あら まさ 酒造 社長。 新政(あらまさ)新政酒造の通販は酒泉洞堀一オンラインショップです

【日本酒】新政 | 正規特約店「酒舗 清水屋」

あら まさ 酒造 社長

Contents• 新政酒造株式会社 新政酒造株式会社は、嘉永5(1852)年の創業で、この頃は日本の政治体制が大きく動いた幕末から明治維新の時期でした。 銘柄「新政」は、明治維新政府が施政の大綱とした「新政厚徳」から採用しており、「厚き徳をもって新しい政(まつりごと)をなす」という意味があります。 5代目佐藤卯兵衛は、当時醸造を学ぶ最高峰であった大阪高等工業学校で学んだ後、醸造指揮者として家業に従事しながら、酒質向上のための研究にも力をいれていました。 きょうかい6号酵母の発見を通じて、寒冷地による酒造りと吟醸製法を確立した5代目佐藤卯兵衛は、天才醸造家として名を馳せました。 きょうかい酵母は現在19号まで存在していますが、1~5号と12号は亡失しており、現役酵母であるきょうかい6号酵母は、現存する最古の市販清酒酵母です。 きょうかい6号酵母は、天然由来の優良野生酵母であるため、特に生酛系酒母向きと言われています。 酒造りへのこだわり 酒造りのこだわりは多数あります。 まず、地域性を尊ぶためすべて秋田県産の酒米を使用しており、酵母はきょうかい6号のみを採用し、酒母には天然の乳酸菌を活用する生酛造りのみで行っています。 また、一般的に精米歩合によって名称が分けられる日本酒ですが、精米歩合のみが酒の価値を決めるものではないというポリシーから、新政酒造株式会社ではいかなる精米歩合であろうと全て「純米酒」の表記をしています。 さらに、安全醸造のために使われる添加物については、本来ラベル記載義務はありませんが、醸造における純粋性を尊ぶため、あらゆる醸造用添加物は使用していません。 現在は8代目代表・佐藤祐輔氏を中心に若いスタッフが集結、仕込みに杉製の木桶を使うなど伝統的製法を重視しつつ、挑戦的な酒造りを進めています。 現在所蔵している杉の木桶は、昔ながらの吉野杉で作られており、将来的にはすべての酒を木桶で仕込むことも考えています。 新政酒造株式会社 秋田県秋田市大町6-2-35 おすすめの日本酒 「やまユ 酒こまち」は、樹齢130年以上の杉の木の新桶で醸されたこだわりの一本です。 フレッシュさとコク、奥深い味わいを兼ね備え、新桶の新緑のような香味が感じられます。 旨みは柑橘系果実のごとく、甘酸のバランスが非常に良いです。 また、お米の味わいを受け止めるかのような深い木のニュアンスが、隠し味のように存在しており、日にちが経つにつれ木香らしい独特の旨みも感じてくるでしょう。 それはブルゴーニュの高級白ワインにも匹敵するような、日本酒の新しい高級感を感じさせてくれますよ。 9~2. 0 アルコール度数: 15. 2~15. 常温になるとガスが弱くなり、味わいはしっかりしているのに喉越しはよくなり、驚くほど飲みやすくなります。 白身魚の刺身など、酒の味を邪魔しない淡白で新鮮な食材と一緒に楽しむと、よりお酒が進みます。 その他おすすめの酒.

次の

会社概要|正春酒造

あら まさ 酒造 社長

新政の沿革やポリシー 1852年(嘉永五年)初代佐藤卯兵衛氏が創業。 新政(あらまさ)の由来は西郷隆盛が唱えた「新政厚徳(しんせいこうとく)厚い徳をもって、新たな政を行うべし」からで、東洋の徳政の理想とされる。 昭和5年、小穴富司雄氏が新政のもろみから酵母を分離し培養することに成功。 昭和10年から、きょうかい6号酵母として全国に頒布されることとなる。 協会1~5号酵母は変性のため配布を中止していることから、現在頒布されている協会酵母の中で最も歴史の古い酵母となった。 現在は全て「純米造り」となっており、秋田県産米にこだわっている。 自然な醸造(生酛系酒母、山廃酒母)にて醸すこととし、醸造用乳酸やミネラル、酵素などの副原料は使用せず、濾過も極力減らし、ブレンドせずに個別に瓶詰めしている。 シールだったラベルが一度刻印に変わったが、今回はまたステッカーとなっています。 6 The Oldest Sake Yeast Found in 1930 と6にかぶせて書いてあり、その下にX-type、そして銘柄の新政。 非常にお洒落です。 裏ラベルには… 当蔵の作品は、素材の魅力を最大限に引き出すため、すべて「純米造り」としております。 また自然な醸造を心がけ「生酛系酒母」 山廃酒母含む にて醸しております。 このため醸造用乳酸やミネラル・酵素などの副原料は使用いたしません。 濾過も極力減らし、ブレンドせずに個別に瓶詰めしております。 このため同一の銘柄でありながら、ロットによって個性があり、味わいの違いがございます。 なお、ロット番号は識別情報の末尾に数字で記してありますので、参考にしていただけましたら幸いです。 とあります。 さて、その個性はいかに…。 上立ち香は穏やかながら程よく白桃を思わせるように香ります。 含むと小気味良い酸が甘味と一緒に踊りだし、実に面白い(福山雅治風に…)。 15度というアルコール度数ながら、綺麗なだけではない酸が楽しい。 面白いからガチャガチャしているのかと言うとそうではなく、純米大吟醸らしく上品さも出している。 造りはクラシカルといって良さそうだが、現代アートを思わせる、時代に合って洒落ている様はまさにポップ。 … 感想の続き、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ 製造年月:2015. 07 新政(あらまさ)No. 首からかかる説明には、タイトルの「No. 6 S-type」そして「Essence エッセンス」、エッセンスとは、圧力をかけずに採取した貴重なお酒です。 とあります。 銀の包装をとると、中はおなじみのNo. ラベルはなく裏まですべてプリントされています。 6 The Oldest Sake Yeast Found in 1930 と6にかぶせて書いてあり、その下にS-type、そして銘柄の新政。 お洒落です。 裏には… 当蔵は素材の魅力を最大限に表現するため、生酛造り、純米造りに徹しております。 使用しても表示義務がない以下の添加物……酸味料(醸造用乳酸など)・無機塩類(硝酸カリウムなど)・酵素剤(アミラーゼなど)を用いることはありません。 とあります。 さて、その個性はいかに…。 上立ち香は、穏やかながら心地よく ライチのように香ります。 含むと、…、…、うわっ、 ぶどうジュース!。 新政らしい酸味と甘味は小さめから入り、徐々に膨らんでいく。 ぶどうの メリハリ甘味を堪能した後は、やや 酸味優勢で引き上げていきます。 もう一度注意深く含む、こ、これは!、 確率密度関数のグラフだ!。 一定のところまで上がったと思いきや、すっと ゼロに収束していく。 旨いっす。 感想の続き、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ 製造年月:2018. 03 新政(あらまさ)No. 6 The Oldest Sake Yeast Found in 1930 と6にかぶせて書いてあり、その下にS-type、そして銘柄の新政。 お洒落です。 裏には… 当蔵は素材の魅力を最大限に表現するため、生酛造り、純米造りに徹しております。 使用しても表示義務がない以下の添加物……酸味料(醸造用乳酸など)・無機塩類(硝酸カリウムなど)・酵素剤(アミラーゼなど)を用いることはありません。 とあります。 さて、その個性はいかに…。 上立ち香は…感想は後日。 感想の続き、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ 製造年月:2018. 03 新政(あらまさ)No. 上部に醸造元の「新政酒造株式会社謹製」。 そして下部には使用米の「美郷錦」。 肩張りで「2016」のビンテージ。 非常にシンプルです。 絵具の中に入っているヴィリジアン、実は混ぜて作るのが難しい色ということで、あの緑色を差し置いてセレクトされているそうです。 混ぜて作るのが難しい…、新政さんのコンセプトにはぴったりですね。 裏ラベルには… 当蔵の作品はすべて素材の魅力を最大に表現するため「純米造り・生酛造り」に徹しております。 醸造における純粋性を尊び、ラベル記載義務を免れている原材料「醸造用酸類・ミネラル剤・酵素剤」なども一切使用いたしません。 とあります。 相変わらず造りに対する姿勢にロマンを感じさせられます。 開栓は二日前です。 いつもの一合蛇の目猪口に八分目ほど注ぎます。 ほとんど色はなく、まずまず澄んでいます。 上立ち香は、穏やかながら心地よくライチのように香ります。 なんとなくハードリカーを思わせるような雰囲気も混ざる。 含むと、何という世界観。 久しぶりに飲むことができた新政ですが、あの独特の世界観に磨きがかかってます。 木桶仕込みや生酛造りなど、昔ながらの造りではあっても、明らかにあらたな領域。 ほんのり甘味をくわっと迫りくる酸味が覆いつくす。 ところがこの酸、喉の奥を締め付けることはせずに、あっさり、すっきりと引き上げていきます。 もう一度注意深く含む、… 感想の続き、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ 製造年月:2017. 上部に醸造元の「新政酒造株式会社謹製」。 そして下部には使用米の「美山錦」。 肩張りで「2017」のビンテージ。 非常にシンプルです。 ラピスラズリの和名である瑠璃(るり)は、サンスクリット語のヴァイドゥーリャないしパーリ語のヴェルーリヤの音訳だそうで、深い青色から藍色の宝石。 黄鉄鉱の粒を含んで夜空の様な輝きを持つ。 裏ラベルには… 当蔵は素材の魅力を最大現に表現するため、生酛造り・純米造りに徹しております。 使用しても表示義務がない以下の添加物……酸味料(醸造用乳酸など)・無機塩類(硝酸カリウムなど)・酵素剤(アミラーゼなど)を用いることはありません。 とあります。 相変わらず造りに対する姿勢に厳格さを感じます。 上立ち香は、…感想は後日。 感想の続き、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ 製造年月:2018. インパクトあります。 裏ラベルには… この白い「やまユ」は秋田生まれの酒米である「酒こまち」を用い、その特徴を六号酵母で醸すことによって表現した作品です。 「酒こまち」の酒米としての性能は圧倒的に高く、軽やかな酒を醸すには最高の原料と言えます。 実際、当蔵においても精米歩合35%から90%まで幅広く利用しており、まさに、秋田の日本酒の味わいの基調をなす最重要酒米といえます。 秋田の自然が生んだ「傑作生物」という意味では、六号酵母と双璧と言い得る素質を持つ、この「酒こまち」の爽やかでありながら、まろやかな香味をお楽しみください。 とあります。 さて、その「傑作生物」とはいかに…。 上立ち香は穏やかで、麹の香りにラムネも感じ爽やかです。 ライトながらも甘味と酸味のバランスはヨーグルトを思わせ、後半は酸味がちに〆てきます。 心憎い演出。 比較的冷えた状態でいただいた方が、このバランスを楽しめるか?。 醗酵力というキーワードで… 感想の続き、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ 製造年月:2012. その下に銘柄の亜麻猫と落款が押しております。 左に醸造元。 いたってシンプルなデザインです。 裏ラベルには… 亜麻猫の基本コンセプトは「醸造用乳酸」を使用しない酒造りです。 焼酎の造り方を参考にし、クエン酸を含む白麹を用いて、酒母(酛・もと)に抗菌作用を持たせています。 「生酛(きもと)」とならぶナチュラルな清酒製造法として絶賛提唱中。 「生酛(きもと)」よりも簡単です。 というわけで・・・・当蔵は「おいしければ良い」のさらに一つ上を目指して、これからも日本酒を造り続けてゆきたいと思います。 とあります。 さて、「おいしければ良い」のさらに一つ上はいかに…。 日本酒に一般的に使用される黄麹と半々の造りとのことで、白と黄色を混ぜた「亜麻色」が名前の由来となっているようです。 上立ち香は非常に穏やかで明確ではないものの、ほんのりとラムネを思わせるように香ります。 ほんのりなので僅かではあるが揮発感も…。 これは開栓後の変化で落ち着きそう。 含むと、香りとストーリーのあるラムネ様の甘味が小さく可憐に膨らみます。 想像していたような、頼りなさ、はかなさのようなものは感じず、酸でうまく枠を作っている。 原酒としては低アルコールの部類に入るが、しっかり醗酵した安心感は白麹由来のものなのか?。 新政さんの取り組みでもある、低アルコール原酒… 感想の続き、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ 製造年月:2013. 2 アミノ酸度 1. その下に銘柄の天蛙(アマガエル)と落款が押されています。 左に醸造元で非常にシンプルです。 裏ラベルには… 当蔵の低アルコール(10%以下)の試みが早くも3年目を迎えました。 昨年リニューアルして再スタートをした本作品ですが、より個性を強めるため、昨年よりも発酵を強めにドライ感を強く表現してみました。 とあります。 さて、発酵強めのドライ感はいかに…。 上立ち香は非常に穏やかで明確ではないものの、甘味・酸味を思わせるように香ります。 含むと・・・、いやもうちょっと多く含んで・・・、いや、もっと・・ゴク、ゴク。 いつもの一合蛇の目に7分目ほど注いだのが、あっと言う間でした。 そしてもう一杯。 注意深く、探ってみます。 ほのか~な甘味・酸味も、心地よい炭酸でバランス良くまとめられ、またも飲み干す。 ライトながらも甘味と酸味のバランスはヨーグルトを思わせ、後半は酸味がちに〆るあたりは「やまユ」とのストーリーも感じるが… 感想の続き、購入先(販売店)情報は下記リンクの日本酒ブログへ 製造年月:2013. 6 アミノ酸度 1. 北海道・東北地方• 北海道の日本酒• 青森県の日本酒• 岩手県の日本酒• 宮城県の日本酒• 秋田県の日本酒• 山形県の日本酒• 福島県の日本酒• 関東地方• 茨城県の日本酒• 栃木県の日本酒• 群馬県の日本酒• 埼玉県の日本酒• 千葉県の日本酒• 東京都の日本酒• 神奈川県の日本酒• 山梨県の日本酒• 中部地方• 長野県の日本酒• 新潟県の日本酒• 富山県の日本酒• 石川県の日本酒• 福井県の日本酒• 岐阜県の日本酒• 静岡県の日本酒• 愛知県の日本酒• 近畿地方• 三重県の日本酒• 滋賀県の日本酒• 京都府の日本酒• 大阪府の日本酒• 兵庫県の日本酒• 奈良県の日本酒• 和歌山県の日本酒• 中国・四国地方• 鳥取県の日本酒• 島根県の日本酒• 岡山県の日本酒• 広島県の日本酒• 山口県の日本酒• 徳島県の日本酒• 香川県の日本酒• 愛媛県の日本酒• 高知県の日本酒• 九州・沖縄地方• 福岡県の日本酒• 佐賀県の日本酒• 長崎県の日本酒• 熊本県の日本酒• 大分県の日本酒• 宮崎県の日本酒• 鹿児島県の日本酒• 沖縄県の日本酒• ・ ・ ・ ・ ・ ・ 人気記事.

次の

新政酒造株式会社[新政]│秋田蔵元ガイド│秋田県酒造協同組合

あら まさ 酒造 社長

秋田の代表老舗蔵として名を馳せてきた「新政」は、当時の地方大手蔵が陥りがちだった大量生産による値崩れから、六号酵母発祥蔵としての風格さえも崩れかけていました。 そんな時代の流れに押し流されそうになっている中、彼はとてつもない大きな犠牲を払いながらも、大幅減産をし、酒造りのシステムを改革して少しずつ実験酒をつくりだしました。 この蔵発祥の六号酵母を伝えていく使命と地元への想いを柱として進化し続け、近年ようやく彼の想いが結実してきました。 新政はきっと歴史に残る蔵元です。 酒の良さだけではなく、この蔵の信念も味わっていただけたら幸いです。 「クラシックな素材からモダンな酒を造る。 それが面白いんだ。 」佐藤佑輔。 取扱銘柄:No. 6、Colors、他.

次の