アイスボーン 容量。 【アイスボーン】ダウンロード版の必要容量と他ゲームとの比較【モンハンワールド(MHW)】

【アイスボーン】ダウンロード版の必要容量と他ゲームとの比較【モンハンワールド(MHW)】

アイスボーン 容量

まず最初に驚いたのが今って1TBのSSDこんなに安いんだなってところです(笑) アマゾンで13800円でした。 過去にPS3をSSDに換装したとき500GBでもかなり高かったような覚えがあって、それ以来SSDの価格相場を全く知らずに来てるので、かなりギャップがありました。 SLCとかMLCとかでまた金額や性能が変わってくるようなんですが、よく分からんし素人がそこまで気にする必要はないですね。 この価格帯のSSDをアマゾンで見てるとかなりのレビューがあるので、それを見て選んでもいいと思います。 とゆうことでレビューでも割と評判良さげだったので、こちらのサンディスクのSSDを購入しました。 交換はとても簡単 現物が届いて即交換しました。 それにしても小さい、薄い、軽い。 こんなちゃっちい物が高性能なんだから、なんか変な感じです。 交換してるところは写真撮るの忘れてしまいました。 かなり丁寧に詳しく説明してくれてるサイトや動画が相当数あるのでここで特に説明はしないですが、頭の小さいドライバー1本あれば特に苦もなく誰でも簡単に交換はできると思います。 システムソフトウェアの再インストールがちょっと手間かも SSDに交換したら当然中身がまっさらな状態なのでそのままではPS4は動きません。 なのでSONYの公式ページからシステムソフトウェアのアップデートファイルをダウンロードしてきて入れてあげなければいけません。 そこで必要になってくるのが、 PCとUSBメモリーです。 これがないとシステムソフトウェアの再インストールができないので準備します。 PCに関してはネットに繋げられてUSBにデータを入れられればいいので持っていなくても、ネカフェとか、知り合いとかに借りれば何とかなると思います。 なのでほんとに必要なモノはアップデートファイルが入ったUSBメモリーになります。 注意点 注意とゆうか当然なんですが、SSDに変えた時点ですべてのデータがなくなります。 アップデートファイルを再インストールするときもすべての設定やデータが消えますと確認があります。 なので 交換する前にバックアップだけは確実にとっておいた方が良いです。 PSPLUSに加入しているならセーブデータなんかはクラウドにアップしておくといいですよ。 あとは画像や動画を残したいなら別のUSBメディアに移しておかないとこれらもすべて消えます。 僕はPSPLUSのサービスでセーブデータはクラウドにアップして他はすべて消えてもらいました。 最悪MHWのセーブ以外はなくなっても困らないので(笑) どれくらい速くなったのか? 無事システムソフトウェアの再インストールも済んで、初期設定も終わらせ、MHWもダウンロードし直して、セーブデータも落としてきて、いざSSDでの初プレイ。 開始数秒で感動した! ソフト起動からこの画面にくるまでの時間が明らかに早い。 ロードやらセーブやらいろいろしてるので、これまで結構ストレスだったんですが、「うわーマジかー」ってつぶやく程度には早くなってた。 この画面からの集会所作成もなかなか時間が掛かっていたんですが、体感でこれまでの半分ぐらいで入れるようになりました。 クエスト受注してからのロードが特に早く感じるようになったかも。 これまでだとクエスト受けてから猫飯食べてようやく準備中の文字が黄色に変わっていたんですが、今はリフトに乗るかどうかのところで変わるようになりました。 期待してはいたけどここまで早くなるとは思わなかった(笑) 準備が済んだらスムーズにクエストいけるのが快適過ぎる。 ロード画面ですね。 この時右下のバーがたまっていきますよね。 これまではジワジワ一番右までいってロード終了してました。 それが中間超えたあたりでパッと右端まで行ってロード終了してしまいます。 速すぎかよ・・・ ちなみにこのロード画面が出るときは基本そんな感じで速いです。 これ痕跡集めとか、未来予知とかする時かなり時間効率変わってきますよね。 まとめ 今回変えてみて思ったことはただ一つ「 もっと早く変えとけばよかった!」 ネットで見てるだけだと自分が速さを体験してるわけじゃないから「ほーん」って感じだったけどいざ変えてみたら世界変わるわ(笑) あと他にも嬉しいことがあって、PSストアやホーム画面が普通に動くようになった。 最近すべてにおいてクソみたいな挙動で、PSストアに関してはまともに見ることすら困難な状態で、もうこいつも寿命かなーなんて考えていたのが一気に解消されました。 定期的にHDDの容量空けるようにはしていましたが、そうゆう問題でもなかったんだなーと。 1TBで買おうと思うと大体12,000~14,000円の間ぐらいになってくるので、人によっては高いと感じるかもしれない価格帯ですが、500GBだと一気に値段下がるのでワールドやっててロードが長いと思う人はアイスボーンに向けて変えてみてもいいかもしれません。 ちなみに今回僕が買ったものの500GBは7,180円なので半額行かないぐらいで変えます.

次の

【PS4】MHWアイスボーン同梱版はどこがおすすめ?HDDは500GBと1TBどっちがいい?

アイスボーン 容量

ダウンロード版の容量は約14GB 必要容量はかなり少ない 『モンハンワールド』の ダウンロード版をDLする際に、必要な容量が約14GBということが判明しました。 他のソフトと比べて圧倒的に容量が低くなっています。 しかし、本作では無料大型アップデートやコラボクエストでの追加容量があるため、実際には約20GB近くまでいくと考えられます。 容量を他の人気ゲームと比較 人気ゲームの容量一覧 タイトル 容量 デッドライジング4 64GB NieR: Automata 45GB Horizon Zero Dawn 45GB アサシン クリード オリジンズ 44GB グランド・セフト・オートV 41GB シャドウ・オブ・ウォー 37GB AGENTS OF MAYHEM 36GB Fallout 4 30GB 上記の表は、世界的人気ゲームの容量になります。 オープンワールドのゲームをピックアップしており、その中でも最も容量を必要としているゲームは『デッドライジング4』の64GBとなっています。 しかし、平均的に見れば約40GBとなっているため、比較しても本作はかなり容量が低いということが見受けられます。 今後のアップデートによる追加データにより、必要な容量は増えていきますが、ダウンロード版でPS4自体の容量を抑えられるのは嬉しいですね。 攻略ガイド• イベント情報• 装備情報• おすすめ・最強装備• その他の装備情報• スキル情報• モンスター情報• 新モンスター攻略• NEW• クエスト情報• ストーリー進行• 素材・アイテム情報• マップ情報• アイスボーンマップ• MHWのマップ• ピックアップ情報•

次の

【PS4】MHWアイスボーン同梱版はどこがおすすめ?HDDは500GBと1TBどっちがいい?

アイスボーン 容量

モンスターハンターワールド:アイスボーンとは• グラフィック関連• フレームレート• 高解像度テクスチャパック• その他• おすすめPC• モンスターハンターワールド:アイスボーンとは 超大型拡張コンテンツ 『モンスターハンターワールド:アイスボーン』は、2018年1月26日に発売された「モンスターハンター:ワールド」の超大型拡張コンテンツで、家庭用版では既に2019年9月6日に発売されています。 Steam版 PC では無印版の時から発売日をずらしており、 2020年1月10日にやっと 『モンスターハンターワールド:アイスボーン』が発売開始となりました。 モンスターハンターワールドは、全世界で250万本出荷を記録した大ヒットタイトル。 国内では人気の高いタイトルですが、今作のワールドでは家庭用版、PC版ともに、全世界で高い注目を集め、大成功を遂げたモンスタータイトルとなりました。 拡張コンテンツである『モンスターハンターワールド:アイスボーン』では、新たな舞台である「渡りの凍て地」をはじめとした、追加ストーリーから新たな大型モンスター、様々なアクションなど、語り切れないほどの、追加コンテンツに加え、さらなるアップデートが今後も待っています。 既にSteam版 PC での、「ラージャン」追加時期などのタイトルアップデートの進行スケジュールは決まっているので、詳細は公式サイトのからご確認ください。 参考リンク 『モンスターハンターワールド:アイスボーン』 Steam版 PC アナウンストレーラー PC版 『MHW:アイスボーン』をプレイするには PC版 『MHW:アイスボーン』をプレイするには、無印版の「モンスターハンターワールド」が必要となります。 これから「モンスターハンターワールド」を始める方にはゲーム本編とアイスボーンがセットになった「モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション」がおすすめです。 「モンスターハンターワールド」を既に持っている方は、DLCであるアイスボーン単体を購入することでプレイが可能です。 また、家庭用版と違い、高度なグラフィック設定や、無料DLC高解像度テクスチャパック、21:9のウルトラワイドディスプレイに対応など、Steam版 PC ならではの追加要素がたくさんあります。 特にPCでプレイする多くのハンターは、MODが使えるという利点もありますが、高画質、高解像度、60fps以上でプレイできるというのがかなり大きいでしょう。 PC版 MHW:アイスボーンを最高設定でプレイするためのおすすめのグラフィックカードは、最後のをご覧ください。 本作では最低・推奨動作環境に加えて、高スペック・最高スペックでの動作環境も記載されています。 ただ、いずれも30fpsでの動作を想定されているので、あくまで目安となります。 60fps以上で動作させるには下記以上のグラフィックカードが必要になると思います。 OS WINDOWS 7, 8, 8. プリセットは低、中、高、最高の4つで設定でき、DirectX 12とHDRに対応しています。 特にTuringを採用した、最新のNVIDIA GeForce GPU、GTX 16シリーズやRTXシリーズでは、DirectX 12を有効にすることによって、パフォーマンスの安定と向上が期待できます。 フレームレートは無制限ですが、マルチプレイが多い場合は30 fpsまたは60 fpsで制限をかけることで、描画が安定するのでおすすめです。 垂直同期はオフにすると表示遅延が抑えられ、操作レスポンスも良くなりますが、画面上にティアリングといった、同期ズレの線が表示されることがあります。 無料DLCである高解像度テクスチャは後述しますが、ここで設定することができます。 モーションブラーと被写界深度はオフにすることで、画面が見やすくなります。 これもPC版の強みです。 PC版 「モンスターハンターワールド:アイスボーン」のグラフィック設定画面 さらにオプションのインターフェイス設定から、「ゲームパッド用ボタンアイコン選択」のタイプを切り替えることによって、PlayStationコントローラーのボタン表記に対応するようになりました。 ワールドの頃はMODで対応していたので、嬉しい限りです。 これで慣れているPS4コントローラーでプレイが可能です。 PC版「モンスターハンターワールド:アイスボーン」のボタンタイプ設定 フレームレート フレームレート計測について MHW:アイスボーンにはベンチマークソフトが無いので、様々な環境が共存する「導きの地」を決まったルートで探索し、平均フレームレートを計測しました。 これがモンスターをソロ討伐したときとだいたい同じくらいのフレームレートになります。 グラフィックスAPIは全てDirectX 12環境で測定しています。 テストしたグラフィック設定はプリセットの低、中、最高設定の3つです。 計測構成 Core i7-8700K、16GBメモリ、 各人気のグラフィックス、500GB SATA SSD フレームレートの測定方法 導きの地を探索して平均フレームレートを計測 グラフィックス毎のフレームレート PC版「モンスターハンターワールド:アイスボーン」のフレームレートは、戦闘中の属性や会心エフェクト、モンスターの行動によって、大きく変動します。 マルチプレイになると、人数分のエフェクトが増えるため、さらにフレームレートが下がります。 以下の結果はソロプレイでのフレームレートになるため、4人でのマルチプレイを想定すると、余裕を持ったグラフィックカード選びをおすすめします。 以下の通り、「モンスターハンターワールド:アイスボーン」の負荷は大きいです。 これらを有効にしたフレームレートの計測結果は次項ご御覧ください。 「NVIDIA DLSS」との併用はできません。 最高設定のみの比較となります。 3倍に対し、 「NVIDIA DLSS」はおよそ1. 4倍フレームレートが向上します。 ほんのわずかな差ですが、RTXシリーズを使用している場合は「NVIDIA DLSS」を有効にすることをおすすめします。 4Kの場合、RTX 2080Tiならなんとか60 fpsに届きます。 画像の通り、防具の細かいディテールを見る限りではほとんど差はわかりません。 むしろ、OFFの時より画質がくっきり表示されています。 Steamストアからダウンロードすることで利用することができます。 この「High Resolution Texture Pack」を使用するには、 8GB以上のグラフィックメモリを搭載したグラフィックカードが必要となります。 なのでNVIDIA GeForceでは、RTX 2060 SUPER以上のグラフィックカードが必要となります。 また、追加で45GBのストレージ容量が必要になります。 「High Resolution Texture Pack」でのフレームレート 各解像度での、最高設定+「High Resolution Texture Pack」のフレームレートです。 プリセットを低設定にして、テクスチャのみハイレゾにすることも可能ですが、あまり意味がないので最高設定で計測しています。 フレームレートはほんの少し落ちるだけで、通常の最高設定とほとんど変わりません。 0GB以上ものグラフィックメモリが必要になります。 アイテムBOXのテクスチャはくっきりと、オトモアイルーの装備も高解像度でくっきりと表示されているのがわかると思います。 一度この美麗で精細なグラフィックでモンスターハンターワールドをプレイすると、もう家庭用版には戻れません。 特に4Kだともはや別世界です。 PC版をプレイする方は是非、「High Resolution Texture Pack」を有効にすることをおすすめします。 「High Resolution Texture Pack」の画質比較 クリックで拡大 クリックで拡大 その他 クエスト中のCPU使用率 Steamストアのレビュー欄を見ていると、「起動しない」「動作が不安定」「クラッシュする」「CPU使用率が高い」などの声が見受けられます。 筆者の環境では特に問題はなく、2台のPCでプレイしましたが、動作が不安定だったり、クラッシュしたりことはありませんでした。 どうやら環境によってはCPU使用率が異常に高かかったり、クラッシュしたりするようです。 「CPU使用率が高い」に関しては、実際にクエスト中の平均CPU使用率を計測してみました。 高過ぎるということもなく、至って普通の数値だと思います。 マップの狭い闘技場では4人マルチプレイでも、負荷が低いです。 改善効果はPC環境に依存します。 おすすめPCとグラフィックカード PC版「モンスターハンターワールド:アイスボーン」をプレイするためのおすすめPCとグラフィックカードの紹介です。 4人マルチプレイだとエフェクト過多でさらにフレームレートが下がるので、余裕を持って選んでおくと無難です。 以下で紹介しているPCは、上記のグラフィックカードを搭載できる、当サイトおすすめのゲーミングPCです。 レビューもしているのでご参考にどうぞ。 当サイトおすすめのデスクトップパソコン.

次の