アルト リコーダー 指 使い。 ソプラノリコーダーとアルトリコーダーの違いとは?

星に願いをのアルトリコーダーの指番号教えてください。

アルト リコーダー 指 使い

リコーダーとは リコーダーは縦笛の総称であり、もともとは木でできた木管楽器でした。 中世ヨーロッパで完成したリコーダーは18世紀半ば~19世紀頃に一時衰退しましたが20世紀に入って再び息を吹き返し、日本にはベルリンオリンピックの頃に伝えられと言われています。 現在広く普及しているのは安くて手入れのしやすいプラスチック製のリコーダーで、日本の多くの小中学校では音楽の時間にこのプラスチック製のリコーダーを使った授業を行っています。 小学校では音の高いソプラノリコーダー、中学校ではソプラノリコーダーよりも大きくて音の低いアルトリコーダーを使うところが多いです。 リコーダーは頭部管、中部管、足部管にパーツを分けることができ、右手小指の穴をふさぎやすくするために足部管を少し右に向けて取り付けるのが組み立て時のポイントです。 Sponsored Link ソプラノリコーダーとは 小学校で習うソプラノリコーダーはジャーマン式(ドイツ式)とバロック式(イギリス式)があります。 どちらを採用するかは時代によっても学校によっても違うので先生に確認してください。 見た目の違いは中部管の4つ目5つ目の穴の大きさ。 そのため、現在の日本の小学校ではジャーマン式が主流となっていますが、高学年になって難しい曲を演奏するようになることを考慮してバロック式を導入している地域も増えてきているようです。 子供達が幅広い曲に挑戦するためにもバロック式に統一してはどうか?なんて個人的な思いはありますが、みなさんはどう考えますか? アルトリコーダーとは 中学生になるとソプラノリコーダーより大きいアルトリコーダーを使います。 (しかし、一部の中学校では小学校で使ったソプラノリコーダーをそのまま使うこともあります。 ) ソプラノリコーダーと比べてアルトリコーダーは音域が広く、高い音も耳が疲れないので人気が高いとのこと。 確かにソプラノリコーダーで高音を出すと耳にキーンと響いてうるさく感じる時もありますよね。 ちなみにアルトリコーダーにはバロック式の製品しかありません。 ということは、小学校でジャーマン式を習っても多くのお子さんは中学生になってアルトリコーダーに変わり、バロック式の指使いを覚え直す必要があるというわけです。 だったらやはり最初からバロック式のリコーダーで教えるべきではないか?と思うのですが…。 こんなリコーダーもあるなんてご存知でしたか? 実は片手が不自由な方のために作られた右手用リコーダーや左手用リコーダーという製品もあるんです。 お値段はちょっとお高めですが、両手でしか演奏できないというイメージのリコーダーの概念が覆されるようなすばらしい製品ですね。 他には中部管が細かくばらけて位置を移動させられる改造リコーダーも売られています。 こちらは両手指のうち6本以上の指を動かすことができればみんなと同じような演奏が可能とのことです。 リコーダー本体ではありませんが音を小さくできるグッズもあるんですよ。 これがあれば近所からの苦情に怯えることなく練習ができそうですよね。 あとがき ジャーマン式とバロック式の違いはけっこう重要でしたね。 わたしのようによくわからないままでいると「ファだけジャーマン式で押さえちゃえ!」なんてお子さんも出そうです。

次の

リコーダーJP

アルト リコーダー 指 使い

大人になってから何か習い事を始めてみようと思ったら、楽器をやってみたいと思う方も多いだろう。 しかしまったくカジったことのない楽器を、今から始めて、はたしてモノになるのだろうか? 音を出すまでに、1曲マスターするまでに、膨大な時間とエネルギーを消費するとなると、それはそれで挫折しそうだ……。 そんな大人たちの選択に、実はとってもぴったりな楽器がある。 リコーダーだ。 え、あのリコーダー? 小学校のとき、ランドセルの横にさしてた、あの縦笛? その通りである。 リコーダーというと、「学校教材」のイメージがあまりに強く刷り込まれてしまった、あわれな(?)楽器の一つと言えるかもしれない。 しかし、ここでイメージを刷新してみよう。 リコーダーは本来、 バロック時代を中心に大活躍したクラシック音楽における由緒正しき木管楽器である。 小学生たちのクラス全員が力いっぱいピピーと吹き鳴らしていた、あの耳をつんざくような響きばかりを連想しては、あまりにかわいそうなのだ。 でも、大人として憧れるのは木製リコーダーだ。 ぐんと本格的なイメージだが、実は木製でも入門レベルのものなら3万円〜10万円代くらいで手にできるとのこと。 プロ仕様の楽器ともなれば、さすがに手が出せない値段なんじゃないか……と思ったらこれまた意外なお話が水内先生の口から飛び出した。 「プロが使用するものでも、20万円くらいからあるんですよ。 ピアノやヴァイオリンや他の楽器などと比べると、かなりリーズナブルですよね(笑)。 ただし、ヨーロッパにも日本にも優れた職人さんがいるんですが、そういう方々に過去の名器のレプリカなどを依頼すると、最低でも1年ほど待たなければなりません。 最近ではアマチュアの方々からの注文も殺到しているそうで、結構待つこともありますね」 まさかのリコーダー大人気!? そんなことになっていたなんて。 もたもたしていられない。 始めるなら今だ! ということで、さっそく私もゼロベースでリコーダーを水内先生から習ってみることにした。 2019年1月開始! でもリコーダーって、一応は小中学校でピロピロ吹いていたよ? プロの先生のレッスンって、いったいどんなことをするだろう? 水内流メソッドのレッスン、開始! ドイツではリコーダー指導が盛んで、まずは音楽の先生になるために音大でリコーダーを専攻する学生がメインなのだとか。 そこから演奏家として活動する人たちが育っていくのだそう。 「とはいえ、ドイツでも手取り足取り教えてくれるわけではないんです。 ピロロピロロ〜と素晴らしい演奏を聴かせてくれて、『ハイ、今みたいにやって。 大丈夫、できるから!』みたいな先生も。 それでカンのいい人はすぐパッとできるのかもしれませんが、僕は違ったんです。 美しい音色を出したり、軽やかに指が回るようになるには、いったいどうすればいいのか、仕組みからきちんと理解する必要がありました。 そこでまずは、体の使い方から研究しました。 無駄な力を入れず、無理のない姿勢で吹くと、きれいな音で吹けるようになります。 ですから、レッスンの初回は、ラクにリコーダーを構えてもらうところからスタートします」 基礎の基礎は、構え なるほど、自制を効かせて安定した息を意識すると、音も乱暴には飛び出さない。 まろやかな響きが出せる。 そのまま、3拍子の簡単な舞曲を吹いてみるが、息の抑制を意識しすぎるあまり、無我の境地のような感じになってしまった。 ダンス感、ゼロ。 「バロック時代にはメヌエットなど3拍子の踊りの曲がよくありますね。 でも、人間の歩行は2歩ですから、2小節で一つの単位にとらえ、1・2・3、4・5・6までをひとまとまりに感じながら、吹いてみましょう」 先生はダンス・ステップ付きで解説してくれた。 そのイメージで吹いてみたら、今度はちょっと躍動感が出せた。 それにしても、指の形、骨の意識、息の抑制、拍子感と、やることが多い! とってもシンプルな曲なのに!.

次の

アルトリコーダーの運指の簡単な覚え方・問題例|オーラリー

アルト リコーダー 指 使い

リコーダーとは リコーダーは縦笛の総称であり、もともとは木でできた木管楽器でした。 中世ヨーロッパで完成したリコーダーは18世紀半ば~19世紀頃に一時衰退しましたが20世紀に入って再び息を吹き返し、日本にはベルリンオリンピックの頃に伝えられと言われています。 現在広く普及しているのは安くて手入れのしやすいプラスチック製のリコーダーで、日本の多くの小中学校では音楽の時間にこのプラスチック製のリコーダーを使った授業を行っています。 小学校では音の高いソプラノリコーダー、中学校ではソプラノリコーダーよりも大きくて音の低いアルトリコーダーを使うところが多いです。 リコーダーは頭部管、中部管、足部管にパーツを分けることができ、右手小指の穴をふさぎやすくするために足部管を少し右に向けて取り付けるのが組み立て時のポイントです。 Sponsored Link ソプラノリコーダーとは 小学校で習うソプラノリコーダーはジャーマン式(ドイツ式)とバロック式(イギリス式)があります。 どちらを採用するかは時代によっても学校によっても違うので先生に確認してください。 見た目の違いは中部管の4つ目5つ目の穴の大きさ。 そのため、現在の日本の小学校ではジャーマン式が主流となっていますが、高学年になって難しい曲を演奏するようになることを考慮してバロック式を導入している地域も増えてきているようです。 子供達が幅広い曲に挑戦するためにもバロック式に統一してはどうか?なんて個人的な思いはありますが、みなさんはどう考えますか? アルトリコーダーとは 中学生になるとソプラノリコーダーより大きいアルトリコーダーを使います。 (しかし、一部の中学校では小学校で使ったソプラノリコーダーをそのまま使うこともあります。 ) ソプラノリコーダーと比べてアルトリコーダーは音域が広く、高い音も耳が疲れないので人気が高いとのこと。 確かにソプラノリコーダーで高音を出すと耳にキーンと響いてうるさく感じる時もありますよね。 ちなみにアルトリコーダーにはバロック式の製品しかありません。 ということは、小学校でジャーマン式を習っても多くのお子さんは中学生になってアルトリコーダーに変わり、バロック式の指使いを覚え直す必要があるというわけです。 だったらやはり最初からバロック式のリコーダーで教えるべきではないか?と思うのですが…。 こんなリコーダーもあるなんてご存知でしたか? 実は片手が不自由な方のために作られた右手用リコーダーや左手用リコーダーという製品もあるんです。 お値段はちょっとお高めですが、両手でしか演奏できないというイメージのリコーダーの概念が覆されるようなすばらしい製品ですね。 他には中部管が細かくばらけて位置を移動させられる改造リコーダーも売られています。 こちらは両手指のうち6本以上の指を動かすことができればみんなと同じような演奏が可能とのことです。 リコーダー本体ではありませんが音を小さくできるグッズもあるんですよ。 これがあれば近所からの苦情に怯えることなく練習ができそうですよね。 あとがき ジャーマン式とバロック式の違いはけっこう重要でしたね。 わたしのようによくわからないままでいると「ファだけジャーマン式で押さえちゃえ!」なんてお子さんも出そうです。

次の