでのスキル発動ではなく手動での操作が好ましい。 ダメージソースが無いのはネックだが、生存率アップには重宝する性能。 序盤ではそこまで重宝しないが、難易度が高めのクエストで輝くキャラといえる。 HP25%以上の時には反動を受けるが、 奥義消費霊力ダウン 大 とコストダウンの効果も。 自己回復も持ち合わせているので、低い耐久値を補えるのも魅力の1つ。 火力が足りない場合には是非とも獲得しておきたい性能。 複数の敵に対してデバフを付与出来る訳ではないが、レイドやボス相手には非常に便利。 味方全体の火力アップ&被ダメージ軽減を同時に兼ねる為、使いどころは多め。 特殊攻撃は 味方中衛のHP回復+15秒間防御小アップ、単体3倍風属性ダメージ+8秒間の毒付与。 継続的にダメージを与えられる毒効果も、耐久力の高い相手に重宝する。 さらに、 自分が最初に発動する奥義の消費霊力0の特性を持つので非常にエコ。 自身の火力自体はそこまで高くはないが、サポート能力が非常に高くオススメ。 特殊攻撃にて 味方中衛の攻撃速度アップを、敵に対して弱体耐性ダウンを付与。 奥義は 単体高倍率攻撃+防御大ダウンとなっているので、レイド戦等で大きな活躍を期待出来る。 元々の攻撃力も高く、単体火力は申し分なし。 と似たような性能を持つがこちらは攻撃速度アップも出来る為幅広く運用出来るのがポイント。 14位:秘めたる焔 カグツチ キャラ性能&個別評価 敵単体に8倍ダメージ+防御大デバフの奥義を持つキャラ。 単体火力だけを見ればトップクラスの性能を誇る。 自身だけでなく、 味方の火力を底上げするのにも役立つので入手しておけば即戦力は間違いない。 ボスやレイドなど活躍の場は多く、高火力というシンプルな使いやすさも魅力の1つ。 オート性能だけ若干難があるものの、手動でなら非常に優秀。 被ダメージを大きく軽減出来るので、壁役を確保していないのなら獲得しておくのも有り。 さらに特殊攻撃で 敵単体に防御デバフやHP吸収を行える為、サポート面や純粋な耐久力も保有。 回避タイプとなっており、に比べると防御力は大きく下がるもののダメージを受けないメリットは大きい。 防御力がトップクラスに高く、タンクとして高い性能を誇る。 スキルでは 敵3体の防御ダウンなど、火力補助が出来たりと幅広い運用が可能。 HPが65%以上なら奥義消費量の霊力が半減する為、パーティの奥義回転率を下げにくいのも魅力。 防御性能だけでいえばに劣るものの、奥義の回転率を損なわない等のメリットを考えるとこちらが上。 特殊攻撃では 敵3体に3倍ダメージを与え、同時に凍傷を付与。 凍傷中の敵に対してダメージアップする特殊攻撃もあるので、火力面では優秀。 火力に特化している分、 防御面ではやや不安が残るので攻撃力デバフや防御バフを持つ味方と編成してカバーしたい。 ダメージアップの条件を自分でクリアできる為、他キャラに依存せずともダメージを稼げる点は優秀。 奥義で 自身の攻撃速度を大アップ、 特性でも攻撃速度をアップ出来る為DPSが高め。 特殊攻撃に関しても 敵ランダムに1. 他の味方へのサポート能力は無いが、火力面ではトップクラス。 火力要員が不足しているのなら入手をオススメ。 19位:妖菓の魔女娘 メグ キャラ性能&個別評価 防御面に特化した性能を持つキャラ。 特に 敵火力が高ければ高いほど効果を発揮するダメージカットは高難易度のクエストで活躍。 さらに特殊2の 攻撃ダウンが重なった場合には大幅に被ダメージを軽減出来るのがポイント。 その為、他の防御系キャラとの組み合わせによって大きな効果を発揮出来る。 やなどと編成して耐久面を高めたい。 20位:商売大繁盛! 大黒天 キャラ性能&個別評価 防御性能が高いタンク役のキャラ。 奥義で 味方全体の防御力バフ+ヘイトアップを行える為、敵からの攻撃を一手に引き受けてくれる。 その他、 自身に防御バフや HP吸収効果など耐久面を底上げするような性能となっているのでヘイトアップ後にも生存率は高め。 味方の生存率を上げたい場合には確実に狙っておきたいキャラ。 序盤では火力要員が役立つ為、優先度は劣るが後半になればなるほど重宝する性能といえる。 ステータスも攻撃力に特化しているが、火力はこちらの方が若干劣り気味。 ただ、特性効果で 味方中衛の奥義ダメージUPが出来るので汎用性は高め。 特に、火力の高い七頭一華 ヤマタノオロチを確保しているのなら是非とも獲得しておきたい。 奥義で 暗闇効果を付与出来たりと被ダメージ軽減に対しても大きく貢献出来るのもポイント。 水属性の星5キャラは現状貴重となっており、入手しておけば刺さる場所で使える。 22位:七頭一華 ヤマタノオロチ キャラ性能&個別評価 敵ランダムに1. 敵が複数体いる場合には1回分の火力が低いのでそこまで効果的ではないものの、レイドやボス等では思いのほか高ダメージを出してくれる。 会心80%UPの星5槍と同時入手が出来れば大きく化けるキャラといえる。 23位:蒼海の姫君 乙姫 キャラ性能&個別評価 が攻撃特化のヒーラーならこちらは防御特化のヒーラー。 2体同時に確保して運用する事で、非常に高耐久のパーティとなる反面火力不足にも悩まされる。 狙うのなら火力要員+アマテラスを狙いたい。 純粋なヒーラーとしての性能は高いので、耐久面重視なら狙うのも有り。 とはいえ、単体火力だけでいえば高く光属性のアタッカーは貴重。 性能面でというよりも属性と役割で判断して獲得する事をオススメする。 さらに特性で 常にエナジードレイン状態を維持出来る為、壁役としての運用が可能。 奥義は 単体5倍ダメージ+味方全体の弱体化効果無効など、味方のサポートも行える点が優秀。 ただ、壁役としての運用ではなどの方が上。 状態異常を多く行う敵との戦闘で効果を発揮出来るキャラといえる。 26位:鬼面下の秘密 酒呑童子 キャラ性能&個別評価 ヘイトアップ&攻守のバフを豊富に持つキャラ。 高いHPに高い防御力を誇る為、壁役としての運用をオススメ。 は味方全体のサポートを、こちらは完全に壁役に徹した性能といえる。 27位:鮮紅の吸血姫 エヴァ キャラ性能&個別評価 味方全員に会心率アップ+エナジードレイン付与や 敵3体に対して防御デバフを付与出来るキャラ。 攻撃力ではなく、あくまでも会心率となっているので100%の火力アップとはいえないのがネック。 中盤以降から高い効果を発揮してくれる性能。 28位:月からの迷子? ツクヨミ キャラ性能&個別評価 敵に対してのデバフ効果を多く持つキャラ。 奥義では、倍率が低いものの 全体攻撃+暗闇効果を付与。 組み合わせによって高い効果を発揮するタイプ。 しかし、拘束が通じる雑魚なら良いが 対ボスとなると効かない場合もあるので注意。 と比べると諸費MPが多かったりと補助要素の面でも劣るので優先度は低め。 単体5倍ダメージ+攻撃デバフの効果もあるが、それだけを狙うのなら上位ランクの突出した性能を狙う方がおすすめ。 総合評価 前記したよう、まず優先したいのはパーティーの総戦力を大幅にUP出来るです。 以降の高火力キャラもアマテラスが居るか居ないかで活きるか活きないかが決まります。 優先的に獲得して下さい。 尚且つ奥義では 敵単体に7倍闇属性ダメージ+防御力中ダウン効果。 特殊攻撃で 自分のスキルダメージ倍率アップの効果も得られたりと火力面は星4の中でもトップクラス。 特性は 反骨アップの効果となっており、HP割合が少ないほど攻撃力があがる。 最大火力は高いが、維持し辛いのがネック。 5倍風属性ダメージと非常に高火力の奥義を保有。 同時に敵の防御力を中ダウン出来る為、後続のキャラが火力を出しやすいもポイント。 特殊攻撃では 自身に火力アップを付与しつつ、敵単体に7倍風属性ダメージ+HP吸収が可能。 ただ 攻撃バフと同時に防御大ダウンも付与されてしまうので耐久値は低め。 敵対値を上げる壁役キャラとの編成で被弾しないようにするのと、ヒーラーを同時に編成してカバーするようにしたい。 耐久値さえカバーしてしまえば、優秀なキャラといえる。 3位:潔癖淫魔 ヒエン キャラ性能&個別評価 超攻撃型のアタッカー。 その反面 防御が大幅にダウンするデメリットも付いてくるので注意。 ただ、防御デバフに関しては星5の弱体除去で消せるなど抜け道もある。 奥義で 敵3体にダメージを与えられるので殲滅力が非常に高く 周回に便利なキャラ。 高い殲滅力だけでも十分価値はあるので、入手しておくのも有り。 星4の中ではトップクラスのアタッカー性能を誇る。 元々の攻撃力自体はそこまで高くはないのであくまでもサポート要員として運用したい。 火力の底上げを行う事を目的とするのなら獲得するのも有り。 その為、盾役と同時に編成しておくと守りを堅実にしてくれるのがポイント。 特に前衛の耐久値を強化してくれる為、優秀な盾役がいるのなら編成しておいて損はない。 6位:昂る踊り子 アメノウズメ キャラ性能&個別評価 奥義で 味方全体のスキルダメージ倍率アップの効果を持つ。 奥義の持続時間は8秒と短めだが、効果が大きく何より 消費霊力も10と多用出来る点が魅力。 高火力アタッカーと編成する程に高い効果を発揮してくれるタイプのキャラ。 特殊攻撃でも 敵3体の攻撃力中ダウン+自分の防御特大アップの効果を持つ壁役キャラ。 さらに特性でも 防御アップの効果を持つ為、耐久面は星4で有りながらも高め。 シンプルに固いキャラで、尚且つスキル構成も壁役特化。 使いやすい性能となっており、オススメ。 奥義では 味方中後衛の攻撃力大アップ、特殊攻撃では 味方前衛の防御中アップ、味方中後衛のHP回復が可能。 火力面では全く役には立たないが、壁役の性能アップやアタッカーの火力アップなどを1人で補える性能を持つ。 サポートキャラが足りない場合には狙っておいて損は無い。 メインはヒーラーとしての運用を行いつつ、バフを撒けるので どんな編成でも腐らないのが有難い。 優先すべきは勿論、星5だが、同時編成してシナジーを得るのも有り。 アマテラスを獲得できない場合には十分頼りになる性能となっているのでオススメ。 味方中衛の 防御アップの特性などを持つ。 敵の攻撃速度を下げつつ、累積可能な防御バフでさらに被ダメージを軽減。 星4レアリティの中では、防御面に特化した性能といえる。 毒は継続ダメージ+攻撃デバフも付与出来る優秀な状態異常。 被ダメージ軽減を狙うのなら獲得しておいて損はない。 ダメージソースは無いが、前衛キャラに対して多くのバフを付与出来る点は非常に優秀。 前衛にバフを多く掛けたいなら入手しておくのも有り。 12位:爽風の羽ばたき クラマ キャラ性能&個別評価 ダメージソースを持たない分、サポート能力に特化した性能。 さらに、特性では 味方全体の防御アップと味方バフのエキスパートともいえる。 星5などが持つ攻撃速度アップ等と組み合わせると非常に大きな効果を発揮出来るキャラ。 星5でサポートキャラを獲得出来なかった場合の代役としてもオススメ。 補助能力に特化しており、特殊攻撃では 味方中衛の回避小アップも可能。 敵単体だが凍傷付与も出来る為、同時実装されていると相性が良く火力を引き出しやすい。 特性で 味方中衛の防御アップ等も保有しており、補助能力に特化した性能。 状態異常を多く付与してくるような敵との戦闘では、対策となる奥義を持つ点は便利。 しかし、ステータスはやはり星4といったところ。 14位:最強求める鬼子 マヤ キャラ性能&個別評価 単体攻撃に特化した性能のキャラ。 攻撃力も最大11000を超えるので武具による補正等も含めると非常に高い火力を誇る。 アタッカーが不足しているのなら入手しておいて損は無い性能。 特性は 攻撃アップと攻撃面に特化した性能のキャラ。 ただ、 複数の敵に対してダメージを与えられるスキルを保有していないのでイベントボスなど単体に特化。 汎用性はそこまで高くはないが、敵の火力を下げられる点は優秀。 尚且つイベントで獲得できる実質の配布キャラの為、獲得しておきたい。 ステータスは高くないが、スキル効果によって大きく味方の火力アップに貢献できるので獲得しておく事をオススメ。 特に無課金や新規勢にとっては嬉しい性能。 序盤では星5キャラを揃えるのにも苦労するので、数合わせとして使うのも良い。 12秒間中衛の攻撃中アップ、12秒間自分の消費霊力・ 防御小ダウンの特殊攻撃を持つ。 防御ダウンのデメリットはあるが、小となっておりそこまで気にはならない。 攻撃力が高めに設定されており、安定感は無いが火力の高い奥義も保有。 イベントで獲得出来るキャラの中では火力が高く、優秀な部類。 ダメージソースとなるものが無いので火力枠の運用は不可能。 逆にサポートキャラを獲得していないのなら星5じゃなくても、星4のこのキャラで十分運用は可能。 勿論、優先的には星5のサポートキャラを確保をオススメする。 さらに HP回復や 味方前衛のデバフを1つ除去など、壁役としての性能は星4の中でも優秀。 あくまでも星4の中となっており、星5キャラと比べると見劣りは確実。 星5でアタッカーを狙う場合の代用として運用するのがオススメ。 星5の壁役を確保しているのなら不要。 特性による攻撃アップなど、多人数に対しての戦闘で活躍してくれる。 ランキング上位のキャラと比べると見劣りするが、それでも周回要員としては運用可能。 獲得しておけば便利なキャラといえる。 特殊攻撃では 敵3体の攻撃速度デバフ 中 +敵3体にダメージ 小 +防御デバフ 小 を与えられる。 全体的に攻守においてのサポート性能が高く、編成しておくと便利。 特に低確率だが攻撃デバフが作用した時は大きく被ダメージを軽減出来るのも魅力。 効果は薄めだが、 毒状態の時には効果アップするので奥義で毒を付与する事を優先して行いたい。 継続してのダメージを与えられる為、初心者には便利なキャラ。 継続ダメージは高難易度クエストでも運用出来るので育成しておいて損は無い。 特殊攻撃の回転率も早く、オススメ。 その他、 攻撃デバフを付与出来たりと火力よりもジャマー能力が高いキャラ。 ヘイトアップの特性を持ち、ステータスも防御力に特化している。 火傷は継続ダメージを狙えるだけでなく、命中率も低下可能。 とはいえ、継続ダメージが有用な相手でなければそこまで重宝する性能とは言えない。 特殊攻撃は 敵単体に1. 効果範囲が単体に対してなのがネックだが、十分使えるレベル。 その為、 他の星4よりも若干ステータスは低めに設定されている。 とはいえ、奥義で 敵4体に3. 5倍率ダメージを持つ為複数体に対しての火力要員として優秀。 攻守においてバランス良く運用出来るが、ヘイトアップを行う為被ダメージには要注意。 イベントで獲得出来るキャラなので、性能はいまいちだがキャラ数が足りていないのなら必ず確保したい。 特に状態異常を付与するキャラとの相性が良く、デバッファーを編成していないと恩恵は少なめ。 特殊攻撃では 味方全体の弱体耐性を上げられる為、状態異常を多用してくるステージでの対策としては使える。 とはいえ、 そこまで防御力が高い訳ではなく特殊攻撃で 自身にエナジードレインを付与出来る程度。 その為、回復が間に合わずに一気に落とされてしまう事も十分にあり得る。 さらに、 攻撃力大アップ と同時に防御中ダウンとなる特殊攻撃などリスクも多め。 火力は高めに設定されているが、反面耐久値に不安を感じるキャラ。 イベントで獲得出来るキャラなので獲得しておくのは必須だが、既にキャラが揃っているのなら編成するメリットは薄い。 壁役である前衛を固くして、HP吸収効果を付与出来るので生存率を大きく上げられる。 実質の配布キャラでこの性能は有難い。 29位:流浪の剣 小狐丸 キャラ性能&個別評価 単体攻撃に特化したボスアタッカー。 尚且つ特殊攻撃により 自己回復+自己火力バフをかけられる為、火力の他に生存率も高め。 星4の中では火力要員として立ち回ってくれるので、獲得しておくのも悪くは無い。 星5ではやなど、強力なバフ効果を持つキャラを狙って序盤の攻略はアタッカーを星4で補うのも悪くは無い。 周回要員としても優秀且つ、 属性も光なので汎用性が高く魅力的。 メインアタッカーとしては星5を優先したいので、サブ運用がオススメ。 獲得しておくと便利なキャラとしての認識くらいでOK。 効果は正直そこまで期待は出来ないが実質配布のキャラとなっているので仕方ない。 ステータス面も他の同レアリティキャラと比べると低い為、採用するなら限界突破前提で育成しよう。 光属性のアタッカー自体が貴重な為、数合わせでも獲得しておく価値はある。 ただ、奥義にて 会心率&防御中アップと攻守のサポートを行える点は便利。 殲滅力に欠ける為、複数体の敵を相手にするのは苦手。 ガチャなら狙う必要は無いが、イベント入手なので獲得はしておこう。 入手直ぐの段階では火力も低く、弱体化成功率も低い為そこまで優秀とは言えない。 ただ、育成していくにつれて十分補える性能に育つので後半で活躍するタイプ。 特に高難易度のクエスト等で拘束効果は役立つ。 育成前提での入手ならオススメ。 奥義では 与ダメージの40%分HPを吸収出来る壁役として運用していける性能。 HP吸収の奥義自体も消費霊力が低く、連発出来る為戦闘不能に陥りにくいのがポイント。 星4と編成する事でより高い生存率を発揮可能。 ただ、このキャラを優先するのであれば星5などを獲得しておきたい。 35位:壊滅的鬼教官 ヤツカ キャラ性能&個別評価 味方中衛に対して攻守のバフを付与出来るキャラ。 その為、やなどと組み合わせて重複効果を狙うのも有り。 更に、前衛限定となっている最もHPの少ない味方に対しての回復も壁役と組み合わせると便利。 サポート能力では流石に星5には劣るものの、組み合わせによっては幅広く運用出来る。 似たような性能であれば星5を狙いたいが、弱化解除のみに目を付けた場合には有り。 星4が自身に付与する防御デバフを解除出来たりと、編成によっては居場所がある。 その他、高難易度のクエスト等で強力な状態異常を解除したりと腐らない性能が有難い。 ただ、同時に回復も行える乙姫の方がやはり優先度は高い。 ただ、 特殊攻撃に関してはダメージソースが無く手数が若干少ないのが気になる。 似たような性能であれば星4ならを、星5ならを狙った方が手数は多め。 デバフ要員としての運用なら編成も有りだが、正直成功率に難があるのでオススメは出来ない。 38位:寂しがりの白雪 ミユキ キャラ性能&個別評価 水属性ダメージ+凍傷効果の奥義は一撃のダメージよりも継続ダメージに重きをおいて運用したい。 火属性のボスやレイド戦など長期戦で活躍する為、合計ダメージには期待出来る。 性能面は壁役だが、被ダメージに耐えるタイプでは無く回避型。 ただ、 回避率アップに関しては40%アップのみとなっており武具などで補填が必要。 メインタンクでは無く、メインを用意してサブタンクとして運用するのがオススメ。 その為、意外と活躍の場が回ってくる時もある。 とはいえ、最優先で必要かと言われるとそうでも無い。 ピンポイントで刺さるような性能となっているので、獲得しておけばいつか便利と感じる時が来ない事もないかもというキャラ。 40位:奇彩の笛音 カリン キャラ性能&個別評価 ヒーラー枠ではあるが、 奥義の味方3体のHP回復がランダムとなっており非常に使い辛い。 確実性が必要なヒーラーなのでランダム性は一切必要ない。 攻守のバフを使える等は有難いが、他キャラを狙った方が使いやすい。 HP満タンのキャラに対してもHP回復を行うなど、ストレスが溜まりやすい性能を誇る。 デバフや状態異常を撒くキャラと相性が良いといえるが、正直そこまでこのキャラに必要性は無い。 ダメージソースもなく、使い勝手はかなり悪い。 防御バフに価値を見出そうとしても効果は10%と薄め。 入手する価値は非常い低いキャラ。 42位:のらくら狼 ルゥ キャラ性能&個別評価 ヒーラーとしての役割をメインに攻撃も出来るキャラ。 といっても 全てが中途半端な性能となっており、正直使い道に悩む性能。 獲得する価値は正直無いといえる。 総合評価 最優先は星5キャラとなっているので、星5キャラで足りない部分を星4で補うようにしましょう。 ヒーラーやアタッカーだけの性能で見れば十分役立つキャラもおり、星5キャラと組み合わせる事で大きな効果を生む場合もあります。 星5キャラではを優先し、一時的にアタッカーは星4で補うなども有りです。

次の