ベー軍天気図。 【台風情報】最新の台風進路予測!【気象庁、米軍、の予想は】

米軍の台風情報(JTWC)は気象庁発表よりも精度が高い!

ベー軍天気図

スポンサードリンク 2019年の概況 元来お菓子は景気動向の影響をあまり受けない商品として知られている。 単価が安く手頃に購入できる嗜好品であること、創意工夫がしやすく、時節に合わせた新商品を臨機応変に創れること、他商品との組み合わせが比較的容易に行えることなどがその理由。 昨今ではコンビニによる独自ブランドでのデザート系菓子の展開、シニア層のコンビニ・スーパーの多用化に伴うそれら店舗での積極的な和菓子をはじめとした懐かし系のお菓子の導入、さらには健康を意識した素材や製法に通常品よりも配慮したことをうたった健康志向的なお菓子など、多様な業界内の動きも確認できる。 一方、世界全体で見れば景気がよくなるほど甘味の材料とされる砂糖の消費量が多くなる傾向もあり、好景気ほどさらに売上を伸ばせることには違いない。 2019年に限れば、雇用や所得の改善が続く一方で、香港問題や日韓問題、中国経済の低迷感から輸出の勢いに足踏みが見られるようになり、さらに台風などの自然災害や暖冬、さらには消費税率の引き上げがあり、個人消費が大きく足を引っ張られる形となった。 このような悪材料の多い環境の中で、菓子の需要拡大に向けた消費者へのさまざまなアプローチが展開された。 結果として全体では生産数量は前年を下回ったものの、生産金額・小売金額ともに前年をわずかだが上回る結果になった。 今件リリースで取り上げられている、お菓子の品目区分の具体例は次の通り。 ・チョコレート 生産数量は前年比マイナスだが、生産金額はプラス。 ここ数年言及のあった健康効果の浸透によるカカオ比率の高い商品の伸びは今一つだったようで、特段のコメント無し。 チョコレート菓子が健闘。 ・チューインガム 機能価値提供の粒ガムは下げ幅は小さいものの、それ以外のガムは厳しい状態が続く。 機能価値がセールスポイントの商品提供と、コンビニを中心にしたパウチタイプのラインアップが底堅い。 ・せんべい 小麦粉 9月までは順調だったが10月の台風や消費税率の引き上げで消費が落ち込み、生産数量・生産金額は前年を下回る。 小売金額は前年並み。 特に京都、大阪、九州で売上が減少。 ・和生菓子 家庭内消費は堅調なものの、贈答品での売上が軟調なこと、消費税率引き上げで消費停滞ムードが足を引っ張る形となり、前年比では生産数量・小売金額ともに前年比マイナス。 小豆の高騰を受け生産金額は前年並み。 ・洋生菓子 消費税率の引き上げの影響は10月以外は限定的、バレンタインデーやクリスマスのような季節イベントではほぼ平年並みを確保。 しかし労働時間短縮による生産数量の引き下げや不採算部門の整理、そして自然災害や天候不順などの影響で客数減が生じ、微減に。 ・スナック菓子 ポテト系は前年後半の大きな伸びの反動や国産原料の量不足があったものの、新商品の投入を受けて増加。 コーン系もプライベート商品の積極展開で増加。 小麦系や野菜系も生活・消費スタイルに合わせた新商品や新食感の商品を続々投入した結果、増加。 結果として生産数量・生産金額・小売金額ともに前年比でプラス。 2011年の震災をきっかけに生じた乾パンなどの防災・備蓄用菓子への特別需要は2013年で終息を迎え、その影はもはや無い。 消費者の健康志向の強い意志、原材料価格の上昇、誘因要素となるキャラクタの有無、天候などの自然の動向など、さまざまな要因がお菓子の売上を左右していることが分かる。 一方でお菓子そのものの品質や内容、種類とは別に、中小規模の店舗における後継者不足、廃業問題も今後さらに大きな問題となりそうな感はある。 書籍同様販売プラットフォームが減ればそれだけ市場は縮小しうる もっとも業界全体の商域カバーとしてはコンビニがその分をカバーして余りあるのも否定はできない。 またそれとは別に、ガムの中期的な減退傾向が目に留まる。 特に幼児を含む若年層に対するアピール不足が懸念されている。 業界側でも多様な新商品の開発を続け、奇抜さ、目新しさで新たなユーザーの開拓を模索しているが、消費者側のハートをつかむまでには至っていない。 2019年においては前年に続き粒ガムや機能性商品がそれなりに手堅い動きを示しているため、今後はその傾向をヒントとする形で、今まで以上にさまざまな機能を持つ、効用が期待できるガムが登場するものと考えられる。 グラフで分かるお菓子業界 さて肝心の分野別の売上高だが、各区分別ではチョコレートがトップで5630億円。 次いで和生菓子が4650億円。 スナック菓子が続き、合計は3兆4298億円 小売ベース。 前年比389億円増 プラス1. 15%。 またせんべいも下げ止まりを見せ、和風や柔らかい系統のお菓子が勢いを見せている雰囲気を感じられる。 洋系だが柔らかいとの観点では合致する、そして機能系商品で若年層にも受け入れられているチョコレートは急成長。 飴菓子もこの数年でマイナス基調からプラス基調に転じている。 説明によるとグミなどの柔らかいソフトキャンディや清涼菓子が好調とのことで、なるほど感を覚えさせる。 一方でチューインガムの厳しさがひときわ目立つ。 元々小さめだったシェアがさらに縮小している。 記録のある限りで2018年に続き2年連続しての1000億円割れである。 最後は売上高の前年比。 グラフが読み難くならないよう、直近3年分に限定した。 項目別のすう勢がよくわかるグラフに仕上がっている。 冒頭でも触れているが甘味系業界は不景気でもさほど影響を受けず、好景気にはさらなるセールスが見込める、手堅い分野として知られている。 創意工夫を凝らすこと、他業界との連動性を盛り込むことでターゲットを幅広く設定できるのがポイントとなる。 他方、コンビニの日常生活への浸透や高齢化社会の到来による消費層の変化、機能性商品の需要増加、通販需要の拡大、さらに昨今では海外からの観光客の増加など、多様な変化が起きている。 そして商品区分別のすう勢を見るに、全般的には和風、やわらか系、すぐに食べられる系統のお菓子が伸び チョコレート、米菓、生菓子 、食べるのに時間を要するタイプの菓子 油菓子、チューインガム、飴菓子のうち堅い系。 グミは伸びている が敬遠される動きがあるようにも見える。 「スナック感覚」との言葉では無いが、お手軽感がお菓子全体のトレンドの一環として浸透しているのだろうか。 シニア層が積極的に消費を行い、市場に影響を及ぼすようになったこともあり、機能性を重視した、あるいは健康志向の商品への需要がこれまで以上に高まりを見せているのも特徴の一つ。 さらにそれと連動する形ではあるが、少人数世帯化や「チョイ食べ」需要の拡大に伴い、少量パッケージ化や個別包装商品の需要も増加している。 同じ商品で需要に合わせた一工夫を凝らすことで、大きな飛躍を見せた商品も少なくない。 お菓子業界のかじ取りの上で、大きな影響を及ぼすであろう要因が次々と他業界、関連業界で生じている。 2020年は2019年以上に、多様な変化が見られるに違いない。 投資歴10年超。 本業の事務所では事務その他を担当。 ウェブの世界には前世紀末から本格的に参入、ゲーム系を中心とした情報サイトの執筆管理運営に携わり、その方面の経歴は10年を超す。 商業誌の歴史系、軍事系、ゲーム系のライターの長期経歴あり。 ゲームと歴史系 架空戦記 では複数冊本名での出版も。 経歴の関係上、軍事、歴史、ゲーム、ゲーム情報誌、アミューズメント系携帯開発などに強い。 現在ネフローゼ症候群で健康診断も兼ねて通院、食事療養中。 、三級ファイナンシャル・プランニング技能士 ・ 先月度人気記事 [1] [2] [3] [4] [5] 過去の記事 月別.

次の

最新の台風進路予報をアメリカ海軍サイトと気象庁で確認する方法

ベー軍天気図

当ホテルの全シェフを集結し始動した「食の改革」。 潮風のプレミアムビュッフェを皮切りに、オールデイダイニング「サーフサイドカフェ」、 和食処「いじゅ」、鉄板焼「阿檀」、3レストランの食のリニューアルに着手。 続いて白砂のビーチを望む「ビーチカフェオアシス」とBBQレストラン「ビーチサイド」の メニューも刷新し、全レストランで食の改革を始動。 生まれ変わったオクマの料理をご堪能ください。 (左から、洋食 野田シェフ、洋食 島袋シェフ、盛本総料理長、和食 並松料理長、平良副総料理長) 当ホテルの全シェフを集結し始動した「食の改革」。 潮風のプレミアムビュッフェを皮切りに、全レストランで食の改革を始動。 生まれ変わったオクマの料理をご堪能ください。 沖縄本島最北の村・国頭村の西海岸に位置する 「オクマ プライベートビーチ & リゾート」。 那覇空港から車で約1時間40分かけてたどり着く、 ここは、本島屈指のプライベートリゾート。 背には、世界自然遺産登録を目指す 国内最大級の亜熱帯の森、 目の前のオクマビーチは、1キロメートルも続く 宝石のように輝く白砂の天然ビーチが広がり、 東シナ海に沈む雄大なサンセットを一望できる 贅沢なロケーション、 約10万平米の広大な敷地内には、 南国の陽射しを浴びたグリーンの芝に映える ピンク色に塗られたコテージが点在しています。 大自然に抱かれながら、都会の喧騒を忘れ、 ゆったりとした至福のひと時を お過ごしくださいませ。

次の

JTWC(米海軍)最新台風情報進路の見方! | NHK女子倶楽部【N

ベー軍天気図

紋章 地図 (郡の位置) 基本情報 : 郡: : 標高: 海抜 250 m 面積: 76. ヴェーザー山地 (、)が東側に伸びている。 数 km 南には ザウアーラント (、)の東部が位置している。 15 km 南西に郡庁所在地のがある。 アルテンベーケン地区を ベーケ川 (、)が流れている。 地質学 [編集 ] 自然地域区分上、ニーダーザクセン高地オーベレス・ヴェーザーベルクラント(ヴェーザー山地上流側)のアルテンベーケナー石灰岩山地に属すこの町の町域は、パーダーボルン高地の北部に連なり 、エッゲ山地中央部のに位置している。 エッゲ山地は、西部の前山を含め、の、、といったで構成されている。 これらの岩は、この地域が湖に覆われていたに形成された。 これらの岩盤の表土は、やの影響により、アルテンベーケン付近では西向きにわずかに傾いている。 前期、特に ムシェルカルク統 (、)の石灰岩や泥灰岩は、エッゲ山地の急峻な東斜面にあたる、のケンペン地区とのノイエンヘールゼ駅とを結ぶ線上で主に見られる。 三畳紀前期および古生代の岩は、地中深くに存在する頑丈な地盤に位置している。 エッゲ山地の西の前山地域や谷の部分は、の脆い岩で覆われている。 ここには川によって砂や礫が、風によってが運ばれて堆積した。 石灰分が溶解した結果、化により、石灰岩や泥灰岩の陥没やが形成された。 アルテンベーケンの地熱分布図 中生代に形成された白亜紀前期のが生じた砂岩や、ムシェルカルク統前期のカルスト化した石灰岩はの好適な水路となった。 その受容・貯蔵能力は、表皮の深い谷によって減殺されている。 アルテンベーケンの飲料水の大部分は白亜紀前期の砂岩を通ったものである。 ボラーボルン水源は、約半量がムシェルカルク統前期の地層の地下水である。 この他に、アプール水源やザーゲタールの井戸で飲料水の取水が行われている。 中生代の岩の一部は鉱物原料として利用されたが、現在では採石は行われていない。 エッゲ山地の尾根に石や岩屑を多く含む砂状のが広がっている。 これは極めて栄養分が乏しく酸性度がとても高い土壌である。 同様のポドゾル= ブラウンエルデ (、)の土壌構成はボラーボルンの北側に見られ、その南側は森に覆われた氷期の黄土からなるブラウンエルデの土地となっている。 スタグノゾル (、)の土地は、アルテンベーケンの外れ、シュヴァーナイの南付近のわずかな部分に見られる。 この辺りは、牧草地などの緑地として利用されている白亜紀の粘土を多く含んだ泥灰岩からなっている。 アルテンベーケンの町域は、地熱ゾンデによる地熱源やヒートポンプによる地熱採取については、平野部では「良好」、エッゲ山地地域では「極めて良好」な状態にある(右図参照)。 町域の広がりと土地利用 [編集 ] 「グローセ・ラントゲマインデ」(直訳すると「大きな田舎町」)に格付けされるアルテンベーケンの面積は、76. 22 km 2 である。 土地の大部分は農林業用地で、合わせて約 89. 南北軸の最大長は約 19. 9 km、東西軸のそれは約 8. 9 km である。 土地利用別面積 農業用地 森林 住宅地、空き地、 産業用地 交通用地 水域 スポーツ用地 緑地 その他の用途 面積 km 2 25. 78 42. 38 3. 16 4. 25 0. 19 0. 42 0. 04 占有率 33. 自治体の構成 [編集 ] この町の基本条例によれば、アルテンベーケンはアルテンベーケン地区、ブーケ地区、シュヴァーナイ地区の 3地区で構成されている。 3地区はそれぞれ地区長を有している。 以下の表に各地区の面積と人口を記述する。 各地区の人口と面積 地区名 面積 km 2 1 人口 2 アルテンベーケン地区図 アルテンベーケン 25. 93 4,000 ブーケ 16. 73 2,500 シュヴァーナイ 30. 94 2,970 合計 76. 22 9,473 1. 面積は、旧アムト・アルテンベルケン時のものである 2. 人口は、2007年12月31日現在の概数である 気候 [編集 ] アルテンベーケンは、の穏やかな気候圏の、亜大西洋に属している。 冬季はの影響でおおむね穏やかであり、夏季はかなり暑い。 亜大西洋性海岸気候によって、年間を通じて比較的均一に降水のある湿潤な気候である。 この町の町域に関する気象データはなく、隣接する市町村のデータを用いる必要がある。 約 8 km 北に位置し、高度が 110 m 高いフェルトロム測候所における年間降水量の長期平均値は 1,258. 8 mm で、ドイツ全体の平均値 700 mm よりもかなり多い。 約 12 km 東に位置し、アルテンベーケンとほぼ同じ高度のニーハイム測候所における年間降水量の平均値は 908. 4 mm である。 平均気温は、約 9 km 離れたバート・リップシュプリンゲの値であるが、この測定点はアルテンベーケンよりかなり高度が低い。 平均日照時間は、12. 5 km 離れたバート・マインベルクの値である。 9 33. 6 1. 6 34. 9 4. 3 39. 7 7. 9 46. 2 12. 4 54. 3 15. 3 59. 5 16. 8 62. 2 16. 7 62. 1 13. 8 56. 8 10. 1 50. 2 5. 2 41. 4 2. 3 36. 1 8. 94 48. 08 mm inch 86. 9 3. 421 61. 0 2. 402 72. 3 2. 846 64. 3 2. 531 78. 4 3. 087 83. 7 3. 295 77. 4 3. 047 79. 5 3. 13 64. 7 2. 547 58. 1 2. 287 82. 5 3. 248 99. 6 3. 921 908. 4 35. 762 平均月間 30. 1 60. 8 97. 8 138. 7 187. 2 185. 6 183. 6 175. 5 128. 1 98. 5 41. 2 25. 4 1,352. 5 出典: ドイツ気象庁 歴史 [編集 ] 先史時代 [編集 ] アルテンベーケン周辺の最も古い定住の証拠はのものである。 アルテンベーケン郊外の高台にいくつかのがあり、クールボルンの水源地からは4,000 — 5,000年前のものと推定される石製のハンマーが1934年に発見された。 興味深いのは、このハンマー(ロホアクストという固有名で呼ばれる)が北イタリア製だという事実である。 類似のハンマーがのチロル州立博物館フェルディナンデウムに展示されている。 アルテンベーケンへ向かう街道沿いからの少額硬貨が数枚発見されている。 この他、1958年の下水工事の際に、小さなが発見された。 文献記録 [編集 ] Beken という名称は、早くもに文献に登場する。 マインヴェルク司教がのブスドルフ修道院にヘング、ブロックフーゼン、エリネーレ、アセルンの分農場を含む Bekena 荘園の区を寄進した。 主農場には、アムト・ベーケンの管理官が置かれた。 その後、この荘園から Beken村が発展した。 初めに、のハルデハウゼン修道院のとアルテンベーケンおよびシュランゲンの住民達との間で紛争が起こり、両村はされた。 両村の住民がドルハイムのハルデハウゼン修道院の荘園において放牧地や森林の木の実を共同利用することで合意したため、にパーダーボルン司教ベルンハルト3世がこの破門を撤回した。 この文書に Aldebekene から 7人の立会人が記名されている。 これがアルテンベーケンの最も古い記載である。 中世後期 [編集 ] アルテンベーケンでは、からエッゲ山地から産出する鉱石の溶鉱や木炭の製造が始まった。 から内に パーダーボルン大司教領 (、)が形成された。 アルテンベーケンは、までハルデハウゼン修道院領に属していた。 1400年頃に、、戦争に苦しめられた。 この頃には、パンはほんとんど買えず、それどころか不良な果実とか森や野原の草を食べていた。 樹皮を調理し、家畜の餌を食べた。 の初頭にがパーダーボルン司教の所領を奪取しようとしたため、パーダーボルン地方でが起こった。 この危険な時代に住民達は小さな集落を離れて都市や大きな村に移り住んだ。 このため、アルテンベーケンとノイエンベーケンの間にあった Katherbike 集落は廃村となった。 フェーデにもかかわらず、アルテンベーケンには農民、手工業者、鉱山労働者、鋳造工が集まってきた。 この村はにハルデハウゼン修道院から分離され、教会の村ノイエンベーケンが分割された。 その直後に鉄鉱石の溶鉱炉が設けられた。 農場はブスドルフ修道院に対して十分の一税の納税義務を負っていたが、農民はパーダーボルン司教領主に隷属した。 継続的な農業が司教区に高い税収をもたらすため、司教領主は農民の健康に配慮した。 近世 [編集 ] 1672年の Monumenta Paderbornensia に描かれたアルテンベーケン 末にパーダーボルン地方はの匪賊に襲われた。 彼らは住居を蹂躙し、住民を拉致した。 このため、にパーダーボルン地方に数多くの射撃協会が設立された。 にオランダ人がこの地方を再び襲ったが、司教が 3000 帝国ターラー (、)を支払うことで手を引いた。 その2年後アルテンベーケンの射撃隊が防衛に参加していたをオランダ人が襲撃した。 このころ地域協力協定が結ばれた。 に鉄鉱石の採掘が再興され、に新しい製鉄所が建設された。 にはアルテンベーケンの麓に新しい鍛造工場が設けられた。 ( — )の時代、特に農民たちは苦境に立たされた。 耕作されなくなった農場の地主はその土地を子供たちに分配し、これにより多くの小規模な農家が生じた。 によって戦争が終結した後、アルテンベーケンの農民たちは毎年1シェッフェルのをノイエンベーケンの教区教会に納めることとなった。 だが、それ以前の時代に農地が分割されており、生産効率が悪化していた。 このため司教はとに土地の分割に関する新たな法令を発し、農地の一体性を保持した。 にも新たな法を制定している。 の終わりにアルテンベーケンのための最初の教区学校が設けられたが、授業が行われるようになったのはからであった。 学校施設や教員の俸給は教区組織が賄った。 パーダーボルン司教領の終焉 [編集 ] 2月18日と1月19日にアルテンベーケンで地震があった。 同年8月にはの影響がこの村に及び、住民を苦悩と貧困に追いやった。 飢餓のために大勢が死亡し、家屋が破壊された。 5月、突風が吹き荒れて多くの建物に被害が出た。 6月には泉も涸れるほどのが起きた。 この干魃は翌1月まで続いた。 同じ時期に再び地震があり、建物がひび割れた。 に司教領内で最初のが提供された。 この頃多くの家は藁葺き屋根であった。 石の屋根の家は1年間保険に加入できなかった。 にに基づき領となったことで、司教領主による土地所有は終焉した。 プロイセンは新たな行政組織を命じ、領域は「郡」に分割された。 アルテンベーケンは、(現在と同様に)パーダーボルン郡に属した。 12月23日の法令により農民たちは十分の一税を現金で納めなければならなくなった。 この頃多くの農場は戦禍により借金を抱えていた。 労働者は、鉱山や製鉄所で賃金を得ていた。 農地の強制競売がアルテンベーケンでも行われた。 その後も凶作によってこの村にさらなる困窮と飢餓がもたらされ、誰も村長をやりたがらない状態となった。 アルテンベーケンはから最終的にプロイセン王国領となった。 時代、この村はヘクスター県のカントン・ドリーブルクの一部であった。 この頃のアルテンベーケンの人口は 650人であった。 以降はの一部となった。 19世紀の鉄道建設 [編集 ] 7月8日から、約 1,600人の労働者を使ってアルテンベーケンからへの鉄道建設が始まった。 これにより地元の飲食店や商人の売り上げは目に見えて増加した。 までに人口は 956人から 1,090人に増加した。 7月21日にこの路線が完成すると、渡りの労働者たちはこの町を離れ、商店の売り上げは再び減少した。 町の住民がますます貧困になり、物乞いとなる状況に対して、に貧困対策会が結成された。 からまでレーベルクトンネルの建設が行われ、への鉄道路線と結ばれた。 にアルテンベーケンの駅が完成し、人口は1,300人となった。 にへの路線が開通し、にはリッペ地方()に至るヘルフォルト=ヒンミヒハウゼン線も加わった。 アルテンベーケンは重要な鉄道路線乗換駅となった。 この町には鉄道職員やその他の職業の人々が定住するようになった。 12月20日、アルテンベーケンでの鉄道事故で12人が死亡した。 1909年のレーベルクトンネル 近代 [編集 ] では、この町の 307人の男性が軍役に就いた。 これには 48人の鉄道職員も含まれていた。 鉄道施設およびの監視のために、220人の兵士がアルテンベーケンに駐在した。 町の工場や学校は閉鎖された。 81人の兵士がを受勲したが、54人は故郷に戻れなかった。 のインフレーションにより、製鉄所も経営危機に陥り、100人の労働者を解雇しなければならなくなった。 鉄道関係でも208人が職を失った。 1924年の火災では、4件の家屋が焼失した。 製鉄所は、最終的に1926年に操業を停止した。 このため失業率は大きく増加した。 国家社会主義の時代 [編集 ] 1月30日にが首相に指名された後、同年2月15日に支部グループが発足したが、わずかな住民が登録しただけであった。 その後、多くの住民がNSDAPの組織に参加し、学生たちはに加盟した。 9月1日の後、鉄道施設と関連建造物監視のために 80人の兵士が駐在した。 に備えて6基のが配備された。 8月、捕らえられたが射撃ホールに収容され、製剤所や鉄道整備工場で強制労働に就かされた。 7月15日のの空爆で、高架橋に隣接する高射砲台が破壊された。 全部で5回発令された全警報の最初は、9月13日のものであった。 翌月15日、兵器を搭載した9機のと40発の軽パラシュート爆弾によってアルテンベーケン駅が初めて攻撃を受けた。 しかし、爆薬を搭載した車両2両が炎上し、数軒の家屋が軽い損傷を受けただけであった。 1944年11月26日の教会でのの時間に最大の攻撃が行われた。 最高レベルの警報の後、高架橋の線路を目標に400発の爆弾が投下され、5発が建物を直撃した。 火災により12軒の家屋と聖十字架礼拝堂が甚大な被害を受け、27軒の家屋が全壊した。 3日後に高架橋に対する2度目の攻撃が行われ、22人が死亡した。 死亡者のうち15人は高架橋の修復に従事する作業者であった。 修復工事はこの2回目の攻撃後も新たに進められた。 鉄道に対する3度目の攻撃は2月9日で、約200発の爆弾が投下されたが、この攻撃は失敗に終わった。 1945年2月22日14時頃高架橋は4度目の攻撃を受けた。 最後の攻撃は1945年3月30日であったが、わずか2発の爆弾が投下されただけであった。 1945年4月3日、はすでにノイエンベーケンとホルンの一部を占領していた。 4月4日13時頃、と国土防衛隊がアメリカ軍に対してわずかな抵抗を示した。 この戦闘の後アメリカ軍はアルテンベーケンを占領した。 4月5日にはさらにとを経てまで侵攻した。 5月10日、駅はに引き渡され、再建が始まった。 1年後には仮営業が再開された。 戦後 [編集 ] 1945年からまでアルテンベーケンは イギリス管理地域 (、)の一部であった。 からの下部に置かれ、からの一部となった。 1946年9月15日、ヨーゼフ・ドリラーがフランツ・フォルクハウゼンの後任として町長に選出された。 アルテンベーケンの行政機関は、長い議論の末、1947年初めにこの集落に移された。 町村合併 [編集 ] 1921年5月にバート・リップシュプリンゲは都市を宣言し、アムト・リップシュプリンゲは廃止された。 他の自治体アルテンベーケン、ノイエンベーケン、ベンハウゼン、マリエンロー、ブーケ、シュヴァーナイは新たにアムト・アルテンベーケンとして統合された。 行政機関は初めバート・リップシュプリンゲに留められていたが、1947年にアルテンベーケンに移転した。 旧アルテンベーケン町は1975年1月1日にブーケおよびシュヴァーナイと合併して新たな自治体アルテンベーケンとなり、廃止されたアムトの権利継承者となった。 旧アムトのベンハウゼンとノイエンベーケンはパーダーボルン市に合併した。 マリエンローは、これ以前の1969年にすでにパーダーボルン市に併合されていた。 住民 [編集 ] 宗教 [編集 ] かつてパーダーボルン司教区に属していたため、アルテンベーケンの住民は伝統的に信者が多数派である。 1448年までこの町のカトリック組織はハルデハウゼン修道院に属しており、その後ノイエンベーケン教区に編入された。 司教ヘルマン・ヴェルナーは1692年4月23日の文書でノイエンベーケンの礼拝堂を分離し、教区集落ブーケに編入した。 この礼拝堂は18世紀に助任司祭座に昇格された。 助任司祭館は1764年に建設されたが、助任司祭は1774年に着任した。 独立した教区を設けようという試みは、3回失敗し、1894年の4回目で成就した。 アルテンベーケンは、新しい教区設立のためにブーケの教区に 3,000マルクを弁済し、さらに毎年 25マルクの聖具費を支払っていた。 1905年に聖十字架教会が建造された。 地元住民が「アルテ・キルヒェ(旧教会)」と呼ぶ場所に、数年前に墓地ホールが増築された。 墓地に礼拝堂が建設された後、このホールは聖具室に改築された。 現在は、パーダーボルン大司教区パーダーボルン首席司祭区のエッゲ司牧会に属す3つの教会が組織されている。 アルテンベーケンの聖十字架教会、ブーケの聖ディオニシウス教会、シュヴァーナイの洗礼者聖ヨハネ教会がそれである。 1934年3月23日の焼け落ちた福音主義教会 1888年、アルテンベーケンには 1,285人のカトリック信者、104人の教会信者、11人のがいた。 1900年12月に福音主義教会が建設され、1901年11月14日に献堂された。 この教会は、1934年3月22日に外壁まで焼け落ちた。 この年の11月11日には早くも再建が始まり、1935年7月14日に献堂された。 第二次世界大戦後の人口流入によって福音主義信者の比率が増加し、1946年5月に Hilfsprediger 職が設けられた。 現在アルテンベーケン、ブーケ、シュヴァーナイの福音主義教会はバート・ドリーブルクの教会に属している。 現在の宗教分布を知る手がかりの一つが、ブラーケルの学生に対する所属宗教団体の調査である。 ブーケの聖ディオニシウス教会 人口推移 [編集 ] 鉄道産業が興る以前のアルテンベーケン村の発展はゆっくりとしたものであった。 1448年の人口は約300人、(1756年 - 1763年)の時代に約600人という具合であった。 1851年の鉄道建設とこれに伴う好景気により人口は顕著に増加した。 以下の表の数値は、1836年以前は記録に遺る自己申告値、1836年から1970年および1987年は人口調査結果 、1975年以後はノルトライン=ヴェストファーレン州情報技術局統計部門の公式な推計値 に基づいている。 1975年から1985年までの数字は推定値、1990年以降は1987年の人口調査結果に基づく研究値である。 首長 [編集 ] 1999年からハンス・ユルゲン・ヴェッセルス がアルテンベーケンの第一町長を務めている。 彼は が多数を占める町議会と対抗しながら公務を執行している。 2014年の町長選挙では、第1回投票で 52. 一方、町議会も CDU が多数派を保持した。 第二次世界大戦以後の歴代町長を以下に列記する。 1945年 - 1946年 アントン・ゲールハウゼン• 1946年 - 1948年 ヨーゼフ・ドリラー• 1948年 - 1956年 アントン・フライターク• 1956年 - 1975年 ハインリヒ・メンネ• 1975年 - 1979年 アントン・フィンケ• 1979年 - 1993年 ヴィリ・エルンスト• 1993年 - 1995年 ヴェルナー・ニッゲマイヤー• 1995年 - 1999年 ダグマール・クライネマイアー• 1999年 - ハンス・ユルゲン・ヴェッセルス 紋章と旗 [編集 ] アルテンベーケンは、デトモルト行政管区長官からの文書によって1976年12月3日に紋章の使用権を授与された。 図柄: 青地に、4本の橋脚を持つ金の高架橋 紋章に描かれているアルテンベーケンの高架橋は、この街の象徴的建造物である。 この高架橋は、の治世に 2年の工期と 529,000ターラーの工費を費やして開通した。 この橋は当時「ぞっとするほど深い4つの谷を跨ぐ、黄金の橋が現れたようだ」と称賛された。 現在この橋は、近代的なイルミネーションによって、夜になると黄金の光を放っている。 1976年12月3日のデトモルト行政管区長官の文書は、幟として旗を使用することも許可している。 旗の図柄: 長辺に沿って青地と黄色地に二分割。 幟の上部は黄色地で、町の紋章が描かれている。 エッゲ博物館 演劇・ステージ [編集 ] 文化ビューロ OWL は、 西部ドイツ放送 (、) WDR と一部協力して、数多くの著名な芸術家をアルテンベーケンに招聘している。 会場はエッゲ博物館が使われている。 この会場では WDR カバレットフェスト 2007 も開催された。 博物館 [編集 ] アルテンベーケンの古い木組み建築に、1976年にエッゲ博物館が開館した。 ここでは主にアルテンベーケンでの鉄の採鉱と精錬が重要であった時代の文物が展示されている。 音楽 [編集 ] アルテンベーケンの3つの地区にはそれぞれ多くの音楽クラブが存在する。 特に音楽隊の活動は、青少年活動と強く結びついており、地元の祭やイベントの判型となっている。 1908年創設のガルデ=グレナディーレ 、1919年創設のアルテンベーケン・バーンオーケストラ 、1949年に設立された第8フザーレン・ブーケ・トランペット隊 、1901年に太鼓と吹奏楽の音楽隊として結成されたブンデスシュッツェン=ガルデ音楽隊シュヴァーナイ 、2003年に公式に結成されたケーニギン・キュラシーレ・アルテンベーケン がある。 建造物 [編集 ] アルテンベーケン高架橋 観光面では、1853年に完成し、保護文化財に指定されているアルテンベーケン高架橋が有名である。 町の紋章にもその姿が描かれている。 印象的なこの橋は、長さ 482 m、高さ 35 m、24のアーチに支えられてベーケ川の谷を渡る。 この橋は、ヨーロッパ最大の製橋梁である。 1944年11月と1945年2月に爆撃によって破壊された。 運行が再開されたのは1950年10月のことであった。 ノイエンベーケン方面にあたる西約 3 km に小高架橋がある。 アルテンベーケンからランゲラントへ向かう長さ1632 m のレーベルクトンネルもこの町の鉄道関連建造物の一つである。 このトンネルは、1864年10月1日に公式運行を開始した。 聖十字架礼拝堂は1669年建造の式ホール建築で、元々は天井にが設けられていた。 第二次世界大戦でヴォールトは破壊され、剥き出しの平天井が採用された。 内部には、18世紀の十字架群像や聖母子像が祀られている。 アルテンベーケンには、ベーケ川を動力とする古い搾油水車も存在している。 記念機関車 貨物 044 389-5 はこの町に記念物として展示されている。 1976年までアルテンベーケン近郊の路線で重い貨物列車を牽引していた機関車で、この町が発展した蒸気機関車時代を象徴するものである。 展示されたのは1977年で、それに先立ちかつての機関車工場で関係者(機関士、整備士)によって修復がなされた。 沿革: 1976年に「ドリーブルガー・グルント」のレジャーパークが完成した際、当時の町長アントン・フィンケはここに子供たちが楽しめるよう機関車を設置することを提案した。 企業家アントン・ドリラーは本物の機関車を購入し、展示するのに必要な金額を1万 DM と試算した。 町議会議員としてこの会談の場に居合わせた当時のドイツ機関士組合 GDL 書記のルドルフ・コッホは、組合代表のフランツ・ヴォルフにこの旨を話し、の中央局に費用の見積りを要請する書簡を送った。 これらは矢継ぎ早に行われた。 当時の町の事務長ハインリヒ・ミッデーケや鉄道会社の経営陣もこの企画に対する協力を表明した。 購入、修理、補修、運搬に要した総額は約 40,000 DM であった。 この費用はすべて寄付で賄われた。 地元の国民銀行は購入費用の 16,800 DM を寄贈した。 展示場所は博物館近くの、かつてヘーション鍛冶工場があった広場が選ばれた。 軌道施設は技術長ロナルト・ランゲとその同僚たちによって移設された。 1977年10月14日、この機関車は最後の旅に出た。 普段はボイラーを炊いてその上を通っていた高架橋のアーチの下をパーダーボルンからの重貨物車に乗せられ通過した。 その後、この機関車は「主力機関車」としてルドルフ・コッホの指導下で整備・保護されている。 公園 [編集 ] アルテンベーケンには公式に登録されている公園はない。 自然保護区と自然文化財 [編集 ] アルテンベーケンには、2つの自然保護区の一部がかかっている。 総面積約 1,871 の「エッゲ=ノルト」(エッゲ北部)地区と、広さ 1. 9 ha の「アルテンベーケン西部の大高架橋沿いの坑道」である。 スポーツ [編集 ] アルテンベーケンには、幅広いスポーツ分野をカバーする一般スポーツクラブが 4つある。 さらに 3つの射撃協会、2つのバレーボールクラブ、2つの女子水泳クラブ、ドイツ人命救助協会支部、テニスクラブ、ランニングクラブが各1つある。 スポーツクラブの多くは、アルテンベーケン・スポーツ連盟を形成している。 年中行事 [編集 ] アルテンベーケンには2003年から2年ごとに鉄道・文化祭「ヴィーヴァト・ヴィアドゥクト」が開催されている。 この他に、聖ゼバスティアン射撃兄弟団アルテンベーケンが主催する射撃祭が毎年行われている。 聖ニコラウスの日には、1948年からバーン・ゾツィアルヴェルクが開催されている。 ニコラウスパレードでは、聖ニコラウスは伝統的に(蒸気)機関車で駅にやって来て、その後マルクト広場に着くとそこで子供たちにプレゼントを分け与える。 ラジオ放送 WDR 5 は、不定期な間隔でキャバレーおよび娯楽番組「Lob der Provinz」を週末にアルテンベーケンから放送している。 名物料理・食材 [編集 ] パーダーボルン地域では主にとわずかにが栽培されている。 これらからパーダーボルナー・ブロット(パン)が作られる。 ライ麦と小麦を3:1で混ぜ、を加えて木製の発酵桶に入れる。 一晩熟成させた後、翌日にこれを焼く。 経済と社会資本 [編集 ] 交通 [編集 ] アルテンベーケン駅 道路 [編集 ] 東西を結ぶ最も重要な交通路が連邦道 B64号線である。 この道路はブーケ地区を通っており、アルテンベーケンを地域および地域と結びつけている。 この他、州道 L828号線が通っており、北はに至り、南はに通じる A44号線に接続する。 州道 L755号線はパーダーボルンおよびヘクスター方面に至るもう一つのルートである。 アウトバーン A44号線およびA33号線とは約 15 km 離れている。 鉄道およびバス路線 [編集 ] アルテンベーケン駅は、広域旅客路線 — — — — — 線とデュッセルドルフ — ハム — カッセル — 線との乗換駅である。 近郊鉄道には以下の路線がある。 路線番号 路線名 行程 運営 72 オストヴェストファーレン鉄道 - - - アルテンベーケン - ヴェストファーレン鉄道 82 「ライネヴェーバー」 - ラーゲ - デトモルト - アルテンベーケン オイロバーン RB 84 エッゲ鉄道 パーダーボルン - アルテンベーケン - - - ノルトヴェストバーン RB 89 エムス=ベルデ鉄道 - ハム - パーダーボルン - アルテンベーケン - ヴァールブルク オイロバーン ハノーファーSバーン 5号線 Sバーン 5号線 パーダーボルン - アルテンベーケン - - - - - - ヴェーツェン - - ランゲンハーゲン - アルテンベーケン付近の鉄道路線図 アルテンベーケン地区およびブーケ地区と上級中心都市パーダーボルンとは、バス路線 R31( - アルテンベーケン - パーダーボルン)で結ばれている。 このバス路線は、平日は1時間間隔で運行している。 シュヴァーナイ地区はバス路線 201(パーダーボルン - シュヴァーナイ - )を利用する。 アルテンベーケンはパーダーンボルン=ヘクスター近郊交通連盟 NPH の管轄区域に位置している。 メディア [編集 ] アルテンベーケンのニュースは 2つの地方紙ヴェストファーレン=ブラットおよびノイエ・ヴェストフェリッシェンで知ることができる。 パーダーボルン大司教本部は、年4回、パーダーボルン郡およびヘクスター郡向けに郷土史、文学、芸術などの記事を掲載した季刊紙「ディー・ヴァルテ」を刊行している。 さらに、アルテンベーケン、ブーケ、シュヴァーナイ向けに行政からのお知らせ、地域の情報やクラブのお知らせを掲載したエッゲ=ルントブリックが毎月発行されている。 アルテンベーケンは、ローカル放送局ラジオ・ホーホシュティフトのサービス提供エリアに含まれている。 公共のラジオ・テレビ放送は、 西部ドイツ放送 (、) WDR のビーレフェルト・スタジオがあり、パーダーボルン地域事務所がアルテンベーケンを管轄している。 公共機関 [編集 ] アルテンベーケンには、ケーゲル場、射撃場を有し、300席のスポーツイベント会場にもなる多目的ホール「エッゲハレ」がある。 このホールは、地元クラブの活動拠点となっており、また、スポーツイベント、コンサート、世俗祭に利用される。 この他、アルテンベーケンには町営の屋内プールがあり、「ドリーブルガー・グルント」には子供広場や石製のグリル場がある余暇施設がある。 アルテンベーケンの消防団は、アルテンベーケン、ブーケ、シュヴァーナイの3つの消防隊で形成されている。 エッゲ司牧連合に属すカトリックの教区組織は、3つの地区それぞれに教区図書館を運営している。 アルテンベーケン学校センター 教育 [編集 ] この町には全日制の基礎課程学校が1校、本課程学校が1校ある。 これより上級の学校は、隣接するバート・ドリーブルクには聖クサヴァー・が、ノイエンヘールゼには聖カスパー・ギムナジウムがある。 2014年のこの町の学校には、25人の教員と合わせて 369人の児童・生徒がいた。 アルテンベーケン市民大学はパーダーボルン市民大学の分校であり、成人教育を行っている。 早期教育については、アルテンベーケンとシュヴァーナイにカトリック教会が運営する幼稚園が4園ある。 また、ブーケには町が運営する定員 75人の託児所がある。 地元企業 [編集 ] アルテンベーケンには中小企業があるが、経済構造は成熟していない。 大企業は存在しない。 その原因は、旧ドイツ連邦鉄道およびドイツ連邦郵便の大量退職者(早期退職者を含む)である。 この町に住む社会保険支払い義務のある労働者の大部分は他の市町村に通勤している。 人物 [編集 ] ゆかりの人物 [編集 ]• フランツ・クルッケンベルク (、)(1882年 - 1965年)鉄道技師。 1930年にアルテンベーケン - クライエンゼンカンでの初試験走行を行った。 参考文献 [編集 ]• Heinrich Neuheuser, Gemeindeverwaltung Altenbeken Hrsg. : Geschichte der Gemeinde Altenbeken. Bonifacius-Druckerei, 1960. Heinrich Neuheuser: Geschichte der Gemeinde Altenbeken 1211—1989, Teil I. Bonifacius-Druckerei, Paderborn. Ursula Wichert-Pollmann, Rudolf Koch: Altenbeken mit den Ortsteilen Buke und Schwaney in alten Ansichten. Hrsg. - 250 Jahre St. Media-Print Informationstechnologie GmbH, Paderborn 2000. Hans-Josef Jockel: Die Eisenbahn im Eggegebirge, Knotenbahnhof Altenbeken. Offsetdruck Bergmann, Bad Driburg 1982. Rolf Ertmer, Michael Meinhold: MIBA REPORT 15; Damals in Altenbeken. Rudolf Koch: Altenbekener Chronik in Stichworten 1211—2011. Borgentreich 2011 Druck: Gicom Druckservice. Rudolf Koch: Altenbeken im Bombenhagel. Borgentreich 2010 Druck: Gicom Druckservice. Borgentreich 2012 Druck: Gicom Druckservice. Bernard Huguenin, Karl Fischer: Altenbeken — Klassiker der Eisenbahn. Huxaria, Modellbahn BW Ottbergen, 2013, ISBN 978-3-934802-43-8. Rudolf Koch: Der Rehbergtunnel wird 150 Jahre alt. Kommentar-Druck: Gicom Druckservice, Borgentreich 2014. これらの文献は、翻訳元であるドイツ語版の参考文献として挙げられていたものであり、日本語版作成に際し直接参照してはおりません。 引用 [編集 ]• Das Altenbekener Kalkbergland hat hierbei die Nr. 363. 362 und das Sintfeld die Nr. 362. (2015年12月12日 閲覧)• 2015年12月12日閲覧。 (2015年12月19日 閲覧)• Statistisches Bundesamt Hrsg. Namens-, Grenz- u. Reg. -Bez. vom 27. 1970 bis 31. 1982. 327. 188• 370—371. Mai 1970. 110. (2015年12月20日 閲覧)• (2015年12月20日 閲覧)• (2015年12月20日 閲覧)• (2015年12月23日 閲覧)• (2015年12月23日 閲覧)• (2015年12月23日 閲覧)• (2015年12月23日 閲覧)• (2015年12月23日 閲覧)• (2015年12月23日 閲覧)•

次の