デジタル通貨 取引所。 デジタル通貨で「長期つみたて投資」は可能か、プロが検証

デジタル通貨

デジタル通貨 取引所

親会社のマネーパートナーズも暗号資産交換業者の登録第1号(関東財務局長第00001号、2017年9月29日登録)。 コイネージの取り扱い暗号資産はビットコイン(BTC)で、サービス提供開始時期は7月中を予定している。 暗号資産調査企業チェイナリシス(Chainalysis)が7月7日、シリーズBの資金調達ラウンドでRibbit CapitalとSound Venturesなどから追加で1300万ドル(約14億円)を集め、同ラウンドの調達額が4900万ドル(約53億円)に達したと発表した。 同社には三菱UFJも出資している。 大同生命が7月7日、独自のデジタル通貨を発行する実証実験を始めた。 暗号資産取引所の運営や、ブロックチェーンプラットフォームの開発をしているディーカレットと大同生命が共同で取り組む。 実験参加者が物品の購入や、 スマートコントラクトで自動積立を行うなど利用して、 デジタル通貨やブロックチェーン技術が生命保険にどう応用できるのかを検証する。 公式で発表した。 ビットコイン、イーサリアム、XRP(リップル)、ビットコインキャッシュの4つの日本円建ペアの差金決済取引(CFD)で、レバレッジは最大2倍。 日本暗号資産取引業協会(JVCEA)が7月8日、2020年3月の国内の暗号資産取引に関するデータを発表。 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、暗号資産の数量が増加した。 証拠金取引の建玉残高では、売建数が1277万9077、買建数が7240万2660となり、2018年9月以降初めて売建数が買建数を上回った。 ただ建玉の「額」は逆に買建額が売建額を初めて上回る結果に(売建額が56億4000万、買建額が72億4500万)。

次の

東海東京FH、デジタル証券取引所の計画を明らかに

デジタル通貨 取引所

時価総額で世界3位を誇る仮想通貨リップル(XRP)は、2020年もまたパッとしない1年を迎えることになる。 ギャラクシー・デジタル(Galaxy Digital)のCEO、マイク・ノボグラッツ(Mike Novogratz)氏は会場一杯のファイナンシャルアドバイザー達を前に、そう語った。 さらにノボグラッツ氏は、同通貨の冴えない見通しの責任は、リップル(Ripple)社にあるとし、自らの会社が最も投資している先の一つを責めた。 デジタル資産やスタートアップの取引、投資を行う会社を率いるファンドマネージャーであるノボグラッツ氏は先週、フロリダ州オーランドでTDアメリトレード(TD Ameritrade)が主催した「ナショナルLINC2020(National LINC 2020)」カンファレンスの壇上で、パーソナルファイナンス界のスーパースター、リック・エデルマン(Ric Edelman)氏と対談した。 対談の終わりにノボグラッツ氏は、登録投資顧問(Registered Investment Advisors:RIA)である聴衆から質問を受け付けた。 最後の質問は、リップルのエコシステムのネイティブ仮想通貨であるXRPについての見解に関するものであった。 同カンファレンスでの録音は禁止されていたが、CoinDeskは録音音源を参加者から入手した。 「リップル社はXRPを600億枚所有しています」とノボグラッツ氏は述べ、次のように続けた。 「それは膨大な数です」 流通しているXRPの合計数は1000億枚である。 リップル社のグローバル機関投資家市場担当バイスプレジデント、ブリアンヌ・マディガン(Breanne Madigan)氏によれば、リップル社は800億枚を「与えられた」が、その所有数は560億枚へと減少し、その内。 それでも、ノボグラッツ氏はXRPをめぐる現状を、企業が継続的に株式を売る状況になぞらえた。 「私が株を買う時に、(誰かによって)100億ドル(約2兆円)相当の同株がいくらかで売られていると知っていたら、その株を買うことに対する喜びは少なくなるでしょう」とノボグラッツ氏は説明した。 SBIも出資するリップル社の反論 リップル社がギャラクシー・デジタルの最大の投資先であるという事実が、この発言を非常に辛辣たらしめる。 開示書類によるとデジタル・ギャラクシーは、リップルに2380万ドル(約26億円)をつぎ込み、と評価している。 XRPを株式に例えることは、リップルにとって特に微妙な問題だ。 ここ数年リップルは、XRPが未登録の証券だと訴える。 訴訟はカリフォルニア州北部の地方裁判所で係争中だ。 マディガン氏はCoinDesk宛のメールの中で「XRPはデジタル資産である」と反論し、次のように続けた。 「リップル社やその他企業への出資となるわけではないため、XRPは株式ではない。 次に、XRPは支払いのための確かな実用性を持つ。 マネーグラム(MoneyGram)やビットソー(Bitso)のような企業は、リップルネット(RippleNet)のオンデマンド・リクイディティ(On-Demand Liquidity:ODL)を通じてXRPを生産で利用している」 リップル社はさらに2019年、を、第2四半期の2億5100万ドル(約260億円)相当からへと劇的に減らした。 「マイク・ノボグラッツの発言からは、リップル社がXRPの持ち分をどのように管理するかについて同氏が理解していないこと、そして毎四半期に弊社が発表する情報を読む時間をとっていないことがはっきり分かる」とマディガン氏は述べ、次のように続けた。 「リップルによるXRPの分配で流通中の供給増加分は実際、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサ(ETH)等よりも少ないのです」 CoinDeskが発言について説明を求めると、ノボグラッツ氏は広報担当者を通じて次のように述べた。 「買い手の側では、アジアにはXRPの強力な支持者がおり、強く押し上げる『XRP軍』が存在している」 CoinDeskのまとめたデータによれば、XRPは2019年、その価格を46. 3%下げた。 今回のオーランドでのカンファレンスにおいてノボグラッツ氏は、その傾向が続くかもしれないと示唆した。 「昨年は著しく業績が悪かった」とノボグラッツ氏は聴衆に対して語り、次のように続けた。 「今年もまた著しく業績が悪くなると思います。 そしてそれは単に供給が理由なのです」 広報担当者を通じてノボグラッツ氏は、「著しく」という言葉を使ったことを否定したが、録音音源でははっきりとその言葉が聞き取れる。 ビットコインやイーサリアムと比較して ノボグラッツ氏はオーランドの同カンファレンスにおいて、彼がより中央集権型とするXRPのセットアップとビットコインのそれを比較した。 「(XRPは)ビットコインがマイニングで分配されたようには分配されませんでした」とノボグラッツ氏は述べ、次のように続けた。 「巨大な1つのプールが、常に売り手としてあるのです」 しかし、、リップルはそのネットワークを、時価総額で1位と2位の仮想通貨である、ビットコインやイーサリアムに比べてより分散型に保っている。 「トランザクションを承認するために80%の意見の一致を要件とするXRPL(XRPの分散型台帳)には、150を超える既知のバリデータが存在する」とマディガン氏は説明し、次のように続けた。 「リップルはその150強のバリデータのうち7つをコントロールしており、中国のマイニング集団にコントロールされているBTCやETHよりも、XRPの方がより分散化している」 2020年においてこれまでのところ、XRPは素晴らしい復活を見せている。 しかし、細かいことを言うならば、ビットコインの29%の値上がりには確かに及んでいない。 「仮想通貨業界全体が直面し続ける最大の問題の1つは、偽情報である」と、ノボグラッツ氏に関してマディガン氏は述べ、次のように続けた。 「喜んで、そして故意に、市場行為を操作するために噂を流す人が非常に多く存在する。 透明性という文化にも関わらず、影響力のある市場参加者が事実を無視していることは残念だ。 これは仮想通貨業界全体の足かせとなる」 翻訳:山口晶子 編集:T. Minamoto 写真:Michael Novogratz of Galaxy Digital, image from CoinDesk archives 原文:.

次の

LINEが仮想通貨取引所BITFRONTを米国で運営開始

デジタル通貨 取引所

【 2020年大注目!】 FILECOIN MINER 第二期販売がスタート! 2017年に ICOで200億円以上の資金調達に成功し話題を呼んだFILECOINですが、これまでのICOでは、 総資産額1億ドル(日本円で約109億円)以上の投資家 もしくは 年間で20万ドル(日本円で約2,185万円)以上の利益を出した投資家 という ハードルをクリアした投資家のみ手に入れることができました。 しかし、今回FILECOIN専用のマイニングマシンが先行発売され、 FILECOIN MINERになると、 一般投資家でもFILECOINを手に入れることが可能に! 6月に一期発売があったものの 即完売。 しかし、気になっていただけども手に入れることができなかった人の為に、 2期販売が開催! 期間限定での先行販売ですので、気になる人はFILECOIN MINER専用サイトをご覧下さい。 中央銀行デジタル通貨 CBDC とは 中央デジタル通貨とは、その名の通りで国内銀行のリーダーである中央銀行が発行するデジタル通貨のことです。 日本、中国、スウェーデン、ベネズエラなどの中央銀行でデジタル通貨の発行にむけて積極的に開発が進められています。 国のデジタル通貨になるためには、3つの条件を満たす必要があります。 中央銀行の責務である• 法定通貨との交換が可能• 通貨がデジタル化されている 通貨と言えば日本人である私たちは、一般的に硬貨や紙幣を思い浮かべるのではないでしょうか。 しかし、数千年前では貝殻が貨幣として扱われていた時代もありますし、時代とともに、米や宝石といった様々なカタチをとりつつ通貨は変わってきています。 現代社会では、クレジットカードで決済を行うことはごく普通なことですし、今ではモバイル決済やネット決済など、決済サービスのネットを利用した簡略化が進んでいることから考えると、法定通貨のデジタル化というのは自然の流れですね。 ただ、法定通貨のデジタル化というのは、世界の金融システムに大きな影響を与えるとい調査結果が出ているように、デジタル通貨の発行は慎重に行うべきだという専門家もいます。 デジタル通貨と仮想通貨は似たようなものにもみえますが、違いはあるのでしょうか? デジタル通貨と仮想通貨は何が違うのか デジタル通貨と仮想通貨が同じような意味で使われる場面もありますが、この2つでは本質的な仕組みが異なっています。 仮想通貨とは 仮想通貨とは、IT技術を利用して生み出された通貨であり、インターネット上で利用可能な暗号化された通貨のことを指しています。 基本的に仮想通貨は誰かが管理をしているわけではなく、ブロックチェーンなどの仕組みによって集団で発行枚数や保全性を担保しています。 また、仮想通貨の特徴として、国に依存しないバーチャルな世界の独自のデジタル通貨であるということもあります。 (一部の仮想通貨を除く) デジタル通貨との違い デジタル通貨とは、仮想通貨を含む通貨がデジタル化されたものを指している言葉です。 なので、仮想通貨はデジタル通貨でありますが、デジタル通貨は仮想通貨ではありません。 例えば、キリンは動物ですが動物といったらキリンではないですよね。 動物には、キリン以外にもゾウやライオンなど様々な動物が含まれます。 なので、動物というジャンルにキリンが含まれているのと同じように、デジタル通貨という幅が広いジャンルに仮想通貨が含まれているという認識で問題なさそうです。 デジタル通貨と電子マネーもデジタル通貨と仮想通貨の関係と同じように使われている場合が多々ありますが、その違いはあるのでしょうか? デジタル通貨と電子マネーの違い デジタル通貨と電子マネーも本質的な部分で違いがあります。 電子マネーとは 電子マネーとは、現金の代替となる支払い手段の一種でありますが、電子マネーの定義は統計や調査によって異なるため、必ず一様になっておりません。 つまり、実際の価値は法定通貨そのものとなんら変わりはなく、ただ持っている硬貨や貨幣が持っている電子端末に電子マネーとして変換されているだけのものになります。 仮想通貨との違いは、ここにあります。 仮想通貨は、法定通貨を新たな仮想通貨というものに変えるため、電子マネーとは全く別物になります。 では、デジタル通貨との違いはどうなるのでしょうか? デジタル通貨との違い 電子マネーとデジタル通貨の違いというのは、仮想通貨とデジタル通貨とほぼ同じです。 デジタル通貨という大きいジャンルに電子マネーが含まれているという構図になっています。 仮想通貨とデジタル通貨の違いも含めると、デジタル通貨という大きいジャンルに仮想通貨と電子マネーの両方存在しているということになります。 デジタル通貨と電子マネーや仮想通貨との違いは解説させて頂きましたが、デジタル通貨を利用することのメリットについても詳しく解説していきます。 中央銀行デジタル通貨 CBDC のメリット デジタル通貨が普及することで様々なメリットがユーザーに享受されますが、そのうちの2つ紹介させて頂きます。 ユーザーの利便性が向上する 法定通貨がデジタル化されることによって、支払いなどの場面でユーザーの利便性が一気に向上します。 クレジットカードを利用したことがあるかたは簡単に想像できると思いますが、支払いの場面で細かい小銭のやりとりをする必要がありません。 経済政策を打ち出しやすくなる これはユーザーというより国のメリットになりますが、デジタル通貨の普及がより進めば中央銀行が通貨の流通量をよりコントールしやすくなるため、有効な経済政策を打ち出しやすくなります。 日本銀行は既に通貨量の調整を行っていますが、現金決算が主な決済の手段となっている日本ではあまり効果がでておりません。 デジタル通貨がより普及することで、有効な経済政策を打ち出せるようになります。 ユーザーの利便性が確実に向上するデジタル通貨にデメリットがあるのでしょうか? 中央銀行デジタル通貨 CBDC のデメリット 送金問題 法定通貨をデジタル化する場合にも実はデメリットが存在しています。 法定通貨のデジタル化が始まれば、現金からデジタル通貨への交換が行われますよね。 ブロックチェーンでデジタル通貨を発行した場合、国中の送金を扱うことになるので、大量の送金処理に耐えうる通信設備を整える必要がでてきます。 時価総額が最も高いビットコインですら、送金数が増加すると送金遅れが出てしまうという問題を抱えていることを考えると、国中の送金処理に対処できるシステムを構築するのには骨が折れそうです。 大変な労力と管理コストをかけることになるでしょう。 実際にプログラミング大国のインドでは、デジタル通貨の開発を率先して行ってきていました。 インド準備銀行は、2018年8月に国内で利用される中央デジタル通貨の需要とその妥当性を調査するグループを設立し、デジタル通貨の可能性を探っていました。 経済政策の効率化やマネーロンダリングの防止にもデジタル通貨は役に立つという結論を出したものの、単純に技術力が不足しているようで、開発をストップさせています。 プログラミングに強い国と呼ばれているインドですら難しい技術が必要となるのがデジタル通貨です。 民間銀行の消滅 中央銀行によるデジタル通貨の発行が進めば、中央銀行の利用者が格段に増えることが予測されます。 そうなると、民間銀行の数は減っていく一方になります。 既に仮想通貨の普及に伴い徐々に送金業務を奪われつつある民間銀行は、中央銀行がデジタル通貨を発行することによって益々シェアを奪われてしまうことになります。 デジタル決済に対応できない高齢者 デジタル通貨は使いこなすことができれば、確かに便利なシステムではありますが、生涯ずっと現金で売買をしてきたお年寄りの方からすると、理解し難いシステムであるということも間違いありません。 よくスマホの扱い方がわからないからガラケーを使い続けるというお年寄りの方を見かけると思いますが、それと同じように、デジタル通貨に対応できないお年寄りの方が取り残されてしまいます。 もし、そういった取り残されたお年寄りの方がいる状況でデジタル通貨の普及が進んでしまうとどういったことが考えられるでしょうか? お店によっては、デジタル通貨でのお会計でしか対応しないというお店もでてくるでしょう。 そうなってしまうと、デジタル通貨を使用することができないお年寄りの方は買い物ができるお店がかなり絞られてしまいます。 中央銀行デジタル通貨 CBDC が今後の経済や金融に大きな影響を及ぼす? デジタル通貨の発行はユーザーに利便性をもたらすという反面、中央銀行のデジタル通貨が経済に悪影響を及ぼすという専門家の意見もあります。 実際に韓国の研究者が、デジタル通貨が商業銀行における流動性にどのように影響を与えるのかモデル化した研究レポートを提出しています。 その研究レポートによれば「もし人々が理論的にデジタル通貨と呼べるものを利用できるようになった場合、商業銀行への預金が減り、商業銀行は現金不足に陥る可能性がある。 そのような状況では、商業銀行は最終的にローンの金利を上げることで現金不足を補うしかない」とのこと。 「これは、金融の安定性に悪影響があり、預金者に支払うための預金が不足する取り付け騒ぎが起こる可能性が高まります」という研究レポートの結論がでています。 人々の暮らしが楽になるようなシステムを次々に単純に導入すればいいというわけではないようですね。 実際に韓国もそうですが、インドでも法定通貨のデジタル化は一度立ち止まっての検討をされているようです。 中央銀行デジタル通貨 CBDC に関するまとめ いかがでしたでしょうか、ここまで中央銀行デジタル通貨について解説をしてきました。 デジタル通貨を使用するメリットもありますが、注意深く検討する必要があるリスクも考えられました。 現代社会では、硬貨や紙幣といった現金と電子マネーや仮想通貨が混乱をまねかない割合で混在しています。 その割合というのを、少しずつ見極めながら調節していく必要がありそうですね。 今後のデジタル通貨の動きが楽しみです! 2017年に ICOで200億円以上の資金調達に成功し話題を呼んだFILECOINですが、これまでのICOでは、 総資産額1億ドル(日本円で約109億円)以上の投資家 もしくは 年間で20万ドル(日本円で約2,185万円)以上の利益を出した投資家 という ハードルをクリアした投資家のみ手に入れることができました。 しかし、今回FILECOIN専用のマイニングマシンが先行発売され、 FILECOIN MINERになると、 一般投資家でもFILECOINを手に入れることが可能に! 6月に一期発売があったものの 即完売。 しかし、気になっていただけども手に入れることができなかった人の為に、 2期販売が開催! 期間限定での先行販売ですので、気になる人はFILECOIN MINER専用サイトをご覧下さい。

次の